Start Listening

セロ弾きのゴーシュ

Written by
Ratings:
2 hours

Summary

セロ(チェロ)奏者のゴーシュは町の楽団の落ちこぼれ。いつも楽長に怒られてばかり。仕事から帰って、毎夜練習を重ねていると、猫やかっこう、たぬきの子らが入れ替わり訪ねてきます。彼らはゴーシュの演奏に生意気な注文をつけたり、変わった効用を求めるので、ゴーシュは腹を立てながら彼らに対抗して限界を超えるような練習を重ね……。
宮澤賢治の世界を追求する朗読家、渡部龍朗が渾身の想いをこめて読みました。独自の作品解釈と世界観が、朗読世界を裏打ちし、充実のしあがりとなっています。(C)アイ文庫

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.