_近世日本に活動畢る

-伊太利人
金婚正三著

/

森北書店列


衣 .

第l.葦 切支丹宗建設の八女
一 バ チ ス タ ・ デ ・ モ ン テ
克 完 至 宝 突  戻 完 三 九

二 アレプサンFp・ワテレヂオ

三一三ツキー・オルガンチノ
四.アレブサyFp・ワリ一(ヤ一-

第二章 受華の人々
1 パウロ・ナパル下

二 ジヨルダノ二アイ・サソーステ77ノ
三 カルず・スビノラ

四 ゼロ.,三二ア・アンゼサス
五   ジ ョ ア ン ニ ・ バ チ ス ク ・ . # ル B

七六 五四三=_顔
葦   潜   入   着

マルセ-フランシスn
ユ′

<'1,ノ・

アン-オ・q・(チエl
T T Y   . h   . _   .

・JMlJL JL ∼ ,I

一 月

星雲芸は・マルナスが・そ-「基叢の是に於誓慧」の副讐して.r茅部

致しと呼ん歪に・霊園で旺・畏国孟-ものと考へられ・笥雷に蓋警ため.悲
惨盗雷撃払慧らなかったこかし,邪教盲せられ雷為らず'芸票が、芸竃

の票国文化に貢警た功-香み得監毒冨る。鯖雲化に於買殊芸士碧投じた
影習,耶管の誓約悪に侯つものがある。愛覧警その三重あるD永栗年、キ呈I

降要に・常時、交警雪空一好・恵豊中の雲丹武-驚志富農がら'慧署
の同じ屋慧下に讐W・共竺菅--雷別れて葛に相蓋え'花こ-撃た
と云ふoかくの如く憲霊は・票武士道の慧冨るが・要望-つて歪孟空とも
認めねば改らなS。

慧是めとし・笠芸と露の鷺にあった欧翌の貿易が警した西欧文化に就笠は'

暫く葺宜驚宅が警した冨らう科荒知警-展開期に雷る票文化に'芸的

一助憲し雲-う。芸域-印鷺の慧-.その高であるOl,

・(〟-の竃讐

苛 令 書壷壱

.・h言ツ・(・単三 アp

香車真書

ヵヽ三・三スタンツオ

f・

JtJ S

: = ∵ =・ . : . : ∼ . = け h をして. ・ . ∴ J i j ' ] . ・ : .は . ・ . . I . . . 安 東 雷 -' 辛 雪 の砲 の -含 む と 芸 へ め 義 I: 雷富者に・我が-ある-芸の-命す孟き把到つ空あらうかQ 我々は'琴異震--警蓋し-これ・-あ雲嘉の「殉警精 神」曇ら-数慧ためを慧-雷献-を等-殉じ委しあ る妻がlこの箸に口--奉公」の--戟-読-て命姦冨あ らうO彼等は教港のために宛じたのであるO我々の愛国の精繭であるbそして'困苦故芝に耐え. : i : I : ' ㌦ .. i . .意 . . .. . :. . [ ・ = : 言 : : ・ ・ . . .. . . i . i .. . Z r . .. . I.r阿欝の望」にゐ-する-せし-芸ふ--て-普撃 I l l . 7 .. II・ i ・ J r ・+ . = ・ : : . . .そし I て. . = ・ ・ 1 .・ ・ . .... ''' .・ ・ ・ ・ .: .. ・ 4 . J r .である。 衆に・彼等宣教師たち絃・殆んど皆・人徳教養に於いて優れた人たちで雪たo殉教の精沖に加 ふるに・徳を以て事監冒・教法に従った教養ある指導者であったことも忘れてはなちなS. . r I ・ : 7 / . . .. 如何なる迫等姓行も突破せずんぼ止まず'と云つた'何がなんでもや少披くぞの誇称があつたから . : : _ .. 1 . . : . . しては'書慧院の-樹引の暑-め-男姦-雷撃墓 把畷がな5。 とも孟壷は'たh・その紅の-書き誉れ-の警-てゐる義の誉把 .. . L II . .. . I .常時の是文化が'彼等宜   J 教師雲の故国のそれと比撃て・決して劣ったもので-・警そ蓬へ'寧ろ優ってゐ究ぼこ そ・外来文化峯受入れ・岨曝し・我がものとなし得た所以も忘れてはならなS。 我々は・D]蓋支丹倦遺史上に放ける殊に・伊太利人の所動に慧て物語思川嘗明らかにする 墓がある。第蒜・伊太邦人墓師の功禁・管よく知られてゐ監ことであるO第二苓伊 交通が預からぬそして長5貰-つてゐることを明らかにした1ためで-o雲丹宗は、羅馬 教書警代掌る伊太利と是との交警豊ふことが崇る¢然るに、雲丹笠聖の伊太 守 や . . I.我が国に乗る前に・我が国の言葉を畢び・日本の風俗習慣を知pt日本人の性格を洞察Lt埠 に入つ這籍に警・の書-く若してゐる。さればこそ、異民芸化が成功し・慧国民に   3 多くの信者を得・彼等をして・彼等の敦に殉ぜしめたのであるoたゞ.

軍嘉輿時代の-の囲際監-吉-草-A-年は去望島国
の桑警空等あ-豪の-その支署の政党-てふ-地位壷してゐた。

昌::...:,i::・l∴..・_I;:・・=・<・・.・∴・7,.・・:_--ll...管..M.

そして盲の冨持-つた。これ-利の--、-錯逆の童苦られな

かつ窟慧る。-慕-葡芳醇図-つ-し-倭-壷封入の功績
量したので-葡要の鷲-蒜今空扶--らの布蔓上の方便でも

: . . .I . . . ' ' . : . ' T . : : . : . . , : .' ' . . I . .I . . : . . . I . . . ・ ・ ' . . . . .' ' ' . : .I . . . . . . I . :

ぁ毒伊嘉人の偉-は-牙の-事-見れば、個人である盛国家の莞改 管掌する個人で--杏--の-ある。この個人の農にあった伊大利
人が、その功曇られないの-管-。か--革にして-宗・邪警して敢

誓危-ぎ云ふ翌が固定し宣-的封-富枝書芸之れ守るべきもの己

て、男等禁磨-し・空-響-だ-の否定的豊富るであらう。

我々姓か主不遇の地位にあをがら伊太別人姦師が、不禁屈、殉教の琴誓以て'#化に
普つたこと,そし蒜等が畢莞行に優れてゐ至と・伊太利人的漂さ蓋ってゐたこと.最後

に・票国文化告て・悪西欧のそれと誉しめる端警関完ことを見る芸らうO伊太剥が

その翌・撃を完成し・票国是代国家として整備し'農南国が雷

今賢国璽して将

見えるの竿九世紀後年から冨る。が、最要の基誓,雪がこれから物誓如き'長盲
- 5 一

して深い買晶してゐるDそして・最交買上わ伊太利は、常に精神的指慧地位にあった。

琵晶聖品撃か晶係こそ・長1賢に由るもので雪て'謂誓所以で旺ない。
衆に・185々笈等伊太利人姦師の主-人々の義をーその蛋暗に述べよう。凡そ入管静

ずる署には・彼の荒した霊の馨に就いて考へ苦れば監な5遥大雪もの農の中に
立つ」と云ふ嘉が-q貢-の名を列する程の人定ばこそ.鼠も讐慧正面に豊後に
も・左右からも営つたのでノある。それ昌代と云ふ鼠と人の讐褒讐云ふ管である。異民族で あ基って異教徒冨J21 ・両も雷に於小言の雪質若し,俸統監きる是に写る俸道

藁量に管芸学はないo況んや徳川幕府に於け孟香の翼下に於笠書芸る。雪に
紋等笠の空足と力とを以つ-本雲丹完-嘉警要し.布警完成したのであるOその

JI

成功した雷は'鍍警露が各晶経の警人々であっ警JJ︰示警して優れた指導者にま
って開く統こ'誓して等監ぢたからで-。よき窒者の中に・伊太科人として望ルガン チノやアレッサンドで7-ヤ一lQ警傑望宝物が居たのである。我々は筈の芸の警

たどる時'蓋しなければ-禁の撃の荒に就1て芸る。是側の見習等の琶孟
墓とか手武の知美誓書との間に芸の多1ことであるO轟に・誓書や手紙の中貰える 甚だし5誇張の如き.や官憲にあ-芸へ・笠とて叉警-。各々大き墓撃があっ
た以上'名容欲雷雲かつ-のが-うかoこれ等の人格を傷けるものでは苧して・葦

の慧さの7つの翌でも-表芸葦も差人間味ある人たちとして・その事墓設の誓
= ・ : ・ ・ ・ . ・ ・ ・ ・ . 、 . ・ ・ ・ J ・ ・ ・ J ・ ・ , ・ ・ ・ ・ ・ い ・ = ・ , ・ ; - ・ 、 ・ ・ ・ : : ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ , ・ t = : _ . ・ ∴ 7 .

霊芝幾多の翌夏にその評雷管,心にのみ冨て人物奉呈らうと恩ふ。豊富人物

が如何至芸警もってゐたか表文如何-人生警もって居たか・此虚に旺葦の露した 舞裏芸したのみであるが.冨-要塞警讐てその人物を知少・且つ笠の事接の如

何賢しか姦誉れるであらう。筈是の精霊化芸警る不遇誉人々も・要の蒜に
よって'再び'長里の上に輝やかしいその名を列することを得るであらうO

第 7 葦 切支丹宗建設の人々

天文十二年'異国蛤が桂子島に密着J・'銃砲を侍へたことは.取国時杵だった我が国の殊に西国

諸大名にとつては、何よ少も欲しSものであったから.それ以後.異国粒-葡萄牙紫は唐甫蛍の

珍奇の物を次々に封らしで来航したo切支空霞、この貿易給が諸大名にもてはやされた折、侍来
し.たのである.即ち、天文十八年フランシスrJ・ザビエルによってゞある。

これよ少切支丹宗は'倖猛者たち自らが、貿易を利用することによ少'また、諸侯は適に切支丹 宗を利用して'貿易を普むことによ少、お互ひ忙その日的を連せんとした。こ1に切支丹宗が経済
問題と朗塀し、延いて政治問題に逢着するのである.それは乱世的封垂統合室田壊し義久悲世的 社食に移る過渡期の回天的な政治力によって利用されたのである。即ち接田信長の宗教政策であっ

た。切支丹宗は'か-て、信長の保護のもとにその草創期は'普時の社食の上昏部に達託の筋]歩
を雌み出しえたのである。しかし'宗教が虞にその力を牽拝するのは、填鎧S信仰を1般民衆に枯

ゑつけたときである.切支丹京樽道事兼は、やがて統合の下屠蘇に向ふ啓である。しかし、異民族 である異教徒の教化'そして'やがて始まる豊臣秀書'徳川家康の禁教改発'雨も貿易のみは之を
穏摸し'これと窄凄な関係にあった宗教は歩香せんとする政治力に衝突せざる様巧くみに切毅けん としたところに、倦遺著たちの弘鼓に封する苦心と努力が必要であった。

一バテスタ・デ・モソテ
伊太利人宣教師として最も早く来朝したのは'そして伊太利人で我が国に来朝した最初の人は.)
ヂnyy三・バチスク二7・キンテであるO永撃ハ()室ハ三)年K月六日'ルイス・フBイスと 一緒に・カピタン・モール・Fy・'LB・ダ・クエルラの粒で横瀬浦に到着したのである。

彼竺垂]入(事瞭元)年'伊太利のフエ.hヲに生れたo二十七歳のとき耶節食に入合した。そ して・イ三ヤシオの懇請によって.日本偉道事葉に従事すること⊥なった。彼の日本に放ける活動

は・来朝の後四年日竺五六七(永蕗十)年十月二十六品'五島聾の書簡によると'その前年旺
豊後にゐたが・・ハードレニスモ・トルレスの命によって有馬竺義久敦tzl浄衣したのち五島に

赴SたDこれは五島の領主五島氏に招かれたからである。

故実するものが樺山あ少'大いなる収穫を 得た。 五島氏の息子 - のちの宇久淡路守.領主は非常に尊敬し.大いに款待して迎へた。こ1の住民は育姓か漁夫であったが、キサシタン であ少、ヂ・モンテ旺此虚で二面の降誕祭の聖祭を行ったo住民たちは信仰に厚く.詫琴を拭きに集少、鉄席するものは殆んどなかつたE?こ の祭が軽少'復活祭までに、韓山の異教徒が改宗した。復活祭には、津山の花で家々や町を鮮少.雪が降つても.萎びに満ち満ちて主を碑鼓し、食堂に夜を後したoそして'毎日曜日や聖祭に 蛙'どんなに塞小目でも.禁教の止む放 きに到るのであるOこの間の事情を酉散見は.自分巻く者 だ、と云ほれてゐたからである。 ll 玄慧思ひ切言父に・溌誓受けた1と申し述べた。父-の言警閲5て'警もし慕っ た。慧管し祭った。雪盲んで・ ・もう少し待て量った。何か心に竺ところがあったの であらうか・洗警亘是させてゐ汽これは・その決心嘉みるためであらうか、或豊心 の向背を気にしてゐた鳥であらう。 蒜竺の暴待ち切れ祭った。キサシタyに-事びの心-うしても籾へることが簸な かった。それで・デ立言に欝に洗誓授けてくれと慧だ。そこ蒜は之轟菅V/歪 塞け・ドン・ルイと教書輿へたのである。慧嘗粧誓、董敦の震芸め墓力し菟 .尊敬の念を懐 Sて聖集に集まJP. 舞踏をしたJpt唱歌を唱つて過した。 領主五島氏は'布教を許可したのみならず'敢食堂を建てることも許したoそして'之を督勘し てくれたので'昇天祭の頃には立萩に刑釆上った.17・モyテ -'・hヤ・Y・バチイスー二hモン師と呼 んでゐる-が五島に着くと・ルイ笠を招1て自分の心鼻霞芸芸。 _髪くし遠景アルメーダの警受け窓の芋が・洗誓受けた5ので'来者三H も安心することが机来ませんでした1 デ・竜yテ笠の志姦め、雪空す嘉に警た。彼竺芸麦に苫警雪た。孟 是束・正真が苛芸-蓬はしてゐたけれども・募自ら性悪等、常に子嘉めて' 芳しキ少シ号に雲量は垂に目分量誓さい・薯J・警苫ない葦.これ旺また信徒が非常に熱心だったからでもあ るO信徒たちは食堂一ば5蓮を浮山持って苑て敷いた。常時の教魯風俗が衆はれるOこの食堂で最 初に洗組を祐したものが約八十人牲どあったoその後、.玄誰ドン・ルイと呼ばれた - の改宗に就Sて、反封妨事 が出て来たoそれは俸教徒との乱棟であ少'経には穿孔が勃硬しさうになったので.

「キワシタン等は其畢耗な信仰を以て)と言ってゐ やがてこれは蛇行病であ少、赫々の慈少によるものでは るが'信徒の「信仰と疫病」との微妙な関係を是認した言葉であらうか。或ひほ改め'その愚昧さ を利用したのであらうかC'恐らく'同時に両方の意味があったのかも知れなS。 デ・モンテは、億. 12 13 一聖吸を其頚に縛ったところ'その年に限って菅生凍った。そこで近隣の異教徒たちは紳様の御利益 を見て驚Sたo併伶たちは'これは領主がキリシタンの布教を許したので'所々が家畜に罰を輿へ たのであると言ひふらして煽動した、が ないことを知った。しかし'ヂ・モyテ自身.土佐に行き'領主1億安定を改宗させ'豊後、有馬.すると'俸教徒たちがこれを聞き知って政務を拳げたので、ルイも兵を経bて之か防いだ。 こんな乳硬の間に.野津などに布教 Lt初潮キplシタy僅道に衰献Lt天正十(I五八七)年'丁度秀音の耶赤致禁令の出た年.平戸 虹技した。 二 アレヅサンドロ・ワテレヂオ 童10(享警年頃・-ルデイ-のレ-オに生れたo二十八歳のとき耶馨に入合し た。そして・長違警撃の掌と危警毒めたのち・希望の図・是内警慧だの蛙∵就 学l年宕二十-ドン・アン-オ二ア・ソーザの警哲に入撃たときであるO 雷撃ド⋮ル-メサ.笠莞名大村鷲の領地である。慧未蒜に悪政5うち に・陸地の人々品晶めると・小舟に乗って誓蒜へに-どの碧-yシタンが乗って 管・莫LS+字警警讐嘉。これ星雲ラ芸オは-始めて見る異慧人々が1そ してキ少、蔓が・この警迎へてくれるのが讐かった。--重盗に警見ると'耶 .常時の民衆のキリシタン信仰の程度と「宗教と病気」と5ふ、宗教布教が人 -間心製の蔚鮎に投じた1両を硯はす挿話があるO 「我等√の主は、彼等の信仰に上少.多くの事をな し、治すること能はざる大病人を何等野師の治療此依らずして同夜せしめ給へカ。」 など言ってゐ るt'また'この歳は全国的に、殊に五島地方は 家畜の死ぬものが参かつたが'信者たちはその単 純な信仰から、牛の頚に十字架を為した少'十字架の記班をつけた少.或ひは聖母の奉献の日に.天幕.

ロノ津 に到つた。 こ主も教徒たち竺十轟の絵に粟少・慣雫ン・レアン比後の封雷撃ために.非常に喜び'「バードレが乗られた1 紳父接が患兼きだ-」と云ふ 報が忽ちに町中に締まった。於が碇泊し終ると、紳父を見ようとするキワシタンの故は農山の如く 集ま少'町中逆へに的ないものはなSと息はれる跨ぎであつねo この藤田入港常時の模様をその年の九月四日'五島の小倍賓からこの棟に本国に報じてある。そ して'宿田の主ジヨーチンの好意、聖べFBP撃ハサBの祭日'四人の異教徒に聖教を詮5て'二 日にLt・)洗籍を授けた事.スのこと及び衆を怒らしめること妊困響.禁浮蓋し己た Sとばか怠って雪ので・彼等を虚伏させることは甚だ肉筆-。けれども、率等の童が彼等 .環言を挿挟まねばなら ない。それ旺これ等報告賓の中に含まれてゐる辞張である。この誇張こそ、盈俄にある人々とは云 へ'や性少人間であって'偽造心理の1つの現はれであ少'人間性の弱鮎を暴露したものである。 特に'改宗信者の敦の報骨は常に多大に過ぎる嫌ひがあるOともあれ'誇出は事茸を侍へるもので はないが、藷萌そのものは革質である。それ故'その軽信ずるのは危険であるが'之を虚妄となし て斥けるのも聞達ひである。我々はこの心算で碩むこと1する。 彼は四人の異教徒を改宗させた日'支蚊に向つた。安岐には老バードレ・トルレスが滞在してゐ た勺こ1でも重量女の歌ふ讃発散「イス⋮ルの紳'釈繭すべき主」に迎へられた。食堂に着い て斬意盲した。この慧遠く障れた異郷に警・母国イクyヤでは息昔及ばなかった警見て、 特に辞に爵せ芝造られ祭った。三-ど搭在し・エレスの命によって七品日.赤倉の.鮭管的 し・萱墓女の唱歌隊は、書諺へる帝警業警姦貰がら警嘉行したo此虞に掌= 晶在した。そし孟虎の有力者から訪問を受けた少・羅山の際物震った。・・ルVスの命に去 て五島に赴Sた。 彼豊島の情況・人情風俗・習慣などに就いて詳しく報じ芸るが、その取祭が面白い。 蓋装都から甚だ警・又他の諸島から撃てゐるので・島民還俗その他一朝.是習で 管掌であJeJ雲の雲量の賢は何もしないD蚊等妊慧封して驚き'著の報も意の 管な-・叉零もなSと雪去る。故にこの某に於Iy・飲食と亨慧唯1C望告あ少' それに捜頭し芸る。それ故=.ハードレがゐたので.「我等の童デウスが、日本の葡萄園に於て此の如-泣かに予を用ひ給ひ しに依少'予は甚だ満足せり」と云ってゐ告彼の等韓は常時の日本キリシタン宗徒たちの熱狂振 14 15 りを不してゐる。こ1で宜教師の本国への報告を読む場合の畏鹿に就Sて.

ハードレよ。比の罪は非常に憎むべきものだ。たil.サ吾・ワ-ヤー1と胃してゐるOLかLt重々別人冨る。 ヂ・モ芸から洗誓うけたFy・ルイは欧に毒してゐた。ルイ笠の葦箸の洗誓ワテレ ヂオに供現したので・夫人義へ・悪姦けてYyIと名昏た。爽SPP要十五人、ルイの 警盲人もこの讐受けた。・.三・ルイ品・領民-ワランヂオの豪姦Sて信委らしめん とした。デ・毛ンテのところ冨べた如く・蔓管の轟甚だしく、讐芸警晋するも国 内に擾乱が警れ・要墨ある姦れ.軸の愛にJ・iつて.のみ語ることが出禿る '#けです。 此人々は・警罪のうちで菅笠いものと竺てゐる。慧ら領内で旺雫ことの監ない蟹 ともて此事は放任してしまった。 ワヲ芸オ賢・モ芸の後姦つ嘉島芸経した。西肇には「7レ妄言ル・ワRLtヤ 17 ∫- yLとし七t警讐るア.に光を輿へ、其の失ふ所の車輪と意魔が今日まで縛ってゐた縄に戟等が束が附くときが凍るであら うと信じてゐる。 比の島は甚だ不毛の地で'煙と魚類の外産物はたS。その他1朝地から取寄せてゐる。恐らく日 本中でこれよ少愛しS地はなSであらう。島民は塵で種々の物を勝ってゐるが'これだけでは必蜜 のもの悉く冥ふことが出奔なS。凡てに不足静ちで、魚さへも少く'自分も数日間食べな5ことが ある。それ故'此島は悔綾の腐罪をす■るには政も通した地であらうO大鏡の藁を昧噂で煮たもの▲ 外食べた5ことが屡々ある。香'これさへも常に得ることが的凍恵S8 鳥居は大多数茎向く性質良く名琴を重する0枚等の間で最も憎まれそして稔にしか超らな5のは 聾であるOある信者が'その娘が実相を三つ盗んだことを知って斬少つけ'その秦が難路してゐた と云ふので之も斬らうとした。秦は逃れて難をさけた。ワラ>ヂオは、彼に妻を輔び豪に入れる革 にす1めたが、彼は名啓のためと辞して拒絶した。そこで、では他の嚢を超へてほならないとのべ たところ'自分蛙領主に仕へて生活してゐるものだから、その葛求は容れられなSと答へた。これ に就5て領主はワテレヂオに攻の如く語ったo I.ルイの棄警篭したqしかし、ルイ農仰苧禦し 慧つRo望五島氏の暮敬への好-他の諸侯と畏・豪に慧ポル妄ル栗航による 貿至の利票あるからであること慧ふ鷲ない8しかし・領内要歪め延1ては災の身笈 ぶを恐れて禁教の止む致きに到つ充。 16 .

直に嘉に誓れ、ルイス・hBイス を締けて京洛近鼓に布教したo 萄誉 _lB .「病気のためmIpサバに行く」とのべてある。 三 三エッキー・オルガンチノ オルガ誉竺五三⋮天文⋮牢に、北伊太利のカス左に生れた。壷五重R)年 耶警入少、-オの-ル姦め・1五宅(永雫)年⋮-サ⋮三番 林の-ルと雪たo元莞(1五七〇)年是耶菅の-ハIF︰ラ⋮r・・多テ ルに賢し盲本に蛮した。この年・元慧年.資教の造かな誇 張たるは云ふ迄もなS。既托して「師父は基替歌食級長の宰静を待て、上帝の典蓉となる可き緊要 の事件の鳥めに欧洲に召反され」元亀二二五七二年日本を去った。しかしワヲソヂオの野田の 原因は、彼自身が1五七二年ゴア蟹の賓翰中に.ルイを始め信者たち旺寺院に群集して死を決せんとした。ワヲレヂオ 旺'信仰に死ぬの旺空曹なることを詮5た。信者たちは益々勇気を蓉Lt殉教の覚悟を異口同音に 答へるや'ワラレヂオは感涙雨の如く.) に到って千二盲人に淡路した。 西敢史の五島に放ける彼の活動は以上のと旺少であるO但しその洗薩の人数は.カピタン・yIル年等⋮ル・妄ワッ 三の定期禁稲田に入琶エステーワン・三の言ンクの志蚊に入管'誓覧ブラ〟 オルガ芸ノ・-・(スの三人が歪して要としてゐるが・ルイス・フ-は、カブラルとオ 誉チノは・エステーワン・レイテのジヤ-・天草の志監禁とし昌少'豪富「セ キ」に上陸したと記してゐるから隻に管。嘉島後.この布告が愛せられると.自らも信仰のために鮮血を碑がんと決心した。領主もこの 領民の信仰の現固なことには如何とも仕方がなかった。ry・ルイは'芳し師父クラレヂオをして この擾乱のために死に到らば、散骨のため大なる損書と政るであらうと息ひ、「日本の幸福のため に」一度此地を去少其の生命を全うする標語ふた。クラレヂオは礎容として'揮徒の惑んでゐるの 旺自分猫・ctである。故に'若しわたしが生命を捨てたら'皆さんを救ふことが出凍るだらうと等へ た。領主はこの言に感じて尊び'その布教を許す忙至った。そこでワテレヂオはFy・ルイの領地 .

外交志満に旺 ' 較田信長近江安土ニアサ葡人ノ鎖西.抄も'秀 亀初年よ少天五十年代二五七0-1五八二)までは'東と西'上方地方と九州方面相鷹じてキリ シタン布教の責金時代であった。但し'内面的に信仰が浸潤したと云ふわけではなく'外面的に封 鳶諸侯の保護の下に昌えたのであるOこの興隆に最も閑係の深いものは、信長始め諸侯の保護又は 聾がであるが'教師の活動叉人物も重零である。この人物の一人として累要な役割を演じたのが、 オルガンチノである。紋は主として二月畿地方に布致し、諸侯の間に出入し民間にも勧Sた。天正 元(1五七三)年信票突禦京し上京姦哲、晶轟嘗utJた時は'1時藍し宗、やが て秩序覆し--蔑町の要所---昇天の-と改め苦の建 築に聾河内壷の信賃金-木-し・買-したo叉まの雷重 畳のところに-、-云ふ寺が建てられた。天茜-頃-の-撃と警 れ重電-せると-重ん与る-ぁった-秦.オルガンチノがその伊太別人的笥さに於いて-の好--の量であ 21 .-フまが京 警去ったのち-布警-てゐた-ガンチノの天蓋の讐にを年慧 閑に書聖の隻に洗雪空たと言ふo 雷撃月---築1てこ1に管---雫に琴る警雪 と去ガ書-参供し--に旺-ハ年甫-鷲のため写ると'信 悪賢の衆-響-ガ-件つ-於---られたといふ。 蓋年号--し-も好過し--悪-って言蓋警 既富岡-け-ルガンチノ-する聞-紘-めて開1-が・「余師釜の 篭き殊に以--」との-雪た垂の-菅オルガ-享'd 封琶基師の幼顔-姦し-てゐるところ二つの萱が慧れ壱蓋 S。しかし.retルガン」圭還れ'印度の管尾長アシ三才・クワF芸の食に上って筋 -20_  -: 二代目の布教長として釆朝したフラyシスn・カブテルの股肱とな少'鑑と生死を共にして括捜し たのであるO この頃旺練田信長がキyシタyを保護し始めたころで'これよ少その死に及ぶ十飴年'.一近江甲賢帝五首貫ノ地ヲ寄附ス とあるOzE本俸で姓.義サ異教ヲ由フト開キ欝軍義昭ノ舟ヲ博テ之ヲ召ス九月鳥 ルAシ 庸子伴天撃7人凍り謁シ英数ヲ弘メンJ・請フ甜チ四億坊門lT琴ア方四町ノ地ヲ輿フ孝一於テ一寺 ヲ帝 建シ永藤寺汁親ス復改メテ再蟹専・L呼フ信長之.

伴天連にお屋敷下さる」とあ少、天正九年十月七日.鷹狩少の好路.然るに荘命の愛棒があつたD 本撃の兇-雲-安土の慧--こ1-の篭城と驚喜し た。オルガンチノ-渡り-悪の教師--けて京-言曇かった。京 から蓋旺-高槻に-た-⋮年間の布警--かと畳語税に 笑雷芸菟大--右近の-ぁった-て領内等-辛-孟ゑ つけ隻オ-チノと-の-これよ--葬津の憲慧毛利'石 .r桑箕寺よJa直ち 22 ヽ に新町通御覧じ、伴天連朗へ至皿寄'愛にて御普請の様子仰何られ」その親猿の境張を命じ.る。西教史の菅栄も'この宗教に寄せた信長の好意的屋度に就いては'「信長は陽に変数の箆箕を 信じたるが如しと姓もその賓は信ずる事なく、文教て信するの望みもなし、藍聖教の展茸は'信長 の欲望に適せざるを以てなカO聖教の鹿茸を以て世界の英政を従はしめ敦を奉ぜしむるは、賓に牡 しと詞ふ可LLと許してゐるのは、その虞に顕現からんか。 天正八年七月二三日(〓九八〇年九月7日)附'都琴ハ14.プラγシスn・の警 瀞によると.千五 盲人の工夫を使って忽ちに出来上ったC-十月廿日の侯には'r伴天連の蒙.北甫に二通.オルガンチノは信長に安土城下に食堂'任院の建立を詩ふたところ信長比喜んで許可 し、通常な地を選んで通知せよとの言葉であった。そこで城の附妃の埋立地を請求した。伝長は城 の上から望見し花数地が狭5ので、更に鏡野し'自ら換分LtJ清掃させ'附近の人々に溝助を命じ たo信長はこの致食堂の建築を安土城下の鼓飾忙しようと云ふっも抄だつたと5ふ。膚長田に「天 正八年閏三月十K日管谷九右衛門等御奉行となJ{安土卿棒の甫'坂道の北に江を旺らせられ田と 奨めさせ.新町鳥打へ 攻按'立てさせられ侯はん由僕と、御小姓衆御鳥取衆へ仰付けられ'見入詞を娯めさせ町屋教案か せられ壷誓あ-ある。山上に笑→布武-する安土の天主困-に望リシクy の寺院と畢撃の警翌-景色は--ぁったに違ひ琶 オルガ-ノ-の豊の主と-是の子弟二十五人--した壷が冨この 誓誓とき、-雫警奏したの買いに笠-て城に宴と云ふo この時代・外形的に諸侯の促護のもとに呂えたと等その倖慧警-の樫にな嘉 23 の号悪賢の-ぁっ-五(-七-ォルガ妄ノが・教師の警へあれ ば去開基閲-⋮-し得--のも-の-して性驚誓⋮ 切れない0 .・レ・汐37ン・.

山本願寺と蓮合して信長に赦するに及び右近は苦境に陥ったことがあるO右近比その妹と男子とを 荒木に人質に入れてあったので'その方に蒸せざるを得ず、信長はオルガンチノに命じて'右近が 荒未に叛く壕に詮かしめたo琵局'右近は安息を負ふて1人で城を出て信長に罪を請ふた。翌年荒 木丁族が全域するに及んで元の如く高槻城を領するに判ったのである。 この樺にして京歳に於けるキリシタγの中心望商機に移ったo巡察虞ワy ITヤttが天正九年堺か ら上京の資.高 山 右 .管 .オ ルガ蓋-城に出入し蔓。オルガyチノ-たとき--篭り 毒 不 し ..山崎のT敬で光秀姓1枚地に塗れた。かくの如く'右近は光秀に オルガンチノを介して誘れたが'却って秀書に晩方Ltその功によって棒鋼明石に封ぜられた。高 槻は再びその重みを失って、二年の後にはセミナpnは大坂に移された。 轟音は大坂に築城し、新市荷を経営して西日本を支配する勢を不した。キリシタン布教も之と歩 メ 写した-右近の翌に-満播-慧寺-れた重宝セス ぺデスその他-ルマ--こ1-して高山右d(・・nス上の翼小西 筆 ⋮ ウ .建 築 し .彼の-し--た。この--もの-'オ芸芸ノ 等バ7ヂ--竿イル--五人--毒数人が篭列 冨 篭 .ち .た 妄 芸 妓明石に篭へ.が ・ .的 筆 内 誓 津とキ-大-の伸-敏師の-ち-心の覧-た。その頃..セミナリヨは1時高槻に設けられたQ 24 信長の死につ>で舞菅の光秀弔合戦となったo光秀はオルガンチノに詮き'高山右近を我に晩方 せしめぼ'基噂信者を保護すること信長よ・ctも倫過分であらうと誘った。オルガyチノは..月 習 .し た .彼 重 ね 義 塾 誓 と が ..〟 .衣 .讐 興 へ た 重 量 を毒-1の-かつ-の菅-サシタ-の葛篭 竺 享 ハ ⋮ ..フ .秤-にあった時代-乏書巻 25 ...と め 允 .こ れ と 封 嘗 ..ち .書 の .蓋 し垂重し-最び豊朗-られた-九州柾-等-主た の篭かく等のその--.高松に立寄った時性恰も復活祭で'盛んな儀式を営み近国の信者が群集した。それか ら小数ヶ月にして此の襲樽が起少オルガンチノ始め教師等は皆高槻に避難Lt安土の畢園の生徒も 1部分はそこにきて..カの及 ぶ限少産カする旨答へた。結局.

その他倣捜不 轟を棄てるのでもわかるO世人は武士でキリシタγになる者は皆立派な人だといひはやす位で.尾鷲讐す・嘉に警す・霊のあるに任せて行ふ方慧・君買殉教.細川忠興の夫人ダラシャ'小西.芙教徒の壌 牡から讐る切支丹悲劇の開幕に讐いて来たことを慧してゐる。 文誓年宕・長浦戸に飛上笑覧警ス・ハエア警ン二サツべ親の萱から警られた 藁から.教師は芸を腕し・私か完警るに決したoオルガンチノは以然として蓋に毒して芸 してゐた。 天雫八年看官(三九〇年七月二十1E)九州大名の-マ慧石が墓便り三三 に伴荒て笥し、小田琵伐から賢した要に覚することに竺たoオルガンチ′豊雪 の引見に同伴した.任し、蹄信者多く、殊に.出費の用薫を理由として平戸に集 合した7オルガンチノ望見都を逃れ'塁ノ津に隠れてゐて'この合食には加らなかった。食合の結 典. 此の教が新治世の下に昌える有様姓歴々としてゐる。 此の如く秀音の保護のもとに、その教勢は秀書の勢力の伸張とともに隆運にあった。縦ひその日 26 27 的が何であるにせよ、時の囲自秀書が、公式に従管尾長に謁見を煽ったこと旺'切支丹停道の上に 姓、一時期を割すべきものであった。然るに'これよ少1年二ケ月の後には'轄蕗の悲道に再合せ ねぽならなかったoEけち 天五十五年六月十九日のキリシタン教師追放令であるCそして紋等の保 護者高山右近が虎罰されたo二十日以内に好回せよと云ふ追放令に封Lt r三リqT竺ハヶ月拘漁の 嘆願書を出して許可されたoそこで教倉は著復党を講するため.キD ・・1タ義警晶長くするもの冨るとし・十月廿n(一五九毒十二月葺 .Lの御仕糞なること旺廉な-、彼等が富豪を止め.来る身分あるまで我々の詮渡をきく者が多S。それ等の人の改宗 が虞面目であ少.高山の夫人'小西行長の雄マヮ7二鳥極マリア等 がその主なる者であった。オルガンチノは昔時の状況を攻の如く報告してゐる。 今世の中は静かで、大坂に琴.スビyプサン.大名及び貴族の躍教する者天正十三年には六十五人を数へ、キワシタン 婦人としては.この間書の禁教政讐通商とそれとの警径束してゐたので'差、ワ三 ヤ表外登しき晶た1め・文莞(一五九二)竿月長崎量る藁の閲覧警警てゐた。 しかしその封慧・真上少も寧ろ芸階級に移ってゐた。オ妄言ノ芸都の奉行曽玄以に 保警れ・秀昔に墨ろ博むべ芸人として空電覧されてゐた9 蒜毒フヲ⋮ス1空の竃は、常時・甫慧服の野心に警てゐ芸者の意に琶二見 千 坂・長崎に危険讐無蓋急誓誓たのである。オルガンチノ披・この雷る熱情的信仰に勤 き.

を大坂に法力'その翌日夕方この禁令を聞き、pFpIゲスとともに殉教を覚悟した。p ∼ +Aリーグス比'石田三成を動かして'イス+'1117人逮捕に変更させ止うとしたが.イユズス愈月で大坂帝瀬を許されてゐるのは、E.宗教上のことはしば らく猷許の形にして、宗教と通商との間を坊棲してゐたのである。 徳川に質権が移るや・京都には歩行粧倉伊賀守が居少'教倉には好意的温和な袋を執った。オル ガンチノはイエズス合の修士二三人を連れて上京し、二年前敏感され重点都や大坂の駐在所を復興 し・儀式を再興LR.却て悉く庭刺せられるであらう。これ最も愁ふるところである。小の虫を我し大の 虫を助ける意姥で.不本意ながら'この三.キリシタン教師藩捕令が下る。オルガンチノは、十九日、長崎に頗る司致マルチン(一五六七-I 五九七).(月・空ualA撃た。六歳の邦子を設る可き家康妊'やがて天下の賓桂を 己が手中に根む可く餐勤してゐた。この間の情勢抜'敢食に封しては寧ろ有利な事情にあったoそ れ技家慶が政治的見地から・外国貿易の利をかち得ようとしてゐたからである。それ故政党や1股 の取締少を挺要したら'秀書の遺命環視を被ふため正式に認可したのでなく.必ずや命を琴ぜず大塀に任した故を以て秀書の 感情を悪くし.FyIゲス7人である。今この三 28 イユズス魯員は恩免の沙汰がある故'この三名の助命を書面を以て石田三成に申込んだ。三 人をフランシスコ食員ではなSとして上申すれば.二五九八)年.結局 十月十t 日(陽十二月三十日)切支丹教師新設令が増田長盛、石田三成に命ぜられた。京'大坂にて舶はれ たるもの二十四人'その中六人はベFpを始め使節一行で確たフランシスrt命数師'日本人耶赤倉 教師三名、飽娃フランシスコ食の寺の信徒。この中に.それ故'布教は貿族 畢者、富家.特に貴婦人C階袖に入少得た二義に於 .<を刑に列するのであるとあったo これ等二四名望長都に集められ、7億の符合に繋がれ'耳別の形を受けた。増田右衛門封と云ふ 大坂奉行の役人が'その漬肉をオルガンチノの元に造った。オルガンチノは涙を乾し聾を袋はせて 云つた。 皆さん。皆さんのこの遣肉は'世界の信者をして信仰を同からしめ、天国の道を開く第一の珍賓 です。皆さんの身髄は不日刑場の露と消え'皆さんの白骨は他EZl原野に化すとも'この遺肉は永 く世界に存し、南国の人々に尊敬せられる苗代不易の物であわますo かくて・二四名墜月・大坂'堺の市中を引熟され二月坂の信徒中から慰問に随行した二人が加へ られ・長略では二十六人となって'最初の鮮血の殉教が行捻れたo慶重罪年十二月十九日(二九九 七年二月五日) のことである7 29 慶長三.イユズス合士三名あるを以て'オルガンチ ノは 成の返事には.

路傍に額廻してゐた癖病人を収容して 手厚-過した。また なSが'常時の切支丹大名に及ぼしたこの宗教の事柴の影響の1つと見てSlであらう.か1る救済事業はこの宗教には鋲ら この年t zE本近世政治史に1線を劃した無学.所謂'天下分け目の戦がある。家慶が十一帯の兵 を抱げ.切支丹宗俸道に轟力してゐる。オルガンチノ 旺此の補助によ少、捨子を萎ひ.行長はま た堺に敷地を求めて'天主堂や駐在朗や基地に宛て.キyシタ ン侍買上に臭打撃あっ為それ昌軍の敗讐覧砦の中に・キウシタ蒜碧や好菅等 写ゐた票多かつたことであるO小四行長もその1人である。 彼警リシタン雪が故に信仰妾いて自警す、捕虜の身となq・・1ハ駿河警刑死の辱暴け 琵琶祭った芸蒜こ主少くと豊国封抗の霊に至た細川ガラシ美人の死に慧て のべねばならないo F言を7号最後の机=息興の夫人である。典型的-サシタW'叢大賢誓して ゐた。息輿望男系差戸に入管して徳川方に味方してゐたので・大警笑質の孟芸人 31 の引渡し姦求し・蓋宅畠んで.ける教師の数枚、オルガンチノを始め、prリーグス'ス'ilノラ撃l十人にも及んだ。受洗翠二千 四百人があった.営時の意智であったー「まぴき」1養育の出釆なS嬰兄を殺し て来た母奴の手から子供を引取って育てゝゐたo 30 捨子の救済費金として年盲石を出した.夫人基写ると脅かした。豪君冨少琶1翌ある 量は・夫人姦し、他の家臣とともに超せ-の誓うけてゐ宅少警この曾倦へた。ガ ラシャ夫人竺撃の墓の窒墓であった0枚-別か急何-寄警透写とも'それに 写る署が果て-又・慧忠霊従って死空と里程の票として慧蔓け容れ」温 命に歪して所管琶馨として挽いて銅の前に首基べた。琶たちは城に大栗けて忍 した。凡てが荻煙に化したo オルガンチノ美人の著の蒜姦めさせて・富姦式畳み・夫人の慧嘉った這輿 .て上砂景勝征伐に向つた頃'大坂在任の甥臣方と徳川方との語族の闇には除去な墨気が盗っ てゐた。そして'終払に関ケ原に一戦を変へるに至ウた。今権勢隆々たる'やがての覇者への向背 と傾きゆく主家への恩義との練妙な利書帥係を諸侯にかして。 敬は決した。 西軍の敗戦であった。この敗戦は'政治史上の1大事件であったこと望呂ふ迄も汲い.この頃、切支丹大名として中盤をなしたのは.ドン・アサクスチノ ー 小西行長 である。行長は大坂に療病院を建て'褒しくて琶薬もなく.

・ ・ : ︰ ・ l ︰ : ・ ・ ・ ・ ・ : ・ ・ ・ ・ .・.. ∴ ・ ・ ..・.. ・ .7・:..I. . ・ ・ ' ・ : .!・'・':・.若し異雷撃が祭っ たなら始末におへなくなつたであらう。」 と言ってゐる。 * ' 琶ハ牟・家警雲丹に遠大姦雲あった。朱印誓輿へて神父達の京・大坂、高覧 姦し・蔑奉行寺要撃には・笠芸歴覧心-る鷺令してゐる。哀榊の長崎居住 許可莫芋蔓以慧頭に-のみで・斯くの如--芸こと-な冨言った。 霊畏見誓修復して之姦管、-警してこ-んだ。オルグ-披露に詞し、l 伏見呈地昌美童と侍茸に宛てた0本多任等装然とキリシタ盃墓め'保護して くれた性どであつた。 33 是要望門史には・萱八⋮ハ〇三-オルガ-毘-モレイホ孟宗雪 雲たと記してゐるOオルガンチノの裏に於-活動性警くこの年に止-冨らうO ㍉∴・. ∵ . . '・).聖雪雲の木はt愈違延び・帝国の1や誓書量塞きうとしてゐたo軍に内乱 と内府枝の府警は、嘉と誓との警断った。その反菅笠とは. ・.. . : .=・・. .・.:.・∴・・:<・・・I'・・・・・⊥.-・-・:・・-.・.・・. . I . '・. ・ ・ : 1 .1..:) . / 1 . .I 常に好意的に梼誉れてゐたoそれ姓彼の豪雪してよ-寧ろ鷺家的'外交富蒜があ っ霊らで--豪上の地位鼓して高Sものでは祭った。-彼の宗門の人盃牲 覧つてゆく雷覧-れぽ-かつ苦れど・慧天誓書してゐることは'彼の人格上 ∼:.-。宗教は富と警ざると象らず・薦賢の樺カのもとに・薫も Lt姶蕗の還雷も-ねば-ない。レオン・バゼスは、「軸の翌は・英霊姦誓うとし てゐた.・・.∵=・・・=・..:.:..賢の萱蒜み雲ルガンチJの行慧感謝し警した。真昌雲至l月莞裳五碧を 加封£... .・.. ・ .若の行雷去て冨芸妓竺-雲霞すること1きた這輿の夫人姦ふ . . I 倍量く'在って嘉陶芸しては感謝の念芸きる誓知ら震ったUこ去芸倉に封しては 云ふ驚き窒毒せ、その子息・娘二人-yシタン言った。オルガ⋮ノ披、息興の董 誓って紋の富で、Fシナをフシャの冥警誓ために霊嘉警棒監左奥はため芸 金十枚を引題として讐た。オルガンチノ-れ姦し11々芸誓やった。息輿の夫人への 富は'その後苧馨宣教警してガラシャの霞に所-献bJめ・その撃息利葺フシャ紀 32 念のミサを立てること重心れなかったo 天下の覇模造2氏紅撃た。要丹-つて票章ばか豊は禁つた。雲霞る紀要を 以てした買上の蒔誓..︰. . I I .︰.

旺威いては表平としてキリシタンの墓基調したo宕嘉の中で此警つSて改誉頃苧 嘉に封しては、人の讐た畠は挺誓も二Jクスが富空夫表の澄豊富れな芸姦5 て義量5た。それ故、改宗した雲丹大名-・その徒苑の墓室警てゐるO天芋八一 五八二)年、⋮リヨの聾には「身分雪-シタンの︼人が夫露係に撃て警管、それ 絞パアデ芸禁じた雷犯してゐるの警1ふことが患ったので・其の人品長から豊せられ たo」 とある如き.その長管短雷雲 Lt 二 月 廿 三 日 の 倣 に ' 一 TOに農長の誓逆へたこともあるが・布聖の蔓にも利用してゐるo信長記・天覧年 キy言ン団よ星空参農芸の警六七と見え雷q魚の身の曹こと・牛の如く葺健 か姦骨電しかも慧十の人に欝-笑慧列-御晋上・誠に以蒜栗、書 東るに及ぼぎる三固の名勧。・ と空曹・雪雲年後に害してゐる。彼は是誓解し、是の風俗習慣に則少.その5⊥影響の二言ある。 天正五(三七七)年九月廿普附のオルガ.それ故・フラン三・@士の無謀葦豊是 み・K車露警慧し・長崎警儲-蒜のあった常時・ボル妄ル人の誓竃情の無芸 を措摘して' ボル妄ル人は迫暮以雲時宗備孟さんと考へた少・孟併し・慧叢徒にと豊約と 琶ん。質の撃る如く・歪によ-信仰晶ゑ・書の数嘗地慧男に警しむ量 クエズス・クリス1の警無学るもの-ん二万よ芸は誓豊実の資力と畏讐異 写る星人の貿力量成1是に於いて盟別途多慧るべきポル妄ル人の屈伏と笠とせ 準備するもの改らんo と云ってゐる如きその1例であるo かくて・望バウ蓋によって量目の大撃が下孟空六〇九嚢︼四)年。■その署 の蜂項豊国の凡ての誓書琵た。教食の改1地方言. 35・一 が菅必警あるO芸人芸が小さく・震わから監人が哲で-o差・自ら大慶で墓 心が警'大富なことをした1と空と音響警警ない。又頗る警畳み・筈に封して は.芸人向 芝その宗警警・布警票らしめんとした.峨警辞し忠人雪あるから、エチオ・芸人の歪でも莞て讐・見せ物掌れば・蜜 や金橋琵監う、去ってゐるq彼誓く是人の裏芸解してゐて.讐藁のあるところに誓ったo .ノの聾の壷に・是人に挙るには・大鹿 34 i.

1五七九年、「印度よ少再び釆・sh'カブラル大師に攻で日本重囲の細長となる」とあるo 一五K八年即ち永蕗十7年 来朝詮の誕原をなすものであ少'切支丹鮮血近寄の考証も之によ少' 億'同書には、.渡来 し、五島に布教し.1五七lニ天空R)年'英搾停道のため訳逮せられたo七七年妨港 に来着して、こゝ竺奉閑静壷し.'hティノツJ・の日本確度辞典を引用Lt 「I五七七年よ少八二年まで'1五九〇年 より九二年までt J五九八年ユタ〓ハ01年ま三二回に互少日本に滞在す」と記してゐる。この西 敬史に捻る1五六八年詮は誤少であらう。岡本良知氏の「十六世紀日欧交洩史」によれば'i五六 八年日本来着の於はt Fy・アyJ・Lfオ二7・リーザの把E..本国を円蟹し、七七年'婿轟に萩芳したのである。パティノットの1元七七年Q .バルクザールニーベ1、.1五七九年渡来の倍は'カピタン・モール・レオ、ネル・ヂ・ブリJ・の倍でt Hノ津に入港LtアレッサンドBP ワyl一ヤニ'バードV.]スセル・ワゼ-とともに 来朝し.iスカネルが法務したとしてゐる。 西敬史は恐らくアレッサンドB・ワラレヂオと鯨岡Ltブラレヂオの茶朝をワpILヤltの最初の 来朝とし、l五七九年の粟粒の入津砥たるロノ津を宿田と混同したのであらう。1五六八年.数倉の一般の情勢は仲々隆盛であづた。 この年.1五七1年殴洲に障ったのはワラレヂオと冨ふ仝然別の人である。前述の如く 彼は1五七三年.pIv yytメシャ及びイルマン'・オ 37 ワウニリオ'.長崎になった。彼の修道生 活五十六年 EZ本にあること四十年'鳴年の三年は窮のため休養し 新藤とイエズス・クリス下の 受難の耕想とに蘇げた外'殆んど京坂に布教したのである。行年七十九o 四 アレツサンドロ・ワダニヤニ バし.七九年即ち天正七年、巡察優として始めて日本に渡米したoこ の奔朝の年女に就5て西散見は二五六八年.・レ・ブイジタドール・アyァサ・こ.・>・ワリ言二竺五三七(天空ハ)年・シチーに生 れた。三スイツー食に入少.b'拓田海に入海してゐるOこの於で来 朝したのは'前に述べたアレッサンドT・ワテレヂオである。叉、同書によれば、「カピタン・モ ール年衣」に採って.慶長十四年四月二十二日、オルガンチノ旺静かに眼を閉じ.

確固たる布慧中心姦くことであったoLかし・是に蓋し孟ると、大友氏雷向で 島津氏と零してゐる薯で雪たoそれ故・暫くロノ津に留って.1五七 九(天正七)年t Vオネル・デ・プリ下の倍でロノ津入港の時であると断言してい1であらう。 これを琵するもう1つの許接は、耶赤倉士日本通信の1五七七年七月二十四日(天正五年七月九 日)附三箇蟹'バーFytジョアン'フランシスftP同年八月十日(七月二十六日)附バードソ'] ルイス、フロイス'同年九月二十1日(八月十日)ー附都費、バードレ'オルガyチノ等からバー'J・ V.1五 九八(鮭長三)年のことである。そして〓ハ〇六年老齢を以て、マカオで聖常の如-義.芸人姦育して・才讐箆の優れ-の姦師に採用することにしたのである。これ は耶手合倦遇を成功せしめ空因でもある。 ヲ淳魯警終歩・常時耶蘇散布慧公誉れてゐた有馬に苧ことにし宅 39 38 .渡来と云ふのも、琴qなること宮ふ迄もなS。虫々は.凡ての耶禁教帥宅に署を 造って歪纂めたo常管悪は致慧十九人(その中三十三人が.qした。 さて・第l同窓・慧三年間の従の清警・木芸太聖の「アレクサンrp・ワサIlヤ晶 の第二回の蛋」(雷第1同で・氏は他の講書嘉苦れてゐる)に詳しSからそれ蒜るこ と与るOワ>1tヤ三が翼位として来朝した昆監最にあったD即ち'望大窪に溌誓施 して.∼-rV)がゐ4io ワリ言三は表等の署を讐・是に司教管国の誓姦王藍に請等べき時冨ると琶 たoこの脅義に於ける雷や相談の莞・hラ⋮スコ・サ・mルの方箸等すること、義政 品は殉警誓ことで-く・-の人々畳替敦覧信せしむることである、と言って'教師 たち晶まし宅是国民の力差性が欝てゐることは・過去の芸から碓められて釆墓であ る。それ故・布教撃をはかるには・今書の布慧カブラル・のとった・外国人数慧位の嘉を 改めて..アレッサンFp、ワリニヤFI宛の書静及び'1五七九年十月十二日(天正七年十月三日)附JJ 都費のバードン、ジョアン、フランシスrzの手紙の中に'「本年ピタタドールのバードレ来着した れば今後:面箇月内に彼の首都に茶るべきを期待せり」とあるは、彼の最初の未朝が1五七七年の 少なくとも秋以前なることを某書きするものである。 アVツサンドB・アサニヤこの日本渡衣は前後三国であるO巡察位としての第1回の来朝は前述 の1五七九(天五七)年である。滞在ゴ奉にして'1五八二(天正十)年'遣欧使節を伴って日本 を去った。第二回綻1五九〇(天正十九)年'驚きの遣欧使節の瞭朝と1緒に茶朝した。印度副王 の使節として豊臣秀書に謁見する集めであった。一五九二(東商元)年十月障固o琴二回は.ワサ一Iヤ︻Iの第一回の8本夜来蛙.

1ジャンク ・パル・・iLメサ・ワス・)フこデーロの位が有馬儲ロノ津に入港したことが記されてゐる。即ち.銭純受洗の最大勅撰蛙..1のであった.鼓ヶ月に亘る龍造寺隆信軍の包囲を受けて'一族殆んど背反Lt箔に滅亡に 痢するの苦難を留めてゐた.蜜に、この円安外患の菅雛を免れるに'耶歩 合とポルAガル終よ・SL援助を受けたためであったと貰ってよい。寮監.その両者よ・S>得た多量の食 糧武鮭の祁給JJ指助とは'有馬氏の苦雛を救ふに大いに効果があった。 バードレ・ローレンy・メシャから耶辞愈級長宛の手続によって'1於が長崎港に.ロノ津'有馬、有家 に寺院を築かせた。 41 ガスバル・コエブヨの天正十二五八二)年の長崎蟹の書物で之を報じてゐる。 この粗方では有拓の散骨が最も立沢であった。また'こ1にはセミナリオがあpt二十六人の貴 族の子弟を教育してゐるO有感'有家にはまた甚だ宏放た家屋も建てられた。美しき寺院と三歳の 考蔭は'慧し九州に於ける最も大きい建築であった。有家は有馬から程遠からぬ所にある。こ▲の 寺院'家屋は'有馬のそれに較ぺるとや・・小さSQこれ等の遼案の材料は日本の寺院を座して得た ・1(領主有馬噛信t Fy・プロタジオの寄進になる・. .ワ 40 リニヤニが日本到着後'鳩海へ造って晶轡だ受けさせた耶辞令の五司祭が'この拾(カピタン・モ ール・ド/三、ゲル・ダ・ガーマ)で固着Lt侍道にその張みを加へたo此の年'ロノ津にボルー ガル胎の碇泊すべきことは既に'バードレ・ワ1二lヤこと有馬損耗との間に約束されてあったoそ れは蹄越の如く'ワy占ヤ三が有馬氏の受洗を鮭漁Lt且つその儀円の基督教を'有馬氏の一族及 び併給の反封を別して.この頃六百人が溌糟を受けた.繁盛ならしめるために'また改発的には環萩の歓心を冥ふ自的を以て行は せたものである∪ 天五八二五八〇)年に於ける彼の有拓滞在とポルトガルの一ジャンクのロノ津碇泊とは有馬氏 にとつては交易の利を受けると言ふ程度を超え、自己防衛の模本に田する必損的のものであった。 これを文革的'宗教的表現を以ってすれば∵脚に摂るよカ砲に益がなく'有馬氏は軍陣の間にワ リStヤニを呼んで、招きにロノ津にて行ふ筈であった受班の儀式を行はせた。これと共に、彼の伯 父、甥以下同族家臣数多が洗超したo天正八年のことである。 有馬氏は甲円四十有飴の併寺を穀つて、基督教寺院建設の資として寄進し.ワリニヤItの有庖死訪は'有島氏を改宗せしめて大村氏に劣らぬ熱心な耶赤合の支持者たらしめ た。その最大の動機は布教とポルトガル給との貿易と云ふ鎖妙な関係があったo彼が有馬環流に受 洗を盗漁して'それを逮成するまでに比、有馬氏は内に於Sては、凋寅なT族と併教徒との反封に 惑ひ、外に於いては.

薪夫人''J・ン・セ.その養子耗虎夫好の信仰厨伐に封する腰迫があ 少'家庭的な内紛があった。宗麟は家督を轟銃に譲少.府内のコyヂオ建設には援助する旨を約した。 天正八年九月、重度と我が開かれた。義税は親方を兵四寓に静として之に普らしめた。しかし島 津軍には故すべくもなく、島津質娃肥前の龍迭寺隆信、筑前の秋月積寒を誘って二二方から大友軍 を攻撃した。ワリニヤtlが来朝したのは丁度.若里翼に5そしん冨 る。彼等の欧琶語串の芸は・その富-役讐量だ路述いものであるに拘らず、警月島 ですして、讐誓することが袋る欝-・警遠旬管・その怜利島憶と笠と不断の 勉張とに由って、著しく上達したと富ふ。 曲 天正の菅・島寧島の田舎町o恐らくは・建込ん芸低1霊の中に、宏慧建築の普警院 は・菅から望見することが崇た冨らう。その釜の十字架昧・賢と朝多量色まばゆく 讐・警人の馨教徒は・敬賢所-浮雲あらうか。-買吾人の駅前に努繁る結 琴帯刀の年警雲丹聾がセミナサオで異句警警あた少・賢これ姦開乱世の時代冨 ると想像し得ようか。 ワRL1ヤL左石曽於け量票・志の如く項詞に進行し震したので'ロノ津に引返し、層 雲商人の豊的援助毘て・票に荒した比の地方の基の笛な信者宅急警た0 大友宗隣の苦笑警弐いては・その次男セバスチ7言責敬霞をめぐって'畏敬莞 もからイサベルラと呼ばれ、基懲教の散である7カブ王の妃イエラベルになぞらへられてゐた.その後見をなしてゐたo日向餅把の領主伊 東義益(宗麟の妹賭)が死ぬと'数名をパルテル.激月軍は重刷から盟前を'瀧造寺等姓式後を攻略し、大友氏は .慕 麟夫人の反感があった。また.清政は凡て義続に任せた。義流も父に倣って基督教を保護し、管て 併寺として建築した1寺を寄附し.終ひに島津軍を撃退せしめた。 '宗麟は夫人を辞挿し'琴亭ドン・セバスチアンの妻の母を.夫人の弟の親方が.この時である。 かくて'島津軍は日向を渇激し.新夫人に迎へた。一五七八(天正 六)年八月廿八日、臼杵の寺院に於いて、宗麟も自ら受涜し.)オと云つたoその長子が韓か十歳であったので、J 薩摩の島津轟久の攻略するところとなったo轟益の夫人は嬉れて臼杵に来た。宗麟は轟銃をして' 兵六寓を扱げて'復撃に赴かせ.ハステアンの妻も 受洗した。そして全然鰐居し..セミナ芸の笠怠雫畏・畢荷に著し違歩票し・粗誓言雪空たわ'不信の行惑 掌るものはない。その敢誉び信念昌琶致命の鯵翌に警こと亨、等の記憶、悟性は 覧巴に生れ毒年に警・Gのがあるq雷管誇和の中量括し.

望後に於ける乱が平定したので.・ガル 45 人にしても最も親しみ易く'豊後には日本耶赤倉の本嬢が置かれ'畢校や病院が開設されたoその 初めに於でこそ通商を求めるための好意ではあつたが'後には耶赤倉がポルーガル措入港の好餌を 以て布教の望且を計る必要がなS程であった。天五十年、アリーーヤitはこれに洗5て'泉の如く言 ってゐる。 飼主によってこの地方の教化せられて四年なるに.天文九-十九二五EZ0-五〇)年代の大友氏の隆盛と'その東条 とは、自ら九州南端を定超して来航するに慣する利益のあったことは率へないoLかし'大友集成 は・殊に 宣教師吃好意を寄せ'耶詳魯に傾鼓した領主であったから'耶赤倉にしてもポル.豊後の大友氏にせよその交 易の利を早くよ少等愛し、進んではー印度政府に親交の提議をなしてゐる如き、その現れである。 また.漸く豊後に入るを得て白井に到ったJこの年軟年ば のことである。 ワリI]ヤIlは大友宗麟に試して就資を呈し、次いで新儲主義蔀に詞し、彼の人格の温和、恭煩の 好感によって轟鍵の敬愛を得るに到った。 豪放も大いに喜び 条等の事件は必ず、ワpILヤ昌の敢箆を受ける様になった.ポルトガル胎にしても.その領土の大串を失ってしまった。 ワリニヤ]Lはこの様な事情のため.に於5て7時に両校が開校し'1校には見習僚十六人を置き'年は印度から来たも の、年はTE本人を入れたQ他の1校も十不人を収容Lt紳人の雨車を授けた。西教史には「此二畢 校を薯ふれば兵畳校と1般なJqP精良の兵士を教育し、以て鹿鬼及び俳徒を車扱すべき鼻兵を得た 少。幾許もなくして此募兵大功を奏したること資に言語を以て表すところにあらずo千五百八十年 に督つて府内及び共近傍の諸市又臼杵に於て貴臣の沈鐘を受くる着三十故人に及べ少。平民にして 洗酷を受くる者幾許なるや英数を知る可からず」とある。 大友氏の基替歌保護乃至信仰については特別なものがある。1雫諸侯の基督敦に封する好意' ◎ 保鼓乃至改宗は、その多く比貿易の利と云ふ好餌があったからである.義班に至って.豊後に於ては'その王フランシスコ轟も胎の 入港を望むことあらずして'教徒となり'多数のその家臣も鮮教し始めた少。今も重く折の関係 なくして麻致しゆくなり。 ワyLIヤflはこれよ少大村にも到り、豊壌'有馬.大村の問を往蒸してゐたのであるが'天五九 44 .ロノ津から濠定を変更して前述の桂に有馬に赴5たわけであ る。かくて.また、府内の拳 碇建築の用に供せんとしてl地区を輿へ'臼杵にも夢校を建立させるため一博の地と費用の金とを 凍供したoこ・.

共に儀使差して聖週の警行ひ・日々蒙した.竺有言. I L .毒・兵庫是て堺に琶たL.然れども上漂、 師父等笑等嘉するに-寄警慧して望此誓姦せしめた㌔大紬の堺に達したるは 聖慧l亘別」とあるから三言蒙の行雫あった。ルイス・hpイスの是芝は「寓を 聖沖の警蛋・音工芸妄慧宮島に到少、-伊頚のホリエに管・夙姦つこと十日、備 46 T. ・ 、 ・ .tヤ三桁は堺上陸後・高蛙-右近の居城高槻に拘った。 その滑道の軟漂.肥前の慧ら警襲って警向つた。 バードン・ルイス・hBイス及び芸人イルマン・ルレンソオが従った。 西撃によれば「干害八十妄第三月言に-・ルーイ・プ⋮-師及び-ラン・メキy サヤ轟ふ昌杵-誓。畏2品さんとして・誓で迫撃るものあわ.47 後の雷に差盲.= ・ .荒のとき、弓-投として坂東の鴨十誓撃た。 此の頃・隻豊国の諸侯墓都に集めて.近傍の諸所よ基少 雅量督信者竺寓五千鎮人を数へ・皆誓写経雷列し4io ワ呈ヤ産品で復蔓晶ましたのち・盃へ-信長に詞し・信長の基叢に封する保 . .Jこの行慧苧晋である。後者孟行し 登の栗の言ふ晶である。要の日驚天歪の特別仕立の婚であるとすれば晋と漂れる が'何れを信す可きゃ。 ワリ. ・ 1 ・ . ・ ・ ・ ・ ・ ! ・ ・ 1 .此地の暮敦の弘碧物管・票誓書言早雲あった.御品柄の翌慕った。衆人は隻の警得てその 姦塞げようと息ひ・写るもの常的置繁るものがあった。信長-「至雷電御 璽聾人・嘉やか-給等・左右の桟敷位に臨って列-る-管壷醇 とかども篭る賃も管やうぞ警-」とある。 ワ⋮三もこの時繁れ言た。r信雷墓馨大にして鷲に巧-・#に衆人富雷 琶しけ少遠忌笑をむと経基萎び位階の箸を掌る所の散髪る醍両真筆 雫の軍人墓⋮篭亦芸-た㌔信長の場に入るや・此-晶の衆人監兵 . I . ・ . ・ ・ ・ ・ ・ ・ ′ ・ ' .嘉から オルガ⋮ノが讐週へ.El誓管. + . T ・ ・ い た。ワリ重竪琴印監ら慧て-人の黒誓具し芸たの⋮誉れ毘んとし て群集したと青ふ。 ワ三ヤ宗信長に詞し空き・霊造誓見て大に-輿望の人身の異色慧こと品 じ監つ歪で雪たoその後、-讐すると信雷非常に毒して・蔓峯'護の毒 に就いて色々と罵し.

I .1 許してあ芸の⋮-方の--ことにしたo-≡-人々も多く、人喜 讐あ少・都讐--敏弘慧その-笑なるものがあること-・この地方の布教 蔓用ふ可きものと考へた-附誓-るや多数の-菩んで週へ・聾皇室を 誓芸教徒が--至たoそして到るところ⋮-笠の式震った。急で 読書人の人たちが彼の洗警受覧o ワ三ヤ嘉慧地の歴訪-と-芸に-信長に別れ墨げて・安曇ったoオ . : .i・..・・. ] ・ .' ・ ' ・ . :::し鳥 の等量ん宗列や・構造に空は旨が警れたoその年の-から乗警'いよく 豊後に写とに-。今-門の-さけるため-内管通らず、土佐姦したo これ竺つに笠位の領主--開するためでも--はワ⋮l妄引見し嘉 信仰の葛をして--して--讐して死-警=千十三警覧差 して有馬の畢慧入れる棟翌だo .:'・・:..・・・・・・.拳校が落成するや'貴族の子弟二十五人を収容Ltオルガンチノを 校長にし、フ丁イス里見都に遺したo (安土の敦食堂及び登校赤に就いてはオルガンチノの項にの ぺ た 。 ) : I ( ・ .-∴'・_I.∵∵∵∵T:I.朱の乾天地を震動せんとすo其 揖技は午後四時に至れ少O此日比式に合せる者は十三寓琴<に至る。然れども1も紛鮭混乱の事故 くして轟れ少。」 と西敦史には'その日の演武場に舎する衆人の褒侍の菜、涼武の妙を記してゐるO ワリllヤ三は信長が宣数師等を保護する事の確資なのを見て、信長に「公若し我教を以て香とな さば'有馬に在る如き拳銃を安土の市荷に設け'貴人の子弟に文峯及び修身革を教授せぽ如何」と 48 49 請うと'信長は此富を悦び、安土の市街で翠校を建つべき最もよき1匿の地を興へ'莫大な費用を 愛惜するところなく之を興へた。 アyツサンドロ・ワリlLヤ三は此の思惑を感謝し'直ちに安土に室つて建築を始めた。信長絞そ の規模の宏批なのを辞訳した. ・ : ・ ・ ・ = ・ ・ ・ ・ . _ .以て場中に縦枝Lt劇を揮ひ給を把か的 を配みて槍を投ずるに正鵠を失はす、其乾の精功なるを見て衆人@..・. . J ・ ・ ・ ・ .・・・:. .就中劇を拝ひ槍を把少其他の話術額衆人を驚かしめた 少O最後に信長ぽ陣馬に鯖pt先づカを極めて之を誕少.位次に裁て備へを立て'尋で騎士或抜二人或は三人各届を駆て其軽を姦し粒ふた少。尋で三公子凹 で英の馬術の巧なると、馳鮎の迅速なると.. : J J 。 J= 。 [ ・ . ・ ・ ・ .・=・.I.

富に翌し露路-差違て島芸嘉過し窟・ワリIJ三L自らが 誓達はして'薩摩のキリシタン轟きせ、島琵芸雷撃誓する裏.暮雲はある堂 5 & o 島賢の空は、ポル去蒜の若の交易地で・その貿易の警藍してゐた。鳥票は・こ れよ是.領内芸警しめようと警てゐた。そ J ' れ故.警警姦つべき場警提供すること晶東して・孟基軸倣件 だポル・.印度聖へ宛て・1良馬二名刀姦さんこ と芸ひ、差'その嘉竺霞の誓輿へて・嘉伶雷藁L-と的空たと三oこれは 天票八三八〇)年.ガル粒の寄港を希望の旨をのべてゐるO 天正十二五八二)年二月'ワ三ヤ蒜カピタン去-ル・イグナシオ・ヂ・ママの胎にて 大友l大村.有壁転の7蒜達の少年使嘩伊東マ⋮ヨ'千々菅、ゲル'中浦ジ首アンI 原マルチノ等を伴って、日本を去ったo バード>・ルイスipイスの日本史には冒本耶辞骨の良き進歩と教務のために揺す諸規定∵ ︼y 命令に最終の家関をなしたる後・大なる信愛をもって金員と告別し二歳に且つ華美に装ひたる四 人の日本少年貴族を伴払・三人のイルマン及びバード>・pIレンソ・メシャと同行'イグナ芸 ナー51 ⊥i 二7・yIマの給に三五八二年二月二十八日支部に向ひて増援せられたゎLとあるO 外交志稀巻五、交構篇第五には'次の如く記してゐる。 大空蒜等厚ク之(耶群数)ヲ信シ途二位節ヲ累馬.永藤四(享ハ二年・偶-ルトガル於が薩摩に変誓嘉用し・欝の布警希 望すると三孟-つて、耶箸との交渉の警求め.島票はこの欝を蛇へようとし・その質券してり-ヤ言もとに管、ポル妄ル人 及び教師讐友誓措ぽんとして、印度副王へ警ための長鳥表三男璽誓書ふーを 俵親し、領内布警提議し.ヮ三三は芸に雪と遠鉄使者の賢説のために賢したowたご言是よるとPhタ :ヤニが始めて霊墓琴芝よ真相への造・萱に翌と島琵誓-ヤ-過して耶 馨孟辞し、ポル妄ル警奇警せようとして.t近サ好依ノ意ヲ表スル三重ル天正十年壬中 田讐諾宗翼子弟二人ヲ選ビ位警毒草一人ヲ顧問与孝褒シメ亦葡人二人恰一人 ヲ院へ共1義撃義シ二月長崎ヲ費シ阿瑠警告シ居ル事年義解制空攻y留ル事撃E臥苧高 フ海上雑音ヲ壇メ十l年契宋九月ヲ以テ臥要義ス駐留葡国籍督厚ク之ヲ招待シ篤メ孟抵ヲ供 芸迭ル菩望峯ヲ寧ア十二年甲申八月葡困ノ首府豊新容量ル葡開昔時西海牙ノ朗警慮スルヲ 望其ノ親政還寮甚芸シ馬後塵雪室品芳警世ノ経過ヲ受ケ「カリアンチ」河ヨ品こ 50 .

ワplIヤこが、常時朝安井大名として、その信仰も厚く且つ勢力もある大友宗麟に詮 いて'羅岳捷王へ使節を既達する桂勧詮したのであ少'有馬'大村の二侯も之に賛成して遣欧使節 沢達と云ふことにたったのである。この≡侯が特派使節を況して転属法王に.辻蕃之働博士の「掠外交泡史話」の「十三歳の特攻大使」にそ の詳細は譲少'たゞ少しく使節溌達の由来に就Sて述べること1する。これは天正十年騒国するこ とになった.基督敦の代表者である法王に敬意を麦したら'法王は如何に喜ばれるであらうか。使節 .菜二言ILヲ警路ヲ悌-撃-冨違ク使人府外三且ル:及テ聖賢ヲ撃蒜 迎シ貴警亦雷管撃-1人ル歪ノ芸術嘉漏シ散髪ヲ賓ス億警言下蒜妄倍数 首ノ教徒ヲ従へ学芸院こ人品警警翌長野按皇ノ有望室ル其儀式雲ヲ極メ露騎除 之完駈ヲ薦シ空費誓牧師望晶国選ノ使臣諾後若草警ノ如シ尾蛋藷(剤喝鏡 讐喝シ望ノ侍臣農ノ官喜慧ヲ穿ツ使節-本雷様ノ錦衣7着ケ両刀ヲ警葡雪 像侶菅興国ノ使臣亦莫殿シテ警芳ス嘉-アハ使節ノ「セント・hyゼル」梼ヲ過ルヲ ∼ 待テ霊ヲ警音響奏ス撃-シテ望警入り萱ノ晋物量シ誓奮進ンー蒜王ノ芋 52 53 1[室晶ヲ轟シ1蒜意ヲ讐誓苧警以テ之ヲ望遠ス曇於一品王大-量産雪空 碧謡シ其警甜メ然後侍者ヲシ毒学期警シメ萱使者ヲ輯シテ答警雪共学lr(〟 時使警命シテ衣警掠ケシ違レ昔時稔11姦洲諸因ノ霊l壷屋ノ業者蒙濁ク芸 クシテ望疾晶リテ警大望「キンテ7ル上望ノ讐治ク之ヲ稀シテ「セツキスタスL五 官鳥ス霊ノ時便人席二列言天警望遠王墓ノ時蔓⋮煎撃-ル益ヲ拷ケ以 其警助品酬ノ俗望ノ薦メ墓ノ警執ルヲ以テ差違ス豪農等聖賢三溢 王答讐琴芝ヲ造ル儀初メノ如シ使霊馬ヲ辞書品-蒜ヲ警拾那軍曹此 ヨサ舟行西野牙ヲ過キ再ヒ其王二詞シ去テ葡弼n重り十四年丙成四月盟新本ヲ蟹シ綜途Ll就ク。し 撃]十四'畢術采敢篇に妊左の如くある。 十年壬午二針前大村耗息焔晋墓純畑晋使者ヲ塁撃一托シテ雪牙ヲ警羅雪赴刀シ メ音信方物ヲ洪王FI滑り英数ヲ億習ス 天正遣欧使街につSては 務田青陵博士の「天正遣欧使節記し'ダブルチエyt木下杢太郎氏等 「EZl本遣欧使者記」'西致免罪七草.敬意を糞せしめるに 到ったのは'ワpFtヤlIの勧詮が然らしめたところであるとと滝に'ワリ]一ヤニ自身としても期す ところがあったのであるO 昔時の見開者であるTエリヨの配よ少推察するならば'日本の切支丹大名が霜鳥の洗王臆に使節 を改造し.

基督敬国民 は'劣弱なものではなく'また宗教を楯として生命肉鰐の堀を得んために来たものではな5ことitJ 信する操になるであらう。そして基督教のために惜しみなき援助を輿へ'日本に「葡萄園」を達琵 せんとする自分達の事発も隆盛を衆すであらう、と考へたのであるCI かくて天正十年正月三十日二五八二年二月二十二日) ヮyltヤニは'ポル・L・ガル商粒イltヤシ オ・ヂ・サーマの給で長崎をは帆して欧薙巴に向つた。即ち'彼の第1回の野田であるO l五八三年十二月十日附、ワⅦ二lヤJLは次の如く報じてゐる。 54 「本年中-マに渡るの意志を以て日本より印度に掃来せ少DL 「また日本人の若き貴族四人も渡行 す。彼等の二人は大諸侯の息子な少.即ち1人は日向王の孫にして、他の一人は有馬三並にドン・.この一行と蛋した.等に欧羅巴の諮王や諸私市や羅馬諸寺院の荘厳さを見せしめたなら.1節 年雲の後.毒に雪したoワ?1Lヤー-の時. 彼の琴南の衆朝である。 外交志稀蓉五に旺、 55 r大友氏ノ便覧穿ヲ警ルヤ監臥鼓ヲ過ク誓葡開署歪ク之ヲ待蒜特陸倦教師「7 レクサ言ル・サブサグナItJヲシ晶警伴毒ア望賢二警ジム空於孟ハ晶誓警 阿娼警管警耶裳ノ警培ク然三「クワリグナ三八暮雪連スルヲ以昌力任I ナシ長崎蒜晶撃-囲今春シテ歪スルノ旨ヲ普ク誓許シテ教師軽量十人高tlr< ラシム芸ノ賃撃議誓語ヲ解シ唱警警蓉ク呈ツ時計地震地翼他多ク珍警警 量琴入ル一恵讐-七-′語ルヲ以テ諸侯警警菅々芸ス「サブリグナこ .これ等の使節は好国後'必ず 辛-その見開を人々に物語るであらう。日本の人々が醗岳巴の事情を認識したならば.臥遠骨の使讐して. ベル下ラメサの類な-110彼等の伯父たる豊後王及び前記の諸侯娃この若き貴族を以て教皇陛下に紳 聖なる根従を琴不LJ陛下の御手に凄吻せんために造るた少qJ l五八二年二月二士盲、我が遣欧使節を伴って長崎を出帆したワリ三ヤ)Tは1行とともに翌年 の九月になって警E-産の臥雷著いたo管長の命雷よって・ワリ-毎こ1に嘗ことに なカ・使節の琴円は他の人がつとめることになったo 富の右堅牢二-姦して鷺に到斗聖に萱して豊慧是Lt天芋等四月 十葺-ボン姦し・もと郊た讐琵警告-し、軍書印度の賢に透した.十毒四月臥碧再び管・言-署ののち・tK芋八年七月'往復八年の菅 姦して.

rl・. ・ : ・ ・ ・ . . ... ・ ・ ・ ・ ] ス其雪路ル喜蒜重宝-領金若表及毒力懐剣等ノ物ヲ附シ監富国馨I酌こ とある。聖、近臣聖行が蹄朝の途次.・.. ・ . J ・ .・ ・ J ・ J ・ ・ : ・ = ・ ・ ・ ・ ・ ・ . ..・ .. . : ・ ・ ・ ・ ・ .印度芸つ美章五年である。豊の副王は・誓 書に雪て'彼の放陶姦し・布教につIP・恩讐卸し・併せて霊の保警請ふため、賃 吉本蒜達し-としてゐた誓あったので.I:・・'---. ・ J ・ .ワリニヤ妄是の冨嘉孟た・・eI・便警 して茨誓言ことに雪たのであるOこの報些早く是に侍ってゐたので聖O バードレ・フワイスは. . ・ ・ = ・ = ・ .i... ・ 1   I ..エソタッグ・ダ・ま孟琶7-重旺マ マに赴いた・芸人公子四人・-・マンシヨ.雷管本の箸が、ワ-ヤー岩窟孟何に希賢てゐ監嘉して ゐるO 「瞥三八八年莞方の耶箸と・是の墓替歌管は・曾て渇望せしよ基か笑誉熱情と 希菅を以て'パードン・ゲイジ芸-ル・7レクサンドワ・ワリ-L・その同行の億. .賢の至及要の他の耶 誓士のこの虎の霊旺・唯-のみ-ず凡ての基叢雷と-天よ品基と新らしき 蒜の如くにして-撃の窓るもの--萱しこの暮教徒等そのアル孟怜姦 墓等に或る琵-方警望少O且つ麦飯に翌しが如く︰ハIFレ・ゲイ言-〟 及び掌四人に見えんとて警よ豊慧人々の墓せし程に窒表の動慧笑の蔓塞け たpD墓は賢に人々を驚警しめ雷。云々」言ってゐる。 .:.I:・-・目上 十二人・イルマ-が分乗してゐた。1行が長崎到覆如何に諸侯-ら慧されたかは'ル イス・フまが「警よ--れし・TFV-署-ル. iJ∴. ・ ・ ・ ・ : ・ ・ . . .芸人 至芸夏毛警月曽-の雲の逢げられんために・幾度露新嘗なし・且つその歪 喜・この新-IF-令の-れて、その鷲の--敦の菅んこと義 せ少O」 さて二五九〇(天要八)年七月十l八日.・ .・・:・==・・・.・. .ノ秀字義見スル芸警瞥上り碧空警屈シ其手ヲ甜ム誓之三警警物品ヒ普 言フ公卿侯伯等庸二列スル着三露人普大歪ノ倭人霊晶シ雷使卜慧談話シ殴洲ノ ・ ・ . i . : ・ ・ ・   1   J .:I.・ .Iゲル・F⋮ルチ-三try・三 .. ・ ・ ・ ・ ・ : ・ = ・ ・ ・ : ・ ・ .I.・ ・ ・ J ・ = ・ ・ ・ 一 ・ ・ ・ ・ / ・ J 4 . . ・ ・ ・ . a 57 .I_盃.. : ・ 1 : 1 I J < = ・ : ・ ・ .

誤った見解が抱かれ、辰野に大なる信用と令関との咽ら れたことであ少'従って・我等の宏荻'i港幣教の大なる鰐川を生ぜしめた所山であるO記しP LE本人 自らかくのごとく清朗にして名辞ある日人は苫然諾事に良きものを有すべしと考へる国民であるO 都に於いて仕、こ1数日間の話題肢殆んど、殴揺E]人の合食と秘人士が稚燕陳投巴人に封しての認 鼓が如何に間違ってゐたかの話で涛ち切ってゐた。関白白身も抜染に就いて姓.自ら戊と放す蔑む可き成少 上りもの1陀情を見抜5たワylLヤLtの目的的行岱な少しや香や。たど'その好結果の綬想娃預め 期待してゐたことは確かであらう。 ワダニヤ.今は 膏苦なった遮畏馨から、彼等の望謁見の記憶・新し・-点した西洋の蒜や西洋文化・T lマその他伊太利の物誓聞くの姦しみに集った8差、葦等警奏し-警雪盗 品農せたo来訪の大名には・大歪統・雷長政・毛利輝元等が雪た。 誓品見し霊性、その翠の晋のことである0大誓-羽へ舟行LJ行叢に盛警 58 59 て、賢を莞'鳥警晶に向つて的撃たo莫警孟-の暮有の肇警列等大貫 姦警しめ、ポルトガル人品して急蒜誓抱かしあー薙いては、上要が-ヤ三行に 警て外交使節たる資格への疑問姦らがせる-に到ったo時庭卿記には.っ漂基へるため賢の多数のポル妄ル人-行した。ワ-ヤ三は・望使警して・秀吉 に謁掌る芸の準菅生-荏小田原征伐の欝にあった書が大堀晶るの養っため・・皇 ノ津に三ケ晶慧したeそして多-の人々芸警たoこ1を訪れRi(名や武士雲は.五三桐に似た模様をつけ'塩々比企の装飾を花して LIM。これを細の袋に・佃み'外は詮の天頂誠を環で鎮め'内側を金で被った小夜に寄れ'日本詩文 .Tの秀吉詞兄の使命綻'印度閉まの信筈奉呈であった。印度刷王の馨は京都妙法院に所 帯せられ'署劫は羊皮紙耗約五十八センチ'杭凡七十六センチ'周囲に細かに壷があ少'葡萄牙原 文の初めのC字の中に金泥を以て秀吉の定紋.殴薙巴の人々に較 '(ると、日本人は乞食の横だ。この按に揺方よ少禿て館準やかに芙しい服装をしてゐるとは驚くべ きことだと言ったとSふ。これは、反面、芙服盛装をまとへるものを. 開音八具暗'市警雫へ御質入喜見物-F嘉川候興等-孟物俵・同道豊小路 雷御門等三十人望之各空也・主人71吉等五尺馬進物也・寺の琵琶 と見えてゐる。この典警らぴやか空行は確かに、常時憲筆圧の風潮にあっ嘉人士-へ歴 するに充分なものがあった。 ルイス・フロイスは、この伎朗によって常時のキリシタンに有利の詰典となつたことは、郡の人 々が駄簸巴人に封して詣5た約ぢた招念.

印度には兼だ知られてゐなかったら しS。その信書の内容は'西教史に次の如くのせてゐる。 費開我国と胡陥ること遼遠なるを以て未だ骨て殿下と相交せず.外人を御すること頗る残忍)であり'此の使街一行をDIして仮借の者として、大に蔑税する校 になった、と改頁に解してゐる07レッサ・/ドp・ワリlLヤ三が長約に祇辞した常時、秀富は小関 60 .日本詩文比'散逸してしまった。この啓が革せられたの娃i 五八八年(天正十六年) のことであわ、その前年の禁教令は.を添へてあったo現在はその袋、括.碓せしめたる偉柴を開けJEhO是金-上帝 の殿下を愛して薦きしむる所なJEh。故に吾今放て之を駅貿すo叉殿下茸教師等を愛し'大に思慮 を施し.第二は' 61 耶蘇教が我が岡に於Sて衰微したのを同夜せしめる烏めである0且教師は轟音に親近する蔑め'又 在御中に知友を求めて、諸事棉茂を得た5ため、仮りに自ら印度副王の使節と解したのである。彼 の名とする朗は.娼く之を保護して之に祇抗するものを防ぐことを開-。絢に陳謝するに郁なし。抑々宜 教師等は蓉心にして諸国に行き衆人を敦へ屠所の浜を詮き'衆庶をして永世草稿を得せしむるの 道を宣布する者な少O今我れ殿下に使節を適し東物を皇Lt象れに代りて謝辞を述べしめんと欲 して.師父アリキサンドル・ワpELヤ一Lに此の任を命す。慧師父は数年前貴陶に在か其政を車じ 殿下の知遇を辱ふする着た少P殿下碇前の如く之を保護し且つ之に恩道を腸はゞ何の垂か之九に 過ぎんo載れ師父等に代Jaて深く放下に謝し、叉師父等をして長-恩適を忘る▲政からしめんと す.載れ使節に託して方の諸晶を進呈すo 創二口'新教のアルクピース成一)挺'敢刺比駄馬二匹馬具之れに附す、金錦の椎晩、較中剣銃 一挺、印度裂の天幕7張。 時に千五官八十五年 ドム・エドワード・ウモネースEP 即ち'男運額書に封する敬意を表するものであ少'且つ、基督敦の終発の保箆を詩ふ目的であっ たが'禁教令後の今日に至ると'さきの禁令を弛め'真数の保護を諦ふ意を寓するかのやうになっ て'ワリニヤこの立場は自ら悉く解持されるこJJになった。之れを西散見には今回教師が秀朝して 使節を造った目的は、第lは、隈洲の宗徒が日本に至る道を容易ならしめる鳥めである.然れども教団に於て職を車する 基警且教師等よ少'殿下の衆故に克托して日本全国を放.副王の使節であるが、典寛は教汝を陶複せんことを希ふに過ぎなSのだo或は∵ 印度制三は己れの腹心たる者を選んで'自分が志を緒て'他日日本の童となったときに'教徒とし て英爪牙としようと思ってゐるのだ'と併教徒が'秀書の基督数に封する不信の心を起させる横合 を柑たとばかりに鞄言したので、秀菅は「才卿飴りある政略家にして而して最も雛心探き性質たれ ぼ.

朝 は琵 琶驚 な ㍗.・ ふ違悉く誓---討ち・-民芸んず-巳に墓守。然呈椎 も二に大明国憲んと欲するの志有----に到る-指す如しO英の 露 草其の他に-し--岡の... ・ ・ : ・ ・ ・ ・ . ・ . .. ・ ! ・ ・ ・ ・ ∴ ∵ ・ . . .・. : : . .雷霊三等戒に命じて' その世誓-しめ二-於て造しノ\ワ-ヤ-してその位誓うけ空と毒口の周囲 にある雲・芸多秀家・前宗長・S.:. .1・ ・・・・・・・ ・・・・1・・・・ ・・・・・・・・-・=・ の如く.I. ・ ・ ・ ・ 1 ・ .・.. . . .・t・モールジエ⋮一⋮-フにょつ--に志してゐたこと冨る。ともあ雪り ・ ."・. . -. が曲讐れる琵琶たと解し---敢雫あるの孟-がら・ワリ-の蓋 . ・ . ・ .・ ・ ] . .・ . .・. .. ' _ . .. . ・ ・ . ・ ・ ・ . . I ・ .. : ・ . . .. ∵ ・ . .. ・・: I. .-.・!.. .. I ..川 も温習ず壷の時も此紳-... I . = ・ t ・ ・ : : .. . - . . ... : . ・・・・・・. .. - . . . .陰警翌-孟-紋に碧以って鷺の警名 す。詣墜士に在って綻-喚びて--翌に在つ這・-て警字0日 .・・・・・::・・・・. . : ・ .-.姦監蚊の窒もか音質ら I   J . :     ・ . . ']・ するものであるO雷位aJJL--欝揃ったときには.Jj. ・ . . .・ . .- - -   I - A - - - - - -     . ・ ・ .. ' ・ . . ・ .-:... . .. ・ ・ ・ ・     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ∴ ∴ ・ - I ・・. .. . I I I   1 .・ .・・. ・ ・ ・ ・ : ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ' ... ・ .. . : . .....・・・=・・・・・.. . . . I .本朝-二ハ---多く・而して拾-少し--誓好み垂 警なして東に-義----之-す-の解義の要' 深整芝糊武の-て--し--す-蓋し-蓋盛由 . ・ ・ ・ ・ : ・ ・ J ・ ・ ・ : ・ = ・ ・ . .rE生--三ヤこと嬰を-雲とをは'表面的に は・琴笠として待遠し監つ雷管も---最師の篭誉琵姦めてゐ誓 とを望む・その雷蒜馨に写る要の官浅悪らぎ.・・・・・. : .. .:・・・・・・・・・・・・・・・・・-・ .. ・ ・ ...ん や . I Q. ・_.

その-管笑-慕-あ-つ耶誓鷺の 理由も挿入せられてあるので・この-蘇-ち--じ-た.超俗の男女を庶魅せんと欲すo其の時且 刑罰を加ふ。照ねて又此鼎に雑て化等をなさんと欲すれば.制式への財物の白魚がある。 LEE 鉄 粉   賜 太   刀       国   房 甲 長 路 原 田 7J 或 頻 普     袖 按 奮     闘 普 天正十九年七月廿五日 蔓三笠れ-聞き.只邪法を以って、正汝を砥らんと欲すo今より以後..琶篭り 三二Iの聖蔓ること-てあたの-ィ-ジ---芸毒し 豊監みこみ・ワ--富の慧べからざる旨-して.則ち如覇を漬さずZを族滅すべLO 隅を嘩する勿れ。只比地叱於ひて修好せんと欲するの心あらぼ、剛ち海上己に洗顔の簸難無-' 城中車に肉質の結撃で許す。之を児へ.すべLO霞の同士の如きは、故.剥王の轟であるC-これに別紙にて.飴緒は使節のロ賢に分興す.不宜 天 五 十 九 年 七 月 廿 五 日                                     閲     日 印 柏 阿   昆 曾 .鎚を以って専門と托し∴1--Jも仁誌の道を知らす. 謎                                           ( 原 漢 文 ) この道署は秀音の秘事倍元免が誓Sたものと言はれ'印地河はインディ7'尾骨霧は'ポル1.詳記の如く儲受す.是れよ少、給崩する朗 の方物'日録別稗に在Jq.i ル主人の鷺の--且つ印-と--こと-慧芸・依警て' 艶警耶掌-℃・耶警士の鷲を慧祭ったのである。 憐 髭 宗 息 秋 貞 光 II] g] .・ガ ル語ピソレイ.比の故に神体を 敬せず、君臣を隔てず.耶iTを#ゼナ、政 談乱記を残す英go彼伴天蓮の徒.輯年比の土に室少.南方の土宜.その間の悪に言 め壷の警-て菅改めてもらった。しかし--〟-人との-撃.

好警-て誓う屋はれ . . T . I .+. .. ・ ・ ・ ・ ... : ' ' .そJJで 司教富の中心は..:. ∵ .=・・・・・'1・・︰-.帝浮長崎奉行もやがて耶迫を加へて来た.群 .臣長凹年六月.:.I. r I 1 こ g j L ・ 迄   / ■ . ・. . ′ T . .・iT_. ・ ・ . 如く、芸-書-たが-に警1Jは-. .. "∴._... -い.. :・十・:.]∴. J 、 . I : .I∴. . ' ・ . Fa巌とた少'餌土を矢ふか.たo LかLt家康は. ・ : .天草に移された。改姓しばらく長崎にゐたが.. .]㌦工i. ... その 政 た. 1 ・・:∴:・・・・・・・.十 ・ ・ ・ .アドリーグスを伴って上京した。奉行のi 人だった璃野鍔正や、長崎奉行寺攣応磨守琴南等の努ま丹に好意をよせ'且つ彼と知己である大名 に'自分控は前年とMじく職鷺を帯びて'同僚を慰問するためにt ・ J T b zE木に渡来した者であると報じ た。また. . I . : .・∴・・.=・・-.]十 青書七ケ厨の寺務-る百三十人の著警-芸-させ-十人の少年蓋に 留めた。 ヮ⋮二は壷Ill(-八)年八月-デ・QAタイラ司警ともに三蓋嘉れ : .[㍉㍉I.やがて時経つ中には寛 大になるであらうと言ふ希望を輿へ.. 把 集し.全然基督教に好意を有せず.. I ] . ] 1 H F _ ︼ 月 フ ー .. .. ) h A r .. .[㍉∵ItrI八 . ・ :行 ・を ・成 ・し . .∼:. = ・ ・ ・ ・. .・. . 宅ワヴ-︻はその到雷凍---して票ので-も警重た蓋老に 接して'その心を柔げて、和歌の自由王を腔供するため.. ._. :. . I .・..I. I . .:. . ∼ .jI . ・ + ・ ・ ・ .i.こ ・・を中心として九州の布教を司少'その年の牛には九州だけで円高の聖洗新があった。田ケ際の敬 で'小西桝であった肥後は'法軽信貿加琴粁正の餌土とな少、天草は寺滞氏の領土となったo Lか Lt彼等の院迫にも拘らず革菜堅1年飴も挺いた。 皮革九 (T六〇〇)年'悶ケ.天草に移った. I . ∼ ? 。 ∵ ∴ ∴ ・ ・ ・ L ・ ..かくて妻妄-年・ワ-三はごツク・ヅメ-警太聾の印度望晶 . . I . o殊 に 、 ド ン =シヨは佐費侯を同伴して故を訪れたoワリこヤtl -:・、・1-・・. .giの7取は'徳川氏の弱祥確立となると共に、西軍に味方して7放 67 地に競れた大名の多-には、部支井大名や保護、好意を寄せた者が多かつた。彼等のあく盟戦死す るか'自粍するか.I::.. .鯛られるかしてしまったo統丁放校の斜力の . ・ .. ・ . : : . ー L I . .. ..: ..・.式は.ヮpItヤこは錠等を訪糾した。大名たちは'静貢に彼に答へた。大名たちは耶蘇敦を記 へ、太閤は謬見を抱いてゐたと言明したoそしてワリtJヤニに自重を勧め. .

蒜迫、追放・損失で信宅盲人芸なしに莞た。 但し・内府枝に封する墓の緩和が警奏し・l赤門の状態は中々よく雪たo布教の悪賢 美川の1-言は、布教師の慧し雪⋮ヨが二つ(毒嘉望=爽かけ宗三、セミ ナ三二二長崎と有壁賢竺十五・寺は夏十望ある。バァヂ品にイルマンで票した 者十七人に封し・新に釆薄した者三十人であるO かくて.QJ缶をたどら写心ことになった。臣挺 八二六〇三)年'ワリ三ヤニは常時の事情を報じてゐるO 文撃二1五九三)年と、毘長四二五九九)年と今年'慶長八二六〇三)年に放ける形勢 を比べて見ると.音の後、 紋堤徒約の慧芙主に蓋しした。時笠十茂に慧ざること僅かで・これ蔓ユズス雷 .増大は、やがて、碍鳩をして永班的'且つ親政的ならしめる?.葦に括聖霊の最後にふさはしく・警しても満空あったらうO Il六〇歪一月二十豊曜日・巡察使ア⋮サンドル・h-ヤ晶が、マカオで憲の如 くに慧買ったo三〇嬰に・認められた敬学べ墨静の中で、彼は翌に霊を以て賢 の警解かれんこと姦ふたoこの要塞筈蛙、今蒜警官、吾々に'慧る巡察位の宗教 的の琴その悪完讐封する無碍窒露程の誓た霞ときてゐる。紋は、ヨブの言警 管て「己が鷲のため畏る」飴警得たいと慧でゐた。・・・・・彼は空死んだ時の豊に嘉 に於けるイユズス骨の篭には・-オ・-チ警推管たo・・・・・・病賢あること.霞布警志し.受洗があったoアサクスチノ津守殴 68 69 (小西)の領土たる肥後では'駐在所四が出奔'寺が十四以上新に坦水た。結嘩今日駐在桝の数 は三十'信者の致堅二十寓以上ある。 然るに不幸にも又戦乱が始ま少、五奉行が内府棟に対抗して'アサクスチノ侯は、大村'有馬 の外キリシタン大名とともに之に知った.慶長五二六〇〇)年十月両方の軍勢十三寓が血戦し.1五九九年から1六〇〇年十月までの閥に'宗門の駐在所は菱く同夜LP 多数の寺は再建せられ、二年足らずの間に七寓以上の改宗.-オに三〇毒客死したo骨墓警埋む結菅はなった 那.日本に於ける紛乱と、廷化とを知り得るo四年釆平穏の状態で'太閤襟の死は' 追啓の寛みをもたらし. 内府疎豪望が静新とな少'アサクスチノ(小西)始め、諸大名の中には生命又は封士を失っ た潜が多S。肥後は、防音側の異教者(加重掃正)の治下となって、信資性更に頗迫をうけ'レ クトルの家こと之に尻する駐在所四は破壊せられ'キヮシタンの士は知行を奪ほれて'封外に追 はれ、多くの信者望封切毒に腿従Lt今まで八苗の賃耳のあった肥筏の諒円卓衰亡'ろ宅恨 の望、特に平戸冨・同義.彼笠の経緯凶の途中.

: ∼ . I ] . . . .森に託からち1番袖手にされなS療病患者のために、曳 っかの荊院を建てた。彼が脚人としてローマ. i . . .並にマカオから受けた喜捨は' 籍琶夏た九文鎮のキ⋮-ふに-あった. ・   ・ ・ ・ . I . ・ . . ∵ 十 ・ .駐在朗'或は偉道邦が 三十一箇所建てられ二二百の天主堂が或蛙建てられ二殿は準備され、円空ハ十箇所は'直撃且教師 の管下にあって'常に錠の訪問を受伊'文盲四十節用捻桟道士でもあって'キリシタンの頭株であ る「薪炭」撃つ'監督に任されてゐた主要天主堂の中に娃'成少年者達の浮出の魯が撃止され'こ れは限りなを鰐身的布教に封する天命の中心であったoL 「この崇敬すべきか父綻、病人や殿疾者.進んで劫行の女覇ik) 認め. ・ . I れは芸毒曇のとき冨少・信長の霞のもとに・特に・興警んとしてゐた時代-毅 の慧歪-きもの竺-致師探eJの開警ある8これは-慧竺同義して ロノ津に致師萎qL妄警閑-からの-雪宅筈の時代-芸書芸車窓 I . . . . ・ ・ . ・ . . ・ : : ・ ・ . . .イスバ.四十年を過し. ・ I . ∵ . ・ ・ . . ] . ・ ・ .i(1オ三ゼス)蔓ソ三言 . ・ : . .その中で'彼年目争紅イエズス令に導き給う空天主に封して感謝の意真東したo(レオン・パ ゼスO書糾小五郎氏S辞・日本車重丹宗門史) ヮ三一ヤ)Lの前後三岡に亘る日本訪問は'あたかも. . I A . . ・ 、 . ・ ・ ・ ︰ 1 .Lア'印度. .アジヤの停道に程ふこと三十年であった。錠は、T死ぬ四日前. ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ .撃弘途上にあった日本朝夏空芸興隆喪展 と榔伴ってゐるoまたこの朝に於ける宗教信仰上の輿巌の標を括った絞田信長. . . ・ ・ ' 1 ・ . . 箆てゐたであらうーは認め-ち-也-心が-ら・-敬冨聾は必 志しないであらう。差-の審-歪的-であ-慧台覧誓国民の 軍の欝---への-のあ-の賃・特に性-苧る慧等があっ たDしかし・ワ⋮ニ-と訓---すべきであると警・豊後'有望憂畢 菅等壷の子-牧容し-で-の子弟姦-oかくの如く琵風の警空 たもののか・から讐もの-し-誌の-かしめる計-つ兜o-三の窒 後二芝して・布--に代って⋮-その後を慧・ワリ萱の孝義用したの . ・ ・ . . ・ . . ・ .豊臣秀曹'徳川家 族の遷命と軌をlたしてゐるO彼の稔妊巡察位であったoその宗教上の功績は「日本で、彼は賓に 70 既大な基礎の上に組織されたイユズス倉を返して行った。従の管下に嬰林.

で'斯く日本人教師耗日の問題が晋現する按になった¢ これは'日本切支丹宗の倍道を成功せしめ空要田であると云へるであらう0ワ三ヤ1品文化 図月たる日本人を凝る隈が如何堅芸たかを物語るものであ少・彼の布教政矢上の成功の1つであ

る。彼が第高藤国より琴一同に再び是を去る頃までの教師の統計を見ると・日本人教師イルマ
ンの敦は.非常に増進してゐるE'

二i揮
八 レ人

J<四

ン本

tr・.k

及人

〇 七 〇 七 五宿ル

七 三 二 一 一同イ

九 九 八 八 八 八

ノ ヽ    (    〈    (     (   .(

三 二 八 四 三 二

蕗 正 正 正 五 五

文 天 天 天 天 天

、-′   )   、■一′  、・-ノ  ヽ_′   )

五 五 五 五 五 五

二 十 六 二 一 十

年 年 年 年 年 年

〇 二 〇 三 五 外

河イルマy

O /7着人

T H

俗骨

二 〇
三 〇

二 十 十 十

二 九
l 三 1

三 四 二 六 二 六
1   7

三九
五7

五 六
八 七         五           三

- 城崎博士「切支丹偉道の興匠」による。
ヮヮニヤー京ローマ溌岩佐如とともに.長崎に寮著した'班として第二回の日本来訪は・印度融

王の篭はあったけれど-へ警見ると-前に-が繁れ、故買の命が下され

てゐた竃-て,彼が雷-る-凡ゆる-管の割等彼の外交警して

の手管等もの--への翌の手---慧申-が萎めくまで
は,大急毒-せず-の賃の箸も外に豊たぬ-・-書の意に監ず'従
前の如く蓋ぺくんば-笠の-計らうとしたoUe-凡て-もつ薫れ、
73

勤もすれば壷の血-信仰--る是の敬-篭からは・その-装ゆが られ三オ-コアでも-警るものが雪た讐ある-の-す孟姦篭た

吉ふ誓携へて・是量った-年から-は-は小警-歪蔓た。
これは・ワリ1--の括動の箕に外ならなSo

冨]Iヤ二が警固の蛋後・禁箸に封する敢篭への指警-凡完改質が荒ら日

立芸菱と努力してゐる。例へぽ--胎の組」と-仰-撃て'敬軍と
i.-;. -...I.:...:[・=:.._.Ir.・ト・.I.・・・・・・・・・・:・,・・∵・._].川. ・....:Ir.I
: = I . I . . . ∵ , . . - I : 7 = ・ . . _ . 1 . I . : . ・ J ・ : ・ ・ ・ -   ∵ ・ : : ・ . . . I . .

し・遣降任,aQ四芋蔓こ主敬警就完。

-72.-

毅が、布霊葺碧と-,畏完空に講じ-う三の功碧、印刷警警し・日
本の印刷諾姦妃書対したことで--オ・バゼスは「題父の雷蔓豊栄の中にー 青々は三八七(天芋五)年、故が印刷横警ヨーロッパから是に表し・芸事の掌是
正 . ・ . ・ ・ ・     ・ ・ ・ : ・ ・ ・ ・ ・ . J : . ・ . ・ ・ l

/'・-J・

・・・

・・=・・・・・・・。-・・・・・

・・

・・:・・・..

・・-lJJ

誇行し碧られ允のも・ワ∼1ヤ晶の馨によるのであっ・たo之を︰斡-、宗竺教師が圧雪

礼.華の者が雷受-之姦陶した」と是雲丹宗門芝記してゐる。品質始め長崎
74

-

I

.

.

'

J

H

/

1

.

:

.

:

.

:

.

_

凍'印欝の創設、印行こそ豊文化への〓仝蒜喜枚ねぽ監ないo
九州地方の諸侯が.始め要望姦嘉可したのは・ポル妄ル商給が入梅J・夏の利乃至は
. / . : . . ・ I . . I . ・ ・ ・ ・ ・ 、 ∴ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ . り =

てした品的芸であった這し・雷が窯蔓に利用されたのでは-・警が之嘉E:Jた
ので監るが.この関係完互若にあっ-と誓ふ菅ない。ワリ--・i:,ルトガル人を

許して「この是の-窟仰の望-陀せしめんために--賃ポル去ル人を浮れた

少。そは倫この岡に来る致年以前に他のアジアの諸国民へも基番数の敦光を誘致するために'彼等 を選ばれしが如し。この紬の題輿に封しては繭の等しく分配せられし他国民に敦べて'この貴をポ
ルトガル国人を一瞥至福なる人と群せらるべLo」 と言ってゐるO役が最初にこの闘係を巧みに活

用したの披'第1国葬朝するや有馬氏に封して布教許可に報ゆるに'その翌年即ち、天正八年ポル

トガル糖をロノ藷に入港せしめ.昔時腹背貸放たる彼を救ったことである} 耶赤倉とポルトガル商始とは常に相互扶助の関係に両立してゐるが.唯1の異例がある。それ抜
75

天正十四二五八K)年'カピタン・モール・ドミンゴス・モンティ丁の定期給が平戸に着いたこ

とである。この給の平戸入籍は耶歩合の意志が無税せられたことNl試し'且つ路揃氏と大村氏との

間の高閲の勢に少なからぬ影響を興へた。この年は轟音の九州征伐の璽刑に常少'九州諸国に於5 て妊島津氏が肥後'望後'堅舶方面に於て大友氏の諸滑を攻撃し'物情騒然としてゐた。それ故諦
観の商人も平戸に衆多凍らずその貿易は'例年の如く固滑に行はれなかったoこの耶赤倉封ポル・. ガル南畝の貿易との微妙な関係に就いてブル,Lヤニはその昔参の中で攻の如く言ってゐるO 「絶えず基督数の大敵たりし平戸の領主は'多年の聞ドン・パルJ・ラメ大村段の領土のT部を横零

せしが、今より五年前その諸領土を奪回せんために彼と哉皇父へ窮噂に障らしめたれぼ、和睦の虎

めに取供として唯に前記の諸餌警取Jl返したるのみならず・更に貫領主の領土の蒜をも督
た少。而してその商議静に経らんJJLたるとき・ポルトガル人の終発成せしが'そのカピタン娃'

是非共に,平戸に菜かんとせ少・そ娃バードレ等よJGl通信なせしをも省みず.またそれによ少て生 する損笥をも無税し、・J・y・パル土フメ並びに凡ての基督教徒に典ふる不面目■芸も慮らざるとこ
ろにして,敢て早戸なる放散異教徒の港に人らんがために、その粒たる長崎をも見来てたるなかき。

その節平戸に行きたるを平戸の甲宗それに因りて収めたる閉攻及び貿易上の利箱をうけたるとの
76 77

孜に,彼は大なる勢力を装ち待たれば・ドン・⋮-メに封して前に行はんとなせし如き諸領土
をも渡辺苦るのみならず,.J・ン・パル-メをして更に他の領土をも失ふの危地に壁き'存分な

る結果を以て和を綻びた曳この時ドン・パルエフメは前に奪はれたる諾願書失ひ.其督教徒た
るその娘は異教徒たる平戸債主の子と挿したJaOこれに由-てか-の如き損番をドン・パル上フメ に加へたるポル11ガル人に、就きては如何に較喫せらるべきかを了即し'如何にバードレ等並に盗

督教徒霊東することの大なるかを見らるべLo然れども芳し'司教来任あらばこれに破門の罰を
科して矯正せら・るべきことゝならん.」

ワ三ヤ三はこの斑袋のためにする・,*ルトガ晶の6本貿易に関しても'摂く貿易そのものを観

寮してゐるo党づ常時の日本人と飽田人との交通関係を許して.「E差は他の基層教徒通商区域よ
ゎ重く詔隔したる諸島なるが故に'彼等日永人も鶴国を見んとてその国を出するを好まず.他国ユ
タの交通もあ,'>難し。唯ポルJ・ガル人の有する通商エスパニ7人の有し得べき通商あるのみ。前者 は支部よ・2;筏者はフイサブビンよクすべし。而してこの両地問には'致王陛下蕗に国王陛下に由

りて(中略)交通を禁止せられ、日本へは.敬老商人以外に赴かず。粒の発く飴を除きては国内に
は通商あらず。而して言語、風俗行残債我等と反封なる故に1日本人は放苑の宗教者商人に留意す

ること少く、これ等の渡来者も'またそれにも劣りて日本人を治らず。彼等は唯安男して蹄杭する のみ。邦々この諸島は他の国より陛隔せられ且つその滑涛荒る1ことあければ、我等を除きて他国
人の交通なく.またヨIpyバの串衝.言語、苦緒を有せざれば、我等よか彼等に語か借ふる国々
の外を放らざるな少。」

と言ってゐる如く、こ1にポルAガル商路利用の方韓が是認される窄常陸があったのである。正 常なる社命現象たる経済行馬を是認Lt宗教上の改発のためにするところがあつたとしても'之ま た正常なる是認さる可き行烏に外ならなS。これ人間の利慾JJSふ弱鼓を利用した方覚であると解
するなら+i{誤れる按ニ1⋮=ふ.1.JJもなく、ワリIlヤ三の故兄の偉大さを知らなSものである。常時の8

. .∵‖_.. .ト・・・・=・..早 . .興味あることであるoされば、日本貿易は.・・∵-. ・∵... .GFカド近くを毎年取少糾す」ほどで あった。 ワワニヤこの鶴舞の如く、日本は銀産関であり'昔時の貿易中稔人品に金の多かつたことは牢内 な碗 象 で . I.. . 「この方融には各穀の紫を容る・・に足る多数の笹だよき払あ少.篭が その鷲に・それに誓-1J如く・その-A-する是ば.が ・・ . に も こ れ 塞 香 し・ て 自 由・ 完 ぺ き か。 差 司教 のら ば ・ 是 悪 敦 の 写 し て こ れ . . ク .。 . く ・ ・ : ∴で . .ポルJ・ガル人がその紫をもって' 「安部より日本へ還ぶ生糸その他の帝品を以て通例放線五十th. く ・ ・ : t纂 ・し ・ て ・ ・ .I. ・.∴..・・・・:・l・:・:.Gh他す。」 マルr1・ポーロ以来、資金国主岩ほれてゐた日本は'その費見後'燦然たる資金に代るに鈍色な る銀産図であることが知られた)ワリニヤ二は「日本には諸地方に銀の望富なる鎖的あ少Oまた日 78 79 東の他の端に金の鋲山の喪見せられたるあ少Oそれにつきて彼等が著し火銀を用払ペルーにて行は るる技術を利用するを知らんには'ペルーにtJ採掘せらる1よカ少なからざる駆寄を牧め得べLQJ と言ってゐるのは.本の通商貿易の状勢を、ワリニヤtLは攻の如く言ってゐる.覧 ・段 ・ 塞 . ・・.∵. 霊等喪に-の-興へ--徒た晶-、その慾雷⋮壷を以 て・歪にそ告(基叢に)罰するの圃雪も-へきもの驚んo それ等の諸侯に誌誓-の悪霊したq・云々。然れども、辞の御技誓得て. ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ J ...:..づるを朕はざらぼ. 国 .慧 . ∴ .富 .現今それ星亨晶等る諸 侯.殊に近隣に支那を有するを以て(中略)凡ての歯貨を以て完済するに至 らん。蓋し'ポルーガル人のその舵にて舶載し行く物以外に望月重なる物資に映くるな少O而して その国土は必ずしも貧窮ならざれぼポルトガル人は適例毎年、支部・Lip日本に運ぶ生糸その他の宿 賃を以て鋲五十寓ドカド近くを政. . ・∴・∵'・・.(. ㍗ .紋等托して芳し尻軽に熱中し'国 土を.・. ・ ・ . ある ・ .・・:I)・∴ 豪族の勢力が翠と-及んで・賃の範緊撰-且つ-苦節放・何れも経済書巻 ふために諸鐙の裏芸紛し-鉄製探警心を向け・園外よ晶入し三朝雲の際に億へ 歪め国庫の芸墨ら托した。ポル-鰐の質量の守に警志して・耶馨との誓 多少 とI も に の. Aあ )る . ・ ・ ・ ・ : ・ I ・ ・ ・ ・ ・ J r J ・ ・ . .:・・・・・=:・:. 諸 侯 -・ 耶 警 金1 の 笑 し・ た の 。.

綿 雪 .: ..手 管 .待す。」 最後に'畏略散骨鋲とワ‖二Lヤことの関係に就5て三日しなければならなS。 常夏丹侍選択上の斑初の不審な事件'即ち天正十五年の秀書の切支丹教師追放令を糾す三の原 因ともなった長崎数奇領の1件は、攻の接な春情があった。 永蔭五年の頃である。肥静大村の領主大村絶息は..た ..亀 蔓 る 標に篭-これ-年-たが-波が高く-ぁ毒家人長 恰 篭 の . I. 雪 .・・・=:...純忠は葡萄牙拾横瀬入港を計るため、按横に赴5て'芳し所が幸を授け'世嗣7男を輿 ふる事があったら'必ず信仰に入るであらうと的したo敦ヶ月すると夫人妊鋲の兆があった。耗息 は喜び、森臣と共に洗組を受け 数名アン.・'義..琶 壷 せしめ苧--慧時代と-冨る--こと重た.平戸は以然として葡萄牙給が入港して、繋鼓 してゐた.・・・・・・'-:..㌦......ぁ る 。 地 ..鷲 ..ち .葡 .る も の .包 囲 ....管 .空 き 壷 警協せ-一-誓-とがぁるOこん-よっ-篭易の 利を昆とし--熱-と-・領内の民--め雷重大毒 筆雷した。-この-四年喚-四--十-が晋'邪 辞琴全盛時代でぁった。 .宿 ...銃砲もまた億へが豊かに朋来たo窮息は'額内校謝滴を開 き、腐萄撃で入籍させて'貿易の利はもとユタ'銭抱火薬を買入れて.天主堂の創設'葡萄牙人のため横瀬滴の開港及び其虚に居住すべき葡萄牙人に封する 諸税の免除等の特桂を葡萄牙帝人に許した。しかし...那 .バルトロメオと云つた。この時生れたのは、但し'女 であったo純忠は全く宜致師の意を迎へ'葡萄牙般入籍を欲してゐた。 永 芸 誓 ..し ..る ..:.I-・.寵追奪隆信の屋迫を受け'領内に於いても近 親問に寧ひがあった少して'危粒な地位にあるときであったo平戸の韓浦氏はこれに引かへ、葡萄 牙給が入港するので、貿易の利ある上.龍近尊氏に封しようと計っ 80 81 たのである... つ て 壷 に 味 方 し た 遠 望 の 兵 士 .篭 壷 る 巽の鷺--し----に-懐くものがあり、一 時内乱と-。この-し-火にょって至----鷲 の 毒 は ・ 永 警 .

の受納を迫ってゐる如く報・こてゐる。 長蹄は表.宗に-長崎警警附の高で-が. ・ ・ ' ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ I ・ I ・ ・ ・ 、 ・ ・ = ・ ・ ・ ・ ・ . I ・ ︰ 〓 ・ .は二年哲季語慧豊用金に窮して-蒜言った-恩義琵琶蒜やその農億の 、 .賢・耶辞令にとっても・ワ-ヤニが、「この長崎措綻甚だ堅甲音o何按ならだ' 駐中逸かに延ぶる高警る岬雷てそは殆んど同国を転流に旬まれ'その陸士と綬くところには提 警壕箸を警防讐る。岬境に我等の数富-・恰も鶴の住民と隔博したる表慧如しO その他の住民軍属と実景ぼ・奇警らざれども翼にて括慧少'要望こに我等の件店 としてその管の計慧らずと管玉慧る三豊す。差今等しも-ざれども表帝政盛 の詮にあ少・墓の凡ゆる地雷基る賢の蔑警荒業誉警墓し芸賢。Lと言 ってゐる如く歪額であったこと望芸道もなS。 大村氏のこの誓誓附品雷への好誓言ふよりも・誓.普教のいよ ∵ . .警側の芸に-と・やは少、大村 雷が龍警隆信還られ-ま1かと云ふ空と著誓-富民の聖に・葡警宴易鞄 ・ い ・ : ' ・ ! ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ : 1 ・ 1 、 ・ ・ ・ ・ ∵ ・ ・ ・ ・ . . ・ .前述の如孟由と同時に、葡萄 芸の入芸姦有して要約に貿至の利害欝且つ・この慧晶用して耶誓に憲の野 菅巴て栗晶持し至芸得の豊が語れる0この貿易の利と耶警への墓との練妙な 関係姓等しも二人村氏に限ることではないが・その聖の表芸誓表号J筈へ、外国の 琶下に治外芸の砲誓寄附したところに開票雪男允のであるU大村氏の警豊崎芸 興し蛋由に就5て--ヤ三竺莞0箕月二十書付の芸に次の如く説明してゐる。 . ..J 支配すること姦碧雲した。慧も碧にこれ墓警たが・で芸要望崎入港の件比中 掌ると強讐るので・竺芸く毒豊警して終った。 天芋五年、誓-ら兵を欝蒜多還し・島琵農の誓起してゐた。島津変はこの 82 83 年貢解語降誓-g震った。この-蒜が外人雪雲たの晶き.之姦放し官讐してしまった。そして. ・ ・ ・ J = ・ : 1 ・ ・ ・ ・ ・ ・ / ・ ・ ・ ・ J ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ .・・・・I・・・・・・・・:・・・J・・・J・・・・・・・=.六月十iqd r是蒜図-虚・苦し莞国土 ゎ一. . . .. . _ .蟹に金銀霊長へた-たので・首姓たち ・・.邪誓震儀太崇旨レ然警」を以って始-五度の耶蜜警姦空允のであるO これが是倒.・.. て. . を資したo誓書社宅が年若的掌ると. . ・ A .

宗教家と5ふよ少は、外交表として縛週新得Lt散骨を有利に導いたo 要するに牧は致魯行政の政治家でもあった。「この偉大な宣教師に封Ltイス.瓦人々が尊敬を掃ひ'また.上蛙の如く日本を訪れること三度'そしてJzz本切支丹宗建設の 大玉者として.長年一方ならぬ恕耗苧苦し、常に清隠し.オーストリヤのカルディナールの如き、衆も著名.そ尊にと豊の維蔓として婁-o芳し予警それを 宏せば誓べき敬の掌ると憲する-。これ姦倉皇警筈-の牧誉保拝し且つ笠 寺基掌ることあらざる・(し。聖の雷としては・かくの如くにしてこの莞馨の有島せ 84 BS んか.柔よく閲を桝するの黛を用ひた。錠の日本に封する琵鼓蛙、日本人の性 情'東風のみならず、物産貿易等に到る迄親疎Lt大局的な見解を以て布教の政党を立て、為政者 に封して性.年々故 に等を寄せtJt彼の忠言をJLSめたほどである0枚の意見は'教皇も大朝に遊ばされてゐたoJ 腔と である。 .蕃数の票-る冨らう。差豪社の望たちから誓さ告葦教徒の信 1 仰安住の地を失ふことになるであらう。 また、やがては樹立しなければならない司教区のためにも安全なこの地を見出すことが出来たく なるであらう」と言ってゐる。 アレクチンァh・ワylHヤニは.不孝にして、日本の寛政者の蕪敦と冒ふ超香の鐸塵に封して町常に 「忍」の1字を以て貫き.霊ふル人畏して入学ること姦めざるが故に・確話に入慕豊に保慧らるべ き農書な曳聖の雷として捻、予は如何-署に於1て-こ妄金-還官爵 す昌て、それに由豊予が妄と茅との確保を-得る-」と言ふ雷であって・・釈品歴 々申し出てゐるので'警例誉れに就1y協警-ころ・買・芸・及び都地方の教師雪 は二'二を陵Sて殆んどこ告受苧る方が有曹あ且つ墓で-主管た。その冨 は'若し長崎碧雲尊氏の有に掌ると・警警てゐる摂後の大薫の災警誓うし・雷 意5ことには.数台を指導し、天童並びにイユズス骨の ため種々の等発を成就した.「豊が常砲に誓、大村の望パル⋮メサに雪空きから・望-分に封してこの轟応 を散骨のために受翌んことを劫に警:・したo彼が冨ふところは衆の如くである。 「蟹には龍誓(冨田の空にして異琵-)この警予(慧)芸雷んこと実に怖 るO蓋し彼がその鎗望たるや張烈豊富少O芳し予にして警この警興へ窪ポル妄ル胎の 予笠玲完る入悪臭ふ-ん.(Llヤ王'フィリ ップ二世や.

彼のために特別 にイユズス軒の熱心な新路をするやうに俵綴された。」(レオン・バゼス) 貸二葦受雄 の 人 々 .イユズス命の設立は、「彼の死を知か拾ふや冬鞄の管区長に宛てた通牒の中で.

禁貰 夢さ嘉へれ--それ-的豊---蛋⋮石去った。その 信仰と熱哲男警警芸円空に-漂壷5てゐる。ー 7   パ ウ ロ ・ ナ パ ル ロ 真○(永警年・ナ・重囲のカラブリヤ地方のライノ-た宣八歳冨イ芸ス 貫q'・7-(天芋二)年印度---負-せられ、是菱の蓋 十六喜八)年である-管-基び・-知-てゐた。ナ⋮蓋芙 った革利のキリシタン教師である。こ1に今年'女に肥前に移って'長崎'有馬に借遺し.また周 防に移少.I/サ安食を捧げにゆき'その節る途中'捕卒のために捕はれたのである。 鮮血遺書にはナパルロが長崎布教長に宛てた手親を載せてゐるが、その捕縛された時の事情が詳ら かである。それによると'降誕祭の前に常少.危険が日に日に身壇に 逼少ながらも、苦心惨憶して'隠れ絡んで布教してゐた。この地方性領主赦倉重政が'幕府から安 められた控ど温和な改質をとってゐたので'女第に近づく最後を自覚しながらも奮掃することが出 釆たのである。 89 然し、終ひにその日が来た。元卸七年十二月二十七日'聖ヨハネの親日'有馬から一塁線懸れた 八鹿農村での聖降評条の.書苦し・如伺-響-ち-して之---こ-yシタン⋮ て農学芸。それ--てイユズス・--許に招かれることであ少壷は この死を以って、BI蒜-ける初期の蕃-の署-にそ--へ.用向の駕管尾長に呼出されて加津佐に行き 用をす .山口を中心として宋信者の改宗に活動してゐた。その後'慶長六年長崎に行き、また豊 後に赴き、十二年間専ら教化に務めてゐた。 慶長十九年の大追放には、豊後を去ったが、l時日向に隠れて屠JE{恰もなく此虎に障った。元 和元年、管官長マテオ・77・コ-ロスの願問とな少、有馬駐在所長とたったo領主橡倉豊後守重政 の好意のもとに'ゾラ以下四人の紳父とともに侍蓬に従事した。昔時'長崎奉行は'キyシタンか らは悪魔の如-嫌捻れてゐた長谷川培六で、酵歴に金力を壷してゐたので.

元卸 八年十月十七日附の書簡疋'失意の旨を長持の管院長ジ言・h・バブチス%・デ・バエザのもと把 91 .此虚竺一日滑姦し衣の中に社屋村に行き心忠が修菜の虜に霞接 してゐたo(桂尾村は八長尾村の誤詩であらう。)此虚から有虜の信者に降誕祭の紋日には必ずその 地に行く旨手紙を法ったところ'有馬の信者から途中が危Sから剖絵の就日まで延して'暫く八長 尾村に隠れ、そちらで降誕祭はして頂きたSP決して外出しない桂にと返事して凍たo LかLt兎 も角有馬に行かうと息ひ.ハル這面浸して、牧の詮を譜かうと点ひ、彼を城中に引見し宅ナパル蒜放 て起草してゐたl通の讃歌篇を領主に星して'白瓜の道理と聖者の金貫または。侍を以て・キリシ i・ タンの敦を群明して信仰を勧め、且イ芸ス食の成立よか公敦の大略との・(・和商人の虚煩を戦静 と寧雫並に聖侍によって反放した。領主はその筈を見て疾くナパルロを尊敬するに至った。 ナパル蒜日本語に長じてゐたので、浮山の著作があった。課金にあ少ながら・聖職の盆5た時 間を. 琴Hiは寧ろ領内で宜教師が捕ほれたことを迷惑に思つたが'仕友なく島隈に護遺されることになっ た 。 90 これに封して領主赦倉寛政は、凡て好意的に取扱ひ、島院の四人、有虜の五人のキサシタンとと もに'アンヂレア・マゴエモンの豪に監禁されたo Lかし、ミサ聖祭を捧げることも許され、キリ シタンを接待Lt且督解を臆し自由を輿へたoこれ.まして海を渡歩'島原の小韓に赴き.ベト77ン三才・スビネサーの書「天主の玉庄たる天主の聖母マリア」の司評に充てたo Lかし.豊後にも及んだ。バチスタ・ゾラも'時折'彼 を訪ねてゐる。BB団と堅W(、恰も散骨の如き有横で・雲晶法もすれば∵、、サも行はれた。そし て領主までが'ナ.彼は既に殉教 の覚悟してゐたのである。スビノラ、カミルTともにイクリヤに生れ・同じイ芸ス合に於いて修 柴したのに'この二人は身を天主に献げてゐるO白空人魂るのは本意なきことである.・盲ナパルロを訪ひ茶る人は、山を洩え韓を渡 って'鳥原'長崎'1向寒の信老のみならず'豊前.これが完成したか香かは'錠の多くの著零とともに不明である8また・獄舎にあって門弟 の讃扱式を司祭管富長の許可のもとに行った。 この頃'慶洞の延期と赦免の時があった。傷主は追放に止めようと努力して上命を伸Sだのであ るO江戸との往復に十ケ月を要した。ナパルではこの時を閲5て寧ろ苦痛を感じR.夜学に八長尾村を出費したが'傾紡がないので'仕方なく、西拒道を歩 いて禿た。丁度一時と息ふ頃、村役人に別遭ひ、すれ違って行過ぎたが'`自分を疑ふ様な容子をし て立止まった。冬の月が毛の株に、玲瑞と明るS夜中である。月の光に隆を定めて戒でゐたが、突 然走って爽て輪へ'庄屋の家に来いと連れて行かれ'朝まで預けられてゐた。この時がたかく汰少.と.

i .. . . 1 . I .・ . . 1 ・ . I . ・ ・ . :]∴. I . __- -一一一一一一 一-1一一一 一. . . I .---:-  - L LL- -   - - - -I-      聖篭-め-にすることにした-書芸. . . . ] ' . ∴ : : ./サ-間哀感 箪月裏目に行-と-れた-の-すると・彼-封して等 I ..迭つてゐる。 家墓師が増加してゆくの-一-と-さす--と命じた¢ I .`▲ -I-I:= _二.・'. . マ与の御名を繰返して鼠命した。他の人たちも登に死んで行ったo 遺賢三日撃の篭され・それから雷された。そし盲の悪賢吹き警され駕 二 ジヨルダノ・デイ・サン・ステフアノ rミ三雲・シシリー盗れ. . . . . ・. . . ・[. : .i. I ./ ・・・. I ... ・ ' ・ J . I 雪 の入口の小岬--誓慧-すると--子聾琶鰻し :・. . 1 ㌦ . . . : ∼ . . : . . . ] : .故警会した0-ルシ芸修道院で惨苦'1六二五(質 永二)年・西要望フィリップ壷が・卵内霊を以て⋮⋮食の富者二十人警イリブ ビンに墓することに竺たので・殉教の慧に警てゐた警・慧牙是き、この霊笠め て従警して言苦是いと当たoジヨ芸ノにご・サル-からセアヤ、呈シコ言ア . I : ・ 1 . ・ ・ . = . : .・[: I:i.. . : . . ・   : I .I . : . ∴ ・ ・ ・ ・ [ ・ .・:. . . で重義が--綻筆内つて・最後の-訓誓輿へた。 聖が到落し・警火がつけられた。彼の修道牒旺間も-誓・布芝が路の警荒く飛ん で行った。やがて哲が焼け・彼の驚倒に警欝た。しかし・はつ貴之た警'T芸ス. ⋮言品-1殉教の蓋-ことを慧去る。 十吾の冨し前---て-赴-管-人の笑義 . . . 巨 _ ... 。 ] ・ . ・ : . .: . .. I .I ・. I . .. i . ・ ∵ ・ ・ ・ . . . ・・・. .・. I .

i...∼.1i.I.:・::・?:.-・=..:114.・・・・・・ ・・・・・・・・ ・・・ )-・・・=・ 左雷は警義手に誉れた-、襟髪登られ・慧畠した小菅眉につ琶れたoこの 虚刑で妊他宗首蔓完に慧られるもの宇七人が続-雪舟ダノ撃1人竺穴つるし」 の顔刺だった。兄を縛られて'穴の中に吊され宅 95 何も雲ず表さに昂孟た-.与ルn(メキシ三等洋岸にあヱ・u肇で誓三田の悪が㌧学芸姦孟るに習た。 フイリア:に剖発壊・長い間・施療警支笑のために讐・文芸や耳字や警ゴ言の印皮 人の言警是語畳んだo長5閲の希芳つ-杢蒜虻・圃-てから七富に管に警ら れた。慧九竺ハ竺十七m(=ハ三二年八月十二且ゼスイブト頭の⋮イラ等とマLtラ晶哉 し・此の呈島のl端に到薄したoそれからロ違呈陸し・こ1で飽の入々と別れて、毒に赴 ∴.・・・: . I:JI・II.I...七品生きゐ雷云ふo 三 カ ル ロ二人 ピ ノラ カルロー・スピノラ.]㌧・・・・・]・.yr・プアの堅旨クツ言-芸クビオ・スピノラの曇で'三歪 .::.雪たが義臣信管貫いた。 .I・・・・-I.・.._・..㍉:.・.. たo差・それ雷慧言った。ジルダノ豊崎・大村附警固撃て億道に務めてゐた。この   L 聞・死に警る警雲に雪た-たが・全写ると再び侭導に従った遥李妄≡ハ三四 年八月習:ソードミ⋮の管真相で若する-、差額門と壷に畠け宗、アサ〆 スチノ・ミカエル・ヂ・サγ・ヨゼフ師鐙等-つて・・永欝去ふ誓で行って諸賢てしま つた。 ジヨルダノと歪街門品の荻の故障篭とは警禁固されたo警に-こと四ケ月七日'こ の間・食物とて旺僅かの米・雲の署・管か笠慧警どで-「ころぴ」嘉誉れる -霊の嘗足で警とか・豊真宗の手桶の水-⋮れた-る墓'大で誉せ固く し窟泉の冨契習れた与る警拷問に.

・..::・・.年、ゼ′了に生れたoノラの司教で'攻小で'橿磯卿になった叔父のLAy・ブイタップの監督の下 に葦育されたo天草三 二五八三年、サル・ヤツト島に於けちドルフ・アクアビバ師の殉教はや がて彼の天命を決定したo彼は1五八四年、ノラに於いてイエズス骨に入少'一五九九(文藤田) 年'ポルトガルに向けて出費したので.i 「ギア-べ--ル」姦み・琵巴憲に翼があったo かくの如く-ノラの到-頃旺--ゐ-も・肥後の外は・迫等蓋だ しくな箆で・菅義の如く-言った-ノラは-の憲で壷雷撃 ながら布教に碇事してゐた。 葦年----れて・-とi--ること覧つたoこの告の曹 96 .I.I.I.iElに到達することを待て、慶長七二山ハ〇二)年、 長崎に上陸した。即ち、イエズズ骨員'五人の司教と六人の哲畢顔畢生なる十一人の仲間として' 次にのべるヂ・アンゼリスとともに秀朝したのであるO 此年壷-7三ル⋮-オ-八人の修-引具して・芸蓋したU その中三菱にポル-A-二人はイクリ-あったoィ-ヤ人のうち三スチ ャン皇イラ-ネ・Bハナチスタ-紘-て---曇る殉警するであ らう東冨蓋の芸とそ-苧る停票に柱・-のイ--琶二十人 の司祭.iJ.堂は-の驚天の御-に・-千の要の星警 られたoこれよ-後・火災が起って額-蛙に-那--林と娃・その危曇 た壷等-し-の中から-忙分ち----有富されたoその .あるが'それはブラジルに渡少'ブラジルから更に印度に.I -I.・.小..渡 るためであったoバイ7・ボルトクコに暫く滞在して、此島から印度に渡る途中'エルセイルの附 紀で'給は英人のために掠奪され.そこに留まること一年、翌年、瀬く印度に行く事が的禿 たo役は聖アントニオの皐林で、荘厳なる第四誓願を立てた。1五九九年三月、彼は長老として他 の十九人の宣教師等とともに乗位した。彼は、ゴア・マラッカ及びマカオに長さ返留しなければな らなかった。鍍臆、マカオで俸造して著し小数晃を畢伊'な捻彼は閲を引くことが巧く、聖母の披 〟 昇天に献げた新天主堂の設計閑を引く程を引受けた。然も'この天真堂は、己むなくつい先頃'焼 けた天主堂に代へられたo終に改姓'東隣の経...・・l・:・・・・・・・=・・・・.・・.ス'LJノラ等は捕虜となって英国に連行された.・..:・・:.[!.I.::'.拝政後'彼は1 五九八年1月'リスボンに繰った。彼は.十六人の修-讐・補佐者と-人の-が-・この人-喜入の未信 97 者に聾警-LSW.

.i31雪警る莞誓 してゐるOそして「亮へら竺誓.苦心惨恰して梯Sてゐたo任ふぺ孟警て-.この甲好意は搾ってゐ.]空相の。望心と.護苧LP T空ょ.ヱーどう汁こしゐたので、蚤も聖粥の酢であった。致宙の財政も'初めは西洋か らの寄附'ポルrLガル磁人や日永の大名'日不八帝人'乾に'長碕軽震の寄附は'重等な章坂であ った。しかし'オランダ'イギリス嘩穀の往々涼親的行畠によって、ボル・Lガル蹄が密書しなかつ た少、切支丹大名の技語につゞく琴府の禁員とともに'財放和讃は益i.加はつて来た.スピノラ姓' 賓に、この難局に漬して錠の.家から象嘉払'雷コンヒサンを 99 き^・ミサ宗ひ表に警ぺ貫も-・只管芸宿し・空っ警みも警表藩の凪の吹 き警す中で・比の盟か竺葡鷲」の要や者が・警と誓警のみ驚・ず.殆んど警た葡 萄の署が落ちて・汗みどろの藁の実が亡く-ことに心蔑むのみである。莞'此の試練の 中に・1品かの食しか得菅とも隣警=人望ンのみにて書るものにあらず」といふ金言 の慧る撃竺自らiuB・寧してゐる恩-一言とゝその義にのべてゐる。か-蓋の・甲にあつて ち-常に・その粍警し宗警諾慧・弼繋筈蒜言に宕蓋し. TL.教学豊苦り二不手芸悶JC(遷主の退行.要式Lt てゐる。■そして終学芸J.鷺等-冨宗の芝-う」-ら言って望O .琴守門琴控を崇藷したのである0 京都の地方では.豊の中に信管話して'豊の情警殉教 の審警著し4io大豊に-まく逸れて・孟よ晶はれる書法等、毒を中心として' 醍れ雷.上下南京、伏見^大坂及び北田の五ヶ所の琴推断に七人の司祭と十人の修士と がゐ.I.祭は告暗む部の財政・iil.aSにしても.芸関空出作を倍ぜら1望∵U鯨へる。 E長十六(〓ハ〓)年には、畢士院を薙て piでノラの貢献は、日本郎荷零江の上に1陣顕を琴すべく、巨本数挙党上にその名. Lj一望等妓ゝこの雫聖揃儀に興暁を準えさせら ri! ェ人にこのこTJt 1.r叫した・EaL'武士や・Jki民の望1かする茸も軸雷あったoスビノラは科革や 数昏'天文に長じてゐたので.i 「毒のジ三フ」姦し.先程の堅忍も滋かっ 98 たD蓋し'通商政策と宗教政党との問を紡接してゐた頃で'教師が訪柑すれば之を厚遇した。諸侯 も上京すれば'紳父按を訪.・じ.U、だ転望試ヒ蓋鼓-/.)を列したであ らうものを・惜しいか孟宗河の雲が普何の芸と-、禁蒜琴芝基にしてし三た。 スビノラ隻欝霞七年・望十七年・芸警官・殊に・長崎竪墓だしく'布教、財 政ともに撃の極に遥したので・この鴛打餅のために毒に鷲 ∴ 津oこれから娃賢忍びの生活 で・教徒のためた警・殉教の人々の跡始1筈遺骨の芸に質した。霊十九年の大迫故には' JLJ.布霊の鴎にあって.相雷に警胃でゐたo宏旗は.LJ.堅試す機械を使って天燈の運行 と賢覧・.

. ・ ・ ・ . ・ ・ た。七月に雪て、大村の賢小竺久原)に警れた。囚讐六人・墓の悪の意違屋の中 に・暑中、十八品込-殆んど管輿へられ祭ったので. ' ∵ 「宗汝等の菜警輿かる鳥・誓地雷慧せしは'我の功続によるに等。」 これよ基年七星大村の芸にゐたが-歪に孟られたものが・姦して誓、芸は満 ︰ ︰ . : ・ . ・ ・ .j・ミ三食のアンゼロ・オルスツシも摘ほれた。(後れ) スビノラは. ・ ' ! ' ・ ラは. I : ・ ・ ・ ・ ・ . J ・ . J ・ J ・ ・ : ・ ・ ・ .常時 その不敵を官費されても仕方な5経大原で、イエズス・キyスJ・のため囚旺れたいと5ふ'無二の 希望を成就する翌なる時を早める鳥と5ふやうに、たゞ. I _ . ・ ・ ・ .I ・ J ・ = ・ . ・ ' ・ ・ ・ ' ・ ・ A ・ . i . J ・ ・ ・ ・ : ∴ ・ .元和gl(〓ハ二八)年の頃は、「狂的な異教徒であク'智者である」寅谷川桂六が、長崎奉行で あ少'放て策を巧払、較挙で以て臨み、俸遥栄を挺ふことや信仰の骨の命令を禁止し.殉教者聖クレメントの言葉を引Sて言ふのであった。 01 ・ . .撃ハと静雄し たが'その度し耗きを悟り、自ら記碑を止めたと言ふo 囚徒は凡て十六人・大村に遥ら〆ることになったoこれには人目を避け・同情を寄せ払い枚に、 警イスバ三′人の雷管せ・藍孟終に等した8しかし・それ藁等あった。市民呈 是に集って管・宛も「霞の姦しの如く言った美好の警に菅と. ・ n I ・ ・ 1 4 品 ・ ・ L / . ・ ・ ・ 1 . .鍵族のもの竺人も慕った。こ の間の芸篭の折の悲惨宣誓・スビノラの藁に・よくあら託てぬる。 鮮血萱の「スビノラ紳父が警ポー還警れし書SJには、 [ : . ・ ・ ・ ・ .義務として.i)ノラは.雷入牢してゐた ものと賢相撃て二子讐・書讃め奉れ」姦ひ・新しく警者は・かうして警下った。 撃の人は・誓竺抱喜-ア・デサム」姦つたo笠にとって警竺霊の要所、仕 ..用心してゐたのである。ス でノラは'頭目だけに、飴り堅く縛られたので'その跡が何時までも按つた粗であるPその翌朝' 囚徒は全部'奉行標六の前に引出されたo修道者連は皆修道腹を煮てゐたo奉行は'自ら訊問し、 凹徒に修道者であることゝ.厳禁と期誠の方針を進めてゐたo大追放後'潜入キリシタン多く'殊に、計釜 的'双紙的になってきたことに気がつき、褒めて日をつけてゐたスピノラ掃静のために、その年の 暮'監ルシ丁の祭日'十二月十三日(陰暦十月二十七日)の虞夜中二転の兵卒によって襲はれて 00 、 掃はれた。このとき. ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ J ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ J ・ ・ : I : .その所属の修鵡者の名を開いたoこの時'ス. ・ ・ ・ = ! .基地や慶長 十九年に観壊された天主堂の跡に行って所少'キサシタンの給蚕や'街聾の狩を一旬所有すること を禁止して'蒼々. 、 ・ .

I .・・-からみれば・いかに基望警あるが、常時のや豊では等 しも・警キワシタ妄姦惨差碧にし・芸では奈つたo勿静・外国人教師にとって抹表 ∴ ・ .I:・ ・・・・.異聞には麻 を入れ.Q少。斯る堅首に道学することは.を胎すならん。貫に此上なき駿等な・eP特に食物の充分放らぬ監獄なれば、 不断大祭真言苧紅得て甚だ愉快.雪之霊除け'あらき風の ∼ _ . ・・・・・・・・=・・ ・・. ・   ∴ I J / ・ ・ 琴旨管の間には・可-誓い蓋の芸もしたの冨るから・芸に入って解かに悲惨が 加旺つたので妊な5o 然し・それにしても. I .. 護みて吉をイユズス食管院長マテウス聖師に寅す。衆等綻天土石塗寵に依少'不日殉敦の垂相を 得て、世に撃BuW{.入牢警封する雲が自ら憎く憎くしげに菅、芸の敢票欝に 103 . ・ .設少. 1 ・ ・ ・ ・ . ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ︰ ・ ・ :   ! ・ 卜 ・ ・ = ・ 1 1 . .sLD慧冨1群蛙皆殉教の時の疾く来れよかしと首を伸て待 つの争なれど、舵の世の事として考ふれぼ、聖に困苦の極たる可LQ卯も鏡等摘縛せられて、初 め・山の上の監守に繋がれし琴は. に・放った。スビノラの長崎に淋rるイユズス魯管院長マテウス師に宛てた書瀞に.:・・:・・・・/- せしめてゐるのであるから.窮特技率八のか-顎柑せられp大村の町を引警品、其後家望麦奥行二丈の監獄の中は、竹を 岩tJ小さく︰托剤を為し'岱かに撃だ容る・Tの用あるのみo外堅壷の土葬にて国ひ. ・ ・ ・ J ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ .炎撃妄がら続くが即-.1=T.I. I 耶慧慧警警比ぶ-葦の-筈んか三諾角、等量世の繁る可LU 柿崎聖の「雲芸道の興慶」竺十毒「長崎-心の蒙追啓」の「牢合の悪と牢合内 の警」に容かであるOこの悲惨豊合の蒜について・柿崎空の弼警引用しょうO(伺莞 〇四頁-六〇五頁) 「芸の墓について&・.汰.聖人勢の兵学八方を帽.寛に得がたき学績放免我深 く天主に謝し轟るC' 長崎、平戸'大村の持合には'常時三品冨泣ぜられてゐた。彼等の多くは春の末から初夏にか けて捕はれたので'5つしか冬に. .北風碍藍円す頃となると'夏衣のま・Tで、真さに苦しむ様 102 ・ ・ ・ . .今また冬の最中に営タ'衣服捻皆長崎に援しおきた るゆゑ・身に一枚の盟衣真㍑ふのみU火も警亡監獄の中に敬へ乍ら。を蓮少、雪の降る日に'其 の吹き込む嘉がん量著して警蒙ば・鬼の雪質きた少.軟質誓芸に撃嘉司は・幕府の禁教覧姦行する任警官' _.撃軌の烏に病を生じ、中頃田ム昌監獄に繋がれし時は'夏の 土用の東和にで.

いざ天主の法に行かんと富へる時・我は悦べと と歌って菩んだ。 スビノラは輔卒に詮捺して'筏をして始かしめ.転写関が挙う'更二品・∼の上.彼荒に屈せず壷丸墨み・宏の信讐同宿のもの姦駿に禦しめた。それは'笠 をして・#誓言ふ島によって惹霊に封警せ完警して・盲蓑あらしめる雷であ ったo 元和八年の秋となったむ 元和四芋月廿盲≡ハ一八年十二月十言)長誓詞荒.→警てから墓四年.アビラ.信仰に人らしめた。この桝屋の探合に暮すこと 104 < 三年、阿徒は十六人から二十人にな-1(後竺至二人になって・夜は横になって渡ることさへ爪来 なかった。この牢令にあって殉教の食後は仲々やって衣ず'たil何れかの死を待つのみであったo 元誓年、望硝「ズ三ガ・フニス事件」皇三のが起き、この二紳父が自放したいため・人物 警芸ため∵十言二十五日、ス.なるのは常然の事であって、それほどの時代にも同じながら、封建の世には特に甚しかったことも 亦自然の勢であそJしかし社数挙賃にも拭岩慰安はあったo牢番のある者がキリシタンで、 静かに''.ぼう/㌔ と僻雷撃餌と太い1。-の壬等. ・ .ペrLB・ヂ.ぎわく把持ら芸大村の 囚徒宅是では碧の宕さへも詮最したと云ふo奉行富川撃ハ墓讐解決して判誓 下さんとして・毅等に芸を突雷たoスビノラ.iJノラ、フランシスコ二アーモラレス.慧の要義みたo鴛. .十-二言'誓言レアの習' 二人の散票自放して殉教の死塞げるに到った。この毒で・平戸にゐた間芸罪人や隻か ら程々の告墨け・讐・lポル妄ル人から墓行の許に・スビノラ警入監警招5て慰 問したをふoかくて・再び大村の零に誉れた聖スビノラはカタル嘉み妄病み腎たo 然し. マス.紅・銃1賢と雪て全祭らないと答へ'殊に 芸人オランダ人に撃ては.I/サ聖祭を醗て自らの魂と伴侶を蹄ましてゐた。 八月七日ti<村会田の牢に移された。彼等はそこで窟苦しみを昧ふ願望を如くやうになった。 璽義「人々我に向ひて.霞の 慧畏すべ-九月葺金管.'・fLRj祭用の聖粒や'葡萄酒や鋭鰯や聖なる献祭用の漁る祭器を入れて・彼等を慰めたの である。スビノラは露i=.I. _   ・   .     ・     ・ ・ ・ ・ ・ : ・ ・ ・ ・ ' ・ ・ . ・ ・ 03 .栗太の円司祭が宇戸に望蔓られた。約品11t・・・琵蒜にあること撃季配荷の冶物.イ三-千-£誓舞の紀雷・死翌学べしとの命 等つ宅吉寮よゎの命に--貢村肥要は・-茜雲碕門をしてr?Lh<豊崎に謹 .

のを加へて、廿五名は焚刑に.布教に熱心のものは殉教の 幸拓を待て'散骨に響き模範を戎すであらう。不信心のものは後世に恥を始すであらう。追奪が今 に止むだらうと思ふのは間違ひだ。迫書こそ今始ネろたぼか少である。殉教の覚悟の汲5もの旺∵ 早-閥に囲った方が5㌔zE本を去らうとしても'逃げようとしても逃げなられない時が禾・Liうと してゐるのだ。1葡萄牙商人は、この言葉を開き'感するところあって'イユズス合に入合したQ.こと主至古約.丘圭耳ふ丘を埋め てゐた。 107 犠牲者の先頭になって進んで禿たスビノラは大野を襲して西班牙人や葡萄牙人に忠告を輿へた。 今後日本に於て妊'公敦を益々嫌ひ'益々迫春は厳しくなるであらう.スビノラは白い駄燭にまたがって・管の党萱に立 った。建敷革誓ノは銘々が首に品をかけられ、野手に麦へられてゐた。四百人の野望し浦上に進ん だ。この日枚等は断食をLt飢ゑながら歩みつLlけ4㌔ひど1鼠がやって来てー彼等は荒家に入れ られ、死に臨む生誕の穀役の︼夜を過したo土曜日となったo殉教者たちは・粗末な最後の食事を したっ浦上から刑喝たる立山に向つた。聖なる行列は時<・「天吾義美し奉る」の聖歌を歌払・ 持碁捧げながら'町鰭まで進んで行ったq宗徒が野らした捗利の震、暗赤色の綴冨金等 ィ芸スとマリヤの御名を剰諭した旗孟夏に誓・宛も凱旋の如く・元卸八年の大殉教の刑場へ J)--・O 元和八年九月吉'廃刊の豊-。スビノラは白芸嘉・イユズス・キ芸去碑名を経宿 した警技へること禦.他の紳父紳弟たちは、是の風習に経って-蘇らし芸服を潜る事を困 って許され・た。撃芸行列は'時︰天草AJ璽KJ挙る」1・m・詩莞歌孟夏がら・刑場へと 進んだ。 刑場は'慶畢毒廿K聖人の殉教せられた所から'育五十歩程隔つた所であるO周岡を竹矢東で 圃み'中に社廿五本を立て'薪を桂から≡尺群小拒て'五尺の深さに溝を掘少、その中に積重ねて あったoこれ披火が急に供え上らない校にして、虚刑の人々を'永く著しませる虞である。刑場に は、長崎奉行の代理助太夫'平戸'大村領主の家老たちが掩え.他は斬首されることになつ潅o命が下か、軽率 06 .洞更獄卒が左右に整列Lt欠奉の 外は弓槍鐙砲で固め'物々しく替衛してゐた。還近から集まった妙LS群衆が. 長崎から三十三人の理数者が到着して、長径の虚刑が行はれることになった。大村の殉教者に、 長崎からの重なる・J6.A/慧貰在る如く牢記が望正絹九と日へる幣LtJ待つのみ・と心静かに所少・ 天主に謝したo 壷の控訴に乗って長輿へ道ばれ'そこから.

I -::.::.耶既は快仔.(。E芸にあること二十年。元寧八年の大殉教の大文物として'IJ 役の生がを雛った。 四 ゼロニモ・デ・アンゼリス アンゼリスは「天授のエロニ土こ'ジワラモ叉妓ゼ=三、ヒエア三モ・ヂ・アンゼリスとも呼ぼ .環点させられたo火難は少しづゝ記の院やTE 院をなめ'言語に絶する苦拓を輿へたL)殉毅藷たち比従稀と臼を天関に向けたま・・じっと身動きも しなかつたoそして病の泣近や牛.けちれ汚。このii=舛琵1、二博聞拭き.・、.Il∵∵ ダニノンゼ・=スiH:J・・T・:ハ‖ハハ・..礼. ねた老窮を如何せんo一打師のうJjll紋の甲(I 1.]蒜1..群撃で少しもくづさ挙がった。攻格蓮怒ったのはオル77ネル'落命し たのは贋夜中と云琴れるU =r1.した。火を消して桟熊の苧 桁を付すために.粍一挙字訳-千把る. /)∵h望.㌧f.・I L.試E=が附 けて舵の外に飛び=l=せる投に∵指lく終ってあったo殉教者は左から右に'箆の方から山手の方へ並 び スビノラは第五右目であったo先づ・ku俗の・Lm・]駄封が.tti.'13に、群に.St・^)芸文.新らしく粥′や表や軍が琵ばれ... ・Lt■   二.:・一∵「、:iT.・鳥のスナには・.去年草十.Ef3: 二光.縦に水がかけられた。しかし舷の'..rP!]:]・'::・ー∵∵.i)ノラは訳実歌「諸人笹少て主を訟め奉れ」を 歌ふと'偽の甜父やlヒムぎゥがこれに申したO芸.. LL:ユ∴∴\い・/.・∵.︰\i・三、卜.∫.i:ヤよい関の綻lLRの㌍度に踏じて'皆刺柔いで、・イユズス・マリ 03 アを境へて範合して行った。このうち日工外人セパステアン大村は、殿を十字に約んだま・1'三時間 身酌きlつせず、死ぬまで..始 めの薪が燃え切ると. I.J・∴、∴∵二二..罠._.Jh.、..たちは鋪カを純の方に::rFいたdJ結串石たちは、銘々の柿に韓吻し、餌につSたo Lかし.i よ - 突刺とたったo撃八時明大が入れられた。ス...雷卜撃だ申す額の・Hで、二摂監詩が散妊れたo 焚刑・はlA.I.i蒜班望八上に妾か.....蒜Hで.に・PJi:がか.ちLL.:I r=T 1.・:れ、十八談のとき、イユズス .p造幣はぴったり景挙こつけた字・硬直してゐた。 スtiJノラは常に殉数の軍門をし∵牢EiEに活はLt親切に人々を導き、試練にょ-耐え、最後まで 柵蹄的掃導紫であった.・rfr('1・TEvJ7・.この塗布は、位を竣すのみ であっ阜'o琴になって.次々に首を斬られて行った。そして. .

英国で捕虜生活をした後、ボル・1ガルに障るに及んで、神父の轟格 を得 こにゐることlLl十飴年。慶長七(〓ハ〇二)牢'追奪が段々加は少つ1あった頃、スビノラととも 再びスビノラとともに印度に涙達せられた。一五七五(天空二)年、マカオに到着した。こ に日本へ釆朝したE'しかし'梁塵にも細らず琴支丹黄金時代であった。ヂ・アンゼタスは、上方伏 見の修道院長となpt家慶の城下駿府に到り、そこに修道院を建てて活動したo間もなく'江戸に E]て、修道院を建てようとしたo然し、その土地を買牧した丁度そのtEP江戸で追啓が始まったの で'再び、駿河に鮮少、慶長十九年の追放の時まで、こ1に留年ろてゐたoこの時は、うまく逃げ て'長崎に産れ忍んだo翌年大坂に糾て大坂夏の陣には. . ・ I . ・ . . ・ ・ ・ ・ . ・ ・ . I 仕事に語手せ少OL 111 .iJノラとともに. . . I : ・ ・ ! ト .tルレス等とともに龍城のキリシタン兵 士のために勧いた。落城放姥の社に遭払'山林に隠れてゐた所を見付けられて輔へられたが'或る 兵士に助けられて殊を逃れたoこれよ・fl散歩未聞の東北に鱒じ. ・ ・ ・ . . . I _ ・ ・ . ・ . ・ ・ . ・ ・ ・ ︰ : ・ . ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。 . . . - I : . _ I . ト 穂J・餌山捉堀の仕事に警させることにLp托遥霊刑の途中笈豊富嘉に. い   t - ・ ・ ・ I ・ : ・ . . ∴ ︰ ∼ ・ ・ I J ・ ・ ・ ・ = ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 1 ・ ・ ・ ・ J ' ・ ! ・ 族の人の醇へ慧可き警ら誓警信仰に管て鷲も要る色奈-が・其の畢是重 _ 1 .西印度で倍道 中'英音別の蒔顔に輔へられ. J ・ .鷲署に芳したるが慧らくして誓聖慧 け ㌧ . L . ・ i ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ = ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ∵ ・ . ・ ・ ・ ・ 、 ・ ・ . ・ . ) .布教の熊石 . ・ ・ . ・ . . ・ ・ . . ∼ .その信仰と才智と熱情と規模とを 以て'彼が'犬侍道者であ少'計巽者であり. . . . A . . 1 . . ∵ .ヨIBツバを出費したが. _ = . ・ . . - : ・ ・ : 110年に死んq<o誓ヨハネと冨ふ)及びその千二人易めとして二義の苧二人'大等1十 1 ・ . . . ・ ・ 1 . . . : . I . . . 三 、 ・ ・ : ・ . .骨に入った。未だ侍士であっ女ころ'ス. .   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ - ・ ・ ・ ・ - I - ・ ・ ' ∴ ・ : ・ ・ J ・ 、 一 . . 1 . .. I . ・ ・ . . . ・ . 五月盲竪し芸江の翌姦-姦て. ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ . . h ・ . ∼ . ・ i 念を誓し慧少・著書に雫るや直に覧善意の朗笑れられ・士の上に臥し嘉島 _ ・ ・ . .探険旗行豪として案北布教の大立物たる所以を襲揮 するのである。 これより党. ・ . 1 ・ ・ ・   : ・ . ・ ・ ・ J ・ ・ J ・ ・ ・ ・ : ・ : ・ ・ ・ ・ ・ ・ : ・ ・ ・ . ・ ( . ・ ・ ・ . - ・ . .東北地方比べFp人見なるデーアンゼタスが伏見にゐた頃の準教師が. ・ ・ ・ ・ .

i:. ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ : I I ......出朗の佐竹義軍津軽の津軽範中守信敏もキリシタンに次第に頗迫を加へて 試た。朗朋'乾田の鰯主佐竹竜宜は命じてキリンタ三一十名を追放したo彼は殉教者を的すのを好 まなかったらしいo常時の潜行博通が段々奏功してゐる二つの挿話があるO lつ妊'乾肉にも佐竹 112 キ言撃た。之等士分の--警争芸-而--るこ嘉讐中 .. ︰ ︰ ・ ・ .寒となく'衣となく、時々うた1ねを鼓すばかゎに侯が. 音量の雪、誉英に欝慧れ毒違えたe 釣等重量しめんとし・普-マの二言の二十分ノ-つ蓋琴1H 富質せ吉良。-毒な-ろ竺の-長崎-られ嘉であった。」 志してゐる。デ・7-ス---キリ--して・その力と蓋や」と その方蓋で寧-め、これ-して出-ことに・なったのである。時は追啓の軍 曹極雷重義--する的-誓飴-=ハ--千)年の蓋 行申の手耗に.ヂ・アンゼリスは陸兵と出羽のキリシタンを監督してゐたo常時の陸奥の七諸侯は伊 達政宗を始めとして..草木もなき野原の 113 みにて侯.. ''..I:.レき程に. ・...I..・.-.それをデウスの御蓋の床と 考へ怖。此地方の人は田舎紫にて穏俵はなきち'温和にて信仰の修柴を受くるには過し居り侯。 億旺箸か皇軍しく候へども. ... I.. . 「こ垂に空っの陰しき-ゆる外-・その路は-てすべ-芸にて品 に例なかるべくと思はれ、見るも恐ろ.託壷きいづくを求めても1片の続も無之際o」 とあるによ・clて穀せられるr' 元卸二重.... = ・ = ・ ・ : ︰ 裕の冨長したので----知らないの-警あった。-イ享キ して汝の。ハンを待ペLLと--子と農--我が警易く・票荷は軽LJと ∴∵..-・・:t・・・:・・・・..依。幾度か稔林の中を通り過ぎ、雲か1る寒をい くつか起えっ1、足下の牢かりしも度々にて. ∼.璽絢嘉の毒であっ-JJ・Vレ"・・ハゼスは・ I ・ : ..時にはころび落ちて谷JHに呑まれはせずやと思止 れし程に御砿綻o雪は科す河・Tlて城壁の如く'近づき得ず、飛超えは億更的来ず比より先T歩も 踏み出し得ざるペしと考へしも度カに僕。族は放て歩行にて'椙もたく'又山の頂には人の住家 とてなければ'食を求めるにも瞳なき事度々に供o 今居り侯魔は危殊多く、追朗の刑る事も多く見渡す院少、住む人とてはたく.

I 115 .・ ・ ・ ・ ・ ・ . . . ∼ .氏の大典に信者があったことであるO整且の西の兎殿として京都から来た小野局と冨ふ愛妾がそれ であるO政文は元からキワシタンに嘩き、受氏の空は叶はぬながら'教師と文通Lt侍女にも信仰 をす1め'その感化を及ぼしたL'この事が義量の蕗にふれて彼女は追放され. : I . .あちらこちらに撃て雪 I . .盲 d d ・ F m T 人孟礎し・よく語から警篭と-その間=T人に洗警施したoこの間'琶笠 にも撃・差江戸に-荏夜して-とって--ノイエ⋮ア皇・ハリ喜々 津軽に遺して聖だ義人たちを慰めてゐた。 元竺(〓ハ1夏頃・瞭雷金山が鷲鼻・多くの要たちが撃たoその中にはキク (7..1<t客が始まった頃が、最も多く敢韓が東北に入込んだ時代で'あるものは転乗に 冷して俸注したことから'按山俸道が抵められh佐臣や数倍絞出にも及んだ. . . . 呉羽全歴の監督を命ぜら九充の姓氏の年であるO故は自ら倖道携行するのみならず、計宴を立て1 丁   . . i . ・ . . . . .・ : . ∴ .鈴は領主の猫占晶であったので'その拭節を頓かせと誉められたE'鍵は豪に泊 った商人が窟いて行ったものだと答へた。二人の商人を棺へると鈴は自分たちのものだが'キリシ タンも仲間だと申立てたので、三人とも斬首された。キサシタンはかうして死ぬことに不服を申立 て'生命を犠牲にしても信仰をぶちまけに行くと言払勿つたと5ふo信仰の民間に及んでゐた資例 である。 東北蟹迫の目練は隷鮫の取入窃宗が主であタ、この訪開娃大した障字をうけなかつたo 元和六年鶴藁でiT. ・ ・ ・ ・ 、 . ・ ・ ・ : : : .ヂ・アンゼブスが. . .充実≡ハ二〇)年に は・萎致へたと号が教-多すぎる。これよ-7-スは買閑琶心人物と七 尋ことに-・慧乾に二年前にこの地--ので・錠の-と-yシタン芸 管し違ってゐた-尊の人々竺-スから或る-翠-もの性輿望誓う けた人々であり蓋は鏡2-の菅の篭村の琵琶ミサ-響-蓋の誓書 配った。言シク-の中二人造倖遺書あったので・彼の仕讐助けRo デ・アンゼリスは・票港に-変宗の風俗につ1y・毒の中-してゐる三見 琶妙義碧落-に竿字慧-・rE・・q・に-大きく.クyが若千交つてゐた。 レオン・・ハゼスによれば坑夫の警-⋮ハ1九)&1-人.後キリシタγの男と 結婚したと言ふoこれよ少義宜がキリシタンを憎む様になったとも冨ふo もう一つの例は'ある若者がキyシタンだと自首して的たので'それを輔へ財産を没放したとこ ろ'鉛が出て秀た. ・ ' .

- .=1たoそして十年舞の豊平み溶炉主水. . .ガルべスが錯倉に逃れたところを揃へ られた。宗光辻「金関の如乱と排も瑞が兵船竺一人の件天辺が現れた旺どには渇かない」と洩怒し て、これ等と共に捕れた五十人と火刑にせよと命じた。 先知九年十月十二百(一六三二年十二月F.Llli即に分けられ'第一純・の兜登 は'デ二′ンゼリスが駄馬に粟せられ'名前と詐欺を記した小族を管に結び'以下六人は徒歩'第 二組は脂.一真言ノ弓:p⋮-・<・・. ・ ・ ・ : - ・ ・ ・ ・ . ・--ての警 官ンゼリス⋮昏-て・--琵--孜の砲諾.江戸に出たo江戸で は'新鮮軍宗光の就任が汲々の迫等のきっかけになった。元和九二六二三)年江戸には. J ・ r - ・ . ・ ・ ∵ ・ ・ .二十年 奔出もi:=隔の抱の使徒として前劫したイユズス宙のヂ・アンゼリス'彼に劣らず苗S倦遺著監フラ ンシスコ'元和元年の迫等空言凡の指を全市切られ︰意に十字架の格印を押された摂主水の三人の 117 大玉彩がゐたo デ・アンゼリスの宿主が甫指へられて拷問に賛るしめられてゐるのを見るに忍びす、ヂ・アンゼ リス自身が自首して.lH.. ・ ・ : ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ .iJ.たかったので、彼が鑓琴して淀めの場 所に行って信でこ留れ3. ・ i ・ J - I ' ' .dl I. ・ : ・ = . ∼ ・ .即して砦 . ・ ・ ・ ・ ・ '   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ∴ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ∴ ・ .71毒砧に乗ったnまた歩きながら'宗徒の音節を放いたEU かくて'アンゼリスは由とうけて帯び'墾角地に渡少だLS汚範を集めて. ・ 西北の城下町久保竺語)に--芸の-円の九段に雪た。この諾既に前途したo そして夏の侍苧こし、欝の-嘉問した。侍--寡嘉常套陰-してきれ ∼ : / .. ト .ロ=)髄鞘のm-致徒は.二のフランシスコ・ガルペスと結歩の十六人、琴二綿は手足の指を切断されて馬に表れた 116 こがれて誓て莞人たち言った。デ・アン貢は・彼警ともにあふこと言.JQ LかLt琴砧が故の任嬰だ訪甲空JUが.i:⋮-塁⋮「p. ・ ・ ' ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ J ・ - - ・ ・ ∴ _ ・ ・ ・ い . ・ ) 銃殺にEiAL.瑞相の等真すに 宣誓撃てゐるO十七芸撃には、賢昌警-し・-毒-してゐるのに反し 被は壁角竺つの畠であるとの放論を目してゐる。 I   ・ ・   ・ ・     ・ 2 ・ ・   J ・ ・ ・ . ・ . 真へ、汝の足長鰭の石にふ誓らしめんと・芸に慧てたいか-・o A I   ' ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ . 1tJ.

・ ・ ・ ・ ・ ・ = : - ・ ・ ・ し ・ ・ ' ︰ ゝ 姿勢をくづさなかつたo I _ . . I . .nJ者と原童政は、下島せしめられ'銘々の 杜に給へられたo聖力竺番目が壁土永、攻が二ア・アンゼタス'攻がガルペスであった。火は振 り娼妓約5て天に上ったoヂ・アンゼリスは町の方を向き'町のために餅蕗を唱へてゐる硬であっ たo女に'頻が風になびSてゐる方を甲き、祭衆に恵愛塗れた訓誠を述べた。 ・ ・ .彼も 二増ののちに現されたのである。教徒は次々に焚刑された。この三人を環してAJSたのは、弟子共 の苦しみを静観させて'恐怖の念を起させるためであった。しかし、蹄父たちは、天主に感謝を捧 げ'悠々たるものであったo四十七人が息を引取ると藍. . : . ・ / - や群衆は・凡て'荘然としてゐた。 五 ジヨワン二六チスタ・ポルロ ・ . い = ・ ・ ・ 1 . ・ ・ ・ ・ . .匪旗を接げて'堂々と位で行った。刑場は芝、現今の田 町九丁目智編寺と富ふo刑場乾は五十本の柱があ少'二人の静父と庶生水とは、馬上のま上に'他 の四十七人を縛少つけたoこ1でl名の葉敦馨が搾放された。すると.群衆の中から1人の男が出 て'自分はフランシスコと云ふ信者である0今日の盛刑に洩れたのが鴎念であるOお前は何故教を 118 棄てたのか、本心に立ち返って'イユズスの輿名のもとにどうして死な15のかと、すゝめたが. .) 彼は逃去ってしまった。「二日を経て狂死せしこそ不思議たれ」と鮮血遺賓にあるが'茸は. : . . ・ . . :   ・ ・ ・ . : - ・ ・ . : : . ・ ・ ・ I ・ ・ ・ ・ ! ・ ・ ︰   ∴ ・ . . ・ ・ . ・ = ' ・ ・ . ・ ・ I . I : ・ ・ ・ ・ ・ ・ J ・ I :   . ・ ・ ・ ・ ・ ' ' ' ・ ' ・ . i 「紋は藍等殉署で笠かつたが-ハ四〇年実刑と誉」と云ってゐるが'雷安警 ' ' ' I ( ・ . I . ㌔ . 1 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ J ! ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ J い 1 ' . ・ . .Sので'締られてゐた際主流と. ・ ∵ . ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ - - ・ ・ J ・ ・ - ・ ・ 1 . ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ . ・ ・ . ・ ・ .牟内で棄致した若干名o彼等は、調号で鐸放されることになって ゐ挺o かくして、囚徒等は、大江戸の荏淀を. .

I . ∴ ・ . ・ ・ ・ . ./テノに諾. .「苧ン⊥′撃は芸で. . ・ ・ .翌差されたので、江戸に下つ ・iUjその筈一月のこ喜あるO要望至芸芸をして・どべ-at(しめて莞したo江 戸に票すること四日の役・賢で家慧-言とに莞たoこの時・ポル昆麹警驚てゐ ∫ : . .望gl(去九九)年であ る。常時.・>=. . .. ・ . 壷いた六塩の大旗が揃ってゐ宅 121 ・ ・ ・ ・ ・   ・   ・ ・ ・ . ・ : 、 ・ .た。1五至芸莞)年頃ノエズス合に人骨 LJ三=(慧三)年、三三撃こて等将司警雪、たo芸爽朝の年代票明である。 ポルロの名の表も亨謹告のは'レオン・・ハゼスの宗門雲は. ・ .碑日管・「警ラン. ) . . _ . ・ 7 ・ ・ ・ : ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ わけであるq .な竺人の未信吾涜警誓る琶普付いてゐ I .畏鼠嗣昌. I : ・ . ・ ・ ・ ・ J . 葦は表巧大坂方の惨敗に終った三雲中経-八により・霊と化し'夜警なった。 冒ら沖の発雷芳宗像の蛋たる・此バビロンは荒したのであるO ポル蒜この釜の豊中に於-三. ・ . 1 ・ . . ・ : .ことを忘却して撃たちなS。 ポルtLtfニ蔓ハ(天雷)年、.&裏芸 I " ・ : ・ _   .空車だ日管い賢差しー毒拓の多くは∵賢昌の僻崇に管、警しい 箸の霞が各地に崇. :   ・ ・ . . + : : ・ ・ .]二警率ゐて・メキ シコに向ふ欝.葉纂息嘉翌し-JJころ. : .   警Ll四喜寿・. ・ . ・ . ・ .三晶」豊漁の沖 合で琵してし芸た。歪雪雲這上に粥琵琶翌に警告C-・ビペ昌等の二 士富してtiB'J・Eに宗を. ・ .笥筒誉藁-こして.・--・・・・ ・・・・・・・1-・・・・・・・・・・ ・・」-・. . .弄門泊の--だC)-て.雷併・嘉管は天壷が宗克て是。ポル蒜小西警孟後 の大矢警野いてゐた。警去て票をうけたちの三警警たと云ふ。 慧十四三ハ〇九)年琴りこと・フイ汐ツピン誓ドン・アドリゴ二ア・どベロ・イ・べ三 120 ・ 二 '   ・ ・ ' ・ コが、歪「警ン-姦」に誉A r警ランシスコ撃・ ・r警ンナgiE. :   . ・ .5. J   /             ・       ・       ・ ・ ・   ・   ・ ・     . _ .・・. ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ! ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ' : ・ .

)は捕はれて'..'ポ 122 ル甲は出雲(城島息晴領)を訪ね'海岸沼ひた因幡の鳥取(飽田長季領) に別'のちまた綾路(池 田息鮭領) に赴き'展理に反抗する人々を詮き伏せて改宗せた。 元卸五年六月'国鳥正則は所謂鹿島城修理の]伸よ少改易とな少. 伯菅には伯菅大山が白雪を欺き'変には天台宗の大山寺が伶房三千を敦へ、繋典を誇ってわた.美作(森息政領)を経て始めて伯菅(亀井故短額)に入った。. - - ・ ・ - 1     1 ◆ - I I E 1 安丹なることを遺憾としたが'結局'蜂須蟹室鍔の陳に法られ、更に臨島正則の保詮に投じた。.'ハゼ スは・葦菅ある相違窒警ともに火刑に慧られたと云ふが'井上墓守の拷問に雪て 菓敬.日本人アントニオ・石田を伴ひ'元卸三年には長門'周防(毛利秀就領)'安寧.A .仙嘉で挿はれるまで八年間東北地方に布教 してゐた。その豪に就Sて・教悪霊十歪・ある村芸災に遭って慧し空も雷.間もなく江戸で莞し雪云ふのが毒らしい。零六品・イ芸ス雷あるこ品十五 年であった。 .)を伴ひて東北地方に緒じ、生捷少の追放の 人々を慰めるため津軽に行き、更に嬢真に渡ったと云ふ。これよ少三年の後、7ダ・. I - -       - - 1 - -     ▼ I I - I l - ・ ▼ ー .轟府の揮歴も次第に加はつて 束たが、ポルBは諸方を巡廻して敬鍵のために速力した。かくの如く'中国十二箇国'四国四倍国 を臆訪すること前後十五年堅且つた. 長崎で穴つるしの虚刑となったoポル丁は島尿の乱後.備後の諸 国を歴訪して'迫暮された朝支丹のため働Sてゐた。元和六年には'播磨(飽田利陸儲)'備前(他 日息増額) の岡山を訪ねた。また. 正則は頗島に居城し、安垂備後二固四十九寓八千石を鰯してゐた。ポルBはこれより厨島AJ板蟻 として.一 この後'革氷七年に江戸に出で'イユズス骨のアダ.

.

伴侶フランシス・バ三・U共に・言才から是に入国した︰カオにて是誓警'航哲雄 126 . しかし.禁教 政党に挑鼓しtJ'元卸三年、従容と殉教した、ナバレテ.・ユルナンドの死の如き'そのティ.禁教改発の静行はその 磨力を埠して行った。これに封して教師側も次第にその潜入を組織的に計塞して、l見無謀の簿も 敢て辞しなかった。彼等の潜入熟を剖戟し煽動するものは'殉教に外ならなかった。禁教の邦塵が その刑罪に苛酷を加へ'潜入の断範を期せば期す旺ど.殉教の覚悟を以て。焚刑'穴つるし、新刊も何のその'彼等には信仰に死する捻 業容であ少'苦悩はこよなき快梁であ少、鮮血は'「妙なる紅の花」であ少'「天上の花の岡」であ った。 徳川暮肝の威令が天下把普く及び、その政令が戒を加へれぼ加旺る旺ど.それには幾多の困禁あっ至とは嘗ふ迄もない。また夢人的の活動こそ暗雷灯なくし てゆく劉感の道であった。l T ]   マ   テ . オ ・ ア   ダ ' d シシ与島のマザラ市に生れた。耶赤倉矢倉・第四誓慧警賢、監長九(1六〇四)年.元和元年の大追放は'多難のうちにも建設途上にあった日本切支丹京にとつては、将に聖なる封 が滑え絶えんとする大事件であ少'危期であった.極刑の殉教は却って次の挿入の決意を田か らしめる原因ともなったo 「言葉の詮港よ抄も血と生命との詮法」が必要であると覚悟して.iJカル な例であるO即ち'元卸三年六月1日(四月二十八日)大村潟の高島で斬首の刑に虚せられ'屍鰹 が港に投ぜられるや'生拷つた教師や信徒たちは'平年も尻軽を捜索し、その血のつ5た就片lつ を大君し・遺骨を本国へ造った。これは国内は勿静Jl(ラにまで感動を及ぼし'あくの殉教候 補者を逸らうと言ふことに到ったのである。 歪警・sa数年の間島合に旬文芸師野望ゆるやか言ったこと、島原の乱が終り'幕府が 鎖国政讐断行する量る慧・外圃給の長崎入津が誓れてゐた鄭・雲も袋たわけである。.終るに朝支丹教師たちは'その時l年も艇たた Sうちに潜入を企て、次々に之を茸行した0日本切支丹宗再建に殿ぜんとする不惜身命の固き信仰 と熱情と更には.

・ ・ ∵ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ .十七年'最短十年の追奪と難行苦行の荊妹の道を歩んで禿た'紳父'珍 士たちであった。それ故、花々しい殉教である筈だつたが'二十三年に亘る勇敢な修道者たる管宙 長フエレイラが'背教することによって'イユズス合として曙く'菅51状を揺さしめたoそして追 啓者たちは喝采して静利を誇った。穴つるしはかくて'拷問第1日五時間日に成功した。翌rz=も管 要の警ことが芸されて、穴から引警れたが・偽の君島仲島く貫く鷲であるので'ま た雪れたo四-にアダミが殉警たo警震ったの覧-に苧慧したo. .二十三年. 奥羽各地で辞歴が行牲れ、丁度蒲生飛揮守領にゐた彼は'追奪に耐えかねて乗数してゆく'改宗し たぼかカの人々の信仰を固めることに努力してゐる。漸くにして枕を置くところはあつたが'食べ るものとて旺教員の間何にもなしでしのがねばならぬときもあった。革就七年には江戸にあわ、他 の整撰者たちも固-結合し.顧問息骨彼として、越後'佐渡'奥羽から赦前に撃退すると十九年に及んだ。革琴光年・. 、 L ・ .ハ ∵ .. ・ ・ . .患互ひに静ましながら'平安に暮してゐた。軍就十(〓ハ三三)年. ・ . ソ テ 二重(天竺)年プレシャに生れたo十八欝して・イ芸ス雷入った。=ハ〇三覧 七)年アルベル-⋮ルチ-牢られて・他の修道著書九人と1持寄重義した。印度 のゴア及びマ芸に於5て笠し=-ハ-十こ年是に慧したo第四誓編の司警し て、島富来の慧望べ-・バク1・すごの胃と-自ら笠鳥の監警告、この 粗方姦め・霊・肥後の各地完驚障した。-元聖年頃・有悪書フラン⋮一・. I . ・ . .倍したりしたが'大坂に発くことが的来た。元加完年の大追放によって天川に行き'殆んど直ちに 引返Ltその年の宋頃'六人の仲間とともに'落人再入国した。再来後は'奥羽に於ける長老アン ゼp. .スe. 掃はれて'監禁され'十月十八日長略で「穴つるし」になったoこの廃刊ではイユズス合の管院長 クリス・L77ル・フエレイラを始め八名が穴の中に宿された。この穴吊しこそ拷問のうちの極刑で 128 129 あ少. . 二   バ テ ス タ ・ . 1 ・ . ・ ・ ・ ・ 勺   . ・ ・ ・ .長時間苦しませて'背教させ塚と計った。この虞刑者の多くはt n本俸道四十二年を最長と Lt二十九年. . . I " ・ = .

・hエビレpTの虎布にも重力した。 元和七二六二こ年になると'罪歴漸くはげしくな少.研くば'御主はそれに報はせられよ。わたしを 火刃にすると刑の定まった亭蛙、多分既に御存じであらう。その刑場へ挙行所の役人を治す榛に と・監ら撃ハへ申誉れたとのこと・-此実が凍れば'芸宗主の歯に雪れる様にな らう遥蝶に御大雷興へさせられる言ス票に千慕警皇宮表警芸急び得る 棟に御所少下されよO その後醗かに畠昆ひ・その附誓訪問してゐたが・碍警げしく'方々塞げ管禁ら信 徒に布教してゐたが、終旨1至五(慧二)年十二月二十二n(陰十亘l十三n)雪アン 長井内膳の象に莞てゐ票署せられ・賃-讐カサ芸芸井一菅井に捕箕た。温々 13 鷺孟たもの・蔦三十芙警につ祭れたが-ヲはロノ警この年捕見た菅笠バセ コと蒜に城の櫓に墓写れた。監薯には・この禁鋼の豊島して「病気の鳥竺方誉ぬ 困苦墨め」バセコ肇も老病に空るに疫笠しかつ袈・未の耽・警笛の雷て伏し'粗 末奈警少量の管か輿へられ監つ宅しか)・不思議にも二度の黒い慧白く菅、1疋 の署が甘く慧れる肴とな三・要義め誓言ふ噂が高く・r諸人奇異の雷管」たと言 ふ・ゾラは彼の捕薄せられたときの事情を獄中に差の如く認めてゐるU 菅笠の稀へられし時・我は霊にて臥し-しに・家宅捜せらる-の噂たかき故'警信徒 に繁れ・小長の円に警れしが・警信徒笈蓋る島へ菅んとしたれど'病要れば苧 .の静島を匪鼓した。常時これ等の諸島には到るところキy・)クγの亡命者が散在してゐて、貫はi.多くの教師が次々把持はれ、信徒たち も塵迫される様にあった。タラはこの間にあって. キワシタンで飾り立てられた有桂であった。慶長十九年の大追放によって'天川に造られたが'l 年にして日本人イルマン・カスバル・党政を従へて哲人し.(ル>はプラに封して'左の如き感謝の手枕を遮ってゐる。 君が来訪せられてどれだけの慰安を得たことか.大村や島原の卒合へ田入して囚徒と外との聯祐 をと少、牧等の告白を近き慰安を輿へてゐた。 昔時大村の牢には大殉教の大正助スでノラが居カ'島原の牢にはナメルBがゐた。タラはこれ等 の人々の鉄を充たすぺく、信徒たちのために働き、BB闇の人たちを訪れては聯絡むと少'且つ彼等 を慰安してわた。ナ.再び高来の地方で活路したo その頃 - 大追放の頑数年は教師に封する監税が割合把持ら小だときであったC'殊に有馬では領 主政倉氏が軍大であったので'他の四人の紳父たちと侍濃に専心することが出来た。ブラは他の教 師たちと1緒にバク■五世の密葬.

上司に報合した。奉行姓雷管と認め、薪は桂の周りに積み寅ねられた0 撃一首・奉行河内冨ら刑場に臨んだo囚雷長崎の待々を引讐れたo住民たちは彼等藍供 のうち昆造ったQJかし・刑諾警こと藁ぜられてゐたが・近隣の人々提警-.獄中fJ望蛋上の儀式啓弄堅≡迄もなく、修道 服を着ること、宗教琴を謹むことは禁ぜられてゐたので'所醇や断食や苦行を行ふことが、せめて もの.{刑場の . I . 一 ・ ・ ・ ・ ・ .浸火写るためだ・と云ふので・その背離さも物盗張盗に封する刑駒と同じにして はならぬと云ひ.・1からんと勧められて、一時間程後に'此所を立つ考へな少し に'突然兵士稀少.我が日韓の所醇を鳥しっ1あるに'共著を閉る畷さへ輿へず'荒々しく捕へ た少。縛られん事を講ひたれど、許されざ少しが、安は、骨て度々捕れの事を惣期しtJP背き感 覚起るならんと思ひを少しに、此時、却て安堵の念生じたるは'天主、我等に数へて'我等の点 す尊は天主のみの菜にて'天主のみ我等の力、且'希望な少と党らしめ給ふ事が、日を見るよ少 ∼ も明らかになれJEh。然して帝に出され'二十五人旺ど名簿に載せられて校合に引かれしが、露父 たちよ、我等につ5て竜も心配せず、却て'天主よか賜はる犀き意を謝Lt且つ我のみならずtj 億の人々も己が幕命を潔く終ふ可き力を絡んことを所か給へ。 富永三二六二六)年六月上旬、長谷川桂六に代って、薪長崎奉行として水野河内守守信が任に 就5た。夜旺跨給を案出して、キリシタン信徒の血脈を筒つ可く軽舟Lt ]人一人静糟を行はせ'⋮ 宗門を改めさせることにしたQ 時の男中は阿部嬰後守息萩であった。錠は江戸からキサシクン囚徒に講首の食物を興へる様命じ た。そこで囚徒たちは果物を涙金捻れた。たゞ. ‖ ・ .蹄への感謝で空ノ宅然し・牢番の中には'多少とも切支丹に封する同瞭者や信仰を持つも のがゐて'彼等を陰に陽に親切に取扱ってくれた。 六月十八日・大村・島院の囚徒を長崎紅蓮ることになJGhr+y孟バ三と二人常鞄に、他姓駄馬 に乗せられて護遺され宅その日・農村に着き'竺旦晩こ主過し. ・ .ヨハネ内膳の家に伴はれた・q。我娃之を好まざれ ど'遠からず'他の所へ移る決心にて'信徒を満足せしむるため異議を唱へざ少しが'柿へられ L昔日は'或る小屋に藻耗するが. =   r .ることも出来ず'紋所旺降廉が少からんとて. +   、 p ・ 1 ・ 1 .廿長崎に到警た。J I 33 早速吟味の上・l昧十三名火刑と云ふことになった。代官末次千歳の従僕'水野河内守の部下の仙 太夫慧ものが・刑場の下準備にか去た。長崎では・こ三年緊急問'雲丹の虚洞は監 つ雲で・刑場芸人之準備孟た。六月吉日・刑場に竿三森の慧要られ、薪が讐れ た。仙太夫嘉が桂から警てあるので・その誓開くと・歪人に相警い刑罰として'長く苦 し量るやう.

炎々たる猛火   l・ の中に、殉致者たちが'平然として、イエズス・マリアの御名を唱へてゐるのが聞えた。十五分た ・<ぬうち曹死んだが、彼等の各々顔色風多重人の如くであったと云ふじ遺骨遣物は放て荻にLt俵 に詰めて海に棄てられた。 ゾラは時に年五十lt宗教生活三十三年の生産を経った。」 三 アンジエてオルスツチ オルスツチの停琶-・バゼスの是-宗門史によれば・「トスカナの芸''ヘル ナルデイーノ・オルスツシと-ベラ・フランシオツチと---の閲覧芝は、 ∴二二こ㍉十字 1.且苦しみを縮めるためである?ゾラは琴この杜'東方山狩払に、今日の殉教者の一番右だっ たo火がl舞に鄭けられた。あた少は煙の渦に巻かれ'物凄品が紅の宅をはいた.薪扶育山鎮まれた。これは'最後を糞し くし. ]五九七隻一)年に司祭になった。警ケルシアの「研芳しで-志し︰1マのミネ ル蔓った。鍍佐・心中に壷的-蓋然異る考-・てゐ-・・ケルシャの智慧講 庭を症絶した。 錠は・是を目ざして・--を慧-警yセyシオ・7-の修道琶芝 た。琶その築けでも-もの姦得-に蓮-と言ってわた。叢. 銘々が殉教すべき桂に払れ伏して鐙挿した。率行もこの不屈な'毅然たる人々に封しては、寧ろ尊 敬の念が生じて答産した。 桂は十三本あつたが'犠牲者は九人とたった。±二人のうち.政界巴人一人'印庶人三名が葵致 して.彼竺族 中の実フ重を窒して・その署急が名に加へた⋮ハ〇二匪芸年'紋はバレンシ .附近の丘と云ふ丘蛙人で埋まった。囚徒たちは宜に碇容としてゐた。奉行に封してl鎧したのち・.虚刑を菟れたのである。殉教者は桂に固く狩られ.

I . . . .忽ちその地方の言葉を夢び'非常な結果を収め I た。やがて改姓. ) ・ ・ ∵ . 7 .・ 天の啓示に力を得て.. .この地方の人々を啓竜する誓を立てたoやがて'天主 彼はアイリツビンに着くや香や、バターン地方の停道に親しく身を入れたo t六二八(元卸〓)年'人々は彼を管区長にしようと考へてゐたo点し、彼は、よく己が種教を 外したoそこで'フライ・ベルナルド・lh・サンタ・カタリナ師が選ばれたoオルスツシ師は事泣 係の費格で宣致垂鼻に政つた。 畢し墓の誓-は・-この国に雪雲と-誓抱かせた。雪彼は'イ工 芸の畢校に琶久しく-ゐたことがあ少・雫ミ-の修管等'雨も髪のフラン ⋮・カ箸壷に課した・警・この要にオルスツチ要が苧四歳の時'この鷲 の藁葺・至芸-慧允め-したの旺・天主-した芝-香かと等空見 た。この葺蕩誓旺・つく-雷雲めて答へたこもう誓-旺あられるが垂嬢 への大き晶宏のためと誓習身のために・--礼-スッ-旺主要の許 一 に管・彼から徒頗誉誓餅のカに去て・馨蔓けたoLとある。 一六一八完和国毒フイ--雷よって・4"lttn食のオルスツチ三ネ・サンド rILn讐曇悪することに雪た。諸惨苦の芸者宅とともに同行七人、イスバ麦 の重ル・ゴンザ-終に菅.健慶を 快復するためにバクJT粧遣られたが 同志の事実に参加出来ず、たil'その使徒的努力を課へるば か少であったo彼は は'彼に優駿を返した。彼は'この地方の方言を研究し'清静的の軽費に東欧することが出光た。 〓ハニー(慶長十七)年彼は'命に服してメキ・bT!に渡・2(彼の展する修道食の天主堂の副修院 長になったo同修道院は. r I . . 、 ・ . 136 .印度からフイyツビンに行く修道舎員達の宿塀になってゐたo彼は'そ こで棄々と冥想にふけ少'また専ら己が現に注意し、雨も異常な清繭的恩某に裏まれ'殊に心の秘 密の知識の鮎でさうであつたと'年報は報じてゐる。 彼は'元の管官に蹄ることが出奔、大勢のイスパI一ヤから来た修道者の1圃環をそこへ導SたC'. + .仕事に耐へず 逸にマlLJフに引返し、そこで二年間病床にあったo錠は. .商人に墓し⋮月十盲(陰暦宕二十亘聖Mlh の管に嘉に着いた。篭の歪は忽ちキヮシタンの知るところと慧とともに'票の知ると ころともなった。十二呈盲(陰吉二十七日)の書中の大業が雷れた。キサシタンたち .ヤからフイリツビンに渡Ja.他の十二人の紳父と協力して、聖Bザリオの管筒を創設した。最初t I 彼は昔時'全く未開拓の新セゴビヤの偉道に従ひ.

スビノラ警火刑に虚せられたごビノラ芸1で璽ハ番、君蒜撃ののち息を引き とつ宅その殉警定の高さ望二沢至ったのが見られた喜ふo葦五十琴 四 カ、.啓ひに潜捕絞れて .紘.監 長十九年の大追放によってマカオへ逃れ、そこで、日本語を畢んで熟蓮したo夏拓併幾の主義を調 べ.宗教的誤謬を反駁せんため集結を渉猟し、併伊の無智を帝察し、後、蹄箆八宗の粗放を論じた 日本語の書物「併法の略次第」を著した。 元和七(1六l〓)年'天川からガスベル・一h・カストBtマノエル・ボルゲス赫父等とともに 139 日東給に便乗して兵士に務して長崎に帯入国した。その年第四誓願倍とな少'肥前の本土山の駐在 所に行き、敦ヶ月ののち唐津にHで、留ること三ケ月'のち平戸に出た。平戸の町には元卸七年の 所謂、「フ甘レス事件」の連累で入牢してゐた人々を慰問Lt彼等の隠れ家に入少.殉教の推億をしてやつた。こ1でその聖務を果してから'四五里群れた近村や生月島中の館ノ 昂を訪れ、「豊かな掃静的の泉質を採集した。」これよJa日本人のキリシタン等三四名と納島に渡少 三日闘将姦し.tl嘉にしてナポ芸イエズス督笑合し・布教のため露に 霊さ変二萱1(慶雪)年・印度竃少-翌年マカオに二六〇五(慧土牛(慧遼 書には慶長八年とある)日本に法来した。鍍蛙豊前小倉及び泉州堺'上方から東北の奥までも湛致 して「鹿の活を他に敬へる」こと九年間.紳父コンスタンツオの禿て ゐることを夫に話したoとそろが'この夫たる人が領主五島氏に許へ粒たので.その昔白を氏 普.茸によ-用心して莞したのであ嘉、著者が聖書するため・方々の住居喜警れ・ 差雷が芸を芳した。その日・聖ルシ丁の晋の蓑中・]l陰の兵卒に慧れ、オルスツチ は、靭慧コスチタケ三笠-武谷)e豪還れてゐ窒ころ義琵た。それ書葺岩 国の人と雷.1宗七年には-大村の警スビノラ始め、八人の司警ともにゐ装・その芳元 卸八年.ヽロ・コスタンツオ ナ雷王国のコセンザに生れた.五島の童島たる宇久島に渡った。 或るキyシタy静人が'異教徒たる自分の夫を改宗させようとして.傍ら熱心に国史と併汝八宗の教義に精通せんとした.

従容として措卒に両手を差的した。然し、この尊5人を見ると'措卒たちは敦で 無理なことはせず.日本の習慣に従って'産を厚くして顔父を掘いたが、彼はそれを超絶した。 かくしてその年の七月十三EEl長崎で火刑になるフーレス・ズI一ガ等が監禁されてゐた愛媛島に連 行されたoその後間もなく'カミBとアサグスチノ・オ歩(太.田)の二人平戸に連行され'長崎奉 行(長谷川捧六)の判決を待つ身となった.彼が語るま1に任せてお5た。L 辞父は'聖書の言責とのべた。 身鰐を殺す者を曜る1勿れ- この警同な詮教瞳から出た光輝ある言葉披表の兵書蕗み透るのであった。この殉教者蛙、己 が身を.彼は特別の重罪人として'1番最後に欧静巴から禿た liO 141 人々に発だたせようとして'非常に長S閉'牢に監禁しておかれた。結局.0聖歌を於けようとしてゐたo .粥は平戸に於いて火東 少と曾蚕されだ。〓ハ二二 (元卸八)年九月十六日のことであるC'「コスタン・hオの庭刑捉'誠に 厳粛なものであった。常時長崎の港には、英書利、和蘭の十三隻の於が碇泊してゐたので、この虚 刑の光景を彼等に見物させることになったoそれ故'大群衆の中には'世界の農から来た多数のヨ -Bブパの異教徒たちが「その組先が棄てたカトサックの信仰の静利」を見んとて集まって居たo 虚刑の場所は、町と戎とを隔ててある入江に臨みー平戸と向ひ合った田平と云ふ'遮るもの1な 5'何歳からでも見られる場所であったo矢来は、海岸から盲歩のところにめぐらされてゐた。n yスタンツオ妊'従容として'死刑執行の奉行に'奥床しく-優し、進み拭て'虚刑者に身を託し た。彼は'箕でゆるく縛られた。 彼は・容碗美しく.ポルトガル語'フランドル語の三倍聖等次々 と群衆に向つて最後の語数をした。役人蓮旺・鮎欠する前・暫し.甚だ丈の高1人であった勺藍簸た舞産で'祭も尊敬の念を放て'師■を見守っ てゐたq彼は・縛られながらも桂の上から日本語.鑑姓・既に・天使たちの中忙あるかの如くに∵蓋 に群議を撃y・聖.しまった。 カミロ紳父は.大泉少に犠牲として・イユズス・キ-左封する信仰の明白な謬櫨として'人目を惹い た。このことは長年'賃は彼が日本で自ら説教して茶たものであったo 警洗え誓願はばちく音を誓・彼の身の周是渦巻いた。しかし、彼琶つと動かすtL か量って朗らかで雷・最後喜・撃芸墓を止め震った。爽Sで彼は誓く燈の中'芸 頻の嘗ハ中で・最後喜・放ての殉教者たちのこの巣ある歌r諸人畢少て主を読めまつれ」を終少 菩歌ひ・そして-五度「聖なるかな」を唱へ.4.

彼の漂白-見え'窯で苧空た・被の遺骸は・苧姦策 され、キリシタン達は、全くどうすることも内苑なかった。 コンス三ツ芸、時星章二璽イユズス雷あること1二妄o管誓書・是倖進に浜 讐られArこの悩める警J墓身長げ・rキクシタ・lJJ雷孟誓した」喜はれ窪どで あったo 五 マルセロ・ブラソシスコ・マスJ・リグ 外交志稿撃lt犀化移住篇に.Fイツ人二名からなってゐた。 マスAyyは〓ハ〇三(慶長八)年九月十四EEt.却ってzE本に況遺され'自らの血を以 って軟骨の名替快復のため殉教せんと希ふ修道者が樺山出たo あ少'〓ハ三五(軍武士l)年 るO YルセB・マス・・リサがその1人で 143 イユズス骨の辞父三十四人に長としてサスボンを出帆したのであ T行はイクリ-人十八名、ポルトガル人十名.ナポリに生れた。父はサン・マルザノ侯欝ドン ・ヒエア]tモ・マストダリ'母はryナ・ベアトリス・カラッチオAP共に名家の出である0洗産 をうけて、マルセローフランシスnといふ二重の名を輿へられた。趣く幼少の境から信仰心厚く、 やがて天主に1生を放げることをiJWむ樺になった。修道著になptそして東洋に行くこと - これ が十二二歳のマストリサの宗数への敵身の希望であった。しかし'彼の父性これに反封だった。翌年 豪出して'ナポリの修旅所へ入ったE'そして、発条なる殉教者聖オイスタジオと印度の使徒聖7ラ . 十三年(慧)苧欧洲邦勿塊入監臥監警テ長崎Ll賛歌誓弘メyIシ]蒜セラル とあ・l{同革命宗教鳶に比、来歴異音・長崎冷茶抄・通航壷を引きI ナ プ 4 十三年(軍空丙子是レny先郊不敬人「マルセイ三上t17モノアサ宗教ヲ案洋諸国lL弘メy ト欲シ呂栄二重り長年長崎L一乗ル事兜レ談セラル とあるE'このマルセイワと云ふのは、マルセロ・フランシスn・マスJ・サリのことであるt' 寛永十 二六三nr)年の殉教で'イユズス食の管官長フエレイラ神父が胎くも菅致したことがtL ヨIpツパに知れ亘ると、数台に1時陰影を投げ輿へたが.彼の修護は'警つくして.

に追払.>は1行の長として'九人の軸父とともにカピタン坂に、他の二十三人はプ.杏 く西誓讐粗帆すること1雪たP しかし・甚警-と嵐-警太が警警て要項・からうじ蓋本島量し た毒菱和-鷺役-チ-の舟-した。⋮-し重量達に は壷の嚢の-監・-⋮に-たo一六三七年-日(慧去年七月 十二日壱とである---三年とし-が-く慧らう。 .. ウルター⋮・コルクニラである。マス1--品・此地に追警れ芸芸人に白 書慧究-人中には・彼の--れて・同行-ものも聖-彼違蓋 らせ・これ蓋措-込み---に見せかけ-普--雪雲.彼の頗ひを許され'御手 許金を下附されて'イエズス倉の修造者四十人を同伴することを許された.]ヲ 菱粟つ芸くて-見目言に-qこ-筈はれた⋮ス食の二去人の鯵 雪の殉教の讐開いた-慧愈-殉教へと慧-娃ゴアから-へ移った。しか し壷彼の意固-琶-も・慧-する者-かつ-は⋮フ聾ざる姦 祭った。紋の同伴雲ちの凡てが-胃し--遇のため殉教しょぅと云ふ笠のもの 監かったらしSo結局・聖人が星雲義行するの冨る。 彼の芸人の企-とし-し雷のがある。フイリツ-督ド1・Wtブイアy.出費は〓ハ三五(寛永 十二)年四月七日'︼行は三十三人に決定したoとの中に比後に殉教する等のアン.Lニオ・カペス がゐる。マスト・・.聖フラノシスコ・ザ べリオの面影を見たo■そして、その琴を聞いたo 144 145 I汝は金治せbP報慮のしるしに十字架に凄吻せよ。 牧は'十字架に既身し、東洋の宋信者の救済に命を既げることを誓ったoザペリオの彰が見えな くなったとき、マルセPは全快の奇蹟の人となった。 マルセロの日本殉敢行は'かくて零時と道命的に結びつけられた9枚は故長に出硬の特許を講ひ 只管殉数行を望んだo西班牙国王フィリップ四世は、彼の奇観を聞かれ.yシスn・ザ41リオが'印度に於ける宜教師たらんとする彼の宗教的情熱の崇拝の人物だった。 変位徒フランシスコ・ザベリオの輿へた霞感こそ'筏年彼の日本に於ける殉教を啓示するもので り 幼 あった。〓ハ三三(軍永十)年十二月'ナポリの栴畿卿の感内で不慮の災.頻死の重傷を負 ったとき.苦悶の中に'マルセルは度々すべリオが現れて彼を励ますのを見た。・そして臨終に近く なったとき、霊感をうけ「マルセロ、マルセこと呼ぶ宅に'日が覚めると.

= J ・ ・ ・ J = ∵ . _ I から引警れ.i ・ ・ い い ・ ・ ・ ・ .・ ・ ヽ \ め. I . .蓬警ともに慧れて衣た され-長崎の印に蓋姦らされた・ 六 アントニオ・ルビノ 147 切支丹教師潜入事件の両も糾穀的計重的だったのは.. ・ ・ ・ ・ : / ・ = - I ・ J ・ - ・ 1 ・ ・ ・ ・ ・ 一 ・ - ・ = - - l ・ ・ ・ I : ・ - - - A . . ! ・ ・ _ . ・ ・ = ・ ・ .・ 禁 .・ [ ・ .母アンナ・ ラーザとの闇に生れた。富裕な家庭に育ったが'君S項から宗教に人らう皇心した。初めは蚊の父 も反封だつたが'熱心に詑伏して許され'イ芸ス食に入ったQ l六〇二(慶長七)年、前述のプ ラ等五十八名の修道者中'三十三人の伊太別人の1人として、サスボンを出費した。印度のゴアに 到着し・こ・tの撃ハウ平の畢林で紳隼を修めること四年oのち'数年間コチンの畢林に於Sて帥拳 146 . ・ .赤違物量せ・雷ら票基い票警-撃つ禁で富農せて・刑場違行さ れたo虚翠)圭雪と見戯蒜す孟・如何蒜慧男を以てしても・雪に反宏に潜 入して警彼等にー役人たちの寧ろ飽き撃て手姦1てゐた嘉が髭る:スト-はこの日 : ・ ・ L ・ .・ ・ : ! ・ .アントltオ・ルビノが主唱.者であカ'指導 者であったo l南に亘る潜入事件であるOそして'この潜入の目的は'特に津野良庵'イユズス食 のフエレイラ静父の菓教に封する名琴快復と'毅の信仰復活遊動であった。 ルビノは1五七八(天空ハ)年サポイの首府チエIpyで、父ジオ.その刑・穴つるし豊嘗 ・ ・ . = : I / ∴ ・ J ・ ・ ・ I ︰ ・ = ・ ・ ・ ・ 1 2 .ハhJL・ルビノ. ・ . ・ ・ ・ ・ ・ ・ ] 江戸に到って、雲丹宗の邪教完ざること蓋くつも豊あった。それ言向の海岸還って- 色々の困警肖しっ品上してゐ宗・クツ(加苧)芸ふ朗で要され・此雲量を讐て 巧み還れて山中造れた遠日・山林の中にゐ裏表火し露が-ゐるところ姦誉れ・一 望によって嘉られた。そして、霊に竺-を以って・長崎品行された。 十月葺農八月十四日)・吟警受けた。これ-音量q・失辞してしま雫歪め・ 空軍境鰻の拷問に遭った。-十月十-陰暦八月竺且. ・ ・ J J ・ ・ ・ ・ ・ 1 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ . .著された。遺賢その上・試し雷に俊捻髪のも. ∫ I .

水責めの拷 問此\轟せられること百五回、拷問に次ぐ拷問であったoLかLJt冗よ少殉教を覚悟の上であったの で、終ひに7人も屈しなかった。奉行も仕方なく'翌年7月廿六日(三月十六日)桑後の水責めの 大拷問を行ひ'翌日.翌年十月二十言'巡察使マノエル二hイアスの漣誓言少・巡察俵に推 されたの旺盛放してその筏を襲ひ'日本渡杭の使命を兵さんと意を放したのである。フイサツ・iJシ 急長ムテイオ・ビテレツチ甜父から'日本浜通を命ぜられ・その年六 を通るのが安全だと思ひ'翌月言オを出褒したが'逆風のため交虻真野の準雷.言チャン・フルタード・デ.を教へてゐたo印度での最後の十年蛙、漁夫蕗岸の駐在所長であった0 =ハ三八蚕就十五)年 月九日.マカオに技つた.カペチエー等四人の修繕者及びこの計露に感鼓して加つ聖二<の俗人であったo 琴一際に就いては後述する。ルビノ等の目的は.149 の役目を辞した。ルビノは入国禁制あるを知らぬかと訊問せらる1や、我々は所の命にこそ従へ'.しかし'間もなく捕はれ'同月二十六臥長崎に連行され投捺されたQ 翌日、奉行の吟味に普少、通諒に選ばれたのが、皮肉にも彼等がその魂の救済に命がけでやつtJ 来た背教者息庵だった。琴入着たちは紋を痛撃Lt帝教を勧普したので、息庵は居た⊥まれや、こ I.穴馬しの刑を宣合した。 彼等娃頭を年分剃られ、年分を赤く免められ、後手に縛られねま1駄馬に乗せられた。そして'J 口に持戒を話込まれて'詑敬や唱歌が出禿たS棟にされた。房からはその非状を記Eした旗をつけ.漂着し・牟歳を 其虎に過さぬばならなかったo l六四二軍氷十八)年春四月・ルビノは>'〓フに準E{自分の計 書を管琶長ブラyシスTT・コyyに打明け'絶督Fy・七. 禁制あ少、死あるは桑知の上でやって禿たo諾々の魂の敦鱗のため'我が身を磯牡にしてやつて凍 たのガと答へた。これよ少七筒月堅且少'「ころぴ」を韻ひられ'1日開きに火貴め. 148 .前に述べた如く、粟教者三レイラ自身を敦ふこ と'そして自ら殉致宕となって日本切支丹宗の名琴を快復することであった。1行は重罪人に襲坐 して'姦沼遠払の給で出零した。基隆に寄港した後'北に向つて航海してゐたが、薩摩の1角で庄 碇Lt港岸に上って小屋を建て'暴風雨を凌5でゐたo軍筑十九年七月十六日(〓ハ四二年八月十 一日)のことである.釈再び言オに渡っ た。この頃'彼と行を共にするアン三オ・カべチエーが'カンボヂヤからPtLヲに着Sた。ルビ ノは翌年春'マl〓フに蹄つて来たoその時、錠は齢既に六十四歳の老躯であった。彼はた三補数的 情熱のためその穿管に疲れ果てた身は忘れてゐたC' ルビノ竺行整一院に分け、そのどちらかでも韓入出琴目的を達する軽量策した。第1際に蛙 ヽ 彼自ら長と牢Eh.nルクエ ヲの鰐鼓を得た。決行は翌年と云ふことに取決め'色々の韓備にか上るため.

マ三フにし ばらく留少.自らも此虚に入った 位である。 ヵベチエーは、後'ローマに和琴を撃んだ。そして、マスplサリの奇曙を知少・彼と相知・cT粕許 す性とたたったQ日本に於いて殉教する光巣、常時ヨーロッパの修道者たちの情熱は-凡てこの光 桑に魅せられてゐた。彼は選ばれて'1六三五(革氷十二)年.■ .搾く日本語を歩んだ。〓ハ四一(革氷十 八)年'マltラに鮮少'敢然とルビノの一行に加瀬ったのである。 鑑の日本渡海の決心は'その決行前五年.Sで1愈々 その志の堅くなるを覚えた。翌年春'支部に向けて出番したが'和蘭人をさけるため.】冨0. ・1LEdモi-.その秩十月十日ゴアに着Sた。彼はフランシスコ・ザベヮオの基藍..I 七 アントニオ・カべチエー ルビノと行を共にしたカべチエーは、〓ハ〇六(慶長十こ年・ナ雷の帝政の豪に生れた。兄 弟二人あ・QlP共に修道者で'飯にイユズス食の司祭とマル-倉の誓買士であったoそして.イ芸ス合に入った。これは母親の感化にきるもので・彼等の母遠心厚く・財産 の年分をイ芸ス雷寄進Lt年分はカルメ蒜の大修道院撃芸費芸て.一六三七(革就十四)年、マニラから本国の兄への手 紙に' 「日本での迫巷は以前よ少も甚し-、此以上にはな少得なSやに見える。三盲人のキリシタン日 本人とその他婦人等を追放に虚し、叉教師が入国しない環に異常の努力をしてゐるので.マス.十月になってマカオに的帆したo LかLt途中で粒が符扱した少したが'漸くにして マカオに到着することがm禿たo彼はこ1の畢赦で紳拳を教授してゐたが、マストyyの殉教を知 151 力.彼も 十八歳のとき.日本渡海の宿願を決行しようと思った0枚は先づカンポヂヤに渡少、マ三フを経て'日本に行 くことにした一かンポヂヤ把滞在すること三年.この間.ipyとともに日本に向ふべ くリスボンを硬し.世間で は入閣は殆んどM釆な5ことゝ考へてゐる。それでもわたしは熱心が足少ないと言ふ科を犯さな .市中を引取した上刑場に芳したo犬崩しの刑に魔せられたルビノ妊・五日目竺ハ十五歳の犠牲の 生涯を終った。遺骸は幼少刻まれた上'雷ふて供覧叩められ・沖にまき散らされた。.

iyyの仲間に加姓らうとし、その後億1度横合はあつたが、種々の.凡て、ころぴ'棄警てし . 放程を髭'苦労をし、こ・・まで武棟に逢って来た事も徒昇にはなるまい。それ等も宗ではなから うE'」(岡上) 自分の罪のために・二度ともその聾を果し得なかったが'今度こそ永年の霊盲進げろときが来 たと報じてゐるOルビノ辱とともに、穴つるしになること九日・儲死な1かつたので斬首された.1ケ月以内には日本の同僚と共に出 的すべ-'今まで永S間際ひ望むで居た1死に逢ひ得るやうにもならば.今までその篤に働き'. 八 ジユセツべ・キャラ アロンゾ・デ・アpヨ 第十三回潜入ルビノ竺際に加盟たoこの義男デ芸人・碇者五人o貰至十年五草二 日≡ハ四三・六二l七)筑前大島呈陸した右は・暴言を剃3{衣額も星人の如くであ ったが・隈ざし蓬払・墨守異風に見えたので・番所に知らせ'靖辞しょう与ると粒で逃げ出し たが・終琵之を輔へて黒田藩に渡され・宴に長崎奉行山崎横八郎の審問を受け'食後には将軍家 発親ら雪訊問し・朝貢奉行井上筑後守の取計らdJJ欝警去て.畳なき御慈悲の榊かげで'永年の希望を到頭達し得る様 に御許し下されたo今は風の都合を待ってゐるのであるが.事情で、或は通 152一・一 常に云はゞ'自分の発の蔦に'二度ともその望みを果し得なかったC'今は尊信する御主が'わし の故知や'不満に隈をつぶって下され.ハデレ・マルセB・フランシ スコ・マス.」 1(柿崎博士'切支丹の日本産入所牧) によっても察せられる。たil再三出費Lようとしても果し得なかったことを決行に発だつて'〓ハ 四1 (軍訳十八)年八月'マ≡フから兄への暇乞の手紙に' 「今これから日本に向ふo今ま?二度出かけようとしたが'最後は.い楼にと心がけてゐる。中略o然し'デウスの御恵みと'象等の師父、サン・フランシスコーサ ビニルの翻守少とは測少たき故、それをたよ少に入国の希望を抱Sてゐる。放程に上つてから今 や三年に近く'その間に常に我が日本の事を考へて凍た。それでも終にあたくしが大切な日本に 入♪'そこで飽き'苦しみ'御者の篤に此身の血を注ぐに至るまでに綻、これから同年数以上或 はそれ以上か・1らう.

Jあった。 伊佐岩には、通航7琴暮年表を引普.・hdアン・バチスq.・・hオバン三・シ芸とも呼富るoヨワン・・n1 1⋮忘れる軍賓白石竃洋露に由掌る。白石も「すべて蓋-yg・著うつし令 154 .主陸ス雷息孟 耐雪やンテ之ヲ捕フ中L-約璽晶鬼ト音7着アサ西々重要ノ人チタ爆撃徒芝ヲ以テ九月之 ヲ江戸二法嘉門奉行井上妻後守晶シ小-ノ山警幽シ官俸ヲ雪彼我警入り慧ヲ改 メ岡本三右衛門Jl稀ス後四十年ヲ寧ア捜ス。」 とある。「シヨrセイフカウニ「約君冨高薙」とある旺・.1霊二(蒜元)年、マヲガ量れ二六10(慶長十)年・アングル言の管宙 に入少二六二妄フイサツ⋮完タ・署の致師姦め・のち管慧ガスバル・デ・アマラル の掌をしてゐたo是莞後・拷問星空言葉警たが叉元に零墨中に死んだo キャラ竺六〇1年'シ、リアに生れたo乗数の第本≡右衛門と云ひ・蓋し・辰野芸門改 雪雲た。これよ-十二年の径・-1⋮ハ八五)年完んだ0年八品歳。小石川無産 に葬られた.シ芸とも.我国ぷ是ヨワ㌧・シ-芸ある。 シ芸は.戎各.h改名シテ岡本三右衛門・L辞ス小日向ノ撃l居り天 託シテ小撃警雷管地鳥.三七ツペ・キャラのことである。 さてアロンゾは. BP筑繭大島二漂着ス之ヲ扱スル'I耶番数ノ徒ナyJ E.r(専壁県信士。. 九   バ   テ ス タ ・ シ ド チ 是票の雲丹教帥によって試みられた努力のう吾・最も感動的宅そして最後の事件は・ バチス子シドチ.

・ ︰ ・ ・ ・ ・ ・ h I .その意 を通じ喜-とした栗らかも知れないo慧遺書には・若里沈着志暮. ・ 、 . . ・ = に聖篭の富豊轟芸ひ・住民に警詮1てゐるか、働いてゐないとき竺習変った。L 滞山の笠のうちに・人々笈の慧と撃に感動して・署冨ると貰警る雷雲た。そ して・始めは聖殿し盲本渡海の黙諾墓てを冥し更々も終芝は心晶かされた。不可詑 と息琵宗警・若すれば・此の警病院基警・そして警院基の努力によって慧さ れ・芙墓する軍票たで妊な宗oこれはシドチの大計護の小手調べであった。人々もやが 157 ..ぺからす・英名姦する馨も・mワンとSひざワ⋮いひ・Wアンと云ふが如し・英苧臥 雲むしるす空と撃てゐる。シ芸自身も薙旬警葡要語にょつて色々に墾田して.鷲に蓋し、賢従ふこと二十二年に及んだo震官フエ 156 ルラリー笈の才智と精細の優れてゐること姦め・その芳年-拘らず彼義経したoLかLt 静猛姦魯の高官とするよ-・他の笠に讐こと富ぜられたq-. . / ・ ・ ・ = 人 ′ 、 ・ ・ ・ = ・ ・ ・ ・ ・ J I ・ 1 に ・ : ・ ・ ・ 1 ・ J ・ J ・ ・ .じ£ん・望ちす と・しどっち、とあるO ジFチは二六六八(寛文八)年・伊太利のシ、リア島の北岸の都市バ三言貴族の家量れ た。鏡の畢書芸の町で給電れ. ・ .警して翼の欝 赴いて・諸々の警征警・殉警ること姦空し給ふた・シ-は監深く是に赴Sて這 薯によって壊波に警歪上に、妻・花々しかつ露骨の要義雪せ-、そして若し'こ の企てに失敗したら・少くとも、イエス・キリス£御名のために.J = .是で死号と云ふ計警樹 て挺o 警クレノン÷壷が7芸オキヤの慧警ウールノン警特琴歪とし妄邪に茨遺し、 教警組警し-こと覧少、シ王墓に同伴する恩雷切願したo警この需品用して 寓具の杜苧曳正行しょうと考へたのである。 一七〇三完竿六)年の始め・許されて司警ともにゼエノア完結Ltポこ7三サー言 亘ハ日下賠したoそこで--ルノン裏芸けて・マテバールの儀式の慧芸ひ、調霞台 露へたのち表警ともに等七Fll十盲・フイ-ビンに向つて出警たoそし完星ば にマ三フに剖着した。 シ芸富木に渡る可き馨に習合等・この町に四年翌まった。しかし'警その召、 青葉孟雷本人の信徒の予雫漂流民たち・芸人管嘉ね・管竃めに'星雲管 だo差宗霞といふ病院・警レメy基警三悪姦て、墓警に力姦しー芸の _ ・ .

年八十四歳。小石川無景院 に葬られた。戎隼人等壁県信毛. さて7ロンゾは'1五九二(真壁R)年、マラガに生れ'1六10(慶長十)年'アングル'・)ヤの管笹 に入少、〓ハ二1年フイサツ.ヨワン・シ7- テと云はれるのは、潮井白石9西洋紀聞に由来する。白石もrすべて共語を閲Y収、聾層うつし潜 .下チはジユアン・+ハチスタ・シFチとも、汐オバンTt・シ+・・チとも呼ばれる.(鮎裏評言7着7品々芸ノ人ナ品警警ルヲ以テ九月之 ヲ江戸二途Ⅶ東門奉行井上其筑後守FI命シ小日向ノ山邸岩内シ官俸ヲ給ス後我籍tl入り姓名ヲ改 メ岡本三右衛門J・L碑ス後四十年ヲ匪テ汲ス。」 とある。「ショーセイフカウニ「約芽富高桑」とあるは'・hdセツペ・キャラのことである.ピンに凍少、背撃の教師を務め、のち管拓長ガスバルニス・7マテル の秘書をしてゐた。日本潜入後'拷問に負けて]且乗数したが叉元に庚少・監禁中に死んだ。 キャラ竺六〇妄'シ、リアに生れたo乗数の後岡本三者衛門と云ひ'結婚し・反対に宗門改 役.最も感動的な、そして最後の事件は、 . 九 バ チ ス タ・シド チ 日本潜入の切支丹敢紬によって試みられた努力のうちで.我国ぷ少にヨワ㌧・シpウテである. シ.まった。 その中Tロング・キャラの二人は伊太利人であった。 外交志稿巷十六'湾流篇及び重し十、婦人移任意には'通航1党、蕃年表を引き、 「長持(革璽]十年発己五月)葡萄牙人八名、筑前大島1一漠涛ス之ヲ扱スルI1耶群数ノ徒ナytL 「シヨ七イフカサヱナル者アサ後邦俗ll化シ改名シテ岡本三石帝門卜辞ス小日向ノ邸lt居y天 寿ヲ以テ終ル」 154 「二十年賢宋音邦人二人葡人八人卜琵一一警テ小艇LJ警雷管地島三陸ス雷息孟 誓言シテ之ヲ措フ中.去った。これよ少四十二年の後'兵書二二(八五)年に死んだ.(チスタ・シドチ.

人々芸の慧と鷲に感動して這者であると貰警る横に雪た. . . J ・ .誓言yト蒜と1ふ畢校姦て・墓筈に力量Lt篭の 者に慧だ9慧病院に日々莞たち覧舞ふか表校に敢へに行くか・そこに居なSときは、荷 に聖箸のため豊島芸ひ・佳良に警詮1芸るか.その意 志じさせ-とし盃からかも知れない。慧遺書には、要望誓志者、望あん・ばぷ享 と・しどっち'とあるo 4. ・ : ・ ・ .・ 、 √ : ・ ・ ・ ( .). ・ I h ・ - ・ ・ : J ・ 1 - - ・ ・ ・ ・ : . ・ .働いてゐな1とき竺習祭った。L 揮山の篭のうちに. ・ . ・ / ・ ・ .J・チ娃・1六六八(寛文八)年・伊太利のシ、リア島の北岸の都市パニ芸貴族の宏に生れ た。紋の覧誌郷の町蒜められ・羅馬に遊重し・革に従ふこと二十二年に及んだo碍讐フエ ″ラマ最の毒と拝所の優れてゐること姦め・そ芸年に晶ら芸姦撃た.しかし、  糾 漂彼義歯の高官とするよ豊・他の仕事に慧こと孟ぜられた。-警して翼の欝  7 赴いて・諾々の誓征施し・殉警ること姦空し給ふたo芸チ品底腎、是に赴いて'迫 書によって壌警棒し霊上に・妻・花々しかった箸の要義誓せよう'そして若し'こ 芸這失敗し雲・歩くとも・イエス・キ-ス£御名のために・是で震うと云ふ計警切 て挺o 望クレノン÷壷が7芸オキヤの慧警ウールノン侯姦雲使とし妄邦に霊し、 蛋姦警し-ことに-. ・ たるをしるす空と撃てゐる。シ芸自身も羅旬警葡警語によって色々に誓して.シドチ芸に同伴する恩雪切撃たo彼竺の需品用して 罵鼻の放行上蓋見行しょうと考へたのであるo l七〇⋮蒜十六)年の管・許され昌警ともにゼエノアで露Ltボンデ三サー芋 亘ハ号賠した。そこで--ルノ長老塞けて・-刀-ルの儀式の翌宗ひ'慧讐 露へたのち・長老とともに警音二十盲・フイサブビンに向つて出警た。そして九星ば にマ三ラに劉着したE' シ芸筈本に渡る可き箸に管合等・この町に翠間止まった︰かし、警その諾、 曹迫警れ雷票の信徒の子警護莞ち・十四人許-慧・管完めに、是誓慧 だD差琵琶といふ病院.賓行すれば・此の枝に露も笠も・そして慧院基の努力に去て慧さ れ・笑差す蒜に雪雲は-aDこれはシ芸の諒慧小手調べ言った。人々もやが 157 .そ して・始め比翌厳しSDl本渡海の琵墓て晶笑した人々も終詮は心を動かされた。不可誠 と畏れた墓も.

・   ・ ・ ・ ・ 1 ・ ・ ・ ・ ・ : ・ ・ ・ ・ ・ ・ 竿 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ - ・ ・ 2 ・ ・ ・ ・ ' ・ ・ ・ ・ ・ ・ 1 158 、 . .1・・・/・1. ・ ・ ・ ・ ・ / ・ - つてしまった。播慧仕方-本讐戻って行ったQ政の日の-島の南にあたる尾野間といふ 材の沖に.陸から三塁菅ある沖合に「唐望楼 ・ /   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ = = : ・ ・ ・ ! ・ : . : I E - . A .是の葛の士が見えた。それ寛刑の賢をケ島であ つ 兜 o 言十日襲-且-乗って、サン・---里の距離に誓った. . ・ 1 . 竺人・被服帯刀悉如日本人・而警篠田'仝不可瞬o とあるO香麿八月廿八日・E波莞保滴の翼悪霊衛・至芸街AW兵衛'清宗門'宇 節. . I .帆の警品が小舟を引きながら. - 159 .大隅 屋久島である・島津家象帝に、 !・・.・・・・=・.て彼の決意の貫の慧姦-なった。しかし重曹-=し-に-の妊芭た。 フイリブピン聾Fミ-ザルバール・ルシエペル是・彼の志-き'その意気に感じ警 し三陸の警賢し・-\ゲル--ァをして雪雲て・シドチ笠の危険警こ ろに・只璃少の停尊者を件ふことを命じた。 一七〇八(琴芸)年八月二十三日'サン 妄言警乗管て・マ=フ-帆した.体助の六人が大隅鴎屋久島湯泊村沖へ漁に莞ところ.I:!・・・・・・1・J・ I-.村のものたちが管み見て' 雲に出て守ってゐた。そのうち芝-暗く雪たので. . I . ・ .雷指してゆくのを. ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ .人々に辞し・天を指し言ったo -神様の憲み写8伊太剰-るときからの竪-やつ孟政へられるの写o 人々旺雷の金管紋に差出し駕シFチはその墓が改宗らと慧だ。 等夙暴れて-妊-笠かつた--暗く慧する如く息邑oシ蓋添 え香菅した-に十-. . / . ・ = = ・ ・ ・ ・ J ・ ・ ・ ・ ・ 1 ・ ・ - ・ ・ ・ ・ ・ ∴ ・ = ・ .・・・・・. ・ ・ :   : .行-宗ら-雪た。明くれ富 者の朝・蔓間から二芽の酉にある荒と云ふ村の富に・昨見えた警慧見え、北風が 讐・帝姦しで行ったが三頃に-と帆警竺苧莞てしまった。 シ⋮詰め是の昌が見え誓書・翌に責了警せてくれと警宅しかし、慧竺 ∴ ・ ・ ・ ・ ′ ・ ・ ・ ・ = ・ ・ : J ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 、 ・ .涙惨然 として莞た。浮山の人々が港に幾つ-産もう表芸に莞す喜撃た蒜監ど く感激し. ・ i _ I . ・.

/サ袋義の入--の膚-二本の-修の毛-ぁった。賠篭れに下 著類と若干の食物を加へたo 芸て・⋮ 蒜間のものが集まってゐる-現琵た-慧芸人の様に、上慧剃 昏 られ要撃要られ・サムサイの服警し-着物-警締め・撃袴急け'両刀 を警ゐたU冷琶そして笑撃へ豊て・凡ての人-れ喜げた。貫に孝警とを lGL .この慧現琵誓とが・-く知れ渡るだらうOそしたら警守少 はいよく蕨しく--う。雷轟く雪たらを慧誓うと思洗る障稀も雪大きく 誉ぼか具し、この企て票成功に警琶まいかo 隻はシ--蓋せ窪-監完o好警前にして・首チは心琶あった。鍍 豊後の手管雷たo三笠芝宛てられた。 悪霊。大磯艇笈に警され.てゆ-ので'大端艇が降ろされ'粟鈷してゐた一人のEl本人1粒拡給の薬剤ーでマ≡フに撃茄した ー が.シドチはこ1 で連れて来た漂涜の日本人を悉く追放した旨記してゐるが、シドチの人格の寛大さを.しかし. ' 中 シドチは本給に願った。しかし、永夫たちにはこの事は二)"nQl石はなかった。彼は心を乱すこと な-'平常通り諦唱した.賠長のところへ障って'この日に是非上陸させてくれと怒崩し た壷はこの圃-に警案苧る鍵頭-う1-た-め-ないか'と答へた。・ シr・・チ性答へたo -菅遅く雪と.誓たち-荷讐雷慧で-。荷物には壷 の七枚の憲の誓ス--質-っの十-と苗の塗管誓書サの儀式に必 軍.誇張した云ひ 方で'湾流日本人がこのときどの接に振舞ったか史料を費見しないo c .数人の水夫を伴って、小舟の人々竺父渉にゆくことに決定した。この日本人が責任をもっ て'宣教紬の受取を漁夫たちに承諾させる約束をしたo凍端艇が小舟に追付いて許が粥来る様にな ったとき、小舟を止らせて話し始めた。倍の西班牙人たちには何を話してゐるのか少しも解らなか ったが'この日本人が非常に恐怖してゐる操子変装つtJゐるのがわかった。小舟の人たちは、彼に もつと近寄る接に合国としてゐたけれども'.彼は拒んで本地に急いで蘇らうと云ひ出した0 - この場所で下位するのは不可絹だoこの国の浩律は厳しく'将軍は非常に韓念な人だ。それ に不幸なことには本給は昨夜から見られてゐるO水を要求すると長崎に行けと自分に答へたC' leo 埠が云ひ終らな5うちに'シFチは自分をての土地に秦内Ltそして置まってやると約束したこ の日本人が'綬畝姦切って、この計蜜を暴Sたことを蛮見した。鮮血速筈によると.

件の男は それと察し.差出したので.琴し少しの記念曽箸.iyニテ現の影も形も見えなS のである。十二'三時間もの間二人端陸は姦しく探し廻ったoLかし彼等は食物もなく・どうし上 ぅもなかった。て言た行くことも不可縄だったo陸に引返せば'最も穫幣な追啓が待ってゐるの 狩。彼に車輪な綜路を観じ・た監なる宣教師の言笑を信じ.熊兵衛は近寄って刀を受取ったo他に人が猫少もゐない ので'刀は榊の木の故に道き'洛岸へ出て見たが、昨日の於綻見えなかった。村へ侍って、安兵術 と云ふ者に怪しいものがゐるから、村人に告げる校に竜らせた。丁度共虞へ平内村の盲暁五攻右街 門、貰右衛門とSふ二人が通掬ったので、二人を連れて橡下へ行って見たo件の異人は額油の方を 指さして、其方へ行きた5校子をしたo疲れてゐる桂子だったので、冨右街門は大袋を、五爽希門 は刀を撃ち'惑兵衛技手を助けて.刀を韓のま-.彼の方で人の軽がしたo撃退ってみると'長野 tれない帝刀の男が手招きして、 何やら言ってゐるが言葉が通じないo淡を乞ふ桂子をしたので'藤兵衛は持合せの器に太を汲んで 163 置くと近づSて呑み'額手招きする。刀を希ってゐるので恐れて近づかないと思ってか.招泊の藍兵衛の豪へ造れてゆき、食物を興へたo畢人望非常に 喜び、その縄に黄金を輿へたが'蔑兵符は固く離して受取ら革かつた。 .漕手たちは経仏に 粒に達することが-E苑た。給長は直ぐブイワッビンに向けて出帆した。十月二十九日に到着したD ヽ∫ 八月廿九日(陽十月±二日)'解約村の百姓蕨兵衛が蹟泊村赦下と富ふ所へ、栄焼きに行き'木を 伐ってゐたところ.人々の足もJJ・UJ真鶴の人々と同じ棟豊!<たちにも還して所警 所b'孝吻した。それからー次発琴円と虎長・八人の水夫に同伴され.肺に折った。する圭甲もなく遠く の方に粒が港流によって運び去られてゐるのを雪見した。あらゆる青草ののち、.大端艇に・警として降カ たo舟岐間もなく時節の中に消え去った。 小鍔の申にやっと上堅呈ことがa:森たご宗至芸てゐたので非常に困難したo長5年月苦学 鰭燈し'渇望してゐ富木の遠-シシサム宣教師は足を地につける芸や抜いてi(鞄に積吻 したo涙がとめどなく流れた。籍の疎に感涙が流れた。 そこから彼は島の奥の方へ進んだo津山の丘を避へたのち・非常に匪々とした谷間に入ったU此 慶喜来たとき'シドチ披同行してくれた胎長に'その壷力を感謝し・そして従者とl籍に引返し てくれる棟窺んだo粋長は別れに臨み、十五・号スの金の地金を故に使ってくれる掠受けてくれと 張いたo彼とともに短5所産を唱へたoそれから彼を待ってゐる端艇に川沿ひに引返した。 太陽が漸く上わ始めた。統長捻心慧・る方なかったo莱拾サン・.一心に.

1 ] ・ ・ ・ ! : ・ ・ ・ 1 ・ ・・ ・ ・ ・ ・ J ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ! J ・ ・ ・ ) . ・ ' = ・ ・ ' がわかつたら・各褒間ののちに答を記す桂に依鎖した。偽'琴か和国人のうちで1人質問の役に出 る慧ぜられたoマ三ダー蒜異邦人に-れる質問の爾諸にか去たoそのうち.撃義人等誓して. ・ ・ ・ / I .風警波暴れて'1 164 -   ^ 葺吹差された⋮腎に警・十1月九日(--盲)長瞭翌といふ所に琶長略 の誓に等られた。翌にあって-言堅炭要撃窓-経の丸警供ん至芸が'」 1援何だらうか。長崎資録大成の記葦が二寸管So 露奉行所に於笠は・別墓-駒歪把等・(永井監守笠-で雪たま門若 雷備中守・柳鷺等等が卸商商館長雲・ハルーマ⋮ダー>・iハ人の卸鷲人'他覧芸人 が呼び寄芸qその中にラテ蒜の崇雪→クアン・・ツー-芸者がゐて遼警充てられた。 訊問竿1月十八景ら管行監た。簡人たち墓雫仕習れた1墓kT<れら礼.仕切には小 差穴が明けられてあJq・笠墓覚られザ・外書琵る蒜が見える仕組に至てゐた。挙 行所の票警村警衛門が入って響. .異人富嘉に移し監禁されたoそして鷺に掌られた。墓で取調べ たが、この異国人が何要るか品の-募上陸し監・n誓保陳、雲霞」のため、解ら a 慕ったので・豊大鼓・新約霊.同書警何岡も望してわか豊ようとした遠雷彼に'何庭から禁か'何歳 であるか等々を聞いたo異邦人望れ等の畢後の質問に、或設ラテン雫、或ひ牢伊太別語で' また西要語で・何回も同量を繰返して答へた0枚は陣に-マに就いて話したo彼は警-礼 と要求し、是等錠の知ってゐる浅らかのこと墓!たo彼-本の宗警n1-パの采警 . I . .貴人が多 くの笑に守られて・ ・刊慧入って爽た。管の高1・非雷やせ蛋白違鍔の男であった。警 芸人の枝に慧られてゐたが・少し乱れてゐたG剃ってゐ-代は雷に伸び慧てゐ宅是 の薄物芸に・義の大き芋字警慧ら金の警→誓ゐた。彼笠に敦警持ち.奉行と囚人との間に簿席した。源右街 門は囚人に・#ルーガ蒜高覧笑D賢がこの言葉がよくわからない警雲で'適詞算振 豊した少.この事が島守に知れ.長崎奉慧井誓守、別笠磨雷 管た。かくて・長崎に慧されることになり・雪空たが・賢のことで. ・ .異邦人に訊問すべき二十五の質問が量墓かれた巻 : . : .腕竺壷 の雷か1へてゐたo役人蒜の讐彼の両腕の肘の少し書詩へてゐ宅 16 漸くLtJ・墓の中央に而して・盲違呈笠ら芸。彼の態度纂何にも蔓し竺た撃で 雪た0枚荒らうじて苧ことが崇た〇時祈・警上空警芸事か最遠で慧してゐ た。宝の中がLSんと雪た。大通詞警衛門が聖雫.

た蒜いてゐ るの告、異邦人に何等の芸畠間をしたかつたo警く疲れた冨らうからと挙行たちは・体 警命じて丁寧に休ませた。彼は朝廷の入口で紐鼻たれて留置警再び連れ誉れたo 彼が警ゆくと奉行所の寄記は・囚人の宰1たもの竺同に見せた。それには竺芸の名前が 読まれた。+・uアン・バLhイスク・シFチ・-マ・カ-ツク・キリス姦宣教師、イ音-・ 166 67 .狂栂い奴と云ふ意味の日本評で、タバカサと附加へたo この間答の間'始終、奉行たち鼓して言も警蓋ってゐた。蒜閏年管.就いて菅、ヨ1-宕印度の轄山の都市還雷筈き示したoLかし・敬慕蘭の名前雲ふ 庶毎に、誓言転旦動かして・(ハハと切ける桂に実昌し・和蘭人豊富ると・卑怯者・感付 き.是にママ萱歪され雷の であることを答へた。 十二月二十五日と三十日'和筒人たちは再び奉行所に呼ばれたo長初の公判では'彼等はたゞ衝 立の後にかくれてゐたので飴少重等な役ではなかった。囚人 - シドチは自分が行きたいと息ふの は江戸である.と申立てたo奉行所では'江戸には彼の云ふことの解る人が誰もゐないo Lかし長 崎では新聞人を呼び寄せることが的凍るから、と反封して取上げなかった。シドチは卸商人と近づ -毎に、身振りや日本語で、凡ゆる痴態の情を規はした9 十二月三十日の判延で 和蘭人ヅーウが選ばれて、シドチに幾つかの質問をすることになった。 しかし'彼はシドチが坐ってゐた蓮の側にある便払苗しの小さな蓮を措定されると'味だと担施し た。他の和蘭人たちも'後等の一人を囚人と同じ場所に坐らせるのは侮辱であると申立てた。奉行 はその場朗は和樹人に輿へられたのではな-、横目の場所として指定された朗であ少 好軍に仕へ る仕事であク、この程日を受けることは偽更、取す'(きことで姓なSと答へた。それに'シドチが 自分よりも上の場所に御薗人を見ると.和蘭人の質問には答へないかも知れないと附加へたo和蘭 人たちは彼等が皆不名容を受けたものと武張ったが'結局襲更されなかった。 その時、宣教師が遜れて来られた。座に藷5たのち'彼は幾度か十字を切った。それから]C関が 始まった。漁獲を驚かせる程に、彼は和蘭人のラテγ語の質問に答へた。 .(レルモ'司祭・・-・・上牧の紙の上に・彼誌を警・墓に亨の直警曲管を引き・衆の 雷認めてあった。イ言-、ローマ・・(レ告・カスチラ・フランス・ポル妄ル、オランダ・ ヵナリー、そして数字︰1・2・⋮・4・JD・6。彼は叉天帝・聖塵の名を響き・倫・色々な漁 を誓、その中に霊の像もあったq奉行たちが凡て調べ撃たとき、和画人にこれに就いて管 たこと毒君oマンスグーレは・この異邦人業主姦徒で.

#よ&前に. -露呈宋で莞ましたo頭品言分で剃-し宅将に入って遠に慧ねばならな いからです。 十IpV・の刀旺日本で持たか・或ひは他で買ったか。 169 -呂雪男誓したo呂采には刀が雷あ-す。それ-本人が琵・この国旨ん言 るからです。 千)・今豊に篭何掌る心算か。品性。 -霊に苧ために江戸に赴くことに努力しよう。崇なければ・奉行の恵にか空疎にし ませうCt 十l一・是には茅上陸したか・或ひは他の人と1緒雲たか。 -嘱-1・た晶豊すD私の放行の仲間芸-⋮・r・IIルノ蒜は. -最初、ヂエノアで二壁の伊太利胎に粟少、そこからアラビアに到着し. lf迩 .1'至別の国籍は付図かo I伊太利のpIマq 二、姓名はC' - ヨワンバクテイスタ・シドチ。. 三、年齢は0 - 四十歳. 四'役目、資格はQ I司祭、法Hi頗三等官です。 五、お前の故国の両親や親戚は。 -父は死にましたo母'殊'弟は存命してゐます.弟は私と何様司祭です。 六、印度には何JJ1式ふ飴で苑たか。何虞で乗賠したか。その於には何人乗つたか.またフランス胎に 粟-Thました。最後にアルメニアの粒で印度から呂采に釆ましたo 七'薩摩に妓何と云ふ絵で束たかo何塵で下賠したか。 _マIIlhの撃誓した。下管たのは・薩警はあ-せん'屋久島です。 八、何故この国に凝たか。 -終軍に詞し・聾示教を話して誓誓せるために。 九・その是の墓誌雪と1のへたか。何蔑-本人の慧剃ったか.

堂の中央昌徒の芸の刀と種々の豪上の 雷が入れて写小-箱が持警れた。慧その名誉使用誓零したq彼は雷聖霊や偽 の憲に慣れない校に闘った。孝行は彼が実蒜手芸ふこ嘉出警壕汽彼の警登る夜に 命じたが、故はそれには及ばな.長崎で鼓判することを何故妓ふか。 -これは前把申し上げました。 この訊問の翌日、蒙の警が行農たo4・慶は.莞してゐ享oLかLt翁に品係ない。私は酉要人で-見ぼ表萄牙人 でもない。伊太利人であるから。 シ芸は'差禁鍋の場所に再び莞誉れた。そして・暮雲到挙る雫こ1芸の年嘉 らすのである。 この若は、要望教師潜入の苧:面-して叢の質と至たベドB・マルクス等凡 て十人が雷に上陸し墓件 葦-から六十翠日・莞七年七月・大富宴徒捕警備 .日本の言糞を1生懸命財弘しましたo 十五、日本へ上陸したとき四人の日本人に合った筈だo彼等に幾らか金を輿へなかつたか。 -飲食物や'又江戸へ赴くため措空隙得るために・彼等に常山の金を差出しましたDLか ・し'日本人は金を一寸も受取らうとしませんでしたo 170 17エ 十六、彼等に宗教に就いて話さなかったか。 -話しました。確かに話しまし4io私は常に話さうと思ってゐます。そのためにこそ日本へ やって森たのです。 十七.い・去った。 敬慕禦ヅ-ウに錠がローマ芸1て委ねられた・クシメン品管の署-芽警誓 せたo奉行は、シドチに.真部へ赴くためフイリツビンから出要したからです。 十三'括員たちは薩摩の牽芹墓いて、沖にゐた漁夫霞び・差違撃破等を追託け琴か つたか。 -苔'追払かけません。たゞ水を求めただけです。 十E'お前は日本に来ることを長5聞考へてゐたかoまた証がこの徒事を命じたか。 -青年時代から研究してゐました。私が故国で準見した日本の古い雷物を縛み、法王陛下が 私を日本紅涙適された時まで.嘗本に莞する基師には・布教が若孟てゐることを知ってゐる かと蔓ねたo ∼よく.

信道にても.切支丹嘉への恐怖'剰俄を失ひ'皐の訊問振りは.宗門奉行境田備中守から「異人へ相等可申専科書付」とr異人相答俵撃の層間男答振少を旗 をいとはす記してをかう。 Tt甫斗はー日本を何程はなれて兄へ中佐竜。 - 日本より四拾皮程南へ重傷はil兄へ可申俵E' 「北斗は日東を何千里はなれて'鼻へ申俵蔵。 l日本より四拾慶甫へ参侯はゞ.甘苦Ja掃而'甫哲人と申候哉o真 読郵知覧侯q豊.マなどにも人参有之俵裁.甫壁国の方角は・是よJEh西北の方にあた-侯。尤'新藷'嘉'革 藍と申様成評にも・少は似申侯∪併l圃宛・国主御座候て'勿給詞も違ひ申候。 1・朝支空が門不弘以前は'俸法にても.日本え宗門勧之ために'寓勉使者も有之侯哉云々」の尋問の如きは'往年の宗門改役 ならばなさな5虚聞であらう。又地理上の知鼓は申すに及ぼす'甫蟹と切支丹との関係にせPL{そ れを琶別すべき知改姓殆んどなかつたと見ほれるO常時の大通詞今村漁右衛門の日記に'十二月六 日.兄へ申間数と革存侯。 1・完豊国は占壁国の内にて候裁。尤甫撃国の都よ少・方角はいづれの方へ菅侯我。賓 ・ば朝鮮国と申惣名にて・新森・百済二向匿と申錬成辞にて倶費。 -甫壁国の内にて御座候。但奥南警晶の内にて御慮侯由-申侍侯。甫慧警は、いづ れ蓋可申哉o国々多御座偉得ぽ・名票たく琵併U方南警申国々は'阿蘭陀国書南方 にあた少申侯故・甫まと申侍侯哉o但叉・日本上品に掌り侯外国之内'唆噌呪文は呂采など に、ホルトガル圃・スハンヤ閥のもの・多く住居仕侯故.有之たる事に俵竜。 1切支丹不始以前・併汝の錬成宗旨にて御座候由に痕空ハ、只今の倍道にても、併遊覧も 無御座候。 1.「又桶等俵は'其方よ 172 173 少以前にも. .より四十年日ではあつたが'国内の部支乃披殆んど靭鼓されてゐた頃であったので'奉行を始め、 宗門奉行すら禁教そのもの1知識.たt・之れ職 を襲ってゐたのみを暴露してゐる。これは寧ろシrチにとつても'我が国にとっても車であった。 蓋し'それは時勢の広らしめた所以でもあらうか。 この乱闘によ少彼は'カーダックで'日本へ教を弘めるため、B17から改造された禁制の切支 丹伴天連なることが感ぜられ挙かつたのか、或は東知してゐたのかも不明であるOあれ程紳控過敏 であった「伴天連」なる青葉は1つも俵ほれず、「異国人」と稀されてゐる.人蓉蛙南蛮イクリヤ国などにでも・朝鮮人参を用俊哉。但.

遠方アフリカと申侯飴多大闘御座侯.智某も有少、 鰻儀等正琴陶の塞暖も'加涜娼御庄侠孜申侯由o 7.渡拓の内、天竺之地之内を何千里程乗侯蔵。唐鞄之内をも'如何様紅の芝EZ本へ渡軽侯故o 克て日本へ参少侯時分は、唐と天竺は'先に普Ja侯蔵。右方にも大国有之侯哉。何と申開大国 にて侯哉。甫壁は'日本よ少北西の問に苦り偉哉。 - 外国よ少日本へ渡淀の内 之方へも.上図とは申候哉o - 日本程の島国多御座候。日本を上陸と申侯は'暖国'熱闘の黒人杯と旺蓬.拝枚も 蓬可申と存侯。 1砂糖、木犀其方々の外囲'叉は唆喝杷国などよJa的申俵。油の類にて拝申僕由の詮御庄僕 得共、虚説と奉布佐。尤拝捺同事と奉存俵o其故は'蛭噌昭国英外何陶にても常人枠中侯由D l.蒼海荒海にて、大魚欝、其外異形の物も有之侯哉0 - 蒼港'荒港にて鯨頗成大魚'叉は蕗犬人魚セBビなど申慌て、ヲツJ・セヒの夜成敦の形の 物も御庄俵。 シドチの携帯してゐた品々は'数多く殆んど布教祭把の周度品であるが.奉行所の記録'専府へ の報告は「異図人致所持侯大袋之内諸色之党」として見取図を富貴「異閑人に相等俵虚.ヤ国よ少唐迄、凡∩下闘︺ 174 175 1.常々病気の時分'滴萱人も人畜川ひ俵凍。 - 人参はイクリヤ国の方角には'曾て顛御庄侯。尤用申儀も無碍庭侯0 1、伽悪性'南蟹の円さa出鏡餅も有之候哉。尤甫密にても'伽漣を用申俵範。 - 伽定の琴 右同断にて御座候C' l'本唐と天竺と'甫壁よJq飽続にて侯裁。 - 本唐'天竺'甫壁其外飴多の地欝'大国御座俵。 てイクリヤ国よ少昏迄.何寓里有之僚哉C' - イタ・・.何々」と .日本程の島国も多鋲哉。何とて日本を.日本よカ甫壁国は、北西之方に首少申鮫。 ]'イクリヤ囲8本への途程の円'何と申朗最中にて俊哉。 天竺.唐土の内、口□□尤天竺唐は左に兄へ侯て、参申俵。右 - イクサヤ闘よカ日本の地道の内にて、カアポがネスフランスと申あた少'大殿尿中にて御 症候。併少しイ雷ヤ9方に近御座候。 二秒陰性国々よ・G的し偉哉。油の斉にて拓侯由申侯o左疎にて俵叢。勿論其所々かて.

井上筑後 守が認めてあった切支丹雷類によって、天主教の大意を研究してゐた。しかし互ひ忙開場の望量 の不自由であった。白石は'1倍五方の言葉比皆同じで娃なSoたとへば今長崎の人に陸奥の方言 を閲せたら僻らな5ことが多Sだらう。さすがに我図円のことであるから、あのことはこの意味だ らうと推量るに常らずと錐も遠からずであるO今寓団の問を見るとイクリヤ、阿蘭陀は同じ蘇薙巴 の鞄にあ少.雷が附してあ少、殊に「ゑぞき与てと芸円蓋尊」とか「望慧」-・その知慧曙さ を葺するものであるOE*身男の宗教的情熱はさること禁ら・その望品が殆んど信仰・布教 の望息にあること'その所管琵よっても祭せられる。 その中要事の嘉十品、双警甜・雷盃竺典男不霊所持見申侯」と雪の告、 その内容量つて品等記してゐないし・何の書で-かも解ら震ったらしい。その中二琵洋 紀関には「ヒイ言yAIル1J及び「キシ言アリ⋮」と記し・我国の事毒したもので・後 雷それ最の語に警したもの冨ると記してゐる。要は、和名「サン-の御作尭」天芋 九年、加津佐のコレジヨ把て印行されたものである。 176 長崎の同園にあること1歳。翌慧六年九月廿書き萱と雪た.その官秦が通ずる棟になったのであるG'第1回吟味は十一月廿二EZZ(陽 暦十二月廿二n)白石自ら之に常少、今村顔右街門その部下二名が遠謀として勿麦丹奉行桂田億や 守 柳樺八郎右荷門立食ひで行はれたo鮮血遺書紅は孝行按円備中守'柳再八郎右衛門が取調べ役 で、新井白石が適評した棟に見えるがこれは誤少である。西洋紀聞には「其願事は'南面にて放線 あ少'綾をさること三尺ばか少にして'積をまうく'奉行の人々'静近く坐し'某は座の上。少し く奥に坐した少。大通事は坂投の上'西に放き'持古通詞人は'萩給の上東に扱く」とあり。その 堂々たる審問ぶりが見えるOまたシFチの態度も鎗容そなは少'風葬も「畢たけ轟き等'六尺とは .相去ることの近蛍は長崎陸奥の相去るの撞きが如くではないt'だから'阿蘭陀の冨藁 77 で彼地方の言葉を推量れば、其七八には適するだらう'と云つてゐるなど面白いo偉人偉人を知る か、白石. I たo菅笠石川票差数量置かれ、これよ豊里豊美の裏表︼十聖人扶誓誉 れてゐた。 かくてこの月二十二日から新井白石の塵史的吟味となるのであるO白石はこれよゎ轟.蘭通雫村警衛門警語二人・讐二十六人・±月警江戸に着い た。彼は唐丸龍晶込められ、外量ることは勿撃寸も外へ警れす・約三量の誓書曲げ て苦されて要されたUこれ芸にとって雷管痛言つたo警には・歩む力臭ってしまっ t J 1 .シドチともに.槍等地孟嘉門・太 地警衛門'下芸人.

聖朋の良心に於5てどう恩ふかE'」 宣教師はしばらく獣しっ1.特に彼が人を惹きつける特役は落付いてゐること'また 桟倣なことであるOそのしとやかさ腔聖者の如くであると許してゐる.・iつて'白石はシドチの優れた人物 なること'その瑞所の偉大さ'散華の深さを知った。人格について展賓であ少'展面目であJEat質 桑であJqP犠牲の清紬に富んでゐること.それは我々の監なる宗教のためであわ、国 .その教義轟くを申述べたo 17番 (鮮血追啓些1g且としてゐるが'質際は1月三日であ少、新年の初の日、必ずしも元旦と解した くてもよからんか)その説は.頭かぶらにして、髭黒く'隈ふかく鼻高く」堂々 たるものであった。 マγスダーレも鮭を許して「件の外人は鍔色蒼白'鼻高く'長S髭を日本風に無耗作につかねた ばねて」ゐたと記してゐる。 審問はたゞ. この三日に亘る審問は、稀代の碩拳.るかに過ぬべし、普通の人は、其方にも及ぼす.本国にあ少ては'新年の初の日として.入着相賃する事に侯に'初めて我 旅の事をも閲省されん事をゑり侯は'其毒これに視ず俵」と言ひ.け悲しさうな桂子をしてゐた。経ひに彼は答へた。1 盲本俸道の命令を受けてよJa以来'自分の仕事皇R成しようとする考へに重く身を委ねてしまっ たoその上'我老いたる母と見とに別れるとき'役等自身かくもよき企てのため私が粥費するのを 喜んで見造ってくれ'そして車臨怠学乞配ってくれた.西洋諸国の地理歴史をきいたのみであった。 第二回は廿五日'窺二二回は十二月四日(1七一〇年一月三日) この日始めて宗教の事に及んだ。 その内束'Sかなる淡を我国に弘めんと思って来たかと問はれるや、シドチ紘恰びに堪えずして' 「某'六年がさきにこ1に使たる可き撃で森Jaて、馬具の風浪をしのぎ釆少て'つ払忙関都に至れ り、しかるに今日しも.地名、 人名の焚書が造ってゐたのみであったと冒ふ。この質問廠答に.礎五位下筑後守とLt幕政の梶横に象興してゐた昔年五十 三歳の俊英新井白石と、お菜の異境に畢身生命を堵して布教に使した映倫シドチとが'互ひに桐隈 よくその偉大さを見拭き.質疑膳答浮身の皐飴を傾注して'滑河戯互払にしのぎをけずJR'肝謄相 原したのであるO 179 l庭ならす白石はこの囚人とその国や家族や経歴について語った。ある日白石は囚人に云つた。 「己れの利益を考へす、公けの車のため寓鼻の族をなすは弟者の勇者たる所以である。しかし登別 は老母や最早若く旺ない兄弟があると云つたではないか。お前が両親を戎して来たことを断念的来 るか.白石が淡め調査してゐたところと殆んど同じであ・C(たゞ.

O ある。第1比'本国の命を怒されて襲撃だ解き、日額にふたムび我泣が行はれることあらば'何の 幸かこれにすぐ+(きことであるO琴一に日本の津によって'いか改る極刑に虞せられるも何等身を かへ少見る所旺ないoたゞ.三芸道 にちかき所もあらず、智愚たちまちに地を易へて'二人の言を聞-に似たカOこゝ紅知Jqぬ、彼 鼻の聾のi)ときは'たゞ其形と器とに精し皇甲を、所謂形而下なるもの1みを知りて.人の国をうかLtふ間諜の如く息絞れるのは戎念である。しかし.のためであるから。」 シFチ望昇として髄に望むもの旺帝もなSo初め令室受けた日から決してゐた自分の忘些ll.これ又'託を替むべきことであらう かoこの三つの事以外何にも申すこと姓改i皇芸'その志の放'人格.企及ぶぺしとも 覚えずoまた'諜葱にして、よく小善にも馳する朗あ少き。英数淡を詮くに至って紋.畢鼓'庭答顛慶、言語の 展染さ旺'白石として慮撮せしめ、経ひには同情を鉄て紋を見る軽になった。 「凡そ、英人博聞強記にして.怪し むにたらす」(西洋紀聞) と'白石自ら鑑の天文鞄鞘S汚染その他の挙に畢誠明敏なるにも拘らチ.形lrE上な るものは、いまだあづか少開かず。さらば天地の如きも.あたかも別人の嘩あると言ってゐる。この事につき鮮血遺書には「是れは揺石の白石も紳 参上の智革之しく志度智の語る朗を理解し得るだけの素養が無かつた烏であらう」と許してゐるQ 白石が改め研究した書物を「昔'葡萄牙の宣教師等が日本人の篤に寄き遺した致聖書の類であった 81 らう」と自ら競れる著者が前述の「国命云々」をシ下チ旺天国の意なるに白石旺国家と息払'感激 したと解する如き'シFチの畢詩群議のためにしたこの評こそ、却って、シドチを傷つけるもので あって、白石のそれに封する無教養聖不すものではない。その昼間的莫紐に於Sて、先駆的'進歩 的'罰期的な足跡を近代畢術撃淫の上に拷してゐる白石が'奉行所所紋の三冊の書籍から得た紳草 魚鼓が、よしんば'シドチのそれに劣るとするも'それ故此琵すべき問題ではなS。宗教家の記す 宗教史に往々ある鉄鮎を自ら示したに過ぎな5批評であるO かくて'その鷹断につSては'この審問の大路二倍をしるして駁上した。白石が彼の教義につき 愚詮と宿しながらも鏑、シドチの言ふ如く.その宗轟宗論に到るや愚説 にして.国に 入つては'国にしたがふべし'圃浩に任せて如何枝にも紳産分際払たS。撃1に本国に返還される 180 の旺'使命の志を蓮せず'罵畳の行をむなしくして二世の式少を撹す綻.某心紐髄たるものがあ る。しかし、或漁の東漸すべからざる時の不孝にあったこと.これを造れるものあ少といふ事.彼方多笹の人と聞えて'天文地理の事紅室ては.布教倖造必ずしも侵略の蕗ではな5事を認めたのは' .

・ ⋮ ' . .その教の経文を暗諭し」信仰することも許されてゐたらしS。たゞ、切支丹の敦は侍へな S約束であった.園児にそむく に似て侯へぼ'あら姓し申す併せo Sかにも'法にまかせて'その罪には行はる可LLこわ老夫妻 は-「罪あるもの1子どもの奴鱗とな少しを夫好・)なされ」たもので. . .安芸見喜ふ可書芸る表し・雷雷以雲量の侍警打警蛋新的大芙警あるOcE 石はこの心持ちを以ってシざチの底分を献儀したのであるO その霞は'夏豊富白石の孟とを-芋もの冨る-石はシドチの虚賢二東宮 とLtト東は本圃返送'琴1監蒜は申琴空転蓋蒜下衆雷とし・ 「薫仁震大'汝が其主の雷う竺身霊へ見ず・塁に侵し乗れ孟夏荒み給ふが 故に'その命をたすけて.長く地上に堕し俵はん事の あさましさに'彼人に受戒して'其徒と罷成り侯ひぬ。これ等の事'申さi1らむは.彼の目的を達する事件が起った。そ れ蛙'正徳四(1七一四)年の冬、シドチが監禁五年日のことであるo即ち、シドチの辞用をして ゐた長助とその垂はるが'シドチの感化を受けて信者にな少、これを自首したことであるO 183 「むかし.本国へ蒔し給ふ所也。 す苦かに汝が垣に管、其主に申すペし。此のち・又汝がどとく我国に警むものをば.西の壁にとして'その下にて'法師の繭鯉する やうに.払そかに其茂をさづけしかども、国の大禁にそ むくべしとも存ぜす、年を起しに'此ほど'彼国人の我蕗のために身をかへり見ず'苫里にして、 こ上に釆少 とらはれ居候を見て'我等'いくほどなき身を惜しみて.若造芝奉行横田備中守・柳莞 郎右衛門に命じて小石川雲丹量に幽学るのである。その・挺乗の如く宗にも誉ず・ころ ぴも張等されず'「赤き耗吏SRて、十字を作少て. ' ' ・ . : 誓晶へゆく警のせて・呂栄へ讐るべし-ししからば・夜警して我票の法芙警 誓ぺからすして'常代仁恩の苧・聖度の大-量をしらしむべLOこれ萱警に似た少 といへども.   ∵ . .易くして'殊芸墓王仁厚着の事霊ば、こ1孟てこれ呈讐すo」 とのぺて'その意中査閲に蓋を蔓してゐたのであるが. . しかし'シドチが、最後に、この約束は破る結果となるが.第十三岡潜入かころび切支 I 丹'日本名三郎右衛門(既衆人で、黒川番庵、尊名はフランシスrTチウアンとも云ふ)に哲でか にその教を寅けられ、それ以釆十数年信仰をもってゐた。この度シドチの感化を受けたのであ少、 . I I . .二人が主にて侯もの世にあ少し時に.慧   T - -   ' . . .

孟夏ろめ中質景-・畢誓鼻声へ悪書由墨俵o 管に空曹宮地之志三助、衣警遷御大恩姦農事、若震由・近々申叢桝に1 此度筈かに望み実有之に雪・クルス等-づけ萱は東国警背き侯儀披申す笠等・ 本国の師5かやうとも・伸にそむくまじき由憲侯真蓬ひ・御望晶みず俵段・不票警 雫其罪霊蒜。唯今迄は・東国の師の申甚旨-農由に僕箕・自分以後は・其方心よ ・EaJて藁を犯し侯上姓、其科のがるべから違。これに-て・まづ此国宝5て・大罪のも のを汐孜し侯藷に任せて'急度禁獄せしむる者也oL シドチ娃零此塵に及んで.殉教の雷をして書芸んだのである。そこで・富夫警別々に盟されたUその竺斉和尚 人の江戸参掌るや'適詞としてシ三-の警管・誓欝墓孟され三月言寄・ 秋元但馬守-畜附俵田備中守孟じて通詞名村八宗円通警て禁慧申警れたので雪。 「其墓'七年以前、此望軽震時遥かに御国蕗に行誓べ量に侯巽.搾挙の費連、開聞の気運の先艶をなすに至ったの であるO箔々たる時勢の流れ蛙.我国をして喝少東亜に孤立するを許すものではない。西洋文化が や 稔入され、進んで我国人自らが之が韓取に力める時代と瓦ワO。書芸の所謂「洋書解禁」は閑尚の渡 合でもあるOシドチはたゞ猫少我国に詩人し.#利差 の敦の事は'苧不票警す1め俵て・Ji-む墨農法-墓之偉ぶとぞ此旨着払 らき.御ゆるL姦品て.その日的は殆んど果さなかったと云つて5㌔しか 184 .本国之師よ名 付警墓品て'渡基品由-侯に讐・語の御雷以l其聖をかれ侯D吉共著 侯趣はー高の師申付侯は・S&横に被仰付侯共・欝棟の伸に任すぺく焼山にて俵.「其炭筒放し露はれて'大音をあげて'の⊥し少よば⊥カ.蔚く.その日的を接した。シドチを最後として以後百五十年間、浄伏朝安 井蟹見に至るまで捉えてこの事はなS。しかし'シドチが新井白石の審問に於いて、白石に及ぼし 185 た影響は'やがて捻我国近代文化の撃賢の上に大なる波紋を婁くに至った。白石はシドチの述べた 天文地理拳的知鼓によって'正室二年、束髪異音五巻を公にLt直ちに公刊されなかったが西洋紀 聞を著し'我国西洋聾の組と仰がれ'やがては.紋夫婦の もの'名をよぴて'其信を固くして死に至って志を変やまじき由を」日夜に甑へすす・Tめてゐた。 その年の各十月七m(陽十一月十三。)'長助が牢死した0年五十五。シドチも相次Sで同月二十 1日(陽十丁月二十七旦夜年牢死したo行年四十七歳。山屋敷裏門脇へ塑葬された。はるの最後 は之を審かにしなS。 シFチは置身港入LP始めよ少幽閉の身とな少'布教の使命は最後に至って'た三1<に'両も 約を破って洗蔭を授け.

し、糞として禁白石を通じて是豊ハへた毒突誉ものがある。緒望想・それは・時勢 の流れかも知れなhoシドチ筈旺三窮の雫ある01羽の燕芸姦ら差Sかも知れない。 しかし.扇の燕と雄も初夏の尭解れであることに娃蓬ひ改S。 静   銀     年     表 .

B . 1 O天文十年二五四〓 七月'葡萄牙給豊後紳官寺請に漂着す。 長年正月、毛利尼チ爾氏備後に取ふ。六月武田晴信甲斐に自立す。. 長年西班牙人平戸に着す。 天文単著コペルニクス死す。 0天文十三年(l五四E) 十1月.葡萄牙賠薩摩に兼少、貿易を求む。 八月練田信長斎藤秀龍を攻む' . 長年六月'較関宿秀'安静寺を略す。九月鬼子晴久、毛利元就皇昌城に改む。J L .明晩-J略 「東西封比の参考上我文化的事項を挿入した。 1'年表は本音に阿係ある事項のみ載せた。l i.188-i ・   ) Y I.括弧内殉教夷敦は考証切支丹鮮血逸書所収のr日本殉教者1兄)による。この7兄は必ず しも正確でなSが'金考のため載せた。 革空事以後は故容に畷あらず'依って省略したej 0天文九年二五四〇) サーマ幾重ポール三世'一五三四年西群牙人:ラの組織せるイユズス合を公証す。厨司汐エ スイツー来た少. 0天文十二年二五E[tJt) 八月'葡萄牙賠睦子島に森少'銃砲を停ふ。.