量 子 力 学 の 軌 跡 解 釈 ( ボ ー ム 力 学 ) に よ る 力 学 の 基 本 概 念 1

川 口 正 倫
1 . は じ め に
量 子 力 学 の 軌 跡 解 釈 は 、 「 ボ ー ム 力 学 」 「 存 在 論 的 解 釈 」 「 因 果 的 解 釈 」 「 ド プ ロ イ ・ ボ ー ム 解 釈 」 等 と 呼 ば れ
て い る が 、 日 本 語 の 文 献 が 非 常 に 少 な く 、 「 隠 れ た 変 数 の 理 論 」 と し て あ ま り 重 要 視 さ れ て い な い の が 現 状 で
あ る 。 中 に は 、 既 に 否 定 さ れ た 解 釈 と 思 い 込 ん で い る 人 も い る 少 な く な い 。
し か し 、 軌 跡 解 釈 の よ う な 「 隠 れ た 変 数 の 理 論 」 は 必 ず し も 否 定 さ れ て い る と は い え な い 。 一 定 の 条 件 を 課
す こ と で 、 コ ッ ヘ ン ・ ス ペ ッ カ ー の 定 理 や ベ ル の 定 理 と も 整 合 す る こ と が で き る 。 ま た 、 も T H E
U N D I V I D E D U N I V E R S E で 述 べ て い る よ う に 、 理 解 し や す さ と い う 点 で 標 準 解 釈 よ り 優 れ た 解 釈 に な る 可
能 性 も あ る 。 な お 、 こ の よ う な 理 解 し や す さ と い う 利 点 か ら 、 分 子 動 力 学 の 分 野 で は 量 子 軌 跡 法 と い う 計 算 ツ
ー ル と し て 軌 跡 解 釈 は 用 い ら れ て い る 。
本 著 は 、 こ の 軌 跡 解 釈 の 概 要 を 運 動 学 ( 電 磁 場 を 用 い な い ) に 限 定 し 、 私 な り に ま と め た も の で あ る 。
2 . 軌 跡 解 釈 の 基 本 概 念
2 . 1 基 本 公 理
ま ず 、 準 備 と し て 次 の よ う な 言 葉 を 定 義 す る 。
所 有 値 ・ ・ ・ ・ あ る 物 理 量 を 観 測 し て い な く と も 系 が 所 有 し て い る と 考 え ら え る 値
観 測 可 能 量 オ ブ ザ ー バ ブ ル ・ ・ ・ あ る 物 理 量 を 観 測 す る と 測 定 さ れ 得 る 値
所 有 値 と い う 概 念 は 、 標 準 解 釈 ( 何 を 「 標 準 解 釈 」 と す る か は 意 見 が 分 か れ る で あ ろ う が 、 こ こ で は 一 般
的 な テ キ ス ト で 解 説 さ れ て い る 解 釈 と す る 。 ) で は 、 用 い ら れ る こ と は な い 。 一 方 、 観 測 可 能 量 は 標 準 解
釈 で い う オ ブ ザ ー バ ブ ル と 同 じ 概 念 で 、 観 測 す る と 測 定 さ れ 得 る 値 は 、 固 有 状 態 以 外 で は 、 通 常 多 数 あ る 。
次 に 基 本 と な る 公 理 を 与 え る 。
【 公 理 】 物 理 系 は 個 別 系 と し て 、 位 置 を 所 有 値 と し て 有 す る 粒 子 と そ れ に 随 伴 す る 波 動 ψ に よ っ て
表 さ れ る 。
【 公 理 】 波 動 ψ は シ ュ レ デ ィ ン ガ ー 方 程 式 に 従 っ て 時 間 発 展 す る 。

x x x x x x x x x x x x
x x x x
ψ ψ
ψ
+ ∇ − =






【 公 理 】 波 動 ψ は 、 次 の よ う な 関 係 に よ り 随 伴 す る 粒 子 の 運 動 に 影 響 を 与 え る 。




x x x x
x x x x x x x x

≡ ψ

と 定 義 し た と き 、 質 量 の 粒 子 の 運 動 は 、

x x x x x x x x v v v v ∇ =

と い う 速 度 場 に 従 っ て 運 動 す る 。
2 . 2 運 動 方 程 式 と エ ネ ル ギ ー
【 補 題 1 】 式 を シ ュ レ デ ィ ン ガ ー 方 程 式 式 に 代 入 し 、 実 数 部 と 虚 数 部 を 整 理 す る と 、 次 の
よ う な 2 つ の 方 程 式 が 得 ら れ る 。
{ }

x x x x x x x x x x x x x x x x
x x x x
∇ ∇ + ∇ − =











− +

− =



x x x x
x x x x
x x x x
x x x x x x x x ℏ

証 明 省 略
【 命 題 1 】 粒 子 の 運 動 方 程 式 は 、 次 の よ う に な る 。
( )

x x x x x x x x
x x x x x x x x
x x x x
=
+ − ∇ =

こ こ で 、 x x x x は 、

x x x x
x x x x
x x x x

− ≡


と 定 義 さ れ 、 量 子 ポ テ ン シ ャ ル と い わ れ る 。
( 証 明 )
【 公 理 】 よ り 粒 子 の 運 動 は 、 式 の 速 度 場 に 従 う か ら 、 粒 子 の 位 置 ベ ク ト ル を x x x x = x x x x と
す れ ば 、





x x x x
x x x x
∇ =
で あ る 。 こ こ で 、 = ∂ ∂ + v v v v ・ ∇ と い う 関 係 式 を 用 い て 両 辺 を 微 分 す る と 、


x x x x x x x x v v v v
x x x x x x x x
∇ +

∇ ∂
=
さ ら に 式 を 用 い て v v v v を 消 去 す る と 、

∇ ∇
+

∇ ∂
=
∇ ∇
+

∇ ∂
=
x x x x
そ し て 【 補 題 】 の 式 か ら ∂ ∂ を 消 去 す る と 、









− − ∇ =
∇ ∇
+

∇ ∂
=

x x x x
x x x x
x x x x
x x x x ℏ

【 命 題 2 】 ≫ ћ を 古 典 力 学 の 適 用 範 囲 と み な せ ば 、 粒 子 の 運 動 方 程 式 は 式 は 、 量 子 力 学 と 古
典 力 学 の い ず れ に も 適 用 で き る 。 ( 証 明 ) 式 よ り 自 明 □
【 命 題 3 】 粒 子 の 軌 跡 は 、 任 意 の あ る 時 間 の 位 置 を 定 め れ ば 、 一 意 に 定 ま る 。
( 証 明 )
粒 子 の 運 動 方 程 式 式 が 2 階 微 分 で あ る こ と か ら 、 2 つ の 初 期 条 件 が 必 要 と さ る が 、 【 公
理 】 に よ り 、 任 意 の あ る 時 間 の 位 置 x x x x

を 定 め る と そ の 位 置 に お け る 速 度 v v v v x x x x




定 ま る た め 、 任 意 の あ る 時 間 の 位 置 x x x x

を 定 め れ ば 粒 子 の 軌 跡 x x x x

は 一 意 に 定 ま る 。 □
【 命 題 4 】 粒 子 の エ ネ ル ギ ー は



− =
x x x x

と な る 。
( 証 明 )
古 典 力 学 で 行 う の と 同 様 に 、 粒 子 の 運 動 方 程 式 の 両 辺 に x x x x を 掛 け て 積 分 す る と 、

= + + v v v v
( : 積 分 定 数 )
と な り 、 こ れ が エ ネ ル ギ ー を 表 す と 考 え ら れ る 。 そ し て 、 式 に よ り v v v v を 消 去 す る と 、
( )

= + +

と な る 。 式 に よ り 左 辺 を 消 去 す れ ば 、

= =



x x x x

2 . 3 存 在 確 率 の 定 理
初 期 状 態 x x x x

を 定 め る と 運 動 方 程 式 を 解 く こ と に よ り 、 そ の 後 の 軌 跡 x x x x

が 定 ま る 。 こ こ で 考 え て
い る の は 粒 子 系 で あ る た め 、 1 つ の 波 動 ψ に 対 し て 見 出 さ れ る の は 1 つ の 軌 跡 で あ る が 、 全 く 同 じ 波 動
ψ を 多 数 用 意 し 、 そ れ ぞ れ に 随 伴 す る 粒 子 に 初 期 状 態 x x x x



x x x x



x x x x



x x x x



x x x x



x x x x



・ ・ ・
を 定 め る と 、 そ れ ぞ れ の 軌 跡 x x x x

x x x x

x x x x

x x x x

x x x x

x x x x

・ ・ ・ ・ が 定 ま る こ と に な る 。 そ し
て 、 こ う い う 軌 跡 を あ ら ゆ る 初 期 状 態 に つ い て 求 め て 、 重 ね 合 わ せ る こ と を 考 え て み る と 、 粒 子 の 存 在 確
率 ( 密 度 ) と い う 概 念 が 浮 か び 上 が る 。 た だ し 、 こ こ で い う 存 在 確 率 は あ く ま で 個 別 系 に つ い て の 存 在 確
率 で は な く 、 全 く 同 じ 波 動 ψ を サ ン プ ル と し て 多 数 用 意 し た 場 合 に 、 あ る 単 位 体 積 に 粒 子 が 存 在 す る 個 別
系 の 数 が ど の 程 度 で あ る か を 示 す も の で あ る 。 例 え ば 、 基 底 状 態 の 水 素 原 子 を 無 限 個 用 意 し 、 そ れ ぞ れ に
つ い て 電 子 の 原 子 核 か ら の 距 離 を 測 定 し て 、 を 横 軸 、 存 在 し た サ ン プ ル の 数 を 縦 軸 に プ ロ ッ ト す る
よ う な も の で あ る 。 従 っ て 、 こ の よ う に し て 求 め ら れ る 存 在 確 率 は 、 波 動 ψ の 全 体 的 な 統 計 を 示 す も の で
あ り 、 個 別 系 の 性 質 を 表 す も の で は な い 。
さ て 、 全 く 同 じ 波 動 ψ に 随 伴 す る 粒 子 の 運 動 を 調 べ る こ と は 、 【 公 理 】 よ り 、 式 の 速 度 場 v v v v x x x x
に 従 う 粒 子 の 運 動 を 調 べ る こ と で あ る 。 そ し て 、 そ の よ う な 速 度 場 の あ る 位 置 に 粒 子 を 置 き 軌 跡 を 求 め る
こ と を 、 あ ら ゆ る 位 置 に つ い て 実 施 し 結 果 を 重 ね 合 わ せ る と い う こ と は 、 速 度 場 v v v v x x x x に 相 互 作 用 の 無
い 連 続 流 体 を 置 き 、 そ の 流 れ を 調 べ る こ と と 同 じ こ と で あ る 。 従 っ て 、 こ こ で は 流 体 力 学 で 連 続 方 程 式 を
導 出 す る 過 程 と 同 じ 方 法 を 用 い て 、 存 在 確 率 の 連 続 方 程 式 を 導 く 。
【 補 題 2 】 粒 子 を 相 互 作 用 の 無 い 連 続 流 体 と み な し た と き 、 式 の 速 度 場 に 従 う 連 続 方 程 式 は 次
の よ う に な る 。

∇ ∇ + ∇ − =


・ ρ ρ
ρ

( 証 明 )
密 度 を ρ = ρ x x x x と す る と 、 速 度 場 v v v v x x x x に 従 う 流 体 が 上 図 の よ う な 体 積 ¸ の 立 方 体
の ¸ 平 面 を 通 り 抜 け る 際 の 流 量 の 変 化 ⊿ N は 、
{ }
¸

¸

¸
¸ ¸ ¸ ¸ ¸ ¸









+

















+








+ −
+ + −
ρ
ρ
ρ
ρ ρ
ρ ρ


⊿ N =
と な る 。 こ れ を 平 面 及 び ¸ 平 面 に つ い て も 求 め る と 、 立 方 体 ¸ 全 体 の 流 量 の
変 化 は 、
( ) ¸ ρ ρ ∇ + ∇ − • • v v v v v v v v ⊿ N =
で あ る 。 そ し て 、 こ れ を こ の 立 方 体 に お け る 密 度 の 変 化 ( ∂ ρ ∂ ¸ と 等 し い と す る と
流 体 力 学 に お け る 連 続 の 方 程 式 、
( ) ρ ρ
ρ
∇ + ∇ −


• • v v v v v v v v =

が 求 ま る 。 そ し て 、 式 に よ り 速 度 v v v v を 消 去 す る と 、

∇ ∇ + ∇ − =


・ ρ ρ
ρ
と な る 。 □
【 命 題 5 】 式 に お け る の 自 乗

は 、 波 動 ψ に 随 伴 す る 粒 子 の 存 在 確 率 で あ る 。 た だ し 、 こ
の 存 在 確 率 は 個 別 系 に お け る 存 在 確 率 で は な く 、 ア ン サ ン ブ ル 統 計 集 団 の 意 味 を 有 す る 。
( 確 率 の 定 理 )
( 証 明 )
式 の 両 辺 に を 乗 じ て 整 理 す る と 、
{ }

x x x x x x x x x x x x x x x x
x x x x
∇ ∇ + ∇ − =



と な る 。 こ こ で → c c : 任 意 の 実 数 と 置 き 換 え を 行 っ て も 方 程 式 が 形 を 変 え な い 式
で も 同 様 た め 、 規 格 化 さ れ て い る と み な す こ と が で き 、 こ れ を 式 と 比 較 す れ ば 、


ρ
で あ る 。 そ し て 、 【 補 題 2 】 は ア ン サ ン ブ ル に つ い て の 存 在 確 率 の 計 算 で あ る こ と か ら 、 個 別
系 に お け る 存 在 確 率 で は な く 、 ア ン サ ン ブ ル の 意 味 で の 存 在 確 率 で あ る 。 □
【 命 題 6 】 シ ュ レ デ ィ ン ガ ー 方 程 式 の 解 で あ る ψ に つ い て 、 ψ ψ を 求 め る と ア ン サ ン ブ ル の 意 味 で の
存 在 確 率 を 求 め る こ と が で き る が 、 こ れ は 個 別 系 の 存 在 確 率 を 記 述 す る も の で は な い 。
( 証 明 )
式 及 び 【 命 題 5 】 よ り 、 ρ =

= ψ ψ で あ る 。 ま た 、 【 命 題 5 】 よ り こ れ は ア ン サ ン
ブ ル の 意 味 で の 存 在 確 率 を 示 す も の で あ り 、 個 別 系 の 存 在 確 率 を 示 す も の で は な い 。 □
【 命 題 7 】 付 随 す る 粒 子 の 存 在 を 否 定 し て 、 ψ は 個 別 系 を 記 述 す る も の で は な い 。
( 証 明 )
【 命 題 6 】 よ り 自 明 。
2 . 4 エ ネ ル ギ ー 定 常 状 態
ま ず 、 標 準 理 論 と 同 等 に 、 エ ネ ル ギ ー 定 常 状 態 を 定 義 す る と 、
エ ネ ル ギ ー 定 常 状 態 ・ ・ ・ が 時 間 依 存 せ ず か つ エ ネ ル ギ ー が 一 定 で あ る 状 態 。
と な る 。
【 補 題 3 】 =

で = x x x x

と す る と 、 の 時 間 的 発 展 は 次 の よ う に な る 。







′ ∇
− =

x x x x v v v v
x x x x x x x x

( 証 明 )
式 よ り 、

x x x x x x x x
x x x x x x x x x x x x
∇ − =
∇ ∇
+

∂ ・
さ ら に 、 式 ) に よ り 左 辺 の ∇ を 消 去 す る と 、

x x x x x x x x x x x x v v v v x x x x
x x x x
∇ − = ∇ +



そ し て 、 両 辺 を x x x x で 除 し 、 x x x x の 偏 微 分 に よ り 、
( )
( )

x x x x x x x x x x x x v v v v
x x x x
∇ − = ∇ +



こ こ で 、 = ∂ ∂ + v v v v ・ ∇ と い う 関 係 式 を 用 い る と 、
( )

x x x x
x x x x
∇ − =
従 っ て 、 を に 置 き 換 え 、

≦ ≦ の 範 囲 で の 定 積 分 を 行 う と 、
( ) ( )

′ ′ ∇ − = −

x x x x x x x x x x x x
こ の 式 か ら 、 式 ) に よ り 右 辺 の ∇ を 消 去 す れ ば 、 が 成 り 立 つ 。 □
【 命 題 8 】 エ ネ ル ギ ー 定 常 状 態 で は 、 次 の 関 係 が 成 り 立 つ 。
∇ ・ v v v v x x x x
( 証 明 )
エ ネ ル ギ ー 定 常 状 態 の 定 義 に よ り 、 は 時 間 依 存 し な い 。 従 っ て 、 【 補 題 3 】 の に お
い て 、

=




x x x x v v v v
が 成 り 立 つ 。 よ っ て 、 ∇ v v v v x x x x で あ る 。 □
【 命 題 8 】 に よ り 、 定 常 状 態 で は 速 度 場 の 生 成 が 無 い こ と が わ か る 。 ( 電 磁 気 学 に お け る 定 常 磁 場 の 関
係 式 ∇ ・ B B B B を 考 え て み よ 。 さ ら に 、 定 常 磁 場 の ポ テ ン シ ャ ル と 磁 場 を 関 係 と の ア ナ ロ ジ ー か ら 、 式
は 、 速 度 場 が x x x x 一 定 と い う 曲 線 に 対 し て 垂 直 で あ り 、 x x x x の 勾 配 が 速 度 場 で あ る こ と
を 意 味 し 、 x x x x は 速 度 場 の ポ テ ン シ ャ ル ※ と す る こ と が で き る 。 )
※ 「 ポ テ ン シ ャ ル 」 と は 言 っ て も 、 力 学 的 な 位 置 エ ネ ル ギ ー と は 異 な る こ と に 注 意 。
【 命 題 9 】 エ ネ ル ギ ー の エ ネ ル ギ ー 定 常 状 態 の x x x x は 、 次 の 形 式 で あ る こ と が 必 要 十 分 条 件 で あ る 。
x x x x = - Φ x x x x 定 数

Φ x x x x =
( 証 明 )
定 義 よ り 、 ① エ ネ ル ギ ー は 一 定 か つ ② が 時 間 依 存 し な け れ ば 、 エ ネ ル ギ ー 定 常
状 態 で あ る 。
必 要 性 : ① に つ い て は 、 【 命 題 4 】 の 式 よ り 、 x x x x は 式 の 形 式 と な る こ と が
自 明 。 ② に つ い て は 、 【 命 題 8 】 及 び 式 よ り 、 ∇

x x x x = で あ る こ と か ら 、
式 の 形 式 で は 直 ち に 式 ) が 成 り 立 つ 。
十 分 性 : 式 よ り 、 式 の 形 式 で は エ ネ ル ギ ー は 一 定 と な る こ と が 自 明 。
式 よ り 、 式 の 形 式 で は ∇

x x x x = で あ る こ と が わ か る 。 こ の こ と
か ら 、 式 と 【 命 題 8 】 よ り 、 が 時 間 依 存 し な い 。 □
【 命 題 9 】 の Φ x x x x の 形 式 は

を 定 数 と す る と 、
Φ x x x x =

¸

¸

¸

と な る こ と が わ か る 。 単 な る 定 数 は 、 式 の 定 数 に 包 含 で き る た め 除 く
x x x x

¸

¸

¸

¸ 定 数
2 . 5 運 動 量 定 常 状 態
ま ず 、 運 動 量 の 定 義 と 運 動 量 定 常 状 態 の 定 義 を 与 え る 。
運 動 量 P P P P x x x x は 、 次 の よ う に 定 義 さ れ る 。
P P P P x x x x ≡ ∇ x x x x = v v v v x x x x
運 動 量 定 常 状 態 ・ ・ ・ 運 動 量 P P P P x x x x が 一 定 で あ る 状 態 。
【 命 題 】 運 動 量 定 常 状 態 で は 、 次 の 関 係 式 が 成 り 立 つ 。 ( Φ x x x x =

¸


x x x x = ∇ ・ v v v v x x x x =
証 明 ) 運 動 量 の 定 義 式 と 運 動 量 定 常 状 態 の 定 義 よ り 自 明 。 □
【 命 題 】 運 動 量 定 常 状 態 で は 、 は 時 間 依 存 し な い 。 ( x x x x が 成 り 立 つ 。 )
( 証 明
【 命 題 】 の 式 よ り 、 運 動 量 定 常 状 態 で は 、 ∇ ・ v v v v x x x x = が 成 り 立 つ 。
従 っ て 、 【 補 題 3 】 の 式 よ り 、 x x x x = x x x x

。 こ れ は 、 が 時 間 依 存 し な い こ
と を 表 す 。
【 命 題 】 運 動 量 定 常 状 態 か つ エ ネ ル ギ ー 定 常 状 態 は 、 次 の 3 つ の タ イ プ に 分 類 さ れ る 。

v v v v
=

x x x x
x x x x
x x x x


=


+ + =

v v v v
一 定 = + x x x x x x x x

+ + =

v v v v
( ) 一 定     = ∇ =

x x x x x x x x
一 定 = x x x x
( 証 明 ) 【 補 題 1 】 の 式 と 【 命 題 4 】 の 式 よ り 自 明 。 □
な お 、 ② は 水 素 原 子 モ デ ル の 基 底 状 態 等 v v v v 、 ③ は 自 由 粒 子 一 定 、 で あ る 。
【 命 題 】 エ ネ ル ギ ー が で 無 く て も 、 粒 子 が 静 止 し た 状 態 v v v v と い う 状 態 が 存 在 す る 。
( 証 明 ) 【 命 題 】 の ② ③ に お い て あ り 得 る 。 □
【 命 題 】 に よ れ ば 、 粒 子 が 静 止 し た 状 態 が あ り 得 る こ と に な る 。 具 体 的 に は 、 波 動 関 数 が 実 数 で あ
る 状 態 は 粒 子 が 静 止 し た 状 態 で あ る こ と は 【 公 理 】 か ら も 明 ら か で あ ろ う 。 し か し 、 粒 子 が 所 有 値
と し て 静 止 し て い る こ と と 、 こ れ が 実 際 に 測 定 値 と し て 表 れ る か は 別 の 問 題 で あ る 。
詳 細 に つ い て は 、 「 観 測 過 程 」 と し て 、 次 回 の 論 文 で 述 べ る つ も り で あ る が 、 簡 単 に い う と 観 測 の 際
に は 、 ポ テ ン シ ャ ル エ ネ ル ギ ー が 運 動 エ ネ ル ギ ー と な っ て 表 れ る た め 、 静 止 し た 粒 子 が 観 測 さ れ る
こ と は な い 。 【 命 題 】 の ② の タ イ プ で 、 v v v v で あ っ て も 観 測 の 際 に は が 運 動 エ ネ ル ギ ー に 変 換 さ
れ る た め 、 静 止 し た 粒 子 が 観 測 さ れ な い こ と に な る 。 な お 、 ③ の タ イ プ で の よ う な も の は 、



の 重 ね 合 わ せ の 状 態 で 静 止 し て い る が 、 運 動 量 を 観 測 す る と 正 負 の ど ち ら か が 観 測 さ れ る こ
と は 、 標 準 的 な 解 釈 の 観 測 過 程 で も 導 か れ る 。
以 上

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful