生放送に対するコメントを用い

た双方向型番組の試作

今日伝えたいこと
 ニコニコユーザー生放送面白い

よ!
 ユーザーが参加する仕掛けをい
ろいろ考えたよ!
 これって学術的にはどうです
か?

まとめ
 双方向型番組の特徴を生かすにはどうし

たらいいか?
 一体感と参加感が特徴ではないか。一体
感は「意見の可視化」、参加感は「コン
テンツに影響を与えること」からくとい
う仮説がある。
 コメントを誘発するには、特定テーマに
沿った誘導が必要。十分に意見が可視化
されていると、視聴者同士の対話が生ま
れる。

3つの実験
 英語教育される放送

 コメントで動かすカメラ
 多人数参加型オセロ

自己紹介
 ニコニコ動画ユーザー生放送で遊んでま

す。

背景
 放送と通信の融合と言われている。
 具体的に何ができるのだろうか?

 多くのテレビに双方向環境が整った
 コンテンツに変化は生まれたのか?

 インターネットで放送できる環境が整いつつあ
る。
 どのように利用されるのか?

既存のTVでの双方向番組

既存の双方向放送の問題点
 応答速度
 インターフェース
 参加人数

 参加感、一体感に

欠ける

さまざまな生放送サービス

インターネット生放送の特徴
 応答速度
 ほぼリアルタイム(遅延最大30秒程度)

 インターフェース
 キーボード

 参加人数
 1000人程度

 視聴者
 不特定多数

システム構成

インターフェース

双方向性放送の特徴を生かすには
 一体感
 複数のユーザーがコンテンツにどのような意

見を持っているのか可視化し、自分と同じで
あることを実感できること

 参加感
 ユーザー自身もそのコンテンツに関わってい

ることが実感できること

コメントを誘発する仕掛けが必要

仮説
 誰もが知っているあるテーマについて、

発話を促すことができないか?
 たとえば英語を「教えてください」と依
頼することで、誰でも平易にコメントで
参加できるのではないか?

英語学習放送

英語学習放送
 英語参考書(中学生向け)を投影し、解

説を読み上げ、問題を解く
 1日30分、平日毎朝10時から
 2008/12/17~2009/07/30まで開催(6
月を除く)

発生した対話
 番組

視聴者

 放送内容に対する突っ込み
 放送者との対話

 視聴者

視聴者

 視聴者の発話に対する応答

問題に対する解答
 109
 110
 111
 112
 113
 114
 115

7
1
18
6
11
1
6

勉強しろ
 116
11

おk
うむ
おk
たぶんおk
wakaran
つ5点
Look atもわからんのか。
ok foooo

もっと

放送内容に対する突っ込み
 52 5






スペルがw
53 16
なんていってるのか聴こうとする気持ち
がないと洋楽も無意味・・・
54 7
つづりがw
55 5
カンパニーのすぺる!!
56 6
あってるような気がする
57 10
こんぱにーw
58 6
スペル間違えてるぞww
59 15
ス~ペ~ル~wwww

放送者の呼びかけに対応
 181 41

意味を求めるな!!

 182 34

人はwho、whose

 183 32

thatだとIt's my carを取り込んでしまうので文法
的におかしくなる

 184 25

got の目的語がない

 185 3

接続詞がないんじゃね

 186 43

非限定用法だからです。

ユーザー同士の対話

137 13

because of の後って動詞はいっちゃいけないんだっけ?

138 6

せーく

(中略)

147 10

148 22

ofの意味知ってりゃどんな熟語だろうとほとんど通用する

149 6

酒とタバコのどっちか制度w

150 13

>>147サンクス。ややこしくて困る・

151 12

ofの意味=~の

152 16

because S V / because of 名詞

153 26

because+節

154 22

151

155 29

今北

156 12

154

137>前置詞と用法は同じだからこの後は必ず名詞が来るよ。

ぐらいにしか思ってない俺が来ますた

because of +句

それでいい
ありがと

だっけ?

わかったこと
 ある特定のテーマに絞り、特定のコメン

トをつけるように呼びかけることでコメ
ントでの参加を促進することができた。
 呼びかけ内容以外にも、文脈を読んでの
ツッコミ、そしてユーザー同士の対話が
発生した。

ニコ生
リモートカメラ

仮説
 カメラは映像の本質であり、コンテンツ

内容そのものを決定する。
 カメラをユーザーが動かすことができれ
ば、参加感を促せるのではないか?

コメント入力で稼働するカメラ
 「上右左下↑→←下」のコメントでカメ

ラが動作する
 可動域以上は動作しない
 1コメント1移動とし、複数コメントで
複数移動する

ニコ生リモートカメラ

システム構成

実験
 Make Tokyo Meeting 03で2日間展示

 学校の教室で、多くの来場者が通りすが
る環境

発生した対話
 視聴者が閲覧したいものを追うコマンド

入力

 出演者とのカメラによるコミュニケー

ション

特定の対象を追う














←←←←

1088
ねぎ
1089

1090
幼女だ 1091

1092

1093
あ、天然の幼女だ
←←←←
うえ
1096

1097
←←←←←←

1099
ねぎねぎ

1087

1094
1095

1098
1100

視聴者同士の対話

お前らラグ考えろ!

867

おおおお!!!

ノシ 870

しょのp

872

したあ

873

あの楽器か? 875

みぎ 876

あの楽器きた 878

みんな、こころを合わせるんだ!

あと4分だぞ

868
869

871

874

877
879
881

880

わかったこと
 コンテンツに影響を与える状況を用意す

ることで、コメントを誘発できた
 カメラ動作そのものが出演者に影響をあ
たえ、対話を促した
 視聴者同士による対話も発生した

ニコリバーシ

仮説
 視聴者同士の対話が発生するのであれば、

視聴者対視聴者の状況を作ることで、よ
りコメントを促進できるのではないか?

多人数参加型リバーシ
 ユーザーは黒チームと白チームに分かれ


 記名で参加する
 「番地」を指定して、投票により石をお
く場所を決める。

画面イメージ

発生した対話
 番地の入力

 勝敗に関わるもの
 一体感をもつための悪ふざけ

番地の入力
 d7@s






163
f6@e 164
f7@s
165
f6@s 166
c4@s 167
d2@s 168
f6@石 169
d2@s 170

勝敗に関わるもの
 白にスパイがおるううううううううううううう









うう
135
G5@石 136
d3@s
137
g5@s
138
f6@s
139
G4@s 140
F3@s
141
b6@s
142
F3@s
143
白まずい・・・

144

悪ふざけ

まとめ
 視聴者対視聴者の状況をつくったが、他

のモノと比べて特筆して状況への会話は
生まれなかった
 状況の可視化を進めることで、一体感を
保つための悪ふざけといった対話が発生
した。

結論
 コメントを促進するための要素
 特定のテーマがある
 コメントにより、コンテンツに影響を与えら

れる
 ある種の合意が可視化されている

特に可視化は、視聴者同士の対話を生む
ことがあるため、参加感を高める上で
重要である。

ご静聴ありがとうございました。
 ご連絡・ご質問はこちらまで。
 http://twitter.com/iyokan_nico
 Iyokan.nico@gmail.com