Start Reading

週刊 宮本武蔵 第68回 鍬

Written by Narrated by
Ratings:
Length: 23 minutes

Summary

音羽の滝の辺りで、沢庵がお通の名を叫んだ。その声を聞いた又八は、この場を離れようとお杉婆を急かすが、婆はお通の首を故郷へ持ち帰るため、死骸の首に刃を当てようとしていた。すると突然、お杉婆が驚きの声を上げる。よく確かめると、その死骸はお通ではなく、又八のよく知っているあの牢人者であった。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.