比例推移

T
Tmax

最大トルクと
2
誘導電動機は,すべりに対して
3V1
Tmax  このようなトルク特性を持ち

2
' 2

2r1  r1  x1  x2  0

最大トルクは
二次抵抗r’2には
電圧の2乗に比例し
無関係です
すべりsmaxは
二次抵抗r’2に比例します
s =1
すべりが,
このように表されます

smax 

r2


r   x1  x2 


2
1

s =0
2

比例推移
T
Tmax

Tmax 

3V12


2
' 2
2r1  r1  x1  x2  0

しかし,Tmaxは
r’2に無関係なので
変わりません

したがって
トルク特性はms
いま二次抵抗r’
2をmax
このように変化します
m倍すると
s =1
smaxもm倍されます

smax 

smax
r2


r   x1  x2 


2
1

s =0
2

比例推移
T

Tmaxより左の
領域でも成り立ちます

すべりがr’2の大きさに
この関係は
比例することを
m倍した
1:mの
同じ大きさの
どの大きさのトルクでも
比例推移といいます
後のすべりでは
関係になります
トルクを発生するとき
同じであり
s =1

s =0
r’2をm倍する
前のすべりと

比例推移

この端子に
外部抵抗を接続すれば
回転子巻線の端子を
回転子に巻線を持つ
外部に取り出すことが
巻線形誘導電動機は
できます
回転軸に
ブラシにより
取り付けられた

二次抵抗を変えると
スリップリングと
この様子を
比例推移で動作点が変わるので
シミュレーションで
速度を調節することができます
二次抵抗を見てみましょう
変えることができます

比例推移

例として,
まず分かることは
二次側を短絡した1kW,
したがって 50Hz,
同期速度N0が
4極の誘導電動機が
すべり速度Nsは
50  60
1kW,50Hz,
N 0 Ns=1500-1440=60rpm
 1500
rpm
2
4極
と求まります
r’
2

r’

r’

2

2

N0=1500rpm
Ns=60rpm,s=4%

定格負荷
1440rpm

定格負荷時に1440rpmで
すべりsは
回転しているとします

60
s
100  4%
1500

となります

比例推移
T

Tr

6.63Nm

Po
1000
Tr  
 6.63Nm
 m 2 1440
60
トルクは
1kW,50Hz,
6.63Nmと
P=Tの式より
4極
求められます

60rpm

また同期ワットP
トルク特性曲線上で
2からも
求めることができます
この点が動作点となります

s =1
Po
1000 1440rpm
このときのトルクが
P2
どのくらいなのか
Tr   1  s  0.96  6.63Nm
求めてみましょう
 0 2  N 0 2 1500

60

60

s =0
1500rpm

ここで,二次回路に
巻線抵抗の3倍の
抵抗をつないだとします

比例推移

1kW,50Hz,
4極
r’

3r’2

2

r’

r’

2

2

N0=1500rpm
Ns=60rpm,s=4%

3r’2

3r’2
このとき速度は
どうなるのでしょうか?
Nm?

比例推移
T

Tr

二次回路の抵抗が
すべり速度も
r’2 +3r’2= 4r’2
4倍になります
比例推移して
と4倍になるので

1kW,50Hz,
4極

s =1

したがって回転速度は
1260rpmとなります

240rpm
60rpm

s =0
1260rpm

1500rpm
1440rpm

比例推移
T

また,全負荷トルクで
始動するには 4%のすべりを
100%にするので

1kW,50Hz,
4極
Tr
100%
動作点を
ここに移す必要があります
100/4=25倍の
s =1 二次抵抗が必要になります

4%

s =0
1500rpm

比例推移
1kW,50Hz,
4極
r’

24r’2

2

r’

r’

2

2

したがって,外部に24倍の
抵抗を接続すれば
全負荷トルクでの始動ができます

24r’2
24r’2

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful