You are on page 1of 18

人 間 の 経 済 ゲ ゼ ル 研 究 会 通巻222号、2008年7月21日 発行   週 

通巻222号、2008年7月21日

発行

 

週 

週  

  ・ 第 刊

 

・ 第 刊  

  会 米 2 マ

景 2 マ 目

社 住 4 ー

ー 次

崖 宅 0 ケ

1 ケ

っ バ 号 ッ

物 号 ッ

縁 ブ ( ト

価 ( ト

 

ル 〇 レ

 

の 〇 レ

の 八 タ

ど 八 タ

破 年 ー

っ 年 ー

裂 七

 

ち 七

 

に 月

 

付 月

よ 一

 

か 二

り 四

ず 一

モ 日

の 日

F 週

ゲ 号

 

R 号

B )

姿

           
   
 
   
 

る 黄 表

う 金 紙 貨 を に 幣 溶 あ 権 か る 力 す ス を と リ 溶 さ ー 融 れ ク せ た ロ し 。 ス め 今 (

ん 日 三

、 重

し 人 の て 間 十 こ や 字 の そ ) シ の は ン 経 、 ボ 済 欧

ル 、 州 を 環 中 掲 境 世 げ に に

る 対 於

こ し け

と て る

と 猛 錬

す 威 金

る を 術

。 振 で

曽我 純

08

年7月

21

日週号)

週刊マーケットレター、第

241

為替レート

7月 18 日(前週)

1ヵ月前

3ヵ月前

円ドル

106.95(106.25)

107.9

103.65

 ドルユーロ

1.5845(1.5935)

1.5535

1.5815

 ドルポンド

1.9975(1.9865)

1.9595

1.9945

 スイスフランドル

1.0225(1.0165)

1.0365

1.0175

短期金利(3ヵ月)

 日本

0.91125(0.92188)

0.92375

0.91625

 米国

2.79063(2.79063)

2.8025

2.9075

 ユーロ

4.95313(4.95938)

4.95625

4.79188

 スイス

2.78667(2.80000)

2.92083

2.84833

長期金利(10 年債)

 日本

1.570(1.590)

1.78

1.4

 米国

4.08(3.96)

4.13

3.71

 英国

5.03(4.90)

5.15

4.71

 ドイツ

4.47(4.45)

4.6

4.12

株 式

 日経平均株価

12803.70(13039.69)

14452.82

13476.45

  TOPIX

1252.43(1285.91)

1409.64

1304.06

  NY ダウ

11496.57(11100.54)

12029.06

12849.36

  S P500

1260.68(1239.49)

1337.81

1390.33

ナスダック

2282.78(2239.08)

2429.71

2402.97

  FTSE100(英)

5376.4(5261.6)

5756.9

6056.5

  DAX(独)

6382.65(6153.30)

6728.91

6843.08

商品市況(先物)

CRB 指数

427.17(461.43)

456.82

419.36

 原油(WTIドル/バレル

128.88(145.08)

136.68

116.69

 金(ドル/トロイオンス

957.3(959.5)

890.9

912.2

1: 主要マーケット指標

2

ければ、需要は手控えられ、さらに値下がりするという悪循環が続く。価格がこれ以上下

が長期化すると、同様に、価格も下落し続けることになる。価格の下落期待が払拭されな

宅価格の関係をみると、両者の底はほぼ一致していることから、今回のように需要の減少

きく、住宅不況の底は深く、期間も長いと覚悟する必要がある。過去の住宅着工件数と住

態にあり、正常な状態に戻る時期を掴むことができない。それだけ今回の住宅バブルは大

住宅着工件数の前年割れは、すでに2年3ヵ月経過しているが、いまだ底が見えない状

ろう。

おり、住宅不況は底なし沼となり、需要の止め処がない減少は価格を一段下振れさせるだ

%減、前年比では

43

・0%も減少した。一戸建ての住宅許可件数は6月、さらに減少して

これを除けば、前月比4・0%減である。特殊要因の影響がない一戸建ては前月比5・3

3

比9・1%増の106・6万戸に回復したが、これは特殊要因により嵩上げされており、

損失処理は住宅価格の下落と鼬ごっこの様相を呈している。6月の米住宅着工件数は前月

4〜6月期のメリルリンチやシティグループのサブプライム関連損失は依然巨額であり、

株式の反発は一時的なものとなろう。

上げとなった。ただ、空売り規制強化策が浮上したことによる買戻しの影響が大きく、米

ゴの予想を上回る業績や原油価格の急落等を好感し、大幅に反発、NYダウは3日連続の

米モーゲージ金融会社の動揺により売り込まれていた金融セクターが、

ウェルズ・ファー

■ 景気、物価のどっち付かずのFRBの姿勢

通し0・3%〜1・2%) 、失業率は5・ GDPは1・0%〜1・6%(2月の見

通し0・3%〜1・2%)

、失業率は5・

GDPは1・0%〜1・6%(2月の見

を発表した。それによれば、

08

年の実質

15

日、FRBは

08

年以降の経済見通し

ど回さなかったのである。

けれども、家計は還付金を消費にほとん

を1・4%下回る。税金の還付があった

加し、これを除けば、小売売上高は前年

騰により、ガソリン販売は

24

・5%も増

たことが、伸びを抑えた。一方、原油の高

だほか、家具・家庭用品も5・4%減少し

4

加した。自動車関連が9・5%落ち込ん

6月の米小売売上高は前年比3・0%増

用不安は振り返すだろう。

融機関の資産は劣化することになり、信

ことになる。7〜9月期も間違いなく金

金融機関の不良債権が増加の一途を辿る

り、それに伴いMBSの値崩れが止まず

は上向かない。

その間、

住宅価格は値下が

がりそうにない水準に下落するまで需要

6月の米CPIは前月比1・1%と大 コアは据え置いた。

6月の米CPIは前月比1・1%と大

コアは据え置いた。

までになく不透明」であるとしながらも、

ンキFRB議長は「インフレ見通しは今

り、

これも楽観的な見通しである。

バーナ

業率は6月まで2ヵ月連続5・5%とな

り、1%増に届かない可能性も高い。失

比減となるなど、景気後退は明らかであ

部門雇用者は6月まで6ヵ月連続の前月

修正に繋がったのだろう。だが、非農業

〜3月期が1・0%伸びたことが、上方

5

9%成長が確保できることに加えて、1

12

月期の水準を維持できれば、

08

年、0・

ら変えなかった。実質GDPは

07

10

されたが、失業率とCPIコアは前回か

ている。実質GDPとCPIは上方修正

4%(2・2%〜2・4%)と予想され

3・4%)

、CPIコアは2・2%〜2・

CPIは3・8%〜4・2%(3・1%〜

5%〜5・7%(5・5%〜5・7%)

るかといえば、デフレを封じ込め、景気を拡大させることが先決のように思う。

の破綻は増加することになる。FRBは苦渋の選択を迫られているが、どちらの政策を取

けれども、物価が下落することになれば、債務は膨れることになり、住宅ローンの借り手

のCPIも7月以降、急低下することになる。CPIの上昇で米債務者は助けられている

した要因に基づけば、異常な原油高はピークをつけたかもしれない。そうであれば、米国

たが、オリンピックが終われば、緊張感も緩み、中国経済は勢いがなくなるだろう。こう

に影響しつつある。中国はオリンピックに国の威信を懸け、経済を強引に引っ張っていっ

月5日以来の低い水準に戻った。米国をはじめ世界景気の悪化による需要減が、原油価格

の元凶である原油価格は週末、バレル128ドル台へと1週間で

16

・2ドルも急落し、6

稼働率の動向等から判断すれば、コア指数が急激に上昇するとは考えられない。物価上昇

前年比2・4%と緩やかな上昇を維持している。

非農業部門雇用者、

単位労働コスト、

設備

伴うエネルギー価格の上昇である。エネルギーと食品を除くコア指数は前月比0・3%、

幅に上昇し、前年比でも5・0%と

91

年5月以来の高い伸びとなった。原因は原油高騰に

曽我 純

08

年7月

14

日週号)

週刊マーケットレター、第

240

為替レート

7月 11 日(前週)

1ヵ月前

3ヵ月前

円ドル

106.25(106.75)

106.95

101

 ドルユーロ

1.5935(1.5700)

1.5545

1.581

 ドルポンド

1.9865(1.9825)

1.9625

1.9715

 スイスフランドル

1.0165(1.0235)

1.032

1.0005

短期金利(3ヵ月)

 日本

0.92188(0.92875)

0.92406

0.9325

 米国

2.79063(2.78938)

2.78813

2.71313

 ユーロ

4.95938(4.95688)

4.955

4.7475

 スイス

2.80000(2.780000)

2.88333

2.81333

長期金利(10 年債)

 日本

1.590(1.640)

1.83

1.37

 米国

3.96(3.97)

4.07

3.47

 英国

4.90(4.95)

5.13

4.42

 ドイツ

4.45(4.49)

4.57

3.92

株 式

 日経平均株価

13039.69(13237.89)

14183.48

13323.73

  TOPIX

1285.91(1297.88)

1390.03

1278.62

  NY ダウ

11100.54(11288.54)

12083.77

12325.42

  S P500

1239.49(1262.90)

1335.49

1332.83

ナスダック

2239.08(2245.38)

2394.01

2290.24

  FTSE100(英)

5261.6(5412.8)

5723.3

5895.5

  DAX(独)

6153.30(6272.21)

6650.26

6603.57

商品市況(先物)

CRB 指数

461.43(472.36)

444.22

407.45

 原油(WTIドル/バレル

145.08(145.28)

136.38

110.14

 金(ドル/トロイオンス

959.5(931.9)

879.7

923.6

1: 主要マーケット指標

8

Fannie Mae

Fannie Mae

Freddie Mac

Fannie Mae

Fannie Mae

Freddie Mac

Freddie Mac

Freddie Mac

Freddie Mac

Fannie Mae

Freddie Mac

Fannie Mae

864億ドルと証券投資の割合が高い。MBSの価格は値洗いができないほどの悲惨な状

3388億ドル、4109億ドルそれぞれ保有している。

は6011億ドル、

れでモーゲージを購入している。

は3月末、証券投資とモーゲージローンを

(モーゲージ担保証券)として投資家に販売するだけでなく、債券市場で資金調達し、そ

は金融機関からモーゲージローンを買取り、それをMBS

の公的資金を要するだけでなく、住宅市場に及ぼす影響も計り知れない。

住宅ローンの「

70

%に関与している」

(ポールソン財務長官)だけに、その救済には巨額

ただ、

の総資産は1兆6461億ドル(3月末)に上り、米

Bの権限拡大と議会が金融機関を清算する新たな手段を検討することについて言及した。

えられている。

10

日の議会証言で、ポールソン財務長官とバーナンキFRB議長は、FR

9

とから、緊急事態に対応することが難しく、急遽、FRBに資金供給を頼るような案も考

の所管官庁

は連邦住宅公社監督局(OFHEO)であるこ

・5%

11

・5%の水準にあり、いつ破産してもおかしくない状態である。

日、一時前日から約

50

%も下落した。終値は戻したものの、

は昨年来高値の

14

態にあるのが

の政府支援企業である。2社の株価は週末の

11

まらず、世界の公的、民間金融機関にも波及するだろう。まともに大波を受け、死に体状

米住宅バブルの破裂がモーゲージ金融会社を揺さぶっている。この大波は米国内にとど

■ 米住宅バブル破裂によりモーゲージ金融会社崖っ縁

海外公的機関は相当の痛手を負っ 大をしただけに、証券の価格急落により、

海外公的機関は相当の痛手を負っ

大をしただけに、証券の価格急落により、

対して、公的機関は5・

74

倍と異常な拡

01

年末比の伸び率では民間の1・

67

倍に

公的保有額が民間の2倍近い規模である。

850億ドル、民間が5559億ドルと

ル保有している。そのうち公的機関が9

の保有に加え、海外が1兆5408億ド

8966億ドル、家計8437億ドル等

1159億ドル、

ミューチュアルファンド

の9229億ドルを始め、

生保・年金1兆

10

ル(FRB)の残高があるが、米商業銀行

(MBSを含む)は3月末、7・55兆ド

公的・政府支援企業発行の証券化商品

歌の状態に陥っているといえる。

達コストも上昇しており、まさに四面楚

信用不安の高まりにより、2社の資金調

が生じており、不良債権が急増している。

る一方、モーゲージローンは返済の滞納

況にあり、取得価格を大幅に下回ってい

増することになる。 も厳しさを増し、返済の滞納・不能が急

増することになる。

も厳しさを増し、返済の滞納・不能が急

処分所得の伸びも期待できず、雇用環境

るはずだ。まして、景気後退下では、可

経済が拡大していても、返済が厳しくな

にないモーゲージの異常な増加は、米国

得を大きく上回った。このように、過去

43・4%とモーゲージ残高は可処分所

超えたが、勢いは止らず、

07

年末には1

その後、急上昇し、

01

年には100%を

代前半まではなだらかに上昇していたが、

11

ジ残高・可処分所得比率をみると、

90

スシートは毀損しつつある。米モーゲー

面、

負債はそのままの状態が続き、

バラン

目減りにより、家計の資産は減少する半

り込もうとしている。住宅価値の大幅な

し、米国経済を戦後最大の危機に引きず

済不能、MBS価格の急落等を引き起こ

米住宅バブルの破裂は住宅ローンの返

ていることは間違いない。

Freddie Mac

つ終わるとも見当もつかない混迷に陥ったようだ。

10

月でピークを打ったのではないか。過去最大の住宅デフレに直面し、米株式の下落はい

花や市場主義の行き過ぎによって、

90

年代半ば以降、米株式は大相場を形成したが、昨年

した信用不安は株式市場に波及することは避けられない。コンピューターや通信技術の開

てくるだろう。銀行間でも信用不安が強まり、資金の流れが滞ることも考えられる。こう

から、米銀行は不良債権の増加に伴い、ますます資金繰りが悪化、行き詰まるところが出

週末、米住宅金融大手のインディマックが破綻(3月末の総資産320億ドル)

。これ

り、自身の返済が覚束無いという事態に陥っているように受け取られている。

返済しなければならない資金が3月末で2905億ドルある。モーゲージ返済不能等によ

出先金融機関の資産劣化は予想を上回っているのではないか。

は1年以内に

昇。なかでもサブプライムは

18

79

%、前年同期比8・

05

ポイントも上昇しており、貸

08

年1〜3月期のモーゲージの延滞率は6・

35

%と前年同期よりも1・

81

ポイント上

Gesell Research Society Japan all rights reserved

許可無く複製・再配布を禁ず

         編集・発行  二〇〇八年七月二一日 発行 221 0021
 
 
   
 編集・発行
 二〇〇八年七月二一日 発行
221
0021
横浜市神奈川区子安通3丁目
ゲゼル研究会
321
番地 森野榮一気付
-
Gesell Research Society Japan
http://www.grsj.org/
info@grsj.org

「人間の経済」

、通巻

222

頒価1ワット

ゲゼル研究会

頒価1ワット ゲゼル研究会