P. 1
Winston T Mouse, Japanese & English, children's book - by Marty J. Reep

Winston T Mouse, Japanese & English, children's book - by Marty J. Reep

4.6

|Views: 3,256|Likes:
Published by Marty Reep
Winston T. Mouse is a children's book about a mouse who writes stories. While trying to write one of his stories, Winston decided he should observe people for a while, before writing about life going perfectly. In the process, he realized that a good attitude makes the difference in other people's lives, and in his own, as well.

-Enjoy, Marty
Winston T. Mouse is a children's book about a mouse who writes stories. While trying to write one of his stories, Winston decided he should observe people for a while, before writing about life going perfectly. In the process, he realized that a good attitude makes the difference in other people's lives, and in his own, as well.

-Enjoy, Marty

More info:

Published by: Marty Reep on Feb 15, 2008
Copyright:Attribution Non-commercial

Availability:

Read on Scribd mobile: iPhone, iPad and Android.
download as PDF or read online from Scribd
See more
See less

09/29/2014

pdf

w wr ri it tt te en n & & i il ll lu us s r ra a e ed d b by y M t t t t M

a
a
r
r
t
t
y
y
J
J
.
.
R
R
e
e
e
e
p
p
文と絵 マーティ J. リープ
t tr ra an ns sl la at te ed d i in nt to o J Ja ap pa an ne es se e b by y H Hi id de eo o O Os sh hi im ma a
翻訳 大島 秀郎


W
W
i
i
n
n
s
s
t
t
o
o
n
n
T
T
.
.
M
M
o
o
u
u
s
s
e
e

ウィンストン T. マウス
English / Japanese



Winston T. Mouse

ウィンストン T. マウス




written and illustrated by Marty J. Reep
文と絵 マーティ J. リープ



translated into Japanese by Hideo Oshima
翻訳 大島 秀郎



edited by Kaoru Nohrer
編集 薫 ノアー
©2007, Marty J . Reep
All rights reserved. No part of this book may be reproduced, stored in a
retrieval system or transmitted in any form or by any means without the prior
written permission of the publishers, except by a reviewer who may quote brief
passages in a review to be printed in a newspaper, magazine, or journal.





First printing



















ISBN-10: 0-9755820-2-X
ISBN-13: 978-09755820-2-2

PUBLISHED BY:
Marty J . Reep
PO Box 151
Lompoc, California 93438-0151
www.martyreep.com
mjreep@yahoo.com
To schedule Marty to speak to your group or organization,
please contact him at the address, below:

学級や学校、各種団体からのマーティ先生への講演依頼は
こちらへ



Dedicated to grown ups
who remember how to be children,
and to everyone who keeps dreams alive.

~MJ R




いつでもすぐに童心に返れる大人たちと
いつになっても夢をいだき続けているすべての人たちに
この本を捧げます

~MJ R









It was a beautiful day outside, but Winston T. Mouse was sitting at
his typewriter, writing stories for his mouse friends. Sometimes, he
would write all day.





























外はとてもよい天気だったのに、ウィンストン T. マウス
はタイプライターの前にすわり、仲間のネズミたちのためにせっせ
と物語を書いていました。ときには、朝から晩まで物を書き続ける
こともありました。
1

While he typed, he wore his black and white sweater. Sometimes,
he wore a grey ball cap, if he was in a mood that made him really
want to think about things.
タイプを打つときは、きまって白黒のセーターを着ることにしてい
ました。ときおり、物事をとことんつきつめて考えてみたい気分に
なることがあり、そういうときにはネズミ色の野球帽をかぶりまし
た。
2
The stories he wrote came from all the funny things he did when he
was a little mouse, growing up on the farm.

He would sometimes laugh, as he remembered and wrote down the
things that came to mind.
彼の書く物語はすべて、かつて子ネズミ時代をすごした酪農場で経験し
たこっけいな出来事のあれこれをもとにしています。

彼は、心に浮かんでくることを思い返しては書きとめ、思わず笑い出し
てしまうことが時々ありました。
3



Winston typed and typed and typed, stopping occasionally to get a
cup of hot chocolate.
ウィンストンは他に心を向けずに、ただひたすらタイプを打ちまく
りました。そして時々切りのよいところで、あったかいココアを一
杯飲んでは一服するのでした。
4
“Way to go, Winston! Great story!” his friends would say, whenever
he wrote a new book. He would smile a big smile and say a cheerful
“Thanks!” He was happy that they liked his stories.
彼が新しい本を書くたびに、友人たちはくちぐちに「すごいよ、ウィン
ストン!すばらしい話だ!」と言ってくれました。そんなとき彼は大き
くほほえんで、ひといちばい明るい声で「ありがとね!」と礼を言いま
した。自分が書いた力作を友人たちが気にいってくれたときは本当にう
れしく感じたものでした。
5
Some days though, Winston wished that he smiled all the time.

He thought that a happy mouse was supposed to smile all the time. He
wanted to find out and write a story about it.
そんなウィンストンですが、「自分がいつも笑顔でいられればいいな
あ。」と願うときもありました。

彼は、そもそも幸せなネズミというものは、“いつも笑顔でくらして
いるはずだ”と考えていたのです。彼は本当のところをつきとめて、
それを題材にして物語を書いてみたくなりました。
6
Winston went home and made up a story about a happy mouse
who smiled all the time. In his story, everything went perfectly for
the mouse.

Winston realized, though, that in real life, everything did not always
go perfectly.
ウィンストンは家に帰ってから、いつもほほえみを絶やさない幸福な
ネズミの物語をこしらえてみました。その物語それこそ一から十まで
主人公のネズミにとって申し分なく事が運ぶというすじがきでした。

でも、ウィンストンは気がついたのです。実際の生活においてはあら
ゆることが自分に都合よくおこるとは限らないと。
7
Winston thought for a minute… Hmm. Nothing.
He thought for another minute… Double Hmmm.
Nothing. He put on his thinking cap… Triple Hmmm.
Still, nothing.
ウィンストンは頭をひとひねりして、とっくりと考えました…。
「うーむ。」答えが出ません。次に、彼は頭をふたひねりして、みっ
ちりと考えてみました…。「うーむ、うーむ。」それでも答えは出ま
せん。さらに、腰をおちつけて、じっくりと考えてみました…。
「うーむ、うーむ、うーむ。」そこまでしてもなお、何もひらめいて
はきません。
8
Then he thought to himself, “Winston, go downtown and watch
other mice walking along on the sidewalk, to see whether or not
they smile all the time.”
そこで彼は自分に言い聞かせるかのように語りかけました。「な
あウィンストン、いっそのこと町に出て、歩道をゆきかうネズミ
たちを観察して、常にほほえみを絶やさないやつが実在するかど
うか調査してみたらどうだろう。」
9
Winston filled his thermos with hot chocolate and put on his coat.
He went downtown to find a park bench next to the sidewalk. From
there, he watched the other mice walk by.

雪が消え残る早朝、ウィンストンは愛用の魔法びんにホット・ココ
アをつめて、上着を身にまといました。彼は町へ出て歩道のすぐわ
きにある公園のベンチを見つけました。そこから、彼は他のネズミ
たちが通りすぎるようすをじっくり観察したのです。
10
In two hours, 42 mice walked by: 24 smiled and 18 did not smile.
Three of the smiling mice tripped on the sidewalk, four dropped
their packages, two accidentally splashed themselves in a puddle,
and one lost something.

Each time, those mice said, “No big deal,” and kept right on walking.

2時間で42匹のネズミが目の前を通りすぎました。そのうち24匹
は笑顔で、18匹は笑顔ではありませんでした。ほほえんでいたネズ
ミのうち3匹が歩道でこけて、4匹が荷物をとり落とし、2匹が誤っ
て水たまりに足をつっこんで泥水を飛び散らし、1匹が物をなくしま
した。

そのたんびに、ネズミたちは、「なんだこんなこと、たいしたことな
いさ。」と言って、どんどん先へ歩いていきました。
11
Winston about dropped his hot
chocolate!

He realized it was “attitude” that
mattered. He saw that his own
attitude about life could help him
smile or not smile at the things
that happened to him. When he
had a happy attitude, he smiled.
When he had a sad attitude, he
frowned.

Watching other mice for his story
helped him understand a very
important thing about his
attitude.
ウィンストンはあやうくココアをこぼしそうになりました。

大切なのは“気の持ちよう”だということに彼は気づいたのです。
彼は、人生に対する自分自身の心構えしだいで自分の身にふりかか
った出来事に対してほほえんだりほほえまなかったりするというこ
とがわかりました。明るい気持でいればだれもがほほえみます。暗
い気持ちでいると,しかめつらになってしまいます。

物語の取材のために他のネズミたちの行動を観察しているうちに、
彼は心の持ちようの大切さについて理解することができました。
12
As he packed up his thermos, Winston waited for one more
mouse to walk by who wasn’t smiling. Winston smiled. The
other mouse smiled back.

Now, that made 25 other smiling mice. And if Winston counted
himself, too, then it made 26!
魔法びんをしまいながら、ウィンストンは、ほほえんでいないネズミが
もう1匹通りすぎるのを待ちました。そこでウィンストンは、思い切っ
てみずからほほえみかけてみました。するとどうでしょう、相手のネズ
ミもほほえみ返してきたではありませんか。

これで、25匹のネズミがほほえんでいたことになりました。さらに、
ウィンストン自身も数にいれれば合計26匹ということになります。
13
When Winston got home, he took off his coat and put on his
sweater and his thinking cap. He sat down at his typewriter and
rewrote part of his story.

家に帰り着くと、ウィンストンは上着をぬいでセーターに着がえ
て、例の野球帽をかぶりました。そして、タイプライターの前に
すわり、物語の一部を書き直しました。

14
Winston typed all afternoon. When he finished, his story was the
best ever!

This time, it wouldn’t matter to him whether or not his friends told
him, “Way to go, Winston!” because this time, he said it to himself.

And he smiled.

15
ウィンストンはその日の午後をまるまる使ってずっとタイプを打ち続け
ました。打ち終わったとき、彼の物語は最高のできにしあがっていまし
た。

今回は、友人たちが「すごいよ、ウィンストン!」と言ってくれるかな
んて関係ありません。なぜならば、今度は彼自身がその言葉をほかでも
ない、自分に向かってなげかけたのですから。

そして彼はニコッとほほえんだのです。
When Winston shared the new story with his friends,
they loved it!

And next time, I bet Winston
will even share his new story with you!
ウィンストンが友人たちに新作物語を話して聞かせると、
彼らはとっても気にいってくれました。


そして今度、次にウィンストンから新たなる物語を聞かせてもらうの
はきっとあなたにちがいありませんよ!
16

About the story
Winston T. Mouse writes stories and tries to understand what makes other mice happy. He figures out that a happy life
comes from a happy attitude, along with a dose of reality. J oin Winston as he drinks hot chocolate, types, and sits on a
park bench in the snow!

You’ll enjoy reading the story as much as Marty enjoyed writing it.

この物語のあらすじ
ウィンストンT.マウスは物語を書くことを通じて、どうやったら仲間のネズミたちを喜ばせられるかを模索
します。彼は、実生活の艱難辛苦に立ち向かいながらも幸せな生活を送るためには明るい希望的な心構えが
大切であるということに気づきます。さあこれから、ウィンストン君といっしょにおいしいホット・ココア
を飲み、タイプを打ち、雪の積もった公園のベンチに腰かけて、心の旅に出かけましょう。

著者マーティが楽しんで書いたのと同じくらいあなたはこの物語を楽しんで読めることでしょう。


What people are saying about Winston T. Mouse:
“I love it. It’s great!” – Carolyn W.
“It’s cute.” – Kristine R.
“Excellent.” – Maureen D.

『ウィンストン T. マウス』を読んで
「気に入りました。最高です」-キャロライン W.
「とってもかわいい」-クリスティン R.
「すばらしい」-モーリーン D.


About the Author
Marty grew up on a dairy farm North Carolina, and really did get dragged by the cow in the story! He lives in
California with his wife and children, but without the cows. Having taught Kindergarteners up through high school
students in public school, and adults in motivational workshops, Marty has realized the value of helping people laugh
while they learn. Telling stories is one of his favorite ways of doing that.

著者マーティーとは
マーティーはノースカロライナ州の農場で育ちました。 そして、この物語のように、本当に牛に引きず
られたのです! 現在は妻と3人の子供たちとカリフォルニア州に住んでいますが、牛は飼っていませ
ん。 教師として、公立の幼稚園から高校まで、多くの子供たちと接してきました。 又、”いかに楽し
んで教えることができるか、、、”という、教師のための講座での講演経験もあります。 様々な経験か
ら、学ぶにあたってユーモアをとり入れることの大切さを実感しました。 ”おはなし”をするというこ
とは、彼にとって好ましいひとつの方法なのです。


To arrange for Marty to speak
to your class, school, or organization,
contact him at:
学級や学校、各種団体からのマーティ先生への講演依頼は
E-メール、またはホームページでどうぞ。
mjreep@yahoo.com
www.martyreep.com

You're Reading a Free Preview

Download
scribd
/*********** DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! ************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->