Start Reading

週刊 宮本武蔵 第154回 港

Written by Narrated by
Ratings:
Length: 31 minutes

Summary

見知らぬ男たちに謀られ、断層の底へ落とされてから、それ以前の記憶を思い出せずにいた伊織。どこをどう歩いているのかも分からず、ただ権之助を呼び続けていた。途方に暮れていると、軽い旅装いをした娘と母に声を掛けられる。娘は伊織を自分の店に連れて行ってやろうと母に提案するのであった。

Read on the Scribd mobile app

Download the free Scribd mobile app to read anytime, anywhere.