Start Reading

週刊 三国志 第13話_五丈原 第3回「賭」

Written by Narrated by
Ratings:
Length: 40 minutes

Summary

長雨により魏軍が撤退したのち、孔明は四度、祁山へでた。大軍を分けて、箕谷と斜谷から進んでいたのだ。
司馬懿は、これを読んでいたが、曹真はこれを信じない。そこで司馬懿は、賭をするという行為に出た。自分と曹真とで箕谷と斜谷へ向かい、ここに蜀兵が来なければ、自分は紅粉を顔に塗り、女装をして謝るという約束をしたのである。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.