Start Reading

週刊 宮本武蔵 第136回 撥

Written by Narrated by
Ratings:
Length: 21 minutes

Summary

伊織と共に神楽殿の祭りを見に来ていた武蔵。神楽司の人長(ひとおさ)の歌詞(うたことば)を聞きながら、彼は太鼓をたたいている舎人(とねり)の手をじっと見ていた。すると突然、辺りを忘れて大きな呻きをあげる。年来、胸にわだかまっていたものが解けた瞬間であった。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.