You are on page 1of 9

平成19年度

中野区立中学校教育環境ならびに施設・設備の改善要望書

区長・教育長との懇談会 8月30日
区議会各派との懇談会 9月14日
教育委員との懇談会 8月31日
教育委員会事務局との懇談会 7月13日

平成19年7月吉日
中野区立中学校PTA連合会
会 長 尺 長 正 紀

日頃より中野区立中学校PTA連合会の活動にご理解を賜り、御礼申し上げます。
私ども中P連は、今年度も、5月29日、6月8日の両日において、恒例となっている
「学校訪問」を行いました。一昨年までは「学校施設見学会」と称していましたが、元々
ハード面の見分にとどまらず、子どもたちの様子や学校全体の雰囲気を14名の会長が直
に肌で感じ、悩みや課題を共有することも主目的のひとつとしており、正に中P連の活動
目標及びスローガンを実行面で裏付ける重要な施策です。この取組のために、学校再編準
備への対応等でご多忙にもかかわらず、例年どおり教育委員会並びに各校のご協力をいた
だき、おかげ様で充実した内容となりました。また前年度までの要望項目に対する積極的
な改善取組に対しても、改めて感謝申し上げます。
さて、学校再編も実行段階に入り、早2年目を迎えております。統合委員会も回を重ね、
大詰めの議論を行っている地域もありますが、未だ課題が山積しています。地域の方々も、
生みの苦しみの中、一生懸命に新しい学校のあるべき姿を模索してくださっています。私
たち中P連も、よりよい学校再編が実現されることを最重要課題と位置付け、力を惜しむ
ことなく活動いたしますので、どうか皆様も、子どもたち不在の学校再編とならないよう、
それぞれ公の立場である前に、ひとりの地域の人間として、或いは保護者として、引き続
きこの課題に取り組んでいただけますよう切にお願い申し上げます。
その他各種教育制度改革等についても、導入後の検証が必要なものや、今後導入が計画
されているものについては、保護者の不安や疑問を払拭するような、積極的且つ継続的な
ご対応をお願い申し上げます。また、非常事態時の避難場所ともなる学校体育館の耐震補
強工事については、その遅れを指摘する地域の声もありますし、何よりも子どもたちの身
の安全を脅かすような状況は放置できるものではありません。速やかな予算措置及び完全
実施に向けた特段のご配慮をお願い申し上げます。

今年度も、本要望書をもとに区立中学校を取り巻く諸問題について皆様と懇談をさせて
いただく予定でおりますので、公務ご多忙とは存じますが、その際には忌憚無い意見交換
や議論ができますよう、よろしくお願い申し上げます。
目 次

〔一〕教育制度改革について

1 教育制度改革の検証について
2 特別支援教育について
3 区立学校の再編について

〔二〕中学生の教育環境の維持・改善

1 人的配置の継続を
2 部活動の充実を
3 学校図書館の充実を

〔三〕学校施設・設備の改善

1 耐震補強工事の早期実施を
2 生徒に健康被害及び危険をもたらす恐れのある施設の改善を
3 校内LANの整備を
4 各校の要望事項

〔四〕その他

1 補助金の復活を
2 学校予算の執行システムの見直しを
3 施設利用の補助を
4 教科書採択後の検証と情報公開を
〔一〕教育制度改革について
教育制度改革について、以下の要望をいたします。

1 教育制度改革の検証について
現在、いわゆる「ゆとり教育」の見直しに関する議論が盛んに行われていますが、これま
で取り組んできた各種教育制度改革の分析と検証を行うことにより、現状における課題をし
っかりと把握することが重要と考えます。そして、区教委の裁量により対応できる点につい
ては見直しを検討、或いは実施し、速やかな改善に努めてください。また、私たち保護者に
対し、その検証結果や今後の取り組みに関しての的確な説明を随時行ってください。

(1) 絶対評価制度の運用実態

(2) 2学期制の効果

(3) 学校再編計画のこれからの進め方及びスケジュール

2 特別支援教育について
特別支援教育制度がスタートしました。制度の運用にあたっては、未だ課題が山積してい
るように見受けられます。引き続き混乱なく実効ある取り組みとなるよう配慮をお願いしま
す。

(1) 生徒・保護者に向けて特別支援教育に対する理解の浸透、啓発を

(2) 専門コーディネーターの配置を

(3) 幼・保・小・中が実効ある連携をとれるしくみ作りを
・障害に対する本人と保護者の理解・認識を促すために、
「軽度発達障害」の幼児
期における早期発見と対処システムの確立を
・様々なケースに対応ができるよう、保護者が相談しやすい、専門家も含めた就
学相談の見直しと充実を

(4) 学校が、専門家(スーパーバイザー)にいつでも相談できる窓口の開設を

(5) 個別指導の必要な生徒に対し、人的配置と施設の整備を
3 区立学校の再編について
前期学校再編計画の進む中、当該校のみならず周辺校、中後期計画校にも予想をこえた
新入学児童生徒・学級数の減少が起きています。このような状況の下、児童生徒が不安な
く通える魅力ある学校づくりを進めて下さいますよう、切にお願いします。

(1) 統合新校と既存校との設備格差が生じないように

(2) 統合新校は計画通りの規模が維持できるよう支援を

(3) 再編の過程で発生している小規模校に対して配慮を

(4) 再編当該校の児童・生徒・保護者・周辺地域住民に心理的な負担を与えないよ
う配慮を

(5) 統合新校の開設にあたっては通常の教育活動に支障のないように

〔二〕中学生の教育環境の維持・改善
現状の中野区立中学校の教育環境を維持並びに改善するために以下の要望をいたします。

1 人的配置の継続を
現在、中野の区立中学校の生徒たちが落ち着いているのは、これまでの人的配置の賜だ
と感じます。今後もこれらの施策の維持と充実をぜひお願いします。

(1) 東京都教育委員会に対し、教職員配置定数を見直し、正規の教員を増員するよ
う働きかけを

(2) 心の教室相談員・図書館指導員・学習指導補助員の恒常的配置と処遇の改善を

(3) 栄養士の全校配置の継続を
2 部活動の充実を
学校を基盤とした部活動が持つ教育的意義は高く、成長期にある中学生の健全育成を図
る上できわめて重要な役割を担っています。現在、部活動は顧問教師と外部指導員のボラ
ンティア精神で成り立っています。行政として部活動を奨励していく姿勢を明確に示し、
顧問教師と外部指導員の処遇の改善をお願いします。

(1) 外部指導員の指導回数に応じた報償費の支払いを

(2) 勤務時間外の部活動指導手当の増額を

(3) 外部指導員が顧問の代行をできるよう、東京都中学校体育連盟ならびに東京都
教育委員会に対して規制緩和の働きかけを

3 学校図書館の充実を
子どもたちの豊かな人間性を育む上で大きな役割を果たしている学校図書館の更なる
内容の充実及び利便性向上を図ってくださいますよう配慮願います。

(1) 生徒に必要な図書の確保のために、図書費の恒常的な予算化を
・図書を購入する方法が決められているために、安い書店での購入は出来ません。
限られている予算を有効に使うためにも柔軟な使い方を検討してください。

(2) 各学校図書館にネットワーク利用(区立図書館の蔵書閲覧)可能なパソコンの
配備を
・将来的には全校にコンピューター管理システムの導入と、区立中央図書館とのオ
ンライン化による検索・図書の貸し出し等ネットワークの整備を

(3) 中学生の居場所の一つとして、生徒が読書や自習にもっと自由に利用できるよ
うに、放課後・休日を含めた開館時間の延長を
〔三〕学校施設・設備の改善
各学校とも施設・設備の老朽化が進み、内装・外装ともに傷みが激しく、また、衛生的
観点から生徒に深刻な健康被害をもたらす恐れのある施設・設備も見られます。今後とも、
学校施設・設備の計画的な維持補修をお願いするとともに、特に以下の要望をいたします。

1 耐震補強工事の早期実施を
子どもたちが日々使用する施設であることはもちろんのこと、非常時における地域の
方々の避難場所でもある学校体育館の、一日も早い耐震補強工事の完全実施を強く要望
します。

2 生徒に健康被害及び危険をもたらす恐れのある施設の改善を

(1) 特別教室などの空調化

(2) カビが大量に発生している施設の改善

(3) 照度不足で暗く感じる照明の改善

(4) 実験・実習の際に危険が伴う、古い設計のままの教室(特に理科室)の改善

3 校内LANの整備を
校内LANを順次、整備してください。

4.各校の要望事項
14 校それぞれの具体的要望事項は別紙一覧表のとおりです。充分に検討したうえで、
緊急を要する項目から実現に向けて速やかな対処をしていただけるよう、切にお願いし
ます。
〔四〕その他

1 PTA活動にかかわる経費に理解と配慮を
・各種研修会や家庭教育学級等を通して取り組んでいる社会貢献活動への評価を
・指定管理者制度導入に伴う活動費の増加(体育館使用料)に配慮を
・少子化の進行に伴う単位PTA収入減への理解を

2 学校予算の執行システムの更なる見直しを

3 区施設利用に、従来どおりの支援を

4 教科書採択後の検証と情報公開を
平成19年度 各校の要望事項(施設・設備改善) NO1
要望事項 改善のポイント
第 ① プールの全面改修 ・コース数やプールサイドの現状など、中学校のプールとしてふさわしいとは
一  いえない。水泳の授業、夏季休業中の水泳指導に大きな支障がある。
中 ・現在「みなとっぷ」内にある更衣室をプールに併設するなど、
 新施設として改修をお願いしたい。
・道路に接しているため外部から空き瓶等が投げ込まれ非常に危険である。
 また外部からの侵入も容易で安全対策も合わせてお願いしたい。
(本年度より新校への改修始まる) ・高層マンションから覗き等あり保護者からの訴えも多い。

第 ① 4F廊下床の補修 ・歩行中つまずく生徒が多い。事故に至らない前に補修を。
二 ② 屋上フェンス改修 ・錆がひどく大きく美観を損ねている
中 ③ 体育館棟の改修 ・床下排水路に水が溜まり、蚊が発生して不衛生。
・電気設備が漏電による停電が、指摘されている。
④ 2年昇降口の照度改善 ・暗く狭く、生徒が利用する場所として不適切。
・昇降口内外の壁塗装、昼間用照明を増設。
⑤ 体育館玄関外に旗掲揚設備の設置 ・儀式時に国旗、校旗を掲揚させるため。

第 ① ミシン室と芹澤文庫の ・過去の水害による影響で湿気とカビ臭がひどい。
三 東側壁の補修  衛生管理上からも改修をお願いしたい。
中 ② 音楽準備室の床張替え ・床のフローリングが痛んで浮いており危険。
 転倒事故の防止のためにも改修をお願いしたい。
③ 技術科室の換気扇 ・教室全体がカビ臭く、授業に支障をきたしている。
・教室自体の改修もお願いしたい。
第 ① 悪臭対策について ・1F保健室、2F視聴覚教室、とくに3F図書室前
四  の女子トイレがくさいので何とかしてほしい。

③ 樹木の管理、委託について ・グランドの防球ネットに絡みついた、蔦を取り除いてほしい。
④ 体育館外壁、校舎屋上の塗装 ・塗装が一部剥離しており腐食や水漏れが発生する。
・塗装無く、黒ずみ、不潔。
⑤ 照明器具の増設 ・体育館、教室が暗い。
第 ① 体育館の建て替え ・区内で最も老朽化が進んでいる体育館である。耐震性にも不安があり、
五  床の一部が浮いている。
中 ② 美術室の冷房化 ・冷房が無いので、6月∼9月まで美術室を使用した授業が難しい。
③ 第1・2理科室の冷房化 ・冷房が無いので、6月∼9月まで理科室を使用した実験を中心とした
 授業が難しい。
④ 教室の照明の改善 ・普通教室は法的な照度をクリアしていない。
⑤ 職員室の照明の改善 ・電気をつけても法的な照度が大幅に不足している。教職員や生徒
 の健康にも関るので、是非改善をお願いしたい。

第 ① 体育館入り口のスロープ化 ・1階は体育館以外はスロープ化されているが、体育館だけは
六  入り口前に階段があり、車椅子やストレッチャーは入れない。
中 ② 耐震対策(特に体育館) ・地域の第一次避難所になっているにもかかわらず、体育館は、
 大地震に耐えられない状況にある、窓枠のがたつきなど、
 区の基準は満たしているというが心配である。
③ 本∼新校舎の渡り廊下の雨よけ ・雨天時は滑って危険である。H15年度に学校で緊急対策をしたが、
 抜本的な対策をお願いしたい。
特記事項 ・19年度末の閉校に伴う、諸事業にかかる費用の補償。
(物品の移動、書類の廃棄処分等)
平成19年度 各校の要望事項(施設・設備改善) NO2
要望事項 改善のポイント
① 体育館への通路、滑り止め設置 ・古くなったマットを剥がしたままの状態で滑りやすくなっている。
第 ② 給食用ダムウェータ室の改築 ・ダムウェータ室への雨漏りで木製部分が腐食し衛生上問題がある。
七 ③ 体育館・床の全面張替え ・床面の劣化が進行し、テープを剥がす度に、床の一部が剥がれるため
中  張替えを要望。
④ 教室の床面塗装 ・塗装が剥がれ、ワックスを吸収してしまうため、清掃等では改善できない。
 劣化が進行、できれば張替えを。
⑤ 体育館外側・スロープ屋根の塗装 ・屋根の塗装が剥がれ、外見の状態ひどく、全面塗装を願う。
⑥ 万年塀の取替え ・災害時に危険な状態と思われる。土台をしっかりさせ、軽量な塀に
 取替えをお願いしたい。
第 ① 体育館床の改修又は立て替え ・地盤沈下、床の沈みを改善。
八 ② 1階アルミサッシの交換 ・老朽化しているので、危険。防犯上からも、交換をお願いしたい。
中 ③ プールの改修 ・プール全体の老朽化が進行している。
④ トイレのタイル剥離 ・トイレのタイルが浮き上がっている。
⑤ 校舎内掲示板の改修 ・老朽化が進行し掲示板としての用途に耐えない。
 特記事項  上校庭の焼却炉を撤去してほしい。
第 ① 1階、通級学級廊下のパーテーション ・通級学級の生徒の学習環境を保つため。
九 設置(移動) その他 ・コンクリートに直にカーペット敷のプレールームを
中  クッションの効いた床にしてほしい。
第 ① 落下防止柵の設置 ・ガラスが破損などした場合、校舎外の生徒に被害が生じるおそれがある。
十 ② プールの目隠し ・外部から見えてしまう。
中 ③ 1F北校舎トイレにドアを設置 ・使用する生徒の姿が外から見えてしまう。
④ 3階渡り廊下の雨漏り ・雨漏りの改修。

十 <平成20年の統合新校の開校に備えて改修が行われている最中です。>
一     統合新校としてふさわしい施設となるよう期待します。

中 ① 図書室入口の床改修 ・床鳴り激しく、静かな環境での読書が困難、会議室としての使用
央  も会議に集中できない。
中 ② 体育館の暖房 ・体育館は災害時、避難場所指定されており高齢者利用が想定される。
③ 2・3階の廊下改修 ・雨漏りによる床板剥離、数年来要望の為、直ってないのは残念。
④ 家庭科調理室の換気扇交換 ・昨年度予算化も、不実現で残念。今年こそ激的に環境改善願う。
⑤ 特別教室の冷房化 ・昨年度パルルーム(相談室)に設置達成。今後は未達成の
 家庭科調理室、被服室の冷房化を願う。
⑥ 備蓄倉庫の移動 ・校舎3階南向き、不可解な好位置であり、非常時には不向きな位置では。

中 ① 視聴覚室及び学年室等エアコン整備 ・習熟度別授業を充実させるため、エアコンの設置、交換等を要望。
野 ② 雨漏り教室の改善 ・横殴りの雨が降ると雨漏りする教室がある。対策をお願いしたい。
富 ③ 普通教室の床鳴りの軽減 ・ほとんどの教室で床鳴りがひどく、授業にも支障をきたすので
士  軽減策を講じたい。
見 ④ 窓サッシのレールの歪み ・3階廊下の窓が不具合の為、改修をお願いしたい。
中 ⑤ 備蓄倉庫の移動 ・備蓄倉庫が3階にあり、非常時に利用し難い。
 特記事項  ねこ、カラスがプールに侵入し不衛生で困る。
北 ① 教室内の改修 ・黒板が老朽化して、チョークの字が見づらい。
中 ・ドアが破損して、動きにくく、外れる危険あり。
野 ・掲示板が老朽化し、貼りづらい。
中 ② 理科室の改修 ・40人学級に対応させる為の机の改修、ガス栓の増設。
③ トイレの改修(東2階) ・壁、便器、戸などが破損しており、学校の補修では限界である。
④ 校舎全体の塗装 ・部分的な塗装補修のみで、極めて見栄えが悪い。
⑤ 体育館改修 ・バドミントンコートの四面確保する為、支柱増設を要望。(授業での使用の為)