Welcome to Scribd, the world's digital library. Read, publish, and share books and documents. See more
Download
Standard view
Full view
of .
Save to My Library
Look up keyword
Like this
1Activity
0 of .
Results for:
No results containing your search query
P. 1
若者を傷つける

若者を傷つける

Ratings: (0)|Views: 40 |Likes:
Published by officialcchr
オルダス・ハクスレーは、1932年の小説「素晴らしい新世界」 の中で、「理想主義的」な社会を描いています。しかし、それは全体主義的な社会についての記述であり、その社会は狂気じみていて、統制することしか頭にありません。それは統制された文明であり、ハクスレーが述べたように、「幼児期において条件付けをし、後に薬物の助けを借りての暗示を施す技法」を使用しています。

1967年、著名な精神科医と医師たちがプエルトリコに集まり、2000年には「正常な人間」に向精神薬を使用するという目標について議論しました。それは、まさしくハクスレーの小説の続編となる可能性を秘めた目標でした。

ただし、これはフィクションではなかったのです。彼らの計画にはアルコール、大麻、アヘン、そしてアンフェタミンと同じような魅力を持ち、「分裂と多幸感」を生む「陶酔剤」の製造が含まれていました。「学習能力を向上させる」ための薬物は、実は「全ての学習過程を変えてしまうもので、『どの科目に費やされる時間』も大幅に減少し、『性格教育』も含まれるように範囲が広げられるほどになる」ということでした。
オルダス・ハクスレーは、1932年の小説「素晴らしい新世界」 の中で、「理想主義的」な社会を描いています。しかし、それは全体主義的な社会についての記述であり、その社会は狂気じみていて、統制することしか頭にありません。それは統制された文明であり、ハクスレーが述べたように、「幼児期において条件付けをし、後に薬物の助けを借りての暗示を施す技法」を使用しています。

1967年、著名な精神科医と医師たちがプエルトリコに集まり、2000年には「正常な人間」に向精神薬を使用するという目標について議論しました。それは、まさしくハクスレーの小説の続編となる可能性を秘めた目標でした。

ただし、これはフィクションではなかったのです。彼らの計画にはアルコール、大麻、アヘン、そしてアンフェタミンと同じような魅力を持ち、「分裂と多幸感」を生む「陶酔剤」の製造が含まれていました。「学習能力を向上させる」ための薬物は、実は「全ての学習過程を変えてしまうもので、『どの科目に費やされる時間』も大幅に減少し、『性格教育』も含まれるように範囲が広げられるほどになる」ということでした。

More info:

Published by: officialcchr on Nov 22, 2010
Copyright:Traditional Copyright: All rights reserved

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as PDF, TXT or read online from Scribd
See more
See less

11/02/2012

pdf

text

original

 
.......
2
................................
5
......
17
..............
29
................................
33
..........................................
37
......................................................
39
..........
40

You're Reading a Free Preview

Download
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->