Welcome to Scribd. Sign in or start your free trial to enjoy unlimited e-books, audiobooks & documents.Find out more
Download
Standard view
Full view
of .
Look up keyword
Like this
1Activity
0 of .
Results for:
No results containing your search query
P. 1
1-2-5

1-2-5

Ratings: (0)|Views: 33|Likes:
発電用原子炉施設の安全性に関する総合的評価に係る意見聴取会(第1回)-配付資料
http://www.nisa.meti.go.jp/shingikai/800/29/001/231114.html
発電用原子炉施設の安全性に関する総合的評価に係る意見聴取会(第1回)-配付資料
http://www.nisa.meti.go.jp/shingikai/800/29/001/231114.html

More info:

Published by: NPO法人 原子力資料情報室 on Nov 25, 2011
Copyright:Attribution Non-commercial

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as PDF, TXT or read online from Scribd
See more
See less

10/12/2012

pdf

text

original

 
 
平成23年
 
11月14日
 
原子力安全・保安院
 
緊急安全対策等の安全確保強化策
 
の概要について
 
資料2-5
 
 
緊急安全対策等の概要
 
○事故の拡大をもたらした直接的原因は、地震・津波により、全電源を喪失し、全ての冷却機能が失われ、原子炉等を冷却できなくなったこと。このため、福島第一と同程度の地震・津波が襲来し、
交流電源等を喪失したとしても
、安定的に炉心等を冷却する対策を講ずる。さらに、津波の防御対策や非常用電源の多様化等を講ずる。
 
緊急安全対策
 
(全交流電源等の喪失を予防するための津波防御対策を含む)
 
3月30日指示
 
○シビアアクシデントの中で発生した水素爆発の発生や作業環境の悪化による事態の一層の悪化を防ぐため、万が一、シビアアクシデント(炉心の重大な損傷等)が発生した場合でも迅速に対応するための対策を講じる。
 
シビアアクシデント対策
 
6月7日指示
 
シビアアクシデントの防止
 
シビアアクシデントが発生した場合の対応
 
短期対策(終了)
 
中長期対策(実施中:2~3年以内に
 
実施)
 
・電源車
 
・ポンプ車
 
・消火ホース
 
・手順書等の策定
 
・対応訓練の実施
 
・防潮堤の設置
 
・建屋の水密化
 
・海水ポンプ電動機等の予備品確保
 
緊急安全対策
 
の実施内容
 
配備
 
・防潮壁の設置
 
・空冷式の大容量大型発電機
 
の設置
 
 
緊急安全対策実施時ー
 
BWR(全交流電源喪失)
 
 
タービン
 
復水器
 
放水路へ
 
冷却水
 
(海水)
 
 
 
ポンプ付属燃料タンク:
 
(連続運転)
 
 
タンクローリー+軽油タンク
 
冷温停止を実現するためには要復旧
 
隔離時冷却ポンプ
 
(蒸気駆動)
 
電源車により、中央制御室や電動弁等に給電し、プラントを監視できるようにする。
 
原子炉から発生する蒸気で駆動する冷却ポンプを利用して、原子炉隔離時冷却系によって、炉内に給水、冷却を行い、高温停止させることにより、原子炉を安定させる。
 
原子炉隔離時冷却系により原子炉を高温停止状態にしている間に海水冷却機能と電源を復旧させて、冷温停止させる。
 
原子炉隔離時冷却系から原子炉に給水するために必要な水を補給。
 
仮設ポンプにて対応
 
ベント
 
消防車
1
台で海水からの供給も可能
 
ベントにより、圧力容器内の圧力上昇時に、蒸気を逃して、圧力を下げる。
 
2
 
貯水槽
 
 
原子炉
 
隔離
 
時冷却
 
主蒸気逃がし安全弁により、原子炉圧力容器から圧力抑制室へ蒸気を逃し、原子炉圧力容器の圧力を管理する。
 
 
緊急安全対策の概要(短期対策:BWR)
 
:緊急安全対策により追加された設備
 

You're Reading a Free Preview

Download
scribd
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->