Start Reading

週刊 宮本武蔵 第122回 血五月雨

Written by Narrated by
Ratings:
Length: 34 minutes

Summary

武蔵が滞在しているという耕介の店へ向かった佐々木小次郎、お杉婆、お稚児の小六、お菰の十郎の四人。事前の打ち合わせ通り、小次郎が家の中から武蔵を連れ出し、他の三人は物陰に潜む事とする。小次郎が早速中へ入り、武蔵を呼んできてほしいと頼むと、耕介は不意を突かれた顔をしながら奥へと入って行った。と、その時、戸外でただの肉声ではない、戦慄を覚えさせるような悲鳴が走る……。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.