You are on page 1of 22

こ ん に ち は 。 ス ペ ー サ ーです。

い つ も ア ク セ ス あ り が とうございます。

引 き 寄 せ の 法 則 で 特 に 大事な事は「信じる 事」だと思います。疑いの気持ちがあるとそ の 疑 い を

引 き 寄 せ る と い う こ と は皆さんおわかりだ と思いますが、書籍を通してだとどうしても 著 者 と の

距 離 を 感 じ て し ま い 疑 念を完全に消すこと は難しいですよね。心のどこかで「この人は 特 別 」 と

か 「 私 に は 当 て は ま ら ない」とか思ってし まったり・・・。しかし、ブログというツール は 書 き 手 と

読 み 手 の 距 離 が 非 常 に 近く、実際に引き寄 せの法則が働く様をリアルタイムで、しかも 現 実 的 に

伝 え る こ と が で き る の ではという思いでス ペーサーはブログをスタートさせました。も ち ろ ん 、

自 分 自 身 が 体 験 し た こ とを書きとめておき たいという思いもありました。

つ ま り ス ペ ー サ ー が 言 いたいことは、「引き寄せの法則を知る」という第 1 歩を踏んだ 皆 さ ん に

次 は 「 引 き 寄 せ の 法 則を実践する」という第 2 歩目を踏んでもらうのを自分なりのやり 方 で

お 手 伝 い し た い と い うことです。スペーサーが引き寄せの法則を知ったのは 2007 年 の 11 月 で す 。

つ ま り 皆 さ ん と ほ と んど同じタイミングで知り、現在進行形で実践中の身なわけです。

も う 完 璧 に 引 き 寄 せ の法則をマスターしている人から学ぶのももちろん素晴らしいこと で す が 、

ま だ 勉 強 中 の 同 じ 立 場のスペーサーだからこそ学んでいただける事があるのではないか と い う 思

い で 記 事 を 書 い て き ました。ブログに書いた内容は、スペーサーが実際に引き寄せの法 則 を 実 践 し

て き て 、 特 に 強 く 働 いた方法を紹介してきたので勝手ながら全て読んでほしいと思って い る ん で す 。

な る べ く わ か り や す くカテゴリに分けたり、タイトルを工夫したりはしてるんですがど う し て も

情 報 が バ ラ バ ラ に な ってしまって、初めてきた人は最新記事だけ読んで帰っていってし ま っ て

る ん だ ろ う な ぁ 、 と 思うと何となく残念で・・・ 。お蔭様で記事が随分と増えてきたのでこ こ で 一 度 、

見 や す く 、 そ し て わ かりやすく編集しようと思い電子書籍化を思いつきました。

少 し で も お 力 に な れ ることを願っています。

楽 し ん で 読 ん で く だ さいね。

2 Chapter 1 The secret of life


目次

 3-目次

 4-目標 と 目 的 の 違 い

 5-目標 を ど こ ま で 明 確 化 す べ き か

 6-思考 に 基 づ い た 行 動 を 起 こ す

 7-引き 寄 せ の 法 則 の 発 動

 8-過去 に と ら わ れ ず 引 き 寄 せ る

 9-未来 の 自 分 に お 願 い す る

10-願っ た ら 忘 れ る と い う こ と

11-望む も の を 既 に 所 有 し て い る と い う 事 実

12-宇宙 が も た ら し て く れ る も の と は

13-知識 ・ 見 識 ・ 胆 識

14-時に は 疑 い の 気 持 ち に 従 う

15-お金 は プ ロ セ ス で あ り 目 標 で は な い

16-ビジ ョ ン を 持 ち 続 け る こ と

17-注文 す る 品 を 変 え な い

18-宝探 し

19-夢の 追 い か け 方

20-信念 を 燃 や し 続 け 、 自 分 の 人 生 を 生 き る

21-ネガ テ ィ ブ な 感 情 を 体 内 か ら 出 す

3 Chapter 1 The secret of life


目的と目標の違い

本 日 は 目 的 と 目 標 の 決 定的な違いについて お話させてください。

本 来 こ れ ら の 言 葉 は ど ちらかを特に気にす ることなく使っていますが、この2つの言葉 に は 決 定 的

な違いがあります。

「 目標」 とは 一 般 的 な、いわゆる「ゴール」を指します。つまり目標とは成し遂げるべ き 物 事 を 指

し ま す 。 一 方 「 目 的 」とは、人生の指針の ことを指します。つまり目的とは成し遂げる も の で は

な い の で す 。 目 的 を 成 し遂げるべきものと 解釈してしまうと、成し遂げた時に終わりが き て し ま い 、

人 生 が つ ま ら な い も の になってしまいます 。

で は 、 ど う い っ た 目 的 を設定すればよいの でしょうか。それは絶対に終わりのないもの に す れ ば い

い の で す 。 例 え ば 、 人生とは何かというこ とを明らかにすることは生涯をかけた目的に な り え ま す 。

そ れ に 少 し で も 近 づ く ために設定するもの が目標になります。

生 涯 を か け た 目 的 を 見 つけるのは非常に難 しいことではありますが、やはり行動を起こ す こ と で

徐 々 に 見 え て き ま す 。 そして目的を見つけ たとき、さらに多くの目標が見つかり、加速 度 的 に 人 生

が 豊 か に な っ て ゆ く の です。

「 的」は 生涯 を 終 え るまで常にあるべきもので、「標(しるし)」はこれもまた生涯を終 え る ま で 常

に 達 成 す べ き も の で す。

スペーサーでした。

4 Chapter 1 The secret of life


目標をどこまで明確化すべきか

本 日 は 、 目 標 の 最 適 な 明確化についてお話 させてください。

ナ ポ レ オ ン ・ ヒ ル の 思 考は現実化するで特 に強く唱えられている「目標を明確化する」 と い う こ と 。

何 を い つ ま で に や り た いのか、手にしたい のか、なりたいのかを具体的に書き出し、で き る 限 り 細

か い と こ ろ ま で 明 確 化 するというものです 。

こ の 作 業 は 非 常 に 重 要 です。やった人はわ かると思いますが、書き出してみて初めてわ か る 目 標 っ

て か な り 多 い ん で す 。 そして書き出してい くうちに、それを手にする過程までわかる。 そ の 過 程 が

わ か る と い う の が 本 当 に重要なんです。叶 いそうにないなって思っていた願望がぐっと 近 づ き ま す 。

た だ 、 こ の 目 標 を 明 確 化する作業、ちょっ とコツがいります。よく本にもでてくる例え 話 な ん で す

が 「 魔 法 の ラ ン プ 」 が あったら何をお願い するか?っていうこ とを考えながらお願い す る の が コ ツ

なんです。

ど う い う こ と か と い う と、ランプのジニー に向かって「家が欲しい」とか「パートナー が 欲 し い 」

と か そ ん な 簡 単 な お 願 い はしませんよね。家であれば、広さ・間取り・外観・場所・ 家 具 ・ 家 電 ・

値 段 な ん か を 具 体 的 に お願いするはずです 。パートナーであれば、どんな性格なのか・ ど ん な 見 た

目 な の か 、 理 想 が あ るはずです。もし本当に叶うならということを前提に明確化していく こ と が

コ ツ で す 。 そ う す る ことによって、「叶わない理由」 を探してしまう思考から「どう

や っ た ら 叶 え る こ と ができるか」 という前向きな思考が始まります。これ、本当に大き な 前 進 で す 。

「 もし本 当に 叶 う な ら」ということを考えながら目標は明確化する、それがコツです。

スペーサーでした。

5 Chapter 1 The secret of life


思考に基づいた行動を起こす
こ ん に ち は 、 ス ペ ー サ ーです。

本 日 は 「 思 考 に 基 づ い た行動」についてお 話させてください。

「 望むも のは 何 で も 手に入る」、「思考で描いたものが現実になる」というのは、何もし な く て も い

い と い う こ と で は あ り ません。そして本質 を知らなければここで、「そんなばかげた事 を し て い る

暇 が あ っ た ら 何 か 一 つ でも行動する」とい って思考を働かせる作業を怠ってしまうので す 。

理 想 と す る 状 況 を 想 像 せずにとった行動は どんなに頑張ってもそれは「努力」にしか成 り え ま せ ん 。

も ち ろ ん 悪 い こ と で は ありません。行動す ることは素晴らしいことです。しかし思考が も と に な っ

た 行 動 は 周 り か ら は 「 努力」に見えたとし ても本人は全く努力している感覚ではありま せ ん 。

つ ま り 、 頑 張 っ て い る のではなく、ただた だやりたいからやっているだけなのです。実 は こ の 差 が

非常に大きいのです。

例 え ば 英 語 学 習 に つ い て、勉強を始める前 に英語を使えるとどういうライフスタイルに 変 わ る の か 、

ど ん な 友 達 が で き る の か、海外旅行がどう 楽しくなるのかなどを目一杯創造し、いい気 持 ち に な り

ま す 。 そ う す る と 勉 強 するということに対 しての感情が「やらなくちゃ・・・」から「 や り た い ! 」

に 変 わ り ま す 。 そ し て 、その向上心のある 感情がさらに良いものを引き寄せます。偶然 入 っ た 本 屋

で い い 教 材 を 見 つ け た り、留学のチャンス が訪れたりするのです。

ス ペ ー サ ー が イ ギ リ ス に留学していたので すが、実際にイギリスに行き英語の素晴らし さ を 知 っ て

か ら 、 素 晴 ら し い 先 生 と出会ったり、街中 でいきなり外人に話しかけられ盛り上がった り 、 素 晴 ら

し い 英 語 教 材 に 出 会 え たりしています。

行 動 す る こ と も 大 切 で すが、その前に少し だけ思考を働かせ、いい気持ちに自分を持っ て い き ま し

ょ う 。 ス タ ー ト ダ ッ シ ュは遅くとも結果は 違ってくるはずです。

6 Chapter 1 The secret of life


引き寄せの法則の発動
本 日 は 「 引 き 寄 せ の 法 則発動」についてお話したいと思います。

ブ ロ グ に て 配 布 し た 「 ザ・シークレット日記」。これは、自分の願望をその願望を達成 し た つ も り

で 書 き だ す と い う も の です。既に手に入れているという感覚に自分をもっていくことに よ っ て 、

自 分 が そ の 願 望 と 全 く 同じ周波数に同調し、引き寄せるというものです。もうすでに願 望 を 書 き

出 し た 人 は そ の 感 覚 を 味わったことかと思いますが、書き出しているうちに願望が大き い も の に な

っ て い き ま す 。 な ん と なく自分の中にあった願望は紙に書き出すことによって、明確化 し て い き ま

す 。 自 分 自 身 気 が 付 い ていなかった新たな願望を発見します。それは実は周波数に同調 し て い る か

ら な ん で す 。 そ の 周 波 数に同調している状態にあるまさにその瞬間、第一の引き寄せが 始 ま り ま す 。

そ れ が 、 新 し い 願 望 の 発見なのです。書き出しているまさにその瞬間にもうすでに引き 寄 せ は 始 ま

っ て い る と い う こ と で す。そして、それを何度も繰り返し眺めたり、読み上げたりする こ と に よ っ

て 第 二 の 引 き 寄 せ が 発 動します。それは新しいアイディアであったり、行動へのインス ピ レ ー シ ョ

ン だ っ た り し ま す 。 そ うして、引き寄せの法則は次々に働き始め、最終的に願望をかな え て く れ る

の で す 。 そ れ が 、 引 き 寄せの法則です。

ぜ ひ 今 こ の 瞬 間 、 明 日 でもなければ来月でもなく、今この瞬間に願望を書き出す行動を お こ し て い

た だ き た い と 思 い ま す 。せっかく「引き寄せの法則の存在を知る」という第一歩を踏め た の で す か

ら 、 第 二 歩 目 を 踏 み 出 しましょう。

ザ ・ シ ー ク レ ッ ト に も 引き寄せの法則はスピードが大好きだと明記されています。すぐ に 実 践 す る

の は そ れ だ け 疑 い が な いということでもあるので、その分強力に引き寄せの法則は働き ま す 。

も し 書 き 出 す 時 間 を 十 分にとれないのであれば、せめていつ書き出すかということだけ で も 、 今 決

め て く だ さ い 。 そ れ は 5秒もあれば決められることです。

スペーサーでした。

7 Chapter 1 The secret of life


過去にとらわれず、 引き寄せる

本 日 は 過 去 の 結 果 に よ る概念に惑わされずに目標を達成するということについてお話さ せ て く だ さ

い。

ほ と ん ど の 人 は 思 考 を 始めるときに過去の記憶をたどり、自分に制限をかけてしまって い ま す 。

し か も 、 制 限 を か け て いることに気づいていません。過去に達成したことを元に次に達 成 す る で あ

ろ う こ と を 考 え て い ま す。過去の自分はこうだったから、今回の自分はこの程度だろう 」 と 自 分 に

制 限 を か け て し ま っ て います。 この場合の思 考パターンは「結果」が先に来てしまって い ま す 。

「 結果」 を元 に 「 概 念」を作り上げ、そしてそれがまた「結果」として返ってきていま す 。 過 去 の

自 分 を 思 考 の 材 料 に し ている限り、過去と同じような結果しか返って来ません。

し か し 、 人 間 に は 想 像 力が備わっています。それを活用すれば自分に制限をかけること が な く な り

ま す 。 も し 、 よ り よ り 人生を築きたいのであれば、過去の結果 を基にした思考は今すぐ に や め る べ

き で す 。 思 考 は 現 実 化 するということが理解できているのにもかかわらず、過去の結果 を 基 に し た

思 考 を す る の は 実 に 勿 体のないことです。どんな思考も現実化するのだから、想像力を 働 か せ れ ば

飛 躍 的 な 成 長 を 手 に す ることができるということです。この場合の思考パターンは「結 果 」 は 最 初

に来ません。

「 過去の 結果 」→「 概 念 」→「結果」

から

「 想像 ( 思 考 )」→「 概 念 」→「結果」

に 変 え て み て く だ さ い。まずはじめに来るの は過去の結果ではなく、新しい「想像」で あ る べ き で

す 。 そ し て 、 人 間 に はすでに想像力が備わっ ています。

スペーサーでした。

8 Chapter 1 The secret of life


未来の自分にお願いする
本 日は、 未来の自分にお願いすることについて お 話 さ せ て く だ さ い 。

人 間は何 かしらの願望を達成しようとするとき そ の 願 望 が 大 き い か 、 小 さ い か に か か わらず少し過

去 にさか のぼって思考します。そうして少しず つ 少 し ず つ 成 長 し て い き ま す 。 で は 、 なぜ全ての人

間 が同じ ような人生を歩まず、一部の人間のみ が 飛 躍 的 な 成 功 を 手 に す る の で し ょ う か。

一 日に1 00万円稼ぐ人は、1日に1万円稼ぐ 人 の 1 0 0 倍 行 動 し て い る の で し ょ う か、100倍

の 人脈を 持っていたのでしょうか、100倍運 が あ っ た の で し ょ う か 。 答 え は 、 い い え、決してそ

う ではあ りません。世界の偉人達はただたんに 思 考 の 仕 方 が 少 し ば か り 違 っ て い た だ けです。そし

て 、偉人 達と全く同じ思考の力をすでに持って い る 私 た ち は そ の 偉 人 達 に な ら っ て 今 日から思考を

変 えてい くことができます。ザ・シークレット を は じ め と す る 多 く の 書 籍 が も う す で に解き明かし

て くれて います。ただ実践すればいいのです。

で は、そ の偉人達の思考法とはどういったもの な の で し ょ う か 。 そ れ は 、 少 し 過 去 の 記憶をさかの

ぼ って行 動するのではなく、遠い未来を想像し て 、 行 動 す る と い う も の で す 。 過 去 の 自分にお願い

す るので はなく、未来の自分にお願いするので す 。 過 去 の 自 分 に 「 ど う や っ て 目 標 を 達成しよう?」

と 尋ねて も今までと同じような結果しか返って き ま せ ん 。 過 去 の 自 分 が 結 果 と し て 返 ってくるだけ

で す。し かし、ほとんどの人はこういった思考 を し て し ま っ て い ま す 。

も し、大 きなことを成し遂げようとするのであ れ ば 過 去 の 自 分 に 尋 ね る の は 効 率 的 で はありません。

未 来の自 分に「そこに行くにはどうすればいい の ? 」 と 尋 ね る の で す 。 何 度 も 何 度 も 尋ねるのです。

す でに願 望を達成して、達成するまでのすべて の プ ロ セ ス を 知 っ て い る 未 来 の 自 分 に 尋ねるのです。

決 して「 大きすぎる目標なのでは・・・」など と 思 わ ず そ の 目 標 に 集 中 し て く だ さ い 。1日のできる

限 り多く の時間をその目標達成のために費やし て 下 さ い 。 そ の 時 間 が 長 け れ ば 長 い ほ ど、アイディア

の 種が降 ってくる時間は短くなります。思考は 新 た な 思 考 を よ び 、 思 考 に も と づ い た 行動はさらにす

ば らしい 思考をよび、最終的には飛躍的な成功 を 手 に す る こ と が で き ま す 。

ス ペーサ ーでした。

9 Chapter 1 The secret of life


願ったら忘れるということ
本 日 は 「 願っ た ら 忘 れる」ことの大切さについてお話させてください。

い ろ い ろ な引 き 寄 せ の法則関連本や、自己啓発書に書かれている ことでもある「願った あ と は 、

そ の こ と を忘 れ ろ 」 ということ。一方「願いを持ち続けろ」とも書いてあり、一見矛盾 し て い る よ う

に み え ま す。 し か し 、忘れろというのは「疑いの気持ち」に対してであり、願望に対し て で は あ り

ま せ ん 。 気に し 過 ぎ ているうちは疑いの気持ちが晴れていないということです。本当に 自 分 が 達 成

で き る と 信じ て き た 願望はほとんど意識的にその願望をイメージしなくても達成してき た は ず で す 。

は 、 忘 れ てい た か ら 達成できたのです。

忘 れ る と いう の は 、 潜在意識にその願望を刻む、ということです。意識の中で何度もお 願 い し 続 け

る こ と に よっ て 、 願 望は徐々に潜在意識の中に刻み込まれます。そして、無意識のうち に そ の 願 望

を 達 成 す るた め の 行 動をとるようになります。その時その願望のことは意識的には忘れ て い ま す 。

し か し 潜 在意 識 の 中 には願望はしっかりと刻み込まれているのです。

蒔 い た 種 を掘 り 返 し ていてはいつまでたっても芽は出てこないということです。

ス ペ ー サ ーで し た 。

10 Chapter 1 The secret of life


望 む も の を 既 に 所有しているという事実
本 日 は 望 むも の を 実 はすでに所有しているという事実についてお話させてください。

ザ ・ シ ー クレ ッ ト に は願望達成の 3 ステップとして、「望む」、「信じる」、「受け取る( 所 有 す る )」

と 明 記 さ れて い ま す 。この 3 ステップ目の「受け取る」とは、すでに望むものが手に入っ た よ う に

振 舞 い 、 それ が そ の 願望の周波数と同調し、達成できるというものです。

し か し 、 持っ て い な いものを持っているものとしてとらえるのは自分に嘘をつくことであ り 、 疑 念

が 湧 い て くる と お 思 いかもしれません。しかし、すでに所有しているというのは事実であ り 、 自 分

に 嘘 を つ くこ と に は なりません。

前 に も お 話し ま し た が、どんぐりは成長しても樫の木にしかなりえません。動物もほとん ど 同 じ 生

涯 を 送 り ます 。 そ れ は考える力、イメージする力、思考する力が残念ながら備わっていな い か ら で

す 。 し か し、 人 間 に はそのすべてが備わっています。 自分の人生を変えてくれる機能を す で に 所 有

し て い る ので す 。

つ ま り 、 人間 は す で に自分の望むもの全てをすでに所有しているということになります。 こ れ は 揺

る ぎ な い 真実 で す 。

ス ペ ー サ ーで し た 。

11 Chapter 1 The secret of life


宇宙がもたらしてくれるものとは
さ て 、 本 日は 実 践 す ることについてお話させてください。

ザ ・ シ ー クレ ッ ト P , 138 でジャック・キャンフィールド氏はこのように述べています。「 私 た ち の

役 目 は 、 願望 が ど の ように実現するかを考えだすことではありません。何かを全力で願 い 、 後 は 、

全 面 的 に 信頼 し て い れば実現の仕方は自ずと顕れてくるでしょう。」

ま た 、 マ イク ・ ド ー リー氏はこのように述べています。「どのように実現するか、という 部 分 は 宇 宙

の 役 割 で す。 宇 宙 は あなたとあなたの夢が最も調和して実現する一番の近道を知ってい る の で す 。」

こ の 文 章 を読 む と 一 見「引き寄せの法則」は魔法のような気がしてしまいます。しかし 、 そ う で は

な く 願 望 を実 現 す る のは結局は自分自身です。宇宙が引き寄せてくれるのは、「やり方」 で あ っ て

「 や る 」 と い う 行 動 自体は指しません。つまり「やり方」を引き寄せた、インスピレーシ ョ ン が 湧 い

て き た 時 はそ れ を 疑 うことなく「やる」のです。「やる」のはあなたの役目です。

こ う 聞 く と「 結 局 し んどい思いしなくちゃいけない、それなら今のままでいい」と考え て し ま う か

も し れ ま せん 。 し か し、そうではありません。このブログでも何度も言っていますがイ ン ス ピ レ ー

シ ョ ン に 基づ い た 行 動は絶対に苦になりません。ワクワクして、一日中でもそのことを し て い ら れ

ま す 。 あ なた に も 一 日中でもしていられることがあると思います。それはなぜですか? き っ と そ れ

は 自 分 の 願望 の た め の行動だからなのではないでしょうか。周りから見るとしんどそう に 見 え る か

も し れ ま せん 。 し か し本人は必至に頑張っているという感覚ではありません。ただ、楽 し い か ら や

っ て い る だけ で す 。 それが宇宙に突き動かされているということです。

引 き 寄 せ の法 則 は 「 楽して生きよう」という考えを提案しているのではありません。

「 楽 し ん で 生 き よ う 、誰にでも可能だから」という考えを提案しているのだとスペーサー は 解 釈 し て

い ま す 。 この 差 は 字 は一緒ですが、大きな差があると考えます。「怠惰になっても大丈夫 」 と い う 逃

げ 道 の 提 案で は な く 、「行動する楽しさを見出そう」という実践の提案です。

ザ ・ シ ー クレ ッ ト は ファンタジー映画のようですが、いたって現実的な話をしているこ と を 理 解 し

て い た だ きた い と 思 います。

ス ペ ー サ ーで し た 。
12 Chapter 1 The secret of life
知識 ・ 見識 ・ 胆識
こ ん ば ん は。 ス ペ ー サーです。

本 日 は 「 知識 の 秘 密 」についてお話させてください。

数 々 の 自 己啓 発 書 ・ 成功哲学書・スピリチュアルに関する書籍は世にたくさん出ていま す 。「 ザ ・

シ ー ク レ ット 」 は そ の集大成と言えます。その他にもスペーサーがお勧めしている「思 考 は 現 実 化

す る 」 や 「成 功 大 学 」は自己啓発・成功哲学の集大成の書籍です。こんなにも良い本が 世 の 中 に は

た く さ ん あり 、 そ の ほとんどは飛ぶように売れています。スペーサーはかなりたくさん の 自 己 啓 発

・ 成 功 哲 学に 関 す る 本を読んできましたが切り口や表現の仕方が違うだけで、実は結論 は 全 て 一 緒

な の で す 。「 思 考 は 現実化する」なのです。つまり実はかなり多くの人がこの秘密を既に 知 っ て い る

の で す 。 しか し 、 何 冊読んでもなかなか人生が豊かにならないのはなぜなのでしょうか 。 本 に 書 い

て あ る こ とが 嘘 だ と いうことは絶対にありません。実践をしていないのです。本を読ん だ だ け で 終

わ っ て し まう 人 が あ まりに多すぎると思います。何も小説を読んでいるわけではないの で す か ら 、

学 ん だ こ とを 実 践 し なければ意味がないのです。

知 識 に は 3 つ の 段 階 があります。「知識」、「見識」、「胆識」です。まず本やセミナーな ど か ら 学 び 、

そ れ が 知 識と な り ま す。ほとんどの人はこの段階で満足してしまい、いつしか普段の生 活 に 戻 り 、

せ っ か く 学ん だ 知 識 を忘れてしまっています。知識がなくならないうちに、それを何ら か し ら の 形

で 実 践 し 「見 識 」 に 変えなくてはなりません。「見て学んだ知識」です。しかし見識も一 回 だ け で は

自 分 の も のに は な り ません。それが習慣化されるよう、はじめは意識的にその知識を何 度 も 実 践 す

る の で す 。見 識 は い くつも積み上がるとやがて胆識に変わります。「胆力のある見識」です 。 無 意 識

レ ベ ル で その 知 識 を 実践するようになります。ただそれが義務的になってはいけません 。 や り た く

な い こ と を無 理 に 実 践してもしんどいだけです。本を読んで「やってみたい!」と思う こ と が あ れ

ば 、 そ れ をや っ て み てください。どんなに小さなことでもいいと思います。小さいか大 き い か は 自

分 の み が 決め ら れ る ことです。躊躇しないでください。「やってみたいけど、時間の無駄 か な 。」

な ど と 思 うと 「 時 間 を無駄にする」という願いがかなえられてしまいます。

ス ペ ー サ ーで し た 。

13 Chapter 1 The secret of life


時には疑いの気持ちに従う
本 日 は 疑 いの 気 持 ち に従うことについてお話させてください。

ザ ・シ ー ク レ ッ ト を 読んで自分の願望を書き出した人は多いと思います。こんな家に住む 、 年 収 を

2 倍 にす る 、 こ ん な 仕事をする、こんな旅行をするなど願いは様々です。しかし初めは ワ ク ワ ク し 、

絶 対 に 叶 える ぞ と モ チベーションが上がっても、それは一時的な もので必ずといってい い ほ ど 疑 い

が 生 じ ま す。 も う 理 解されている方も多いと思いますが思考は現実化するので「疑う」 と そ の 疑 う

と い う 思 考が 現 実 化 し、本来 の願望をかなえることはできません。

し か し 、 時に は そ の 疑いに従うことも良い選択なのではないかと考えます。願いに制限 を か け て は

も っ た い ない と 当 初 の願望に固執しても、疑いの気持ちが晴れなければ一向に願望を引 き 寄 せ る こ

と が で き ませ ん 。 疑 いの気持ちを消すこと、願望に対して揺ぎ無い確信を持つことが何 よ り 大 切 で

す 。 信 じ られ な い の なら、信じられる願いに書き換えればいいのです。

疑 い の 気 持ち が ど う しても消えなくてネガティブになってしまったとき、書き出した願 望 を 見 る の

も 嫌 に な って し ま う と思います。そしてそのまま元の生活に 戻ってしまうのです。しか し 、 疑 い の

気 持 ち に 負け て 諦 め ては絶対にいけません。投げ出す前に「当初の願いは大きすぎたけ ど 、 こ れ ぐ

ら い な ら でき そ う か な」 と願望を見直す作業も非常に大切です。それは願いを諦めるこ と で は な く 、

願 い に 近 づく た め の 作業なのです。自分を信じさせるための作業なので、決して願いを 諦 め て い る

と い う こ とに は な り ません。

そ し て 、 そこ で 気 づ くはずです。少し願いは小さくなってしまったけれど、何も願わな か っ た 頃 の

自 分 に 比 べる と 、 と てつもなく大きな願望を持てていることに。

つ ま り 、 少し 小 さ な 願いになってしまったとしても、今まで大きな願望を追いかけてい た 自 分 は 、

決 し て 無 駄に は な っ ていません。

ス ペ ー サ ーで し た 。

14 Chapter 1 The secret of life


お金はプロセスであり目標ではない

本 日 は お 金に つ い て お話させてください。

自 己 啓 発 書や 成 功 哲 学書でよく書かれているこの言葉、「お金はプロセスであり目標にし て は い け な

い 」。 こ の 言 葉 と 同 時に「自分の望む明確な金額を設定せよ」とも書かれています。これ は ど う い う

こ と な の でし ょ う か 。これは一見矛盾しているように見えますが、そうではありません 。 そ れ は 、

お 金 は 使 わな け れ ば ただの紙切れにすぎないからです。お金は交換機能があるからこそ 価 値 が あ る

も の で あ り、 使 わ な ければただの紙切れなのです。お金は何かと交換する時点まで何の 価 値 も も ち

ま せ ん 。 だか ら お 金 だけを目標にしてしまうとただの紙切れを目標にしている、つまり 全 く や り が

い の な い 目標 と な っ てしまうのです。紙切れを目指して人間は行動できないのです。そ の お 金 を 使

っ て 何 が した い の か 、何を手に入れたいのか、どんなビジネスがしたいのか、どんな家 に 住 み た い

の か 、 社 会に ど ん な 貢献をしたいのか、大切な人にどうやって感謝の気持ちを表したい の か 、 そ う

い っ た お 金の 次 に く るものが明確でないと目標金額は全く意味を成しません。

で す の で 目標 金 額 は ただなんとなく「1億円!」と設定しても絶対に手に入りません。 1 億 円 自 体

に は 何 の 価値 も な い のです。1億円を使ってできることに価値があるのです。1 億円を 使 っ て で き る

こ と に 対 して 人 間 は 行動できるのです。モチベーションが保てるのです。

や り た い こと を 明 確 にした上での金額を定めるべきなのです。だからお金はプロセスで あ っ て 目 標

で は な い ので す 。

目 標 金 額 は『 理 想 を 手にするために必要な』金額であるべきなのです。

ス ペ ー サ ーで し た 。

15 Chapter 1 The secret of life


ビジョンを持ち続けること

本 日 は ビ ジョ ン を 持 ち続けることの重要性についてお話させてください。

ビ ジ ョ ン ・ボ ー ド や 目標達成シートなど自分に最適な方法で夢を書き出す作業をされた 方 は 多 い か

と 思 い ま す。 そ し て 、何日間かはその目標を忘れることなく行 動を起こすことができま す 。 し か し 、

1 か月 も す る と 絶 対 に その目標を忘れてしま います。そしてせっかく自己啓発書やビジ ネ ス 書 を 読

ん で 学 ん だこ と を 実 践できず、また新たに読み直すという非常に効率の悪い悪循環に陥 り ま す 。

目 標 を 最 短で か な え るためには、その願望に対しての信念を燃やし続けなくてはなりま せ ん 。 そ の

た め に は 書き 出 す だ けでは不十分なのです。書き出して自分で自分の目標を確認したと し て も 1 か

月 も す れ ば人 間 は 必 ず忘れてしまいます。では、どうすれば信念を燃やし続けることが で き る の で

し ょ う か 。そ れ は 、 単純にその目標を毎日再確認するという作業を怠らないことです。 忘 れ る 前 に

何 度 も 何 度も 頭 の 中 に叩き込むのです。これははじめは意識的に行わなくてはなりませ ん 。 朝 の 10

分 間 や 寝 る前 の 1 0 分間など自分が確実に時間を取 れる時間を定め、目標を再確認する 時 間 を 設 け

な く て は なり ま せ ん 。この時間を設けないと、目標を書き出した作業までもが無駄にな っ て し ま い

ま す 。 一 度目 標 を 定 めたら、それは忘れないでおく作業も設けておくことが絶対に必要 で す 。

こ れ を 何 度も 何 度 も 続けることにより、その目標は潜在意識の中に入り込み、習慣とな り 、 特 に 意

識 的 に 目 標を 見 直 さ なくても自然とその目標に近づくための行動がとれるようになりま す 。

ビ ジ ョ ン を定 め た あ とは、そのビジョンを持ち続ける作業が必要不可欠であることを忘 れ な い で く

だ さ い 。 ガソ リ ン を 入れ忘れては、車は進むことができないのです。

ス ペ ー サ ーで し た 。

16 Chapter 1 The secret of life


注文する品を変えない
本 日 は 揺 るぎ な い 目 標をもつことの大切さについてお話させてください。

こ の 「 揺 るぎ な い 」 という部分がとても重要です。というのは、目標を頻繁に変えたり 、 持 た な く

な っ た り して は 絶 対 に達成することはないからです。それどころか、結果出ずしてやめ て し ま う と 、

そ れ ま で の行 動 も 全 て無駄になってしまいます。(全ての行動には何かしらの意味はあり ま す が 、

こ こ で は その 目 標 に 達成 するまでの行動が無駄になることをさします)

そ れ は 例 えば 、 出 前 ピザをとるときに

「 今 日 は 思 い 切 っ て 高級シーフードピザを2人前!」と頼んでしばらくした後に「やっぱ り ち ょ っ と

高 か っ た かな ・ ・ ・ 」なんて言って

「 や っ ぱ り 普 通 の シ ーフードピザ2人前」って再度注文したにもかかわらず、またしばら く し て 「 い

や 、 今 日 はや っ ぱ り 高級シーフードピザにします!」なんて無理を言っておいて

し ば ら く して 今 度 は 「なかなか注文の品がこないじゃないか!」って怒っているのと同 じ で す 。

こ ろ こ ろ 目標 を 変 え ているようではいつまでたっても結果はでてきません。 そして商品 を 持 っ た バ

イ ク が 家 のす ぐ 近 く まで来ているのに「遅い!もう二度と注文しない!」なんてキャン セ ル の 電 話

を し て し まい ま す 。 途中であきらめても、もちろん達成はできないわけです。

他 の 例 を あげ る な ら ば、友達と街中で 「ご飯は和洋中?それともイタリアン?」と聞か れ 、

「 和 食 ! 」 と 答 え た にもかかわらず、向かっている途中で、「やっぱり中華がいいなぁ」 な ん て 意 見

を 変 え 、 中 華 料 理 屋 に ついた途端、「やっぱ り中華の気分じゃないな。今日はイタリアン に し よ う 」

な ん て わ がま ま を 言 い、 イタリアンのお店で注文したあとに「やっぱり和食にしとけば 良 か っ た ね

・ ・ ・ 」 なー ん て 友 達の反感をかうようなことを言っているのと同じです。

こ ろ こ ろ 目標 を 変 え てしまえば、周りの不信感もつのり、協力を得ることができなくな っ て し ま い

ま す 。 そ んな 人 を 誰 が応援したくなるでしょうか。

目 標 を 追 いか け 始 め る前にしっかりと自分の欲しいものを定め、一度決めたら揺らがせ る こ と な く

最 後 ま で やり 遂 げ る 。 スペーサーでした。

17 Chapter 1 The secret of life


宝探し
本 日 は 成 功へ の 道 を 宝探しにたとえてお話させてください。

い ろ ん な 人が 抱 え て いる悩み、「目標がわからない」。 これは、頭の中でぐるぐる考えて も 絶 対 に わ

か り ま せ ん。 宝 の な い島で宝探しをしているようなものです。

で は 、 目 標が わ か ら なくなった時、人はどうするべきなのでしょうか。それは、何かし ら の 行 動 を

す る こ と です 。 ま ず はどんな宝が欲しいのかを自分に制限をかけることなく明確化して い き ま す 。

こ ん な 生 活が し た い とか、こんな自分になりたいとか、こんなことがしてみたいなど理 想 は 絶 対 に

あ る は ず です 。 そ れ を書きだしたり人に話したりして自分の体内から出してあげます。 頭 の 中 だ け

で ぐ る ぐ る考 え て も 答えは見えてきません。体内から出したときに初めて目標は明確化 し て い く の

で す 。 そ して そ の 明 確化された目標を思考に植え付け、その思考に基づいた行動をする の で す 。

目 標 が わ かっ て か ら 行動するのではなく、行動するから目標がわかるのです。

目 標 を 明 確化 す る と 今自分にできることがわかってきます。次の島への出発準備ができ た と い う こ

と で す 。 何度 も 言 っ ていますが明確化された目標を基にした行動は絶対に苦になりませ ん 。 そ れ が

宇 宙 に 突 き動 か さ れ ているということです。

宝 の な い 島か ら 抜 け 出し次の島を目指します。もしかしたら次の島にも宝はないかもし れ ま せ ん 。

し か し 、 その 島 に 向 かう途中にかけがえのない仲間に出会うかもしれません。本当に正 し い 場 所 を

示 し た 宝 の地 図 が 見 つかるかもしれません。そしてその旅は宝を見つけた時と同じぐら い の 満 足 感

が あ る も ので す 。

ス ペ ー サ ーで し た 。

18 Chapter 1 The secret of life


夢の追いかけ方
本 日 は 、 夢の 追 い か け方についてお話させてください。

就 職 活 動 シー ズ ン で もあり、よく聞くこの言葉「何から始めればいいのかわからない。」、「 自 分 は

何 が し た いの か わ か らない。」これは学生でなくてもでてく る感情ですよね。前回の記 事 で も 書 き

ま し た が 「夢 が あ る から行動する」のではなくて「行動するから夢がわかってくる」、こ れ な ん で

す。

例 え ば 10 年 後 な り の遠い未来に手に入れたい人生を明確化します。そうすると 8 年後、 5 年 後 、 1

年 後 、 半 年後 、 と い う風に逆算して今すべきことがわかってくるんですよね。そしてそ れ に 向 か っ

て 着 実 に 一歩 ず つ 進 んでいけばいいわけです。

何 か ら 始 めれ ば い い のかわからない時は、できる限り遠い未来の理想を明確化し、そこ か ら 逆 算 し

て い く わ けで す 。 1 年 後しか見えなくても全 然かまいません。自分が想像できる限界ま で 明 確 化 し 、

そ こ か ら 少し ず つ 現 在に向かってやれること、やるべきこと、やりたいことをさらに明 確 化 し て い

く わ け で す。 そ う す れば「今」何をすればいいのか絶対にわかるはずです。

そ し て そ の「 今 」 や るべきことをがむしゃらになってやっていくことで、さらに遠い未 来 ま で 想 像

で き る よ うに な る わ けです。自分のやりたいことが見えてくるわけです。

は じ め は 時間 に 追 わ れる感覚かもしれません。やらなくてはいけないことが多い状態で す 。 し か し 、

が む し ゃ らに な っ て 行動すればいつのまにか時間を追い越します。時間に追われる感覚 か ら 、 時 間

を 追 う 感 覚に 変 化 し ていくわけです。つまり、やりたいことが多い状態です。

が む し ゃ らに な っ て 、今やるべきことをやりましょう。そうすれば「やらなくてはいけ な い こ と 」

が 「 や り たい こ と 」 に徐々に変化していくはずです。

ス ペ ー サ ーで し た 。

19 Chapter 1 The secret of life


信念を燃やし続け、 自分の人生を生きる
こ ん ば ん は、 ス ペ ー サーです。

本 日 は エ ジソ ン の 成 功から信念を燃やすことの大切さについてお話させてください。

皆 さ ん は 今電 灯 の 下 でこの記事を読んでいることと思います。そこで、トーマス・エジ ソ ン の 偉 業

を 思 い 出 して も ら い たいと思います。エジソンは小学校低学年の頃「この子はおつむが 弱 い か ら 授

業 に つ い てい け な い 。」と評価され、学校を追い出されました。小学校の教育さえもうけ る に 値 し

な い こ と を知 ら し め たのは、先生という権威者でした。もしこの権威者のことをエジソ ン が 信 じ て

し ま っ て いた ら 、 私 たちは光という恩恵を受けることができず、日が暮れると手探りで 活 動 し な く

て は な り ませ ん 。 し かし、エジソンはそのとき自分の人生を生きようと決心しました。 学 校 教 育 で は

と う て い 得ら れ な か ったであろう知識を身に着け、世界中に恩恵をもたらしました。エ ジ ソ ン は そ

の 後 白 熱 電球 で 便 利 さを、映写機で映画という楽しみを、次々と偉大な発明を生み出し ま し た 。

こ こ で 重 要な の は 権 威者の意見を鵜呑みにせず、「自分の人生を生きる決意をした」とい う と こ ろ で

す 。 私 た ちも 信 念 と いう炎を燃やし始めた時に限って、あたかもあなたの為だと言わん ば か り の 顔

を し て 、「 あ な た に は無理だ。」と、その炎の 消火活動をしにくる人が現れます。しかし 、 そ ん な 時

こ そ 信 念 とい う 炎 を 燃やし続けなくてはなりません。自分が本当に望んでいて、達成で き る と 心 か

ら 信 じ ら れる も の は 絶対に達成できます。それはザ・シークレットをはじめとする成功 哲 学 ・ 自 己

啓 発 書 の 、そ の ど れ にも明記されています。エジソン、エマーソン、アインシュタイン 、 リ ン カ ー

ン 、 ヘ ン リー ・ フ ォ ード、ベートーベン、シェイクスピア、全ての偉人達は成功する前 に 夢 を 語 っ

た と き 「 あい つ は 頭 が狂ってしまった」と言われ続けていました。しかし、そこで自分 の 信 念 と い

う 炎 を 消 さず に 燃 や し続けたために、世界中に大きな恩恵を与えると同時に、彼ら本人 も 成 功 す る

こ と が で きた の で す 。

ス ペ ー サ ーは 、 何 か 否定的なことを言われたり、自分自身が消火活動をしてしまってい る な 感 じ る

と き は 、 心を 落 ち 着 かせて(消火活動を止めて)ビジョン・ボードを眺めたり、偉人の お 話 を 思 い

出 し ま す (も う 一 度 信念に炎灯す)。いきなり炎を灯そうと思っても消化活動が続いてい る う ち は い

っ こ う に 信念 は 燃 え てきません。ネガティブになってしまった時は「せめて何もせずに 、 リ ラ ッ ク

ス す る 」 こと を お 勧 めしたいと思います。

ス ペ ー サ ーで し た 。

20 Chapter 1 The secret of life


ネガティブな感情を体内から出す
本 日 は ネ ガテ ィ ブ な 感情を取り除く大切さについてお話させてください。

部 屋 の 電 球を 取 り 換 える時のことを想像してみてください。光らなくなってしまった電 球 は 新 し い

も の に 取 り換 え な く てはなりません。その時古い電球を取り外し、その後新しい電球を 取 り 付 け ま

す。

思 考 も こ れと 全 く 一 緒です。ほとんどの人が心のどこかでネガティブになってしまって い る に も か

か わ ら ず 、無 理 に ポ ジティブにしようとしてしまっています。新しい電球を取り付ける 前 に 、 古 い

電 球 を 取 り外 し 忘 れ てはいるのです。 願望達成のプロセスを踏むとき、ネガティブな感 情 の ま ま 思

考 し て し まっ て は い けません。まずは、その古い電球、すなわちネガティブな感情を取 り 除 か な く

て は い け ませ ん 。 こ のことはザ・シークレットの賢人の 1 人、ジョー・ビタリー氏も力説 し て い ま

す 。 ネ ガ ティ ブ な 感 情を取り除く方法はたくさんありますが、特に強力に働くのは、ま ず ど っ ぷ り

そ の ネ ガ ティ ブ に 浸 ってみることです。紙に書き出してみてください。今自分が不安に 思 っ た り

不 満 に 思 って い る こ とを全て書き出してみてください。わざと落ち込んで見てください 。

泣 き 出 し てし ま う ぐ らいに不安を体内から出してあげてください。その時は辛いかもし れ ま せ ん が

そ の 作 業 が終 わ っ た あと、自分でもびっくりするくらいスッキリしている自分がいます 。

ス ペ ー サ ーは こ の 作 業をした後、すぐ次の日に問題が解決しました。自分で思っている ほ ど 大 き な

問 題 で は ない 事 に 気 づき、しかもその問題は自分で何もすることなくいつのまにか解決 し て い ま し

た。

そ し て そ の作 業 を 終 えた後、自分の願望を書き出して見てください。

古 い 電 球 を外 し て い る状態で思考をしているのですから、その願望は驚くほど光り輝き ま す 。

ス ペ ー サ ーで し た 。

21 Chapter 1 The secret of life


ブログ

最後までお読み い た だ き 、 あ り が とう ご ざ い ま し た 。

ブログ「The S e cr e t の 秘 密 」 で はザ ・シ ー ク レ ッ ト で も 紹 介 さ れ て い る

ヴィジュアライ ゼ ー シ ョ ン ツ ー ル やア フ ァ メ ー シ ョ ン 画 像 な ど を 配 布 し て います。

是非一度ご訪問 く だ さ い 。

http://www.the-secret.jp

22 Chapter 1 The secret of life