You are on page 1of 16
人 間 の       通巻230号、2008年12月2日 発行 週 ・ 第 刊 米 2 2

 

 

 

通巻230号、2008年12月2日

発行

・ 第 刊

米 2 2 マ

   

 

 

 

 

 

不 半 6 ケ

況 期 号 ッ

が で ( ト

日 約 〇 レ

本 9 八 タ

を 兆 年 ー

揺 円 一

さ 減 一

ぶ 少 月

る し 二

た 四

名 日

目 週

G 号

D )

           
   
 
   
 

る 黄 表

う 金 紙 貨 を に 幣 溶 あ 権 か る 力 す ス を と リ 溶 さ ー 融 れ ク せ た ロ し 。 ス め 今 (

ん 日 三

、 重

し 人 の て 間 十 こ や 字 の そ ) シ の は ン 経 、 ボ 済 欧

ル 、 州 を 環 中 掲 境 世 げ に に

る 対 於

こ し け

と て る

と 猛 錬

す 威 金

る を 術

。 振 で

quote of the week

成すなり。

西方の

既に

成り、

殺気の

盛んなるなり。故に

秋気

起りて、

うつわ

せいほう

もの

すで

さっき

さか

金に

革と

曰ふ。

従革とは、

革は

更なり。

範に

きん

じゅうかく

かく

こう

はん

したが

ひて

あらた

しゅうき

おこ

まり、

かたち

まり

あらた

ざるをえない。以下に読み下し文を掲げる。

昨今の金融事象をみるにつき、同書の「金曰従革」

(金に従革と曰ふ)の条りを参照せ

レーションを喚起してくれるたぐいのものだ。

もちろん科学的にどうこうという次元のものではない。思考の流儀に影響するインスピ

安の昔から必読の書であったという。

100年に一度といわれる大変の時である。この書は、陰陽道の安部・賀茂両家には平

1

『五行大義』を再び手に取る。

森野 榮一

金に従革せず

signe

10

かたまって固くなる意

9

侵略のこと

8

金属を鋳て形を器とすること

7

予想外の災いを不虞という。

6

民衆を指す

5

兵を集めるの意

4

表とはしるし、シーニュ(

)の意

3

二端とはふたつの始めの意

2

化すとは変化するの意

1

タカ、ハヤブサのこと

成らざる者

衆し。秋時は万物皆熟し、百穀已に熟す。

若し

金気に

さから

へば、則

おお

んじ、人民騒動すれば、則ち

金其の性を失ひ、

冶鋳化せず、

凝滞渠堅

にして、

2

きん

やちゅう

ぎょうたいきょけん

10

器を成す。

如し人君

を楽しみ、

攻戦を好み、

色賂を貪り、百姓の命を軽

しんりょう
9

こうせん

金気

じゅん

なれば則ち其の

性の如し。其の性の如きは、

工治鋳作

し、形を

せい

こうじちゅうさく
8

あらた

めて

たたかい

を好めば必ず亡ぶ、

と。

殺伐は必ず義に応ず。

義に応ずれば則ち金気順ひ、

いまし

む。故に曰く、天下安きと雖も、

いくさ

を忘るる者は

あやう

く、

国邑強きと雖も、

こくゆう

を禁じて以て

を安んず。

ひゃくせい
6

いにしえ

じんくん

人君は、

なる。霜は

殺伐の

王者

兵を教へ、

戎事

さつばつ

ひょう

4

おうじゃ

へい

じゅうじ

5

やす

きも

危を忘れず、以て

不虞

を集めて以て不義を

ちゅう

し、暴乱

7

ようじゅん

1

はばた

き、

春気動きて、

しゅんき

鷹隼

化す

2

此れ

殺生の

さっせい

二端なり

3

是を以て

白露

霜と

ここ

しも

11

中村璋八、藤井友子、

『五行大義』全釈、上巻、67〜68頁

融危機が続いている。信用収縮が激しく、実体経済に危機が波及している。ちょうど秋は

ちょうど秋、米国のサブプライムローンの支払い能力危機から流動性危機へと進み、金

に金に従革せず

曰ふ。

秋時は万物皆熟し、百穀已に熟す。

若し

金気に

へば、則ち万物成らず。故

さから

なる。

ば、凝滞渠堅、凝固して逆らう(カネは退蔵される)

。経済において「成らざる者衆し」と

3

具に変ずること。金を貨幣と考えるなら、実体経済に奉仕すること。しかしそうでなけれ

カネの生来の性はその形を変え、役立つ器に変ずること。金属であれば、人に役立つ道

さ。カネが従うことはない。実際、イラク戦争の戦費は米国にのしかかってきた。

人君を米国とすれば、戦いを好むものは必ず滅ぶの体。なぜなら義なき(道理なき)いく

現今。グローバリズムと経済の金融化は極限まで来た。同時に殺気も盛んで、ここにいう

である。西は日の没する方位。まさに死の象徴である。そうした金が既に成りとはまさに

範に従い改まることがないのか、実に示唆的に思える。金の方位は西。西方の物とはカネ

ここで便宜的に、金を貨幣に置き換えてみれば、まことに、なにゆえ金不従革なのか、

ち万物成らず。故に金に従革せずと

曰ふ

11

自然を本位とした通貨制度が求められる。

ここで範とは万物をして皆熟させる天地人の総体、自然であろう。

危機は金融の不安定性から始まる。カネを範に従わせねばならぬ。

がいくらよくてもカネに逆らえない。

実りの季節、豊穣な豊かさを感ずることができる季節に、則ち万物成らず、か。実体経済

曽我 純

08

11

24

日週号)

週刊マーケットレター、第

256

為替レート

11 21 日(前週)

1ヵ月前

3ヵ月前

円ドル

95.90(97.10)

100.15

108.4

 ドルユーロ

1.2585(1.2605)

1.306

1.49

 ドルポンド

1.4855(1.4870)

1.674

1.8765

 スイスフランドル

1.2225(1.1895)

1.1515

1.0875

短期金利(3ヵ月)

 日本

0.92125(0.89250)

1.035

0.86813

 米国

2.15750(2.23625)

3.83375

2.81063

 ユーロ

4.00375(4.22125)

4.95875

4.95188

 スイス

1.32500(2.07667)

3.0725

2.74833

長期金利(10 年債)

 日本

1.400(1.500)

1.575

1.41

 米国

3.19(3.74)

3.74

3.83

 英国

3.85(4.07)

4.61

4.56

 ドイツ

3.38(3.67)

3.9

4.17

株 式

 日経平均株価

7910.79(8462.39)

9306.25

12752.21

  TOPIX

802.69(846.91)

956.64

1224.53

  NY ダウ

8046.42(8497.31)

9033.66

11430.21

  S P500

800.03(873.29)

955.05

1277.72

ナスダック

1384.35(1516.85)

1696.68

2380.38

  FTSE100(英)

3780.96(4232.97)

4229.73

5370.2

  DAX(独)

4127.41(4710.24)

4784.41

6236.96

商品市況(先物)

CRB 指数

231.38(247.58)

278.7

405.92

 原油(WTIドル/バレル

49.93(57.04)

70.89

121.18

 金(ドル/トロイオンス

791.7(742.4)

766.1

833

1: 主要マーケット指標

6

期の過去最大の減少率(マイナス3・3%)に近づくかもしれない。

08

10

12

月期のGDPはさらに悪化し、前年比2%超える減少となり、

02

年1〜3月

7年ぶりの大幅減となり、消費者マインドも極度に悪化していることなどを考慮すると、

り、名目GDPは前年割れとなってしまった。

10

月の輸出は前年比マイナス7・7%と約

半期連続の低い伸びである。そこへ輸出の鈍化と輸入の増大による外需の悪化がのし掛か

れに加えて、消費も1%台の低成長にとどまったことから、民需は前年比0・4%と5四

02

年4〜6月期以来、約6年ぶりの大幅な落ち込みとなった。設備投資や住宅の前年割

名目前年比伸び率は

08

年1〜3月期にすでにマイナスとなり、7〜9月期は1・7%減

い状態であった。

7

てから、不安定な足取りをたどっており、日本経済はいつ景気後退に入ってもおかしくな

5%低下した。名目GDPは

07

年4〜6月期に前期比マイナスと

10

四半期ぶりに減少し

になったが、外需の寄与度が前期と同じマイナス0・8%となったため名目GDPは0・

に入っていたことが裏付けられた。国内需要の寄与度は0・3%と2四半期ぶりにプラス

続のマイナスとなり、

07

年から弱含んでいた日本の景気が

08

年の春頃から明らかに後退期

週初に7〜9月期のGDPが発表されたが、名目前期比マイナス0・5%と2四半期連

■ 2四半期で約9兆円減少した名目GDP

なければ、ストックを取り崩すほかない。 が縮小し、日々の支出を賄うことができ

なければ、ストックを取り崩すほかない。

が縮小し、日々の支出を賄うことができ

持ち合わせていない。

GDPというフロー

きず、GDPの減少を食い止める手段を

金を抱えている国家財政に頼ることもで

限界に達しており、700兆円を超す借

日本は利下げ余地がなく、金融政策は

れる。

くなり、パイの奪い合いの事態が予想さ

そうした社会保障費を賄うことができな

減少する状況では従来の方式に従っては、

8

かから捻出しているけれども、GDPが

療費などはGDPという毎年の稼ぎのな

兆円を割ることになるだろう。年金や医

く、

09

年の初めには名目GDPは500

ITバブル崩壊を上回ることは間違いな

円も減少してしまった。

今回の不況は前回

兆円、

ピークの

07

年1〜3月期からは

10

07・5兆円と

08

年1〜3月期から8・8

08

年7〜9月期の名目GDPは年率5

いにマイナス1・8%と小幅だが、マイナスに転落した。

よぼしている。対EU輸出も数量で

10

・3%減少し、伸び率が縮小していた対アジアもつ

なマイナスとなり、対米輸出依存度の高い自動車産業を始め、企業業績に深刻な影響をお

16

・9%減と3ヵ月連続の2桁減である。金額ベースでは

19

・0%と5ヵ月連続の大幅

り、そのことは貿易統計にはっきりあらわれている。

10

月の対米輸出は数量ベースで前年

米国景気の激しい収縮は世界経済に伝播しているが、特に、日本の被る被害は甚大であ

激減し、米国経済は大不況下にあるといってよいだろう。

なり、再建は不可能だ。住宅着工件数は

06

年1月(229・2万戸)の3分の1近くまで

新車販売台数が

10

月、前年を

45

・4%も下回るようでは、現存設備の半分近くが不必要に

後退は一層深刻になっている。米政府はビッグ3に再建策を求めているようだが、GMの

月の消費者物価指数も前月比マイナス1・0%と過去最大の下落率となるなど、米景気の

9

10

月の米住宅着工件数は

79

・1万戸と1959年の統計開始以来の最低を記録し、

10

■ 米大不況が日本経済を揺さぶる

生活水準を維持していくには、正味資産を食い潰していく以外に方法はない。

正味資産の800兆円以上を取り崩してしまったが、名目GDPが減少し続けるなかで、

下落により、今は

06

年末を大幅に下回っているはずだ。

90

年末には3552兆円もあった

06

年末の日本の正味資産は2716兆円、前年比

75

兆円増加したが、株価の急落や地価の

相場の暴落に遅れて、世界の消費者物価 の 20 ドル前後まで下落するだろう。商品

相場の暴落に遅れて、世界の消費者物価

20

ドル前後まで下落するだろう。商品

不振などにより、値上りする前の

90

年代

ルを割ったが、住宅や自動車の世界的な

帳消しになった。原油相場はバレル

50

かけて上昇したものが、

たった4ヵ月半で

4ヵ月ぶりの低い水準を付けた。

5年以上

51

・1%も下落し、

03

年7月以来5年

231・

38

と7月のピークから4ヵ月半

呈している。先週末、CRB先物指数は

よって、商品市況は釣瓶落としの様相を

10

世界の消費・投資財の急激な需要減に

程度になるのではないか。

方修正される可能性が高く、前年の半分

輸出企業を中心に

08

年度下期の業績は下

アの減少がより顕著になると考えられる。

に酷くなるばかりでなく、対EU・アジ

ることがわかる。日本の対米輸出がさら

退がEUやアジア経済を巻き込みつつあ

貿易統計をみても米国景気の激しい後

も大幅に低下することになり、世界経済をデフレが覆うことになりそうだ。

Gesell Research Society Japan all rights reserved

許可無く複製・再配布を禁ず

         編集・発行  二〇〇八年一二月二日 発行 221 0021
 
 
   
 編集・発行
 二〇〇八年一二月二日 発行
221
0021
横浜市神奈川区子安通3丁目
ゲゼル研究会
321
番地 森野榮一気付
-
Gesell Research Society Japan
http://www.grsj.org/
info@grsj.org

「人間の経済」

、通巻

230

頒価1ワット

ゲゼル研究会

頒価1ワット ゲゼル研究会