、書写山行幸事、付 。 巻第十 一 新田 注 下ア 一々 二是 ヲ演 説 ス ︵ 田

え んぜ つ 揆む
進事︶

末 広 美 代 子
と解 釈 さ れ て い る。 片 山 氏 に よ る と 他 の記 録 類 にも 多 く の

と いう 記 述 が あ り 、 ﹁ 意 義 を の べ と く﹂ 歴 ← ﹁ 説明﹂ E己 例 を み る こ と が でき る と いう こ と であ る 屋 2 。 さ ら に幕 末 にな る と多 く の例 を み る こ と が でき 、 斎 藤 毅 明 治 の こ とば ﹄ E 2 で次 の よう な 例 を 示 し て い る。 は ﹃ 依 之 開 港 開 市 之 事 如 何 様 ニモ閣 老 上 京 之 上 演 舌 候 ⋮ ⋮ 曽0﹃ 安政五 ︵ 年い 孝明天皇記し 尚 其 他 の事 件 は、 我 家 老 毛 利 出 雲 及 ひ 同 行 の輩 よ り 演
冗塗 九 年 “R ﹃ 日本貿 易 新 聞し 説 す へし 含

演 説 と いう 語 は本 来 漢 語 であ り、 古 く から仏 典 な ど にみ ら れ る。 宣 暢 演 説 盆宣 寿e 金剛頂e 受 持 読 誦為 / 人演 説 ︵ 華厳経、巻さ 実 理 一演 二 依二 於一 説 諸 法 相 一穴 十 妙法 蓮華経、序0 演 説 正法 初 善 中 善 後 善 其 義 深 遠 ︵ 二 一 右 にあ げ た例 で ﹁ 演 説﹂ は ﹁ 深 妙 の理 を解 説 す る﹂ 意 で 用 いら れ て いるE ←。 わが 国 のも のでも 、 我 公 使 は其 座 前 に就 き式 礼 あ り て其 掛 り名 簿 を披 露 し R﹃ 慶昼 一 年 ぁ 航西日 記 し 相 見演 説 あ り ︵ 慶昼 二 公使 一 年﹃ 航西日 記し 礼 あ り て演 説 す ︵ 右 御 沙 汰書 一 通於 二 大 広 間 橋本 柳 原 両卿 ヨリ 田 安 中 納 慶応四 言へ 年﹃ 太政官日 被二 相渡 一 第十 こ 演説左 之 通 ︵ 誌﹄ 会 津 国情 等 の義 は、 委 細 演 説 を以 申 上 候 通 り に⋮ ⋮ ︵ 慶応四 日々 年﹃ 新聞 し 参 謀 方 よ り演 舌 之 大 意 ⋮ ⋮ ︵ 慶応四 年﹃ 江湖新聞し これ ら の例 に ついて斎 藤 は ﹁ 公式 の場 所 で威 儀 を正 し、 折 日 正 しく物 を いい、 或 い は文書 で説 明 す る こと のよう で あ る﹂ と述 べ て いる。 春 演 説 最 勝 王経 。 代 実録﹄清和 一 講 法 華 妙 典 一 ﹁一 ヨ ・秋 吼ヨ 天皇貞観二 年九月︶ 釈 迦 牟 尼 仏 の いはく、 ﹁ 無 上 菩 提 を演 説 す る師 に あ は ﹃ 法眼 正 蔵﹄第二 ん には、種 姓 を観 ず る ことな かれ ⋮ ⋮﹂︵
十八、礼拝得髄︶ と いう 記 述 が あ り 、 仏 者 の間 で使 わ れ て いた こ と が わ か る。 ﹃ 正 法 眼 蔵 ﹄ の例 に つ い て片 山 晴 賢 氏 は ﹁ ﹃ 説 く﹄ ﹃ 説 法﹄ の意 で解 さ れ て い る﹂ と指 摘 さ れ た E ι 。 ま た 、 ﹃ 太平 記﹄ に は、 ﹁ 是 ハ 如 何 ナ ル由 緒 ノ物 共 ゾ ﹂ 卜御 尋 有 ケ レ バ 、 宿 老

以 上 の範 囲 で は ﹁ 演 説 ﹂ は大雑 把 に言 う と次 のよう な語 義 を も つも のだ っ た と いえ る。 ① 教 え を説 く こと ② 道 理 や意 見 を述 べ る こと こ の① は主 に仏 教 と結 び ついた語 と考 え ら れ、 ② は更 に広 い意 味 で説 明 な どを のべ とく 場 合 に用 いる語 とみな す こと が でき よう。 こ こで 一つ気 に留 め てお かねば な ら な いも の 演 説書 ﹂ が あ る。 ﹁ とし て ﹁ 演 説書 ﹂ は江 戸 時 代 に 裁 判 に 際 し て奉 行 が 訴 訟 の内 容 や質 疑 応 答 ・ 処置 。 連 絡事 項 な ど を 記 入 し た文書 の 一つであ る。 前 述 の幕 末 の文 例 に ついて は斎 藤 の指 摘 はあ ったが 、 ﹁ 演 説書 ﹂ の意 味 す るも の と の 関 係 も 深 い ので はな いか と思 わ れ る。 と ころ で ﹁ 演 説 ﹂ は今 日 で は多 く ﹁ 多 く の人 の前 で自 分 ﹃ ︵ の主義 、 主張 や意 見 を述 べ 日 本国〓 田 大 辞典し の 意 る こ と ﹂ で使 わ れ て いる。 これ は明治 時 代 に ﹁ 卜 の 演 説 ﹂ が 溜① の 訳 語 と し て採 用 さ れ社 会 に普 及 し た こと によ る。 し かし わ が 国 で訳 語 とし て ﹁ 演 説 ﹂ が 示 さ れ た例 は、 江 戸 時 代 にも 見 つけ る ことが でき る。 斎 藤 によ る と ﹃ 和蘭 字 彙﹄ 安 啓 一 あ い い ︱五 年︶には、
ェ テ 一 o乱 ? 電 一 己 す こ 澪 ︼①ヽ ①く o & 品 。 彼 ハ 己 ガ 演

デ ﹄F ユ 月 一 8F 8 計 ﹃ 彼 ガ 演 説 ノ 獅 タ ル事 ハ残 ラズ , 聞 ク人 ノ気 二 適 ッタ と いう 記 述 が あ り、 お計 く 一 中 英〓 の 8︻ コ ∞ と いう オ ラ ン ダ 語 ︵ ァにあたこ に ﹁ o o イo 演舌﹂ ﹁ 演 説 ﹂ と いう 訳 語 が 与 え ら れ て い る と いう 屋 こ 。 ま た 、 ﹃ 和 蘭 字 彙 ﹄ よ り さ ら に 四十 年 以 上 も 前 に成 立 し た 和 蘭 辞 書 ﹃ 蘭 語 訳 撰 ﹄ に は、 日 本 語 の見 出 し とし て ﹁ 口演 ﹂ が み え る。 これ に よ り 口 演 の こ と を ﹁ エ ンゼ ツ﹂ と呼 ん で いた こ と が わ か る。 こ の後 に 英 語 の 卜 の訳 語 と し て ﹁ 演説﹂ が採用 され る わ け だ が、福 の 溜① 明治6年5 沢 諭吉 の ﹁ 会議弁﹂ ︵ の次 の記 述 は有 名 であ る。

扱 そ の翻 訳 に当 り、 第 一 番 に、 原 語 の スピ ー チ ェに当 るべき 訳 字 を得 ず 、 此 とき 不図 思付 き た る は、 余 が 旧 藩 中 津 にて、 藩 士が 一 身 上 の こと に つき 、 願 にも 届 に も 非ざ る 一 種 の演 舌 書 と いふを 呈 出 す る ことあ り、 他 藩 にて は其 例 の有 無 を知 らざ れ ども 、 演 舌 の文 字 は中 津藩 にて惟 に記憶 す るが 故 に、 夫 よ り社 友 と謀 り、 舌 の字 は余 り俗 な り、 同音 の説 の字 に改 め ん と て、 演 説 の二字 を得 て スピ ー チ ェの原 語 を 訳 し た り。 と誤 解 さ せやす いが 、 ﹁ 演 説 ﹂ と いう 語 が こ の時 点 で 新 た に創 ら れ た ので はな いと いう こと は、 明治 時 代 から 言 わ れ てき て いるE ι。 し か し福 沢 が ﹁ 多 の意 で 演 説 ﹂ を 超o の
えんぜ つ

卜 の訳 語 の ﹁ こ の記述 は 摺① 演 説 ﹂ を福 沢 が 考 案 し た の

∪ ① の x の︼一 ﹂ 庁 ︼①﹄ の〓 ﹂ ,

ヽ く ”コ Nい ﹄ ①一 ・ の ﹁①ヽ ①く O ①︻一 口 ” げ ①r O O ︼∝ ①

I

舌 ス ル時 二立 テ居 タ

グ漁

御 S禦 成 ι じ 盤 な電
駒 ´ フ′ ル
ムヮ


多 ″

卜 の訳 語 と し て ﹁ 演 説 ﹂ を 用 いる よ う に な 福 沢 が 3① ① った 経 緯 を 考 え て み た い。 福 沢 自 身 は中 津 藩 の ﹁ 演舌書 ﹂ 和 蘭 字 彙 ﹄ に お計 ︰ が ヒ ン ト にな った 旨 を 述 べ て い る が 、 ﹃ 一 蘭 語 訳 撰 ﹄ に見 出 演 説 ﹂が み え た り 、 ﹃ く 8︻ ● ” の訳 語 の ﹁ し語 と し て ﹁ 口演 ﹂ が あ げ ら れ て い る こ と は見 落 と せ な い。 中津 辞書 ﹄ 蘭 語 訳 撰 ﹄ は別 名 ﹃ 中 津 藩 の奥 平 昌 高 に よ る ﹃ と も 言 わ れ る も の であ る こ と や 、 初 め蘭 学 を 志 し て いた 福 沢と ﹃ 和 蘭 字 彙 ﹄ の編 纂 者 桂 川 甫 周 と は交 流 が あ った こ と 演舌書 ﹂ だけ を ヒン な ど を 考 慮 す る と、 福 沢 が 中 津 藩 の ﹁ ト にし て訳 語 と し て の ﹁ 演 説 ﹂ を 考 え つ いた と は考 え が た く 、 蘭 学 方 面 か ら の影 響 も あ って 当 然 と いえ よ う 。 こ の点 に つ い て杉 本 つと む 氏 は次 の よ う に の べ ら れ た。 。彼 は幕末 の著 た ことは いう ま でもな い 諭吉 が蘭 学者 であ っ 名 な大坂 の蘭学者、緒方 洪庵 の適塾 でオ ラ ンダ語 を学習 し、 も遊学 した男 だ。 現在、大分県 々立図書館 に所蔵 され 長崎 へ ド ゥー フ ・ハル マ ﹄ の写本 にも、 て いる福沢諭吉書 写 と いう ﹃ ﹃ 日誌必用御布令字引﹄明治1 年︶ ノベ ト ク ︵ ﹃ 字引﹄明治0 年︶ 文明いろは ヮ ガ セ ッ フ ノベ ル ︵ 1 演説﹂ と ﹁ 演 舌 ﹂ を区 別 し た も と いう のが み え 、 ま た 、 ﹁ の で は、 ﹃ 広益熟字典﹄明 演 説 ︱ ノ ベ ト ク ■、 演 舌 ︱豊 ウ ジ ヤ ウ ︵ 治7 年︶ 3 の訳 語 と し て の記 述 と 思 わ れ の よ う な 例 が あ る。 選 ① の 計 88 澪” 計6o ” ¨ 庁 演説/ェ一 = 6o ﹃ o ︻ 訳文 ︵ 品・ 上掲 の訳語 ・ っ 計 計 前 勘弁なしによく演説をなした ︱末広 彼 は も て く 澪 く o 9 ,, 註︶が あ って、 まさしく ︿ 演説﹀ と書写 し、 そ の訳語 を 諭 吉 は学 んで いる のであ る。 そ の他、 わ たしが長崎 関係 の文書類 演説﹀ の語 はょく みられ た。 い わ ば 長崎 をみ ていた時 も、 ︿ では、 かな り 一 演 説﹀ の語が用 いられ て いたと推理 般的 に ︿ よ う にな って い る。 は じ め の こ ろ に、 み て ゆ く こ と と す る 屋 じ 。 明 治 時 代 の字 引 類 の語 義 は次 の 典 を は じ め と す る字 引 類 に ど の よ う に説 明 さ れ て い る か を 演 説﹂が 国 語 辞 に し て定 着 し て ゆ く のだ ろう か。 ま ず 、 ﹁ 演 説 ﹂ は、 ど の よ う さ て、 スピ ー チ の意 で 用 いら れ た ﹁ と し て も 使 わ れ て い た の であ る。 演 説 ﹂ が 訳語 いず れ に せ よ、 福 沢 諭 吉 を 待 た な く と も ﹁ ︺ ︵ 注0 た。 1 演説﹀が ごく ふ つう に用 い ら 諭吉 の用 いて いた辞書 には、 ︿ 大分 と め ぐ って 実 証 で き れ て いた ことは、 わ たし は中津 。 E2 だ ったと思う。 いる のであ るから、 ︿ 演説﹀ の語 はき わ めて身近 かな こ と ば 。 また長崎遊学も し て 説﹀ の訳語 を知 らな か った はず はな い

ド ゥー フ ・ハル マ 演 ﹃ ﹄ を朝夕手 にし て いた諭 吉 が、 こ の ︿

ダ イ フダ シテ ソ ノだダ フ ハ ナ ス﹂ η るも のは ﹁ 初学小学作文 、﹁ 大全﹄明治4 年︶ お ほやけ のはな し、 お はやけ に は な す ﹂ 1 、﹁ η 漢英対照い ろは 辞典﹄明治2. 年︶ 衆 人 ノ前 ニテ己 ガ意 見 フ 演 4 、﹁ 一 一 一 海﹄明治2 口 べ説 ク ﹁﹂ η 年︶ ア マタ ノ人 ノ前 デ意 見 フ陳 ベ 日 本大 曰 辞童 ル コト﹂﹁ 年︶な ど であ る。 以 上 のよう に字 ﹄明治6 2
あ げ る。

書 に載 せ ら れ る ま で に は時 間 の か か った こ とが わ か る。 次 に明 治 時 代 の欧 文 の直 訳 文 に お い て o 卜 が どう 訳 o 召 さ れ た か調 べ て み る。 q ﹂ ミ ざこ と そ の直 訳 本 ﹃ ヽあミ 職ヽ ∽ 万 国 史 直 訳 ﹄ で もの 卜 の含 ま れ て い る文 と そ の訳 文 を 次 に の デ F ︰ ・ 一 一 ” く ︼ ∽ ① の ﹃ ①∽ 一 一 ① ① の の ∽ァ ヽづ r ” く 〓 の∽ 一 O 口 0 0げ ① の ●0 “ ① ︲ ● o
ざ ∽■ P ″ 8 P 計 I S き ヽ ミ ミ 〓 こ E ” o円 8 >” ↓男 異 ё 厳

引 類 にお いても 、 はじ め のう ち ﹁ のべ とく﹂ の意 で用 いら れ て お り、 時 間 を かけ て 選① 卜 の意 に用 いら れ る よ う に の な った ことが わ か る。 次 に、 近 代 から現 代 にかけ て の C① 多 の訳 語 を 英 和 辞 の 典 で調 べ てみ るE じ。 す る と、 説 話 、 言 語 、 国語 、 演 説 η 附立 日 挿画英和玉 篇﹄明 治9 3 1 7 話 。 言 語 ○ 国 語。 方 言 ○ 演 説 η 明治英和 字典﹄明 治1 年版 2 権免許、2 年印刷出版︶ と し て登 場 す る のが 初 例 であ る。 鹿 野 政 直 氏 が 、 福 沢 が ﹁ 演 説 ﹂ とす る以前 は ﹁ スピ ー チ は ﹃ 説 話﹄ ﹃ 国 詞﹂ な ど と 訳 さ れ た﹂ 屋 ョ と述 べら れ た通 り、 幕 末 から 明治 十 年 代 ま で のほ と ん ど の英 和 辞 典 は ﹁ 説 話﹂ ﹁ 国 詞﹂ と訳 し て いる。 ま た、 明 治十 九 年 に ﹁ 演 説﹂ と いう 訳 語 が 辞書 に載 せら れ ても す ぐ には広 ま らず 、 明治 の半 ば す ぎ から徐 々に定着 し 始 め て いる。 ﹁ 演説﹂ よ り も ﹁ 公 論﹂ ﹁ 演述 ﹂ ﹁ 口演 ﹂ な ど が 訳 語 と し て採 ら れ てお り、 福 沢 が 明 治 六 年 頃 に ﹁ 会議 卜 の訳 語 と し て ﹁ 弁 ﹂ の中 で 僣① ① 演 説﹂ を公 表 し て も 辞

シキ演 説 ガ其 以来 ﹁ フ ヒリピ ツク ス﹂ 卜名付 ケ ラ レタ ︵ 栗野忠雄訳、明 治8 ﹁ ノ︰ ︰ ︰ ︶ 年 1 こ のよう に 超① 卜 は ﹁ 演 説 ﹂ と訳 さ れ て い る。 こ の ほ ① か同 一 箇 所 の直 訳 文 を九 人 の訳者 に つい て調 べ たが 、  一 人 だけが ﹁ 演 述 ﹂ と し た以 外 はす べ て ﹁ 演 説 ﹂ と訳 さ れ て い た 屋 L。 欧 文 直 訳体 は原 文 の各 単 語 に訳 語 を つけ て語 順 を 並 べ かえ たも のと考 え ら れ る ので、 辞 書 に定 着 す る のを待 卜 の訳 語 と し て ﹁ たな く ても イ① ① 演 説 ﹂ が 用 いら れ て い た ことが わ か る。 さ て、 訳 語 とし て の ﹁ 卜 のみ に つけ ら れ 演 説 ﹂ は もの ① た語 であ ろう か。 明治 十 三年 の ﹃ 鵞 黎 幡 児 回島 記﹄ 屋 ど に
えんぜ つ

は ﹁ ⋮一 人 の男 此 の看 棚 の上 よ り小 生 が方 に向 ひ て何 や ら ん長 々と言 ひ述 べ たれ ども 小 生 には何 の義 とも解 せず 只其 演 説 を始 む る に際 り て⋮﹂ ︵ 振り 仮名省じ と いう 文 が あ り、 原 文 と てら しあ わ せ る と ﹁ 演 説﹂ は o 一 一 ︼ ” o い の訳 語 と し て

Iθ θ

132

用 い、 積 極 的 に広 め た こ と は動 か し よ う のな い事 実 であ る。

し てよかろう。大坂 の緒方洪庵 の下 でオ ラ ンダ 語 を 習 い、

一 一 9 ︻ ” 用 いら れ て いる。 こ こで試 み に近 代 の英 和 辞 典 で o 卜 を ﹁ 演説﹂ と 訳 し た 辞 書 の の訳 語 を調 べ てゆ く と、3の いふ両 氏 が 去 十 七 日 よ り該 会 を催 ほ し ゝに傍 聴 人 は毎 日 二千 人 に下 だ らず 皆 近 郷 近 在 よ り宿 りが け に出 掛 る ゆ ゑ 市 街 は近 来 稀 れ な る賑 ひな り尤 も 傍 聴 人 の三分 一 は真 宗 の信 徒 にて本 願 寺 よ り派 出 の説 教 者 と心得 違 ヘ しも のと見 え演 説 な かば に南 無 阿弥 陀 仏 と唱 ふ る者 も 年8 月 朝野新聞﹄明治3 1 大勢 あ り し と同所 よ り報 知 あ り ﹁ 5 2日︶ 仏教演 説教﹂ ま た は ﹁ 演説﹂す なわ ち ﹁ こ の記事 は、 ﹁ 。 説 ﹂ と理解 し て いた 人 々が い た こ と を 示 し て い る 中 説e で ﹁ 演 説 が使 わ れ て お り、 の 意 ﹂ 中 世 から説 教 ︵ 古 。 傍 聴 人 の三 か つ、 真 宗 で はさ か んだ った ので、 こ の例 の ﹁ 分 ご の真 宗 の信 徒 は演 説 会 を 説 教 翁 こ の会 と 理 解 し 明 治 八九 年 の頃 、 神 原 精 二、 た のかも しれ な い。 ま た は ﹁ 、 爾来 到 る 所 盛 ん に 大 内青 轡 が 開 き しを以 て始 とな﹂ し ﹁ 行 は る ゝ に至﹂ 歴 じ った仏 教 演 説 と理解 し た のかも しれ な 演 い。 いず れ にせ よ、 も とも と は仏 教 で 使 わ れ て い た ﹁ 卜 の訳 語 とし て使 わ れ だ し た 時 期 に の 説 ﹂ と いう 語 が 3① 。 う け と り方 のば ら つき が 現 わ れ た好 例 と いえ よう し か し 多 の意 を 定 着 さ の 演 説 は長 い時 間 を かけ て 8① こ の後 ﹁ ﹂ 多 の ことを さ す よ う の 演 説 ﹂ と いえば G① せ、 今 日普 通 ﹁ た。 にな っ 一 演 説 ﹂ と いう 訳語 を与 え て いる ことが わ 一 は 9” o ● にも ﹁ 中 多 のみな らず R” 一 o い の訳 語 と し て の 演 説 ﹂ は C① か る。 ﹁ 。 も 使 わ れ て お り、 そ の時 期 に大 差 はな いと いえ よう 演 説 ﹂ が ど のよう に実 際 に 用 い ら 次 に 3o 8プ の意 で ﹁ れ て いた のか見 て み よう。 新 聞 記 事 に ついて はす で に宮 武 スピ ー チ﹄ と し て の演 説 と いふ語 新 聞雑 誌 上 に ﹃ 外骨 の ﹁ ︶が 最 初 付 ︱末広註 年2 月1日 = 明治8 を公 表 さ れ た のも こ れ ︵ 月 ま で の日刊 新 聞 二三 であ る、 明 治 七年 五月頃 よ り 八年 一 っ 種 数 百枚 を精 細 に見 たが 、 演 説 と いふ語 を 発 見 し な か 明治編年 史﹄ 新 鋼 た E E と いう 記述 が あ る。 ま た筆 者 が ﹃ ﹂ 、 演説﹂ お よ に収 録 さ れ て いる範 囲 で調 べ て み た と こ ろ ﹁ 、 び そ の複 合語 は、 明 治 八年 から みら れ 十 年 代 にはさ か ん に用 いら れ て いた。 演 説 と いう 語 が 辞 典 類 に定 着 す る以前 多 の意 で広 く 通 用 し て の に、 新 聞 で数 多 く 用 いら れ、Cの 一 酷当 世書 生 気 質 ﹄ いた ことが わ か る。 ま た文 学 作 品 でも ﹃ 一 、 に ﹁ そ れぢ ゃ ァま た、 橘 鉢 山 の上 かな にか で 演 説 の稽 古 でも し て居 る ンだ ら う ﹂ と使 わ れ て いる。 演 説 ﹂ と いう 語 を めぐ る認 識 の違 こ こで明治 十 年 代 の ﹁ いが 現 わ れ た新 聞 記 事 を 一つあ げ る。 遠 州 掛 川 駅 辺 にて は是 れ ま で演 説 会 と い ふ こと は知 ら

ざ り し程 な る に此 比 何 国 の人 にや石井 清 吉 守 井 政 吉 と

以 上 のよう に見 てく る と、 次 のよう な ことが 言 え よう 。 ○ 演 説 と いう ことば は古 く から 日本 で使 わ れ て いた漢 語 であ る。 ○ この ﹁ 演 説﹂ は ﹁ 日上 ﹂ ﹁ のべ とく﹂ の意 や説 教 翁 こ の異称 と し て用 いられ て いた。 ○ オ ラ ンダ 語 の おお さ の 一 ﹃ 卜 を 日本 記 や 英 語 の C① の 語 に翻 訳 す る際 、 ﹁ 演 説 ﹂ と いう 語 が採 用 さ れ た。 ○ のち ﹁ 演 説 ﹂ は専 ら スピ ー チ の意 で使 わ れ るよう に なっ た。 最後 に ﹁ 演 説 ﹂ の表 記 に つい て触 れ ておき た い。 仏 教 関 係 で用 いられ たも の は ﹁ 演 説 ﹂ と書 かれ る のが 一 般 的 であ る。 時 代 が く だ る と ﹁ 演 説 ﹂ と同時 に ﹁ 演舌 と い う ﹂ 表記 も 見 ら れ る よう にな る。 福 沢 諭吉 は中 津 藩 に演 舌 書 と いう も のが あ っ た のを演 説 と いう 表 記 に改 めた と述 べ て いる。 福 沢 の言 う 演 舌 書 と の関 係如 何 はわ から な 、 江 戸 時代 い が の訴 訟 文書 の場 合 で は ﹁ 演 説書 ﹂ と いう表 記 が 一 般 的 であ る。 ま た、 明治 時 代 の字 引 類 でみ る と、何 種 類 か の も のは ﹁ 演 説 ﹂ の見 出 し で は ﹁ 、﹁ のべ とく﹂ 演 舌 ﹂ の見 出 し で は ﹁ 口上 ﹂ の意 とし て区 別 し て いるが 、 ﹃ 日本 大 辞書 ﹄ な ど で は ﹁ 演 説﹂ と ﹁ 演 舌﹂ を 同 一 視 し て い る。 更 に ﹃ 机 上 宝典 4 誤 用 便 覧 ﹄ 翁 治4 3 には ﹁ 演 説 ﹂ の項 に 翌 別に演 舌 と 訳 さ れ てゐ たが、 今 は 一 般 に演 説 と し て舌 の字 は用 ゐ な い﹂

とあ る。 ま た、 明 治 の演 説 会 の新 聞 記事 や演 題 にお い ても ゆ れ が 見 られ、 内 容 的 に異 な るも のを さ し て いる とも 考 え ら れ な い。 実 際 の使 用 にお いて、 少 なく と も 多 の意 の 昭① で用 いる場 合 には ﹁ 演 説﹂ ﹁ 演 舌﹂ の内 容 的 な 区 別 は な か った よう であ り、 次第 に ﹁ 演 説 ﹂ に統 一 され て い っ た。
T 圧︺ 1  竜 谷 大 学 ﹃ 7 、一 仏教 大 辞 昭 彙 ︵ 和 ﹄ 年 発 再 版 行 昌 些房 ︶ 4 2  片 山 晴 賢 ﹁ 正法 眼 蔵 の 漢 語 に つ い て の 一 考 察 0 ﹂ ﹁北海 道駒沢大学研究紀要﹄第9 o 0 、 0年︶ 号 合 併 号 昭 和 ・ 5 3  後 藤 丹 治 ・ 釜 田喜 三郎 校 ﹃ 太平 記0 ﹄ ︵ 日本音典 文 学 大 系 4、昭和 5 、 3 3年 岩波書店︶頭 注 。 4  注 2 に同 じ。 5  注 2 の論 文 に は他 に、 ﹃ 相 州 兵 乱 ﹃ 記 宗 長 手 記﹄ ﹃ ﹄ 家中 竹 馬記﹄ ﹃ 上杉 家 文 書 ﹄ ﹃ 浅 野家 文 書 ﹄ ﹃ 慶 長 日 件 録﹄等 が あげ ら れ て いる。 6  斎 藤 毅 ﹃ 明 治 の ことば︱ 東 から 西 へ の 架 け 橋 ︱ ︵ ﹄ 昭和 2年、講談社︶ 5 7  注 6 に同 じ。 8  ﹁ 伊 藤 博 士 と 福 沢 翁 ﹂ つ一 塁中 一 4年︶ 学雑議 ビ ニの一 一 雑報、 明治3 は じ め数 多 く指 摘 さ れ て いる。 ま た ﹃ 慶 応 義 塾 百年 史 ﹄ 上 3年︶も ﹁ 昭和3 巻 ︵ 演 説 ﹂ と いう語 が福 沢 以 前 か ら あ った こと を 明記 し て いる。 9  杉 本 つとむ ﹃ 5年、桜楓社︶ 外 国語 と 日 本 語 ﹄ ︵ 昭和5 一 三 四 2 一 三 五 ペ ージ。 0 九 一ペ ー ジ。 1  同右 一

135

えんぜ っ

惣郷正明氏 の調査 カード n  国語辞典類 の語義 は飛 田良文 ・ による。 2  調査 した辞書 は次 の通 り。本木正栄 ら編 ﹃ 話厄利亜語林 ・ 、堀達 之助 ﹃ 文久 英和対訳 袖 珍 辞 書﹄ ︵ 年︶ 文化十 一 大成﹄ ︵ 、堀達之助編 。 改正 増 補 英 和 対 訳 二 堀越亀 之助改 訂 ﹃ 年︶ 、 ﹃ 良 正 増 補和 改 橋 昭 局 穀 上 正 慶応三年︶ 田 前 袖 珍辞書﹄ ︵ 、 英 辞 林﹄ 訳 ﹃ 補 和 正 増 生 大 明治2 年︶ 薩 摩 学 訳英辞書 ﹄ ︵ 、荒井 郁 序 、吉 田賢輔 ら ﹃ 年︶ 明治5 英和字典﹄ ︵ 明治4 年︶ ︵ 、﹁ Ω 〓8σ 和英語林集 〓” ﹃ 明治5 年︶ ﹃ 英和対訳辞 書﹄ ︵ 、 英 和 字 彙﹄ ﹃ 峻 挿 図 安 附 音 昌 子 年︶ 柴 田 吉 。 明治5 成﹄ ︵ 、中 〓・ 、岸 田吟香 ﹃ 年︶ 明治6 和訳英 語 聯 珠﹄ ︵ 明治6 年︶ ︵ ヾ ミ ぐ ミ ミヽ ヽ ヽ ヽ K ︺ ミο Sミ ヽ ∽ ピ一 石橋 政 方 ¨ ヽ同 ミヽ o ■・ 、柴 田昌 、同書 再版 ︵ 明治2 年︶ ︵ 明治9年︶ ︵ 1 ヽ ヽ ヽ ミ ぜ窯ミ い ヽ い い ′ 、市川 義 年︶ 明治5 1 増補訂正英和字彙﹄ 二版 ︵ 子安峻 ﹃ 吉・ 、傍木 哲 二郎 ﹃ 明治 新 明治8 年︶ 英和和英字彙大全﹄ ︵ 1 夫 ﹃ 、 附音挿 画英和玉 篇 ﹄ 徳 ﹃ 年︶ 入 江 依 明治8 撰 和訳英辞林﹄ ︵ 1 明 、 ッ 英和 双 解 字 典﹄︵ 郎 ﹃ ト 棚橋 一 ル 著 ・ 原 年︶ ナ 明治9 ︵ 1 、﹁ Ω 〓8ぴ 0年︶ 改正増補和英英和和英語林集 成﹄ 〓” ﹃ 治2 、柴 田昌吉 。 増補訂 正英和字 彙﹄ 子安峻 ﹃ 年︶ 明治9 三版 ︵ 1 、 、島 田豊 ﹃ 明治0 附音挿 図和訳英字彙﹄ ︵ 2年︶ 明治0 再版 ︵ 2年︶ 、尺 振 八 年︶ 明治2. 附音 挿 画 新 訳 英 和 辞 書﹄ ︵ 近藤 堅 三 ﹃ 、棚 橋 一 新 訳無 双英 和 辞 郎 ﹃ 明治2年︶ ﹃ 明治英和字典﹄ ︵ 2 、イ 、島 田豊 ﹃ 明治5 双解英和大 辞 典﹄ ︵ 2年︶ 年︶ 明治3 書﹄ ︵ 2 、神 明治2 年︶ 英 和 新 辞 林﹄ ︵ 3 岩崎行親 ら ﹃ ー スト レーキ ・ 、 2 明治4 年︶ 英和 双解熟 語 大 辞 典﹄ ︵ 南 日恒太郎 ﹃ 田乃武 。 、 4 詳解英 明治4 年︶ 入江祝衛 ﹃ 模範 英和辞典﹄ ︵ 神 田乃武 ら ﹃ 、 英独仏和 哲 学 字 彙﹄ 明治5 和辞典﹄ ︵ 4年︶ 井上哲次郎 ら ﹃
17 16

、井 上 、 年︶ 大正2 新撰英和辞 典﹄ ︵ 明治5 ︵ 4年︶ 増 田藤之助 ﹃ 、斎藤 秀 三 郎 ﹃ 熟語 大正4 年︶ 井上英和大辞典﹄ ︵ 十吉 ら ﹃ 、神 田乃武 ら ﹃ 模範英和辞典﹄ 年︶ 大正4 本位英 和中辞典﹄ ︵ 、 三省堂編集所 ﹃ 昭 三省堂英和大辞典﹄ ︵ 年︶ 大正5 増 補版 ︵ 、市 河 一 昭和6 大 英 和 辞 典﹄ ︵ 年︶ 7 畔柳都 太 郎 ら ﹃ 和3 二二 、勝俣鐙 、藤島勝 二 ﹃ 昭和7 年︶ 大 英 和 辞 典﹄第 二 版 ︵ 年︶ 、 辞 ﹃ 英 和 解 静 双 昭和4 年︶ 斎 藤 英和活用大辞 典﹄ ︵ 1 吉郎 ﹃ 、 2 ︶ 、岩崎 民平 ﹃ 昭和2 年 ポ ヶ ット英和 辞 典﹄ ︵ 昭和9 年︶ 典﹄ ︵ 1 昭和6 修訂増補版 ︵ 2 大英和辞典﹄ 畔柳都 太郎 ら ﹃ 市 河 三喜 ・ 、 、岩崎民平 ・ 昭和8 年︶ 新英和大 辞 典﹄ ︵ 2 河村重治郎 ﹃ 年︶ 、島 村 盛 助 ・ 3年︶ 土 昭和3 字英和辞 典﹄ ︵ ロー マ 高橋盛雄 ﹃ 、 3年︶ 吉 信・ 昭和3 塚 高 大 岩波英和辞典﹄新版 ︵ 居光知 ら ﹃ 、 崎 昭和9 岩 英 和 辞 典﹄ ︵ カ レ ッジ クラウ ン 3年︶ 川美夫 ら ﹃ 、 昭和2 年︶ 本 茂雄 川 新 英 和 中 辞 典﹄ ︵ 小稲 義 男 ﹃ 4 民平 ・ 、中島文雄 ﹃ 4年︶ 岩波 英 昭和4 ﹃ ュ ー ヮー ルド英和辞典﹄ ︵ ニ 昭和5 年︶以上 は 国立 国語研究 所及び飛 田良文 和大辞典﹄ ︵ 4 氏蔵本 によ った。 、 3 明治事物起源事典﹄η国文学解釈と鑑賞﹄臨時増刊号 昭和 ・  ﹃ 、 3 演説 ﹂ の項。 4年 至文堂︶ ﹁ 4 演説 ﹂ と訳 した訳者名 と発行年 は次 の通 り。 戸 代 光 大 ・  ﹁ 、牛 山良助 ・ 小 水沢郁 ・ 藤 田治 明 ・ 橋詰隆治 ・ 年︶ 明治8 ︵ 1 、 以上明治2. 中尾栄之 助 ︵ 以上明治。 峯 正意 ︵ 2年︶ 品 田太吉 。 0 。 。﹁ ︶ 明治2 年 年︶ 演述﹂ とした のは桜井鎌造 ︵ 5  片 山平 三郎 口訳 。 鵞稼幡児 回島記﹄ 明治3 九岐晰筆記 ﹃ 1 ・ 年、雄松堂書店︶ 明治初期翻訳文学選、昭和3 年 ︵ 5 有限社︶ 年、 大正5 明治表裏叢書0、 明治演説史﹄ ︵ 1 官武外骨 ﹃ 注1 に同 じ。

が 、 手 当 てを し てく れ た 日本 兵 をそ の場 で射 殺 し た ことを

お う ぼ う 秩号 、 押 妨 ︶ おうほう ︵       石 井 フ らち 江
﹁ 横 暴 ﹂ は、 漢 語 と し て は す で に ﹃ 漢童 置 にも 使 わ れ て い る 歴 ι 語 であ る が 、 日 本 で広 く 使 わ れ 出 し た の は 明 治 期 の よ う であ る。 ① 況 や 其 五 を 併 せ て横 暴 る な き 故に 憚 を や 曰 立 憲 革 く 7年5 明治2 ︵ 墓示 日日 月9日 ﹃ 新 党 は大 憲 紛 更 党 な り と 新聞﹄第六七六三号 朝比奈知泉 ﹁ 立憲革新党 は大憲紛 更党 な
りし

目 のあ た り に見 た、 と いう文 章 で、 そ の行 為 を ﹁ 残 忍 を横 暴 に﹂ し た と いう のであ る。 こ の場 合 、 そ の行 為 が 横 暴 だ った から、 あ え て ﹁ ほ し いま ま﹂ に ﹁ 恣﹂ や ﹁ 縦 ﹂ の字 を 横 暴 ﹂ とあ てたも のであ ろう。 用 いず 、 ﹁ す な わ ち、 ﹁ 横 暴 ﹂ は、 社 会 的 道 義 的 秩 序 を 乱 し、 ︿ 我儘 勝 手 に振 舞 う こ と、 ほし いま ま に振 舞 う こと﹀ の意 で、 使 わ れ始 め た と思 わ れ るそ の時 か ら現 在 ま で同 じ意 味 であ る。 と ころ で、 中 世 には ﹁ 押 妨 ﹂ と いう 言 葉 が 使 わ れ て いる。 ﹁ 横 暴﹂ と関 係 が な いであ ろう か。 ④ 可三 早停 止 二 御 厨 御 領 所 観 世音 寺 永 代 御 領 地 押 妨 一 事、 右、於 / 無二 御 厨 之 留 守 所 訴 ﹁押 妨 之 由 有 二 其 訴 ︵若 有 道 理 者 、 随 調 度 文 書 ︵於 参 向 御 厨 ︵可 令 ニ 二 一 二 三 二 レ 沙汰 ・ 也 、 沙 汰 之 間 、 彼 妨 可二 寛治 停止 一 之状 如 / 件、 ︵ 8﹃ 年8 三 東南院文 書し ⑤ 寺 僧 いかり を な し て、 昔 より此 所 は国方 の者 入部 す る事 な し。 す み や か に先 例 にま か せ て入部 の押 妨 を 、俊寛沙汰鵜川 と ゞめ よ、 とぞ申 しけ る。 ﹁ 平家物〓 習 一 軍 ︶ ⑥ 惣 地頭押 二 妨 所領 内 名 主職 一 事 右給 二 惣領 一 之 人、 称 二 所領 内 一 領 各 別村 ・ 掠二 事 、 所行 、有 限 沙汰 之 企難 / 遁二 罪 科 一愛 給 二 別 御 下文 ︵ ︿ 略﹀ ′
おう │ま う

これ が 管 見 に 入 った 初 出 例 であ る。 立 憲 革 新 党 は欽 定 憲 法 を な いが し ろ に し て自 主 憲 法 を 作 ろう と し て い る、 秩 序 を 乱 す 政 党 だ と、 五 つ の点 を あ げ て批 難 し て い る文 章 で、 そ の政 党 の方 針 が ﹁ 横 暴 ﹂ と いう わ け で あ る。 ② 限 り な き 敵 国 の横 暴 は遂 に吾 内 閣 の諸 公 を し て大 決 7 明治3 断 を 覚 悟 せ し む 、︵ 年、伊藤左千夫 ﹁ 起て日 本男児﹂詞 圭 e ③ 今 は 又 た 目 睫 の間 に於 て、 彼 れ が 残 忍 を 横 暴 にす る 9年、桜井忠温 ﹃ 明治3 を 実 見 し た の であ る。 ︵ 肉弾し いず れ も 日 露 戦 争 に関 す る文 章 であ る。 ② 敵 国 と は露 国 で あ り 、 大 決 断 と は宣 戦 布 告 であ る。 ③ は、 怪 我 を し た 露 兵

137

和蘭字彙

/道 氏

[訳 ]:月 池 [ほ か 校 ]

請 求 記 号 :文 庫 08c1020(18581] 敗 山城 屋 佐 兵 衛 . 日本 稿 恒 (l■ 戸 )′ 敗 :桂 1回 幹 形 態 9冊 ; 27cm′ 横 地 石 太 郎 旧蔵 早 稲 田大 学 図書 館
Elエ

Cebledenis
『蘭 語 謂 撰』 臨 川 書 店

イ う 寅
1968年

´

391頁

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful