Welcome to Scribd, the world's digital library. Read, publish, and share books and documents. See more
Download
Standard view
Full view
of .
Look up keyword
Like this
1Activity
0 of .
Results for:
No results containing your search query
P. 1
nkt62_P1_3ーばかり

nkt62_P1_3ーばかり

Ratings: (0)|Views: 28|Likes:
Published by aradhe

More info:

Published by: aradhe on Jul 02, 2010
Copyright:Attribution Non-commercial

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as PDF, TXT or read online from Scribd
See more
See less

11/02/2010

pdf

text

original

 
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/survey/tsushin/index.html
編集・発行
国際交流基金
日本語グループ
2008年9月発行 ISSN 1343-2524
第62号
CONTENTS
NIHONGO-KY
-
OIKU TS
-
USHIN No. 62/SEP 2008
表紙・特集…………………………………… 1
世界の日本語教育をつなぐ「JFにほんごネットワーク」
(通称「さくらネットワーク」
国際交流基金 日本語事業部次長高鳥まな
日本語の教え方イロハ 第8回 …………… 4
レアリア・生教材
授業のヒント………………………………… 6
動機づけ
新聞・雑誌から見る現代日第30回…… 8
源氏物語千年紀によせて
本ばこ(新刊教材・図書紹介)……………11文法を楽しく!! 第12回 ……………………14
「ばかり」
KC(関西国際センター)研修生のNipponリポート 第12回……………………16
和菓子と日本人
本誌で、ルビが文字の下に付いているのは紙や物差しなどでルビを隠して、漢字の読みの練習ができるようにするためです。
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/survey/tsushin/index.html
以下の記事はJFのウェブサイトのみにてご覧になれます。
日本語・日本語教育を研究する 第36回
Can-do statementsがもたらすもの
東京外国語大学外国語学部 英語学習支援センター専任講師
長沼君主
海外日本語教育レポート 第19回
タイ国日本語教師会JTATによる、教師と学習者のための活動−日本語ドラマコンテストの開催−
ニーラッニャンジャローンスック
タマサート大学 教養学部 日本語学科助教授
On the Web
『日本語教育通信第62号
2008年9月発行
編集・発行
国際交流基金 日本語グルー〒330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-6-36国際交流基金日本語国際センター制作事業課TEL. 81-48-834-1184 Fax. 81-48-834-1187E-Mail. jfnckt@jpf.go.jp
編集協力
アーバコネクションズ
1
かい
の日
ほん
きょう
いく
をつなぐ
「JFにネットワク」
つう
さくネック」
こく
さい
こう
りゅう
きん
ほん
ぎょう
ちょう
た か
と り
まな
こく
さい
こう
りゅう
きん
(以
「基
きん
)は、2008年
ねん
3月
がつ
から、海
かい
がい
の中
ちゅう
かく
てき
な日
ほん
きょう
いく
かん
をつなぐ「JFにほんごネットワーク」の構
こう
ちく
を始
はじ
めました。日
ほん
まな
ぶ人
ひと
びと
が増
え、日
ほん
きょう
いく
の環
かん
きょう
と質
しつ
の向
こう
じょう
がますます求
もと
められている現
げん
ざい
かい
かく
の日
ほん
きょう
いく
かん
が連
れん
けい
・協
きょう
りょく
し、日
ほん
きょう
いく
を推
すい
しん
していくことがますます重
じゅう
よう
になっています。
きん
が実
じっ
した「2006年
ねん
かい
がい
ほん
きょう
いく
かん
調
ちょう
によると、世
かい
の133か国
こく
いき
で298万
まん
にん
の人
ひと
びと
が日
ほん
を学
がく
しゅう
しており、過
30
ねん
かん
で、
かい
がい
の日
ほん
がく
しゅう
しゃ
の数
かず
は23.4倍
ばい
、日
ほん
きょう
いく
かん
すう
は11.9倍
ばい
、教
きょう
すう
は10.8倍
ばい
にも
えていることがわかりました。日
ほん
のう
りょく
けん
の受
じゅ
けん
しゃ
すう
も、1984年
ねん
の第
だい
1回
かい
けん
では7千
せん
にん
でしたが、2007年
ねん
の試
けん
では52万
まん
4千
せん
にん
が受
じゅ
けん
しています。このように日
ほん
がく
しゅう
しゃ
の増
ぞう
には目
を見
るものがあります。かつて海
かい
がい
において、日
ほん
がく
しゅう
の場
は、日
ほん
を研
けん
きゅう
する大
だい
がく
などに限
かぎ
られていました。しかし、現
げん
ざい
では、多
おお
くの国
くに
・地
いき
の初
しょ
とう
・中
ちゅう
とう
きょう
いく
レベルで日
ほん
きょう
いく
が行
おこな
われています。学
がっ
こう
きょう
いく
がい
の民
みん
かん
の語
がく
がっ
こう
で学
がく
しゅう
する
ひと
たちも増
えて
おり、また、メディアの発
はっ
たつ
により、テレビやラジオ、インターネットなどを通
とお
して
ほん
を学
まな
ぶ人
ひと
もいるでしょう。さらに、最
さい
きん
は、日
ほん
のマンガ、アニメ、音
おん
がく
ファッションといったポップカルチャーに惹
かれて、日
ほん
を学
まな
んでみたいという
ひと
びと
も増
えているようです。
ほん
を勉
べん
きょう
したいという人
ひと
びと
にとっては、学
まな
びたいと思
おも
ったときに、学
がく
しゅう
の場
があること、優
すぐ
れた教
きょう
がいること、適
てき
せつ
な教
きょう
ざい
があることなどは非
じょう
に大
たい
せつ
ことです。また、教
おし
える側
がわ
にとっても、しかるべき教
きょう
ざい
や、教
きょう
じゅ
ほう
・日
ほん
ぶん
かん
する情
じょう
ほう
、整
せい
された教
きょう
いく
せい
や設
せつ
・施
せつ
の存
そん
ざい
などは、質
しつ
の高
たか
い日
ほん
きょう
いく
を提
てい
きょう
するためには欠
かせないものです。日
ほん
がく
しゅう
しゃ
ぞう
る中
なか
ほん
を学
まな
ぶ側
がわ
・教
おし
える側
がわ
の双
そう
ほう
にとって、日
ほん
きょう
いく
をめぐる環
かん
きょう
の整
せい
かく
じゅう
という問
もん
だい
はますます重
じゅう
よう
になっています。
いっ
ぽう
、最
さい
きん
は日
ほん
せい
が設
せっ
するさまざまな諮
もん
かい
や審
しん
かい
でも、日
ほん
きょう
いく
の重
じゅう
よう
せい
が取
り上
げられるようになってきました。たとえば、日
ほん
の経
けい
ざい
ざい
せい
せい
さく
に関
かん
する重
じゅう
よう
こう
を話
はな
し合
う「経
けい
ざい
ざい
せい
もん
かい
」が2006年
ねん
5月
がつ
に発
はっ
ぴょう
した「グローバル戦
せん
りゃく
」の中
なか
には、海
かい
がい
の日
ほん
がく
しゅう
しゃ
すう
を長
ちょう
てき
に500万
まん
にん
に増
やすことを目
すということが書
かれています。また、日
ほん
の海
かい
がい
けい
ざい
きょう
りょく
に関
かん
する
じゅう
よう
こう
を審
しん
する「海
かい
がい
けい
ざい
きょう
りょく
かい
」や、海
かい
がい
との人
ひと
の交
こう
りゅう
に関
かん
する重
じゅう
よう
 
 2 
メンバー機
かん
リスト(2008年
ねん
5月
がつ
まつ
げん
ざい
いき
くに
メンバー
ひがし
アジア
かん
こく
こく
さい
こう
りゅう
きん
ソウル日
ほん
ぶん
センター
ちゅう
ごく
きん
こく
さい
こう
りゅう
きん
きん
ほん
ぶん
センター
ほん
こん
ほん
こん
ほん
きょう
いく
けん
きゅう
かい
とう
なん
アジアインドネシア
こく
さい
こう
りゅう
きん
ジャカルタ日
ほん
ぶん
センター
きょう
いく
だい
がく
だい
がく
タイ
だい
がく
こく
さい
こう
りゅう
きん
バンコク日
ほん
ぶん
センター
こく
さい
こう
りゅう
きん
マニラ事
しょ
こく
さい
こう
りゅう
きん
ベトナム日
ほん
ぶん
こう
りゅう
センタール 国
こく
さい
こう
りゅう
きん
クアラルンプール日
ほん
ぶん
センター
こう
を審
しん
する「海
かい
がい
こう
りゅう
しん
かい
」においても、2007年
ねん
かい
けっ
として、海
かい
がい
の教
きょう
いく
かん
との
れん
けい
を強
きょう
して
ほん
きょう
いく
を整
せい
かく
じゅう
する必
ひつ
よう
があるとの結
けつ
ろん
・提
てい
げん
されています。
きん
は、1972年
ねん
せつ
りつ
らい
かい
がい
ほん
きょう
いく
さまざまな形
かたち
で支
えん
してきました
とく
に力
ちから
を入
れてきたのが、
かっ
こく
かく
いき
において日
ほん
きょう
いく
が定
てい
ちゃく
し、
ちょう
てき
に発
はっ
てん
していくために必
ひつ
よう
な基
ばん
せい
です。それぞれの国
くに
いき
の教
きょう
いく
せい
、学
がく
しゅう
しゃ
のニーズや特
とく
ちょう
にあわせて、優
すぐ
れた
ほん
きょう
いく
てい
きょう
できる機
かん
じん
ざい
かく
じつ
そだ
いくことが、その国
くに
・地
いき
における将
しょう
らい
の日
ほん
きょう
いく
しん
こう
につながると考
かんが
え、講
こう
を新
しん
せつ
する際
さい
の財
ざい
せい
てき
えん
せん
もん
の派
けん
や現
げん
きょう
の研
けん
しゅう
、ネットワークの形
けい
せい
えん
きょう
ざい
の寄
ぞう
や開
かい
せい
さく
えん
などの事
ぎょう
を行
おこな
ってきました。
こうしたさまざまな事
ぎょう
を通
つう
じて、基
きん
は世
かい
かく
の多
おお
くの
かん
との間
あいだ
に強
つよ
い絆
きずな
を培
つちか
ってきました。
この絆
きずな
をもとに、
きん
かい
がい
しょ
ふく
て各
かく
かん
とともに新
あら
「JFにほんごネットワーク」を構
こう
ちく
し、このネットワークのメンバー機
かん
と協
きょう
りょく
して、日
ほん
きょう
いく
のさらなる充
じゅう
じつ
そう、というのが私
わたし
たちの考
かんが
えです。
ネットワークを通
つう
じて、私
わたし
たちが取
り組
みたいと思
おも
っていることのひとつは、
『日
ほん
きょう
いく
つう
しん
』の第
だい
55号
ごう
(2006年
ねん
5月
がつ
でも
しょう
かい
した「国
こく
さい
こう
りゅう
きん
ほん
きょう
いく
スタンダード」(仮
しょう
)の構
こう
ちく
と普
きゅう
です。基
きん
そう
かい
のための
ほん
」という理
ねん
のもと、日
ほん
で「…ができる」という指
ひょう
を整
せい
し、日
ほん
うん
よう
のう
りょく
のレベルを判
はん
だん
する
じゅん
としての「国
こく
さい
こう
りゅう
きん
ほん
きょう
いく
スタンダード」を
こう
ちく
ちゅう
ですが、これは日
ほん
きょう
いく
の現
げん
で実
じっ
さい
に使
つか
われて、はじめて意
つものです。私
わたし
たちは、これから「JFにほんごネットワーク」を通
とお
して「国
こく
さい
こう
りゅう
きん
ほん
きょう
いく
スタンダード」を紹
しょう
かい
していくことにより、
がく
しゅう
しゃ
や教
きょう
にとって一つの拠
りどころとなるものを広
ひろ
てい
していきたいと考
かんが
えています。また、日
ほん
きょう
いく
の場
につながりを作
つく
ることにも取
みたいと考
かんが
えています。世
かい
には、大
だい
がく
の日
ほん
こう
こう
こう
ほん
クラス、民
みん
かん
の日
ほん
がっ
こう
など、日
ほん
きょう
いく
かん

You're Reading a Free Preview

Download
scribd
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->