工業力学第一演習

2000

1.

年6月2日

それぞれの重心を求めよ.
c

(a)

1.2m

(b)

(c)

8m

b

0.

G1
G2

d

a

a

2m

2.

1m

r

図 2 に示すように,両端支持の長さ l

1:

: m のはりに 6000N=m で直線的に増加する分布荷重

= 1 2

を作用させるとき,RA ,RB を求めよ.

RA

RB

A

B

l


3.

2:

図 3 のように,体積 V ,質量 M の球の付いた剛体棒を水の中で水平に保持する場合,棒の端に
直角に加えるべき力 P とその向きを求めよ.ただし,水の密度を, 重力加速度を g とし, 剛体棒
の体積と質量は無視する.
a

b

P
O
M,V

3:

3.1

重心

長さ l, 一様な密度, 一様な太さの線の重心の位置は以下の式で与えられる.
R

R

xdl
=
xg = R
dl

R

R

ydl
=
yg = R
dl

また, 長さ l の図形を有限個の図形 (長さ l1 ; l2 ;

(x1 ; y1 ),(x2 ; y2 ),
,(xn ; yn ) とすると,

111

Z

Z

l
Z

l

xdl =

xdl
l

(3.1)

ydl
l

(3.2)

1 1 1 ; ln) に分割し, 分割された図形の重心位置

Z

l1

xdl1 +

l2

xdl2 +

111 +

Z

ln

xdln

1 1 1 + xnln Z
ydl1 +
ydl2 + 1 1 1 +
ydln
l
l
ln
y1 l1 + x2 l2 + 1 1 1 + yn ln
x1 l1 + x2 l2 +

=

Z

ydl =

Z

1

=

2

(3.3)
(3.4)
(3.5)
(3.6)

のように変形できる. よって, 図形の重心は以下のように示される.
xg =
yg =

1 1 1 + xnln
1 1 1 + ln
1 1 1 + ynln
1 1 1 + ln

x1 l1 + x2 l2 +
l1 + l2 +
y1 l1 + y2 l2 +
l1 + l2 +

(3.7)
(3.8)

一方, 一様な密度, 一様な厚みの 2 次元物体の重心の位置は以下の式で与えられる.
R

xdS
xg = R
=
dS
R

ydS
=
yg = R
dS

R

R

また, 長さ S の図形を有限個の図形 (面積 S1 ; S2 ;
位置を
(x1 ; y1 ),(x2 ; y2 ),
,(xn ; yn ) とすると,

111

Z

Z

S
Z

l

xdS =
=

ydS =
=

xdS
S

(3.9)

ydS
S

(3.10)

1 1 1 ; Sn) に分割し, 分割された図形の重心

Z

S1

xdS1 +

S2

xdS2 +

111 +

Z

Sn

xdSn

1 1 1 + xnSn Z
ydS1 +
ydS2 + 1 1 1 +
ydSn
S
S
Sn
y1 S1 + x2 S2 + 1 1 1 + yn Sn

x1 S1 + x2 S2 +
Z

Z

1

2

(3.11)
(3.12)
(3.13)
(3.14)

のように変形できる. よって, 図形の重心は以下のように示される.
xg =
yg =

1 1 1 + xnSn
1 1 1 + Sn
1 1 1 + ynSn
1 1 1 + Sn

x1 S1 + x2 S2 +
S1 + S 2 +
y1 S1 + y2 S2 +
S1 + S 2 +
1

(3.15)
(3.16)

(a)
L 型図形の左側の長方形の面積を A1 , 右側を A2 とする. 原点を左下にとり, L 字型および

長方形 A1; A2 の重心の座標を G(xg ; yg ); G1 (x1 ; y1 ); G2 (x2 ; y2 ) とする. x1
d
c
c + a0
2 ; y2 = 2 であるので,

(3.17)

0 cd2
0 c)dg

(3.18)

bc2 + a2 d
x1 A1 + x2 A2
=
A1 + A2
2 bc + (a

yg =

y1 A1 + y2 A2
ad2 + b2 c
=
A1 + A2
2 bc + (a

f

b

0 c2d
0 c)dg

xg =

f

c

= 2 ; y1 = 2 ; x2 =

(b)
図形の左下を原点にとると, 重心は以下のように求めることができる.
R

xg = R

1
(
xdS
= 2
dS

R

xy = R

2 2) 2 (2 2 1) 0 1:2 2 f(0:4)2 2 g = 0:933[m]
2 2 1 0 (0:4)2 2 

(3.19)

2 1) 2 (2 2 1) 0 0:5 2 f(0:4)2 2 g = 0:5[m]
2 2 1 0 (0:4)2 2 

(3.20)

1
(
ydS
= 2
dS

(c)
座標の原点を円弧の中心にとり, 右側を x 軸の正, 上側を y 軸の正とする. 与えられた図
の重心は
xg =

R 0r
R
0a0r xdx + 0 2 (rcos)rd

a + 32 r

R

0 2 r(rsin)d

yg =
3.2

a + 23 r

=

=

2r2

0 2ra 0 a2

2a + 3r

2r 2
2a + 3r

(3.21)

(3.22)

分布荷重

分布荷重は q = q0 x=l; q0
ら,RA が求まる.

= 7200N=m で表される.B 点まわりのモーメントの釣合の式か

RA =

1

Z l

l2

0

q0 x(l

0 x)dx = 16 q0 l = 1200[N ]

A 点まわりのモーメントの釣合の式から,RB

RB =

1

Z l

l2

0

(3.23)

が求まる.

q0 x2 dx =
2

1
3

q0 l = 2400[N ]

(3.24)

3.3

浮力

浮力は V で与えられる. 図の向きに加える力が働いているとすると, モーメントの釣合
の式より
(M g

0 gV )a = P b

(3.25)

となる.P についてまとめれば,
P =

(M g

0 gV )a
b

(3.26)

となる.
M

0 V

>0

(3.27)

M

0 V

<0

(3.28)

ならば,P の向きは上向きであり,

ならば,P の向きは下向きである.

3

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful

Master Your Semester with Scribd & The New York Times

Special offer for students: Only $4.99/month.

Master Your Semester with a Special Offer from Scribd & The New York Times

Cancel anytime.