おきなわじかん

ぶんせき

うちなータイム( 沖 縄 時 間 )の 分 析

おきなわ
ひと
うちなー:「おきなわ
沖 縄 」のこと。沖 縄 の人 のことを「うちなーんち

ゅ」と言
います。

じかん

なが

しま

おきなわ

時 間 がゆっくり 流 れる 島 と言われる 沖 縄 。そのせいか、ウチ
じかん

まも

ナーンチュは時 間 を 守 らないとよく言われます。ホントでしょ
うか?
おきなわ

いじゅう

とうしょ

わたし

じかん

つか

かた

ひ こうりつ

沖 縄 に 移 住 した 当 初 、 私 は時 間 の 使 い 方 が非 効 率
おきなわ

たい

たと

な 沖 縄 に 対 してイライラしていました。 例 えば……。
ふん

しごと

5 分 で終わる仕 事 の打ち合わせなのに、そのあともゆんたく。
じかんあそ

ひと

かれ

たっぷり2時 間 遊 んでいった 人 がいました。 彼 のおしゃべり

なが

ひと

むだ

じかん

ぶん

かいしゃ

を聞き 流 しながらも、その 人 が無駄にした時 間 の 分 も 会 社
きゅうりょう

は 給

はら

いき

ほんど

料 を 払 っているんだなぁと、ため 息 。また、本 土 か

いじゅう

ひと

もの

しごと

くるま

ら 移 住 した 人 の買い 物 のために、仕 事 をサボって 車 で連

ほう

れて行ってくれた 方 がいました。「おいおい、そんなことして
だいじょうぶ

た じんじ

しんぱい

大 丈 夫 ?」と、他 人 事 ながら 心 配 してしまいました。

おきなわほうげん
い み
ゆんたく:沖
縄 方 言 で、「おしゃべり」の意味
。おしゃべりな
ひと
人 は、「ゆんたー」とか「ゆんたくー 」という。

じかん

たい

がいねん

まった

ちが

とうしょ

おどろ

時 間 に 対 する 概 念 が 全 く 違 うので、 当 初 は 驚 くとい
あき

じっさい

うよりも 呆 れ果てたというのが 実 際 のところです。

じょじょ わたし じぶん じかん どれい しかし、 徐 々 に 私 は、自 分 が時 間 の奴 隷 になっていたこと きづ に気付きました。 ほんどじだい とりひきさき やくそく でんしゃ じこ 本 土 時 代 のことです。 取 引 先 との 約 束 に、 電 車 の事故で ふんおく えいぎょう ふんおく 5 分 遅 れてしまった 営 業 マンがいました。「5 分 遅 れる むね れんらく い とりひきさき いか か 旨 」の 連 絡 を入れなかったために 取 引 先 の 怒 りを買い、 かれ いご とりひき ぜんぶことわ しっぱい 彼 は以後の 取 引 を全 部 断 られてしまいました。この 失 敗 きょうくん かれ じかんげんしゅ やくそくげんしゅ きも めい を 教 訓 にした 彼 は時 間 厳 守 ・ 約 束 厳 守 を 肝 に 銘 じ けっか せいせき かれ わたし い た結 果 、トップクラスの 成 績 をキープ。その 彼 が 私 に言っ とき しっぱい いま じぶん たことは「あの 時 の 失 敗 があったから 今 の自 分 がある」。 わたし おも このとき 私 は「ほうほう、たいしたものだ」と 思 ったのです おきなわ く ふんおく が、 沖 縄 で暮らすようになってからは「5 分 遅 れたぐらいで おおさわ ぎもん も 大 騒 ぎしなきゃならないわけ?」と、疑 問 を持ってしまいまし た。 でんしゃ びょうおく わ なが 電 車 が 30 秒 遅 れただけで「お詫び」のアナウンスを 流 さ まち いっぽう じこくひょう まった なければならない 街 がある 一 方 で、時 刻 表 が 全 くあてに けんみん あし はし まわ おきなわ ならないバスが 県 民 の 足 として 走 り 回 る 沖 縄 …。 かんが とかい く ひと じかん つらつら 考 えてみると、都 会 で暮らす 人 たちには時 間 があり かぞく す じかん けず しごと ぼっとう ません。家 族 と過ごす時 間 を 削 って仕 事 に 没 頭 しています。 しゅうまつ ひ すいみんふそく おぎな 週 末 ともなればバタンキュー。日ごろの 睡 眠 不 足 を 補 う まるいちにち ね す ひと ために 丸 一 日 寝て過ごすという 人 もいるぐらいです。 .

つか ふとん たお たお バタンキュー:疲 れて布団 などに倒 れこむこと。 ベッドに倒 れ し ねむ こと こみ、(=バタン) 死んだように眠 る事 (=キュー) げんだいじん しごと せいかつ かて え じんせい 現 代 人 は、仕 事 をして 生 活 の 糧 を得るのではなく、 人 生 じかん き う い ひと の時 間 を切り売りして生きているようなものです。そんな 人 た じかん きちょう おきなわ ちにとって、時 間 はとっても 貴 重 ですよね。ところが 沖 縄 に ほんど じかんかんかく おきなわ ひと は本 土 のような時 間 感 覚 がありません。 沖 縄 の 人 にとって、 じかん たん とき なが めやす 時 間 とは 単 なる 時 の 流 れであり、ひとつの目 安 でしかないと おも 思 っています。 わたし さんか じょせい かたぎ あ まいつき ご ご 私 の参 加 している 女 性 グループの 模 合いは、 毎 月 午後 じ じ じ く ひと なか 8時スタートなのですが、9時とか 10時に来る 人 がいます。 中 じ かい さんか ひと だれ おこ には2次 会 から参 加 する 人 もいます。でも、 誰 も 怒 りません。 しごと じょせい こども じょせい だって、仕 事 をしている 女 性 、子 供 がいる 女 性 、みんなそ じじょう れぞれ 事 情 があります。 かたぎごう おきなわけん か ご し ま けんあまみぐんとう 模 合 (もあい、琉:ムエー): 沖 縄 県 や鹿児島 県 奄美 群 島 において、 ふくすう こじん ほうじん そしき いっていがく きんせん はら こ 複 数 の個人や 法 人 がグループを組織して 一 定 額 の 金 銭 を 払 い込み、 ていきてき にん おきなわ じかん じゅんばん きんせん きゅうふ う と きんゆう いちけいたい 定期 的 に 1 人 ずつ 順 番 に 金 銭 の 給 付 を受け取る 金 融 の 一 形 態 であ る。 ひと やさ しゃかい 沖 縄 は時 間 にルーズ、というよりは 人 に 優 しい 社 会 なので おも はないかと 思 っています。 .

さいご ごかい ひとこと つ くわ しごと 最 後 に、誤 解 されないよう 一 言 付け 加 えますと、仕 事 、ビジ ば じかん じんざい りょう まも ひと あっとうてき ネスの場においては、きちんと時 間 を 守 る 人 たちが 圧 倒 的 です。 东京 人 在 冲绳:这事儿我误会 了 !? .

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful