日本語の方言

曇世良 2006年5月26日 それぞれの日本の町はちょっとちがう方言があります。 たとえば、博多と大阪と京都と東京の人はちが う方言をつかいます。 でも、オーストラリアの学校の日本語のじゅぎょうではひょうじゅん語だけをお しえます。 なぜならひょうじゅん語をつかう時にみなさん話し事がわかります。 ほかの日本の町の方 言をおしえません。 だから、 ほかの日本の町の方言をしゃべれたいの人はあの町に行った方が良いです。 ほうげんはあの町の人の毎日のしゃべりです。 例えば、博多人はりょうしんと友達に博多べんで話しま す。 だから方言はけい語にあまりえいきょうをあたえます。 しかし、たいせつ書るいはいつもびょじ ゅん語で書きます。

日本の町の方言の例えば: ひょうじゅん語 あるの? している していた ありません できない 言っているの? 言っていても 言う 捨てる お風呂にお湯をはる おこっている 帰る、消える、なく なる ありがとう じゃあ そんな事 どうしようもない そげな事 どげんしようも なか なにを 嫌の意味 でも、しかし こそばゆうい きもちわるい ものすごく トイレ ゆでたまご うでたまご くさい ばってん こちょばい きもい ごっつい はばらり なんば おおきに ほな ほかす うめる おがってる いぬ いいよっと いうたっちゃ いわす ありまへん できひん やってら 東京方言 大阪方言 博多方言 あると? しっと したはる したはった 京都方言

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful