Welcome to Scribd, the world's digital library. Read, publish, and share books and documents. See more
Download
Standard view
Full view
of .
Look up keyword
Like this
1Activity
0 of .
Results for:
No results containing your search query
P. 1
Kuraku ElasmoReview Japanese

Kuraku ElasmoReview Japanese

Ratings: (0)|Views: 107|Likes:
Published by Shigehiro Kuraku

More info:

Published by: Shigehiro Kuraku on Aug 09, 2011
Copyright:Attribution Non-commercial

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as PDF, TXT or read online from Scribd
See more
See less

08/09/2011

pdf

text

original

 
日本板鰓類学会会報 第45号 17-27頁 
 
総説総説総説総説
 
軟骨魚類の分子進化学:脊椎動物の祖先ゲノムを探る
 Molecular evolutionary studies on Chondrichthyes: in search of theancestral vertebrate genome
工樂樹洋
Shigehiro Kuraku
ドイツ・コンスタンツ大学 生物学科 動物進化生物学研究室
 Laboratory for Zoology and Evolutionary BiologyDepartment of Biology, University of Konstanz, Germany
 Email: shigehiro.kuraku@uni-konstanz.deURL: http://www.evolutionsbiologie.uni-konstanz.de/genombaum/
 
Abstract
In many different fields of biology, cartilaginous fishes
chondrichthyans
have beenanalyzed especially from evolutionary viewpoints, pursuing the origin of charactersunique to vertebrates. Even though many of such evolutionary studies involved onlyone or very small numbers of chondrichthyan species as representatives, the diversitywithin this group of animals and its time scale is beginning to be diagnosed moreintensively. Moreover, large-scale DNA sequencing projects have allowed us to scancharacteristics of chondrichthyan genomes and transcriptomes. In this review,advances in molecular evolutionary studies on phylogenetic relationships, its time scale,and genomic properties are summarized.
 
はじめにはじめにはじめにはじめに
 
日本板鰓類学会における筆者の歴史は浅く、ごく昨年入会させていただいたにすぎない。筆者自身、これまで、サメ、エイ、ギンザメを研究の主軸においたことはないのだが、彼らは常に重要な位置を占めてきた。現在、ドイツ・コンスタンツにて、地元の水族館との共同研究でトラザメ
Scyliorhinus canicula
とエイの一種
Raja clavata
の卵を使わせていただくとともに、公開されている分子配列情報を有機的に利用し、分子系統だけでなく、形態形成に関与する遺伝子の進化、さらにはゲノム進化のプロセスを探るプロジェクトを進めている。日本板鰓類学会の会員の多くの方々にはあまり馴染みのないトピックかもしれないが、この記事では、分子系統学、ゲノム進化学、および進化発生学の視点から、軟骨魚類の魅力に光をあててみたい。
 
なぜいまなぜいまなぜいまなぜいま軟骨魚類軟骨魚類軟骨魚類軟骨魚類なのかなのかなのかなのか?
 
脊椎動物の表現型のさまざまな側面について、その起源を探るような研究が、以前から軟骨魚類にも注目して行われてきた。内分泌
Kawauchi and Sower, 2006
Cooper andAlder, 2006
、神経系の研究(
Rotenstein et al., 2008
)などである。特に近年では、一連の
Evo-Devo
研究の流れから、肢芽の進化などに注目し、分子発生学的アプローチに基づいて形態進化の分子基盤を探る研究も行われてきている(後述)培養細胞を利用し
in vitro
実験系も用いられている(
Forest et al., 2007; Mattingly et al., 2004
。ゲノム学の分野では、線虫、フグのゲノムプロジェクトを過去に推進した
S. Brenner
らのグループが、ゾウギンザメ
Callorhinchus milii 
の部分ゲノム配列を報告した(
Venkatesh et al., 2007
1
種だけ選び、他の脊椎動物と比較されがちな軟骨魚類ではあるが、軟骨魚類の内部の多様性を分子系統学的手法で探る動きもあるとくに、ごく最近
Timetree
www.timetree.org;

You're Reading a Free Preview

Download
scribd
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->