Welcome to Scribd, the world's digital library. Read, publish, and share books and documents. See more
Download
Standard view
Full view
of .
Save to My Library
Look up keyword
Like this
2Activity
0 of .
Results for:
No results containing your search query
P. 1
競技と食事

競技と食事

Ratings:

5.0

(1)
|Views: 144 |Likes:
Published by heartknots

More info:

Published by: heartknots on Nov 01, 2007
Copyright:Attribution Non-commercial

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as PDF, TXT or read online from Scribd
See more
See less

10/06/2009

pdf

text

original

 
競技に際しての食事調整
○試合前日までの食事運動中に最も重要なエネルギー源=筋グリコーゲン強い強度の運動を実施すると、筋グリコーゲンは枯渇してしまい、試合途中でスタミナが切れてしまうことになる。したがって、特に長時間にわたるエネルギー消費量の高い競技では試合の1∼2日前から高糖質低脂肪食となるように献立を考慮する。〔具体的なイメージ〕・主(ご飯など)の量1.5∼2倍にし、主菜および副菜を2/3程に控え・糖質の代謝を円滑にする働きのあるビタミンB1を十分に摂取する○試合直前の食事のタイミング試合前の食事は、試合開始3∼4時間前までに摂取する食事を摂ることが難しい場合、試合開始30分前から直前の間に吸収の早いブドウ糖、ショ糖、はちみつ、あめ、果物または果汁などを摂り、血糖値が低下しない様態にする。○試合後の回復どんなスポーツ種目においても、試合後や練習後は速やかに筋や肝臓の貯蔵グリコーゲンを元のレベルまで回復させなければならない。もし、糖質類が少ない食事を摂った場合、翌日のトレーニング開始までに筋グリコーゲンを元のレベルまで回復させることはできない。一方、高糖質では24時間後までに回復させることができる。したがって、速戦で次の試合に備えて筋グリコーゲンを速やかに回復させる必要がある場合、可能な限り試合直後に糖質を補給し、その後の夕食でも高等質を摂取する。グリコーゲン回復のためにはグリセミック指数の高い食品を摂取する方が良い。ただ
 
し、この指数は食品を単品で食べた場合のものであり、油で調理をしたりバターを塗って食べた場合には低くなるので注意する。高い(85以上もち中等度6085() 全粒パピザライクロアッサンロールパン低い(60以下スキムミルク低糖ヨーグルト

Activity (2)

You've already reviewed this. Edit your review.
1 thousand reads
1 hundred reads

You're Reading a Free Preview

Download
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->