Start Listening

梅安蟻地獄

Written by
Narrated by
Ratings:
2 hours

Summary

月もない闇の夜、彦次郎の家へと向かっていた梅安は、覆面の侍に狙われる。どうやら人違いであった様子で、梅安の名乗る言葉を聞いてその侍は去っていくのだが… 鰹の中落を酒・醤油・味醂で辛めに煮付けたものなど相変わらず旨そうなものを食べている梅安の活躍です。(時代小説)

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.