You are on page 1of 1

プレスリリース 2008 年 3 月 18 日

ブログやSNSで密かにブーム

幸運を呼ぶ「神の手雲」のメールに注意

G DATA Software 株式会社(ジーデータ ソフトウェア、代表取締役社長:Jag 山本、本社:東京都千


代田区)は、通称「神の手雲」と呼ばれるチェーンメールの扱いについて、緊急で注意を促します。

「神の手雲」とは、空に二つの手の形をした雲が写っている画像の付いたメールのことです。一見すると
神秘的に見えることを利用し、これを 7 人に送ると幸せになるというメッセージが付されています。4∼5
年以上前に海外で作成された合成写真と推測されていますが、正確な発生源は分かっていません。この画
像自体はダウンロードしても特に問題は起こりませんが、その扱いにはくれぐれもご注意ください。

■チェーンメール「神の手雲」への対応に関するコメント
「こういった捏造写真は「嘘」(この場合は合成であることを本当に撮影したと思
わせること)によって信じた人達を傷つけるだけではなく、具体的な犯罪の温床に
なっている場合があります。
広告により収入を得る海外系ブログの中には”効率よく訪問者を増やしたい”と
いう欲望に支配されているブログが、残念ながら少なくありません。その手段とし
てブログ作成者は”目を疑うような画像”を捏造し意味ありげなタイトルをつけチ
ェーンメールとして配布し、その解説を自身のブログで行い、検索サイトの上位に
上がってくるまで”鴨を待つ”のです。
目的は自身のブログに訪問させ、それで利益を得ることですから、利益率の高い”悪質な”広告が、そ
こに並んでいる確率が格段と高くなっています。こういった広告のリンク先にスパイウェアやフィッシン
グ詐欺が潜んでいるリスクはかなり高いものと推測されます。
チェーンメールの常套句はいつでも「○人に転送してください」「○人に配って下さい」 「持っている
と幸せになる」 「∼しないと不幸になる」といったものです。こういったメールを受け取っても決して、
そこから先に配布をしないように注意してください。
また、こういったブログを解説するブロガーの方々も、出典先のリンクやセキュリティについては十分
確認をしてほしいと思います。そのうえで、チェーンメールによるリスクを解説するよう心がけていただ
くことが、今後の IT の発展につながっていくと考えます。」(G DATA Software 株式会社 代表取締役 Jag
山本)

*チェーンメール「神の手雲」については、Googleなどを使って「神の手雲」で検索していただければ、その実態をご
覧になることができます。

ジーデータソフトウェア エージー(G DATA Software AG)について


G DATA Softwareは、1985年に創業したドイツのセキュリティソフト会社です。EUを中心に、コンシュマーならびに法人向け製品を展開しています。
日本法人は2007年に設立、主要製品は「アンチウイルス」「インターネットセキュリティ」「トータルケア」です。最大の特徴は、ダブルエンジンによる
世界最高位のウイルス検出率であり、各誌・各テストで実証済みです。また、未知ウイルスへの防御、オンラインゲーム利用における安全対策、
迷惑メールへの外国語フィルターなど、インターネットやメール環境を安全・快適にする機能を豊富に搭載しています。もちろんスパムファイルター
や画像スパムのチェック機能も有しています。

*本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変更される可
能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をG DATA Software株式会社が保証するものではあ
りません。本リリースに記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。

【本リリースに関する問合せ先】
G DATA Software 株式会社 101-0047 東京都千代田区内神田 2-8-1 冨高ビル 3F 広報窓口: 瀧本往人
E-mail: gdata_japan_info@gdatasoftware.com TEL: 03-3526-6605 URL: http://www.gdata.co.jp/