Start Reading

週刊 宮本武蔵 第32話 心火

Written by Narrated by
Ratings:
Length: 31 minutes

Summary

四高弟に囲まれた状況の中、隙をうかがいながら相手からの攻撃を待つ武蔵であったが、4人の達人は一向に陣形を変えない。一方、武蔵の手ごわさを察した四高弟側も、なかなか斬りこめず、互いに毛ほどの気の緩みも許されない状況であった。そんな中、誰が吹くのか、林の奥から風に運ばれてきた笛の音が、武蔵の聴覚をハッとさせる。武蔵の心身が脆いものになったその刹那を、四高弟が見逃すはずはなかった。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.