Start Reading

週刊 三国志 第2話 董卓の専横第5回「牡丹亭」

Written by Narrated by
Ratings:
Length: 31 minutes

Summary

董卓が長安に遷都し、義軍が兵を引いた後、諸侯は各地で、各々の野望の実現のために、活動を開始していた。
そんな中、都となった洛陽では、董卓が相変わらずの権勢を握っていた。
都には彼をよく思わないものがいたが、その者たちはたちどころに殺され、表立った反抗はできないでいたのだ。
司徒王允もその一人である。董卓の悪行を思い出しては嘆息を漏らしていた。
彼の養女、貂蝉はそんな義父の様子を悲しみ、何か役に立てないかと問う。
彼女の覚悟を聞いた王允は、ある計画を実行に移すのであった。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.