You are on page 1of 4

「大和川叢書」プロジェクト企画趣旨ご説明書

1.企画趣旨
  奈良県に発し、大阪市と堺市の間を西流、大阪湾に注ぐ大和川については、現在は「日本一
汚い川」としてしか全国的には知られていない。しかし本来は淀川以上に大阪平野を形成した母
なる川であり、膨大な歴史情報を持ち合わせている。

「大和川叢書」はこの大和川についての歴史研究の第一人者である中九兵衛氏が自らの著作を
発表されるべく創刊された(下図①)。それは大和川を、ひいては大阪を知ってもらい、その魅力
を語ることができる大阪人が増えることを望んで始められたものだが、中氏の著作にとどまらず
大和川水系の歴史・文化をテーマとする作品を集められるよう、ブログを活用した参加型文芸サ
イト「マチともの語り」(下図③)を利用した作品募集を行おうと考える(下図④)ものである。

「大和川水系」の歴史・文化をテーマとする原
稿・詩歌・写真

②monokatari.jp※

③machi.monokatari.jp ① 大和川叢
「マチともの語り」 ④ 執筆
 公開
 出版

※②monokatari.jp
 有限会社眺(ティアオ)が展開するインディーズ・パブリッシングのレーベルで、そのパブリッシン
グの一形態である電子書籍はボイジャー社の展開する「理想出版」で販売されている。
「理想出版」http://www.dotbook.jp/dotbook/index.php

2.ご提案
  上記企画に賛同頂き、「大和川叢書」に執筆をされる、あるいは既存作品で「大和川叢書」
シリーズとして刊行できる作品をお持ちの方がおられましたら、「マチともの語り」サイト内の下記
エントリーにコメント頂き、ご連絡下さい。その際、連絡先(メールアドレス)が分かるようにして
頂きますようお願い致します。
「大和川叢書」をつくりませんか http://machi.monokatari.jp/index.php?itemid=4024

3.提案者について
  この企画の提案者は椋(むくのき)康雄といいます。
1968年兵庫県出身で、大阪市立大学法学部を卒業後、システムエンジニアを職業としています。
2005年から2006年にかけて「マチともの語り」に『猫間川をさがせ』という作品を執筆しまし
中九兵衛氏とはこの『猫間川をさがせ』を通じてご教示頂く機会を得、私から「マチともの語り」
を利用した企画を提案したという経緯になります。
2006年10月10日

は「日本一
形成した母

の著作を
い、その魅力
とどまらず
加型文芸サ
ものである。

① 大和川叢書

そのパブリッシン

和川叢書」
サイト内の下記
かるようにして

=4024
ます。
作品を執筆しました。
ともの語り」