Start Reading

週刊 宮本武蔵 第34回 西瓜

Written by Narrated by
Ratings:
Length: 34 minutes

Summary

徳川家が封建統制を敷き始めた頃、伏見町は多くの商売人で賑わっていた。すっかり力のない姿に変わり果ててしまった又八もまた、石曳きとしてこの町で働いているのであった。休憩中、彼は百姓から購入した西瓜をにぶい眼でながめながら、この先、五、六年のうちに、武蔵やお甲を見返し、お通を迎え取る決心をする。そんな事を考えていると、いつの間に来ていたのか一人の武者修行の若者が、伏見城の地勢や工事のさまを少しところから眺めていた。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.