You are on page 1of 2

合同企画・第4案(10時~13時)

目的:楽しみ、協力しながら友達の気持ちややりたいことが少しでもわかるようになる
9:50  聖堂集合
10:00 ミサ
11:15 幼稚園に移動
      →日芸生自己紹介。
11:30 ワークショップ開始
1 わっか(10分)
全員で手をつないで、一人が親となって手をつないでいるところを潜ったり、
跨いだりしてどんどんこんがらがっていく。手を離すのは NG そして限界まで
こんがらがったら元に戻るようにみんなで協力して手をつないだままほどい
ていく。このときどんなに痛くても人間の言葉を話してはダメ。みんなで決め
た言葉(ex.ニャー)で痛さをアピール。協力してほどいていくときも然り。
② 見えないボール(10分)
ちょっと痛くなった体を整えるために少し静かなものを。輪になって、親から
スタートとして本物のボールが自分の手元にあるように大事に持って時計ま
わりにどんどん回していく。1週したら、次は重いボール、3週目は赤ちゃん
…とお題を変えながら回していく。何を回すと周りには知らせないので、最後
に何を回したのかクイズにする。
③ 見えないボール de ドッヂボール(バレーボールでも可/10分)
その前にやった見えないボールの応用編の見えないドッヂボール。普通のド
ッヂボールと違うのは、司会進行が手を叩いたらスローモーション(動きが
ゆっくり)で事が進み、次に手を叩いたら元に戻る。これの繰り返し。かなり
の集中力が必要と思われる。
④ 綱のない綱引き(5分)
綱がないのに綱があるつもりで、2チームにわかれて向かい合い「よーいどん」
で引き合う。めいめいが他の人の動きに合わせて動く。本気になって力いっぱ
い引き合う様子を力を入れないでやる。大縄でも可
☆ここで一端トイレ休憩(10分)☆
⑤ クリスマスを探せ!(45分)
用意するもの:紙に書いたクリスマスツリーの残骸(そこまで難しくないも
の。ピース)クレヨンもしくは色鉛筆
※トイレ休憩中にピースをバラバラに広げておく。
事前に用意しておいたパズル状態のクリスマスツリーをまず全員で組み立て
る。それが出来上がったら、それぞれが絵を描いて飾り付ける。が、描くときは
全員が手元ではなく天井を見て描く。(ここまでで25分間)それから近く
にいる人と2人1組になり、相手の顔を見ながらその相手の顔をツリーに描
く。手元を見てはダメ(5分間)自分が描いた相手に対し、クリスマスにプレ
ゼントしたいものを体で表現する。そのプレゼントされたものをプレゼント
された人は想像して使ってみる(7分間)今度は先ほどプレゼントされた方
がプレゼントとなって体で表現し、先ほどあげた方はプレゼントされたもの
を想像して使ってみる。
⑥ クールダウン(深呼吸)
13:00 終了・解散