Welcome to Scribd. Sign in or start your free trial to enjoy unlimited e-books, audiobooks & documents.Find out more
Download
Standard view
Full view
of .
Look up keyword
Like this
3Activity
0 of .
Results for:
No results containing your search query
P. 1
The encounter point of Arts and Innovation - Presentation at colloque 2006 1B20-Hamada4

The encounter point of Arts and Innovation - Presentation at colloque 2006 1B20-Hamada4

Ratings: (0)|Views: 52|Likes:
Published by Shingo Hamada
The encounter point of Arts and Innovation - Presentation at colloque 2006 1B20-Hamada4
The encounter point of Arts and Innovation - Presentation at colloque 2006 1B20-Hamada4

More info:

Categories:Types, Research, Science
Published by: Shingo Hamada on Oct 02, 2010
Copyright:Attribution Non-commercial

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as DOC, PDF, TXT or read online from Scribd
See more
See less

10/08/2010

pdf

text

original

 
文理融合ユニット-学会発表
Shingo Hamada (Affiliated Fellow)
Science and Technology Foresight Center/NISTEP2-5-1, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo zip 100-0005 JapanTel : 81-(0)3-3581-0605 Fax : 81-(0)3-3503-3996 E-mail :hamada@nistep.go.jp 
発表題目:「イノベーション創出と芸術の接点-文理融合研究の具体例」
氏名: 浜田真悟(客員研究官)、ナタリー・カバサン(早田大学)
所属:文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向センター連絡先:〒
100-0005
、東京都千代田区丸の内
2-5-1
文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向センター講演番号:
B
20発表区分キーワード:科学技術と芸術、技術決定論、技術の社会構成論融合研究インテグリティーモデュラリティー発表分野:ホットイッシュー(産学連携の再考)希望する使用機材パソコンとプロジェクター
 
1.
歴史上の芸術と科学技術の関連は、その多くは美学研究・哲学研究・歴史研究などを通して論じられている。現代の科学技術活動において、芸術の与える影響がどれほどのものか、漠として俯瞰的な情報を整理することは
難しい現代の科学研究においてイノベーションを刺激するために芸術的からの概念・手法・技術を研究へ
導入する際の一つのやり方として
 AIRR 
(アーチスト・イン・レジデンス・リサーチ)と呼ばれる手法がとられることがある。
 AIRR 
では、アーチストが科学技術の研究開発現場に参与することによって、科学研究者・技術開発者だけでは不可能と思われる最終製品(知識・製造方法)の創造にいたることを目している。この場合異なった分野の研究者(美学・芸術学・科学技術史学・言語コミュニケーション学・心理学など科学技術周辺の人文社会科学を含む)の共同作業によって研究開発が行われる融合研究の例の一つである。科学技術の歴史においては、ツァイス-コダックのカメラアセンブリー生産技術開発や、19世紀末の写
真ジャーナリスム流行のなかでのリュミエール兄弟の映画術開発、エディソンのメンローパークにおける視芸術
研究などにその例が見られる。現代科学技術においてこうした融合研究を意識して行った例は、ドイツ・バウハウス(建築技術)、イタリア・現代工芸デザイン、そしてごく最近の米国
MIT
メディアサイエンスに見られる。特に
MIT
のメディア研究では、電子情報通信コミュニケーションのすべてにまたがる工学研究において、芸術分野との融合研究のアプローチを進めており、これをレオナルド運動
1
と呼ぶことがあるまた、欧州でも先述したような先研究の
例を
まえて、
国で科学技術と芸術の融合研究が行われている
[20]
研究では先行研究として、デジタルカメラの技術イノベーション(
[21]
)・
伊藤
経済
[22]
)・産学連携に関する
日仏比較
N. Cavasin[23]
)を参考にし、デジタルカメラ産業のコモディティー・イノベーション
とユーザー
場における芸術的
用の接点について論じる。
技術とカメラ生産技術-技術決定論と技術の社会構成
1839
まるダ
ール
術は、カメラ・オプスキュラによる写
法と
銀塩
などの
感光
組み
によるもので、製品のデザインから写
までを
一的にものつくりをおこなった、いわば技術者・ユーザー
混合型開発であった。当時とおなじく、画家が、絵
材の開発のための技術と
に関する科学的知識を
必要
としたのと
類似
の現
であるカメラ生産技術はその
レン
学の
により、ドイツ・イェーナにおけるエルンスト・アッベ
カール・ツァイスの産学連携
業(ツァイス社)に代表
れる研究
産業として発
した。
1
 
米国
MIT
のレオナルド(国際科学技術芸術学会をか
る)運動と
ランスのミラー活動サイト
 
 
 
技術決定論技術の歴史芸術の歴史ユーザー
場の歴史
 
真家
真家
モダニ
ズム
の影響アナログ技術芸術
としての
真家
ュータグラ
ックス芸
ーチ
リアリティデジタル
画像処
理の技術と芸術
のオブジェ
真愛好家
消費
歴史
記念
博物館
真記念館
技術
雑誌における写真
カメラオブスキュラ
影法
ズ光
レオタイプアセンブリーモックアップ
垂直統
水平統
コダック
革命
使い
て写
氾濫
ッタ
美の
乱調?
技術
移転
産学連携研究と産業
技術産業国際
価格競争
ツァイスシステ
イノベーションシス
科学的
理法
ズ光
 
ダウンサイジングコンパクト
ム化
美の
高度化
CCD
デジカメのあ
位置
IC
回路
電子
計算
光量
子デバイス
ダイオー
検出計測
IC
チッ社会決定論
 
そのの
、米国コダック社の
ィル
開発とアセンブリー生産技術の
垂直統
合・
水平統
合によって製品の
小型化
帯化
がもたら
れた。
収集
1850
年頃
大衆化
し、
19
世紀
後半
には写
による世
界旅
や写
き新聞
大流
した
受容
のための
小型
アセンブリー技術が
して行われたまた
導体技術・デジタル
技術によって、
ィル
CCD
などの
学デバイスに
置き換
えられデジタルデータの
工そのものも
映像
技術の
大き
な分野として発
している。テクノロジー・プッシュと
ーケット・プルが
150
年以
上にわたって
いた例と言える。
この過程で
、カメラ製造に関する技術はレン
ズ光
による写
法、アセンブリーの
垂直
水平統
合による製品の
(インテグリティー)、
ィル
ム化
学、
導体・
IC
回路
(モデュラー
)・デジタル技術の
れによって、技術決定論的な
しているここにおける製品
とモデュラー
がどのように
組み
合わ
って品製
ットワークを
成しているか技術知識
ットワークはどのように
マネ
ージメント
れるかという点が
映像
の技術史などで
追及さ
れる。一方、こうした製品を使いこなすユーザー知識の方も
量ともに膨大となり、ユーザー市場における写真アマチュアの情報交換が専門のカメラ誌などによって行われて
ている。
フォ
トジ
ーナリ
ズム
や写
真館
使い
てカメラなどのユーザー
の社会的ニー
ズ形
成によって製品イノベーションが
現しており、技術
が言うとこ
の技術の社会構成
主義
れる例である。
静止画像
が動
転換さ
れ、
知科学的研究と融合して
映像
心理学に進
するような例も、
初期
のユーザー・デベロップメントの
効果
大き
いといわれる。
用デジタルカメラ技術は
解像度
において、
1-10MPixel
広範
がりを
しており、
野・
らが
指摘
しているように、ユーザー
場の
極化
(携
カメラ・デジカメ・一
)がおこるであ
うと予想される特に低解像度領域の携帯カメラの普及においては、ユーザー側のシャッターチャンスが
し、またそれらを
させ
るインター
ットツール
WEB,Blog
)の
飛躍
的な
普及
によって、写
真映像
報の
分野
の影響が
大き
くでている。とくに、
理情報に関連したジオ・
ーケッティングや
産業などがそうした
ス・イノベーションを行っ
観 
ている。
6Mpixel
を超える高解像度のものについては、ユーザーの芸術的利用がさらに高度化するものと考えられ
ている。このデジタル
真解像度
が芸術的
開にどのように発
ール
術とくらべることによって、その
開方法を
提示
する。
用とデジタル技術
デジタル写真における
3-6Mpixel
解像度
の写
は、
ちょ
うど
100
年前
行したダ
ール
術によって
られた
銀塩
真乾板
子分
能に
相当
するといわれる。つまり、理論的には、この
代の
し現
在のデジタルカメラ撮影によるオブジェと比較しても十分に耐えうるはずである。実際には、乾板の粒子分布
理論
よりも
に分
しており、
子による
反射色
クトルもなまっていることが多いので、
広告
などに使用すると、近くで見るほど
粗さ
が目
つことになる。
そのものは歴史的
資料
としての
価値
の方がより
いと考えられているので、おもに
資料
としての再
用に
える
解像度
内でデジタル
Advanced digital SLR cameraCamera Cell-PhoneLow-end digital cameraDigital camerasPast PresentFuturePixel number1M2M3M4M5M
NISTEP
Evolution of the Digital Camera
 

You're Reading a Free Preview

Download
scribd
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->