Start Listening

波紋

Written by
Narrated by
Ratings:
1 hour

Summary

小兵衛の剣友を見舞った帰途、大治郎の頭上を一条の矢が疾った。 心当たりはなかったが、これも剣客商売ゆえの宿命か。 大治郎は、次の襲撃を呼び寄せるように、下帯ひとつの裸身で泰然と水浴びをはじめた。 ―剣客商売(13)より―(時代小説)朗読者:小森 彰

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.