You are on page 1of 40

RJ 92711/09.00/12.01

Replaces: 03.00

RJ92711/09.00

RJ 92711/09.00/12.01 Replaces: 03.00 RJ92711/09.00 可変容量形ポンプ A10VSO シリーズ 31

可変容量形ポンプ A10VSO

シリーズ 31

オープン回路用 斜板アキシャルポンプ

サイズ 28~140

定格圧力 28MPa

瞬間最高圧力 35MPa

定格圧力  28MPa 瞬間最高圧力  35MPa 目次 特長 Page 特長
定格圧力  28MPa 瞬間最高圧力  35MPa 目次 特長 Page 特長

目次

特長

Page 特長 …………………………………………………………1 形式表示 …………………………………………………2,3 技術データ ……………………………………………4~6 騒音データ …………………………………………………7 入力と吐出し量 …………………………………………8,9 外形寸法図 サイズ28,45 …………………………10,11

外形寸法図 サイズ71,100…………………………12,13

外形寸法図 サイズ140…………………………………14

DG ダイレクト制御 ……………………………………15 DR 一定圧保持制御…………………………………16,17 DRG リモート式一定圧保持制御 …………………18,19 DFR 一定圧・一定流量保持制御 …………………20, 21 DFRL 出力一定制御 ………………………………22, 23 FHD パイロット式圧力・流量制御 ………………24, 25 スルードライブ …………………………………………26 外形寸法図 コンビネーションポンプ ………………27

外形寸法図 KB2, KB51, KB3, K25………………28, 29

………………30, 31 ………………32, 33

外形寸法図 K01, K52, K02, K68…………………34, 35

外形寸法図 K04, K07, K24, K17…………………36, 37

外形寸法図 K57…………………………………………38

外形寸法図 KB4, K26, KB5, K27 外形寸法図 KB6, K37, KB7, K59

・オープン回路用の可変容量形斜板アキシャルピストンポン

プです。

・ポンプ吐出し量は回転速度および押しのけ容積に比例しま

す。

・ISOマウンティングを採用しています。

・フランジ接続はSAEメートルネジを採用しています。

・定格圧力は28MPaです。

・低騒音で長寿命です。

・水平または垂直の取付けが可能です。

・出力/質量比に優れています。

・多彩なレギュレータを用意しています。

・応答性に優れています。

・スルードライブができます。

・関連製品案内

サイズ18

RJ92712

・スルードライブができます。 ・関連製品案内 サイズ18 RJ92712 A10VSO 1 / 4 0

A10VSO

1/40

RJ92711/09.00

形式表示

油圧作動油/形式� 28 100 140 石油系作動油(無記号)� ● ● 難燃性作動油(HFA, HFB,
油圧作動油/形式�
28
100
140
石油系作動油(無記号)�
難燃性作動油(HFA, HFB, HFC)�
E
高速形�
-
H
アキシャルピストンポンプ�
可変容量形斜板ポンプ �
定格圧力28MPa 瞬間最高圧力35MPa
A10VS
用途�
ポンプ, オープン回路�
O
サイズ�
押しのけ容積 Vg max(cm 3 )�
28
45
71*
100
140
レギュレータ�
28
45
71
100 140
ダイレクト制御(2ポジション)�
DG
●●
DG
一定圧力保持制御�
DR
●●●●●
DR
DR
G
●●●●●
DRG
リモート式�
一定圧力・一定流量保持制御�
DFR
●●●●●
DFR
DFR
1
●●●●●
DFR1
Xポートプラグ付�
出力一定制御�
●●●●●
DFLR
パイロット式圧力・流量制御�
●●●●●
FHD
電磁比例制御�
●●●●
FE1**
電子式圧力・流量制御�
●●●●●
DFE1**
**詳細は製品案内RE30022を参照ください。�
シリーズ�
31
回転方向�
軸端から見て�
時計回り�
R
反時計回り�
L
シール�
NBR/シャフトシールはFKM
P
FKM(バイトン)�
V
軸端形状�
28
45
71
100
140
ストレート軸(DIN6885, JIS規格と同寸法)�
●●●
P
スプライン軸(SAE規格)�
7/8"
1"
1 1/4"
1 1/2"
1 3/4"
S
スプライン軸(SAE規格、スルードライブ用)�
7/8"
1"
1 1/4"
R

*サイズ71を計画する場合は下記に注意してください。�

吐出ポートBには2種類のSAEフランジがあります。

SAE 11/4"は吐出圧力 25MPまで、SAE 1"は吐出圧力 25MPaを超える場合にそれ�

ぞれ選択してください(12頁を参照ください)。�

新規設計の場合は、必ずSAE1"を選択してください。�

=推奨品�
=推奨品�

= 製作機種�

○�=

準備中�

-�=

使用不可�

RJ92711/09.00

A10VS O / 31 – 12 油圧作動油/形式� アキシャルピストンポンプ� 用途� サイズ�
A10VS
O
/
31
12
油圧作動油/形式�
アキシャルピストンポンプ�
用途�
サイズ�
レギュレータ�
シリーズ�
回転方向�
シール�
軸端形状�
マウンティング�
28
45
71
100 140
ISO 2穴取付�
●●●●
– A
ISO 4穴取付�
–––
● B
供給ポート�
吐出ポートB
 両側面(SAE)�
12
吸入ポートS
  取付ボルトはメートルネジ�
スルードライブ�
28
45
71
100 140
スルードライブなし�
●●●●●
N00
スルードライブあり(アキシャルピストンポンプ, ギヤポンプ, ラジアルピストンポンプを取付ける場合)�
マウンティング�
カップリング�
取付けポンプ�
ISO80,2穴取付�
スプライン軸 3/4" 19-4(SAE A-B)�
A10VSO10, 18(軸SまたはR)�
●●●
KB2
ISO80,2穴取付�
ストレート軸 Ø18
A10VSO18
●●●●●
K51*
ISO100,2穴取付�
スプライン軸 7/8" 22-4(SAE B)�
A10VSO28(軸SまたはR)�
●●●
KB3
ISO100,2穴取付�
ストレート軸 Ø22
A10VSO28
●●●●●
K25*
ISO100,2穴取付�
スプライン軸 1" 25-4(SAE B-B)�
A10VSO45(軸SまたはR)�
– ●●●●
KB4
ISO100,2穴取付�
ストレート軸 Ø25
A10VSO45
– ●●●●
K26*
ISO125,2穴取付�
スプライン軸 1 1/4" 32-4(SAE C)�
A10VSO71(軸SまたはR)�
– ●●●
KB5
ISO125,2穴取付�
ストレート軸 Ø32
A10VSO71
– ●●●
K27*
ISO125,2穴取付�
スプライン軸 1 1/2" 38-4(SAE C-C)�
A10VSO100(軸S)�
–––
● KB6
ISO125,2穴取付�
ストレート軸 Ø40
A10VSO100
–––
● K37*
ISO180,4穴取付�
スプライン軸 1 3/4" 44-4(SAE D)�
A10VSO140(スプライン軸S)�
––––
● KB7
ISO180,4穴取付�
ストレート軸 Ø45
A10VSO140
––––
● K59*
82-2(SAE A, 2穴取付)�
スプライン軸 5/8" 16-4(SAE A)�
1PF2G2, PGF2
●●●●●
K01
82-2(SAE A, 2穴取付)�
スプライン軸 3/4" 19-4(SAE A-B)�
A10VSO10,18(スプライン軸S)
●●●●●
K52
101-2(SAE B, 2穴取付)�
スプライン軸 7/8" 22-4(SAE B)�
1PF2G3
●●●●●
K02
101-2(SAE B)�
スプライン軸 22-4(SAE B)�
A10VSO28(軸S), PGF3
K68
101-2(SAE B)�
スプライン軸 25-4(SAE B-B)�
A10VSO45(軸S), PGH4
●●●●●
K04
127-2(SAE C)�
スプライン軸 32-4(SAE C)�
A10VSO71(軸S)�
K07
127-2(SAE C)�
スプライン軸 38-4(SAE C-C)�
A10VSO100(軸S), PGH5
–––
K24
152-4(SAE D)�
スプライン軸 44-4(SAE D)�
A10VSO140(スプライン軸S)�
––––
K17
メートルネジ, 4穴取付, インナー径Ø63
ストレート軸 Ø25
R4
●●●●●
K57

*新しいご計画には使用しないでください。詳細はお問合せください。�

コンビネーションポンプの表示に組立て出荷�

1. コンビネーションポンプに組立て出荷する場合は、両方の形式表示を明記し"+"記号で表示してください。�

  第1ポンプの形式表示+第2ポンプの形式表示となります。�

注文例:A10VSO 140DFR/31R-PPB12K03 + A10VSO 18DFR/31R-PSC62N00

2. 歯車ポンプ又はラジアルピストンポンプを出荷時にマウントする場合は、お問合せください。�

RJ92711/09.00

技術データ

油圧作動油� 運転前に、油圧作動油の選択および使用条件について、製品案内 RE 90220(石油系作動油)、RE 90221 (生分解性作動油)、 RE 90223(難燃性作動油、HF)より、必ず内容の詳細を調べてか らご使用ください。難燃性作動油または生分解性作動油を使用 する場合は、限界がありますので、その点を考慮してご使用くださ い。詳しくは、当社技術部門にお問合せください(ご注文の際は、 使用されている油圧作動油の銘柄をお知らせください)。�

運転粘度範囲�

運転時の粘度は、効率および装置の寿命を考慮して下記の最

適範囲で使用することをお勧めします。�

ν opt

= 最適粘度、16~36mm 2 /s

タンク温度(オープン回路)に適用します。�

粘度限界�

粘度の限界値は次のようになります。�

ν min = 10mm 2 /s� 許容最高温度(短時間)t max =90℃�

ν max =

1000mm 2 /s� 低温始動時間は短時間であること。�

運転温度範囲(油圧作動油選択グラフを参照)�

t

t

= = +90 °C

25 °C

min

max

油圧作動油選択グラフ�

- 20° 0° 20° 40° 60° 80° 100° 1000 1000 600 400 200 VG 100
- 20°
20°
40°
60°
80°
100°
1000
1000
600
400
200
VG 100
100
VG VG
46 68
80
60
40
VG 22 VG 32
36
νopt
20
15
16
10
10
- 25°
- 10°
10°
30°
50°
70°
90°
温度(℃)�
t min = - 25° C
運転温度範囲�
t max = + 90° C
粘度�ν(mm 2 /s単位)�

油圧作動油の選択�

適切な作動油を選択するために、周辺温度との関係でタンク内

温度を測定する必要があります。�

油圧作動油を選択する場合は、運転温度の範囲で粘度が必ず最

適な範囲(νopt)になるようにします(作動油選択グラフの影付き

部分を参照)。それぞれの場合において、高い粘度グレードを選

択するようにお勧めします。�

[例]周囲温度がX℃で、タンクの作動油温度を60℃とします。最

適な粘度範囲νoptを調べると(グラフの影付き部分)、粘度グレー

ドVG46またはVG68が選択できます。�

この場合、VG68を選択することをお勧めします。�

[重要]ドレーン温度は圧力および回転速度の影響を受け、通常 はタンク内の温度より高くなります。ただし、システムのあらゆる

部分において、最高温度は90℃未満になることが必要です。極

端な運転状況によって上記の条件が満たされない場合、または

周囲温度の高い場合は、お問合せください。�

清浄度基準�

油圧作動油をよりきめの細かい濾過を行うことにより清浄度

が向上し、アキシャルピストンポンプの寿命を延すことがで

きます。アキシャルピストンポンプが最適に機能するように、

清浄度は下記の数値より良くなるようにしてください。�

NAS 1638で9級

ISO/DIS 4406ではそれぞれ18/15級の清浄度が必要です。 �

上記の清浄度を確保できない場合は、お問合せください。�

高速形�

サイズ140は高速形を使用できます。�

外形寸法は標準品と同一で最大押しのけ容積において高速運

転が可能です。仕様は5頁を参照ください。�

メカニカルストッパーによる流量調節�

ストッパーによる流量調節はスルードライブなし(NOOシリーズ)

の場合可能ですがスルードライブの場合は適用できません。�

例外:FE1, FE1D, DFE1制御の場合、最大流量調節ネジによ    る調整はできません。�

Vg max設定範囲=Vg maxからVg max×50%まで�

Vg min設定範囲=Vg minからVg max×50%まで�

技術データ

RJ92711/09.00

油圧作動油は石油系作動油が最適です。� 難燃性作動油はRE90223, 生分解性作動油はRE90221をそ れぞれ参照ください。�

吸入圧力�

吸入ポートSにおける絶対圧力�

 

p abs min

 

0,08 MPa

1)

 

p abs max

3MPa

2)

吐出圧力�

 

吐出ポートBにおける使用圧力�

 

定格圧力PN

 

28MPa

 

瞬間最高圧力Pmax

 

35MPa

31,5MPaで負荷率10%の断続運転を許容します。�

過負荷を制限するために吐出ポートにリリーフ弁を直接取付け ることができます。製品案内RE2588, RE25890から各々ご 注文ください。�

ドレーン圧力�

ドレーン圧力(ポートL,L1)は吸入ポートSの圧力より最

高で0,05MPa高くなりますが、絶対圧力で0,2MPa(ゲー

ジ圧0,1MPa相当)を超えてはなりません。�

吐出方向�

SからB    �

仕様(理論値。機械効率、容積効率は含まない。)�

吸入絶対圧力Pabs―押しのけ容積比―回転速度比の関係線図�

1,2 0,16 0,14 1,1 0,12 0,1 1,0 0,09 0,08 0,9 0,8 0,9 1,0 0,7 回転速度比�
1,2
0,16
0,14
1,1
0,12
0,1
1,0
0,09
0,08
0,9
0,8
0,9
1,0
0,7
回転速度比�
n/n o max ➝
吸入絶対圧力pabs [MPa]➝

押しのけ容積比 Vg/Vg max

[MPa]➝ 押しのけ容積比 V g /V g max 1) 絶対圧力0,08MPaはゲージ圧-0,02MPa�

1) 絶対圧力0,08MPaはゲージ圧-0,02MPa�  に相当します。�

2) 絶対圧力3MPaはゲージ圧2MPaに相当し�  ます。�

サイズ�

28

45

71

100

140/高速形�

押しのけ容積�

V

g max

cm 3

28

45

71

100

140/140

最高回転速度�

1

)

V g max

時�

n

o max

min 1

3000

2600

2200

2000

1800/2050

限界最高回転速度�

吸入絶対圧力Pabsが関係線図を満すか� 押しのけ容積がVg<Vg maxの時。�

n

o max

min 1

3600

3100

2600

2400

2100/2200

最大吐出し量�

n o max

時�

q

vo max

L/min

84

117

156

200

252/287

n E = 1500 min 1

時�

 

L/min

42

68

107

150

210

最大入力�

n o max

時�

P

o max

kW

39

55

73

93

118/134

P=28MPa)�

 

n E = 1500 min 1

時�

 

kW

20

32

50

70

98

最大軸トルク(P=28MPa)�

V g max

T

max

Nm

125

200

316

445

623

軸トルク(P=10MPa)�

V g max

時�

T

Nm

45

72

113

159

223

慣性モーメント(回転軸回り)�

 

J

kgm 2

0,0017

0,0033

0,0083

0,0167

0,0242

ハウジング油量�

 

L

0,7

1,0

1,6

2,2

3,0

質量(ドライ時の概略値)�

 

m

kg

15

21

33

45

60

駆動軸の許容荷重�

 

F

N

1000

1500

2400

4000

4800

最大許容アキシャル荷重�

ax max

最大許容ラジアル荷重� 2 )

 

F

q max

N

1200

1500

1900

2300

2800

1 表の値は、吸入ポートSの位置で絶対圧力が0,1MPaの時の数値

)

です。押しのけ容積を減少するか、吸入圧力を増加させることに

より表の限界最高回転速度まで増加させることができます。�

)

2 ラジアル荷重が大きい場合はお問合せください。�

サイズ選定計算式�

吐出し量�

Q =

V

g

n η

v

[L/min]

 

1000

 

軸トルク�

T =

V g p

 

[Nm]

入力�

P =

2 π η mh T n2π T n

=

=

q

v p

[kW]

 

9549 60000

 

60 η t

V

= 押しのけ容積(cm 3 )�

 

g

= 差圧(MPa)�

p

n

= 回転速度(min -1 )�

η

v

= 容積効率�

η

mh

= 機械効率�

η t

= 全効率�(η t = η v η mh )

荷重方向�

Fq ± F ax X/2 X/2 X
Fq
± F ax
X/2
X/2
X

RJ92711/09.00

技術データ

運転前準備�

・運転前にポンプのハウジングを必ず油圧作動油で満たします。�

また運転中は常に満たされた状態にします。�

2. 水平取付(軸が横向き)

ポートLまたは"L1"が上になるように、ポンプを設置します。�

・騒音を最小限に抑えるために、すべての配管(吸入、吐出、ドレ�

ーンの接続ポート)をフレキシブルホースでタンクに接続してく

2.1 タンク内取付

ださい。�

・ドレーン配管にチェックバルブを使用しないでください。�

 ただし、使用可能な場合もありますのであらかじめ当社までお�

問合せください。� � 1. 垂直取付(軸が上向き)�
問合せください。�
1. 垂直取付(軸が上向き)�
下記の取付条件に注意してください。�

1.1 タンク内取付(油浸)取付前に、ポンプを水平にし、ハウジングに作動油を満たして ください。�

a)油面がポンプマウンティング面と同じかそれより上の場合�

はポート"L"、"L1"および"S"を開口します(図1参照)。�

b)油面がポンプマウンティング面より下の場合は、ポートL 1

およびSに配管をしてください(図2参照)。1.2.1の場合は

ポートLにプラグをします。�

油面� L 1 min. 200 mm S
油面�
L 1
min. 200 mm
S

1.2 タンク外取付�

L

図1

取付前に、ポンプを水平にし、ハウジングに作動油を満たし てください。�

タンク上部の取付については、図2を参照してください。�

取付条件:� 1.2.1 ・ポンプ最低吸入絶対圧力p abs min=0,08MPa。�        (動特性を含む)� [注意]騒音を抑えるために可能なかぎりタンク上部への� 取付は避けてください。� ・吸入配管の許容高さhは、下記の数値にしてください。� 油面までの配管長さ h max=800mmを超えないこと。� 油面からの配管長さ h t min=200mmのこと。�

L L 1 S 油面� バッフル� h h max t min
L
L 1
S
油面�
バッフル�
h
h max
t min

図2

a)油面がポンプより上の場合は、ポート"L"、"L1"を開放し"S"

も開放します(図3参照)。�

b)油面がポンプの上部と同じかまたは下の場合は、ポート�

"L"、およびSを配管します(図4参照)。�

条件は1.2.1に準じます。�

油面�

min. 200 mm L L 1 S 2.2 タンク外取付� h t min
min. 200 mm
L
L 1
S
2.2 タンク外取付�
h t min

図3

運転前にポンプのハウジングに作動油を満たしてください。�

ポートSと2個のドレーン・ポート"L"または"L1"の高い位置の

方に配管します。�

a)タンク上部への取付けについては、図4を参照してくださ

い。条件は、1.2.1に準じます。� L S 油面� L 1 バッフル� 図4
い。条件は、1.2.1に準じます。�
L
S
油面�
L 1
バッフル�
図4
b)タンクより下に取付る場合は図5に従ってポート"L1"およ
h max
h t min

び"S"を配管します。"L"はプラグで塞ぎます。�

バッフル�

油面�

L 1 S L h t min
L
1
S
L
h t min

図5

騒音データ(DR

一定圧力保持制御の場合)

RJ92711/09.00

騒音レベル� 条件� 測定場所:無響室�

マイクロホーン:ポンプから1m�

誤差:±2dB(A)�

作動油:ISO VG 46, 油温=50℃�

28

74 q v max 72 q v Null zero 70 q v max 68 n
74
q
v max
72
q
v Null zero
70
q
v max
68
n = 3000 min -1
q
v Null zero
66
n = 1500 min -1
64
62
60
58
56
0 5
10
15
20
25
28
吐出圧力�P [MPa]
サイズ 45
76
q v max
74
q
v Null
zero
72
q v max
n =
2600 min -1
70
q
v Null
zero
68
n
=
1500 min -1
66
64
62
60
58
0 5
10
15
20
25
28
吐出圧力�P [MPa]
騒音レベル�L A [dB(A)]
騒音レベル�L A [dB(A)]

サイズ 71

80 q v max 78 q v Null zero 76 74 n = 2200 min
80
q v max
78
q v Null zero
76
74
n =
2200 min -1
q v max
72
70
q v Null zero
68
n
=
1500 min -1
66
64
62
60
58
0 5
10
15
20
25
28
吐出圧力�P [MPa]
騒音レベル�L A [dB(A)]

サイズ 100

82 q 80 q 78 n = 2000 min -1 76 q 74 q 72
82
q
80
q
78
n =
2000 min -1
76
q
74
q
72
n
=
1500 min -1
70
68
66
64
62
60
0
5
10
15
20
25
28
吐出圧力�P [MPa]
騒音レベル�L A [dB(A)]

サイズ 140

v max

vNull zero

v max

vNull zero

84 82 80 n = 1800 min -1 q v max q v max q
84
82
80
n = 1800 min -1
q v max
q v max
q v Null zero
78
q v Null zero
76
n
=
1500 min -1
74
72
70
68
66
64
62
60
0
5
10
15
20
25
28
吐出圧力�P [MPa]
騒音レベル�L A [dB(A)]

RJ92711/09.00

入力と吐出し量

油圧作動油:ISO VG46, 油温50℃�

サイズ 28

– – – – n = 1500 min 1 n = 3000 min 1

サイズ 45

– – – – n = 1500 min 1 n = 2600 min 1

サイズ 71

– – – – n = 1500 min 1 n = 2200 min 1

90 80 40 60 q 30 v P qv max 40 20 20 10 P
90
80
40
60
q
30
v
P qv max
40
20
20
10
P qv
zeroNull
0
0
5
10
15
20
25
28
吐出圧力 p[MPa]
120
60
100
50
q v
80
40
P qv max
60
30
40
20
P qv zero
Null
20
10
0
0
5
10
15
20
25
28
吐出圧力 p[MPa]
160
80
140
70
q v
120
60
100
50
80
40
P qv max
60
30
40
20
P qv zero
20
10
0
0
5
10
15
20
25
28
吐出圧力 p[MPa]
吐出し量Q[L/min]吐出し量Q[L/min]
吐出し量Q[L/min]
入力P[kW]入力P[kW]
入力P[kW]

入力と吐出し量

RJ92711/09.00

油圧作動油:ISO VG46, 油温50℃�

サイズ 28

– – – – n = 1500 min 1 n = 2000 min 1

サイズ 140

– – – – n = 1500 min 1 n = 1800 min 1

全効率�

q v p

η t =

P

60

qv max

q v

q v theor.

容積効率�

η v =

200 100 180 90 q v 160 80 140 70 120 60 P qv max
200
100
180
90
q
v
160
80
140
70
120
60
P
qv max
100
50
80
40
60
30
40
20
P qv
zero
20
10
0
吐出し量Q[L/min]
入力P[kW]
0 5 10 15 20 25 28 吐出圧力 p[MPa] 260 130 240 120 q v
0 5
10
15
20
25
28
吐出圧力 p[MPa]
260
130
240
120
q v
110
220
100
200
90
180
80
P
160
qv max
70
140
60
120
50
100
40
80
30
60
20
P qv zero
40
10
20
0
0
5
10
15
20
25
28
吐出圧力 p[MPa]
吐出し量Q[L/min]
入力P[kW]

RJ92711/09.00

外形寸法図 サイズ28

スルードライブ形式 NOO(スルードライブなし)�

レギュレータなし�

設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。

45° 174 ストレート軸 P 9 90 V ISO 3019/2 6,3 L B 2穴取付 L 2
45°
174
ストレート軸 P
9
90
V
ISO 3019/2
6,3
L
B
2穴取付
L
2
32
6h8
16
Y
13
L1
S
L1
10
40
ø140
Y矢視�
W
傾転設定調整ネジ�
46
164
ø164
206
83,5
45°
26
14
74
ø100 h8
ø22 j6
M6
8080
75
24,5 -0,1

スプライン軸 S

形式 22-4; (SAE B) SAE J744 OCT 83 16 25,1 33,1 41 ø7/8" 1/4-20UNC-2B
形式
22-4; (SAE B)
SAE J744 OCT 83
16
25,1
33,1
41
ø7/8"
1/4-20UNC-2B

スプライン軸 R

形式�22-4; (SAE B) SAE J744 OCT 83 16 ø32 有効スプライン長さ� 25 41 ø7/8” 1/4-20UNC-2B
形式�22-4; (SAE B)
SAE J744 OCT 83
16
ø32
有効スプライン長さ�
25
41
ø7/8”
1/4-20UNC-2B

圧力角 30°�

歯数 13�

直径ピッチ 16/32

圧力角 30°�

歯数 13�

直径ピッチ 16/32

B

吐出ポート�

SAE 3/4"

(標準形)

S

吸入ポート�

SAE 1 1/4"

(標準形)

L/L 1

ドレーンポート�M18x1,5

(L1プラグ付)

W矢視�

S M10-17 30,2 V矢視� B M10-17 22,2 47,6 58,7 ø20 ø32
S
M10-17
30,2
V矢視�
B
M10-17
22,2
47,6
58,7
ø20
ø32

外形寸法図 サイズ45

RJ92711/09.00

スルードライブ形式 NOO(スルードライブなし)�

レギュレータなし�

設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。

45° ストレート軸 P 9 96 V ISO 3019/2 L B 6,3 2穴取付 L 3 36
45°
ストレート軸 P
9
96
V
ISO 3019/2
L
B
6,3
2穴取付
L
3
36
8h9
19
Y
13
L1
S
L1
10
45
ø140
Y矢視�
W
傾転設定調整ネジ�
52
184
ø184
224
93,5
45°
26
14
83
ø100 h8
ø25 j6
M8
9090
80,5
28 -0,2

スプライン軸 S

形式 25-4; (SAE B-B) SAE J744 OCT 83 16 30 38 45,9 ø1" 1/4-20UNC-2B
形式 25-4; (SAE B-B)
SAE J744 OCT 83
16
30
38
45,9
ø1"
1/4-20UNC-2B

スプライン軸 R

形式 25-4; (SAE B-B) SAE J744 OCT 83

圧力角 30°�

歯数 15�

直径ピッチ 16/32

圧力角 30°� 歯数 15� 直径ピッチ 16/32 16 29,5 有効スプライン長さ� 45,9 B
圧力角 30°�
歯数 15�
直径ピッチ 16/32
16
29,5
有効スプライン長さ�
45,9
B
吐出ポート�
SAE 1"
(標準形)
S
吸入ポート�
SAE 1 1/2"
(標準形)
L/L 1
ドレーンポート�M22x1,5
(L1プラグ付)
ø1”
1/4-20UNC-2B

W矢視�

S M12- 20 35,7 69,9 ø40
S
M12- 20
35,7
69,9
ø40

W矢視�

26,2 52,4 ø25
26,2
52,4
ø25

B

M10-17

RJ92711/09.00

外形寸法図 サイズ71

スルードライブ形式 NOO(スルードライブなし)�

レギュレータなし�

設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。

45° ストレート軸 P V 9 115 ISO 3019/2 L B 6 2穴取付 L 2,5 45
45°
ストレート軸 P
V
9
115
ISO 3019/2
L
B
6
2穴取付
L
2,5
45
10h9
22
Y
17
L1
S
L1
10
53
ø180
傾転設定調整ネジ�
W
Y矢視�
60
217
ø210
259
107,5
45°
33
18
98
ø125 h8
ø32 j6
M10
104104
92
35-0,2

スプライン軸 S

形式 32-4; (SAE C) SAE J744 OCT 83 19 39,5 47,5 55,4 ø1 1/4" 5/16-18UNC-2B
形式 32-4; (SAE C)
SAE J744 OCT 83
19
39,5
47,5
55,4
ø1 1/4"
5/16-18UNC-2B

スプライン軸 R

圧力角 30°�

歯数 14�

直径ピッチ 12/24

形式 32-4; (SAE C) SAE J744 OCT 83 圧力角 30°� 歯数 14� 直径ピッチ 12/24 19
形式 32-4; (SAE C)
SAE J744 OCT 83
圧力角 30°�
歯数 14�
直径ピッチ 12/24
19
38
有効スプライン長さ�
51,6
58,7
ø1 1/4"
5/16-18UNC-2B

W矢視�

42,9 77,8 ø50
42,9
77,8
ø50

W矢視�

S

M12- 20

ø25 SAE 1"取付ネジ M10-17 B SAE 1 1/4"取付ネジ M10-17 30,2 52,4 58,7 26,2
ø25
SAE 1"取付ネジ M10-17
B
SAE 1 1/4"取付ネジ M10-17
30,2
52,4
58,7
26,2

注記

吐出ポートBには位置を90°変更することにより2種類のSAEフランジ

が取付けられます。SAE 1 1/4"は25MPaまで、SAE 1"は25MPaを

超える場合に適用します。25MPaを超える場合、または新規設計の

場合は必ず"SAE 1"を選択してください。�

B

吐出ポート�

SAE 1"

(標準形) SAE 1"またはSAE 1 1/4"(オプショナル)用の取付ネジ付。�

S

吸入ポート

SAE 2"

(標準形)

L/L 1

ドレーンポート

M22x1,5

(L1プラグ付)

外形寸法図 サイズ100

RJ92711/09.00

スルードライブ形式 NOO(スルードライブなし)�

レギュレータなし�

ストレート軸 P

設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。

45° V 9 175 ISO 3019/2 L B 6 2穴取付 L 1,5 68 12h9 28
45°
V
9
175
ISO 3019/2
L
B
6
2穴取付
L
1,5
68
12h9
28
Y
20
L1
S
L1
10
95
180
傾転設定調整ネジ�
W
Y矢視�
80
275
210
329
118
106
ø125 h8
ø40 k6
M12
100100
152
43-0,2
17,5
95
102

スプライン軸 S

形式 38-4; (SAE C-C) SAE J744 OCT 83 28 43,6 54 61,9 ø1 1/2" 7/16-14UNC-2B
形式
38-4; (SAE C-C)
SAE J744 OCT 83
28
43,6
54
61,9
ø1 1/2"
7/16-14UNC-2B

圧力角 30°�

歯数 17�

直径ピッチ 12/24

W矢視� V矢視� 最大傾転設定� 最小傾転設定� 調整ネジ� 調整ネジ� S B M14-19
W矢視�
V矢視�
最大傾転設定�
最小傾転設定�
調整ネジ�
調整ネジ�
S
B
M14-19
M12-17
最小傾転設定�
最大傾転設定�
50,8
31,8
調整ネジ�
調整ネジ�
B
吐出ポート�
SAE 1 1/4"
(高圧形)
S
吸入ポート�
SAE 2 1/2"
(標準形)
L/L 1
ドレーンポート�
M27x2
(L1プラグ付)
88,9
ø60
66,7
ø32

RJ92711/09.00

外形寸法図 サイズ140

スルードライブ形式 NOO(スルードライブなし)�

レギュレータなし�

ストレート軸 P

9

173

設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。

45° ISO 3019/2 V 6,4 4穴取付 L B 1,5 80 L 14 h9 36 S
45°
ISO 3019/2
V
6,4
4穴取付
L
B
1,5
80
L
14 h9
36
S
L1
Y
21 L1
ø18
10
78
W 傾転設定調整ネジ�
158,4
200 Y矢視�
92
275
337,5
131
スプライン軸 S
形式 44-4; (SAE D)
SAE J744 OCT 83
圧力角 30°�
歯数 13�
直径ピッチ 8/16
36
55
67
75
W矢視�
V矢視�
最大傾転設定�
最小傾転設定�
調整ネジ�
調整ネジ�
118,5
S
B
M14-19
M12-17
最小傾転設定�
最大傾転設定�
50,8
31,8
調整ネジ�
調整ネジ�
B
吐出ポート�
SAE 1 1/4"
(高圧形)
S
吸入ポート�
SAE 2 1/2"
(標準形)
L/L 1
ドレーンポート�
M27x2
(L1プラグ付)
ø180 h8
ø45 k6
M16
ø1 3/4"
5/8-11UNC-2B
88,9
ø63
110110
66,7
ø32
200
158,4
48,5-0,2
108
113

DG

ダイレクト制御(2ポジション)

RJ92711/09.00

設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。

X

外部圧力をポートXに接続することにより、ポンプ傾転をVgmax
外部圧力をポートXに接続することにより、ポンプ傾転をVgmax
またはVgminに切換られます。パイロット圧力 Pstは3MPa以上
になります。�
B
切換圧力Pstは吐出圧力の1/4が必要です。�
P
Pst=
4
Xポートの切換圧力(Vgmax時)Pst= 0MPa
P
Xポートの切換圧力(Vgmin時)Pst≧ 3MPa~�
4
切換圧力�
最低切換圧力�
3MPa
最高切換圧力�
28MPa
S
L1
L
外形寸法図�
ブロックポート�
ブロックポート�
サイズ 28
100
B
(反時計回り)�
(時計回り)�
A 1
X
S
A 2
A 3
A 4
サイズ 140 ブロックポート� ブロックポート� A 1 B (反時計回り)� (時計回り)�
サイズ 140
ブロックポート�
ブロックポート�
A 1
B
(反時計回り)�
(時計回り)�
X
S
A
2
A
外形寸法図
3
A 4

サイズ�A 1

A 2

A 3

A 4

X(プラグ付)

28

158

100

103,5

3

R 1/4"

45

173

110

113,5

3

R 1/4"

71

201

123,5

127,5

3

R 1/4"

100

268

128,5

132,5

3

R 1/4"

140

268

153

158

4,6

M14x1,5

接続ポート�

B

吐出ポート�

S

吸入ポート�

L, L1

ドレーンポート(L1はプラグ付)�

X

ドレーンポート(プラグ付)�

RJ92711/09.00

DR

一定圧力保持制御

一定圧力保持制御は、ポンプの制御範囲内で油圧システムの

圧力を一定に保ちます。従ってポンプはアクチュエータが必

要とする油量のみを供給します。圧力はDR弁の調整ネジで設

定します。�

制御線図�

オーバライドP

qv max 圧力調整範囲� qv min 2 28 吐出し量�qv
qv max
圧力調整範囲�
qv min
2
28
吐出し量�qv

吐出圧力�P [MPa]

ステップ応答� 線図は、ポンプをタンク内に設置して下記の条件で� ステップ応答させた平均的な測定値です。� 条件: n1=1500min -1�     toil=50℃�     カットオフ圧力 35MPa�

吐出ポートから1m下流にリリーフ弁を設置し、その吐出ラインを

急激にステップ応答させたポンプ特性です。�

35 30 25 20 15 10 5 0 V gmax V gmin 応答時間�t 応答時間(昇圧)t�
35
30
25
20
15
10
5
0
V
gmax
V
gmin
応答時間�t
応答時間(昇圧)t�
応答時間(降圧)�
SA
t SE
押しのけ容積� ➝
吐出圧力�P [MPa] ➝
(斜板角)
接続ポート�
接続ポート�

B

吐出ポート�

S

吸入ポート�

L, L 1

ドレーンポート(L1はプラグ付)�

 

技術データ�

ヒステリシスP

最高 0,3MPa

オーバライドP

サイズ�

28

45

71

100

140

p

MPa

0,4

0,6

0,8

1,0

1,2

パイロット油量�

最大 約3L/min

Qmax時の損失流量は8~9頁を参照ください。�

応答時間�

 

t

SA

(ms)

t

SA

(ms)

t

SE

(ms)

0→5MPa

0→22MPa

28→0MPa

28

60

30

20

45

80

40

20

71

100

 

50

25

100

125

 

90

30

140

130

 

110

30

RJ92711/09.00

DR 外形寸法図 設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。 サイズ 28 100
DR
外形寸法図
設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。
サイズ 28
100
レギュレータ取付位置�
レギュレータ取付位置�
(反時計回り)�
(時計回り)�
B
圧力設定調節ネジ�
Y
Y矢視�
S
A 2
A 1

サイズ 140

レギュレータ取付位置�

レギュレータ取付位置�

(反時計回り)� (時計回り)� B 圧力設定調節ネジ� Y Y矢視� S A 2 A 1
(反時計回り)�
(時計回り)�
B
圧力設定調節ネジ�
Y
Y矢視�
S
A 2
A 1

サイズ�

A 1

A 2

28

109

136

45

106

146

71

106

160

100

106

165

140

127

169

RJ92711/09.00

DRG

リモート式一定圧力保持制御

リモート制御用にリリーフ・バルブを外部からXポートに配管

します。ただし、リリーフ・バルブは別手配になります。�

� 標準のレギュレータは差圧で2MPaに設定され、パイロッ
標準のレギュレータは差圧で2MPaに設定され、パイロッ
ト流量は1,5L/minになります。別の設定が必要な場合(1MPa~
2,2MPaの範囲)は、お知らせください。�
リリーフ弁として、下記の機種をお勧めします。�
DBDH 6・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・RE 25402を参照。�
DBETR-SO 381(電磁比例弁)・・RE 29166を参照。�

配管長は必ず2m以内にしてください。�

制御線図�

-1

(at n 1 = 1500 min ; t oil =50°C)

制御線図�

オーバライド�P

qv max 圧力調整範囲� qv min 2 28 吐出し量�qv
qv max
圧力調整範囲�
qv min
2
28
吐出し量�qv

吐出圧力�P [MPa]

制御データ

ヒステリシス�P

 

最大 0,3MPa

オーバライド�

サイズ�

28

45

71

100

140

p

MPa

0,4

0,6

0,8

1,0

1,2

パイロット油量�

 

約 4,5L/min

損失流量Qmaxは8~9頁を参照ください�

サイズ 28 100 gehört nicht zum Lieferumfang 別途手配品� X B S L1 L
サイズ 28
100
gehört nicht
zum Lieferumfang
別途手配品�
X
B
S L1
L

gehört nicht

zum Lieferumfang サイズ 140 別途手配品� X B S L1 L 接続ポート� B 吐出ポート� S
zum Lieferumfang
サイズ 140
別途手配品�
X
B
S L1
L
接続ポート�
B
吐出ポート�
S
吸入ポート�
L, L 1
ドレーンポート(L1はプラグ付)�
X
パイロットポート

DRG 外形寸法図

RJ92711/09.00

設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。

サイズ 28 100 レギュレータ取付位置� レギュレータ取付位置� (反時計回り)�
サイズ 28
100
レギュレータ取付位置�
レギュレータ取付位置�
(反時計回り)�
(時計回り)�
B
差圧設定調整ネジ�
A 5
圧力設定調節ネジ�
X
X
Y
Y矢視�
S
A 3
接続ネジ�
7/16-20 UNF-2B
A 2
サイズ 140
レギュレータ取付位置�
レギュレータ取付位置�
(反時計回り)�
(時計回り)�
A 5
差圧設定調整ネジ�
B
X
X
Y
S
A 3
Y矢視�
A 2
A
4
A 4
A 1
A
1

サイズ� A 1

A 2

A 3

A 4

A 5

Xポート�

28

109

136

119

40

119

M14x1,5-12

}

 

45

106

146

129

40

134

M14x1,5-12

アダプター付�

71

106

160

143

40

162

M14x1,5-12

100

106

165

148

40

229

M14x1,5-12

 

140

127

169

143

27

244

M14x1,5-12

アダプターなし�

RJ92711/09.00

DFR/DFR1

一定圧力・一定流量保持制御

一定圧力保持機能に加え、一定流量を保持する機能を有します。�

吐出ラインに可変または固定絞りを設け、その絞り前後の差圧を�

一定にすることにより吐出流量を一定に保ちます。�

� � 絞り弁およびXポートとタンクまでの配管は別手配になります。� �
絞り弁およびXポートとタンクまでの配管は別手配になります。�

DFR1はXポートとタンクとの回路は接続されておりません。�

一定圧力保持制御は16~17頁を参照ください。�

制御線図�

-1 (at n 1 = 1500 min ; t oil =50°C) qv max 圧力調整範囲� qv
-1
(at n 1 = 1500 min ; t oil =50°C)
qv max
圧力調整範囲�
qv min
2
28
吐出圧力 P [MPa]
吐出し量�qv
∆ qv(表を参照)�
X 別手配品� DFR1は回路が 接続されてお B りません。従 ってオリフィ ス加工はあり
X
別手配品�
DFR1は回路が
接続されてお
B
りません。従
ってオリフィ
ス加工はあり
ません。�
S L1
L
回転速度ー吐出し量関係線図� 10 v吐出し量�q ∆ qv(表を参照)�
回転速度ー吐出し量関係線図�
10
v吐出し量�q
∆ qv(表を参照)�
回転速度�n ステップ応答�
回転速度�n
ステップ応答�
線図は、ポンプをタンク内に設置して下記の条件でステップ応答
させた平均的な測定値です。�
条件 n1=1500min -1 , toil=50℃�
100
35
30
28
75
25
20
50
15
10
25
5
1,8
0
(stand by)
(stand-by)
応答時間�t
応答時間(昇圧)t SA
応答時間(降圧)t SE
押しのけ容積�V g % ➝
吐出圧力�[MPa]➝

接続ポート�

B

吐出ポート�

S

吸入ポート�

L, L1

ドレーンポート(L1はプラグ付)�

X

パイロットポート�

差圧Pの設定�

・差圧1,0~2,2MPaの範囲で調整が可能です。�

・標準設定は1,4MPaです。別の設定が必要な場合は、お知�

らせください。� ・ポートXがタンクに開放されている時のスタンバイ圧力は�

P=1,8±0,2MPaになります。�

流量特性�

一定圧力保持制御は16頁を参照ください。�

n1=1500min -1 時の流量精度qv max

サイズ�

 

28

45

71

100

140

qv max

L/min

1,0

1,8

2,8

4,0

6,0

DFRパイロット供給油量�

DFR1パイロット供給油量�

Qmax時の損失流量は8~9頁を参照ください。�

最大 約3~4,5L/min 最大 約3L/min

サイズ�

t SA (ms)

t SE (ms)

t SE (ms)

1,828MPa

281,8MPa

351,8MPa

28

40

20

40

45

50

25

50

71

60

30

60

100

120

60

120

140

130

60

130

RJ92711/09.00

DFR/DFR1 外形寸法図 設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。 サイズ 28 100
DFR/DFR1
外形寸法図
設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。
サイズ 28
100
レギュレータ取付位置�
レギュレータ取付位置�
(反時計回り)�
(時計回り)�
B
A 5
圧力設定調節ネジ�
差圧設定調整ネジ�
X
X
Y
Y矢視�
S
接続ネジ�
A 3
7/16-20 UNF-2B
A 2
A 4
A 1

Y

サイズ 140

レギュレータ取付位置�

レギュレータ取付位置�

(反時計回り)� (時計回り)� A 5 差圧設定調整ネジ� B 圧力設定調節ネジ� X X S
(反時計回り)�
(時計回り)�
A 5
差圧設定調整ネジ�
B
圧力設定調節ネジ�
X
X
S
A 3
Y矢視�
A 2
A 4
A 1

サイズ� A 1

A 2

A 3

A 4

A 5

X

28

109

136

119

40

119

M14x1,5-12

}

 

45

106

146

129

40

134

M14x1,5-12

アダプター付�

 

71

106

160

143

40

162

M14x1,5-12

 

100

106

165

148

40

229

M14x1,5-12

140

127

209

183

27

244

M14x1,5-12

アダプターなし�

RJ92711/09.00

DFLR

出力一定制御

負荷変動する運転下で駆動トルクを一定にするため、ポンプ

の傾転角を制御し、吐出し量と圧力を一定に保持します。流

量制御は、出力曲線の設定範囲内で可能です。�

制御線図�

最大出力線図�

100 75 50 最小出力線図� 25 0 5 10 15 20 25 28 30 吐出圧力 P[MPa]�
100
75
50
最小出力線図�
25
0
5
10
15
20
25
28
30
吐出圧力 P[MPa]�
吐出し量 qv [%]

出荷時に出力曲線を設定するための条件を具体的に�

お知らせください。�

[例] 1500min -1 時、出力20kWに設定する。�

制御データ

一定圧力保持制御については16頁を参照ください。�

一定圧力・一定流量保持制御については20頁を参照ください。�

制御開始圧力                8,0MPaから� パイロット供給油量            最大 約5,5L/min�

Qmax時の損失流量は8~9頁を参照してください。�

別手配品� 接続ポート� B 吐出ポート� S 吸入ポート� L, L1
別手配品�
接続ポート�
B
吐出ポート�
S
吸入ポート�
L, L1
ドレーン・ポート(L1はプラグ付)�
X
パイロットポート�

RJ92711/09.00

DFLR 外形寸法図 設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。 サイズ 28 100
DFLR
外形寸法図
設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。
サイズ 28
100
レギュレータ取付位置�
レギュレータ取付位置�
(反時計回り)�
(時計回り)�
出力一定制御弁�
圧力設定調節ネジ�
A 5
A 3
B
差圧設定調整ネジ�
X
Y
Y矢視�
S
A 2
接続ネジ�
A 6
A 4
A 1

サイズ 140

7/16-20 UNF-2B

レギュレータ取付位置�

レギュレータ取付位置�

(反時計回り)� (時計回り)� 圧力設定調節ネジ� 出力一定制御� A 5 A 3 B
(反時計回り)�
(時計回り)�
圧力設定調節ネジ�
出力一定制御�
A 5
A
3
B
差圧設定調整ネジ�
X
Y
Y矢視�
S
A
2
A 6
A
4
A
1

サイズ� A 1

A 2

A 3

A 4

A 5

A 6

Xポート�

28

109

136

119

40

197

107

M14x1,5-12

45

106

146

129

40

212

112

M14x1,5-12

71

106

160

143

40

240

124

M14x1,5-12

100

106

165

148

40

307

129

M14x1,5-12

140

127

209

183

27

314

140

M14x1,5-12

RJ92711/09.00

FHD

パイロット式圧力・流量制御

ポンプ傾転角(吐出し量)をポートXのパイロット圧力Ppilot xで制 御します。�

ポートYのパイロット圧力Pyを必ず3,5MPaにします。�

パイロット圧で流量を無段階に制御できます。�

(設定値をお知らせください)�

制御データ� ヒステリシス                Vg max×±2%�

Yポートへのパイロット供給油量

最大 約3~4,5L/min�

オーバライドΔp

Qmax時の損失流量は8~9頁を参照してください。�

最大 0,4MPa�

接続ポート�

B

吐出ポート�

S

吸入ポート�

L, L1

ドレーンポート(L1はプラグ付)�

X, Y

MSt

パイロットポート�

ゲージポート�

Y X MSt B S LL1
Y
X
MSt
B
S
LL1
制御線図� (n1=1500min -1 ;toil=50℃時)� オーバライド�∆P 設定範囲� 1,8 1,2 0,6 2 28
制御線図�
(n1=1500min -1 ;toil=50℃時)�
オーバライド�∆P
設定範囲�
1,8
1,2
0,6
2
28
吐出圧力P[MPa]�
パイロット圧力Ppilot[MPa]�
押しのけ容積 Vg/Vg max[%]�

RJ92711/09.00

FHD 外形寸法図 設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。 サイズ 28 100
FHD
外形寸法図
設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。
サイズ 28
100
レギュレータ取付位置�
レギュレータ取付位置�
(反時計回り)�
(時計回り)�
A 5
圧力設定調節ネジ�
A 7
A 3
B
Y
X
Y
Y矢視�
A 9
A 2
接続ネジ
S
MSt
7/16-20 UNF-2B
A 12
A 11
A 6
A 10
A 1
A 8
A 4
X

サイズ 140

レギュレータ取付位置�

レギュレータ取付位置�

(反時計回り)� (時計回り)� 圧力設定調節ネジ� A 5 A 7 A 9 A 3 B Y X X
(反時計回り)�
(時計回り)�
圧力設定調節ネジ�
A 5
A 7
A 9
A 3
B
Y
X
X
Y
S
Y矢視�
A 12
A 11
A 2
A 6
A
1
A
8
A 4
A 10

サイズ� A 1

A 2

A 3

A 4

A 5

A 6

A 7

A 8

A 9

A 10

A 11

A 12

Xポート� Yポート� M St

28

109

136

119

40

119

107

48

86

51

113

158

124

M14x1,5

M14x1,5

パイプ径ø8x1,5 DIN 2391

45

106

146

129

40

134

112

54

91,5

51

113

173

134

M14x1,5

M14x1,5

パイプ径ø8x1,5 DIN 2391

71

106

160

143

40

162

124

69

103,5

51

113

201

148

M14x1,5

M14x1,5

パイプ径ø8x1,5 DIN 2391

100

106

165

148

40

229

129

111

108,5

51

113

268

153

M14x1,5

M14x1,5

パイプ径ø8x1,5 DIN 2391

140

127

209

183

27

244

140

99

119

51

150

268

183

M14x1,5

M14x1,5

パイプ径ø8x1,5 DIN 2391

RJ92711/09.00

スルードライブ

アキシャルピストンポンプA10VSOはスルードライブが可能です。�

3頁の形式表示を参照ください。スルードライブの形式は、表示記

号(KB2~K57)で指定します。�

下記の部品を付属します。�

・カップリング、固定用ボルト、シール、及び�

 必要に応じて取付け用フランジを含みます。�

� � � コンビネーション・ポンプ� �
コンビネーション・ポンプ�

コンビネーション・ポンプに組立ることにより、それぞれ独立した 回路で使用できます。�

1.コンビネーション・ポンプは2個のポンプから構成され、これら

を取付ける場合は、2つの形式表示を"+"記号で結びます。�

注文例:� A10VSO71 DR/31 L-PPA12KB3 +� A10VSO28 DR/31 L-PSA12N00�

2.歯車ポンプまたはラジアルピストンポンプを出荷時に取付け

る場合はお問合せください。�

許容曲げモーメント� m 1 m 2 m 3 l 1 l 2 l 3 m 1
許容曲げモーメント�
m 1
m 2
m 3
l 1
l 2
l 3
m
1 , m
2 [kg]
ポンプ質量�
l 1 , l 2 [mm]
重心間距離�

M m = (m 1 x l 1 + m 2 x l 2 + m 3 x l 3 )

1

[Nm]

 

102

サイズ�

28

45

71

100

140

T m

Nm

880 1370

2160

3000 4500

加速度10g(98,1 m /s 2 )� 作用時の許容曲げ� モーメント�

T m

Nm

88

137

216

300

450

m 1

kg

15

21

33

45

60

l 1

mm

110 130

150

160

160

スルードライブ許容最大トルク� T tot T D
スルードライブ許容最大トルク�
T tot
T D
第1ポンプと第2ポンプのトルク配分は任意です。�

許容最大入力トルクT tot及び許容最大スルードライブトルク TDは下記の値を超えてはなりません。�

サイズ�

28

45

71

100

140

第1ポンプ軸"P"におけるスルードライブ許容最大トルク�

 
 

T

tot

Nm

137

200

439

857 1206

スルードライブ�

T

D

Nm

137

200

439

778 1206

許容最大トルク�

T D

Nm

112

179

283

398

557

サイズ�

28

45

71

100

140

第1ポンプ軸"S"におけるスルードライブ許容最大トルク�

 
 

T

tot

Nm

198

319

626

1104 1620

スルードライブ�

T

D

Nm

160

319

492

778 1266

許容最大トルク�

T D

Nm

112

179

283

398

557

サイズ�

28

45

71

100

140

第1ポンプ軸"S"におけるスルードライブ許容最大トルク�

 
 

T

tot

Nm

225

400

644

スルードライブ�

T

D

Nm

176

365

548

許容最大トルク�

T D

Nm

112

179

283

T tot

T D

= 第1ポンプの許容最大トルク�

= スルードライブ許容最大トルク� (スプライン軸)�

T D = スルードライブ許容最大トルク�

(ストレート軸)�

外形寸法図 コンビネーションポンプ

RJ92711/09.00

A10VSO+A10VSO

設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。

A1 A 2 A3 A4
A1
A 2
A3
A4
第1ポンプ� A10VSO 28 A10VSO 45 A10VSO 71 A10VSO 100 A10VSO 140 第2ポンプ� A 1 A
第1ポンプ�
A10VSO 28
A10VSO 45
A10VSO 71
A10VSO 100
A10VSO 140
第2ポンプ�
A 1
A 2
A 3
A 4
A 1
A 2
A 3
A 4
A 1
A 2
A 3
A 4
A 1
A 2
A 3
A 4
A 1
A 2
A 3
A 4
A10VSO 18
164
204
349
399
184
229
374
424
217
267
412
462
275
338
483
533
275
350
495
545
A10VSO 28
164
204
368,5
410
184
229
393,5
435
217
267
431,5
473
275
338
502,5
544
275
350
514
556
A10VSO 45
––––
184
229
413
453
217
267
451
491
275
338
522
562
275
350
534
574
A10VSO 71
––––––––
217
267
484
524
275
338
555
595
275
350
567
609
A10VSO 100*
– ––––
–––––
– 275
338
613
664
275
350
625
679
A10VSO 140*
– –––
– ––––
– ––––
275
350
625
688
*スルードライブKB6またはKB7(スプライン軸)との組合せの場合。�

RJ92711/09.00

外形寸法図 スルードライブ KB2, K51

設計を完了する前に、外形寸法図をご請求ください。