You are on page 1of 16

人 間 の 通巻208号、2008年3月3日 発行             週       週

通巻208号、2008年3月3日

発行

            週       週       ・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・ 第 刊
・ 第 刊
 
 
 
投 主 二 マ
米 主 二 マ
 
 
機 要 二 ー
景 要 二 ー
 
 
マ マ 三 ケ
況 マ 四 ケ
 
ネ ー 号 ッ
感 ー 号 ッ
 
ー ケ ( ト
悪 ケ ( ト
 
に ッ 〇 レ
化 ッ 〇 レ
 
翻 ト 八 タ
し ト 八 タ
 
弄 指 年 ー
ド 指 年 ー
 
さ 標 二
ル 標 三
 
売 月
 
り 三
 
加 日
 
速 週
 
 
 
 

曽我 純

08

年3月3日週号)

週刊マーケットレター、第

224

為替レート

2月 29 日(前週)

1ヵ月前

3ヵ月前

円ドル

103.70(107.15)

106.45

111.2

 ドルユーロ

1.5180(1.4825)

1.4855

1.463

 ドルポンド

1.9885(1.9675)

1.9885

2.0575

 スイスフランドル

1.0415(1.0850)

1.081

1.132

短期金利(3ヵ月)

 日本

0.96250(0.89500)

0.87375

0.9875

 米国

3.05750(3.08000)

3.11188

5.13125

 ユーロ

4.38813(4.37813)

4.3775

4.81125

 スイス

2.79667(2.78333)

2.65333

2.745

長期金利(10 年債)

 日本

1.355(1.450)

1.44

1.46

 米国

3.51(3.80)

3.59

3.94

 英国

4.46(4.74)

4.51

4.67

 ドイツ

3.88(4.01)

3.92

4.15

株 式

 日経平均株価

13603.02(13500.46)

13592.47

15680.67

  TOPIX

1324.28(1321.37)

1346.31

1531.88

  NY ダウ

12266.39(12381.02)

12650.36

13371.72

  S P500

1330.63(1353.11)

1378.55

1481.14

ナスダック

2271.48(2303.35)

2389.86

2660.96

  FTSE100(英)

5884.3(5888.5)

5879.8

6432.5

  DAX(独)

6748.13(6806.29)

6851.75

7870.52

商品市況(先物)

CRB 指数

412.69(398.67)

369.46

339.84

 原油(WTIドル/バレル

101.84(98.81)

91.75

88.71

 金(ドル/トロイオンス

972.1(944.7)

922.7

782.2

1: 主要マーケット指標

2

安である。日本の景気も悪化しているが、それ以上 上も上昇し、 05

安である。日本の景気も悪化しているが、それ以上

上も上昇し、

05

年1月以来約3年振りの円高ドル

ドル安となった。昨年6月の123円台から

20

円以

対円では103円台、週末比で3円

45

銭もの円高

ユーロ高は持続する見通しである。

状で推移する可能性が高く、短期金利差は拡大し、

策金利はまだ引き下げられるけれども、ユーロは現

1・3ポイントほど高い。景気重視の立場から米政

ていたが、それが逆転し、今ではユーロが米よりも

3ヵ月前には3ヵ月物の金利は米がユーロを上回っ

3

してドルは売られ、対ユーロでは最安値を付けた。

米景気悪化や利下げ観測が強まり、主要通貨に対

下し、CRB指数は過去最高値を更新した。

年4ヵ月振りの水準に、TB3ヵ月物は1%台に低

た。米債券利回りは3・

51

%と

03

年6月以来約5

安が一段高まり、資金は株式から米債や商品へ流れ

証言や各種経済指標の発表によって、米景気への不

2月

27

日、

28

日のバーナンキFRB議長の議会

■ 米景況感悪化しドル売り加速

想する」と発言し、市場を動揺させたけれども、

「多少」ではなく「多数」の中小銀行が

不良債権処理は312億ドルに膨れた。

28

日、FRB議長は中小銀行の「多少の破綻を予

金融機関の不動産融資の一部が不良債権化しつつあり、昨年

10

12

月期の米金融機関の

合せ、手控えさせるという悪循環に陥っているように思える。不動産価格の下落により、

る。こうした住宅販売の不振が不動産価格をさらに引き下げ、価格の下落が住宅購入を見

%も増加した。新築一戸建て住宅販売は

33

・9%も落ち込み、米住宅不況は泥沼化してい

続の前年割れとなった。1月の中古住宅販売は前年を

23

・4%下回る一方、在庫は

18

・4

昨年

10

12

月期のケース・シラー住宅価格指数は前年比マイナス8・9%と6四半期連

疑問だ。

考えられない水準に高騰している素材を、さらに買い付けることを私的企業が行いうるか

無関係な動きをしている。ドル保有者がドルの目減りを回避するためとはいえ、常識では

4

B指数は1ヵ月で

11

・7%もの急激な上昇しており、米国景気の悪化などの経済動向とは

では始めて100ドルを超え、金は最高値を更新するなど、相場の急騰は止らない。CR

ドル安進行がドルから原油や金といったモノへの資産配分を促している。WTIは週末

るが、輸出が伸び悩むことになり、受取金額だけでなく数量からも業績に響いてくる。

一層、円を押し上げるのではないかと思う。円高ドル安が輸出企業の採算を悪化させてい

円高ドル安にぶれているため、今後、円買いドル売りの予約を入れ、そうした企業行動が

ルレート(

12

月調査の『短観』によると113円

79

銭(大企業・製造業)

)から

10

円以上

を突破すれば、さらに円高ドル安は進行するかもしれない。日本企業が想定している円ド

に米国景気に対する不安感が強く、ドル売りが加速している状況だ。

05

年1月の102円

景気悪化は不動産というストックの毀損に根ざ 企業の収益環境は厳しさを増すはずだ。

景気悪化は不動産というストックの毀損に根ざ

企業の収益環境は厳しさを増すはずだ。

今回の

備投資の減少と生産者物価指数の上昇により、

期は1・5%の増益を見込んでいる。だが、設

0)は前年比

24

%減少したが、

08

年1〜3月

昨年

10

12

月期の米企業収益(S&P50

え込むことになるだろう。

の投資心理は大きく傷つけられ、

設備投資は冷

費がますます抑制されるようになると、

企業家

備投資の悪化を支えていると考えられるが、

張っているほどではない。

商品市況の高騰が設

5

り、もたついてはいるものの、景気の足を引っ

減少したが、前年比では5・7%増加してお

く)は前月比マイナス1・4%と2ヵ月ぶりに

見通しである。非国防資本財受注(航空機を除

し、今後、米住宅不況の消費への影響は強まる

大学の消費者信頼感指数はいずれも大幅に低下

たが、

2月のコンファレンスボードやミシガン

1月の米個人消費支出は前月比0・4%伸び

行き詰まるのではないか。

式市場は楽観的収益見通しを前提としており、

1〜3月期以降の減益を織り込んでいない。

れは2四半期で止ることはなく、さらに継続すると予想しておく必要がある。まだ、米株

しているだけに、通常の景気底入れとは異なり、不況は長引くだろう。企業収益の前年割

曽我 純

08

年2月

25

日週号)

週刊マーケットレター、第

223

為替レート

2月 22 日(前週)

1ヵ月前

3ヵ月前

円ドル

107.15(107.80)

106.45

108.4

 ドルユーロ

1.4825(1.4680)

1.463

1.4855

 ドルポンド

1.9675(1.9610)

1.9615

2.066

 スイスフランドル

1.0850(1.0930)

1.0965

1.102

短期金利(3ヵ月)

 日本

0.89500(0.89688)

0.88906

0.92

 米国

3.08000(3.07000)

3.7175

5.015

 ユーロ

4.37813(4.35563)

4.33

4.65363

 スイス

2.78333(2.76500)

2.655

2.75333

長期金利(10 年債)

 日本

1.450(1.455)

1.315

1.415

 米国

3.80(3.77)

3.43

4

 英国

4.74(4.64)

4.53

4.59

 ドイツ

4.01(3.96)

3.99

4.03

株 式

 日経平均株価

13500.46(13622.56)

12573.05

14888.77

  TOPIX

1321.37(1334.89)

1219.95

1437.38

  NY ダウ

12381.02(12348.21)

11971.19

12799.04

  S P500

1353.11(1349.21)

1310.5

1416.77

ナスダック

2303.35(2321.80)

2292.27

2562.15

  FTSE100(英)

5888.5(5787.6)

5740.1

6155.3

  DAX(独)

6806.29(6832.43)

6769.47

7562.1

商品市況(先物)

CRB 指数

398.67(384.23)

356.81

350.82

 原油(WTIドル/バレル

98.81(95.50)

89.85

97.29

 金(ドル/トロイオンス

944.7(902.8)

889.6

797.7

1: 主要マーケット指標

8

需給の均衡が保たれているのだろうか。

されているのか、あるいは米国の需要減を埋め合わすほどの需要が新興国などで発生し、

過去最高値を更新することは、単に、需給の関係だけでなく、他の要因により価格が形成

資材が行き場を失っていると想像できる。需要が大幅に減少したにもかかわらず、素材が

回っている。米住宅着工件数がピークから128万戸も減少していることは、膨大な建設

金は

13

・2%の値上がりだが、原油は2・9%と低く、CRB先物指数の

11

・1%を下

昨年末比の資源価格の上昇率を比較すると、銅が

23

・3%上昇し、値上り率トップだ。

3%と下げ止る気配はなく、今後、住宅市場はさらに悪化するように思う。

は冷え込んでいる様子が窺える。一戸建ての許可件数は

67

・3万戸、前年比マイナス

40

建ては

74

・3万戸、前月比5・2%減、前年比でも

33

・8%も減少しており、米住宅市場

9

1月の米住宅着工件数は101・2万戸と2ヵ月ぶりに前月を上回ったが、主力の一戸

ら判断すると、まだ底に達したとはいえず、米住宅不況は依然深刻な状態にあるといえる。

米住宅着工件数がピークを付けてから2年経過したが、過去の住宅不況期の落ち込みか

れに頭を抑えられ、債券は資源高による価格上昇懸念が上昇を立ち塞いでいる。

りしている不安定ななかで、資源価格の高騰が目立つ。株式は信用状態を無視できず、そ

が掛かっている。米住宅不況がいつ終わるとも分からず、信用不安が強まったり弱まった

原油がはじめてバレル100ドルを超え、金も過去最高を更新するなど、資源高に拍車

■ 投機マネーに翻弄される実体経済

高を長期化させている要因のひとつと考えられ 源の値上りだけにとどまっていることも、

高を長期化させている要因のひとつと考えられ

源の値上りだけにとどまっていることも、

資源

資源価格の上昇が最終財価格に波及せず、

で、だれかがババを掴むことになるだろう。

資金が流入していることは間違いなく、

どこか

なることは異常である。

商品市況に巨額の投機

下で、

ドル安により資源だけが青天井のように

いずれにせよ、

世界景気が減速しつつある状況

になれば、商品市況の勢いは強まるであろう。

ていることから、

ドルがさらに敬遠されること

のではないか。

米住宅不況が泥沼の様相を深め

10

油、

中近東の産油国やロシアは金を求めている

ようだ。

中国をはじめアジアのドル保有国は原

の目減りを恐れて、

ドルをモノに交換している

去最低に下落、

ドルを多く抱えている国はドル

だ。6年に及ぶドルの下落で、実効相場は過

ドル安が商品市況の活況をもたらしていること

商品市況の相関関係は強く、

02

年2月以降の

がドル建てとなっているため、

ドル実効相場と

ひとついえることは、

資源の価格表示は大半

ができるかどうかである。資金の動きを自由にさせていれば、実体経済の振幅はますます

資金の動きは、効率とか合理的とかそういう概念とはまったく次元が違う。儲けること

け巡る。商品市況に流入している資金もそうした金が一部含まれているのだろう。

ストゼロで世界中にばら撒いた。そうしたマネーが僅かの利鞘を求めて世界中を瞬時に駆

立つはずのものが、逆に、実体経済を振り回すことになる。日本のゼロ金利が、資金をコ

金融資産の蓄積規模がここまで巨額になると、本来ならば、実体経済の発展のために役

い込むだろう。

景気は後退し、資源需要は低迷、資源高バブルの破裂が世界景気をさらに深刻な局面に追

しれない。景気後退局面でも金利を引き下げられないという事態も考えられる。世界的に

物価指数のコアも1月の前年比2・5%から3%を超えるのにそう時間は掛からないかも

る速度で減速していくはずだ。ユーロ高・ドル安により、米輸入物価も上昇し、米消費者

11

利上げに踏み切るだろう。低金利に慣れた経済には金利の上昇は応え、景気は想定を上回

ユーロ圏の3・2%だが、これが、4%、5%に上昇することになれば、当然、ECBは

変更が行われなければ収束しないのだろうか。主要国の消費者物価上昇率は、高くても

今回の資源高も過去のように、最終消費財までの価格引き上げという価格体系の急激な

退を引き起こし、世界経済を混乱させただけだ。

手した輸出代金も輸入財の価格上昇で消えてしまった。原油高は高インフレを伴う景気後

2桁に跳ね上がった。原油輸出国は原油以外の商品は輸入に頼っているため、原油高で入

激しいインフレに見舞われた。主要国では、あらゆるモノの価格が上昇し、物価上昇率は

る。第1次、第2次オイルショックのときは、原油高が消費財価格まで瞬く間に波及し、

のか、そうした岐路に立たされているように思う。

れてもよいのか、取引税等の導入により、資金の動きを鈍くし、実体経済の安定を求める

大きくなり、生活は脅かされることになる。資金の動きを自由に任せて実体経済が翻弄さ

Gesell Research Society Japan all rights reserved

許可無く複製・再配布を禁ず

         編集・発行  二〇〇八年三月三日 発行 221 0021
 
 
   
 編集・発行
 二〇〇八年三月三日 発行
221
0021
横浜市神奈川区子安通3丁目
ゲゼル研究会
321
番地 森野榮一気付
-
Gesell Research Society Japan
http://www.grsj.org/
info@grsj.org

「人間の経済」

、通巻

208

頒価1ワット

ゲゼル研究会

頒価1ワット ゲゼル研究会