Welcome to Scribd, the world's digital library. Read, publish, and share books and documents. See more
Download
Standard view
Full view
of .
Save to My Library
Look up keyword
Like this
0Activity
0 of .
Results for:
No results containing your search query
P. 1
Untitled

Untitled

Ratings: (0)|Views: 9 |Likes:
Published by api-150839388

More info:

Published by: api-150839388 on Jan 29, 2013
Copyright:Attribution Non-commercial

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as PDF, TXT or read online from Scribd
See more
See less

09/28/2013

pdf

text

original

 
4
年 確率・統計 期末テスト
2010
/
後期情報工学科・電子工学科制限時間
50
1
ある量
が正規分布
(
µ,σ
2
)
に従っているものとする。この正規母集団
(
µ,σ
2
)
から大きさ
n
= 20
の無作為標本を抽出したところ標本分散
2
の実現値が
s
2
であった。以下の手順に従って母分散
σ
2
99
%信頼区間を実現値
s
2
を用いて表せ。
(1)
20
2
σ
2
の従う分布をかけ。
(2)
=
20
2
σ
2
とおくとき、
(
a
) = 0
.
005
,
(
b
) = 0
.
005
すなわち
(
a
b
) = 0
.
99
となる
a,b
を求めよ。
(3)
不等式
a
20
2
σ
2
b
を解くことによって
σ
2
99
%信頼区間を
s
2
,a,b
を用いて表せ。
[10 + 10 + 10 = 30]
点 
2
ある
が正規分布
(
µ,σ
2
)
に従っているものとする。さらに従来の資料では
µ
= 100
であったが、最近では
µ >
100
が疑われているという。そこで、この正規母集
(
µ,σ
2
)
から大きさ
n
= 36
の無作為標本を抽出したところ、標本平均
の実現値が
x
= 103
.
1
、不偏分散
2
の実現値が
u
2
= 3
2
であった。
µ >
100
と言ってよいかどうか有意水準
1
(
α
= 0
.
01)
で検定せよ。
[20]
点 
3
従来の資料によると、
A
社製のある製品の寿命は正規分布に従い、分散は
100(
時間
2
)
であるという。しかし、この製品の寿命の分散が
100(
時間
2
)
からずれているのではないかと疑われたため、大きさ
12
の無作為標本を抽出してその寿命を調べたところ標本分散の実現値が
160(
時間
2
)
であった。この製品の分散は変化したといってよいかどうかを有意水準
5
(
α
= 0
.
05)
で検定せよ。
[20]
点 

You're Reading a Free Preview

Download
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->