Parallels Software International, Inc.

Parallels Transporter
ユーザー ガイド

(c) 2006-2007

Copyright © 2006-2007 by Parallels Software International, Inc. All rights reserved.
Parallels、Parallels のロゴおよび SmartSelect は、Parallels Software International, Inc. の登録商標であり、
Coherence、Compressor および Transporter はその商標です。

本製品は、数多くの特許申請中のアプリケーションに含まれているテクノロジに基づいています。
本製品または本製品の派生物の配布は、事前に著作権者の書面による許可を受けない限り、いかなる
形式であっても禁止されています。
Microsoft、Windows、Windows Server、Windows NT、Windows Vista および MS-DOS は、Microsoft
Corporation の登録商標です。
Linux は、Linus Torvalds の登録商標です。
Apple、Bonjour、Finder、Mac、Macintosh および Mac OS は、Apple Inc. の商標です。
Solaris は、Sun Microsystems, Inc. の登録商標です。
eComStation は、Serenity Systems International の商標です。FreeBSD は、FreeBSD Foundation の登録商

標です。
Intel および Intel Core は、 Intel Corporation の登録商標です。
OS/2 Warp は、International Business Machines Corporation の登録商標です。
VMware は、VMware, Inc. の登録商標です。

本書に記載されている他のすべての名称は、各社の商標です。

目次

3

目次
はじめに

6

Parallels Transporter について ....................................................................................................................7
Parallels Transporter Agent について .........................................................................................................8
このガイド書について ..............................................................................................................................8
ヘルプ情報 ..................................................................................................................................................9

システム要件

10

ホスト コンピュータのシステム要件....................................................................................................10
Mac OS X........................................................................................................................................10
Windows コンピュータ.................................................................................................................11
Linux コンピュータ.......................................................................................................................12
マイグレーション元コンピュータのシステム要件.............................................................................13
物理コンピュータ .........................................................................................................................14
仮想コンピュータ .........................................................................................................................16
ネットワーク要件 ....................................................................................................................................17

Parallels Transporter のインストール

18

Mac OS 上でのインストール ..................................................................................................................18
Windows 上でのインストール ................................................................................................................18
Parallels Transporter のダウンロード...........................................................................................19
Parallels Transporter のインストール...........................................................................................19
Linux 上でのインストール......................................................................................................................22
Parallels Transporter のダウンロード...........................................................................................22
コマンドラインからのインストール .........................................................................................23
TUI からのインストール..............................................................................................................23
インストール オプション ............................................................................................................24

4

目次

Parallels Transporter のアンインストール

26

Mac OS X 上でのアンインストール ......................................................................................................26
Windows 上でのアンインストール ........................................................................................................26
Linux 上でのアンインストール ..............................................................................................................27

Parallels Transporter の基礎

28

Parallels Transporter と Parallels Transporter Agent の起動 ....................................................................29
製品情報へのアクセス ............................................................................................................................30
デフォルトの名前と場所 ........................................................................................................................31
マイグレーション モード .......................................................................................................................33
マイグレーション ソース タイプ...........................................................................................................34
マイグレーションのためのボリュームの選択.....................................................................................35
オペレーティング システムへのハードウェア変更の適用................................................................36

Parallels Transporter の使用

37

典型的な使用法のシナリオ ....................................................................................................................37
ネットワークを介したマイグレーション(リモート マイグレーション).........................38
ローカルなマイグレーション .....................................................................................................40
Boot Camp パーティションからのマイグレーション ..............................................................41
サードパーティの仮想コンピュータからのマイグレーション..............................................43
Parallels 仮想データ ディスクの作成..........................................................................................44
Parallels 仮想データ ディスクの仮想マシンへの変換..............................................................44
Parallels Transporter を用いてのマイグレーション ..............................................................................45
リモート コンピュータからのマイグレーション.....................................................................45
Boot Camp パーティションからのマイグレーション ..............................................................61
ホスト コンピュータからのマイグレーション.........................................................................91
仮想コンピュータからのマイグレーション ...........................................................................102

目次

5

次に何を行うか

116

トラブルシューティングと制限事項

117

インストールの問題 ..............................................................................................................................117
FireWire 接続...........................................................................................................................................117
ファイアウォールの設定 ......................................................................................................................118
マイグレーション元オペレーティング システムの検出..................................................................119
Parallels Transporter が Transporter Agent を探索できない .................................................................119
マイグレーション エラー .....................................................................................................................120
ライセンス認証の問題 ..........................................................................................................................121
アプリケーションの回復 ......................................................................................................................121

用語集

122

索引

123

6

Parallels Transporter ユーザー ガイド

1章

はじめに
この章では、Parallels Transporter とこのユーザー ガイドについての基本的情報を提供し
ます。

この章の構成
Parallels Transporter について ............................................................................................ 7
Parallels Transporter Agent について.................................................................................. 8
このガイド書について....................................................................................................... 8
ヘルプ情報........................................................................................................................... 9

はじめに

7

Parallels Transporter について
Parallels® Transporter™ を使用すると、選択したボリュームまたは物理あるいは仮想コ
ンピュータ全体を Parallels 仮想マシンまたは Parallels 仮想ディスクにマイグレーショ
ンすることができます。
Parallels Transporter パッケージは、以下の 2 つのアプリケーションを含んでいます。
ƒ

Parallels Transporter

ƒ

Parallels Transporter Agent

パッケージは、マイグレーションを実行するホスト コンピュータ と、マイグレーショ
ン元のシステム データを収集し、これを転送する物理的 マイグレーション元コンピュ
ータ の両方にインストールする必要があります。
Parallels Transporter は、以下のオペレーティング システムをサポートしています。
ƒ

Microsoft® Windows® (Windows 2000 以降)

ƒ

Linux®

ƒ

Mac OS® X

Windows および Linux オペレーティング システムに対しては、Parallels Transporter は別
個のアプリケーションとして提供され、ローカル、リモート、および仮想の 3 つのマイ
グレーション方法をサポートしています。
Mac オペレーティング システムに対しては、Parallels Transporter は Parallels Desktop パ
ッケージの一部として提供され、リモートと仮想の 2 つのマイグレーション方法をサポ
ートしています。
Parallels Transporter のシステム要件の詳細な情報については、ホスト コンピュータのシ
ステム要件 『ページ 10』を参照してください。

8

Parallels Transporter ユーザー ガイド

Parallels Transporter Agent について
Parallels Transporter Agent は Parallels Transporter とともにインストールされ、Windows
または Linux オペレーティング システムの入った物理コンピュータからのマイグレー
ションに必要な、Parallels Transporter のユーティリティです。Parallels Transporter Agent
は 、 マ イ グ レ ー シ ョ ン 元 の 本 質 的 な シ ス テ ム デ ー タ を 収 集 し 、 こ れ を Parallels
Transporter で処理するために転送します。
Parallels Transporter Agent は、Microsoft® Windows® または Linux® オペレーティング シ
ステムのみをサポートしています。
Agent が自動的に起動しない場合、マイグレーション前にこの Agent を起動する必要が
あります。
Transporter Agent のシステム要件の情報については、「マイグレーション元コンピュー
タのシステム要件」、「物理コンピュータ 『ページ 14』」を参照してください。

このガイド書について
このガイド書は、他の物理コンピュータおよびサードパーティの仮想マシンからの情報
をマイグレーションする目的で Parallels Transporter を使用する広範囲なユーザーのた
めのものです。このガイド書では、上級レベルの概念の説明と、製品についてすばやく
かつ容易に学ぶための詳細なステップ バイ ステップ手順の両方が提供されます。

表記上のルール
以下の表は、このガイド書で使用されている表記について示しています。
フォント

このフォント

ボタン、オプション、メニュー および メニューコマン
ド、ウィンドウ および ダイアログボックスに使用され
ます。

このフォント

キー、パス および フォルダ名に使用されます。

このフォント

用語集の項目に使用されます。

タイプ スタイ
注意。

警告。

メッセージの強調に使用されます。
データ喪失のおそれがある場合の警告に使用されま
す。

はじめに

9

ヘルプ情報
Parallels Transporter は、必要な情報に対する以下のオプションを提供します。
ƒ

『Parallels Transporter ユーザー ガイド』。このドキュメントは、製品、その使用法、
トラブルシューティングなどの広範囲な情報を含んでいます。このガイドは、
Parallels Transporter フォルダにあります。デフォルトの場所は、以下のとおりです。
Mac OS 上: /Applications/Parallels/
Windows 上: C:\Program Files\Parallels\Parallels Transporter\

ƒ

ヘルプ ボタン。該当するヘルプ ページを開くには、Transporter ウィンドウのいちば
ん下にあるヘルプ ボタン

をクリックします。

10

Parallels Transporter ユーザー ガイド

2章

システム要件
この章では、システムおよびネットワーク要件の一覧を提供します。マイグレーション
を開始する前に、ホストとマイグレーション元コンピュータがこれらの要件を満たすこ
とを確認してください。マイグレーションをローカルに行う場合、コンピュータは、ホ
ストとマイグレーション元コンピュータの要件のいずれも満たしている必要がありま
す。

この章の構成
ホスト コンピュータのシステム要件.............................................................................. 10
マイグレーション元コンピュータのシステム要件....................................................... 13
ネットワーク要件............................................................................................................... 17

ホスト コンピュータのシステ
ム要件
Parallels Transporter は、ホストの Macintosh、Windows または Linux コンピュータ上に
インストール可能です。これらのコンピュータは、Parallels Transporter が正しく機能で
きるように、それぞれのシステム要件を満たしている必要があります。

Mac OS X
Macintosh コンピュータ上では、Parallels Transporter は Parallels Desktop のインストール
時に自動的にインストールされます。以下のシステム要件は、Parallels Desktop のシス
テム要件に基づいています。

ハードウェア要件
Parallels Transporter のハードウェア要件は、以下の表にあるとおりです。
コンピュータ

Intel 搭載の Core™ Duo または Core™ Solo の Mac® Mini、iMac®、
MacBook™、MacBook Pro、Mac Pro。

システム メモリ

最小限 768 MB の RAM。
1 GB 以上を推奨。

ハードディスクの空き Parallels Desktop に必要な 40.5 MB。
領域
さらに、作成される仮想マシンまたは仮想ディスク用に十分な領域。

システム要件

光学ドライブ

11

CD-ROM、DVD-ROM ドライブ。

ネットワーク デバイス イーサネット アダプタ。
FireWire アダプタ。

ソフトウェア要件
Parallels Transporter を同梱した Parallels Desktop は、Mac OS X 10.4.6 以降に対応してい
ます。
Mac OS X のバージョン番号をチェックするには、[Apple] -> [この Mac について] をメニ
ューバー内のメニューから選択します。

Windows コンピュータ
Windows コンピュータ上では、Parallels Transporter は個別のアプリケーションとしてイ
ンストールされます。Windows 上での Parallels Transporter のシステム要件は、以下のと
おりです。

ハードウェア要件
Parallels Transporter のハードウェア要件は、以下の表のとおりです。
プロセッサ

IA-32 互換 (Intel Pentium または AMD Athlon) の 700 MHz 32 ビット プロ
セッサ。

システム メモリ

最小限 768 MB の RAM。
1 GB 以上を推奨。

ハードディスク空き領 Parallels Transporter パッケージ用に 25 MB 必要。

作成される仮想マシンまたは仮想ディスク用に 15 GB 以上の追加領域
を推奨。
光学ドライブ

CD-ROM、DVD-ROM ドライブ。

ネットワーク デバイス イーサネット アダプタ。
または
IEEE 1394 アダプタ。

注意。 Windows Vista は、IEEE 1394 上の TCP/IP をサポートして
いないため、使用することができません。

12

Parallels Transporter ユーザー ガイド

ソフトウェア要件
Parallels Transporter は、以下の Windows オペレーティング システムをサポートしてい
ます。
ƒ

Windows Vista® Ultimate、Enterprise、Business

ƒ

Windows Server® 2003 Standard Edition SP0、SP1

ƒ

Windows Server 2003 Enterprise Edition SP0、SP1

ƒ

Windows Server 2003 Web Edition SP0、SP1

ƒ

Windows XP Professional SP0、SP1、SP2

ƒ

Windows XP Home SP0、SP1、SP2

ƒ

Windows 2000 Professional Edition

ƒ

Windows 2000 Advanced Server

Linux コンピュータ
Linux コンピュータ上では、Parallels Transporter は別個のアプリケーションとしてイン
ストールされます。Linux 上での Parallels Transporter のシステム要件は以下のとおりで
す。

ハードウェア要件
Parallels Transporter のハードウェア要件については、以下の表のとおりです。
プロセッサ

IA-32 互換(Intel Pentium または AMD Athlon)の 700 MHz 32 ビット プ
ロセッサ。

システム メモリ

最小限 768 MB。
1 GB 以上を推奨。

ハードディスクの空き Parallels Transporter パッケージに 25 MB 必要。
スペース
各仮想マシンまたは仮想ディスクの保存に十分な空きスペース。
光学ドライブ

CD-ROM、DVD-ROM ドライブ。

ネットワーク デバイス イーサネット アダプタ。

システム要件

13

ソフトウェア要件
Parallels Transporter は、以下の Linux オペレーティング システムをサポートしています。
ƒ

Red Hat® Enterprise Linux 5、4

ƒ

Debian® Linux 4.0

ƒ

Fedora™ Core Linux 6、5、4; Fedora™ 8、7

ƒ

SUSE® Linux 10.3、10.2、10.1、10.0、9.3

ƒ

Mandriva Linux 2008、2007

ƒ

Ubuntu® Linux 7.10、7.04、6.10、6.04、5.04

Parallels Transporter とそのコンポーネントを正常にインストールするには、ご使用の
Linux コンピュータ上に以下のソフトウェアがあることを確認してください。
ƒ

GNU Compiler 4.0 以降

ƒ

GNU Make 3.8 以降

ƒ

kernel 2.6.14 のソース ファイルまたは開発パッケージ

ƒ

glibc 2.3.6

ƒ

glib2 2.10.3

ƒ

glib 2.3.6

ƒ

zlib 1.2.2.2

ƒ

libstdc++ 4.0.2

ƒ

libpng 1.2.8

マイグレーション元コンピュー
タのシステム要件
Parallels Transporter により、物理および仮想コンピュータからのマイグレーションが可
能になります。それぞれのタイプのコンピュータは、指定されたシステム要件を満たし
ている必要があります。マイグレーションを開始する前に、ご使用のマイグレーション
元コンピュータが、このセクションで記述されている要件を満たしていることを確認し
てください。

14

Parallels Transporter ユーザー ガイド

物理コンピュータ
物理コンピュータからのマイグレーションを行うには、Prallels Transporter Agent を起動
する必要があります。Transporter Agent はマイグレーション元コンピュータに関する情
報を収集し、これを処理するために Transporter に転送します。
Parallels Transporter Agent は、Windows または Linux オペレーティング システムのマイ
グレーション元コンピュータ上に、Parallels Transporter と同時にインストールされます。
Transporter Agent が正しく機能するように、このコンピュータは以下の要件を満たして
いる必要があります。

ハードウェア要件
Parallels Transporter Agent のハードウェア要件は、以下の表のとおりです。
プロセッサ

IA-32 互換 (Intel Pentium または AMD Athlon) の 32 ビット プロセッサ。

システム メモリ

256 MB

ハードディスク空き領 10 MB

HDD コントローラ

IDE ハード ドライブ コントローラ。

ネットワーク デバイス イーサネット アダプタ。
または
IEEE 1394 アダプタ。

注意。 Windows Vista は IEEE 1394 上の TCP/IP をサポートして
いないため、利用できません。

システム要件

15

ソフトウェア要件
Parallels Transporter Agent は、以下の Windows オペレーティング システムをサポートし
ています。
ƒ

Windows Vista® Ultimate、Enterprise、Business

ƒ

Windows Server® 2003 Standard Edition SP0、SP1

ƒ

Windows Server 2003 Enterprise Edition SP0、SP1

ƒ

Windows Server 2003 Web Edition SP0、SP1

ƒ

Windows XP Professional SP0、SP1、SP2

ƒ

Windows XP Home SP0、SP1、SP2

ƒ

Windows 2000 Professional Edition

ƒ

Windows 2000 Server

ƒ

Windows 2000 Advanced Server

Parallels Transporter は、以下の Linux オペレーティング システムをサポートしています。
ƒ

Red Hat® Enterprise Linux 5、4

ƒ

Debian® Linux 4.0

ƒ

Fedora™ Core Linux 6、5、4; Fedora™ 8、7

ƒ

SUSE® Linux 10.3、10.2、10.1、10.0、9.3

ƒ

Mandriva Linux 2008、2007

ƒ

Ubuntu® Linux 7.10、7.04、6.10、6.04、5.04

サポートしているファイル システム
Parallels Transporter Agent は、以下のファイル システムをサポートしています。
ƒ

FAT16/32 (Windows のみ)

ƒ

NTFS (Windows のみ)

ƒ

Ext2/Ext3

ファイル システムがサポートされていない場合、Transporter Agent はすべてのディスク
セクタを連続してコピーします。

16

Parallels Transporter ユーザー ガイド

仮想コンピュータ
Parallels Transporter を使用すると、Microsoft Virtual PC または VMware 仮想マシンまた
は仮想ディスクから Parallels 仮想マシンまたは仮想ディスクへのマイグレーションが
可能になります。マイグレーション元コンピュータまたはディスクは、以下の要件を満
たしている必要があります。

サポートしている仮想コンピュータ ファイルのフォーマット
Parallels Transporter は、以下のフォーマットをサポートしています。
ƒ

Parallels HDD

ƒ

VMware VMWAREVM、VMDK および VMX

ƒ

Microsoft VHD および VMC

ソフトウェア要件
Parallels Transporter は、以下のオペレーティング システムをサポートしています。
ƒ

Windows Vista® Ultimate、Enterprise、Business

ƒ

Windows Server® 2003 Standard Edition SP0、SP1

ƒ

Windows Server 2003 Enterprise Edition SP0、SP1

ƒ

Windows Server 2003 Web Edition SP0、SP1

ƒ

Windows XP Professional SP0、SP1、SP2

ƒ

Windows XP Home SP0、SP1、SP2

ƒ

Windows 2000 Professional Edition

ƒ

Windows 2000 Server

ƒ

Windows 2000 Advanced Server

Parallels Transporter は、以下の Linux オペレーティング システムをサポートしています。
ƒ

Red Hat® Enterprise Linux 5、4

ƒ

Debian® Linux 4.0

ƒ

Fedora™ Core Linux 6、5、4; Fedora™ 8、7

ƒ

SUSE® Linux 10.3、10.2、10.1、10.0、9.3

ƒ

Mandriva Linux 2008、2007

ƒ

Ubuntu® Linux 7.10、7.04、6.10、6.04、5.04

サポートしているファイル システム
Parallels Transporter は以下のファイル システムをサポートしています。
ƒ

FAT16/32(Windows のみ)

ƒ

NTFS(Windows のみ)

ƒ

Ext2/Ext3

システム要件

17

ファイル システムがサポートされていない場合、Transporter Agent はすべてのディスク
セクタを連続してコピーします。

ネットワーク要件
リモート コンピュータからのマイグレーションを行うには、ホストとマイグレーショ
ン元コンピュータとの間でネットワーク接続を確立する必要があります。この接続は、
ネットワーク ケーブルまたは FireWire を経由して、有線または無線で行うことができ
ます。デフォルト設定の有線接続を用いる場合、Parallels Transporter は自動的に接続設
定を構築します。このデフォルト設定を変更するか、または無線接続を用いる場合、こ
の設定を手動で構築する必要があります。
注意 1。 Windows Vista は IEEE 1394 上の TCP/IP をサポートしていないため、利用でき
ません。
注意 2。 FireWire は Linux 上ではサポートされていません。
すべての接続に対して、Parallels Transporter は 1620 から 1623 の範囲の固定ポートを使
用します。

18

Parallels Transporter ユーザー ガイド

3章

Parallels Transporter のインストール
この章では、Parallels Transporter のインストールに関する情報を提供します。

この章の構成
Mac OS 上でのインストール............................................................................................. 18
Windows 上でのインストール........................................................................................... 18
Linux 上でのインストール ................................................................................................ 22

Mac OS 上でのインストール
Macintosh コンピュータに対しては、Parallels Transporter は Parallels Desktop 内蔵の機能
として提供され、Parallels Desktop インストール中に自動的にインストールされます。
詳細なインストール手順に関しては、『Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド』を参
照してください。

Windows 上でのインストール
Windows コンピュータに対しては、Parallels Transporter は個別のアプリケーションとし
て提供され、これを手動でインストールする必要があります。Parallels Transporter パッ
ケージには、Parallels Transporter と Parallels Transporter Agent(リモート マイグレーショ
ン用)が含まれています。
注意。 Parallels Transporter または Parallels Transporter Agent をインストールするには、
管理者権限が必要になります。

Parallels Transporter のインストール

19

Parallels Transporter のダウンロード
Windows 用の Parallels Transporter パッケージをインストールするには、最新のパッケー
ジを (株)プロトンの Web サイト http://www.proton.co.jp/products/parallels-transporter/
からダウンロードする必要があります。
このパッケージのファイル名は Parallels-Tsp-3.0.XXXX-Win.exe です。ここで、
XXXX はビルド番号を表します。

Parallels Transporter のインストール
Parallels Transporter パッケージ は、Parallels Transporter と、Parallels Transporter インス
トール時に同時にインストールされる Parallels Transporter Agent を含んでいます。
Parallels Transporter とそのコンポーネントをインストールするには、以下の手順に従い
ます。
1

ファイル Parallels-Tsp-3.0.XXXX-Win.exe を開いて、インストールを開始し
ます。
Parallels Transporter セットアップ ウィザードは、 [ようこそ] ウィンドウを表示しま
す。

2

[ようこそ] ウィンドウで、[次へ] をクリックします。

20

Parallels Transporter ユーザー ガイド

3

[使用許諾契約] ウィンドウでは、「使用許諾契約」をよく読みます。これを印刷す
るには、[印刷] ボタンをクリックします。記載されている条項に同意する場合は、[使
用許諾契約の条項に同意します] を選択します。[次へ] をクリックします。

4

[インストール先の選択] ウィンドウでは、Parallels Transporter のインストール先フォ
ル ダ を 選 択 し ま す 。 デ フ ォ ル ト で は 、 プ ロ グ ラ ム は C:\Program
Files\Parallels\Parallels Transporter にインストールされます。このデ
フォルト フォルダを変更するには、[変更] をクリックし、他の場所を参照します。[次
へ] をクリックします。

Parallels Transporter のインストール

21

5

[Parallels Transporter イ ン ス ト ー ル の カ ス タ マ イ ズ ] ウ ィ ン ド ウ で は 、 Parallels
Transporter プログラムのショートカットを置く場所を選択します。[次へ] をクリッ
クします。

6

ウィザードはインストールの準備ができました。[インストール] をクリックしてこ
れを開始します。

22

Parallels Transporter ユーザー ガイド

7

インストール終了後は、コンピュータの再起動が必要です。コンピュータを今すぐ
再起動するか、またはこれをあとで行うことができます。適当なオプションを選択
して、[完了] をクリックします。

Linux 上でのインストール
Linux コンピュータに対しては、Parallels Transporter は別個のアプリケーションとして
提供されますので、これを手動でインストールする必要があります。マイグレーション
方法により、完全なパッケージ(ローカル マイグレーション用)、または Transporter
Agenct のみ(リモート マイグレーション用)のいずれかのインストールが必要になる
場合があります。Transporter、Transporter Agent はコマンドラインまたはテキスト ユー
ザー インターフェース(TUI)を用いてインストールすることができます。その手順に
ついては、 コマンドラインからのインストール 『ページ 23』、TUI からのインストー
ル 『ページ 23』 および インストーラ オプション 『ページ 24』 を参照してください。
注意。 Parallels Transporter または Parallels Transporter Agent をインストールするには、
root 権限が必要となります。

Parallels Transporter のダウンロード
Linux 用の Parallels Transporter パッケージをインストールするには、最新のパッケージ
を (株)プロトンのウェブサイト http://www.proton.co.jp/products/parallels-transporter/ か
らダウンロードする必要があります。
このパッケージ ファイル名は、Parallels-Tsp-3.0.XXXX-lin.run となります。
ここで、XXXX はビルド番号を表しています。

Parallels Transporter のインストール

23

コマンドラインからのインストール
Parallels Transporter とそのコンポーネントのいずれか、またはその両方をコマンドライ
ンからインストールするには、以下の手順に従います。
1

最新のパッケージを (株)プロトンのウェブサイト
http://www.proton.co.jp/products/parallels-transporter/からダウンロードします。パッケ
ージ ファイル名は Parallels-Tsp-3.0.XXXX-lin.run となります。ここで、
XXXX はビルド番号を表します。

2

ターミナルを起動して、ダウンロード先ディレクトリにディレクトリ変更します。

3

Parallels Transporter インストーラを、以下のコマンドを入力して起動します。

# sh Parallels-Tsp-3.0.XXXX-lin.run

注意。 Parallels Transporter をインストールするには、root 権限が必要となります。
4

Parallels Transporter インストーラが [導入] ウィンドウを表示したら、Enter を押
します。

5

インストーラに行わせたい動作を、該当するキーを押して指定します。インストー
ルを行うには、1 を押します。

6

「使用許諾契約書」をよく読み、Y を入力して、この条項に同意します。

7

Parallels Transporter と Parallels Transporter Agent の 両 方 か 、 ま た は Parallels
Transporter Agent のみをインストールするかのいずれかを選択します。これらの両
方をインストールするには、Y を、Transoporter Agent のみをインストールするには、
N を入力します。

8

インストールが完了したら、インストーラにより通知されます。

TUI からのインストール
Parallels Transporter とそのコンポーネントの両方、またはそれらのいずれかを TUI から
インストールするには、以下の手順に従います。
1

最新のパッケージを (株)プロトンのウェブサイト
http://www.proton.co.jp/products/parallels-transporter/ からダウンロードします。パッケ
ージ ファイル名は、Parallels-Tsp-3.0.XXXX-lin.run です。ここでXXXX は
ビルド番号を表します。

2

ターミナルを起動し、ダウンロード先ディレクトリにディレクトリ変更します。

3

su または sudo コマンドを用いて、root としてログインします。

4

以下のコマンドを入力して、Parallels Transporter インストーラを起動します。

# sh Parallels-Tsp-3.0.XXXX-lin.run

注意。 Parallels Transporter をインストールするには、root 権限が必要です。
5

Parallels Transporter インストーラが [導入] ウィンドウを表示したら、Enter を押
します。

24

Parallels Transporter ユーザー ガイド

6

インストーラに行わせたい動作を Up および Down キーを用いて指定し、 Enter を
押します。

7

「使用許諾契約書」をよく読みます。文書の表示をスクロールさせるには、矢印キ
ーを用います。Enter を押します。

8

記載されている条項に同意するには、[はい] を選択します。Enter を押します。

9

Parallels Transporter と Parallels Transporter Agent の両方、または Parallels Transporter
Agent のみをインストールするかのいずれかを選択します。

10 インストールが完了すると、インストーラにより通知されます。

インストール オプション
Parallels Transporter とそのコンポーネントを、バッチ モードまたは無人インストール中
にインストールすることができます。以下の表は、使用可能なコマンドライン オプシ
ョンの一覧を示しています。
オプションと書式

説明

-h、--help

インストーラのヘルプ情報を表示します。

-d、--debug <レベル>

デバッグ レベル。可能な値は以下のとおりです。
0 - デバッグ、何も出力しない。次のコマンドと同様
--silent
1 - デバッグ、エラーのみ出力
2 - デバッグ、エラーと警告を出力
3 - デバッグ、エラー、警告、およびデバッグ情報を出力

-s、--silent

デバッグ、出力なし。

-p、--prefix ディレク ディレクトリ を Parallels Transporter のデフォルト ディレク
トリにします。
トリ
-k、--kversion < バー 指定されたカーネル バージョンに対するモジュールをビル
ドします。

ジョン番号>

-e、--accept-eula

「使用許諾契約書」の条項に同意します。

-a、--action < アクシ ターゲット上で指定したアクションを実行します。可能な値
は以下のとおりです。

ョン>

install [--target <ターゲット名>] - ターゲットをイ
ンストールします。ターゲットが指定されない場合、3 つの
コンポーネントすべてがインストールされます。
uninstall [--target <ターゲット名>] - ターゲットを
アンインストールします。ターゲットが指定されない場合、
3 つのコンポーネントすべてがアンインストールされます。

Parallels Transporter のインストール

25

-t、--target < ターゲ アクションの対象となるターゲット(コンポーネント)を指
定します。可能な値は以下のとおりです。
ット名>
agent - Parallels Transporter Agent のインストール/アンイン
ストール
transporter - Parallels Transporter のインストール/アンイ
ンストール
kmod - 指定したカーネルに対するモジュールをビルド
インターフェースを選択します。可能な値は以下のとおりで
-u、
--user-interface <イ す。
ンターフェース値>
cmd - コマンドライン
ncurses - ダイアログ
-w、--skip-welcome

導入部分をスキップします。

-l、--log <ログ ファイ インストーラがログ情報の書き込みに使用するファイルを
指定します。デフォルトでは、
parallels-installer.log になります。

ル名>

いくつかの使用例を以下に示します。
1

「使用許諾契約書」の条項に同意し、Parallels Transporter をインストールするには、
以下のように入力します。

Parallels-Tsp-3.0.XXXX-lin.run --accept-eula --action install --target
transporter

2

「使用許諾契約書」の条項に同意し、kernel 2.6.20 用のカーネル モジュールをイン
ストールするには、以下のように入力します。

Parallels-Tsp-3.0.XXXX-lin.run --accept-eula --action install --target
kmod --kversion 2.6.20

26

Parallels Transporter ユーザー ガイド

4章

Parallels Transporter のアンインスト
ール
この章では、Parallels Transporter とそのコンポーネントのアンインストール手順につい
ての情報を提供します。

この章の構成
Mac OS X 上でのアンインストール................................................................................. 26
Windows 上でのアンインストール .................................................................................. 26
Linux 上でのアンインストール ........................................................................................ 27

Mac OS X 上でのアンインストー

Parallels Transporter とそのコンポーネントは、Parallels Desktop と同時にしかアンイン
ストールできません。その手順については、 Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド
を参照してください。

Windows 上でのアンインストー

Parallels Transporter とそのコンポーネントは、以下の 2 つの方法でアンインストールす
ることができます。
ƒ

[スタート] メニューから、[コントロール パネル] -> [プログラムの追加と削
除] を選択します。表示されるプログラムのリストから、[Parallels Transporter] を
選択し、 [削除] をクリックします。

または
ƒ

ファイル Parallels-Tsp-3.0.XXXX-Win.exe を実行します。これにより、プロ
グラムを削除する [セットアップ ウィザード] が起動されます。

注意。 Parallels Transporter をアンインストールするには、管理者権限が必要です。

Parallels Transporter のアンインストール

27

Linux 上でのアンインストール
インストーラ(コマンドラインまたは TUI)またはコマンドライン オプションを用い
て、Linux 上で Parallels Transporter をアンインストールすることができます。使用可能
なオプションの一覧については、インストール オプション 『ページ 24』 を参照してく
ださい。
コマンドライン版のインストーラを用いて Parallels Transporter をアンインストールす
るには、以下の手順に従います。
1

ターミナルを起動し、ファイル Parallels-Tsp-3.0.XXXX-lin.run を保存した
ディレクトリにディレクトリ変更します。

2

以下のコマンドを入力して、Parallels Transporter インストーラを起動します。

# sh Parallels-Tsp-3.0.XXXX-lin.run

注意。 Parallels Transporter をアンインストールするには、root 権限が必要です。
3

Parallels Transporter インストーラが [導入] ウィンドウを表示したら、 Enter を
押します。

4

該当するキーを押して、インストーラに行わせたい動作を指定します。アンインス
トールを行うには、2 を押します。

5

アンインストールするコンポーネントを指定します。Parallels Transporter と Parallels
Transporter Agent の両方、またはどちらか 1 つのコンポーネントのみをアンインス
トールすることができます。
Transporter Agent をアンインストールするには、1 を押します。
Transporter をアンインストールするには、2 を押します。
両方をアンインストールするには、3 を押します。

6

アンインストールが完了すると、インストーラにより通知されます。

28

Parallels Transporter ユーザー ガイド

5章

Parallels Transporter の基礎
この章では、基礎概念と手順に関する情報を提供します。

この章の構成
Parallels Transporter と Parallels Transporter Agent の起動 .............................................. 29
製品情報へのアクセス....................................................................................................... 30
デフォルトの名前と場所................................................................................................... 31
マイグレーション モード.................................................................................................. 33
マイグレーション ソース タイプ..................................................................................... 34
マイグレーションのためのボリュームの選択............................................................... 35
オペレーティング システムへのハードウェア変更の適用 .......................................... 36

Parallels Transporter の基礎

29

Parallels Transporter と Parallels
Transporter Agent の起動
Parallels Transporter を Mac OS X 上で起動するには
Finder で、[アプリケーション] -> [Parallels] を開きます。Parallels フォルダで
ƒ

Parallels Transporter アイコン

をダブルクリックするか

または
ƒ

Parallels Desktop を、そのアイコンをクリックして起動し、[インポート] を [ファイ
ル] メニューから選択します。
警告。 Parallels Transporter を使用可能にするには、Parallels Desktop をプロダクト キ
ー(評価用または製品用)を用いてアクティベーションする必要があります。

Parallels Transporter または Parallels Transporter Agent を Windows 上で起動するには
[スタート] メニューから、[すべてのプログラム] -> [Parallels] -> [Parallels Transporter] /
[Parallels Transporter Agent] を選択します。
Parallels Transporter または Parallels Transporter Agent を Linux 上で起動するには
コマンドライン上で、次のコマンドのいずれかを入力します。
parallels_transporter

または
parallels_transporter_agent

注意。 Parallels Transporter Agent を起動するには、root 権限が必要になります。

30

Parallels Transporter ユーザー ガイド

製品情報へのアクセス
ビルド番号と商標などの基本的製品情報は、[Parallels Transporter について] ウィンドウ
で確認することができます。このウィンドウを開くには、Parallels Transporter を起動し、
以下の手順を実行します。
Mac OS X 上:
[Parallels Transporter] メニューから、[Parallels Transporter について] を選択します。
Linux 上:コマンドラインで、以下のいずれかのコマンドを入力します。
parallels_transporter -v

または
parallels_transporter_agent -v

Windows 上: タイトルバーを右クリックし、[Parallels Transporter について] を選択しま
す。

Parallels Transporter の基礎

31

デフォルトの名前と場所
高速モードで実行中には、Parallels Transporter はデフォルトの名前と場所を設定を使用
します。
Parallels Transporter は、以下のデフォルトのパスを使用します。
Windows 上
仮想マシン:
C:\Documents and Settings\ユーザー名\My
Documents\Parallels\Parallels Virtual Machines\<フォルダ名>\
仮想ディスク:
C:\Documents and Settings\ユーザー名\My
Documents\Parallels\Parallels Virtual Machines\Migrated Disks\
Mac OS X 上
仮想マシン:
/Users/ユーザー名/Documents/Parallels/<フォルダ名>/
仮想ディスク:
/Users/ユーザー名/Documents/Parallels/Migrated Disks/
注意。 Parallels Desktop のメイン メニューを用いて、デフォルトのパスを選択すること
ができます。メイン メニューから、[ユーザー設定] を選択して、[一般] タブを開き、変
更します。指定したフォルダはデフォルト値として使用されます。
Linux 上
仮想マシン:
~/parallels-vm
仮想ディスク:
~/parallels-vm
上記の <フォルダ名> の値は、マイグレーション元から、以下のように割り当てられま
す。

32

Parallels Transporter ユーザー ガイド

ƒ

物理コンピュータからのマイグレーションを行う場合、このフォルダは、マイグレ
ーション元オペレーティング システムにちなんで命名されます。たとえば、
Microsoft Windows XP のようになります。

ƒ

仮想コンピュータからのマイグレーションを行う場合、このフォルダは、マイグレ
ーション元仮想ディスクにちなんで命名されます。たとえば、マイグレーション元
仮想ディスク XXX は、 XXX マイグレーション先フォルダとなります。

構築ファイルと仮想ディスク ファイルのデフォルト名もまた、以下のように、マイグ
レーション元により異なります。
物理コンピュータからのマイグレーション先が、
ƒ

仮想マシンの場合、 .pvs と .hdd ファイルは、マイグレーション元 OS の短縮名
を用いて命名されます。たとえば、winXP、vista、などとなります。

ƒ

仮想ディスクの場合、.hdd ファイルは、マイグレーション元コンピュータのネッ
トワーク名を用いて命名されます。

仮想コンピュータからの仮想マシン全体のマイグレーション先が、
ƒ

仮想マシンの場合、.pvs ファイルはマイグレーション元仮想コンピュータ名で命
名され、.hdd ファイルは、マイグレーション元仮想ハードディスク名を用いて命
名されます。

ƒ

仮想ディスクの場合、.hdd ファイルは、マイグレーション元仮想ハードディスク
名を用いて命名されます。

仮想コンピュータからの単一仮想ハードディスクへのマグレーショ先が、
ƒ

仮想マシンの場合、.pvs ファイルは、マイグレーション元 OS の短縮名を用いて
命名され、.hdd ファイルは、マイグレーション元仮想ディスク名を用いて命名さ
れます。

ƒ

仮想ディスクの場合、.hdd ファイルは、マイグレーション元仮想ハードディスク
名を用いて命名されます。

デフォルトの場所に特別な名前のファイルまたはフォルダが含まれる場合、それに続く
名前には、数字が割り当てられます。たとえば、Microsoft Windows XP 1、vista
1、Microsoft Windows XP 2 などのようになります。

Parallels Transporter の基礎

33

マイグレーション モード
Parallels Transporter は、高速 と 拡張の 2 つのモードで実行可能です。これらのモードの
基本的な違いは、処理中におけるユーザー制御の度合いにあります。拡張モードでは、
よりフレキシブルな環境が提供されます。一方、高速モードでは、マイグレーション方
法ではなくてマイグレーション対象に集中することができます。

高速モード
高速モードでは、Parallels Transporter は定義済みの設定を用いて、アクティブな物理ボ
リュームまたは仮想ボリュームからのマイグレーションを行います。デフォルトでは、
Transporter はマイグレーション元オペレーティング システムへのハードウェアの変更
を適用して、Parallels 仮想マシンで起動可能にします。マイグレーションが正常に終了
すると、Parallels Transporter は次の 2 つのファイル:仮想マシン構築ファイル (.pvs) と
仮想ディスク ファイル (.hdd) を作成します。Parallels Transporter がハードウェア変更
に必要なシステム ファイルを見つけられない場合、ソース ボリュームは、Parallels 仮
想ディスクとしてマイグレーションされます。
マイグレーション先のフォルダとファイル名は、定義済みです。詳細については、デフ
ォルトの名前と場所 『ページ 31』 を参照してください。

拡張モード
拡張モードでは、Parallels Transporter はユーザー定義の設定を使用します。マイグレー
ションの設定は、以下の方法でカスタマイズ可能です。
ƒ

指定されたリモートまたはホストのマイグレーション元コンピュータ上のボリュー
ムを選択します。

ƒ

マイグレーション出力のタイプ(起動可能仮想マシンまたは仮想データ ディスク)
を選択します。

ƒ

マイグレーション先フォルダと、作成される仮想マシンまたは仮想ディスク名を指
定します。

マイグレーション時に、Parallels Transporter は希望したマイグレーション出力と指定し
たソースに依存して、複数のファイルを生成します。たとえば、複数のソース ディス
クを Parallels 仮想マシンにマイグレーションする場合、Parallels Transporter は仮想マシ
ン構築ファイル (.pvs) と複数の仮想ディスク ファイル (.hdd) を作成します。すべて
の仮想ディスクは、作成された仮想マシンからアクセス可能です。

34

Parallels Transporter ユーザー ガイド

マイグレーション ソース タイ

Parallels Transporter for Windows と for Macintosh では、サポートするソース タイプの数
が以下のように異なっています。
Windows 上: ホスト コンピュータ、リモート コンピュータ、仮想コンピュータ。
Linux 上: ホスト コンピュータ、リモート コンピュータ、仮想コンピュータ。
Mac OS 上: リモート コンピュータ、仮想コンピュータ。
必要なマイグレーション ソースを、[マイグレーション方法] ウィンドウ内で選択するこ
とができます。
ƒ

ホスト コンピュータの選択したボリュームからマイグレーションするには、 [この
コンピュータから] を選択します(ローカル マイグレーション)。

ƒ

リモート物理コンピュータの選択したボリュームからマイグレーションするには、
[別のコンピュータから] を選択します。

ƒ

VMware 仮想マシンまたは Microsoft Virtual PC からマイグレーションするには、[仮
想コンピュータから] を選択します。このオプションを使用すると、Parallels または
サードパーティの仮想ディスク上にオペレーティング システムがある場合、この仮
想ディスクを起動可能な仮想マシンに変換することも可能です。詳細については、
Parallels 仮想ディスクの処理 『ページ 111』 および 単一の仮想ディスクのマイグレ
ーション 『ページ 106』 を参照してください。

注意。Boot Camp パーティションからローカルまたはリモートでマイグレーションした
い場合は、[このコンピュータから] または [他のコンピュータから] を選択します。

Parallels Transporter の基礎

35

マイグレーションのためのボリ
ュームの選択
物理コンピュータ、ホストまたはリモートからのマイグレーションを行う際に、[マイ
グレーション元ボリューム] ウィンドウ内で、マイグレーションするボリュームを選択
することができます。Parallels Transporter は、ベーシック ディスクおよびパーティショ
ンからのマイグレーションをサポートしています。
警告。 Parallels Transporter Agent は、Mac 上の Boot Camp パーティションからのマイ
グレーションをサポートしていません。
マイグレーション元ボリュームの一覧には、ボリュームの数、そのタイプ、ファイル シ
ステム、使用可能なディスク領域、などについての情報が含まれています。ボリューム
を選択するには、対応するチェックボックスをチェックします。サポートしているファ
イル システムのボリュームのみが、Parallels 仮想マシンへマイグレーション可能です。
マイグレーション元コンピュータのシステム要件 『ページ 13』 を参照してください。

ディスク上の一つまたは複数のボリュームが選択された場合、Parallels Transporter はデ
ィスク全体を処理します。作成された仮想マシンにおいて、選択されていないボリュー
ムは表示できますが、アクセスすることはできません。

36

Parallels Transporter ユーザー ガイド

注意。 選択されたボリュームのイメージに割り当てるのに十分なハードディスク上の
空き領域が、コンピュータ上にあることを確認してください。選択したボリュームで使
用される領域の合計を算出してください - コンピュータ上でさらに空き領域が必要に
なる場合があります。

オペレーティング システムへ
のハードウェア変更の適用
物理または仮想ソース コンピュータを起動可能な Parallels 仮想マシンに正しくマイグ
レーションするには、Parallels Transporter は、マイグレーション元のボリューム イメー
ジ上のオペレーティング システムへのハードウェア変更を適用する必要があります。
Parallels 仮想マシンで使用されるハードウェアは、マイグレーション元コンピュータま
たは仮想マシンのハードウェアとは異なっています。したがって、Parallels Transporter は
システム ファイルを読んで修正し、このオペレーティング システムを起動可能にしま
す。Parallels Transporter は、オペレーティング システムがインストールされた既存の
Parallels 仮想ディスク、アクティブなマイグレーション元ボリュームのイメージ、サー
ドパーティの仮想マシンへのハードウェア変更を適用することができます。
現行バージョンの Parallels Transporter は、Windows と Linux オペレーティング システム
に対してのみ、この機能を提供しています。サポートしているオペレーティング シス
テムの完全な一覧については、「マイグレーション元コンピュータのシステム要件『ペ
ージ 13』」を参照してください。
Windows では、ハードウェア設定を変更するために、Parallels Transporter は必要なドラ
イバに対して、マイグレーション元システム ファイルを参照します。Parallels Transporter
は、マイグレーション元コンピュータのハードウェア、ハードウェア抽象レイヤ(HAL)、
およびハードディスク コントローラ ドライバを認識します。Transporter が必要なドラ
イバを見つけられない場合、ユーザーに対して、インストール ファイルの入った
CD/DVD を挿入するか、またはマイグレーション元コンピュータのインストール ファ
イル フォルダへのパスを指定するように要求します。デフォルトでは、必要なファイ
ルは、<SystemRoot>\Driver Cache\i386 に配置されています。
Linux では、 fstab のような構築ファイルを修正することにより、ハードウェアの変
更を適用することができます。
ハードウェアの変更が完了すると、Parallels Transporter は以下の 2 つのファイルを作成
します。
ƒ

仮想マシン構築ファイル (.pvs) : Parallels Desktop 上で仮想マシンを実行する際に
必要です。デフォルトでは、特定のデバイスは、典型的な仮想マシンで使用可能な
一般的デバイスに置き換えられます。

ƒ

起動可能な仮想ハードディスク (.hdd)。

Parallels Transporter の使用

37

6章

Parallels Transporter の使用
この章では、Parallels Transporter の使用法にシナリオ、Parallels Transporter の概念の説
明、およびマイグレーション処理に関する詳細な手順についての情報を提供します。

この章の構成
典型的な使用法のシナリオ............................................................................................... 37
Parallels Transporter を用いてのマイグレーション ........................................................ 45

典型的な使用法のシナリオ
Parallels Transporter を用いての典型的なマイグレーションのシナリオは、数多く存在し
ます。これらのシナリオは、マイグレーションの目的により、決定されます。このセク
ションでは、各マイグレーションのシナリオの概要を提供します。このシナリオをどの
ように実現するかに関しては、Parallels Transporter を用いてのマイグレーション 『ペー
ジ 45』 を参照してください。

38

Parallels Transporter ユーザー ガイド

ネットワークを介したマイグレーション(リモート マイグ
レーション)
リモート コンピュータ上にインストールされたオペレーティング システムまたは他の
ソフトウェアを試してみたい場合は、Parallels Transporter を用いて、ソース コンピュー
タのすべてのアプリケーションとデータをすばやくかつ容易に Mac 上の仮想マシンに
マイグレーションすることができます。このシナリオでは、ソース コンピュータから
ホストの Mac コンピュータへとネットワークまたは FireWire ケーブルを介して直接に
マイグレーションします。
Parallels Transporter により、リモートの Windows または Linux コンピュータから、
Parallels 仮想マシンまたは、Parallels 仮想ディスク 『ページ 44』 にマイグレーションす
ることが可能になります。Transporter は、ソース コンピュータの指定されたボリュー
ムから、新規に作成した Parallels 仮想ディスク ファイル (.hdd) にマイグレーションし、
仮想マシン構築 ファイル (.pvs) を作成します。これらのファイルは、ハードディスク
とデータ ディスクをもった、すぐに使用可能な仮想マシンを構成します。リモート マ
イグレーション中には、アクティブ ボリューム のみが起動可能になり、作成される仮
想マシンには、マイグレーション中に アクティブ であったのと同じオペレーティング
システムが存在します。Parallels Transporter がマイグレーション元のオペレーティング
システムを識別できないか、またはユーザがシステム インストール ファイルを提供で
きない場合、すべてのソース ボリュームが Parallels 仮想ディスクにマイグレーション
されます。
Parallels Transporter を使用すると、リモート Mac コンピュータ上の Boot Camp パーティ
ションを、起動可能な Parallels 仮想マシンまたは Parallels 仮想ディスク『ページ 44』に
マイグレーションするもできます。この手順は、Windows コンピュータからのリモート
マイグレーションとかなり似通っています。詳細については、「Boot Camp パーティシ
ョンからのマイグレーション 『ページ 41』」シナリオを参照してください。
注意。 マイグレーションを正常に行うためには、ホストとリモート コンピュータが シ
ステム要件 『ページ 10』 を満たしていることをチェックしてください。
リモート コンピュータからマイグレーションするには、Parallels Transporter をホストと
マイグレーション元コンピュータにインストールします。これらのコンピュータをネッ
トワークまたは FireWire ケーブルで接続します。Parallels Transporter をホスト コンピュ
ータ上で、Parallels Translporter Agent をマイグレーション元コンピュータ上で起動し、
ウィザードの手順に従います。詳細については、リモート コンピュータからのマイグ
レーション 『ページ 45』 を参照してください。

Parallels Transporter の使用

39

リモート Mac コンピュータ上の Boot Camp パーティションからのマイグレーションを
行うには、第一の Mac をホスト コンピュータとみなし、Boot Camp パーティションを
マイグレーション元コンピュータとみなします。したがって、この Boot Camp パーティ
ションからマイグレーションするには、Parallels Transporter を両方のコンピュータ、す
なわち、ホスト コンピュータ (Mac) とマイグレーション元コンピュータ (Boot Camp)、
上にインストールする必要があります。これらのコンピュータをネットワークまたは
FireWire ケーブルで接続します。Parallels Transporter をホスト上で、Parallels Transporter
Agent をマイグレーション元コンピュータ上で起動し、ウィザードの指示に従います。
詳細については、「Boot Camp パーティションからのマイグレーション 『ページ 61』」
を参照してください。

40

Parallels Transporter ユーザー ガイド

ローカルなマイグレーション
Parallels Transporter により、ソース コンピュータのアプリケーションとデータを、この
ソース コンピュータ自身またはリムーバブル ストレージ デバイス上に格納された仮想
マシンにマイグレーションすることが可能になります。そして、マイグレーション後の
仮想マシンを Mac にコピーし、これを Parallels Desktop で使用することができます。こ
のシナリオは、Windows または Linux コンピュータ上にインストールされたオペレーテ
ィング システムまたは他のソフトウェアを試したい場合には特に便利ですが、マイグ
レーションにネットワークを使用することはできません。
Parallels Transporter により、Windows または Linux コンピュータから、Parallels 仮想マ
シンまたは Parallels 仮想ディスク 『ページ 44』 へのマイグレーションが可能になりま
す。Parallels Transporter はソース コンピュータの指定されたボリュームからのデータを、
新規に作成した Parallels 仮想ディスク ファイル (.hdd) にマイグレーションし、仮想マ
シン構築ファイル (.pvs) を作成します。これらのファイルは、ハードディスクとデー
タ ディスクをもった仮想マシンを構成します。ローカル マイグレーション中には、ア
クティブ ボリューム のみが起動可能になり、作成される仮想マシンには、マイグレー
ション中にアクティブ であったのと同じオペレーティング システムが存在します。
Parallels Transporter がマイグレーション元のオペレーティング システムを識別できな
いか、またはユーザがシステム インストール ファイルを提供できない場合、すべての
ソース ボリュームが Parallels 仮想ディスクにマイグレーションされます。
Parallels Transporter では、Boot Camp パーティション内での、起動可能 Parallels 仮想マ
シンまたはParallels 仮想ディスク 『ページ 44』へのローカルなマイグレーションも可
能です。このマイグレーションの手順は、Windows コンピュータからのローカルなマイ
グレーションとほとんど同様です。詳細については、「Boot Camp パーティションから
のマイグレーション 『ページ 41』」のシナリオを参照してください。
作成された仮想マシンの構築は、Parallels Workstation の下で動作するように調整されて
います。この仮想マシンを Parallels Desktop で動作可能にするには、これを Parallels
Desktop 上で開き、その構築設定を変更する必要があります。構築エディタ上で、Parallels
Tools イメージ ファイルとフロッピー ディスク イメージへのパスを指定します。その
他のすべての設定が要求を満たしていることを確認してください。詳細については、
「次に何を行うか 『ページ 116』」を参照してください。
注意。 マイグレーションを正常に行うためには、Windows または Linux コンピュータ
がソースとホスト コンピュータ両方の システム要件 『ページ 10』 を満たすことをチ
ェックしてください。
ローカルにマイグレーションを行うには、Parallels Transporter パッケージをコンピュー
タにインストールします。Parallels Transporter を起動し、ウィザードの手順に従います。
詳細については、「ホスト コンピュータからのマイグレーション 『ページ 91』」を参
照してください。

Parallels Transporter の使用

41

Boot Camp パ ー テ ィ シ ョ ン 内 で ロ ー カ ル に マ イ グ レ ー シ ョ ン す る に は 、 Parallels
Transporter を Boot Camp パーティション上にインストールする必要があります。
Parallels Transporter を起動し、ウィザードの指示に従います。詳細については、「Boot
Camp パーティション内でのマイグレーション 『ページ 83』」を参照してください。

Boot Camp パーティションからのマイグレーション
Parallels Transporter を使用すると、Boot Camp パーティションを起動可能な Parallels 仮
想マシン、または Parallels 仮想ディスク 『ページ 44』 にマイグレーションすることが
できます。Boot Camp パーティションからのマイグレーションには、次の 3 つの方法を
用いることができます。
ƒ

Boot Camp パーティション 内でのマイグレーション(ローカル マイグレーション)、
または

ƒ

Boot Camp 仮想マシン経由でのマイグレーション、または

ƒ

リモート Mac の Boot Camp パーティションからのマイグレーション(標準リモート
マイグレーション)。

Boot Camp パーティション内でのマイグレーション
Boot Camp パーティション内でのマイグレーションは、標準のローカル マイグレーショ
ンの場合とほとんど同様です。この場合、Boot Camp パーティションは、通常の Windows
コンピュータとみなされます。したがって、Boot Camp パーティション内でマイグレー
ションする場合には、Parallels Transporter はそのパーティションを新規に作成した
Parallels 仮想ディスク ファイル (.hdd) にマイグレーションし、仮想マシン構築ファイ
ル (.pvs) を作成して、これらを Boot Camp パーティション上に保存します。この仮
想ハードディスクと仮想マシン構築ファイルは、ハードディスクを伴った 1 つの仮想マ
シンを構成します。したがって、この 2 つのファイル (.hdd と .pvs) を ご使用の Mac に
コピーするだけで結構です。
作成された仮想マシンの構築は、Parallels Workstation の下で動作するように調整されて
います。この仮想マシンを Parallels Desktop で動作可能にするには、これを Parallels
Desktop 上で開き、その構築設定を変更する必要があります。構築エディタ上で、Parallels
Tools イメージ ファイルとフロッピー ディスク イメージへのパスを指定します。その
他のすべての設定が要求を満たしていることを確認してください。詳細については、
「次に何を行うか 『ページ 116』」を参照してください。
注意。 マイグレーションが正常に行われるかを確認するには、Windows Boot Camp コ
ンピュータが、マイグレーション元およびホスト コンピュータの システム要件 『ペー
ジ 10』 を満たしているかをチェックしてください。
このシナリオに沿ってマイグレーションを行うには、この Boot Camp パーティション上
の Windows OS を立ち上げて、Parallels Transporter をインストールする必要があります。
Parallels Transporter を起動して、ウィザードの指示に従ってください。詳細については、
「Boot Camp パーティション内でのマイグレーション 『ページ 83』」を参照してくだ
さい。

42

Parallels Transporter ユーザー ガイド

Boot Camp 仮想マシン経由でのマイグレーション
Boot Camp 仮想マシン経由でのマイグレーションは、標準のリモート マイグレーション
とほとんど同様です。この仮想マシンを用いてマイグレーションする場合、この Boot
Camp パーティションはリモート物理コンピュータとみなされます。この場合、Parallels
Transporter はこの Boot Camp パーティションを、ご使用の Mac 上の新規に作成した
Parallels 仮想ディスク ファイル (.hdd) と仮想マシン構築ファイル (.pvs) にマイグレ
ーションします。これらのファイルは、ハードディスクを伴ったすぐに使用可能な仮想
マシンを構成します。
Boot Camp 仮想マシン作成方法に関する情報については、『Parallels Desktop ユーザー
ガイド』内の該当するトピックを参照してください。
注意。マイグレーションが正常に行われるかを確認するには、ホストおよびリモート コ
ンピュータが、 システム要件 『ページ 10』 を満たすことをチェックしてください。
Boot Camp パーティションから Mac に直接マイグレーションするには、Boot Camp 仮想
マシンを起動し、Parallels Transporter が ホスト コンピュータ (Mac パーティション) と マ
イグレーション元コンピュータ (Boot Camp パーティション) の双方にインストールさ
れていることを確認してください。ホスト コンピュータ上で Parallels Transporter で起動
し、Parallels Transporter Agent をマイグレーション元コンピュータ上で起動し、ウィザ
ードの手順に従ってください。詳細については、「Boot Camp 仮想マシン経由でのマイ
グレーション 『ページ 72』」を参照してください。
リモート Mac の Boot Camp パーティションからのマイグレーション
このマイグレーションは、標準のリモート マイグレーションとかなり似通っています。
リモート Mac コンピュータ上にある Boot Camp パーティションからマイグレーション
する際に、元の Mac はホスト コンピュータとみなされ、Boot Camp パーティションは
マイグレーション元コンピュータとみなされます。このシナリオにより、Boot Camp パ
ーティションを Parallels の起動可能な仮想マシンにマイグレーションし、これを Mac 上
に保存することができます。詳細については、「リモート Mac の Boot Camp パーティ
ションからのマイグレーション 『ページ 62』」を参照してください。
注意。マイグレーションが正常に行われるかを確認するには、ホストおよびリモート コ
ンピュータが、システム要件 『ページ 10』 と ネットワーク要件 『ページ 17』 を満た
すことを確認してください。
Boot Camp パーティションから Mac にマイグレーションするには、Parallels Transporter
が、ホスト コンピュータ (Mac パーティション) と マイグレーション元コンピュータ
(Boot Camp パーティション) の双方にインストールされているか確認します。ホスト コ
ンピュータ上で Parallels Transporter を起動し、マイグレーション元コンピュータ上で
Parallels Transporter Agent を起動し、ウィザードの手順に従います。詳細については、
「リモート Mac の Boot Camp パーティションからのマイグレーション 『ページ 62』」
を参照してください。

Parallels Transporter の使用

43

サードパーティの仮想コンピュータからのマイグレーシ
ョン
Parallels Transporter を使用すると、Microsoft Virtual PC または VMware 仮想マシンまた
は仮想ディスクから、起動可能な Parallels 仮想マシンまたは Parallels 仮想ディスク 『ペ
ージ 44』 からのマイグレーションを容易に行うことが可能になります。Parallels
Transporter サードパーティの仮想マシン ファイルを Parallels フォーマットに変換し、ア
プリケーションとデータは変更されることなく残されます。マイグレーション中には、
Parallels Transporter は仮想マシン構築ファイル (.pvs) と仮想ディスク ファイル (.hdd)
を作成します。これらのファイルは、ハードディスクとデータ ディスクをもった、す
ぐに使用可能な仮想マシンを構成します。Parallels Transporter がマイグレーション元の
オペレーティング システムを識別できないか、またはユーザーがシステム インストー
ル ファイルを提供できない場合、すべてのソース ボリュームが Parallels 仮想ディスク
『ページ 44』 にマイグレーションされます。
単一の Microsoft Virtual PC または VMware 仮想ディスクがオペレーティング システム
をもつ場合、これを、起動可能な Parallels 仮想マシンにマイグレーションすることも可
能です。
注意。 マイグレーションを正常に行うためには、ホストと仮想マイグレーション元 コ
ンピュータが システム要件 『ページ 10』 を満たすことをチェックしてください。
サードパーティの仮想マシンまたは仮想ディスクからマイグレーションするには、
Parallels Transporter をホストの物理コンピュータ上にインストールします。Parallels
Translporter を起動し、ウィザードの手順に従います。詳細については、仮想コンピュ
ータからのマイグレーション 『ページ 102』 を参照してください。

44

Parallels Transporter ユーザー ガイド

Parallels 仮想データ ディスクの作成
Parallels Transporter により、ソースの物理または仮想ボリュームを Parallels 仮想ディス
クにマイグレーションすることが可能になります。そのあとで、作成された仮想ディス
クを既存の Parallels 仮想マシン上にマウントし、すべてのマイグレーション元ボリュー
ム データを使うことができます。唯一の制限は、仮想ディスク ファイル システムが、
その仮想マシン上にインストールされたオペレーティング システムと互換性をもつ必
要があるということです。
Parallels 仮想マシンを作成するには、Parallels Transporter をホスト コンピュータ上にイ
ンストールして、Parallels Transporter Agent をソース物理コンピュータ、リモートまた
はホスト上にインストールします。Transporter を起動して、ウィザードの手順に従いま
す。デフォルトでは、Parallels Transporter はソース ボリュームを仮想マシンにマイグレ
ーションします。これをデータ ディスクとしてマイグレーションするには、拡張 モー
ドを選択する必要があります。マイグレーションの詳細な手順については、リモート コ
ンピュータからのマイグレーション 『ページ 45』、ホスト コンピュータからのマイグ
レーション 『ページ 91』 および 仮想コンピュータからのマイグレーション 『ページ
102』 を参照してください。

Parallels 仮想データ ディスクの仮想マシンへの変換
既存の Parallels 仮想ディスクを起動可能な Parallels 仮想マシンにマイグレーションする
ために、Parallels Transporter を使用することができます。この仮想ディスクには、
Parallels Transporter が必要なハードウェア変更を適用できるように、オペレーティング
システムが存在している必要があります。マイグレーション中に、Parallels Transporter は
仮想マシン構築ファイル (.pvs) と仮想ディスク ファイル (.hdd) を作成します。これ
らのファイルは、ハードディスクとデータ ディスクをもった、すぐに使用可能な仮想
マシンを構成します。
注意。マイグレーションを正常に行うためには、マイグレーション元仮想ディスクが シ
ステム要件 『ページ 10』 を満たすことをチェックしてください。
Parallels 仮想ディスクを起動可能な仮想マシンに変換するには、Parallels Transporter を
ホスト コンピュータ上にインストールします。Transporter を起動し、ウィザードの手
順に従います。詳細については、Parallels 仮想ディスクの処理 『ページ 111』 を参照し
てください。

Parallels Transporter の使用

45

7章

Parallels Transporter を用いての
マイグレーション
この章では、異なるマイグレーション シナリオの手順についての詳細情報を提供しま
す。

この章の構成
リモート コンピュータからのマイグレーション.......................................................... 45
Boot Camp パーティションからのマイグレーション.................................................... 41
ホスト コンピュータからのマイグレーション.............................................................. 91
仮想コンピュータからのマイグレーション................................................................... 102

リモート コンピュータからのマイグレーション
Parallels Transporter により、リモートの Windows または Linux コンピュータの選択され
たボリュームから、Parallels 仮想マシンまたは仮想ディスクへのマイグレーションが可
能になります。マイグレーション中に、Parallels Transporter は仮想マシン ハードディス
ク ファイル (.hdd) および構築ファイル (.pvs) を作成し、必要なすべての変更をマイ
グレーション元オペレーティング システムに適用して、これを Parallels 仮想マシンで
起動可能にします。
マイグレーション元、およびホストコンピュータは、システム要件 『ページ 10』を満
たす必要があります。
注意。 FAT16 または FAT32 ファイル システムをもつホスト Windows コンピュータへ
のマイグレーションを行う場合、作成された .hdd ファイル サイズは、それぞれ 2GB
または 4GB を越えることはできません。
Windows および Linux 上では、Parallels Transporter は古いフォーマットの .hdd ファイ
ルを作成します。このファイルを Parallels Desktop で使用する前に、これを新しいフォ
ーマットに変換する必要があります。そのためには、このファイルを Parallels Desktop で
開いて、以降の手順に従います。

46

Parallels Transporter ユーザー ガイド

高速モードでのマイグレーション
高速モードでは、定義済みの設定を用いて、リモートのマイグレーション元コンピュー
タのアクティブ ボリュームのみが変換可能です。デフォルトでは、このアクティブ ボ
リュームは、起動可能な仮想マシンにマイグレーションされます。エラーが発生した場
合、このボリュームは Parallels 仮想ディスク (.hdd) にマイグレーションされます。
ここで提供されているステップは、Windows コンピュータ用のものです。Linux コンピ
ュータについても、このステップはほぼ同様です。
高速モードでリモート コンピュータからのマイグレーションを行うには、以下の手順
に従います。
1

ホストとマイグレーション元のコンピュータを起動し、ログインします。これらの
コンピュータがネットワーク ケーブルで接続されていることを確認してください。

2

マイグレーション元コンピュータ上で、Parallels Transporter Agent を起動します。

3

ホスト コンピュータ上で、Parallels Transporter を起動します。
ホストの Macintosh コンピュータ上でアプリケーションを起動するには、[ファイル]
-> [インポート] を Parallels Desktop のメインメニューから選択します。
Parallels Transporter ウィザードが起動し、[導入] ウィンドウを表示します。

4

この [導入] ウィンドウ上で、[次へ] をクリックします。

5

[マイグレーション モード] ウィンドウで、 [高速] を選択し、 [次へ] をクリックしま
す。

Parallels Transporter の使用

6

47

[マイグレーション方法] ウィンドウで、マイグレーション元のコンピュータを選択
します。リモートのマイグレーション元コンピュータからマイグレーションするに
は、[他のコンピュータから] を選択し、 [次へ] をクリックします。

48

Parallels Transporter ユーザー ガイド

7

[マイグレーションの準備] ウィンドウ内のチェックリストを読み、マイグレーショ
ンの準備が整ったかどうか確認します。確認が終わったら、[次へ] をクリックしま
す。

8

[接続タイプ] ウィンドウで、使用する接続を選択し、[次へ] をクリックします。
注意。 FireWire は、Linux リモート コンピュータからのマイグレーションには使用
できません。

Parallels Transporter の使用

9

49

[マイグレーション元] ウィンドウで、マイグレーション元コンピュータを選択しま
す。これをマイグレーション元コンピュータ フィールドから選択するか、あるいは
提供された IP アドレスを用いて接続します。マイグレーション元コンピュータが一
覧からなくなっている場合、[詳細な情報] をクリックして、[次のデータを使用] を選
択して、マイグレーション元コンピュータ IP アドレスを入力フィールドに入力しま
す。[次へ] をクリックします。

50

Parallels Transporter ユーザー ガイド

Parallels Transporter は、マイグレーションを開始します。
10 Parallels Transporter が、マイグレーション元ボリューム上のオペレーティング シス
テムを識別できない場合、このオペレーティング システムを指定するように、ユー
ザーに求めます。
11 Parallels Transporter はシステム ファイルを読み込んで修正し、イメージ上のオペレ
ーティング システムを、Parallels 仮想マシンで起動可能にします。必要なファイル
が見つからなかった場合、Parallels Transporter はユーザーに対して、インストール デ
ィスクの挿入または、インストール ファイルへのパス指定を求めます。Windows 上
でローカル パスを指定するには、[詳細なオプション] をクリックし、 [他の場所] を
選択します。そのファイルへのパス(通常、i386 フォルダ)を入力するか、また
は[参照] ボタンをクリックし、そのフォルダの場所を指定します。
完了したら、[次へ] をクリックします。
注意。 Linux リモート コンピュータからマイグレーションする場合には、次のステ
ップに進みます。

Parallels Transporter の使用

51

マイグレーション処理には、かなり時間がかかることがあります。タスク トレイ上
の Parallels Transporter アイコンは以下のように、この処理の状態を示します。
- アクティブ、マイグレーション処理中、
中断または終了。

- アイドル、マイグレーションは

12 Parallels Transporter は、[マイグレーションは終了しました] ウィンドウを表示して、
マイグレーションが正常に行われたことを通知します。[終了] をクリックして、
Transporter を終了します。
注意。 Linux 上では、Parallels Transporter は作成されたファイルへのパスについて
通知します。

52

Parallels Transporter ユーザー ガイド

拡張モードでのマイグレーション
拡張モードでは、リモートのマイグレーション元コンピュータのどのボリュームからマ
イグレーションするかを選択し、そしてマイグレーション設定を管理することが可能で
す。コンピュータのアクティブと非アクティブのどちらのボリュームからも、Parallels 仮
想マシンまたは仮想ディスクへのマイグレーションが可能です。
ここで提供されているステップは、Windows コンピュータ用のものです。Linux コンピ
ュータについても、このステップはほぼ同様です。
拡張モードで、リモート コンピュータからマイグレーションするには、以下の手順に
従います。
1

ホストおよびマイグレーション元コンピュータを起動し、ログインします。これら
のコンピュータがネットワーク ケーブルで接続されていることを確認します。

2

マイグレーション元コンピュータ上で、Parallels Transporter Agent を起動します。

3

ホスト コンピュータ上で、Parallels Transporter を起動します。
ホストの Macintosh コンピュータ上でアプリケーションを起動するには、[ファイル]
-> [インポート] を Parallels Desktop のメインメニューから選択します。
Parallels Transporter ウィザードが起動し、[導入] ウィンドウが表示されます。

4

この [導入] ウィンドウで、[次へ] をクリックします。

Parallels Transporter の使用

5

53

[マイグレーション モード] ウィンドウで、[拡張] を選択し、[次へ] をクリックしま
す。

54

Parallels Transporter ユーザー ガイド

6

[マイグレーション方法] ウィンドウで、マイグレーション元コンピュータを選択し
ます。リモートのソース コンピュータからマイグレーションするには、[他のコンピ
ュータから] を選択し、[次へ] をクリックします。

7

[接続タイプ] ウィンドウで、使用する接続を指定します。[次へ] をクリックします。
注意。 FireWire は、Linux リモート コンピュータからのマイグレーションには使用
できません。

Parallels Transporter の使用

8

55

[マイグレーションの準備] ウィンドウ内のチェックリストを読み、マイグレーショ
ンの準備が整ったかどうか確認します。確認が終わったら、[次へ] をクリックしま
す。

56

Parallels Transporter ユーザー ガイド

9

[マイグレーション元] ウィンドウで、マイグレーション元コンピュータを選択しま
す。これをマイグレーション元コンピュータ フィールドから選択するか、あるいは
提供された IP アドレスを用いて接続します。マイグレーション元コンピュータが一
覧からなくなっている場合、[詳細なオプション] をクリックし、[次のデータを使用]
を選択して、マイグレーション元コンピュータ IP アドレスを入力フィールドに入力
します。[次へ] をクリックします。

10 [マイグレーション元ボリューム] ウィンドウで、マイグレーションするボリューム
を選択し、[次へ] をクリックします。
ƒ

オペレーティング システムのあるアクティブなボリュームを選択すると、[ハー
ドウェアの変更] ウィンドウが表示されます。

ƒ

アクティブでないボリュームを選択した場合、[マイグレーション先フォルダ] ウ
ィンドウが表示されます。この場合には、ステップ 13 に進みます。

Parallels Transporter の使用

57

11 [ハードウェアの変更] ウィンドウで、起動可能な仮想マシンとデータ ディスクのど
ちらにマイグレーションするかを選択します。
ƒ

起動可能なオペレーティング システムをもった仮想マシンを作成するには、[こ
こから起動] を選択します。

ƒ

作成された Parallels 仮想ディスクをデータ ディスクとして保存するには、[ここ
からのデータを使用] を選択します。

[次へ] をクリックします。

58

Parallels Transporter ユーザー ガイド

12 Parallels Transporter はシステム ファイルを読み込んで修正し、イメージ上のオペレ
ーティング システムを、Parallels 仮想マシンで起動可能にします。必要なファイル
が見つからなかった場合、Parallels Transporter はユーザーに対して、インストール デ
ィスクの挿入または、インストール ファイルへのパス指定を求めます。Windows 上
でローカル パスを指定するには、[詳細なオプション] をクリックし、[他の場所] を
選択します。そのファイルへのパス(通常、i386 フォルダ)を入力するか、また
は [参照] ボタンをクリックし、そのフォルダの場所を指定します。
終了したら、[次へ] をクリックします。
注意。 Linux リモート コンピュータからマイグレーションする場合は、次のステッ
プに進みます。

Parallels Transporter の使用

59

13 [ここから起動] を選択した場合、作成される Parallels 仮想マシンの名前と場所を、[仮
想マシン名] ウィンドウ内に指定します。
[ここからのデータを使用] を選択した場合、マイグレーション先フォルダを、[マイ
グレーション先フォルダ] ウィンドウ内に指定します。
[次へ] をクリックします。

60

Parallels Transporter ユーザー ガイド

14 指定したパラメータを、[マイグレーション オプション] ウィンドウ内で調べ、すべ
ての設定が正しいか確認します。必要な場合、前に戻ってこれらの設定を変更する
ことができます。準備ができたら、[マイグレーション] をクリックします。

Parallels Transporter の使用

61

マイグレーション処理には、かなり時間がかかることがあります。タスク トレイ上
の Parallels Transporter アイコンは以下のように、この処理の状態を示します。
- アクティブ、マイグレーション処理中、
中断または終了。

- アイドル、マイグレーションは

15 Parallels Transporter は、[マイグレーションは終了しました] ウィンドウを表示して、
マイグレーションが正常に行われたことを通知します。[終了] をクリックして、
Transporter を終了します。
注意。 Linux 上では、Parallels Transporter は作成されたファイルへのパスについて
通知します。

Boot Camp パーティションからのマイグレーション
Parallels Transporter を使用すると、Boot Camp パーティションをローカルまたはリモー
トに、起動可能な Parallels 仮想マシンまたは Parallels 仮想ディスク 『ページ 44』 にマ
イグレーションし、これを Mac または Boot Camp パーティション上に保存することが
できます。

62

Parallels Transporter ユーザー ガイド

リモート Mac の Boot Camp パーティションからのマイグレーション
リモート Mac にある Boot Camp パーティションからのマイグレーションは、2 つのコン
ピュータ間の標準のリモート マイグレーションと多くの場合同様であり、同じ Parallels
Transporter のマイグレーション モードで処理されます。
Parallels Transporter は、[高速] モードと [拡張] モードの 2 つのマイグレーション モード
をサポートしています。高速マイグレーション モードを用いると、Boot Camp パーティ
ション を迅速に Parallels 仮想マシンにマイグレーションし、これをご使用の Mac のデ
フォルトの場所に保存することができます。このモードでは、Paralells Transporter は定
義済みの設定を使用し、もっとも本質的な情報の提供のみが必要とされます。拡張マイ
グレーション モードを用いると、マイグレーションの設定をカスタマイズすることが
できます。
[高速] および [拡張] マイグレーションはほとんどの場合、高速モードで Parallels
Transporter がデフォルトのマイグレーション先フォルダを使用し、パラメータのチェッ
クをユーザーに求めないことを除き、似通っています。拡張マイグレーションでの手順
のみが提供されているのは、このためです。
拡張モードで、リモート コンピュータからマイグレーションするには、以下の手順に
従います。
1

ホストの Mac コンピュータを起動し、マイグレーション元の Boot Camp パーティシ
ョンにログインします。このコンピュータがネットワーク ケーブルで接続されてい
ることを確認してください。

2

Boot Camp パーティション(マイグレーション元コンピュータ)上で、Parallels
Transporter Agent を起動します。

3

Mac(ホスト コンピュータ)上で、 [ファイル] -> [インポート] を Parallels Desktop の
メイン メニューから選択することによって、Parallels Transporter を起動します。
Parallels Transporter ウィザードが起動し、[導入] ウィンドウが表示されます。

Parallels Transporter の使用

63

4

[導入] ウィンドウで、[次へ] をクリックします。

5

[マイグレーション モード] ウィンドウで、[拡張] を選択し、[次へ] をクリックしま
す。

64

Parallels Transporter ユーザー ガイド

6

[マイグレーション方法] ウィンドウで、マイグレーション元のコンピュータを選択
します。リモートのマイグレーション元コンピュータからマイグレーションするに
は、[他のコンピュータから] を選択し、[次へ] をクリックします。

7

[接続タイプ] ウィンドウで、使用する接続を指定し、[次へ] をクリックします。

Parallels Transporter の使用

8

65

[マイグレーションの準備] ウィンドウ内のチェックリストを読み、マイグレーショ
ンの準備が整ったかどうか確認します。確認が終わったら、[次へ] をクリックしま
す。

66

Parallels Transporter ユーザー ガイド

9

[マイグレーション元] ウィンドウで、マイグレーション元コンピュータを選択しま
す。これをマイグレーション元コンピュータ フィールドから選択するか、あるいは
提供された IP アドレスを用いて接続します。マイグレーション元コンピュータが一
覧からなくなっている場合、[詳細なオプション] をクリックし、[次のデータを使用]
を選択して、マイグレーション元コンピュータ IP アドレスを入力フィールドに入力
します。[次へ] をクリックします。

10 [マイグレーション元ボリューム] ウィンドウで、Boot Camp パーティションが選択
されていることを確認します。[次へ] をクリックします。

Parallels Transporter の使用

67

注意。 [マイグレーション元ボリューム] の一覧には、Mac OS パーティションは含ま
れていません。

11 [ハードウェアの変更] ウィンドウで、起動可能な仮想マシンとデータ ディスクのど
ちらにマイグレーションするかを選択します。
ƒ

起動可能なオペレーティング システムをもった仮想マシンを作成するには、[こ
こから起動] を選択します。

ƒ

作成された Parallels 仮想ディスクをデータ ディスクとして保存するには、[ここ
からのデータを使用] を選択します。

68

Parallels Transporter ユーザー ガイド

[次へ] をクリックします。

12 Parallels Transporter はシステム ファイルを読み込んで修正し、イメージ上のオペレ
ーティング システムを、Parallels 仮想マシンで起動可能にします。必要なファイル
が見つからなかった場合、Parallels Transporter はユーザーに対して、インストール デ
ィスクの挿入または、インストール ファイルへのパス指定を求めます。ローカル パ
スを指定するには、[詳細なオプション] をクリックし、[他の場所] を選択します。そ
のファイルへのパス(通常、 i386 フォルダ)を入力するか、または [参照] ボタン
をクリックし、そのフォルダの場所を指定します。

Parallels Transporter の使用

69

終了したら、[次へ] をクリックします。

13 [ここから起動] を選択した場合、作成される Parallels 仮想マシンの名前と場所を [仮
想マシン名] ウィンドウ内に指定します。
[ここからのデータを使用] を選択した場合、マイグレーション先フォルダを [マイグ
レーション先フォルダ] ウィンドウ内に指定します。

70

Parallels Transporter ユーザー ガイド

[次へ] をクリックします。

14 指定したパラメータを [マイグレーション オプション] ウィンドウ内で調べ、すべて
の設定が正しいか確認します。必要な場合、前に戻ってこれらの設定を変更するこ
とができます。準備ができたら、[マイグレーション] をクリックします。

Parallels Transporter の使用

71

マイグレーション処理には、かなり時間がかかることがあります。タスク トレイ上
の Parallels Transporter アイコンは以下のように、この処理の状態を示します。
- アクティブ、マイグレーション処理中、
断または終了。

- アイドル、マイグレーションは中

15 Parallels Transporter は、[マイグレーションは終了しました] ウィンドウを表示して、
マイグレーションが正常に行われたことを通知します。[終了] をクリックして、
Transporter を終了します。

72

Parallels Transporter ユーザー ガイド

Boot Camp 仮想マシン経由でのマイグレーション
Boot Camp 仮想マシン経由でのマイグレーションは、標準のリモート マイグレーション
とかなり似通っており、同じ Parallels Transporter マイグレーション モードの下で処理さ
れます。
Parallels Transporter は、高速モードと拡張モードの 2 つのマイグレーション モードをサ
ポートしています。高速マイグレーション モードを用いると、サードパーティ仮想マ
シンを迅速に Parallels 仮想マシンに変換することができます。このモードでは、Paralells
Transporter は定義済みの設定を使用し、もっとも本質的な情報の提供のみが必要とされ
ます。拡張マイグレーション モードを用いると、マイグレーションの設定をカスタマ
イズすることができます。
[高速] および [拡張] マイグレーションはほとんどの場合、高速モードで Parallels
Transporter がデフォルトのマイグレーション先フォルダを使用し、パラメータのチェッ
クをユーザーに求めないことを除き、似通っています。拡張マイグレーションでの手順
のみが提供されているのは、このためです。
拡張モードで Boot Camp パーティションを Parallels 仮想マシンにマイグレーションする
には、以下の手順に従います。
1

Boot Camp 仮想マシンを起動し、これがご使用の Mac と同じネットワークに接続さ
れていることを確認します。

2

Boot Camp 仮 想 マ シ ン ( マ イ グ レ ー シ ョ ン 元 コ ン ピ ュ ー タ ) 上 で 、 Parallels
Transporter Agent を起動します。

3

Mac(ホスト コンピュータ)上で、Parallels Transporter を起動します。
Mac コンピュータ上で Transporter を起動するには、[ファイル] -> [インポート] を
[Parallels Desktop] メニューから選択します。
Parallels Transporter ウィザードが起動し、[導入] ウィンドウが表示されます。

Parallels Transporter の使用

73

4

[導入] ウィンドウで、[次へ] をクリックします。

5

[マイグレーション モード] ウィンドウで、[拡張] を選択し、[次へ] をクリックしま
す。

74

Parallels Transporter ユーザー ガイド

6

[マイグレーション方法] ウィンドウで、マイグレーション元コンピュータを選択し
ます。リモートのマイグレーション元からマイグレーションするには、[他のコンピ
ュータから] を選択し、[次へ] をクリックします。

Parallels Transporter の使用

7

75

VM 経由でマイグレーションするには、[ネットワーク接続] を選択し、[次へ] をクリ
ックします。

76

Parallels Transporter ユーザー ガイド

8

[マイグレーションの準備] ウィンドウ内のチェックリストを読み、マイグレーショ
ンの準備が整ったかどうか確認します。確認が終わったら、[次へ] をクリックしま
す。

Parallels Transporter の使用

9

77

[マイグレーション元] ウィンドウで、マイグレーション元コンピュータを選択しま
す。これをマイグレーション元コンピュータ フィールドから選択するか、あるいは
提供された IP アドレスを用いて接続します。マイグレーション元コンピュータが一
覧からなくなっている場合、[詳細なオプション] をクリックして、[次のデータを使
用] を選択して、マイグレーション元コンピュータ IP アドレスを入力フィールドに
入力します。[次へ] をクリックします。

10 [マイグレーション元ボリューム] ウィンドウで、Boot Camp パーティションが選択
されていることを確認します。 [次へ] をクリックします。

78

Parallels Transporter ユーザー ガイド

注意。 [マイグレーション元ボリューム] リストには、Mac OS パーティションは含ま
れていません。

11 [ハードウェアの変更] ウィンドウで、起動可能な仮想マシンとデータ ディスクのど
ちらにマイグレーションするかを選択します。
ƒ

起動可能なオペレーティング システムをもった仮想マシンを作成するには、[こ
こから起動] を選択します。

ƒ

作成された Parallels 仮想ディスクをデータ ディスクとして保存するには、[ここ
からのデータを使用] を選択します。

Parallels Transporter の使用

79

[次へ] をクリックします。

12 Parallels Transporter はシステム ファイルを読み込んで修正し、イメージ上のオペレ
ーティング システムを、Parallels 仮想マシンで起動可能にします。必要なファイル
が見つからなかった場合、Parallels Transporter はユーザーに対して、インストール デ
ィスクの挿入または、インストール ファイルへのパス指定を求めます。ローカル パ
スを指定するには、[詳細なオプション] をクリックし、[他の場所]を選択します。そ
のファイルへのパス(通常、i386 フォルダ)を入力するか、または [参照] ボタン
をクリックし、そのフォルダの場所を指定します。

80

Parallels Transporter ユーザー ガイド

終了したら、[次へ] をクリックします。

13 [ここから起動] を選択した場合、作成される Parallels 仮想マシンの名前と場所を、[仮
想マシン名] ウィンドウ内に指定します。
[ここからのデータを使用] を選択した場合、マイグレーション先フォルダを [マイグ
レーション先フォルダ] ウィンドウ内に指定します。

Parallels Transporter の使用

81

[次へ] をクリックします。

14 指定したパラメータを [マイグレーション オプション] ウィンドウ内で調べ、すべて
の設定が正しいか確認します。必要な場合、前に戻ってこれらの設定を変更するこ
とができます。準備ができたら、[マイグレーション] をクリックします。

82

Parallels Transporter ユーザー ガイド

マイグレーション処理には、かなり時間がかかることがあります。タスク トレイ上
の Parallels Transporter アイコンは以下のように、この処理の状態を示します。
- アクティブ、マイグレーション処理中、
断または終了。

- アイドル、マイグレーションは中

15 Parallels Transporter は、[マイグレーションは終了しました] ウィンドウを表示して、
マイグレーションが正常に行われたことを通知します。[終了] をクリックして、
Transporter を終了します。

Parallels Transporter の使用

83

Boot Camp パーティション内でのマイグレーション
Boot Camp パーティション内でのマイグレーションは、ローカル マイグレーションとか
なり似通っており、同じ Parallels Transporter マイグレーション モードの下で処理されま
す。
Parallels Transporter は、高速モードと拡張モードの 2 つのマイグレーション モードをサ
ポートしています。高速マイグレーション モードを用いると、Boot Camp パーティショ
ンを迅速に、このパーティション上に保存される Parallels 仮想マシンに変換することが
できます。このモードでは、Paralells Transporter は定義済みの設定を使用し、もっとも
本質的な情報の提供のみが必要とされます。拡張マイグレーション モードを用いると、
マイグレーションの設定をカスタマイズすることができます。
[高速] および [拡張] マイグレーションはほとんどの場合、高速モードで Parallels
Transporter がデフォルトのマイグレーション先フォルダを使用し、パラメータのチェッ
クをユーザーに求めないことを除き、似通っています。拡張マイグレーションでの手順
のみが提供されているのは、このためです。
作成された仮想マシンの構築は、Parallels Workstation の下で動作するように調整されて
います。この仮想マシンを Parallels Desktop で動作可能にするには、これを Parallels
Desktop 上で開き、その構築設定を変更する必要があります。構築エディタ上で、Parallels
Tools イメージ ファイルとフロッピー ディスク イメージへのパスを指定します。その
他のすべての設定が要求を満たしていることを確認してください。詳細については、
「次に何を行うか 『ページ 116』」を参照してください。
拡張モードで Boot Camp パーティションをローカルにマイグレーションするには、以下
の手順に従います。
1

Boot Camp パーティション上の Windows OS に起動をかけます。

2

[スタート] -> [すべてのプログラム] -> [Parallels] -> [Parallels Transporter] を選択して、
Parallels Transporter を起動します。
Parallels Transporter ウィザードが起動します。

84

Parallels Transporter ユーザー ガイド

3

[導入] ウィンドウで、[次へ] をクリックします。

4

[マイグレーション モード] ウィンドウで、[拡張] を選択し、[次へ] をクリックしま
す。

Parallels Transporter の使用

85

5

[マイグレーション方法] ウィンドウで、マイグレーション元コンピュータを選択し
ます。Boot Camp パーティションをローカルにマイグレーションするには、[このコ
ンピュータから] を選択し、[次へ] をクリックします。

6

[マイグレーション元ボリューム] ウィンドウで、Boot Camp パーティションが選択
されていることを確認します。[次へ] をクリックします。

86

Parallels Transporter ユーザー ガイド

注意。 このリストには、Mac OS パーティションは含まれていません。

7

[ハードウェアの変更] ウィンドウで、起動可能な仮想マシンとデータ ディスクのど
ちらにマイグレーションするかを選択します。
ƒ

起動可能なオペレーティング システムをもった仮想マシンを作成するには、[こ
こから起動] を選択します。

ƒ

作成された Parallels 仮想ディスクをデータ ディスクとして保存するには、[ここ
からのデータを使用] を選択します。

Parallels Transporter の使用

87

[次へ] をクリックします。

8

Parallels Transporter はシステム ファイルを読み込んで修正し、イメージ上のオペレ
ーティング システムを、Parallels 仮想マシンで起動可能にします。必要なファイル
が見つからなかった場合、Parallels Transporter はユーザーに対して、インストール デ
ィスクの挿入または、インストール ファイルへのパス指定を求めます。ローカル パ
スを指定するには、[詳細なオプション] をクリックし、[他の場所] を選択します。そ
のファイルへのパス(通常、i386 フォルダ)を入力するか、または [参照] ボタン
をクリックし、そのフォルダの場所を指定します。

88

Parallels Transporter ユーザー ガイド

終了したら、[次へ] をクリックします。

9

[ここから起動] を選択した場合、作成される Parallels 仮想マシンの名前と場所を [仮
想マシン名] ウィンドウ内に指定します。
[ここからのデータを使用] を選択した場合、マイグレーション先フォルダを [マイグ
レーション先フォルダ] ウィンドウ内に指定します。

Parallels Transporter の使用

89

[次へ] をクリックします。

10 指定したパラメータを、[マイグレーション オプション] ウィンドウ内で調べ、すべ
ての設定が正しいか確認します。必要な場合、前に戻ってこれらの設定を変更する
ことができます。準備ができたら、[マイグレーション] をクリックします。

90

Parallels Transporter ユーザー ガイド

11 Parallels Transporter は、[マイグレーションは終了しました] ウィンドウを表示して、
マイグレーションが正常に行われたことを通知します。[終了] をクリックして、
Parallels Transporter を終了します。
注意。 作成された仮想マシンは、Boot Camp パーティション上に保存されます。こ
の Boot Camp 仮想マシンを動作させるには、まず新規に作成された Parallels 仮想デ
ィスク ファイル (.hdd) と仮想マシン構築ファイル (.pvs) をご使用の Mac にコピ
ーします。

Parallels Transporter の使用

91

ホスト コンピュータからのマイグレーション
Parallels Transporter により、ホスト Windows または Linux コンピュータの選択したボリ
ュームから Parallels 仮想マシンまたは仮想ディスクへのマイグレーションが可能にな
ります。マイグレーション中には、Parallels Transporter は仮想マシン ハードディスク フ
ァイル (.hdd) および構築ファイル (.pvs) を作成し、マイグレーション元オペレーティ
ング システムへの必要なすべての変更を適用して、これを Parallels 仮想マシンで起動
可能にします。
マイグレーション元およびホスト コンピュータは、システム要件 『ページ 10』 を満た
す必要があります。FAT16 または FAT32 ファイル システムをもつ Windows コンピュー
タへのマイグレーションを行う場合、作成される .hdd ファイルのサイズは、それぞれ
2GB または 4GB を越えることはできません。
Windows および Linux 上では、Parallels Transporter は古いフォーマットの .hdd ファイ
ルを作成します。このファイルを Parallels Desktop で使用する前に、これを新しいフォ
ーマットに変換する必要があります。そのためには、このファイルを Parallels Desktop で
開いて、以降の手順に従います。

高速モードでのマイグレーション
高速モードでは、定義済みの設定を用いて、ホスト コンピュータのすべてのボリュー
ムを 1 回のセッションでマイグレーションすることが可能です。デフォルトでは、アク
ティブ ボリュームは、起動可能な仮想マシンにマイグレーションされます。Parallels
Transporter がマイグレーション元のオペレーティング システムを識別できないか、ま
たはユーザーがシステム インストール ファイルを提供できない場合、このボリューム
は Parallels 仮想ディスク (.hdd) にマイグレーションされます。
ここで提供されているステップは、Windows コンピュータ用のものです。Linux コンピ
ュータについても、これらのステップはほぼ同様です。
高速モードでホスト Windows コンピュータからマイグレーションするには、以下の手順
に従います。
1

Parallels Transporter を起動し、[スタート] -> [プログラム ファイル] -> [Parallels] ->
[Parallels Transporter] を選択します。
Parallels Transporter ウィザードが起動します。

2

[導入] ウィンドウで、[次へ] をクリックします。

92

Parallels Transporter ユーザー ガイド

3

[マイグレーション モード] ウィンドウで、[高速] を選択し、[次へ] をクリックしま
す。

Parallels Transporter の使用

4

93

この [マイグレーション モード] ウィンドウで、マイグレーション元コンピュータを
選択します。ローカルにマイグレーションを行うには、[このコンピュータから] を
選択し、[次へ] をクリックします。

Parallels Transporter はマイグレーションを開始します。
5

Parallels Transporter は、[マイグレーションは終了しました] ウィンドウを表示して、
マイグレーションが正常に行われたことを通知します。[終了] をクリックして、
Parallels Transporter を終了します。

94

Parallels Transporter ユーザー ガイド

拡張モードでのマイグレーション
拡張モードでは、ホスト コンピュータのどのボリュームをマイグレーションするかを
選択し、そしてマイグレーション設定を管理することが可能です。コンピュータのアク
ティブと非アクティブのどちらのボリュームからも、Parallels 仮想マシンまたは仮想デ
ィスクへのマイグレーションが可能です。
ここで説明されているステップは、Windows コンピュータに対するものですが、Linux コ
ンピュータに対しても、これらのステップはほとんど同様です。
拡張モードで、ホスト Windows コンピュータからマイグレーションするには、以下の手
順に従います。
1

Parallels Transporter を起動し、[スタート] -> [プログラム ファイル] -> [Parallels] ->
[Parallels Transporter] を選択します。
Parallels Transporter ウィザードが起動します。

Parallels Transporter の使用

95

2

[導入] ウィンドウで、[次へ] をクリックします。

3

[マイグレーション モード] ウィンドウで、[拡張] を選択し、[次へ] をクリックしま
す。

96

Parallels Transporter ユーザー ガイド

4

[マイグレーション方法] ウィンドウで、マイグレーション元コンピュータを選択し
ます。ローカルにマイグレーションするには、[このコンピュータから] を選択し、[次
へ] をクリックします。

5

[マイグレーション元ボリューム] ウィンドウで、マイグレーションするボリューム
を選択し、[次へ] をクリックします。
ƒ

インストールされたオペレーティング システムがあるアクティブなボリューム
を選択した場合、[ハードウェアの変更] ウィンドウが表示されます。

Parallels Transporter の使用

ƒ

6

97

アクティブでないボリュームを選択した場合、[マイグレーション先フォルダ] ウ
ィンドウが表示されます。この場合には、ステップ 8 に進みます。

[ハードウェアの変更] ウィンドウで、起動可能な仮想マシンとデータ ディスクのど
ちらにマイグレーションするかを選択します。
ƒ

起動可能なオペレーティング システムをもった仮想マシンを作成するには、[こ
こから起動] を選択します。

ƒ

作成された Parallels 仮想ディスクをデータ ディスクとして保存するには、[ここ
からのデータを使用] を選択します。

98

Parallels Transporter ユーザー ガイド

[次へ] をクリックします。

7

Parallels Transporter はシステム ファイルを読み込んで修正し、イメージ上のオペレ
ーティング システムを、Parallels 仮想マシンで起動可能にします。必要なファイル
が見つからなかった場合、Parallels Transporter はユーザーに対して、インストール デ
ィスクの挿入または、インストール ファイルへのパス指定を求めます。Windows 上
でローカル パスを指定するには、[詳細なオプション] をクリックし、[他の場所] を
選択します。そのファイルへのパス(通常、i386 フォルダ)を入力するか、また
は [参照] ボタンをクリックし、そのフォルダの場所を指定します。

Parallels Transporter の使用

99

終了したら、[次へ] をクリックします。
注意。Linux ホスト コンピュータからマイグレーションする場合は、次のステップ
に進みます。

8

[ここから起動] を選択した場合、作成される Parallels 仮想マシンの名前と場所を [仮
想マシン名] ウィンドウ内に指定します。
[ここからのデータを使用] を選択した場合、マイグレーション先フォルダを、[マイ
グレーション先フォルダ] ウィンドウ内に指定します。

100

Parallels Transporter ユーザー ガイド

[次へ] をクリックします。

9

指定したパラメータを、[マイグレーション オプション] ウィンドウ内で調べ、すべ
ての設定が正しいか確認します。必要な場合、前に戻ってこれらの設定を変更する
ことができます。準備ができたら、[マイグレーション] をクリックします。

Parallels Transporter の使用

101

10 Parallels Transporter は、[マイグレーションは終了しました] ウィンドウを表示して、
マイグレーションが正常に行われたことを通知します。[終了] をクリックして、
Parallels Transporter を終了します。

102

Parallels Transporter ユーザー ガイド

仮想コンピュータからのマイグレーション
Parallels Transporter を用いると、物理コンピュータからだけでなく、サードパーティの
仮想マシン (VMware または Microsoft Virtual PC) からのマイグレーションも可能になり
ます。物理コンピュータに関しては、[高速] または [拡張] マイグレーション モードの
選択と、仮想マシン全体またはこのディスクの 1 つをマイグレーションするかの選択が
可能です。仮想マシン全体のマイグレーション 『ページ 102』 および 単一の仮想ディ
スクのマイグレーション 『ページ 106』 に対する手順を参照してください。
サードパーティの仮想ディスクのマイグレーションに加えて、Parallels Transporter では、
既存の Parallels ディスク イメージ ファイル (.hdd) を Parallels 仮想マシンに変換するこ
とも可能です。そのための手順については、Parallels 仮想ディスクの処理 『ページ 111』
を参照してください。
Windows および Linux 上では、Parallels Transporter は古いフォーマットの .hdd ファイ
ルを作成します。このファイルを Parallels Desktop で使用する前に、これを新しいフォ
ーマットに変換する必要があります。そのためには、このファイルを Parallels Desktop で
開いて、以降の手順に従います。
ここで説明されているステップは、Windows コンピュータに対するものですが、Linux コ
ンピュータに対しても、これらのステップはほとんど同様です。

仮想マシン全体のマイグレーション
Parallels Transporter は、サードパーティの構築ファイルとハードディスク ファイルを
Parallels 仮想マシン構築ファイル (.pvs) およびハードディスク ファイル (.hdd) に変
換することにより、このサードパーティの仮想マシンをマイグレーションすることが可
能です。すべてのデータと構築設定は保存されます。
Parallels Transporter は [高速] と [拡張] の 2 つのマイグレーション モードをサポートして
います。高速マイグレーション モードを用いると、サードパーティの仮想マシンを
Parallels 仮想マシンに迅速に変換することができます。このモードでは、Parallels
Transporter は定義済みの設定を使用しますので、ユーザーはもっとも本質的な情報のみ
を提供するだけで結構です。拡張マイグレーション モードでは、マイグレーション設
定のカスタマイズが可能です。
[高速] と [拡張] のマイグレーション モードは、高速モードでのマイグレーション時に
Parallels Transporter がデフォルトのマイグレーション先フォルダを使用し、ユーザーに
対してパラメータのチェックを要求しないことを除いて、多くの部分で似通っています。
拡張モードで、サードパーティの仮想マシンをマイグレーションするには、以下の手順
に従います。
1

Parallels Transporter を物理コンピュータ上で起動します。
Parallels Transporter ウィザードが起動し、[導入] ウィンドウが表示されます。[次へ] を
クリックします。

Parallels Transporter の使用

103

2

[マイグレーション モード] ウィンドウで、[拡張] を選択し、[次へ] をクリックしま
す。

3

[マイグレーション方法] ウィンドウで、マイグレーション元コンピュータを選択し
ます。サードパーティの仮想マシンをマイグレーションするには、[仮想コンピュー
タから] を選択し、[次へ] をクリックします。

4

[マイグレーション元データ タイプ]ウィンドウで、マイグレーション元のタイプを
選択します。仮想コンピュータ全体を、そのすべての設定と保存されているハード
ディスク情報を用いてマイグレーションするには、[仮想コンピュータ全体] を選択
し、[次へ] をクリックします。

104

Parallels Transporter ユーザー ガイド

5

[マイグレーション元仮想マシン] ウィンドウで、マイグレーションする仮想マシン
構築ファイルを指定します。サードパーティの仮想マシン フォルダの場所を指定し、
必要なファイルを選択するには、[参照] ボタンをクリックします。[次へ] をクリック
します。

6

[マイグレーション先フォルダ] ウィンドウで、新規の仮想マシン ファイルを保存す
るフォルダを指定し、[次へ] をクリックします。

Parallels Transporter の使用

105

7

[マイグレーション オプション] ウィンドウで、マイグレーション設定をチェックし、
すべてのパラメータが正しく設定されているか確認します。必要な場合には前に戻
り、これらのパラメータを変更することができます。終了したら、[マイグレーショ
ン] をクリックします。

8

Parallels Transporter は、[マイグレーションは終了しました] ウィンドウを表示して、
マイグレーションが正常に行われたことを通知します。[終了] をクリックして、
Parallels Transporter を終了します。

106

Parallels Transporter ユーザー ガイド

単一の仮想ディスクのマイグレーション
Parallels Transporter は、サードパーティ ハードディスク ファイルを Parallels ハードディ
スク ファイル (.hdd) に変換し、新規の仮想マシン構築ファイル (.pvs) を作成する
ことにより、サードパーティ ディスクをマイグレーションします。
Parallels Transporter は、[高速] モードと [拡張] モードの 2 つのマイグレーション モード
をサポートしています。高速マイグレーション モードでは、サードパーティ 仮想ディ
スクを Parallels 仮想マシンまたはデータ ディスク (.hdd) に迅速に変換することがで
きます。このモードでは、Parallels Transporter は定義済みの設定を使用し、提供の必要
があるのは、もっとも本質的な情報のみです。拡張マイグレーション モードでは、マ
イグレーション設定のカスタマイズが可能です。
[高速] および [拡張] マイグレーションはほとんどの場合、高速モードで Parallels
Transporter がデフォルトのマイグレーション先フォルダを使用し、パラメータのチェッ
クをユーザーに求めないことを除き、似通っています。
サードパーティ仮想ディスクを拡張モードでマイグレーションするには、以下の手順に
従います。
1

物理コンピュータ上で Parallels Transporter を起動します。
Parallels Transporter ウィザードが起動し、[導入] ウィンドウが表示されます。[次へ] を
クリックします。

2

[マイグレーション モード] ウィンドウで、[拡張] を選択し、[次へ] をクリックしま
す。

3

[マイグレーション方法] ウィンドウで、マイグレーション元コンピュータを選択し
ます。サードパーティ仮想マシンをマイグレーションするには、[仮想コンピュータ
から] を選択し、[次へ] をクリックします。

Parallels Transporter の使用

107

4

[マイグレーション元データ タイプ] ウィンドウで、マイグレーション元のタイプを
選択します。単一の仮想ディスクを新規に作成する仮想マシンにマイグレーション
するには、[単一の仮想ディスク] を選択し、[次へ] をクリックします。

5

[マイグレーション元仮想ディスク イメージ] ウィンドウで、マイグレーションする
仮想マシン ハードディスク ファイルを指定します。

108

Parallels Transporter ユーザー ガイド

サードパーティ仮想マシン フォルダの場所を指定し、必要なファイルを選択するに
は、[参照] ボタンをクリックします。[次へ] をクリックします。
6

[マイグレーション先フォルダ] ウィンドウで、新規の仮想ディスク ファイルを保存
するフォルダを指定し、[次へ] をクリックします。

Parallels Transporter はサードパーティ ハードディスク ファイルを Parallels 仮想ディ
スク ファイル (.hdd) に変換します。
7

[ハードウェアの変更] ウィンドウで、作成した Parallels 仮想ディスク ファイルをハ
ードディスクとして用いて仮想マシンを作成するか、それともこれをデータ ディス
クとしてのみ用いるかを選択します。
ƒ

起動可能なオペレーティング システムをもった仮想マシンを作成するには、[こ
こから起動] を選択します。

ƒ

作成する Parallels 仮想ディスクをデータ ディスクとして保存するには、[ここか
らのデータを使用] を選択します。

Parallels Transporter の使用

8

109

[ここからのデータを使用] を選択した場合、ステップ 10 に進んでください。
[ここから起動] を選択した場合、新規の仮想マシン内で起動可能にするオペレーテ
ィング システムを [オペレーティング システムへのハードウェアの変更] ウィンド
ウ内で選択し、[適用] をクリックします。

110

Parallels Transporter ユーザー ガイド

9

Parallels Transporter はシステム ファイルを読み込んで修正し、イメージ上のオペレ
ーティング システムを、Parallels 仮想マシンで起動可能にします。必要なファイル
が見つからなかった場合、Parallels Transporter はユーザーに対して、インストール デ
ィスクの挿入または、インストール ファイルへのパス指定を求めます。Windows 上
でローカル パスを指定するには、[詳細なオプション] をクリックし、[他の場所] を
選択します。そのファイルへのパス(通常、i386 フォルダにある)を入力するか、
または [参照] ボタンをクリックし、そのフォルダの場所を指定します。
完了したら、[次へ] をクリックします。

10 Parallels Transporter は、[マイグレーションは終了しました] ウィンドウを表示して、
マイグレーションが正常に行われたことを通知します。[終了] をクリックして、
Parallels Transporter を終了します。

Parallels Transporter の使用

111

Parallels 仮想ディスクの処理
Parallels Transporter を使用すると、既存の Parallels ディスク イメージ ファイル (.hdd)
を、構築ファイル (.pvs) を作成して必要なハードウェア変更をディスク イメージ上の
オペレーティング システムに適用することにより、Parallels 仮想マシンに変換すること
が可能です。
Parallels Transporter は、[高速] モードと [拡張] モードの 2 つのマイグレーション モード
をサポートしています。高速マイグレーション モードでは、Parallels Transporter は定義
済みの設定を使用し、提供の必要があるのは、もっとも本質的な情報のみです。拡張マ
イグレーション モードでは、マイグレーション設定のカスタマイズが可能です。
[高速] および [拡張] マイグレーションはほとんどの場合、高速モードで Parallels
Transporter がデフォルトのマイグレーション先フォルダを使用し、パラメータのチェッ
クをユーザーに求めないことを除き、似通っています。
拡張モードで Parallels ディスク イメージを仮想マシンに変換するには、以下の手順に従
います。
1

Parallels Transporter を起動します。
Parallels Transporter ウィザードは、[導入] ウィンドウを表示します。[次へ] をクリッ
クします。

2

[マイグレーション モード] ウィンドウで、[拡張] を選択し、[次へ] をクリックしま
す。

3

[マイグレーション方法] ウィンドウで、[仮想コンピュータから] を選択し、[次へ] を
選択します。

112

Parallels Transporter ユーザー ガイド

4

[マイグレーション元データ タイプ] ウィンドウで、[単一の仮想ディスク] を選択し、
[次へ] をクリックします。

5

[マイグレーション元仮想ディスク イメージ] ウィンドウで、処理する Parallels ディ
スク イメージ ファイル (.hdd) を指定します。
必要なファイルの場所を指定するには、[参照] ボタンをクリックします。[次へ] をク
リックします。

Parallels Transporter の使用

113

Parallels Transporter は、ディスク イメージについての情報を収集します。
6

[オペレーティング システムへのハードウェアの変更] ウィンドウで、新規の仮想マ
シン内で起動可能にするオペレーティング システムを選択し、[適用] をクリックし
ます。

114

Parallels Transporter ユーザー ガイド

7

Parallels Transporter はシステム ファイルを読み込んで修正し、イメージ上のオペレ
ーティング システムを、Parallels 仮想マシンで起動可能にします。必要なファイル
が見つからなかった場合、Parallels Transporter はユーザーに対して、インストール デ
ィスクの挿入または、インストール ファイルへのパス指定を求めます。Windows 上
でローカル パスを指定するには、[詳細なオプション] をクリックし、[他の場所] を
選択します。そのファイルへのパス(通常、i386 フォルダにある)を入力するか、
または [参照] ボタンをクリックし、そのフォルダの場所を指定します。
完了したら、[次へ] をクリックします。

8

[マイグレーション先フォルダ] ウィンドウで、作成する仮想マシンのマイグレーシ
ョン先フォルダを指定し、[次へ] をクリックします。
外部 USB ドライブ フォルダをマイグレーション先として使用することができます。
デフォルトでは、マイグレーション先フォルダは元の仮想ディスクと同じ名前にな
ります。
高速モードでは、Transporter はデフォルトのマイグレーション先フォルダとデフォ
ルト名を、仮想マシンに対して使用します。詳細な情報については、デフォルトの
名前と場所 『ページ 31』 を参照してください。

Parallels Transporter の使用

9

115

Parallels Transporter は、[マイグレーションは終了しました] ウィンドウを表示して、
マイグレーションが正常に行われたことを通知します。[終了] をクリックして、
Parallels Transporter を終了します。

116

Parallels Transporter ユーザー ガイド

次に何を行うか
マイグレーションが正常に終わると、Parallels Desktop 上に作成されたファイルを、新たに作
られた仮想マシンで動作するように使用することができます。
Windows または Linux オペレーティング システム上でローカルにマイグレーションした場合、
作成された仮想マシンまたは仮想ディスクを、ローカル ネットワークまたはリムーバブル ス
トレージ デバイスを経由して、ご使用の Macintosh コンピュータに移動する必要があります。
作成された仮想マシンを Parallels Desktop で動作可能にするには、これを Parallels Desktop 上
で開き、その構築設定のいくつかを変更する必要があります。これを行うには、以下の手順
に従います。
ƒ

Parallels Tools イメージへのパスを指定します。
1. 構築エディタ上で、[CD/DVD-ROM] オプションを選択します。
2. [イメージ ファイルを使用] オプションを有効にして、Parallels Tools イメージ ファイル
への場所を指定します。デフォルトの場所は、Windows ゲスト OS に対しては、Mac
HDD -> Library -> Parallels -> Tools - vmTools.iso であり、また Linux ゲスト OS に対し
ては、Mac HDD -> Library -> Parallels -> Tools -> vmtools-linux.iso となります。

ƒ

以下の手順で、ご使用の仮想マシンへフロッピーディスク イメージを接続します。
1. 構築エディタ上で、[フロッピー] オプションを選択します。
2. フロッピーディスク イメージ ファイル名を [イメージ ファイル] フィールド内に指定
して、このフロッピーディスク イメージをご使用の仮想マシンに接続します。

ƒ

その他のすべての設定をチェックし、これらが要件を満たしていることを確認します。

Parallels 仮想マシンの使用法についての情報は、『Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド』
を参照してください。

トラブルシューティングと制限事項

117

8章

トラブルシューティングと制限事項
この章では、既知の問題に対するトラブルシューティングのシナリオを提供します。こ
こで記載されていない問題に遭遇した場合は、Parallels の FAQ を参照してください。

この章の構成
インストールの問題........................................................................................................... 117
FireWire 接続 ....................................................................................................................... 117
ファイアウォールの設定................................................................................................... 118
マイグレーション元オペレーティング システムの検出 .............................................. 119
マイグレーション エラー.................................................................................................. 120
ライセンス認証の問題....................................................................................................... 121
アプリケーションの回復................................................................................................... 121

インストールの問題
ご使用のホスト Windows Vista コンピュータがドメイン上にない場合、Transporter イン
ストール時の自動再起動が拒絶される場合があります。この場合には、[シャットダウ
ン] -> [再起動] コマンドを Windows [スタート] メニューから使用して、手動で再起動を
行ってください。

FireWire 接続
FireWire 接続で問題を経験した場合、以下の項目をチェックしてください。
ƒ

接続状態: 接続が有効になっているか。

ƒ

ファイアウォールの設定: ファイアウォールが接続をブロックしていないか。詳細
については、ファイアウォールの設定 『ページ 118』 を参照してください。

ƒ

IP アドレス: IP アドレスが、169.254.0.1 から 169.254.254.254 までの範囲にあるか。

IP アドレスをチェックするには、以下の手順に従います。
Mac OS 上
1

[Apple] メニューから、[システム環境設定] を選択します。

118

Parallels Transporter ユーザー ガイド

2

[システム環境設定] ウィンドウで、[ネットワーク] を選択します。

3

[ネットワーク] ウィンドウで、[Ethernet] タブをクリックし、IP アドレスを調べます。

Windows 上
1

[スタート] メニューから、[コントロール パネル] -> [ネットワーク接続] を選択しま
す。

2

使用可能な接続の一覧から、チェックする接続を選択します。接続のタイトルをダ
ブルクリックします。

3

[状態] ウィンドウで、[サポート] タブを選択し、IP アドレスを調べます。

ファイアウォールの設定
Microsoft Windows XP および Microsoft Windows Vista には、他のコンピュータとの接続
をブロックするファイアウォールが内蔵されています。Parallels Transporter または
Transporter Agent が最初に起動する際に、次のメッセージが表示される場合があります。

Parallels Transporter および Parallels Transporter Agent との間の接続を許可するには、[ブ
ロックを解除する] ボタンをクリックします。
将来にわたってブロックを解除するには、Transporter と Transporter Agent を、以下のよ
うにして、ファイアウォールの例外(ファイアウォールを経由しての通信を許可するア
プリケーションのリスト)に追加します。
1

[スタート] メニューから、 [コントロール パネル] -> [ネットワーク接続] を選択しま
す。

トラブルシューティングと制限事項

119

2

[ネットワーク タスク] ペインから、[Windows ファイアウォールの設定を変更する] を
クリックします。

3

Parallels Transporter および Transporter Agent ファイアウォールの例外リストに追加
します。

注意。ファイアウォールによる接続のブロックに関する追加情報については、「Parallels
Transporter が Transporter Agent を探索できない 『ページ 119』」を参照してください。

マイグレーション元オペレーテ
ィング システムの検出
Parallels Transporter が マ イ グ レ ー シ ョ ン 元 オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム (Microsoft
Windows XP または Windows Vista computer) を正しく検出しない場合、いずれかのアプ
リケーションが互換モードを使用していないか確認してください。

Parallels Transporter が Transporter
Agent を探索できない
リモートにマイグレーションするには、ホスト コンピュータ上で Parallels Transporter
を起動し、マイグレーション元コンピュータ上で Parallels Transporter Agent を起動する
必要があります。
Parallels Transporter が Parallels Transporter Agent の探索に失敗した場合、おそらくその
原因は、Mac 内蔵のファイアウォールが Parallels Agent との接続をブロックしたことに
よると思われます。
Parallels Transporter と Parallels Transporter Agent の間の接続を有効にし、これ以上のブ
ロッキングを避けるには、以下の手順で、ファイアウォールを停止するか、または
Transporter と Transporter Agent をファイアウォールの例外に追加します。
1

[Apple] メニューから、[システム環境設定] を選択し、[共有] を選択します。

2

[共有] ウィンドウで、[ファイアウォール] タブを選択します。

3

必要な変更を行います。

4

これでマイグレーションが実行可能になります。

マイグレーション元コンピュータの IP アドレスを手動で入力することにより、Parallels
Agent の検索を試みると、Parallels Transporter Agent がブロックされているというメッセ
ージが表示されます。Parallels Transporter と Parallels Transporter Agent の間の接続を有効
にするには、[ブロック解除] ボタンをクリックします。

120

Parallels Transporter ユーザー ガイド

マイグレーション エラー
このセクションでは、マイグレーション処理中に発生する可能性のある、いくつかのエ
ラーに対する解決策を提供します。
マイグレーションが開始されない
リモート Windows コンピュータからのマイグレーションをしようとしたが、マイグレ
ーションが開始されない場合、snapman.sys ドライバが
C:\WINDOWS\system32\drivers\ にインストールされているか、確認します。
snapman.sys ドライバがインストールされていない場合は、以下の手順に従います。
1

Parallels Transporter Agent をアンインストールします。

2

マイグレーション元 Windows コンピュータを再起動します。

3

Parallels Transporter Agent を再インストールします。

4

マイグレーション元 Windows コンピュータを再び、再起動します。

5

Parallels Transporter と Parallels Transporter Agent が正しく動作していることを確認し、
マイグレーション元コンピュータのマイグレーションを再度試みます。

マイグレーションが、エラーにより中止される
大きなボリュームを、FAT16 または FAT32 ファイル システムをもったホスト Windows
コンピュータにマイグレーションしようとする際に、マイグレーション処理がエラーに
より中止されることがあります。これらのファイル システム上では、作成される .hdd
ファイルのサイズは、それぞれ、2GB または 4GB を越えることはできません。作成さ
れる仮想ディスク ファイル サイズは、マイグレーション元コンピュータ上のデータと
ソフトウェアで占有されるサイズに等しくなります。したがってマイグレーション前に、
マイグレーション元ボリュームの占有される領域が、それぞれホストの FAT16 または
FAT32 ファイル システムに対して、2GB または 4GB を越えないことを確認してくださ
い。
マイグレーション処理がエラーにより中止された場合、再度マイグレーションを行う前
に以下の手順を行ってください。
1

[スタート] メニューから、[マイ コンピュータ] を選択します。

2

[ハード ディスク ドライブ] ペイン上で、マイグレーションするボリュームを選択し
ます。これを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

3

[プロパティ] ペイン上で、[ツール] タブをクリックし、[エラー チェック] セクショ
ン内で、[チェックする] ボタンをクリックします。

4

[ディスクのチェック] ウィンドウで、[ファイル システム エラーを自動的に修復す
る] と [不良セクタをスキャンし、回復する] の両方を選択し、[開始] をクリックしま
す。

トラブルシューティングと制限事項

5

121

ディスクがスキャンされ、エラーが修復されるまで待ちます。

ダイナミック ボリュームがマイグレーションされない
ベーシック ボリュームのみがマイグレーションされます。Parallels Transporter では、ダ
イナミック ボリュームはマイグレーションできません。
ダイナミック ボリューム上に保存されているデータをマイグレーションする唯一の方
法は、このデータをホスト コンピュータ上のベーシック ディスクにコピーしてから、
このベーシック ディスクをマイグレーションすることです。

ライセンス認証の問題
Windows ボリュームから起動可能な Parallels 仮想マシンにマイグレーションする場合、
オペレーティング システムがハードウェアの変更を検出し、ライセンスの再認証を求
めることがあります。

アプリケーションの回復
仮想マシンのハードウェアは、マイグレーション元コンピュータで使用されていたもの
とは異なっているため、特定のハードウェアに強く依存するアプリケーションは、その
仮想マシン内では動作しない可能性があります。
複数のソース ボリュームからのマイグレーションを行った場合、ディスク ドライブ文
字は変更されています。アプリケーション パスが正しくセットされているか確認して
ください。そうでない場合には、そのパスを更新して、そのアプリケーションが動作す
るか確かめてください。

122

Parallels Transporter ユーザー ガイド

9章

用語集
プライマリ オペレーティング システム(プライマリ OS): コンピュータの I/O デバイスを制
御し、その物理コンピュータが電源オンになったときにロードされるオペレーティング シス
テム。

ゲスト オペレーティング システム(ゲスト OS): 仮想マシンの制御下で動作するオペレーテ
ィング システム。

アクティブなオペレーティング システム: Parallels Transporter が実行されるオペレーティング
システム。

アクティブ ボリューム: アクティブなオペレーティング システムのある物理ソース コンピュ
ータのボリューム。

ホスト コンピュータ: マイグレーション先のコンピュータ。
マイグレーション元(ソース)コンピュータ: マイグレーションするコンピュータ。物理ソー
ス コンピュータ上には、Parallels Transporter Agent をインストールする必要があります。

索引

123

索引
FireWire 接続 - 117
インストール - 117
ファイアウォールの設定 - 118
マイグレーション エラー - 120


Parallels Transporter
アンインストール - 26
インストール - 18
トラブルシューティング - 117
バージョン情報 - 7
マイグレーション方法 - 45
基礎 - 28
使用法のシナリオ - 37
Parallels Transporter Agent
アンインストール - 26
インストール - 37
バージョン情報 - 8


アクティブ - 13, 36, 37
オペレーティング システム - 122
ボリューム - 122
インストール - 18
Mac 上 - 18
Parallels Transporter - 19
Windows 上 - 18
オペレーティング システム
アクティブ - 14, 16, 122
マイグレーション元 - 14, 16, 122


システム要件 - 10, 14, 16
サポートするファイル システム - 13
ホスト コンピュータ用 - 10, 11
マイグレーション元コンピュータ用 13, 14, 16


ダイナミック ボリューム、マイグレーシ
ョン - 120
トラブルシューティング - 117


ネットワークの要件 - 17


バージョン情報
Parallels Transporter - 7
Parallels Transporter Agent - 8
このガイド書 - 8
ハードウェアの変更 - 36
適用 - 36
ホスト コンピュータ - 10, 91, 122
システム要件 - 10, 11
拡張モードでのマイグレーション - 94
高速モードでのマイグレーション - 91
ボリューム
アクティブ - 13, 36, 37, 122


マイグレーション - 45
ホスト コンピュータから - 91
リモート コンピュータから - 45
仮想コンピュータから - 102
マイグレーション モード - 33
拡張 - 33
高速 - 33
マイグレーション元
オペレーティング システム - 14, 16, 122
コンピュータ - 14, 16, 122
マイグレーション元コンピュータ - 122
仮想 - 16
物理 - 14, 45, 91


リモート コンピュータ - 14, 45

124

索引

システム要件 - 14
拡張モードでのマイグレーション - 52
高速モードでのマイグレーション - 46

漢字
仮想コンピュータ - 102
システム要件 - 16
仮想マシン全体のマイグレーション 102
単一の仮想ディスクのマイグレーショ
ン - 106
仮想ディスク
サポートするフォーマット - 16
ハードウェア変更の適用 - 36, 111
マイグレーション元 - 106
拡張モード - 33
高速モード - 33
要件
システム - 10
ネットワーク - 17

Sign up to vote on this title
UsefulNot useful