Start Listening

森本敏 オバマで変わるアメリカ日本はどこへ行くのかの著者【講演CD:オバマ新政権誕生で日米同盟に変化はあるのか】

Written by
Narrated by
Ratings:
1 hour

Summary

森本敏氏は安全保障問題の第一人者で
テレビなどでの論客ぶりは際立っています。
本講演で森本氏は、国際秩序がほぼ10年単位で節目を迎えるとの事例を紹介。
続いてオバマ新政権の最大の課題はアメリカが国力を回復し
世界のリーダーシップを如何に取り戻すかにあると指摘しました。
具体的には経済力の回復と軍事力の2点を挙げています。
経済政策では7千億?の財政注入を決めるなど相次いで対策を実施しており、
2010年に実施される中間選挙を勝利するために
アメリカが最初に回復することを最優先すると見ているそうです。
軍事力では国際政治に大きく影響するアフガニスタン問題。
今回のオバマ大統領の出現は「アメリカの歴史を塗り替える」と評価。オバマ氏については
「常に冷静で人の意見を政策に取り入れる柔軟さと寛容な性格。
これはリーダーの資質を示すもの」と評しました。
また予備選で争ったヒラリー・クリントン氏の国務長官への採用は
「民主党の分裂を避けヒラリー陣営をなだめ、
民主党を一枚岩にするのが狙い」と分析。
日米同盟で「日本にとって大事なことはアフガン支援問題への対応」としました。
日本の対応がねじれ国会などで進展しないことに苛立ちも示した。
また米軍再編・日米防衛協力問題などを挙げ、
特に「日本の防衛費が減っていることが問題で、
先進国でもアジアでも日本だけだ」と懸念しています。
さらにソマリア沖の海賊行為に対応した日本の自衛隊派遣なども
日本の国益に叶い国際協力にも役立つとして実現を求めました。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.