Start Reading

週刊 宮本武蔵 第133回 さかいち坂

Written by Narrated by
Ratings:
Length: 21 minutes

Summary

夕刻、お杉婆の引っ越し先を尋ねに来た二十七、八の若い男があった。半瓦の使いからこの話を聞いたお杉婆は、もしや又八では……と、しばらくの間、その事で頭が一杯になっていた。その晩、裏口で何やら物音がしたので、婆は灯りを持って様子を見に行く。そこには手紙のようなものが置いてあり、開いてみると中には二枚の黄金が入っていた。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.