Welcome to Scribd, the world's digital library. Read, publish, and share books and documents. See more
Download
Standard view
Full view
of .
Look up keyword
Like this
1Activity
0 of .
Results for:
No results containing your search query
P. 1
Regardless of...セクションの物語

Regardless of...セクションの物語

Ratings: (0)|Views: 8 |Likes:
Published by james061306

More info:

Published by: james061306 on Dec 05, 2010
Copyright:Attribution Non-commercial

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as DOC, PDF, TXT or read online from Scribd
See more
See less

12/05/2010

pdf

text

original

 
彼女は
20
年連れ添った夫と一緒にクリーンでいました。そして
8
年後に末期癌の夫をと看護しました。同時期に彼女の両親もまた病気で危篤の状態でしたそし
61
歳のいま彼女は年齢や状況に関わらず、プロラムは私たちを助けてくれることを分かち合ってくれています。(
P278
P282
決して独りでじゃない
 
私は今
61
歳で、
15
年の間クリーンでいます。夫は私と同時にクリーンになった。彼はその
52
46
歳だった私たちには、ミーティングに来ている人たちのほとんどよりも年齢が上の子供たちだった。私たちには、NAは若い子たちのに思えた。私たちと関連することはないだろうと。
ミーティングで会った人の中で、私たちが最も年を取っていたのだけど、ミーティングに居続けてNAの回復のメッセージを聞いた。それはどんなアディクトでもクリーンで生きることができて、使いたい欲求もなくなる、というものだった。私たちは ミーティングに行った。来る日も来る日もその若い子たちの集
毎晩 団と一緒にミーティングルームに座りながら、彼らが自分の話をしているのを聞いた。私たちは、人々はそ
れぞれのアディクションによって行き着いた 望と、やめようとしても出来なかった痛みについての感情
絶 
について話していた。それらの話を聞いて年齢に関係なく、アディクションの痛みはみんな同じなんだ、そ
してこのミーティングは私たちが参加していいのだとわかった。その後に、自分と同じ年代の人たちとも会うことができた。
薬箱から盗み取っていたまだ小さな子供だった頃から私はずっと使ってきた。高校時代での親友の父が医だった私たちは、どのるかを決める医者用のカタログを使用しようとした。その頃また違
う友人の一人が私に大麻をくれて、彼女は「吸ってみなよ」と言った。私は彼女のように格好よくなりたいと思ってやってみたそれからの
33
年間、海岸から違う海岸へと 物を追い続けて、生活の中心には 物があ
った。
1960
年代の終わりから
1970
年代の初めはすべてのアメリカ人が 物を探し求めていたかのようだっ
た。私はそのカルチャーの先陣を切っているかのように感じていた。しかしほとんどの人たちが使うのとや
めていくように感じてたときも、私はやめなかった。最終的に本当にやめようと思ったときも、私はやめら
れなかった。結局
1980
年代の末の頃に、私の夫がうつ病になった想像してみてほしい!あなたの体は抑制剤で埋め尽くされていて、どうして
うつ
にならないでいられるでしょう。夫はアディクションの治療に行って、そこでNAを紹介された彼は食事つきの下宿部屋に引っ越してミーティングに通い、私の為に 物を買って来
ていたにも関わらず、クリーンになろうとしていた三ヶ月がそのように過ぎていき、夫はリラプスし、そしてさらに
3
年間続けた。その頃、私はかつて無かったくらい使っていた。何かを使ってよれよれになっていて、全く好くはなくなっていた。その後に自分が 物をやめられないことを理解する日が来るまで、ずっと自分の人生をあきらめ
てた。 物をやめた人たちが居ること知って、彼らの人生が使っている人たちよりも、そしてもちろん私よ
1
 
りも、明らかによい人生を送っていることはわかっていた。しかしそれは私の人生には起こることは全く
かった。私は変わることができるし、使うことなく違う人間になれたというのに。しかしそれ以上そんな風
にしたいという願望はなくなり、やめる方法を見つけることができなかった。そのため私は大量に買ってすべて使い尽くした。そして神が私のいのちに入り込んできた。その日は週の平日の昼間だったにも関わらず、息子が私の家に立ち寄った。彼自身、なぜ途中下車して家に寄ろうと思ったのか分らなかった。彼は意識不明の私を発見して、まだ息があったので救急車を呼んだ。
このときは過去にやったような助けを求めてやった行為ではなく、本気で死のうとしてやったことだった。
私は病院で五点拘束をされた状態で目を ました。
覚 
私は
10
日間の任意入院、または期間不確定の強制入院のどちらにするかの選択を与えられた。私は任意
の方をえらんだ。その時安堵を感じられたことが大きな驚きだった。私には、問題ないと意地を張る余裕はなかった。私はもうその状況を維持してあがき続けることが出来なくなっていた。私は助けが必要で、それを手にしようと決めた。夫が以前にNAに
がっていて、彼はどうすれ
よいのかを知っていた。彼は病院にやって来て、私を
せて、ミーティングに連れて行ってくれた。そして彼はまた病院まで送ってから家に私はその後に使
っていた。
10
日が過ぎたときに家に帰る準備ができた。彼は私がクリーンでいるなら、自分もクリーンい
れるだろうと理解していたので、私たちは
にミーティングに出た。それは彼の一日目で、私は
日目だった。
最初の一年目に私たちは毎日ミーティングに出た。時には2、3回の日もあった。私たちはそれぞれスポ
ーを
て、ステップをして、NAでの
交流
のすべてをしてみた。
スする
事ももらった。
ムグループを
て、
友達
った。私たちは
同じ思いを
えてので、年齢の違いは無関係なことを理解した。
初めてステップに取り掛かったときは大変ではなかった。無力と生きていけなくなっていたことは、自分
で明らかだったので、ステッ
はそれ
程難
しくはなかった。私は
ハイヤ
パワ
ーによって生きていることがわかった。しかしステップ
は違ったどうした
46
年にも
る、
りや
いにつ
いて
く気が起こるだろう。私は
つけたり、切り
いたり、
メージを
た人
なのかわからな
かった。それが私の身近に居た人々に及んでいたことに気付いた。私たちはより経験を積んだメンバーたち
にそのときに自分が何を求めているのかを
えてくれる自分の
ハイヤ
パワ
ーについて話してくれながら、
いてもらった。
再び
ステップに取り
かると、
くの事
が目の前にやって来た。それによって前にすす
ことが
可能
になった。
第8
ステップの
作業
っ最中に私は
週間
のところを
れた。彼らは私の家と
3,000
マイ
4,800km
れて
んでいた
やかにス
ーと
第9
ステップに取り
かりその一週間で私の
と、
理の
に埋め合わ
しようとがん
私がクリーンで居るこ
が唯一の埋め合わせだよと言ってくれた。
人生は
くなった。私は
学校
に通い、
学士号
を取って、さらに
学位
を取
した。そして心理療法の
地を
めた。
は私を
りに思っていると
ってくれてそんな
言葉
は以前彼から聞いたことがなかった。
2
 
私がクリーン
年目の時に、NAで
のある
人が癌で
くなった彼の
りの
フェ
ローシップ
が集まり、闘病中の彼をサポートした。ホームヘルパーに加えて、二人のアディクトが彼にずっと付き添っ
ていた。彼の
ンシーの一人が引越してきて、彼の
寝泊
した彼は
かいながら、自分
ついて話をした。棘の中からバラに成長して言ったと語った。彼は威厳と力強さを持って、クリーンのまま死んでいった。彼はどのようにクリーンで生きるのかを教えてくれて、またどのようにクリーンで死んでいくのかを教えてくれた。
2
年後私の夫が癌と
診断
が癌で
していて、
は心
病を
っていたクリーンになたことでそれが望んでいるかはどうかは関係なく、自分たちの生活の
ンディションを
えるための
が与えられるようになり、それはとてもよいことだと感じていた。私が反応して起こしたことが問題になることはあっても、何が起こっても問題ない。夫や息子を失ったことは、私の第一ステップに対する唯一の疑 心だった。
私はミーティングに行き、自分の
疑念
についての話をした私は夫なしでクリーンを続けることは出来ないだろうと
かった私は彼なしで
本当
に生きていきたいのかわからなくなった。私たちは子供たちが
成長
していくのを見ながら28年間一緒に暮らしていたし、一緒に旅行に行き、アディクションが最悪だった時もお互いを気遣って一緒にクリーンなった。私たちがクリーンになってから、二人の関係は深まり、相互に
尊敬
しあう無
条件
情の中に一
いた。彼は私の心そのものだった私は彼なしでの人生は想像できなかった。夫は
ヶ月間病と
にいた。その期間私たちは
から
ハワイ
をした。そし
ジョ
ンションに
参加
した。そこで自分で手を
伸ば
して助けを求めることを初めて
学ぶ
ことが出来たこのプログラムの人
は彼が病気を
えている時も
素晴
らしかった。夫のス
ンシーたち私のス
ーとス
ンシー、そして
フェ
ローシップの
人たちがよく
話をくれて、たまに家を
れてくれた。私のス
ンシーの一人は看護
で、彼女はその時は
いてなかったので、私が出かける必要があるときには、代わりに
面倒
を見てくれた。
と思いやりを持った人たちがどんな時も私たちの
りに居てくれた。私の
シャル・ワーカーは、彼女は他のNAの友人たちの看護をしてくれていた人、NAは他で見ることのない最
サポ
ートシステムだと
っていた。私の
を、
くなった後に知った。私の夫の
11
日前に
くなっていたからだった。
をその
18
月後に
った私は一人
っちになってしまいそうで心から
くなった
くした痛みで私の心
のように
たくなっていくように思えた。私は呼
ができなくなって、
しくなっていくように感じた。たった一つミーティングに行くことだけは
えることができた私は自分
痛について話をした。
の人たちがミーティングで来て私に会ったら
逃げ
たしていくのではないかと思うほど話をし続けた。私は
ハイヤ
パワ
ーに助けの手を
伸ば
した。それからの
年間、私は
11
ステップにとどまっていた。私はある時気
いて、
ハイヤ
パワ
ーを
信頼
するようになった。
ハイヤ
パワ
一つの望みは、人生
が与える癒しと成長をくれる機会を活かすということだった。
それは今でもとても
しいことだ。でも使う必要はない。私はいまでもプログラムに
がっている。今で
も私は毎週6回ミーティングに出ている。私にはスポンサーがいる。ステップをしている。そして多くの女
のス
ーをしている。
スをして、
文献
んでいる。私にはス
リチ
アルな
ュニ
ティと
3

You're Reading a Free Preview

Download
scribd
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->