You are on page 1of 9

はじめにお読み下さい

サーバベースコンバータ V1 について
アンテナハウス株式会社

この度は弊社サーバベースコンバータ V1 をお求め頂き、誠にありがとうございます。
サーバベースコンバータ V1 は、Microsoft Office(Word/Excel/PowerPoint)ファイル、
Justsystem 一太郎ファイル、テキストファイルおよび PDF ファイル をサーバサイドで
PDF / SVG / JPEG / PNG ファイルへ変換するライブラリです。
(但し、JPEG, PNG は Windows 環境のみの機能です。)

パッケージ内容
パッケージ内容は下記の通りです。不足がないかご確認ください。

 サーバベースコンバータ V1 インストールCD
 使用許諾契約書/ライセンス証書

動作環境
 Windows 版
Windows 2000/XP, Windows Server2003

 Linux 版
RedHat Linux 8.0 以上、SuSE Linux 8.1、Turbolinux 8、MIRACLE LINUX V3.0
RC3、Debian GNU/Linux 3.0r2

 Solaris 版
Sun Solaris 8, 9 (Sparc 版)

*CD ラベルでチェックされている OS 用のインストールイメージが入っております

インストールの前に
インストールを始める前に、必ず使用許諾契約書/ライセンス証書をご確認ください。

インストールについて
インストール CD の中のReademe.txt をお読みください。

サポートについて
弊社から、直接お求めいただきました場合は、ソフトウエアのご使用上の不明点、操作の方法
についてのご質問を無償でメールにて承ります。なおサーバベースコンバータ をリセラー会
社経由で購入された場合は、原則としてリセラー会社にて一次サポートを承ります。別途、契
約等で定めのある場合を除いて、アンテナハウスでは直接サポートはいたしません。どうか
ご了承ください。
サポート連絡先
お問い合わせ、サポートサービスに関しては、下記までメールでご連絡ください。

E-Mail : sbc@antenna.co.jp

商品についての問い合わせ
郵便番号 102-0074 
東京都千代田区九段南 4 丁目 3 番 13 号
麹町秀永ビル
アンテナハウス株式会社
電話 03-3234-9631
Fax  03-3221-9975
e-mail: sis@antenna.co.jp
以上
*************************************************************************
ご使用の前にお読みください。

"Antenna House Server Based Converter V1.3 版"

Japanese: < http://www.antenna.co.jp/sbc/ >


E-mail: < sis@antenna.co.jp >
*************************************************************************

本ソフトウェアについて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本ソフトウェアは Microsoft Office(Word/Excel/PowerPoint)文書および PDF を
サーバサイドで PDF / SVG / JPEG / PNG ファイルへ変換するライブラリです。
また Pro 版では、上記に加え SVG / EMF / WMF / CGM / BMP / PNG / GIF / TIF
/ JPG / JP2 を、サーバサイドで PDF / SVG / JPEG / PNG ファイルへ変換するこ
とができます。

(但し、JPEG, PNG は Windows 環境のみの機能です。)

CD のフォルダ構成
~~~~~~~~~~~~~~~~
\
  -sbclic.dat
       ライセンスファイルです。
  -ReadMe.txt
       このファイルです。
  -SBCJ13R1.exe
       Windows 用インストールパッケージです。
  -ANTHsbc-1.3J.R1-sparc.pkg.tgz
       Solaris 用インストールパッケージです。
  -ServerBasedConverter-1.3J-R1.i386.rpm
       Linux 用インストールパッケージです。
  -メンテナンスキー
    -Pro 版
       各プラットフォーム毎の Pro 版メンテナンスキーが保存されています。
        -Windows
            -sbcmlic.dat
        -Solaris
            -sbcmlic.dat
        -Linux
            -sbcmlic.dat
    -Standard 版
       各プラットフォーム毎の Standard 版メンテナンスキーが保存されています。
        -Windows
            -sbcmlic.dat
        -Solaris
            -sbcmlic.dat
        -Linux
            -sbcmlic.dat
    -デベロッパー版
       各プラットフォーム毎の SDK 版メンテナンスキーが保存されています。
        -Windows
            -sbcmlic.dat
        -Solaris
            -sbcmlic.dat
        -Linux
            -sbcmlic.dat

*開発用ライセンスをご購入された場合には、デベロッパー版のメンテナンスキーをご試用
ください。

インストールについて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(1) CD の中に入っている実行形式のプログラムを次の手順でインストールします。

<<Windows 版>>
配布ファイルは自己解凍形式になっています。
実行すると、解凍されて自動的にセットアップランチャーが起動するようになってい
ますので、それに従ってインストールしてください。

<<Linux 版>>

1.su を実行して root シェルを起動し、スーパーユーザーでログインします。


2.rpm コマンドを実行して、パッケージをインストールします。

 # rpm -i [--nodeps ] ServerBasedConverter-1.2J-[XX].i386.rpm


 [--prefix インストール先パス]

 ・パラメータ 機能
  --nodeps
  >インストール実行時に、依存エラーが発生する場合があります。
  >この場合は、--nodeps オプションを指定して下さい。
  --prefix
  >インストール先パス インストール先パスを指定します。
  >指定したパスの下に、/ServerBasedConverter ディレクトリが作成され、
  >Server Based Converter がインストールされます。インストール先パスを
  >指定しない場合、 /usr/ServerBasedConverter にインストールされます。

3.スーパーユーザーからログアウトします。(root シェルを終了)

<<Solaris 版>>

1.su を実行して root シェルを起動し、スーパーユーザーでログインします。


2.pkgadd コマンドを実行して、パッケージをインストールします。

 # pkgadd [-d 格納ディレクトリ][-R インストール先パス] ANTHsbc

 ・パラメータ 機能
  -d
  >格納ディレクトリ
  >パッケージ( ANTHsbc )の格納ディレクトリを指定します。
  >必ず指定してください。
  >カレントディレクトリが Solaris ディレクトリならば -d ./ と指定します。
  -R
  >インストール先パス
  >インストール先パスを指定します。
  >通常は指定しないでください。
  >Server Based Converter は /opt/ANTHsbc にインストールされます。

3.スーパーユーザーからログアウトします。(root シェルを終了)

(2) インストールした状態では、評価版になります。そこで、CD に入っているライセ


ンス・データのファイル 2 つを、インストール先のフォルダにコピーします。
ライセンス・データのファイルは次の2つです。

・sbclic.dat     ライセンスファイル(CD のルートフォルダございます。)
・sbcmlic.dat     保守サービス Key(CD 内にあるご購入いただいた製品に該当する
           フォルダにございます。)

インストール先のフォルダには、評価版用のライセンス・データがありますので、
上書きコピーとなります。

注意事項
~~~~~~~~
本ソフトウェアをご使用の際に、以下の注意を守ってください。

1.本ソフトウェアには製品版と評価版があります。 評価以外の目的で使用される
場合は、別途正式使用権(製品版ライセンス)をご購入ください。詳細は弊社 WEB ペ
ージをご覧ください。 評価版を使用される場合背景にその旨を示すテキストが全組
版結果に表示されます。利用者は、この表示を削除・改変してはいけません。

2. 本ソフトウェアは以下の環境で動作します。

Windows 版 : Windows2000/XP、Windows Server2003、WindowsVISTA


Solaris 版 : Sun Solaris 8,9(Sparc version)
Linux 版 : RedHat Linux 8.0 以上、SuSE Linux 8.1
Turbolinux 8、MIRACLE LINUX V3.0 RC3
(libstdc++.so.5 が必要)

3.本ソフトウェアを Windows インストールする場合、管理者権限を持つユーザで


ログインしてください。管理者権限がないとインストールできません。
また、WindowsXP では、次のエラーメッセージが表示されてインストールすることが
できません。

「InstallShield エンジン(ikernel.exe)を起動できませんでした。クラスが登録さ
れていません」

4.Windows サーバ 2003 でターミナルサーバを稼動していると、


サーバベースコンバータ for Windows をインストールする際に設定されるフォント
フォルダに関して、環境によってインストールを実行した login ユーザの個人設定と
して扱われてしまいます。

インストール時に作成される「font-config.xml」をテキストエディタで開き、
font-folder の指定をご確認ください。

<font-config>
<name-processing-mode mode="windows-name"/>
<font-folder path="C:\Documents and Settings\ログインユーザ名\WINDOWS\Fonts">
</font-folder>

となっているとフォントファイルが見つからないので、変換に失敗しますので、
font-folder path= の指定を Windows のフォントフォルダーのパスに書き換えてく
ださい。

5. 本ソフトウェアを Solaris/Linux にインストールする場合は、root 権限が必要


です。

6. 評価版には以下の制約事項があります。

・ページ下部に、弊社 Web サイトへの案内が挿入されます。


・ページ背景に評価版である旨すかしが挿入されます。
・インストールしてから 90 日を過ぎると利用できなくなります。
・評価以外の目的で日常業務に利用することはできません。

本ソフトウェアの使用方法
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本ソフトウェアの使用方法は、オンラインマニュアルをご覧ください。オンライン
マニュアルには、機能、使用方法、制限事項などの情報が掲載されています。

サポート
~~~~~~~~
製品版をご使用の場合は、正式使用権の期限内にのみ無償で技術サポートが受けら
れます。評価版に関する技術サポートは行なっていませんのでご了承ください。

本ソフトウェアに関する障害報告、ご意見は sbc@antennahouse.com までご連絡く


ださい。障害報告の場合、サンプルデータを添付いただければ幸いです。
ただし、メールの内容によってはお答えできない場合があります。あらかじめご了
承ください。

ライセンスについて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
"Server Based Converter" はアンテナハウスの製品です。

最新の製品情報は弊社 WEB で紹介しております。

* 日本語 WEB < http://www.antenna.co.jp/sbc/ >


著作権情報
~~~~~~~~~~
This product includes software developed by Independent JPEG Group
(http://www.ijg.org/).
Copyright (c) 1991-1998 Thomas G. Lane.

This product includes software developed by Sam Leffler and


Silicon Graphics, Inc (http://www.libtiff.org/).
Copyright (c) 1988-1997 Sam Leffler
Copyright (c) 1991-1997 Silicon Graphics, Inc.

This product includes software developed by Jean-loup Gailly and Mark Adler
(http://www.gzip.org/zlib/).
Copyright (C) 1995-2002 Jean-loup Gailly and Mark Adler

This product includes software developed by Glenn Randers-Pehrson and


many other contributers (http://www.libpng.org/pub/png/).
Copyright (c) 2000-2002 Glenn Randers-Pehrson
Copyright (c) 1998, 1999 Glenn Randers-Pehrson
Copyright (c) 1996, 1997 Andreas Dilger
Copyright (c) 1995, 1996 Guy Eric Schalnat, Group 42, Inc.

This product includes softwares developed by:


International Business Machines Corporation
International Components for Unicode (ICU) libraries http://oss.software.ibm.com/icu/

This product includes softwares developed by:


The FreeType Project is copyright (C) 1996-2000 by David Turner,
Robert Wilhelm, and Werner Lemberg.

This product includes softwares developed by:


Little cms http://www.littlecms.com/
LittleCMS 1.13 Copyright (C) 1998-2004 by Marti Maria

This product includes softwares developed by:


Image Power, Inc. and many other contributers.
http://www.ece.uvic.ca/~mdadams/jasper/
JasPer 1.701
Copyright (c) 1999-2000 Image Power, Inc.
Copyright (c) 1999-2000 The University of British Columbia
Copyright (c) 2001-2003 Michael David Adams

This product includes softwares developed by:


The Code Project http://www.codeproject.com/cpp/yard-tokenizer.asp
A Regular Expression Tokenizer using the YARD Parser
distributed under the Boost Software License, Version 1.0.
(http://www.boost.org/LICENSE_1_0.txt)

履歴
~~~~
2007 年 02 月 02 日
- SBC V1.3 改訂1版 リリース
・Windows Vista での動作を確認し Vista のみで発生する問題がないことを
確認しました
以下の障害を修正しました。
1) MS Word からの変換精度及び速度を改善
・カッコと句読点の間隔が広がり過ぎないように修正
・フォントの文字セット=シンボルでない文字にシンボル属性が付けら
れていると処理が遅くないる障害に対応
・ページをまたぐ段組で前ページの内容が次ページの先頭にも出力され
ていた
・ヘッダの内容が本文全体に及ぶようなときに無限ループとなっていた
・スタイル指定された箇条書きの先頭文字及び番号が欠落することがあっ

・スタイルで指定されたぶらさげインデント位置が無視されて左マージ
ン位置から出力されていた
・行内配置で 90 度回転したシェープが出力されないことがあった
・行内配置で 90 度単位に回転したイメージで表示領域が回転後のものに
なっていてもイメージ自体は回転せず領域の形状に変形して出力され
ていた
・行内配置の WMF が欠落することがあった
・脚注のあるページの次ページ先頭が表のとき表の位置がずれていた
・テキストボックス内のマージンに対応
・Word 文書内フォントテーブルに設定されていないフォントが文字に指
定されていると動作が不安定になることがあった
・半角文字と全角文字の文字幅を調整する設定のときに空白幅が調整さ
れていなかった
・表で罫線が指定されていないセルに線が付くことがあった
2) MS Excel からの変換で-omitbp オプションを指定すると極端に遅くなる
ことがあった
3) PDF への変換で「変更不可」「コピー不可」オプションを指定すると 処
理が遅くなることがあった

2006 年 10 月 23 日
- SBC V1.3 リリース
以下の強化をした。
1) .NET Framework2.0 に対応
2) MS Word, MS PowerPoint から PDF への変換でハイパーリンクの埋め込み
に対応
3) MS Word から PDF への変換で見出しマップをしおりに出力するようにした
4) MS Word の変換精度を改善
5) 変換元に テキストファイル を追加
6) Excel からの変換で末尾の空白ページを変換しないようにした
7) Pro 版の変換元に Justsystem 社 一太郎文書 を追加(一太郎8以上に対応)
※ 現状ではページアップの互換性が不十分な部分が多々あります

------------------------------------------------------------------------
Copyright (c) 1999-2007 Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.
------------------------------------------------------------------------