Bhavaviveka

の聖 典 観


周 知 の よ うに Dignaga を 知 識 根 撮 (pramapa)


と推 論 (anumana) 濁

(c. 400-480)は と し, 傳 承 聖 典

直 接 知 毘 (pratyaksa) (agama)

或 い は ミこ と ば ヤ(sabda)を

立 し た 知 識 根 檬 と は 認 め な い。 と こ ろ でDignaga 學 説 の 中 に 導 入 し た Bhavaviveka い た で あ ろ うか。Candrakirti (c. 490-570)は, (c. 650)は

の後 に論 理 學 的 論 誰 法 を 中観 傳 承 聖典 を どの よ うに見 て

種 々 の 貼 で 彼 に 封 し て 批 到 的 で あ り, 傳 承 聖典 を 知 識 根 縁 と し

世 俗 的 な 立 場 で は 直接 知 豊 ・ 推論 ・ 類 推(upamana)・ た(1)。 こ れ と の 封 比 の 上 で も, Bhavaviveka

の知 識 論 で傳 承 聖 典 が如 何 な る 位

置 を 占 め て い る か と い う 問 題 が, 我 々 の 課 題 と な る で あ ろ う。 Bhavaviveka は Prajhapradipa ad Madhyamakakarika, IX. 3で, 聖 典 を の意 見 を

唯 一 の 根 縁 と し て pudgala

が 存 在 す る こ と を 圭 張 す る Vatsiputriya

出 し, 彼 等 が 聖 典 を 極 度 に 重 要 視 す る こ と を 批 到 し て い る(Tsha こ の 個 所 の 論 述 か ら知 られ る こ と は, (1)傳

153b4-154a2)(2)。

承 聖典 に つ い て は様 々の解 繹 が 可 能

で あ り, そ れ の み を 重 要 視 す る の は 誤 り で あ る と 見 て い る こ と, 帥 ち 聖 典 一 般 を 極 め て 相 封 的 な 灌 威 と見 て い る こ と, 更 に は, (皿)傳 承 聖 典 は 推 論 の な か に 含 ま 或 い は よ り詳 細 な 論 述 は, 他 諸 庭 に見 い

れ る と 考 え て い る こ と, で あ る。 こ れ と 似 た 論 述, に も Madhyamaka-hrdaya-karika(MHK.), 出 す こ と が で き る。

Tarka-jvala(TJ.)(3)の

(1)

Prasannapada

(Bibl.

Buddh.

IV)p.

75. 2-9

泰 本 融:

世間的眞理の救護

月 稻 の 陳 那 學 説 批 剣 を 中 心 と し て-(IBK., (2) text は Peking No. 5253を

II-I, pp.

222-225) の 知 識 論 との 關係 159-162; Date Ti(山 口

使 用。 省 こ の 論 議 は Bhartrhari

で 中 村 元 敬 授 に よ つ て 既 に 注 日 さ れ て い る。 『こ と ば の 形 而 上 學 』pp. betan Citations of Bhartrhari's 127-8); Verses Bhartrhari, and the the Problem (IIJ. of IV. his

博 士 還 暦 記 念 論 集pp. (3) 本 た MHK. Peking

Scholar

pp.

293-4) 繹

の 爲 本 を 使 用 す る 機 會 に 恵 ま れ な い の で, No. 5256を な も の。 -894圭 に 使 用。MHK. の verse

こ こ で はTJ. number

と 共 に tibet

は これ に基 い て 附 し

provisional

84) vinipato も 出 る。 し か も Vakyapadiya hastasparsad na ivandhena I. IX. 《 例 え ば 大 河 を 渡 ろ うと思 うもの が筏 を使 用 す る よ うに. 彼 等 に 要 求 さ れ る の は. 推 論 は使 用 され るべ き で あ る》(MHK. 推 論 は 聖 典 の 裏 づ け な く し て そ れ だ け で 凋 立 の 権 威 で は あ り え な い と す る。 少 く と も Bhavaviveka 考 え を もつ て い た。 と こ ろ で こ れ を 批 到 す る に 當 つ て. 214) 自分 自 身 も納 得 で き 他 者 も納 得 で き る 客 観 的 な 論 理 的 思 考 に よ つ て. る に推 論 を重 要 覗 した 場 合. の 本 文 と な つ て い る こ と か ら そ の 推 測 に は 多 少 の 疑 問 が 生 じ る。 い ず れ に し Manuscript を 見 る機 會 が あ れ ば 氷 解 す る 問 題 で あ る。 -893- て も Sanskrit . Mimamsa 學 派 は Veda IX. (ii)あ る特 定 の 聖 典 に 固 執 し て 他 に 封 して 心 僑 る もの. こ れ を Vakyapadiya durlabhah//と 極 似 す る。 中 村 教 授 か ら の 直 接 的 な 引 用 と 考 え ら れ て い る が. Dsa 363a5-7)。 と い う の が そ の 分 類 で あ る(TJ.〔 最終 的 には 〕捨 て られ る べ き もの で は あ つ て も. 12) 明 晰 な らし め る の は 何 な の か》 《 盲 人 が歩 幅 を 測 りな が ら危 瞼 な道 を走 り行 くよ うに. Tsha 1964. Biardeau. (iii)全 て の 聖 典 起 つ い て そ の正 ・ 不 正 を 全 然 検 討 で き な い も の. 他 系 列 の 傳 承 聖 典 を 考 察 し て み る こ と で あ る。 そ の 考 察 は 軍 に 他 系 (4) par こ れ は Prajnapradipa M. 彼 は 興 味 深 い ひ と つ の 考 え を 提 示 す る。 そ 、 れ は 傳 承 聖 典 を 見 た 場 合 に ど う い う態 度 を 取 る か に よ つ て 弟 子(sisya)を 分類 し が 問 題 とす る Mimamsa 學派 は そ うい う よ う と す る もの で あ る。(i)他 の 聖 典 を 見 た ら そ れ の 正 ・ 不正 につ い て疑 問 を懐 く もの. Paris. 自己 の 學 説(mata)を (MHK. 推 論 を 一 鷹 知 識 根 檬 と し て 認 め は す る が. 〔 それ に つい 他 者 に よつ て 生 ぜ しめ られ る 〔 だ け〕 で あ る。從 つ て他 の 聖 IX. 推 論 を 重 要 覗 す る者 は 〔 深 淵 に〕 墜 落 しや す い(4)》(MHK.Bhavaviveka の聖 典 観 (江 島) (71) I ま ず 傳 承 聖 典 を 重 要 視 す る 典 型 的 な 考 え は Mimamsa 破 等 の 意 見 は 次 の と お り で あ る。 《 論 理 學 派 (hetuvada) は 論 理 (hetu) に よ つ て三 Veda (trayi) を 論 破 す る。 し か 學 派 に 見 ら れ る の だ が. visame pathi dhavata/anumanapradhanena (前 掲 論 文)は MHK. 153blに p. 13) を 絶 封 的 樺 威 とす る の で あ り. (i)(ii)の 弟 子 は 何 ら か の 形 で 聖 典 を 検 討 す る こ と が 要 請 され る。 《 誤 謬 な き推 論 に よ つ て 〔 聖 典 の〕正 ・ 不 正 を 考 察(vicara)し ての 〕 理 解(buddhi)は な け れ ば. 42(publ. 213) 典 につ い て疑 問 を 懐 く》(MHK. IX.

216) 學 派 が聖 典 を重 視 す る こ とへ の批 到 と して 展 開 さ れ て い る が. S. そ れ 以 外 の 理 由 か ら で に よつ て 把 握 さ つ て 説 か れ た も の だ か ら” (TJ. ミ こ とば ミ の み を重 要 視 す る もの は 〔 深 淵 に〕 墜 落 しや す い 》(MHK. 215) 《 ミ こ とば ミ(sabda)の の盲 人 の よ うに. Vで は 周 知 の よ う に Yogacara 學 派 との 間 に “唯心 ( cittamatra)”の 聖 典 解 繹 に つ い て 議 論 が 交 さ れ(5). (5) (6) MHK. V. そ れ で も よ い が. in Bhavaviveka 212-217参 照。 82- Yukti (金 倉 博 士 古 稀 記 念 論 集pp. 17. 8)(6)。 し か し彼 が そ う言 う の は. 愚 者 は この 輪 廻 を流 轄 しつ づ け る》(MHK. 聖 典 に つ い て の 疑 問. 他 に 封 し て 心 僑 る 態 度 か ら抜 け 出 る こ と が で き る。 し か る に (iii) の 類 型 の 弟 子 は 推 論 に よ る 考 察 を 何 ら せ ず た だ 軍 に 聖 典 に 盲 從. そ れ が “眞實 を 見 る 者 に よ 223a2-3)で あ つ て. Bhavaviveka と. V. 103-109)。 ま た Bhavaviveka に と つ て. Agama 28山 and 口釜 『 無 と 有 と の 封 論 』pp. 必 然 的 に 自 己 の 奉 ず る も の に つ い て も行 な わ れ な け れ ば な ら な い。 そ の 結 果 考 察 に た え う る もの が 正 し い 聖 典 と し て 残 る ひ ミ そ れ(=推 論 に よ る考 察)が な け れ ば 眞 實 を 見 る こ と(tattva -darsana)は な いミ と 言 う(TJ. Dsa 363b3)。 これ に よ つ て 弟 子 は. 聖 典 と 推 論 の 關 係 が 問 題 に さ れ て い る の で あ る。 は聖 典 の権 威 を全 然 認 め ない の か と い う は全 て知 識 根 撮 で あ る そ れ に よ つ て 見 る と. 即 ち こ こで 學 派 に 封 し て 痛 烈 な 批 到 を 投 げ か け る。 み に追從 して 過 去 〔 に於 い て教 え られ た こ と〕に從 つ て歩 く生 來、 IX. 聖 典 は 眞 實 知 を 目指 す 推 論 に よ つ て 槍 討 さ れ る 必 要 が あ る(MHK. そ れ を 見 る如 來 が 説 い た も の は 日常 表 現(vyavahara) と し て の 聖 典 で あ る。 し か し そ の 聖 典 は 形 式 的 に は 理 由 ・實 例 を 敏 い て い て 圭 張 命 題 の み の も の で あ る 從 つ て 聖 典 に こ う あ るか ら と い う こ と だ け を 根 撮 と し て 自 己 の 學 説 を 打 立 て る こ と は 意 味 が な い。 同 一 聖 典 を 同 一 解 繹 の 下 に 護 持 し て い る者 の 間 だ け で あ れ ば. 照。 -892- . 異 つ た 聖 典 を 護 持 し て い る 者 の 間 で は た だ 自 己 の 圭 張 を 徒 ら に 喧 傳 す る に 終 つ て し ま う。 そ れ を 避 け る た め に. そ こ で も や は り 聖 典 一 般 に 封 す る弟 子 の 態 度. こ の 一 連 の 論 議 は Mimalpsa IX. Dsa は な い。 そ し て 眞 實 は 分 別 的 思 惟 を 超 え た 知(nirvikalpajnana) れ. す る に す ぎ な い。 從 つ て Bhavaviveka は Mimamsa は こ の 類 型 の 弟 子 に 封 し て. Iida: 83)参 V.(72) Bhavaviveka の 聖 典 観(江 島) 列 の もの に の み 適 用 さ れ る の で は な く. 弟 子 の 分 類 に 見 ら れ る よ うに も つ と一 般 的 な 場 へ 移 しか え る こ と の で き る論 議 で も あ る。MHK. 必 ず し も そ うで は な い。 如 來 の 言 (tathagata-vacana) と も言 う(MHK. 《 撮 り所 な き生 來 の 盲 人 が危 瞼 な場 所 を走 り行 くよ うに.

聖 典 の 相 封 化 に 他 な ら な い で あ ろ う。 II さ て Prajhapradipa の 文 に 帥 し て 問 題 を 提 示 し た よ う に Bhavaviveka IXに は傳 承 聖 典 を 推 論 と 異 る もの と は 見 な い。 そ の こ と をMHK. 7cd)。(iii)聖 Ix 普 遍 相 と し て の 天 上 界(svarga. そ れ が そ れ と し て 意 味 を 持 つ の は. IX. に か か つ て く る(NHK. 典 は 讃 相(lihga)と 8)。(iv)推 の 現 實 的 結合 關 係 が 経 験 さ れ な い も の を 認 識 さ せ る(ibid. p. 18-19)。Bhavaviveka が に 相 慮 し た もの か ど うか. 権 威 と し て は 相 封 的 で し か あ りえ な い と見 る。 こ れ は 聖 典 を い わ ばa priori に絶 封 的 権 威 と 見 な す 立 場 か らす れ ば. を 把 握 し. 眞 實 知 の 立 場 に 立 つ た 場 合 そ れ が 理 に 適 うか 適 わ な い か を 槍 討 す に 於 い て は 推 論 に よ る 考 察 で あ つ た。 現 實 に 存 す る 多 る 方 法 は. IX. 56) あ る(7)。 從 つ て 〔"Vedanta 疑 うな らば検 討 す べ き で あ る》(MHK. (IIJ. 論 は聖 典 とは 別 個 の封 7) vedante Masters of ca hi Buddhism yat suktam Adore tat the saxvam Brahman buddhabhasitam/V. 彼 は あ る 特 定 の 學 派 が 奉 じ る 聖 典 を. と 言 わ れ る と き. Bhavaviveka 種 多 様 な 聖 典 は 論 理 的 思 考 を 経 な い か ぎ り絶 封 的 な 灌 威 を 持 ち え な い し. 學 派 と の 問 答 に よ つ て 眺 め て み よ う。Mimamsa は 傳 承 聖 典 (agama) あ る。(i)知 (svalaksapa) あ る Mimalpsa 或 い 學 派 は"こ と ば" (sabda) を 推 論 か ら切 り離 す 立 場 を と る が. 《Vedanta で あつ て もそ の 中に 正 し く 説 か れ た もの は全 て佛 に よつ て 語 ら れ た も の で の 學 説 と同様 で あ る"と い う〕實 例 命 題 は成 立 し な い。 IV. 彼 は. しか も眞 實 知 ・ 解 脱 を 志 向 す る 論 理 的 思 考(tarka) IX. よ る。 Gokhale -891- . こ う考 え を 進 め て く る と. V. 推 論 は そ の 普 遍 相(samanya-laksapa) る に 聖 典 は 個 別 相 と し て の 解 脱(apavarga)と を 同 時 に 封 象 と す る(ibid. それ が 自學 派 の も の で な い か ら と い うだ け で 排 斥 し て し ま う こ と が で き な くな る は ず で あ る。 例 え ば 小 乗 の 立 揚 か ら.Bhavaviveka の 聖 典観 (江 島) (73) 傳 承 聖 典(agama)は ら agama 性(yukti)を 軍 に 傳 承 的 に (paramparyena) 傳 え られ て き た(a-gam)か それ が論 理 的 要 當 な の で は な く. 271)に V. 7) の 學 読 と同 様 で あ る》(MHK. と 言 う。Veda Dsa 211b4-5)。 で も理 に 合 つ た も の は 採 用 す べ き で あ る と 考 え ら れ て い る(TJ. 持 つ か ど うか. 7ab)。(ii)直 その 理 由は 大 髄 四 個 で 接 知 豊 は存 在 の 個 別 相 を 把 握 す る。 し か pl. 《 経 (sutranta) ば Vedanta の 中 に牧 め られ ず 他 の 道 を教 示 す るか ら.) 識 根 振 で あ る ご と(MHK. 大 乗 は佛 説 で は ない。 例 え IV.

直 接 経 験 した こ と (drstartha) に も とつ い て 推 論 した上 で. そ れ とて た だ 聖 典 の み に よ る の で は な く し て 推 論 に よ つ て 把 握 さ れ る べ き で あ り..(74) Bhavaviveka の聖典観 (江 島) 象 領 域 (gocara) を 持 つ (ibid. そ の個所 では直 接 知 畳 と推 論 が 知 識 根 嫁 と して學 げ られ."等 か れ た もの が成 立す る。(Tsha 74b7-75a5) (8) 尚 Prajnapradipa の末 尾(Tsha 323a5-325a3)で. 〔 そ こで 〕 把 握 され るべ き もの を把 握 す る。從 つ て 〔 それを 聖 典 だ け に もとつ い て〕 直 接 的 に 〔 把 握 す るの で は 〕 な い 》(MHK. 當 然 著 作 の 中 で 自 己 の 聖 典 に 言 及 す る と き の 取 扱 い 方 に も そ れ が 反 映 し て く る は ず で あ るOMHK. 理 由(iii)に つ い て だ け 鰯 れ て お く と. 聖 典 は 推 論 に よ る考 察 を 侯 つ て 意 味 を 持 つ と. Bhavaviveka は知 識 根 檬 が 勝 義 的 に は 否定 され る こと を論 じ て い るが. 60) と 言 う。 聖 典 に は 超 感 畳 的 な も の が 記 述 され て い て. そ の 章 の 意 義(artha)を に つ い て い え ば. そ こ で は 聖 典 引 用 の 形 式 が 定 型 化 し て い る こ と が 知 られ る。 こ の 書 で は 各 章 の 末 尾 に. 聖 典 は否 定 され るべ き知 識 根 櫨 とは な つ て い な い。 こ れ は 彼 が 聖 典 を 凋立 の知 識 根 擦 と は見 てい ない こ と を示 す。 -890- . 彼 は. て い る。 郎 ち 聖 典 を 推 論 か ら 分 離 す る上 記 の 四 理 由 の う ち(iii)(iv)の Vatsiputriya の 圭 張 に つ い て も論 ぜ ら れ て い る の で あ る。 そ し て こ の 批 釧 は 聖 典 を 猫 立 の 知 識 根 擦 と す る學 派 一 般 を 封 象 と す る。 そ れ と 同 時 に Bhavavlveka が 聖 典 を 濁 立 し た 知 識 根 接 と し て 認 め て い な か つ た こ と を 意 味 す る(8)。 III こ の よ う に 聖 典 の 権 威 が 相 封 化 さ れ.. IX. 印 ち". 《 謹 相 (lihga) との 結 合 關 係 を 直接 経 騨 しな い 者 は. 読 くこ と説 纒 め て 必 らず それ に 關 連 し た 聖 典 が 引 用 さ れ る。 例 え ば 第1章 こ こで 〔 この 〕章 の意 義(artha)は 〔 存在 に〕 生 起 が な い こと(anutpada)を と で あ つ た。 從 つ て生 起 す る こ と な き縁 起 につ い て の 聖 典. 7-8)。 こ の 四 理 由 に つ い て Bhavaviveka は い ち い ち 批 釧 を 加 え て い る。 い ま 紙 数 の 關 係 で そ の 詳 細 は 割 愛 せ ざ る を え な い が. IX. の 引 用 を 含 ま な い。Tarkajvala は 全 髄 が karika で あ る か ら 聖、 典 で は 引 用 が 比 較 的 少 な い。 そ こ で Prajnapradipa に 關 し て こ れ を 調 べ て み る と. 我 々に は そ れ が 何 を 示 す 誰 相 で あ る か 理 解 で き な い こ と が あ る。 しか る にBhavaviveka は. 聖 典 は 推 論 の 素 材 と な る も の で あ り. そ の 意 味 で 聖 典 は 推 論 の 中 に 含 ま れ る と 考 え る。 こ の 批 到 的 な 考 え 方 は Mimamsa 頭 で 言 及 し た Prajnapradipa 學 派 だ け に 向 け ら れ る で は な い。 本 稿 の 冒 そ れ が Vatsiputriya へ も向 け られ 理 由 が の 論 議 で は. 彼 が 考 え た と す れ ば.

この 爾 者 間 に それ 以 外 の と こ ろで 中観 學 説 上 大 きな 相 違 を もた らす ので は ない か と思 わ れ る。 尚 個 々の 系 列 の 聖典. 或 い は封 論 者 の言 明 を論 理 學 的 に論 破 す るこ と に よつ て 展 開 され て い る。 そ の後 に こ の よ うな聖 典 が成 立 す る. 論 理 學 的 に はDignaga の 考 え を 受縫 い だ も の で とは異 る と 言 わ ね ば あ る。 こ の貼 聖 典 を濁 立 した 知 識 根族 と したCandrakirti な らな い。 論 理 學 の 基本 と して の知 識 論 が異 る とい うこ とは. Nagarjuna の 言 明 を 中 心 に据 え て それ に よ つて 推 論 式 を 構 成 し. い ま は論理學的覗黒 占 か らは 外 れ るの で別 に論 じ るこ ととす る。(1968. 推 論 に よ る裏 づ け を侯 つ とい う態 度 が. 帥 ち推 論 に よ る論 讃 を前 提 と して聖 典 の 内 容 が成 立 す る と.Bhavaviveka の 聖 典 観(江 島) (75) と あ る。 章 全 髄 は. 9) -889- . 例 え ば小 乗 経 典 や Veda聖 典 に つい て Bhavaviveka が どの よ うに 考 え て い た か とい う問 題 が あ る。 この 問題 は極 め て興 味 深 いが. 彼 は言 うわ け で あ る。 もつ と も他 に 聖 典 を 謹椹 と して 引用 す る 例 は見 い 出せ ない わ け で は な い。 しか しそ れ はBhavaviveka の場 合 は必 ず 推 論 に よ る展 開 を前 提 とす るの で あ る。聖 典 を軍 純 に そ れ だ け で謹 権 とし て並 列 的 に は 引用 せ ず. 彼 の一 貫 した 態 度 なの で あ る。 以 上 の よ うな彼 の 聖 典 観 は.