You are on page 1of 4

長期日本語教師研修

読解 平成 20 年 1 月 25 日
村上吉文

公立中学校での夜間有料補習授業に反対

すぎなみ ち い き しんがくじゅく

 杉並区の公立の中学校で、地域の住民が学校や有名な進学 塾 と協力して、学校の建物を使

って中学二年生対象の夜間コースを有料で開くことになりました。これは公立の学校とし
い わ か ん

てはとても珍しいことで、私には違和感があります。
ぼしゅう こう

 というのも、二年生は 127 人もいるのに、30 人しか募集していないからです。つまり、公
きょういく びょうどう

教 育に参加する機会はすべての生徒に 平 等に開かれているべきなのに、100 人近い生徒が

受けられないのです。成績に差がついてしまうのは仕方がありませんが、せめて教育の機会
めぐ

だけは平等にするべきです。そうしないと、機会に恵まれなかった子供たちが反社会的な考

えを持ってしまうことになりかねません。
か く さ

 また、格差を広げることも問題です。この授業は落ちこぼれを救うためのコースではなく、
ゆうしゅう

優 秀な子供だけにさらに教育の機会を与えるコースなのです。これでは、成績の悪い子供は

さらに悪く、成績のよい生徒はさらによくなるという結果になります。成長期の大切な時期
ぶんだん

にある子供同士の人間関係が分断されることが心配です。
し て き

 最後に、経済的な格差についても指摘しておきたいです。これは有料コースですから、お

金持ちの子供だけがこの授業に参加できます。そして、お金持ちの子供はいい高校に入り、
いい大学に入り、いい会社に就職し、自分もお金持ちになるでしょう。しかし、この有料コー
まず

スの料金を払えない家族の子供はどうなのでしょうか。親が 貧しいからいい教育をうける

機会が得られず、その結果、自分も貧しくなります。この夜間授業はこうした経済的な格差
も広げてしまうのです。
かいこう

 東京都の教育委員会は、こうした多くの問題のある授業の 開講を認めるべきではなかっ

たと思います。

(http://www.news.janjan.jp/area/0801/0801209245/1.php、
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/20071221.html
長期日本語教師研修
読解 平成 20 年 1 月 25 日
村上吉文

などを参考に村上が作成しました。)

正誤判定
○(書いてある) ×(そうでないと書いてある) △(書いてない)
 この夜間コースは無料だ。
 この夜間コースは中学二年生が対象だ。
 普通の学習塾よりも安い。
 このコースは成績の悪い生徒が対象だ。
 参加できたのは、テストで選ばれた頭のいい生徒だけだった。
ほしゅう

 この中学校には土曜日の補習もある。

 公教育を受ける機会は平等であるべきだ。
 このコースは、貧しい人には何のメリットもない。
長期日本語教師研修
読解 平成 20 年 1 月 25 日
村上吉文

公立中学校での夜間有料補習授業に賛成

すぎなみ ち い き しんがくじゅく

 杉並区の公立の中学校で、地域の住民が有名な進学 塾 と協力して、学校の建物を使って中

学二年生対象の夜間のコースを有料で開くことになりました。これは公立の学校としては
とても珍しいことですが、私は賛成です。
まず

 というのは、有料といっても、料金は民間の学習塾の半分以下だし、貧しい家庭の子供は、

そこからさらに半額になるからです。こんなに安く塾に通える機会は民間ではありえませ
ん。頭のいい子供は自分のお金で塾に通えばいいという意見もありますが、頭のいい子供の
すべてがお金持ちの親を持っているわけではありませんから、安く勉強できるのはとても
いいことです。

 次に、「浮きこぼれ」の解決になるというメリットもあります。これは「落ちこぼれ」の反対

で、能力のある生徒が自分のレベルにあった授業を受けられない問題です。日本の公教育で
て あ つ ほ ご む し

は「落ちこぼれ」に対しては手厚く保護してきましたが、
「浮きこぼれ」はほとん ど無視され

たままでした。
びょうどう ひ な ん

 このコースに対して「教育を受ける機会が 平 等でなくなる」と非難する人もいますが、そ

れは違います。なぜなら、実際に応募して授業に参加している 19 人に対して、募集人数は
30 人もあったからです。このコースで勉強したいと思った人は全員が参加できているので
うば

すから、誰も勉強する機会を奪われたわけではありません。
か く さ

 また、格差を広げるという批判もあるようですが、藤原校長のレポートによるとこの中学

校では普通の学校よりも13%も多い授業をしている上、土曜日や夏休みにもボランティ
ほしゅう すで

アたちによる補習があるそうです。落ちこぼれの対策は既にしているのですから、次は浮き

こぼれの対策をする番だと思います。
いの

 これが前例となって、日本の教育が変わってくれることを祈っています。

( http://www.wadachu.info/data/yorusupe.pdf,http://www.wadachu.info/data/fuji
hara_report_070714.pdf などを参考に村上が作成しました)
長期日本語教師研修
読解 平成 20 年 1 月 25 日
村上吉文

正誤判定
○(書いてある) ×(そうでないと書いてある) △(書いてない)
 この夜間コースは無料だ。
 この夜間コースは中学二年生が対象だ。
 普通の学習塾よりも安い。
 このコースは成績の悪い生徒が対象だ。
 参加できたのは、テストで選ばれた頭のいい生徒だけだった。
 この中学校には土曜日の補習もある。
 このコースは、貧しい人には何のメリットもない。