Welcome to Scribd. Sign in or start your free trial to enjoy unlimited e-books, audiobooks & documents.Find out more
Download
Standard view
Full view
of .
Look up keyword
Like this
2Activity
0 of .
Results for:
No results containing your search query
P. 1
Fazzy ChanceDiscovery

Fazzy ChanceDiscovery

Ratings: (0)|Views: 61|Likes:
Published by shigeki
網谷 重紀, 森 幹彦, 柴田 博人, 庄司 裕子, 堀 浩一: "イベント設計における知識獲得のための方法論と知識再構築支援システムに関する研究", 日本知能情報ファジイ学会誌, Vol.15, No.3, pp.34-44, 2003.
網谷 重紀, 森 幹彦, 柴田 博人, 庄司 裕子, 堀 浩一: "イベント設計における知識獲得のための方法論と知識再構築支援システムに関する研究", 日本知能情報ファジイ学会誌, Vol.15, No.3, pp.34-44, 2003.

More info:

Categories:Types, School Work
Published by: shigeki on May 21, 2008
Copyright:Attribution Non-commercial

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as PDF, TXT or read online from Scribd
See more
See less

06/14/2009

pdf

text

original

 
 
イベント設計における知識創出のための方法論と知識再構築支援システムに関する研究
 
An Approach to a Methodology for Knowledge Creationand a Knowledge Nebula Crystallizer for Exhibition Planning
 
網谷 重紀:東京大学大学院工学系研究科(*1)幹彦東京大学先端科学技術研究ー(*1)柴田 東京大学先端科学技術研究ー(*1)庄司 ン学(*2)堀 浩一東京大学先端科学技術研究ー(*1)
(*1)
〒153-8904 東京都目黒区駒場4-6-1 東京大学先端科学技術研究階知能工学研究室
(*2) 〒270-1138 千葉県我孫子市1133
Shigeki AMITANI:Department of Advanced Interdisciplinary Studies, the University of Tokyo
(*1)
 Mikihiko MORI:Research Center for Advanced Science and Technology, the University of Tokyo
(*1)
 Hirohito SHIBATA:Department of Advanced Interdisciplinary Studies, the University of Tokyo
(*1)
 Hiroko SHOJI:Dept. of Information and Communication Sciences, Faculty of Education KawamuraGakuen Women's University
(*2)
 Koichi HORI:Research Center for Advanced Science and Technology, the University of Tokyo
(*1)
 
(*1)
Artificial Intelligence Laboratory, 5th Floor, Bldg. No.4, Research Center forAdvanced Science and Technology (RCAST), The University of Tokyo, 4-6-1, Komaba,Meguro-ku, Tokyo 153-8904, Japan
(*2) 1133 Sagedo, Abiko-shi, Chiba, 270-1138, JAPAN
 
概要:
究ではの共同研通しなどの「実際イベント計の象と得および知出を支援するための方論およびシステム築にむ。な勘経験で設計きたイベントであるが近年企画者側が「なぜこのうな法で設するのか」を出に説明する必性が生じてた。に依しているのが現である。そういった勘は非な財産であるが、それだけでは出側へ説得力ある明ができていないのである。これまイベント評価に5段階評価のアンケートの統計的析や自由回答形式来場を集めるといった方いられてきたがプランナーたちによれば、ったられても、そこからを読みて、どのようイベントかすことができるかわからないとのことである。イベンプランニングのでは数の文脈に即た知識が生まれるがそれ脈なに無関提示されて役に立ないのである(1)。で本究では従来手法抽出困難であった脈つき際のイベント会場から抽出する案しで得られた情報企画者側に適切にクするためのシステムる。実際イベントに我が提案す方法論を用い調行った結果ーが思いもよらない設上の数が数多発見されさらにそれらにプランナーとい象が法がであるという立った。文脈つき情報獲得から新たな知識る過程研究では「知識の再築」する論で獲得された大量の情報から重要事象見しプランナReflectiveThinking出を支援するためのシステムKnowledge Nebula Crystallizer forExhibition Planning在開中である。究はナーの意思て重要な事象状況についての情出しそれをどの理を促するとい味で、プランナーにとってのチャンス発を目したものである。文脈つきの知法が者に効果があるのになり側へ力が増されるでは援」とい課題解決も大目標のひとつである。稿提案する方法および従来の法では得られなかった報が獲得された例を示す。に得られた情報用するための現在開発中のシステムの概要を述べる。
 

Activity (2)

You've already reviewed this. Edit your review.
1 thousand reads
1 hundred reads

You're Reading a Free Preview

Download
scribd
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->