Welcome to Scribd. Sign in or start your free trial to enjoy unlimited e-books, audiobooks & documents.Find out more
Download
Standard view
Full view
of .
Look up keyword
Like this
7Activity
0 of .
Results for:
No results containing your search query
P. 1
Trans-discipilinary approach of STS in Research Innovation Policy No. II 2B03-hamada1

Trans-discipilinary approach of STS in Research Innovation Policy No. II 2B03-hamada1

Ratings: (0)|Views: 58|Likes:
Published by Shingo Hamada
Trans-discipilinary approach of STS in Research Innovation Policy No. II 2B03-hamada1
Trans-discipilinary approach of STS in Research Innovation Policy No. II 2B03-hamada1

More info:

Categories:Types, Research, Science
Published by: Shingo Hamada on Oct 02, 2010
Copyright:Attribution Non-commercial

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as DOC, PDF, TXT or read online from Scribd
See more
See less

12/29/2012

pdf

text

original

 
文理融合ユニット-学会発表
Shingo Hamada (Affiliated Fellow)
Science and Technology Foresight Center/NISTEP2-5-1, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo zip 100-0005 JapanTel : 81-(0)3-3581-0605 Fax : 81-(0)3-3503-3996 E-mail :hamada@nistep.go.jp 
発表題目:「文理融合研究の政策推進の試みII」
氏名: 浜田真悟、刀川眞、光盛史朗、横田慎二(産総研)所属:文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向センター連絡先:〒
100-0005
、東京都千代田区丸の内
2-5-1
文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向センター講演番号:2
B03
講演要旨:前回に引き続き、過去の科学技術政策にみる文理融合研究推進の事例をより詳しく掘り起こし、それらの問題整理と現代の科学技術政策研究上の要請をふまえたうえでの政策上の焦点を明確にする。とくに、デルファイ調 および社会・ ニーズ調 と平行し
形成される科学技術と社会の融合問題解決アプローチについて論及する。発表区分キーワード:科学技術政策、文理融合、インターディシプリン、科学技術と社会発表分野:ホットイッシュー(第三期科学技術基本計画)希望する使用機材パソコンとプロジェクター
 
1.導入わが国の科学技術政策においては高等教育ならびに学術・研究開発の振興における理工系と人文社会の間の乖離が久しく指摘されて来た。文系・理系という認識便宜上の区分けでもって、一般社会概念や個人の特性までも仕分けする文化が強く存在することによって、科学技術の社会的受容や発展に影響が出ることを前回において指摘し、文理融合の必要性とその方法論探索の歴史的アセスメントについて述べた。「科学技術と社会」という枠組みで科学技術のあり方を語ることが多くなっている日本の科学技術活動においては、科学技術にまつわる正負両面を調和的に解決する調整機能が期
されている。この
意味
で、科学技術社会論研究においては、科学技術政策における文理融合アプローチまたは分野横
的・学
際領域
法が
及されてきたが、
我々
チー
は、
日の
市民
社会の
点を
まえた問題解決
のアプローチを融合研究と
同定
している。
第三期科学技術基本計画を
えている
日、
分野・
分野に
人文・社会科学を科学技術の研究開発
用した融合研究
領域
もしくは社会技術と
呼ば
れる横
断敵領域
の研究推進によって、科学技術
市民参加
れなけれ
ならいと
えられている。
各個別技術分野の科学技術政策は調究などによる中長期的見通し(フォーサイト活動)や技術開発 
のロード
ップ策
けを
りて、
予算
投資
計画が
てられる
の科学技術の
評価
きく
在する、
専門
評価
と、般
市民
社会の
意見
を代表する
非専門家
による科学技術政策の
評価
の間の乖離を
改善
する必要が指摘されている。本研究では、
後者
主張
立脚
点である、
民主
的政
の一般
市民
とつの指
て、術政策の
意思
定段階
る、
幅広
の影響をより
柔軟
込め
るような政策論
・政策
立案
考察
について論及する。2.「科学技術と社会」研究方法論の現代的アセスメント
今回の方法論探索では、科学技術政策の総合性を「科学技術と社
会」の融合アプローチが
補完
するという
立場
って現代的アセスメンについて述べる。
今日の科学技術政策においては、国家政策としての基本課題(日
本の
安全
安心
世紀
のフロント
ー」
たしながら、「リスク
マネ
地財
略」「研究者のキャリアパスと流動性などの個別事情計画立案
がなされる。これらの
具体
目の
イト活動の基本となる基
調 調
)によって、技術
目の
枠を
えるような概念
ら、社会ニーズや発展シ
として
えられそうな
具体
目にまで
ブレ
ーク
ダウ
ンして
考察
される。
分野もしくは
分野の
構造
をもつ、1
50
-
00ほど
のデルファイ技術
目の
間を
って、技術開発には
即座
還元
できない社会目
改善
を横
びにワー
 
客観外挿主観規範
急速
しつつある研究
領域
調査デルファイ調査
社会
経済ニーズ調査本調査)注目科学技術領域の発展シナリオ調査
科学
(
研究
)
技術
(
応用
)
社会
(
インパクト
)
客観外挿主観
規範
急速
しつつある研究
領域
調査
 
デルファイ調査
社会
経済ニーズ調査本調査)注目科学技術領域の発展シナリオ調査
科学
(
研究
)
技術
(
応用
)
社会
(
インパクト
)
 
ディングされる。
この調
相関
において科学技術
経済デルファイ調査の技術動向と発展シナリオの中長期ビジョン、および社会
としての科学技術の進展を
市民
社会が一
となって
評価
することになっている。デルファイ・発展シ
のな
にも
中長
ンの
設定
まれているが、
市民
社会総
としての社会目
標設定
を行うことで、政策的
投資におけるカッティング・エッジ効果や選択と集中の効果が出ると考え
られる。この一般
市民
社会による
評価
と科学技術の一般社会
のインパクト・
スも
含め
た政策
評価
の過
2に
す。
一般市民社会のニーズは多で、それを科学技術の諸分野の技術関連項目に翻訳する際に、科学技術と社会の融合的あるいは先端科学技術
の社会
効果
まえた
的な文
形成が必要で、それを
強し、
結果
経済
として
合的な政策を
打ち
出すた
の方法と
えられる。このニーズ・インパクト
把握
を、さらに
具体
的な
段階
に分
解して図3に示す。これらの各過程は次のようになる①一般市民のニーズ把握②ニーズに対する科学技術の提示③ニーズの科学技術政策段階へ
の展開、
科学技術の影響
予測
⑤予測結果
の科学技術政策
反映
デルファイ調査自体は第③過程に、社会・経済ニーズ調査は第①過程に相
すると
えられる。このようなフィード
ック機能は、
んど
すべての社会シス
テム
においてとりいれられているが、
市場
議会制選はじめとして、フィードバック機能が従前に働きシステム全体の調和がうまく働くかどうかについ
は、
なら
しも
明ではない。第二
基本計画
以降
市民参加
意図
が政策
立案
反映
つつあるので、この
状況
俯瞰
し、融合研究の特性を
に論及するまた
最後
に、こうした機能を
っている科学技術シス
テム
を例にとり、先行
デルとして論及する。
3.日本における社会・ーズ調と市民参加の政策提言の試み
2003-2004
年にかけて、科学技術の中長期的発展に係わる俯瞰的予測調一環として「社会・調査」行わ調査研いてへの加のとし者」界」般市民」の3グループからなる参加者のパネル形式をとって俯瞰的議論が行われた。
この調 方法は、
AHP
法およ
参加者
ル形
によって、科学技術に
連する社会目
設定
にまで
込んだ
社会決
論的な
ンを
ち出すことが眼目で、それに見合った科学技術をデルファイ調各技術項目から選別することであるこの調
究の
面の
論を表1に
論は
だ実験室段階
での開発
上であるので、開発上の問題はの
いておいてこのよう
理が理論的に
能であるとして、
表上の
濃淡
にあらわれるような
論を解
する
の問題
点がいくつか挙げる。問題点1:陰のパラメータが複数過程にあり、調果の因果解釈を難しくする。問題点2:重点領域の同定とその社会・経済的解釈がさらに必要である。問題点3:データマイニングから得られるニーズと既存の問題解決点は一致する合理性がない
 
科学技術政策
科学技術政策研究文理融合系
文理融合研究
科学研究
 
文理融合研究
科学研究
2文理融合推進スキー
 
 
科 学 技 術 政 策
文 理 融 合 ス キ ー
図3

Activity (7)

You've already reviewed this. Edit your review.
1 hundred reads
Shingo Hamada liked this
Shingo Hamada liked this
Shingo Hamada liked this
Shingo Hamada liked this
Shingo Hamada liked this
Shingo Hamada liked this

You're Reading a Free Preview

Download
scribd
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->