Start Reading

週刊 宮本武蔵 第139回 下り荷駄

Written by Narrated by
Ratings:
Length: 34 minutes

Summary

平等坊(びょうどうぼう)の宝蔵破りをした罪人として、武蔵は役人の群れに捕まっていってしまった。権之助は、泣くじゃくる伊織をなだめ、その体を背におぶって歩き出す。夕べ、床几を借りて寝た犬茶屋の前を通りかかると、背中の伊織が、さっき山で見た女の人がいる、とつぶやく。その女とは、憎悪に満ちた視線をこちらへ向けて来るお甲の事であった。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.