Start Reading

週刊 宮本武蔵 第119回 道草ぎつね

Written by Narrated by
Ratings:
Length: 33 minutes

Summary

武蔵の使いで柳生但馬守の邸を目指していた伊織であったが、木挽(こびき)の小屋が建ち並ぶ町を訪れたところで道に迷ってしまう。目当ての邸もなかなか見つけられないまま、夜もすっかり更けてしまっていた。このまま使いを果たさずに帰ることは、子ども心にも恥辱に思われたので諦めずに歩き続けていると、堀建小屋を覗き歩いている一人の女と出会う……。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.