Welcome to Scribd, the world's digital library. Read, publish, and share books and documents. See more
Download
Standard view
Full view
of .
Save to My Library
Look up keyword
Like this
3Activity
0 of .
Results for:
No results containing your search query
P. 1
アンディのぺガサスけいかくsubmission

アンディのぺガサスけいかくsubmission

Ratings: (0)|Views: 197 |Likes:
Published by Mituboshi

More info:

Categories:Topics, Art & Design
Published by: Mituboshi on May 18, 2010
Copyright:Attribution Non-commercial

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as DOCX, PDF, TXT or read online from Scribd
See more
See less

09/10/2013

pdf

text

original

 
アンドリュー・バシャゴのペガサス計画体験の物語 
三ツ星まこと著 
mituboshi1000@yahoo.co.jpblogs.yahoo.co.jp/mituboshi1000
 
シアトルに住むバシャゴ氏は、英国のケンブリッジ大学で修士課程を終えたアメリカに って来て現在弁護士をしています。彼は
1960
年代初期、ニュージャージーのモーリスタウンにある、カトリックの中流のごく幸せな4人の兄
弟姉妹ににまれた家庭に末っ子として、生まれました。父親は、航空技術エ
ンジニアで、米軍のコンサルタントとして働いていたと言うことも重なり、彼が6歳位の時にもうすでに
IQ
が非常に高かった事も有ってか、軍から注目され
ていたようです。
ある日、彼の父親が、彼に一緒に外に出かける言いました。父親の運転で
しばらくするとカーティスライト航空機製造社の航空設備施設に着きました。
この会社は、
1964
年以来
B
70
を海軍に提供している、1940年代
1
 
来、ラム ・ジェトエンジンを開発した事で有名な会社です。そこの68号塔
作業場の二階に手を引かれて上がって行ったということです。
すると、今までに見た事もないような、扇型状になっている2このスピーカー
な物が見えて来ました。その2台のスピーカーの な物の間は、青く光る
ちょうどテレビのチャンネルとチャンネルの間でちらつくような感じの厚さ5
cm
ぐらいの不思議な液体状の様なものが流れ落ちているようににみえる透明
のスクリーンがありました。このスピーカーな物は、高さ2.5mぐらい
でスタンドの な物の上に取り付けられていました。彼の父さんが彼に、手を
取りながら、1-2-3と数えたら一緒にそこへ飛び込むんだヨ、と言われま
したので、当時、まだ
6
歳半だったアンディ君は、素直にお父さんと一緒にそこへジャンプをしました。
其の中に入ると、中は、光のトンネルの様で両側が透けて見えるようでした。2-3秒もするとトンネルの外に出ました。あたりを見渡すと建物の外は、都
外の丘陵地帯で、その中腹に建っているようでした。そして、そこがどうやら地点になっているらしく、更にもう一度同じ に、光のトンネルの中に入
りました。そこから出ると、ニューメキシ州の首都サンタフェでそこが、最終
地点でした。駐車場には、車が予め用意されてあり、彼の父親の運転で一時間
ほどの後、彼は、ロスアラモス国立研究所へと参ります。そこでは、マンハッ
2
 
タン計画で有名なハロルド・
M
 
アグニュー博士が彼らの到着を待っていました。アンディ君とお父さんが研究所の中に入りますと、3人で椅子に腰掛けるとアグニュー博士は、おとうさんは、何やら計画費出費や予算について話していま
す。おもむろにの、
『坊やは、幾つになるんですか』と尋ねられますので、アンディ君とお父さんは、そろって『
6
歳です』と答えました。
父:
『先生は、もうテレポート装置お使いになりましたか?』博士:『まだです、でも時間をとってでも、早速、試して見たいと思っていま
す。
父:
『快適でした。それにとても安全でした。』とアンディ君のほうえ向きなおって言いいました。後で分かった事ですが、アンディ君のお父さんは非常に優秀な数学者でもあっ
て軍の技術アドバイザーとして、もともとこの計画に深く関わって、ニコラ・
テスラのデザインを実用化する事に関して、パー
・ジャーディング社
ラル
パー
社の子会社
から
派遣
されていたのです。プロジ
クトは
3

Activity (3)

You've already reviewed this. Edit your review.
1 thousand reads
1 thousand reads
1 hundred reads

You're Reading a Free Preview

Download
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->