You are on page 1of 12

作 ・ Z A W A

『 あ や ま ち 』

お 近 沿 鈴 じ 藤 道 木 さ ん 清 雄 卓 美 哉 哉

坂 部 知 美

(27) (30) (24) (28)

人 物

職 安 に い た お じ さ

知 美 の 同 級 生

知 美 の 職 場 の 先 輩

知 O 美 L の 彼 氏

ル 文 面 『 残 業 な が び い て ま す 。 あ と 一

ケ ッ ト か ら 携 帯 を 取 り 出 す 鈴 木 。 メ ー

木 。 携 帯 の バ イ ブ が 響 く 。 ズ ボ ン の ポ

茹 で て い る パ ス タ を じ 夜 っ と 見 て い る 鈴

○ ア パ ー ト ・ ダ イ ニ ン グ

ら 携 帯 を 出 し メ ー ル を 打 つ 知 美 。

時 計 は 八 時 二 分 に な る 。 慌 て て 、 鞄 か

ね り 、 一 息 つ き 、 腕 時 計 を 見 る 知 美 、

コ ン に 向 か い 作 業 を し て い る 。 首 を ひ

美 デ (27) ス ク 一 が 人 整 し 然 か と お 並 ら ぶ ず オ も フ く ィ も ス く 、 と 坂 パ 部 ソ 知

○ ビ ル ・ オ フ ィ ス ( 夜 )

時 を 指 し て い る 。

に 置 か れ た 時 計 を 見 る 鈴 木 。 時 計 は 八

す 鈴 木 卓 哉 (24) 。 ダ イ ニ ン グ テ ー ブ ル

煮 え 立 つ 鍋 に そ っ と パ ス タ の 束 を 落 と

ダ イ ニ ン グ に 併 設 さ れ た 小 さ な 台 所 、

○ ア パ ー ト ・ ダ イ ニ ン グ ( 夜 )

( )

○ ア パ ー ト ・ 建 物 入 口
(


)

し 、 パ ソ コ ン に 向 か う 知 美 。

扉 を 閉 め る 遠 藤 。 腕 時 計 で 時 間 を 確 認

知 美 「 お 疲 れ 様 で す 」

遠 藤 「 そ っ か 、 じ ゃ あ ま た 。 お 疲 れ 」

知 美 「 す い ま せ ん 、 今 日 は ち ょ っ と 」

遠 藤 「 ま あ ね 、 終 わ っ た ら ご 飯 で も ど う ? 」

遠 藤 さ ん も 残 業 で す か ? 」

知 美 「 お 疲 れ 様 で す 。 も う 少 し で 帰 り ま す 。

遠 藤 「 お 疲 れ 、 ま だ 帰 ら な い の ? 」

ス の 扉 か ら 知 美 を み る 遠 藤 雄 哉 (30)

開 く 音 が す る 。 振 り 返 る 知 美 。 オ フ 。 ィ

て ま す 。 待 っ て る ね 』 オ フ ィ ス の 扉 が

む 。 メ ー ル 文 面 『 了 解 、 今 パ ス タ 作 っ

デ ス ク で 、 携 帯 夜 を 見 る 知 美 の 顔 が ゆ る

○ ビ ル ・ オ フ ィ ス

打 ち か え す 鈴 木 。

時 間 く ら い 遅 れ る 。 ご め ん 』 メ ー ル を

( )

俯 く 鈴 木 。 綺 麗 に 並 べ ら れ た 食 器 を 見

鈴 木 「 ご め ん 」

知 美 「 あ の さ 家 事 も い い け ど 、 そ ろ そ ろ さ 」

エ プ ロ ン 姿 の 鈴 木 を み て 知 美 。

鈴 木 「 仕 事 ? ま あ ま あ か な 」

知 美 「 ち が う 、 仕 事 」

鈴 木 「 お い し く し あ が っ て る よ 」

知 美 「 ね え 、 ど う ? 」

鈴 木 「 お 帰 り 、 す ぐ に 夕 食 に す る ね 」

鈴 木 振 り 返 る 。 知 美 ダ イ ニ ン グ に 来 る 。

知 美 の 声 「 た だ い ま 」

べ る 鈴 木 。 玄 関 の 開 く 音 が す る 。

ダ イ ニ ン グ テ ー ブ ル に 丁 寧 に 食 器 を 並

○ ア パ ー ト ・ ダ イ ニ ン グ ( 夜 )

つ く 知 美 。

状 が 入 っ て い る の を 目 に し 、 た め 息 を

D M や チ ラ シ の 中 に 一 枚 結 婚 式 の 招 待

分 の ポ ス ト か ら 届 い た 物 を 見 る 鈴 木 。

歩 い て き て 、 住 人 の ポ ス ト が 並 ぶ 、 自

知 美 「 そ う な ん だ 」

鈴 木 「 最 近 は 隔 週 で や っ て る ん だ 」

知 美 「 今 日 、 土 曜 日 だ よ 」

鈴 木 「 ハ ロ ー ワ ー ク 」

服 を 着 な が ら 鈴 木 。

知 美 「 ど こ 行 く の ? 」

ま す 知 美 。

美 。 起 き 上 が り 服 を 着 る 鈴 木 。 目 を 覚

一 つ の ベ ッ ド に 裸 で 寝 朝 て い る 鈴 木 と 知

○ ア パ ー ト ・ 知 美 の 部 屋

が う っ す ら と 差 し 込 む ダ イ ニ ン グ 。

台 所 に 置 か れ た 洗 っ て 朝 な い 食 器 。 朝 日

○ ア パ ー ト ・ ダ イ ニ ン グ

頷 く 鈴 木 。

ゃ っ て 、 ご め ん 。 ご 飯 に し よ 。 ね 」

あ た し も 疲 れ て る か ら か な 、 イ ラ イ ラ し ち

知 美 「 ご め ん 、 卓 哉 も 頑 張 っ て る ん だ も ん ね 。

つ め る 知 美 。

( )

( )

ダ に 足 を 投 げ 、 窓 枠 に 座 り 煙 草 を 吸 う

に は 男 性 物 の 下 着 や 服 も あ る 。 ベ ラ ン

洗 濯 物 が 風 に 揺 れ て い る 。 洗 濯 物 の 中

○ ア パ ー ト ・ ベ ラ ン ダ

鈴 木 「 あ り ま す よ 」

悩 み な ん て な い だ ろ ? え ? 」

お じ さ ん 「 で も な あ 若 い っ て の は 、 い い な あ 。

鈴 木 「 若 く て も 、 資 格 も 学 歴 も な い ん で 」

お じ さ ん 「 若 い と 求 人 も 多 い だ ろ ? え ? 」

の 検 索 機 の お じ さ ん が 覗 き 込 ん で く る 。

画 面 に 年 齢 等 を 入 力 し て い く 鈴 木 。 隣

○ 職 業 安 定 所 ・ 検 索 機 前

○ 職 業 談 老 安 窓 若 定 口 男 所 や 女 検 、 索 外 機 国 の の 順 人 番 等 待 、 ち 大 を 勢 し の て 人 い が る 相 。

も ぐ り こ む 知 美 。

頷 き 出 て 行 く 鈴 木 。 欠 伸 を し 、 布 団 に

知 美 「 幸 せ そ う だ ね 」

煙 草 を 吸 い な が ら 携 帯 を 持 つ 知 美 。

○ ア パ ー ト ・ ベ ラ ン ダ

ち ゃ っ た け ど 、 結 婚 式 あ げ た く て さ 」

清 ○ 清 美 美 「 あ 美 赤 の の (27) ん 家 ね 坊 ・ 、 。 を リ で 抱 ビ き え ン ち な グ ゃ が っ ら て 携 さ 帯 を 、 持 順 つ 番 近 逆 藤 に 清 な

知 美 「 え 、 子 供 い る の ? 」

赤 ち ゃ ん の 泣 き 声
)

清 美 の 声 「 あ あ 、 届 い た ? ほ ら 泣 か な い の

知 美 「 招 待 状 来 た け ど 、 あ ん た 結 婚 す る の ? 」

清 美 の 声 「 え え 、 嘘 、 知 美 ! ? ど う し た の ? 」

知 美 「 も し も し 、 清 美 ? 坂 部 知 美 だ け ど 」

話 を か け る 知 美 。

を 持 っ て 、 ア ド レ ス か ら 清 美 を 選 び 電

と 書 か れ て い る 。 招 待 状 を 置 き 、 携 帯

知 美 。 結 婚 式 の 招 待 状 を 見 る 近 藤 清 美

ブ す る 。 眠 気 眼 に 、 携 帯 に 出 る 知 美 。

う た た ね を し て い る 知 美 。 携 帯 が バ イ

ベ ラ ン ダ に 足 を 投 げ た ま ま 自 室 の 床 で

○ ア パ ー ト ・ 知 美 の 部 屋

○ 公 園 若 い 子 連 れ の 夫 婦 に 目 が い く 。 顔 を 上 げ る と 、 幸 せ そ う な カ ッ プ ル や ベ ン チ に 座 り 、 求 人 表 を 見 つ め る 鈴 木 、

知 美 「 私 じ ゃ な い ん だ 」

清 美 の 声 「 え 、 知 美 、 仕 事 辞 め た の ? 」

知 美 「 そ れ が 、 求 職 中 で 」

清 美 の 声 「 じ ゃ あ 、 知 美 も 結 婚 近 じ ゃ な い ? 」

知 清 知 清 美 の 美 美 知 美 「 ? の 「 美 の ま 」 声 ま は 声 あ 「 あ ど 「 」 ま ま う そ だ あ ? ん 、 か 」 な 年 な こ 下 」 と の な 彼 い 氏 よ と 。 は 色 々 同 大 棲 変 し だ て よ る 。

欠 席 の 欄 に 丸 が う っ て あ る 。

結 婚 式 の 招 待 状 を 手 に 取 り 見 る 鈴 木 。

な っ て い る 。 テ ー ブ ル の 上 に 置 か れ た

ベ ラ ン ダ に は 、 洗 濯 物 が 干 し た ま ま に

ら 、 真 っ 赤 な 夕 日 が 差 し こ ん で い る 。

ダ イ ニ ン グ に 立 つ 鈴 木 夕 。 知 美 の 部 屋 か

○ ア パ ー ト ・ ダ イ ニ ン グ

鈴 ○ 木 ア 「 パ た な 玄 ー だ い 関 ト い 。 に ・ ま 入 玄 」 っ 関 て く 夕 る 鈴 木 。 玄 関 に は 靴 が 、

知 美 「 あ 、 え っ と ・ ・ ・ 」

遠 藤 「 ね え 、 今 夜 あ い て る ? ご 飯 で も ど う 」

知 美 「 う わ 、 す い ま せ ん 」

起 き 上 が る 知 美 。

遠 藤 「 ご め ん よ 、 卓 哉 君 じ ゃ な い な 」

知 美 「 も し も し 、 卓 哉 ? 」

( )

( )

た コ ン ド ー ム の 包 が 捨 て て あ る 。 裸 で

ベ ッ ド サ イ ド の ゴ 夜 ミ 箱 に は 、 開 封 さ れ

○ ラ ブ ホ テ ル ・ 部 屋

る 画 面 に は 、 何 も 表 示 は な い 。

ジ ン を 切 る 途 中 で 手 を 止 め 、 携 帯 を 見

る 。 台 所 に 立 つ 鈴 木 、 ゆ っ く り と ニ ン

台 所 の 明 か り の み が ポ 夜 ツ リ と つ い て い

○ ア パ ー ト ・ ダ イ ニ ン グ

遠 藤 、 知 美 の 手 首 を つ か み 、 微 笑 む 。

分 。 鞄 か ら 携 帯 を 出 そ う と す る と 知 美 。

ま う 知 美 、 腕 時 計 を 見 る と 七 時 五 十 六

飲 み か け の カ ク テ ル を 一 息 に 飲 ん で し

遠 藤 「 う ま く い っ て な い の ? 」

知 美 「 ま あ 」

遠 藤 「 卓 哉 君 っ て 彼 氏 ? 」

○ バ ー 席 で 飲 む 知 美 、 遠 藤 。 落 ち 夜 着 い た 雰 囲 気 の バ ー 。 カ ウ ン タ ー
( )

( )

( )

知 美 、 嗚 咽 混 じ り に 泣 き 出 す 。

テ ー ブ ル に 手 を つ き 、 床 に 崩 れ 落 ち る

ら 先 に 寝 ま す 。 お 休 み 。 卓 哉 』

決 ま り そ う で す 。 明 日 早 く も 面 接 だ か

い て い た ら 温 め て 食 べ て ね 。 あ と 仕 事

し か っ た ? カ レ ー が あ り ま す 、 お 腹 空

の 上 に は 書 置 き が あ る 。 『 お 帰 り 、 楽

く る 知 美 、 明 か り を つ け る 。 テ ー ブ ル

玄 関 の 開 く 音 が し ダ イ 夜 ニ ン グ に 入 っ て

○ ア パ ー ト ・ ダ イ ニ ン グ

る 知 美 。

ご め ん ね 、 十 二 時 に は 帰 る 』 と 返 信 す

す 面 』 『 、 友 メ 達 ー と ル ご 文 飯 面 か 『 な そ ? う 返 友 事 達 ま と っ ご て 飯 ま 。

か ら 一 通 メ ー ル が 来 て い る 。 メ ー ル 文

の 目 を 盗 ん で 、 携 帯 を 見 る 知 美 。 鈴 木

サ イ ド の テ ー ブ ル に 置 い た 鞄 か ら 遠 藤

ベ ッ ド に 寝 て い る 知 美 と 遠 藤 。 ベ ッ ド

( )