You are on page 1of 144

Sergey

Gavrov

近代ロシアの帝国 (社会ロシアの近代化
の過程の文化的側面)

URSS

2004

科学審議会科学アカデミーの研究と保全の文化と自然のための遺産

1
Gavrov, Sergey セルゲイ近代ロシア帝国の(社会やロシアの近代化の
文化的側面):モノグラフ。正:論説 URSS、2004。- 352。

教授はセルゲイ Gavrov のモノグラフでは、近代のリベラルなモデルで
は、近代化のインペリアルモデルの支配的だが、ロシアの皇位継承の近代
化のプロセスを検討する唯一の自民、代償を追加。ロシアの近代化だけでな
く、現代的にロシアのエントリに貢献するとともに、文化や文明のシステムの封建
的、帝国の根拠の強化など。帝国の強化の名の近代化の人間の生命エネルギーを再分
配する世俗的または宗教的なプロジェクトのレルム内の日常生活の範 囲から主導この
本は人類学者、歴史学者、社会学者と、すべてのこれらのロシアの近代化のプロセス
に関心のあるものです。

目次

第 1 章。近代化の 2 つのモデル..................................................................................................4
わたし。近代化の現象.........................................................................................................4
II.。帝国と近代化のリベラルなモデル............................................................................16
Ⅲ。歴史的なシーケンスロシア語のアップグレード....................................................31
第 II 章。解剖学、ロシアの伝統主義の...................................................................................57
わたし。伝統的な心:精神的、文化的なシンクレティズム.......................................57
Ⅲ。社会的自己のフォームに、ロシアの文化と文明のシステムの組織としての封建
的帝国...................................................................................................................................93
第 III 章。近代化と社会、1991 年以降、ロシアの文化を処理します。...........................111
わたし。社会、ロシアの文化的な状況を 1991 年の後に............................................111
II.システム 。シナリオと視点.........................................................................................130
結論の代わりに.................................................................................................................142

レビュー:
アンセレズネワ - 上席研究員ロシア語文化研究所、哲学博士です。科学。
LN ヴォイヴォディナ - 哲学博士。教授。

ピョートル大帝以来すると、より詳細には限界を展開し、無限の宇宙で迷
子にしないでください。
クロードアンリサン=シモン

ロシア - 帝国である。それをサポートするために、国家
手や国民の生活の他の側面に保持する必要があります
ウィッテ
どうしてこのどうしたの?そして、上に横になる
責任の性質や神の意志。
である必要がありますがされた場合?
我々はすべてのため、有料降伏する必要はありません
ブロツキー

2
その理由について著者は、その答えはとてもシンプルだ問題は、ロ
シアで変換を近代化に関連する利益を開発した。ロシア語 '鳥のトロイカ
は 、 す べ て の 70 年 代 の ほ と ん ど は 、 80 居 住 わ び し く 年 末 ま で に
raznovelikim 党の会合や反体制派のキッチン、80 年代 - 90 年代初頭の
人生に来た - そしてどのように生きて歩き回った。バットので、はい、彼
女にははるかに良い運賃(旧ソ連)から飛んで引っ張って、意志を、いく
つかの知らないうちにそれにロシアの歴史のさまざまな段階で落ちた。そ
して、ボルトで固定。私たち - 現代 - 息を飲む、kaleidoscopically 私た
ちの周りだけでなく、世界が、私たちの生活、自分自身を変更します。こ
こで彼のようなものだ - ロシアの近代化の新たな段階。
私は、私たちの歴史の中で理解する今までに何時間を持っていると
思った人たちですから、どこがどのように大きいまたは小さいと、最後に
適当な場所に来るようにチャンスを予定している場合は"現代的な要素の
文明への入り口に"顔の コ ン トロールを取得することができます。しか
し、最も重要なのかどうかを考え、社会の大部分と、ロシアの力?そし
て、もしそうなら、私たちが行うには、どのようにすることが重要犠牲に
して原則に用意されて?
波は、過去 3 世紀の間、ピーター I の変換をはじめ、ロシアの近代化
のロールこの時間の間に、何が行われる可能性が何かの夢やサーチライト
の分野に留まっていた。それで、一定の誘惑にアップグレードするには以
下の定数の抵抗の近代化プロセスによってときに、改革の反改革されるべ
きだがいくつかの時間の後、プロセスは、同じ順序で再現されて同行です
か?当社のモノグラフでは、これと"病気"以外に答えを見つけようとする
私たちの生活の側面。
これは頻繁にロシアのパスを以下の情報について言われていますの
で、"キャッチの近代化をかけた。しかし、これは真実の一部モデルに
オーバーテイクされ、ロシアの社会のいくつかのセグメントだけで文化的
なシステムではなく、全体としては、システムで動作します。当社の歴史
の中での近代化の期間のコースでは、我々は西洋文明現代(当初は西ヨー
ロッパ)との軍事産業技術の分野を中心に追いついて、すべてその国の軍
事技術の潜在力を開発提供。社会構造の大幅な 変更 ができないだけでな
く、その精神の導入と市民の権利と自由は、市民社会 - すべてのプロモー
ションを遵守最も評価の下にある期間のための制度設計文明の近代的な提
供の導入が含まれる単純ではない、それだった。
当局としても、より民間主導で "小さな"男頼るよりも信頼性の高
い、シンプルなが、別の運命的な決定を下すことは、次の打開するための
可能なすべての部隊を動員するように見えた。ときにひどいストレスの価
格/人々のすべての重要な力の低電圧で実施されたかそるか、より多くの部
分で実施が起こった、突然、社会が、身近で絶望の背後に検出、位置だけ
にない場合のみを再生しないように文化空間だけでなく、この地域の成功
を維持します。理解することは市民社会の存在は、一般的に社会の発展の
レベルは、最大かつ最高の値 - 電力、今日ではありません。

3
したがって、主なもの。世紀もの間、ロシアの近代化の過程で、主
な作業は、その系譜を現代の西洋文明への参加のために、は発生しません
保全、再現性と帝国の統合のために。で帝国の個々の要素からより近代的
で競争力のある外 観 を迎え入れるための近代化だけで実施されたプライ
ベートローカルエリアを維持するため許可され、全身を帝国の心の強化に
撤退するために、被害者余儀なくされた。
最後に、そこの詳細は、ロシアの近代化の過程としての具体的検討
にお求め、別の理由がある。としての科学出版物の我々の分析で、既存の
研究の詳細やロシアの近代化の変化の少ない完全な画像をしないように。
いずれも現代的なロシアの社会から文化的な、あるいは近代化の現象の文
化や社会の変化の観点から理論的および文化(文化の枠組みの中で検討さ
れていないリモートされて)するためのアプローチはいくつかのマルチ画
像社会文化語用論ではなく、それ自体、マニフェストの 変更を介して近代
化のプロセスだけでなく、よりよく理解するの因果関係は、鉛、1 つ以上
の歴史を別の電源を入れます。
このモノグラフでは、我々はロシアの近代化の展望を評価すると、
ステージは、歴史的背景を考慮しようとすると、これらの見通しの結果と
して、私たちの個人的な生活のチャンス、すなわち、かどうかを我々は、
子育てと私たちの庭栽培か、もう一度れる軍事軸受と帝国の炉内に次の
ideokraticheskogo プロジェクト私たちがスローされますファッションで
ブーツをクラッシュさせる家を建てる。
著者はこの本を読んでのトラブル:博士した同僚に、心からの謝意
を表し、教授 Ea は Orlova し、哲学博士、教授単 Pelipenko。特記の懸念
やコメントに関する共同討論会は、著者の概念をより明りょうに貢献し
た。私たちの審判、指導的研究者 Rossiyskogo 研究所文化研究のため、
哲学博士アン Seleznevoi と博士を表現するために感謝したい教授 LN
ヴォイヴォディナ。

第 1 章。近代化の 2 つのモデル

わたし。近代化の現象

ので、両方の中期、長期的な開発戦略の策定と接続されて近代化の
問題は、ほとんどの国民の意識は、両方の科学と公共痛みを伴うのです。
単語の近代化、科学的な用語の狭い理解を越えて、彼らは非常に広くし、
ぼやけて、多くの意味の品種を含む使用されます。は、その妹の概念との
長期的近代化に関連している必要があります私たちの研究に必要な正確さ
を与えるために。
これは、すべての上に、近代化の概念。ので、"ビッグ近代化"は非
常に広範な回顧展で、キリスト教の台頭と相関関係と呼ばれる。単語«現

4
代»最初のヨーロッパで V の最後に使用されるこのキリスト教と異教徒の
ローマ時代の過去の公式のステータスを取得したと区別する。この概念
は、コンテンツの後続の時代に変わったが、唯一の啓蒙とロマン主義は、
その現代を参照するという意味でいっぱい。近代的な、それ以来、現代は
何時の精神を自発的に新たな関連性の客 観的表現に貢献しています。
現代文明や文化の下での研究では、近代的な、またはモダニズム大
きな理解されては、ルネサンスと宗教改革を開始し、頂点(多かれ少なか
れ永久)は、20 世紀の最後の四半期にはポストモダンの思想的パラダイ
ムの承認を得て、ニューエイジの時代。
その必要がない具体的にはコンテンツの希薄化近代化 "など"として
使用される用語に住むには、"近代的"芸術の面で"近代化""近代的な"後期
第 19 - 初期の 20 世紀の芸術的なスタイルのセンス(のようです。)そし
て、"モダニズム"(内 20 世紀の値が主流の芸術的な意識)。よくスラブ
知られているイタリアの哲学者ヴィットリオストラーダは、ロシア語の単
語の"現代"から、アールヌーヴォー 様 式の近代化などの派生ですが、氏
は、用語""は、現代のカテゴリーに置き換えられて近代的なのは非常にコ
アです。一方、カテゴリーの近代現代のカテゴリーよりも容量の概念で
す。とりわけ、私たちは近代現代の詳細については、その""存在を強調し
話すことができる、我々の期間を 観察した。
現代の場合、我々はヨーロッパのブルジョア階級の革命後の期間を
意味する(特に 1640 年の英語革命 - 1642gg を強調したいと思いま
す。)そして、近現代史を通して継続的に脱工業化社会への移行、ほとん
どの先進国、そして、XX のエンド - は、21 世紀の初めまで、最も歴史的
な視点は、少なくとも私どもが後半に近代化と見なされます。また、連帯
してセネガルの社会学者 s のアミンは、"現代(近代化)完了すると、それ
は未知への扉を開くの位置と、この点で考えています。本質的に近代
nezavershaema が、それは非常に歴史のすべての瞬間に、社会の矛盾を
克服する多 様化 してフォームのシーケンスが含まれます。"この期間の私
達の評価の部分も É.ギデンズ、ハーバーマス、人はかなりモダンな日付と
しては、プロジェクトビューの位置をいくつかの創造的な効力を保持と相
関する。それと同時に、1 つは、このビューに反対して根拠のない認めな
ければならない。したがって、1 つの。ゲーレンは、啓蒙主義"を前提にの
み、その結果動作するように続けて死んでいると考えている。"
分析のような現象の歴史的な近代化と近代化など、さまざまなレベ
ルで実施することができます。外部の実証的な現象を、政治、 経済 、社
会、歴史、技術ドメインの下に分類について、法律の変更の両方の個人や
欧州諸国の集 団心 理で発生します。この重大な 変化 をアピールだけでな
く、どのように起こったの質問に答えを求めることが、上記のすべての研
究を考えになりますか。この点では、必要がないので、多くの被験者経
験、これでは精神と文明の 1 つの文化的なシステムの永続的な要素をスタ
ンドアロンの理論的、文化的アプローチのようにです。
我々は非常によくどのようにヨーロッパとなっているヨーロッパの
影響の近代化、グローバルソースの点で認識しています。そのためには科
学的な言説の哲学的、理論的な文化の領域に訴えることを示唆明らかでは

5
ないしかし、我々なぜそれが起こったのか理解しようとすると、その答え
です。際には、外部の経験的なデータは主に基づいてその答えをしようと
すると、はるかに理解するためにアクセスできなくなります。したがっ
て、歴史的、実証的分析のレベルでは実質的に、なぜ 15 世紀の画期的な
技術、ヨーロッパではなく、東アジア、特に中国、ここで十分な外部(素
材ていた)の条件で発生を 説明することは不可能です。なぜかヨーロッパ
初のアールヌーボー 様 式に含まれて答えをしようとすると、我々はヨー
ロッパの文化と文明のシステムの基本的特性には、その歴史的発展のベク
トルの方向を決定する電源を入れます。
ロシアの社会人類学者の単 Pelipenko は古代西洋の実用的な社会の
プロトタイプは、そのと文明、環境、文化社会のより高いレベルの古代世
界に比べて文化的な動力学を目指していたと考えている。古代東アジアの
有無の危機は、伝統的な神話の自然崩壊に伴う儀式のシステムは、古代の
人には、私有財産の開発では、不可分の公民権運動に反映された実存的な
レベルで応援によって相殺されました。
これは、これらの動向をさらに歴史的、社会的文化的ダイナミクス
の減速のために開発されていませんのでご注意ください、意欲、伝統の枠
組みの中での生活を再現します。衰退技術のダイナミックなプロセスの加
速化が重要などを含む生活の 様々な地域では、 経験豊富な停滞のローマ帝
国時代。西ローマ帝国の死亡の時にこの技術は、数世紀にわたり、開発し
ていなかったそこでは、ローマの世界の技術進歩のための能力...社会的に
認められ、社会と知的財産権の優先順位の数がされたことがない維持と信
じる理由はない技術の分野の進 歩に含まれます。"
枯 渇し、徐々に低下して、西にドラッグするとヨーロッパの野蛮な
国では帝国の損失、数世紀には、いわゆる"暗 黒時代 "、ときに、古代世界
の通信システムの崩壊をはるかに原始的に西の戻ってきたと呼ばれる深刻
な社会的文化的なショックを経験しているは、伝統的な農村の文明の特徴
は、状態が、ほとんどは、先史時代。ヨーロッパの西の野蛮な民族の古代
の遺産から何を学ぶことができたが、そのほとんどは、過去の記憶の地域
への旅行では無関係だった。 "この社会では、まだローマの伝統的に尊敬
されます。しかし、これらの伝統は、キリスト教の形でのみ、経験、生活
していないが、存在していたし、良い思い出だけ生き残った。"
より一般的なキリスト教の教義は、宗教的実践と野蛮
etnoplemennyh 形成の重要なエネルギーのすべての要素は、災害後の文
明は、ローマ帝国のヨーロッパの低下、古代から 継 承さにつながった世
紀、そして後にキリスト教ヨーロッパの新しい文明の新しい文化的景 観を
形成する始めた。
これはかなり異なる、独自の特徴や文化と文明のシステムとされ
た。特徴的な機能は、中世の西ヨーロッパの文化や文明システムの 3 つの
形成は、神と 悪 魔、善と 悪 の極との間のバックボーンは、人間の自然な
フィット世界では、帯のモデルだった浮上した。のリリースでは、世界の
この三部の自然は、実際の人間は、主決定の両方の方向性や歴史と
sotsiokulture で動的なプロセスの加速率は、このシステムでは、爆弾の
後続のさらなる発展の物質的な世界の男装備を刺激する。

6
"とアクィナスの時代にアウグスティノ純粋なカトリックの世界は二
つにされていない分割別れの後(""と"闇") - ナトリウム:超自然と気品
に満ちたピットエリアは不自然との間の山岳地帯の時間のための光は独自
のルールによって、たとえ下に住んでいた神は、自然地域の力。加え
て、"...カトリックのようだった...政教精神と物質との間で、それによって
理論的には専制主義の精神を宣言したが、問題の機会を実際に使用するよ
うに指定され、そのすべての権利を取り消さ"。
中世の西ヨーロッパの全体を通してされているとアウグスティノ、
コンテンツ inopolozhennogo 超越神の 絶対変化 の 精 神との別れの時痛み
を伴うプロセス難しい。したがって、場合でも、理想の実質的な現実のあ
らゆる意味の神の顕著な欠如 "の三位一体のピエールアベラールの教義を
検討。"天国の値の理想は、このプロセスの結果、"として、それが地球に
倒された。バックのアイデアは、すべての革新を禁じられているように、
悪魔に触発手順 1。イノベーション、技術の進歩の罪でより多くの識別さ
れません。喜びと天国の美しさに、グランド上に実装することができま
す。
中世後期に徐々に形而上学的な視点の管轄区域を変更する時に、こ
の領域の問題を、経営権に移動し始めている、彼らの決定は彼だけに、と
の考 えと いく つか の sverhestestestvennyh 軍 の行動からは異なりま
す。これは、かなり長く、しばしば潜在的なプロセスの形式では、ロジッ
ク以上 nominalists 勝利滝注意してください現実的な、都市の成長と大学
の創造、無限の解析の手順には、欧州の心のより顕著な傾向が伴う。この
プロセスは、実質的にヨーロッパの新時代に完成されます:"時代に私た
ちは、新しいタイムコール...その男は規模とは、既存の 1 つの中心である
ことが判明。男 - それは、常にどこにでもある、すなわち、は、任意のオ
ブジェクト化は、単にその場合は、こ想像できるの基礎となる。
しかし、宇宙の中心にいる場合の男性自身も、彼は、合理的な方法
で変更すると、徐々に少なくなりアカウントの社会神聖先頭 sanctifying
の伝統文化を考慮の生活のさまざまな分野 refleksirovat ことができま
す。社会その神聖な伝統文化の研究失うより、その中の人が変更する場合
がどのような過去から、撮影することができますが、から何を放棄するこ
とができる選択の自由度を取得します。
世界の合理化、ルネサンスと宗教改革での生活の表面に、しかし
だ、その制度の存在を、現代の時代にはすでにしていた。そこに保持され
て い る 実 際 に は 、 欧 米 の 文 化 圏 の 原 則 で 表 現 : 進 化 の
obscheevolyutsionny 原則として生命の組織のシンプルなフォームから
は、より複雑なフォームにし、より多くの自律的かつ自己配分の原理は、
自然からの十分なエンティティをクリックし、社会的文脈が実装されてい
る。 É.ノイマンは、"分析が、一定の動きの両方前方と後方の西の身元を
明らかにした方向は、冒頭で定義されて着実に進歩:自然から人間の解放
と無意識の意識"。
これらのプロセスと原則、国家への出現状態と体系的な資本主義的
生産によってサポートされてこの更新プログラムを与えており、ヨーロッ
パ、そしてその後、全体の欧州大西洋文明の面積のソースの世界での変換

7
の近代化。近代徐々にヨーロッパの、世界の主な理由は"他には、社会の
伝統的な形に抵抗することはできません...排他的なライフスタイルの面で
欧米の現象は、現代は...直接的な答えは、この質問に 拡がっているが出て
いる必要があります肯定される。
このプロセスの中で最も重要な理論的および文化的側面が判断し、
今の近代化の現象の歴史的、実証的な理解するための電源を入れます。現
代の集大成、すべての progressivist 文化や文明のパラダイムを最大限に
表現のポイントだった。近代化の期間中、進捗状況のイデオロギーは、ま
すます世俗的な内容になる、昇順の階段に、合理主義には、世俗主
義、ekonomikotsentrizmu 様々な人々の動きを仮定して、歴史的なプロ
セスのヨーロッパ中心主義を決定。ロバートニスベット、集計フォームを
進行中の社会的、政治思想の古典のビューを設定するには、その内一般的
には古典的な概念は、人類の緩やかな解放の考え方は恐怖と無知から、文
明は今までの、より高いレベルへのパスに沿って見ることができると述べ
た。段階的接近法では、進化論で、neoevolyutsionisty、マルクス主義と
実証まで長いことは、前世紀の最後の数十年間、優勢で、間接的な形で、
今ではかなりの西部では一般的、主にヨーロッパ中心主義と科学の精神を
保持し採用されています。
近代化の要素を考慮の社会史の文脈フィールドに、政治学、経済 学
には、適合プロセスを、我々は次の注意事項。 20 世紀の後半までは、支
配された世界の残りの部分で、西洋文明の真の優位場合、絶対ではない。
別の方法としては、最後の世紀の大部分の開発のため、欧米のパスは、社
会主義プロジェクトを提唱する必死の試みの主要国の経済の量的指標の近
代化に到達することです。
ソ連を中心に、社会主義近代化のオプションは、世界中のさまざま
な国では 20 世紀中の練習は、主に非応答欧米社会では、確立された範囲
の近代化に歴史的、社会文化的ダイナミクスの急進的な加速適応された。
以来、彼以外の集団心理西洋社会との行の他の宿泊され、主に社会主義近
代化のオプションが認識されたそれは決して偶然では、この領域は、外で
す。当然のことながら、非のアップグレードでは、社会主義のバージョン
へのアピール、特定されませんでした不変、欧州諸国、日本と東南アジア
の一部の国の近代化のプロセスを提供するため、従来、アジア
の"龍""虎"と呼ばれるだけで十分です。
10 年のロシアルナチャルスキーの社会実験の開始後に、ヨーロッパ
の作家、哲学者の位置を考え、政治家以外の progressivist パラダイムへ
の関与の可能性を、西洋社会の評価は、社会主義近代化の 変 種を使用し
て。彼らは信じている自己アジア、ヨーロッパから素材、無料、物理的な
活動を燃やすために借金するように努めるを吸収し、それは実質的には、
アジア以外の、土壌の一般的な欧州の資本主義の機械的な転送を実現する
ことは不可能です。アジアの発展のこの段階ではヨーロッパからの理解は
できませんが、資本主義の導入、自由市場を通じた生活の素材分野での発
展のため、この願いを、直接、政治的民主主義と人権の紹介。しかし、過
激主義、おそらくを通じて、アジアに間接的にヨーロッパの影響は、この
セグメントでは、アジア地域自体の発展のための新たな福音を与えるだろ

8
うと生まれ変 わる: "彼はアジア、すなわち回復の思想的基盤となるであ
ろう人類の圧倒的多数。しかし、あなたの教えと西の動きの成功に制限さ
れます。あなた自身お世辞。"
どのようにアジアの社会主義の近くの集団は、これまで個人主義的
な欧州大西洋文明は、ここで彼のチャンスを無視できるほど小さいとし
て。今日では、近代化を検討し、歴史振り返ってみるとプロセスが、それ
は"現在の存在が明らかになった、多くの文明で開発する。この問題は、
実際には多くの類似したコンポーネントで、これらの文明は、常にそれら
の間の共通点を見つけること、進化するには、文化の発展を、それぞれ提
供する独自のプログラムをモダニズムのさまざまな側面を、新しいバー
ジョンの作成を続行正確にある。すべてのモダニズムを理解するためのア
プローチの多様性と文化的なプログラムの評価に進む現代社会のさまざま
な部品配置に貢献します。
2 番目の代替案は、普遍的ではなく、近代化プロジェクトは、保守的
な革命を通じて、ドイツイタリアのファシズムと国家社会主義に提出され
た。は、近代化のモデルの使用を主にそのような歴史的な運命のためにさ
れている注意してください。そして、ドイツ全体では、中世努めた、ロー
マ帝国を復活させると、イタリアが 13 世紀に、貿易都市で栄えた共和国
の、歴史的な基準では遅すぎる国民国家の形成のパラダイムに移動しまし
た。
実際には国民の状態よりも低い程度には、共和国と国家としての地
位の皇室のフォームの街の商業都市、歴史と社会文化的な力学の強さを加
速させることができました。この減速停止力学のプロセスの結果、ドイツ
とイタリアは 19 世紀の 70 年間だけでこの問題を解決することができた国
家統一のプロセスが 遅れている。国家の神話は、この形成主な理由は、こ
れらの国の積極的なフォームのように撮影しています。
近代化のプロセスを分析し、我々はときに、十分に長い通時的なコ
ンテキストを転送スタートを特徴とするという考えは、進歩と劣性のダイ
ナミクス、進歩と退行の合成を表す覚えておきましょう。ユーロへの挑戦
大西洋文明のすべての内容を含むの XX 世紀の全体主義体制の経験などを
考慮することができますに否定的な適応応答の例として、いくつかのエク
ステントは、スターリン時代のソ連にナチスドイツの経験をしました。こ
れらの社会の中の科学技術成果の文化プロジェクトヌーヴォーながら、社
会の組織化、人権、個人の創造力の中で最も厳しい規制の民主的なフォー
ムを否定した。 20 世紀の全体主義体制を社会の外側のシェル現代、その
本質的な、存在論的基礎を放棄を保持します。
この点では、AS Akhiezer の面白いですよ位置は、問題を社会の政
治的基盤の形成の現代的課題や問題は、この方法で生じるとの接続を確認
した。これはドイツの近代化の第 2 の波は 20 世紀の国々には、政治的、
経済的に先進国に遅れをとっている属します。ドイツ国家社会主義現代の
全体主義的、閉鎖的な社会の目的に開かれた社会の技術に適応しようとし
た。国家社会主義ドイツ国内の社会での上昇文化の危機と外交政策の敗北
に反応した。この例では、むしろ、器楽分野での近代化の効力の使用技術
で、その成果のアプリケーションは、軍の建設は、経済の一部です。

9
全体主義のいくつかの古風な、閉鎖的な社会の持つイデオロギー的
合理性と非合理性を混合されているの復興のため、これらの発展に適応
し、科学に頼る求める体制と、同時に、社会的意識の中で最も原始神話
的。古典的なドイツ語文学 1923 年でも、トーマスマン"をすることを約束
するドイツ聞いて...ヨーロッパの人々の自由と呼ばれるなら、それは...だ
その性質に対する暴力をコミットする彼の要求に等しい。
20 世紀の後半では、状況を根本的に、その西部で始まるドイツに変
更、その後、一体となっており、モダンなヨーロッパのデザインの重要な
要素です。難しいパスがすでに実行やイタリア、スペインおよびそれ以降
のポーランド、ハンガリー、他の旧社会主義諸国を含む欧州大陸のいくつ
かの他の国々は、方向に移動し続けるとどめておきましょう。我々の近代
化プロセスの歴史的な文脈に、これらの欧州諸国では、控訴しないだけ
で、内部のスケールが、その多様性を強調するためにも、その過去の歴史
からさまざまな人々の歴史的な運命の決定性を強調したい。
人類の残りは、多くの場合、年間で国の"第三世界の"二次世界大戦
後としてだけで何の意味が別のプロジェクトを提供することが失敗ではな
く、決定され、非西洋の国にも、地元の強い開発オプション。この状況
は、20 世紀の後半に変更された、競争力の近代化を再現するためのオプ
ション西洋文明の外に成功したときにそこにいた。近代化の彼の解釈は、
経済的、社会的に成功したアジア諸国は、各国のイスラム文明に属する
Quranic の伝統的な融資の利子(禁止)は、宗教的な設立の経済活動に使
用しようとする動的です。ビューをポイントし、s をアイゼンシュタット
は、"矛盾 - 西の一意性と、彼は、世界の残りのためのモデルのようなも
のだったとの間が、によると、他の一方で、他の文明は、特定の動力学
は、マルクスとウェーバーの時点では明らかではなかったとして、資本主
義の普及とヨーロッパの外での近代化の初期段階にあった。しかし、多く
の近代化の後の段階では第二次世界大戦後に明らかになっている。
この矛盾を別の範囲の間の厳しい不平等の素材、世界の文明の発展
は、経済生活の面で目に見える表現を検索します。一ウォーラーステイン
の諸国間の不平等の度合いを説明し、世界システムの理論を開発した最初
の(状態の近代的な)と、第三世界。グローバルな経済と政治の関係のシ
ステムは、資本主義世界経済の拡大、以来、に基づいて形成プロセスを、
少なくとも 16 世紀からだった。資本主義世界経済の半核の存在が周辺
に、周辺とは、アリーナの外を意味します。
米国の核一ウォーラーステイン属性:英国、オランダ、フランス、
およびそれ以降の国の北、西ヨーロッパに参加しました。これらの社会で
は、事業の近代的な形態は、産業革命です。アメリカ、南ヨーロッパに位
置し、地中海の周りがなって半核の周辺部。としては、実質的には核の
国々との貿易関係に影響を与えない、アジアとアフリカの領土の一部外交
に属していた。植民地時代のプロセスや主要な企業の活動は、世界的な経
済生活にアジアやアフリカの国々に従事。一ウォーラーステインは、世界
システムのカーネルでは支配的な国は世界貿易のプロセスは、国初の世界
を制御することができると主張する機会を第三世界の国々の資源を利用す
る必要があります。

10
いずれかのプロセスの本質的な側面を、明らかに、次のようにで
す。ますますの水平方向の平面上に、彼らはますます、特には、明示され
ている垂直方向のディメンションを、変換して、意味の制度や文化のサブ
システムの起源には世俗的なキリスト教のコンテンツの充実に縮小まま開
発している西洋文明の近代化の時代です。垂直方向(下、我々仙骨-超越的
な次元の価値を理解する。水平方向の下で - の富。)禁煙の水平方向の上
に垂直測定の支配が主な理由の西のコールに応答することができませんで
した長い間、西洋文明。その答えは、等高線は、最後の世紀末までに登場
しながら、人生戦略の垂直方向の寸法は、その精神的な(主に)コンポー
ネントは、宗教の維持には経済生活の形態、社会組織、技術、などが含ま
れて文化の動態、社会を加速しようとすることを始めた。
それは文明化プロセスの欲望"に追いつき、追い越す"の状態、また
は根本的には、少なくともは失っている伝統的な文明のアイデンティティ
を変換せずに近代的で、問題であることに注意してください。社会との状
態を極度に緊張力のコストで達成され、これらの変革プロジェクトは、通
常の実用的な実装の場合には、複数の効果のいずれの面での操作ができな
い方向に、システムを受け取った。一方を犠牲にしない、何も意味のある
今日、幼稚 mifologizm 大衆の意識と続くロシアだけでなく、基準の文明
と生活の利点をフルレンジを達成する可能性に焦点を続けている。画像、
と非難したアラブイスラム教徒の宗教的な思想家クトゥブ、人は、自分の
素材生活の中で近代的な(西洋のレベルと一致するとは理想的なイスラム
社会で説明)の文明が、 "精神の、思想 - 宗教的信念、人生についてのア
イデアを、人間の存在の目標は、その特定のプロパティを、 権 利と責任
は、宇宙での人間の場所 - 摂理に基づいている。
したがって、近代化のプロセスは、原則として、3 つの異なる意味で
考えられている。西ヨーロッパと北米の国の内部の開発は、欧州の新しい
時間をキャッチこれは、最初のグループの国々にはその国の実際に属して
いないの近代化、最大が、誰に追いつくためにしたいと思い、現代的な技
術革新のプロセスには、国、西洋文明に属するの特徴は、を参照するとし
て。
以降、ロシアは、過去 3 世紀にして我々は多くのプロセスでは、2 番
目のグループにまとめ、逆行の動きを、とはいえ、その近代化プロジェク
トを実施興味を持っています。これは、私たちの注目の的球以外の近代化
のさまざまな顔を、近代化の別の枝の可能性を理解する広範なコンテキス
トにおいてのみ、システムの近代化以来ているわけではありません。様々
な作家のビューのかなり広い範囲に、近代化の時系列のフレームワークの
定義としてだけでなく、その存在論的基礎は、最も明確との間の違いが明
示され付着段階()によって(文明)のアプローチローカル普遍的。
古典的近代化理論の枠組みを、バック普遍、キリスト教の伝統に出
会い系では、近代化の過程のモデルを普遍的な史実の精神で、すべての
人々や地域開発地域の文明に共通する開発しました。文化的アイデンティ
ティを変更する社会的および文化的変化、彼らの急進的なのは、いわゆる
インジケータの必然的な結果として見られた。歴史と社会文化的な現実の
変動は、多かれ少なかれ成功カビ西部の社会的文化的な言説不変式に置き

11
換えられている必要があります。 20 世紀、J.-P.の 50 年間でサルトル、知
的財産、環境レポートでは支配的表現、書き込みは、ストーリー、その
ベースでの統合の将来に基づいてのみ置くことができる値の"重度...世界
の多価の中心に私たちの歴史的なタスクが歴史の 1 つだけを意味するとき
には、特定の人々がそれを行うに溶解する傾向がある必要があります瞬間
を早めることです。"
すでに 20 世紀の 70 年間で、ウィリアムムーア、非動力学西洋社会
の記述は、"すべて 1 つの方向に行っても、レートの違いは、境界や障壁
にもかかわらず、アップグレード、書き込み - このような社会組織と社会
文化活動の合理化されます。このような合理的なプロセス開発の収束につ
ながる。近代化の理由 - 単一の国際社会におけるさまざまな歴史的な運命
を持つパスの国の収束する。"
理想的な存在として近代西洋文明のフレームワークでは、神の創造
は、以下の世俗化の地域では慎重な姿勢の原因と競争しようとする個性的
な人と見なされます。男性非西洋の世界"として、簡潔な西洋文明そのも
のの肥大フォーム"にアップグレードすることができます。
以外の近代化へのアプローチ統一西洋社会の近代化の相補性の伝統
的な範囲外にあるあいまいな反応を決定論的社会文化的、宗教的伝統その
合計を拒否したため、国家のエリートの努力 vesternizatsionnyh に、神
と人間の世界では場所の概念:"...欧米の意味での開発のためのアイデア
は絶対です非許容ヨーロッパの文化。今後 1 西洋文明の優位性の結果、自
由、文明、合理性、等の理解、およびされません、多くの文明の世界を表
現し、彼らの知識、アイデンティティの発展に寄与すると、より経済的に
現実的かつ社会的に公正な社会の人道的を作成する行為。
それぞれのそのビットの近代可能性が高いと主張候補将来
разноцветье 異なる文明、しかし、問題は、この状態は、特定の "次
元"現代の一般的な提案は、できないことを分離するに至ると修正、その
広範な、統一しています。ベドウィンの携帯電話や衛星電話でラクダにさ
らなる証拠は、文明の近代化は、世界のこの地域に広がっているではあり
ません。女性はブルカでは、同一の議決権を奪われたとして、実際には、
しばしばそれらを奪われている男は車を西の運転、近代化の成功を意味し
ません。
日常生活を見るの詳細は、唯一のシミュレーション近代化の過程、
そして何より。コンテンツの近代化の方向での動きでは、考え方の根本的
な 変 更ベドウィン前述によって補完制度の 変 更を反映することがありま
す。私たちは、反対にもかかわらず、近代化にもあからさまな抵抗以外の
いくつかの地域で西洋世界全体の変換の近代化のすべてのパッケージを必
要とすることができないと信じて、1 つの新たなモダニズムの複数の婉曲
表現の後ろに隠れることはできません。経済改革の中で述べたように、
ポーランドの経済的奇跡 L. Balcerowicz の父:"ビューのポイントとそれ
ぞれの国は本当に特別です。しかし、このことは、その 経済を 苦 しめ、特
定の病気の治療の成功法であることを意味していません。中国とロシア
は、もちろん、お互いが、もしもらえるのは、結核などの病気の違い、彼
らは平等に扱われる必要があります。

12
変換の詳細についての近代化のこの重要なパッケージです。社会で
は、ほとんどの米国の経済、政治、社会的、地政学的な面で西洋文明に属
し、20 世紀に成功した年に始まった文化的なプロセスをグローバルに広
がっている。社会のレベルに社会の文化的な組織では、これらのプロセス
の動きの形式では、工業化からポストには、工業化の経済圏 で、政治の民
主主義体制への権威主義からの動きとして現れている法的権利を、従来か
らの遷移は合法です。 "これらの社会的に重要な知識や見通しのフィール
ドの変化に対応する:世俗的な世界秩序を検証するために宗教から宗教的
な球顕著にシフト、および哲学 - 一元的世界の多元化を理解するから、芸
術 - 文体の統一のための欲求から;科学 - 客観から人間原理です。一緒に、
全体の社会的文化的な傾向を撮影したの近代化と呼ばれます。
我々の意見では、近代化プロセスのこれらの特性は、真剣かつ実質
的な考慮に値する。われわれの見解から、近代化のプロセスのすべての
ヨーロッパの近代のカバーは、 20 世紀だけでなく、中には約 3 世紀に
渡っています。脱工業化社会の順に、前世紀の後半に適用されることに経
済的球の動きの中で。民主主義への権威主義政権の交換のプロセスを社会
の政治的な側面については、ヨーロッパでは、同じ期間中に、時の勢いを
バックダウンを交互で開催されたとして、ドイツ、スペイン、イタリア、
ソ連、特に 20 世紀の前半にしていた。このプロセスは、今日は 80 のター
ン 90 で、東欧の民主化革命と米国がソ連の場所では最後の世紀の居住証
明続けている。法的権利を、従来から社会運動の法的な面での、さらに遠
くの歴史的背景は、主にしては、ローマ帝国の中に進化し、その基本的な
機能のヨーロッパの国、ローマ法を使用します。
社会的に重要な知識や見通しなどの分野を見ますと、私は、以下に
注意したいと思います。世界の冒とくのプロセスは、より世俗的な世界秩
序への移行も、現代と同じ年齢の正当性、徐々に力を受けており、全体
は、より合理主義と社会、その結果、国民生活の分野での文化的な多元
性。
そこで、我々は、最も近代と近代化のプロセスの文明の問題は、欧
米の学者によって、組み込む典型的な、それぞれのコンテンツの定義を与
える。
彼のモデルでは、4 つの機関軸に具現化され、その制度の症状の多様
性に重点を置く現代社会の 1 つの。ギデンズしています。最初の軸は、工
業化は、ギデンズの社会関係の生産工程でのエネルギーや技術の大規模な
使用に基づいて、システムとして定義されます。 2 番目の機関の近代資本
主義の軸、財の生産システムの競争力のある市場は、生産および労働の専
門性に基づいて見られている。国立公衆監視、これに基づいているのが現
代社会の 3 軸に増加し、封建制度、制度の期間と比較し、政府は複雑で
す。現代社会の管理システムの制御の面では、情報の収集と使用すること
によって達成と見なされる必要があります。 4 番目のディメンションは、
近代国家に暴力の手段によって自国の国境内で独占的コントロールの制度
の形式を網羅。
1 つの。ギデンズ、現代の組織の制度の原則を考慮し、2 つの要因:
識別するための国家と体系的な資本主義的生産。家系図は、欧州への歴史

13
は、特定の機能に移動します。さまざまな歴史的な期間の類似性と文化的
文脈取るに足りないです。世界の彼らのバッチ普及の電源部分のため、そ
れらによって生成された開催されました:"いいえ、他の社会の伝統的な
形に抵抗することはできません一方、世界的な傾向からの完全な分離を維
持します。ライフスタイルの面では、これらの二つの大きな変革の力を育
て、現代排他的に欧米の現象ですか?この質問への直接の答えはイエス必
要があります。
しかし、ヨーロッパ中心主義の重要な弱体化、さらには科学的、哲
学的な言説の数から追放完全に近代化については、特定の複数形のアイデ
アに貢献した。したがって、としては、特に、近代的な"複数の"の概念が
生まれたの有名な学者と近代化の理論 s のアイゼンシュタットという。近
代化の様々なモデルの適用過剰な創造性、機能、将来の発展のためのオプ
ションのソースです。
現代の主な特徴に関する同氏の見解ラ Pellikani ことができます。
ビューの彼をポイントし、現代によれば - これは、サブシステム、参政権
の自律性が含まれて、文明は、社会の変化に、合理化、世俗的な文化の制
度化、法の支配、国民の普遍的な権利。
D.ベルガーは、近代化の理論を支える基本的な原則の彼の定義を示
します。近代化は、主に社会の近代化の展開プロセスを、近代化のプロセ
スは、社会のさまざまな部分の典型的な文化圏で、相補的な、異なるが、
お互いにサポートされて達成するために内在されると、国の近代化の過程
での先行者が支障がない以前の段階で、近代化のプロセスは、共通の方向
にしている。ビューの我々の観点から、最もここで重要な制度社会の変化
の割り当ては、新しい、自律的な世俗的な合理的な機関の形成。それは社
会の世俗化する文化圏は、その個々のサブシステムの一層の自主性、民主
的な政治システムの形成法に(ローマ起源)法は、普遍的な人権宣言に基
づくことが重要です。
古典的なアプローチの近代化プロセスの近代化に基づき、欧米の政
治制度の彼の家系は、オープンな社会、民主主義の政党の移植を伴う。
様々なセグメントへの浸透とは性格、すなわち、支配的なタイプで徐々に
変化さ sotsiokultury 積極的なタイプ"(型)"B"の伝統的な数値的に傍観
者に優先する"を起動します。国民生活の最前線では、合理的な部分で自
分たちの生活を投影は、人が毎日の行動理念ではなく、決定されますが、
利益を過激派のアイデンティティだ。の理想からは完全に抽象的な、他に
1 つの支配からの特定の、すなわち、遷移の利益と議会制民主主義の近代
化を国の機関に根を下ろすことができます。結局のところは、順番に意図
的にはっきりと、それらがプログラムで、党の事実上の方針を表明してい
る範 囲 で自分たちの利益を理解する必要があります特定の政党に投票す
る。
近代化にもエリートと neelity のサブカルチャーの違いに増加したほ
か、長期どのような方向で議論の余地のコンテキストでは主要な政治的な
サブカルチャーを別の方向に社会移動します残ります。エクステントは、
社会の近代化社会の文化的伝統をどのように変更する必要がありますへの
質問は、帰納的に、スケジュールの変更が終了結果は通常困難である予後

14
のビジョンがある可能性があります対処。いずれの場合では、近代化の変
換を実施するため、ため、すべての上に十分な大規模な歴史的なアクセス
を必要との考え方の低速に変更します。
É.アラードは、古典的近代化論を批判し、"現代に複数の"の概念を s
の Eisenstadt の作業で使用されている。家系図に戻る近代西洋世界に行
く。制度の形式民主主義の国民国家、市場経済、教育、科学的知識が含ま
れます。しかし、社会組織のモダニズムの制度球主に、特定の社会で異
なっていた。極東と中東のほとんどの社会では、アフリカ、空間的な発展
の基本的なモデルを採用した。エリートと neelity を西洋の近代の重要な
特徴の多くは、受け入れを選んだと異なる要素の選択は、自分の興味の理
解に基づいて拒否。非近代西洋社会の解釈と reformulations のプロセス
によって、植込み型 inokulturnogo 経験を伴っていた。
の 観 点によると、年頃アイゼンシュタットは、これらのプロセス
は、普遍的な文明へのが、モダニズムの様々な変更につながっていない。
これは明らかな障害の近代化への成功のための必要条件として認識され伝
統文化への態度の変更:"文化"を首席悪さを行わなくなつたとき、それが
良いでした。"
近代化の過程の中間結果を修正するための現在の成功し、さらにこ
れについては非常に社会変革の政治的な組織が重要です。歴史的な視点を
示しての近代化の過程の考察は、社会は、通常、後半の政治組織に 変 更
し、はるかに遅れだけではなく、何かをセカンダリとして、これを待つこ
とが可能です何かを考えると、しかし、頻繁に、何の市民をもたらす有害
な政府にはほとんど絶対的な依存の状態から。
に依存する人々、特に奴隷、一般的に管理しやすく、それを制御効
果は、議論されていませんが、満足の順序に減少した。これはピョートル
1 世の言葉を思い出すことが適当である:«外国人は、私の奴隷を指揮し
ているという。これは真実ではない:すべての事情を知らない。私は指揮
科目私の条例に従う、これらの法令は、国家に害を与えない利点が含まれ
ます。どのように人々の管理を知っている必要があります。英語の自由の
場所にない場合、壁の豆として..."。総括して、我々は、これらの条例
が、どちらも双方の利益との利益と害を含めることも害に注意して、社会
のコントロールを超えています。
すでに 20 世紀では、さまざまな理由ではいえ、全体主義体制のエ
リートだけではなく、と退廃と有害な社会の近代化の政治的な組織の原則
を拒否されたとは知らなかった。科学、産業、軍事、文化の人道的な
フィールドを含む生活のすべての地域では、動的なプロセスを確保する上
で、市民社会の役割は、完全には 20 世紀の後半に実現した。
この認識は、非数多くの経験を 20 世紀の後半に、西洋社会は絶対で
はなかったことは、イデオロギー的なパターンや日常的存在の実践使用例
を示します戻る伝統主義にまでさかのぼります。制度や価値規範的な変換
のパスがされて長く、ヨーロッパでもいます。だけでは、近代化最後に西
ヨーロッパでは第二次世界大戦の後にのみ、ときには、ユーロの軌道大西
洋世界(リベラル supertsivilizatsii、1 つの。Akhiezer の用語では、形
になった)を覚えて、西ドイツに参加しました。

15
注意してください社会の近代化に多くの場合、より基本的なフォー
ムに粗大 inokulturnyh 注入サンプル、その減少を観察した。米アーセナ
ルの異文化間の相互作用のモデルの数 - ドナーとレシピエントを考慮し、
強調する方法は、最も一般的なシナリオ"周辺機器が破損します。このシ
ナリオの本質は、最高の成果とは、ドナーの文化の値をフィルタリングの
過程では、下位層の異文化間の相互作用のレベルの修正は、受信者の文化
によって定義されます。
30、ロシアの歴史の中で 20 世紀の居住は、同じテーマの素材とト
ロツキー処理する。ビューの彼の観点から、"国民はしばしば、彼らより
原始的な文化に適応する外因性の成果 vulgarises。同化のまさにこの過程
で議論になります。したがって、西洋の科学や技術ではなく、ピーターが
私は農奴制を強化するため主導の軍事産業の借入言及する特定の要素の同
化。ヨーロッパの武器や欧州の融資 - より高い文化の製品 - の開発にブ
レーキとなったの増加に導いた。"
結論では、1 つのアールヌーボー、ドイツ語の教授、W.ベックでも
有数の研究者の見解が存在:"近代化は、集中、国家権力の形成にのみ適
用され、資本の集中と、ますます労働市場の関係、モビリティ、大量消費
の部門の織り洗練された、など村が、 - ここでは一般的なモデルになる -
トリプル"個性":歴史的に規定する社会の形成と関係の支配とソフトウェ
アのような状況の解放("アスペクト")の伝統的な意味からの自由、効果
的な知識の面で伝統的な安定性の損失信仰を受け入れ規範("アスペクト
razvolshebstvleniya")と - としては、概念の意味 - 社会の新しい種類の
文化的な統合監視と社会復帰の("アスペクト)を反転します。
基本的な概念の近代化の概念に関連付けられての見直しと、私たち
は、複雑な文化や文明の特異性の近代化、ロシアのモデルの定義の問題に
することができます。私たちは同じ時間で強調するなど、歴史、私たちは
主に画像、説明の文脈に興味を持っていると哲学的、文化的な角度ロシア
の近代化を補完する問題を、社会政治的、経済的な側面。

II.。帝国と近代化のリベラルなモデル

ロ シ ア の 作 家 の 数、 単 3 形な どの 近代 化の プロ セス を 記 述カ ラ
Murza と AG Vishnevsky、用語の"保守的な近代化"の機能に頼るには、
近代的に完全なエントリのために努力している国の数、焦点にロシアを組
み込むこと維持するために、または伝統的な価値、金融機関との関係の変
化が遅い。 "我々はほとんどが経済 革命は、ソ連では "建築の社会主義"の
スローガンの下で完成すると、"保守的"だった疑いができます。しかし、
できる限り?するには地層の第 17 または 18 世紀は、これらの層の社会の
中で、十分な強さが存在する必要があります..."保守革命"と近代化の名の
下、このような譲歩をして後続のすべての歴史的な層をカバーした。まさ
にその性質上、それは一時的な解決をもたらすことが、遅かれ早かれ、全
面的な見直しを受ける。

16
おそらく、1 つのワイマール共和国 É.若年者これらすべての小学校
の法律や価値観、それがなければ人と自然と神との接触を失い、真の秩序
を確立することができないの復元"として彼女を知っていたの保守的な革
命の中で最も著名な理論家のことを思い出して。平等内部の価値観や社会
的な信念に置き換える必要があります - 階層的な社会の公平性、機械的な
選挙 - 有機成分官僚的な強制 - 真の自己の内部の責任を政府は、大量の幸
福 - 人々の人格の右上の信念"。 É.鄭局長は、新たな帝国の最も重要な歴
史的なタスクは、セキュリティ脅威は、ボリシェヴィキによってもたらさ
れるから、キリスト教の信仰と教会のインフラストラクチャの保護される
と信じては、すべての革新的な新帝国伝統的な価値を守るためになってい
た。
我々は、マルクスレーニン主義、スターリン時代の社会的、文化的
な変換の外向きの標識の数は、この保守的な近代化のたくさん見ることが
できますが、スターリンのソ連と国家社会主義ドイツの比較、かなりイデ
オロギー的なスローガンの類似が普通であり、記念碑的な宣伝、絵画、他
の多くの分野の作品を参照してください芸術と人生も驚くほどそのまま。
しかし、劣らず重要な違いがあります。ソビエト連邦のボリシェヴィキの
最初の数十年では、保全または任意のプロパティには、従来の方法での回
復に向けて、彼らを拒否する可能性がバイアスされていないし、契約を拒
否し、移動し、マルクス主義の見かけの復活を含む。
時間""つまり、石を収集するために要素は、伝統的な文化から、彼
らはソ連帝国の日没前に来る以上の左に ideokraticheskogo プロジェク
トの実現可能性は、消滅の信仰。契約を拒否し、ボリシェヴィキ
ideokraticheskogo 帝国のプロジェクトを実行するには、まず、世界的規
模で考え、拒否することができませんでしたし、国境にローカライズされ
た、主に帝政帝国の国境を繰り返す。これは、基盤の上にソ連の状態と
は、帝国の地理的、社会、自然、文化、体の崩壊につながったの切り下げ
を温存されます。
ビューの我々の観点から、ロシアとの関係で長期的 "保守的な近代化
の使用"が間違っています以上の理由で、ロシアの近代化の支配的なライ
ンの目的は近代的要素の方向に、ロシアの文明のシステム品質の転換を意
味しています。この解離前との両方が示された後にボルシェビキ革命の
1917 年。したがって、L. Pellikani は、ロシアのボルシェビキ革命"の急
進的な試み、西洋文化の普及を停止すると信じた。旧ソ連体制の西洋文明
は、科学技術からすると、残りの部分を放棄しようとした。産業のボリ
シェヴィキ使用されて西と戦うかもしれないとは、モダンな要素の非常に
基礎に敵対されている社会的個人主義と世俗主義を敵視して、"建物。似
たような境遇の国際関係の分野 K.コーカーの有名な英語の科学者によって
共有さは、"共産主義のすべての非ロシア西部を 悪 化させたと考えてい
る。レーニンは、西側の国の西欧のではなく、触媒に対するロシアの反応
の製品だった。
ただし、一部の著者、ロシアの近代化の変換に関連して、作業と信
じては、ロシアは主に近代化のこのモデルの枠組みの中で開発している
我々は完全に正しいロシアと長期""キャッチアップの使用に関しては、考

17
慮されません。という事実は歴史的な状況の番号、先進的なロシアの
キャッチアップにマッチとしては、ときに、何世紀ものコンテキスト内で
の状況の相互作用の長い歴史/ロシアは、このレースの西部のメンバーの制
御を考慮するとヨーロッパ(または米国の方向性)は、もはやランナー
は、1 つで動いているにもかかわらず、上方向に異なるが、単方向パス。
歴史的な軌跡を、文明のパラダイムは、開発の原則のベクトルの違いはか
なりなので、それについて""言葉の 厳密な意味で追いついて話をすること
は困難であることは明らかです。
我々は、ロシアの近代化の過程の性質を理解するのは、タスクの特
別な任期制の導入を必要とし、特別な類型シリーズを考えている。当社の
重要な論文を次のとおりです。
ロシアでは、西洋文明の歴史的な相互作用の世紀の結果としては、
文明のロシアの社会文化的基盤で定義され、内部的に振り子の周期の安定
化は着実に再現性のあいまいな状況を開発し、ここでは、リベラルモデル
のコンポーネントと近代化を交互に支配的な帝国のモデルです。この近代
化の過程も近代化の支配的な安定性 - 帝国のモデルがあります。
どのような近代化のインペリアルモデルですか?それにどの順序
で、公教育を決定する必要があるこの質問に答えるには帝国です。単語の
ルーチンを使用するの現在の練習、帝国は完全に自国の基地に公教育の異
種と呼ばれる有名な折衷主義に苦しむ。科学的な言語で、日常言語から地
中、そのあいまいさの帝国の概念と次元の状況を実質的な不確実性を作成
します。
一般的に、我々の連帯の帝国の類型と、提案されたイグ
Yakovenko 、 2 つ の 基 本 型 : に 帝 国 分 か れ て 立 っ て 植 民 地 と
ideokraticheskie(繁体)。植民地帝国ではなく kvaziimperiyami、さ
れたときに、大都市、通常は地理的には植民地から削除されます。多くの
点で帝国の植民地帝国の症状では、搾取され、植民地だけでなく、副作用
を略奪し、R.キップリングによって、特定の"白人男性"見せかけの文明化
の使命は、特定の部分の実装です。しかし、植民地帝国と全体としては植
民地時代のシステムは、ヨーロッパの近代産業文明の広範な拡大の時代の
地域の天然資源の豊富な特徴を支配するためのローカルな現象である。
帝国の類型、実際に何がロシアの国家としての地位のフォーム構成
を確認してください。さまざまな立場から様々な作家が評価され、皇室ロ
シアと旧ソ連の品質を評価した。したがっては GP フェドートフは、"ロシ
ア帝国のようなものだ。その国や地理的な構造では、英国、オーストリア
との間の中間位置にハンガリー占めている。は、ロシア以外の所有権を、
そこからは海で区切られていません。彼らは、ロシアの人口の配列を大幅
に機能 inorodcheskih 余白で区切られていないされ、その大陸の体の直接
の継続を構成します。しかし、極東、またはトルキスタン、彼らも政治的
な意義の経済は、欧米諸国の植民地と一致している。類型、そこオースト
リアとの質的な類似ハンガリー、さらに重要です。
ターンでは、アランブザンソンソ連の植民地帝国は、かなり説得力
のある結果は、と私たち主に同意する考えていない:"ソ連帝国ではあり
ません。帝国をするには、特権を持つ人々がする必要があります征服と明

18
確な目標は、主に軍のメソッド。すべてのこれらの特性は、ローマ、スペ
イン語、イギリスとフランスの帝国をしている。ロシアの人々の特権があ
りません。彼は""共産主義の最も信頼できる同盟国としての利点が党指導
部が大きく、そのランクから集めている - は、国家の共和国でもいます。
しかし、これらの利点の権利はありません。
両方のケースでは、帝国の植民地時代のバージョンと考えられてい
るが、実際には反対の立場と主張することができます。われわれの見解か
ら、実際には、ロシア/ソ連、特定の機能は、植民地帝国に近いこのような
方法を許可しない場合、それをもたらすと分類しています。我々は完全に
連帯して VF Galetsky のビューでは、"にロシア語、オーストリアのトル
コ語、ハンガリーの民族 imperoobrazuschimi ていたよると、スタンド
が、彼らにはまだされている主楽器だ、帝国を構築しないように。これは
特に、ロシア語、トルコ語の民族グループは true です。
だが、その以外のユーザーとして帝国の帝国、ロシアの性質を決定
する問題、または以下の通りです。帝国の植民地帝国を大幅に
ideokraticheskih とは異なります。概念 ideokraticheskoy 帝国より多く
のコンテンツでは、その存在の目的は、深遠な形而上学的な重要な課題と
されている神聖なプロジェクトの土地を取ることにある。 "目標とは、中
世の帝国の値は不合理です。彼らは並外れたている男性。この Supertask
ルートと欲望の超越の名前を正しく世界征服を達成するためのソースで
す。
のその設立、グローバル無限の祭典神政帝国の支配的な目的は、実
用的、合理的な目標ではなく、補正され、補完する必要があります。
Ideokraticheskaya 帝国を定義して、世界では、その帝国の時間を地理的
な境界は不安定なローカライズされます。したがって、アメリカ人の歴史
1 つの。リーベ"とは、皇室の状態を征服に基づいて考えて、その境界を自
然ではないと文化的であり、戦争"フロンティア"。
普遍的な支配の教義あるべき姿には、世界に皇帝の権力の機関を通
じて今後は、原則として、常に明確に十分な、しかし、関節の変化の時代
に応じて、イデオロギー的なシェルは、さまざまな構造に組込まれた。古
代世界や古代の歴史の中で、我々だけ、そのピークは古代の期間の終了後
に達している"下書き"ideokraticheskoy 帝国を参照してください。その
後、中世のキリスト教とイスラム教を参照()は、皇室の状態のサンプル
と帝国主義の先頭を与えていた。われわれの見解から、ロシアの話されて
いることが ideokraticheskoy 帝国として、植民地帝国として低い程度に
偉大な救世主のアイデアの帝国。
イグ Yakovenko は、ロシアの状態を"...著しく帝国の文字を見てい
る。モスクワ(復元トラブルに、状態の崩壊後)は、伝統的な帝国だっ
た。ロシア 1721-1917 gg。帝国の中の標準的な。過去 10 年間では、ソ
連帝国の大自然の論文を当たり前になった。ロシアの皇帝の自然の視点/ソ
連株式西洋の学者の数です。この位置の例としてはかなりアメリカ人の歴
史 D.ローリーを引用する、一般的なことかもしれない"と専制政治と、帝
国 1991 年、包括的なまでのわずかに異なる形で存在し続けて考えてい
る。

19
私たちは、この点は、論理的な質問:要因帝国にどう貢献する建物
内を見てみましょう、帝国の最も重要なことは、持続可能な再現?この要
因の複合体全体の両方が実質的かつプロセスの役割を支持再生されます。
あなたは征服の成功戦争のシリーズだけでなく、皇室のタイトルや言葉遣
いを使用して確立のための十分条件と帝国のすべての長期的な存在である
と仮定しないでください。宣言は、帝国の一手にレトリックのレベルで
は、質量分布は、皇室の意識の根は、他の日 - 異なる現象は、常にお互い
に関連していない。
それは、持続可能な、常に皇室の意識の再生に成功した帝国を構築
することが可能の空室状況と、その永続的な復活です。我々はこの意味で
は最小化されていません、幸せな偶然の一致なしに地政学的要因の重要性
は、作成または帝国の復活とままの夢の夢は、条件付き項帝国建設のため
に必要な一部として、地政学的要因が成功の組み合わせ。
歴史は中世ヨーロッパ内の任意の本格的な神政帝国の中にも作るこ
とができなかった帝国建設の努力は、この期間中に実施された教えてくれ
る。ヨーロッパの歴史の皇室のタイトルの万華鏡のような連続であふれて
いる例えば、フランスの十字軍が東ローマ帝国(ビザンチン)は、18 世
紀の歴史学者と呼ばれる最後に受信した電力を押収した"ラテン帝国"。フ
ランスの有名な歴史家の女性ブローデルは最初と 2 番目のジェノバ帝
国、3 つのジェノバとの交易の構成について説明します。あるデンマーク
の帝国、カロリング帝国、そして最後に、最もよく知られた、神聖ローマ
帝国呼ばれます。ヨーロッパ中世全体ローマ帝国、1 つの統一された欧州
の設立のイデオローグの復活を求め、フランスの政治家、ロバートシュー
マンは、"カロリング朝の時代からは、チャールズ V の Germanskuyu ア
イデアをローマ帝国の線に沿って帝国を作成する最後に何かの壊滅的な努
力をした観察神秘的。
ただし、どちらのカロリング朝の時代は、以下の説得力のある、よ
り多くの、そして最も重要なことは、持続可能なデザインの本格的なのも
オットー帝国の構築に失敗した再作成できます。したがって、西ヨーロッ
パ - 神聖ローマ帝国のゲルマン民族でも最も有名な中世の帝国不安定な境
界と領土の単位であり、皇帝は永続的なドメインではありませんでした。
ヨーロッパ中世の時代に、これらの英雄的な努力の結果として、ヨーロッ
パでは神政国家規模のプロジェクトが実現されていない。
ヨーロッパはすでに、近代的で現代的な皇室の傾向の再発を妨げな
いこの事実は、などの試行で、皇室のプロジェクトの実用的な実装をもた
らした。ヨーロッパでは、19 世紀。ヨーロッパでの XX の建物.-ヒトラー
の第三帝国の千年が意図ナポレオンボナパルトの帝国を思い出すことがで
きます。サミはかなり一時的であることを証明、実用的な帝国を建設しよ
うとすると教育皇室タイプ別 - 壊れやすい。我々は、帝国、ヨーロッパの
建物の詳細ですライン、歴史的な付録のようなものと思います。我々は完
全に連帯の規定では、一般的なライン、ヨーロッパの歴史の中で支配的な
歴史的発展、国民国家の形成を提唱し、この行のすべての支店に対し、歴
史的な無力感を示したスタンド:"ヨーロッパ - それは皇室ではなく開発
の唯一の文明世界は、 。我々はアジアと呼ん - 帝国の発展のゾーン..."。

20
ヨーロッパの帝国の建物は、代償、補完的なのが、国体の皇帝の原
則にして効果的に行に対抗するため、国民国家の作成を目指すことができ
なかった。しかし、全体としては、この競争のために国民の考え方そのも
のの状態は、中世の国家君主のうち大きくなると、universalistko との歴
史的論争には実用的な実装を取得する皇室神政国家プロジェクトができた
有用であることを証明した。
国家の形成のヨーロッパの歴史的プロセスの一般的な方向の状態は
欧州諸国では皇室の意識のおかげで定着するために"真剣にかつ永久に失
敗し、そのための許可されていないヨーロッパの帝国の効果的な政策を構
築します。スペインでも、ハプスブルク家、他のユーザーより皇室のプロ
ジェクトの実装のアプローチとは、皇帝の意識は、国民意識の中で支配的
になっていません:フェリペ 2 世の助成金の皇帝と王と呼ばれていませ
ん。
オーストリアハプスブルク家と帝国とオーストリアの精神の育成領
土皇室の伝統を永続させるため、ハンガリー帝国を求め、数世紀続いた。
などの異なる人々のオーストリア、ハンガリー、1 つ 1 つのようにするこ
とができなかったかに生息するその安定性と再現性のない小型の測定に時
間をかけて、オスマン帝国の軍事的封じ込めの必要性に貢献した。しか
し、後に弱体化し、オスマン帝国の後続の絶滅オーストリアの比較的簡単
に崩壊=ハンガリー帝国は、オーストリアの人々は大きな帝国の複合体が
保持されていませんが続いた。オーストリアの歴史の中で帝国の再発時に
まだ、ナチス第三帝国では 1938 年にオーストリアの定款中に皇帝の感情
のほとんどバーストされ、深刻な結果は、時間制限のおかげで国民の意識
を持っていなかったが発生しました。
植民地帝国はさらに小さくなり、歴史的に安定して帝国の複合体を
形成することができた。例えば、イングランドでは、巨大な植民地帝国の
遺産相続人は、植民地帝国の壮大さに 郷愁を質量だけでは解決しない貴族
のカルチャーグループの心です。現代のオランダ、ベルギー、ポルトガル
語の帝国の遺産でも、以下の効果が、そのことについては、英国の国民国
家と市民社会を作っていた:"...ため、帝国は、サービス自体を介して
(を通じて人々を一体国民は帝国から異なっているの主権 の場合 ")は、
国家としての - つで、それぞれの相互依存関係を介して、すべての自律型
の相互接続を介して、"民間外交"。"
したがって、西ヨーロッパの歴史の内部の傾向は主に国民国家、帝
国の傾向のコンポーネントによって補わの支配的なラインの形成の相互作
用によって決定されます。西ヨーロッパの発展に外部に影響を与える"本
物"、すなわち、との長い対立を提供神政帝国。まず、東ローマ帝国(ビ
ザンチン)、その後、アラブイスラム帝国、オスマン帝国とそれに続く一
連のモスクワだった(イワンはひどいとアストラハン汗国のカザン征服か
ら)、ロシア帝国、ソ連。の起源についての質問を見てみようとロシアの
共産主義、H.の意味 1 つの。ベルジャーエフ正しくは、"過激主義 3 番目
の現象は大ですロシア語、ロシア語主義 - 最初のイベントは、モスクワの
王国で、2 番目の現象は使徒ペテロの帝国と指摘した。

21
神政帝国では皇帝の動向を自然の中では、民族国家形成のプロセス
を支配されます最後に、国民の成熟したフォームの構築に到達しないでは
ありません。文化と文明のシステムの他のすべての条件、つまり、すべて
は、ヨーロッパでは、支配され、システムの帝国では逆の方法で構築され
ている周辺機器や限界、またその逆。
何世紀もの歴史的プロセスの過程で重要な文化と文明社会、自己の
原則決定について、その反対に関連して形成された基本的な特性。このよ
うなアプローチの例として、学士 Erasova のビューで結果をすることがで
きます:"イスラームとヒンドゥー教は、何世紀側の側では、単一の社会
の多くの内に、存在している独自のシンボルと定数の相互作用の信念とが
互いに反発改善された。"
ヨーロッパヨーロッパ、神政帝国の近所ではいけないとされないと
欧州の間で永続的な恐怖を呼び出していない、さまざまな場面で発生する
が、常に全体を、より多くの反対小反対の恐怖!ロシアヨーロッパとの一
定の相互作用では、ほとんどの場合、この相互作用の軍事行動の過程で、
貿易ではなく、発生しますが、進化して戦争はまた、異文化間の相互作用
の専用フォームは、知覚 inokulturnogo 経験の可能性を導入する。ロシア
ヨーロッパの影響を受けずにもさまざまな方法を開発しています。
この点では、それだけでなく、ロシアの近代化の問題に対 処するた
めに必要なことはできませんように自己自身で何かを自然に発生するプロ
セスを建てるはないが、前述の macrohistorical 弁証法的相互作用の一つ
としての側面。
どのような皇室の近代化ですか?帝国しない文明の統合の方向に
アールヌーボーでは、実際には進化して、彼女はリベラルな変性と内部の
弱点は避けられないのが怖いのとき inokulturnyh 民主的な政治機関の撮
影を目指し、資本市場は、必要な人権の尊重のすべての重要な量で自分自
身をコミットします。
帝国の近代化の目標 変 性症では、帝国の軟化構成されていない場
合、のために重要であるだけで、正常にと柔らかなオプション(に - 競
争)に対処する助けとなるでしょう敵にします。帝国の近代化ではなく、
社会の構造変化を意味しない、これらまたは他の分野では主に量的な変化
は、主に軍の建設の必要性に関連する。また、皇室の近代化は、主の安定
化とは inokulturnye 借入し、文化と文明のシステムの個々の要素の競争
力の達成に役立つの帝国の基本的な特性の保全のために行われている。
このように、プライベートに尊重すると、それはソビエト時代の皇
室の近代化の代表的な例は、レーザ Pellikani と考えている場合、現代
の"社会 - 法社会、共産主義国家の行動のすべての法律に拘束されていま
せん。共産主義国家のアールヌーボーの全体主義国家のバージョンとし
て、モダニズムのすべての基本的な原則を否定していると、党の官僚主義
のルールのためだけの科学技術の進歩を借りされていません。
国への帝国の近代化への状態、我々は国家のエリートの非効率性と
皇帝の政策の直接的な被害を実現、トルコの例を見ている:"は、東から
西に延びる状態では、さまざまな国の要素を組み合わせた別の文字や文化
があります。は、内部組織は当然、その根幹で、その受け入れがたいです

22
欠陥がある。衰退の一途を長い期間を通じて、軍事的敗北を渡す、トル
コ、国民国家建設の皇室のプログラムのパラダイムを変えるための力を見
つけることは、世界神政帝国の自主的な解体の稀な例を示している。
ムスタファ(ケマル)アタチュルク 1923 済みで、皇帝の遺産を持
つ急進的な休憩時間には、古いスクリプトは、トルコ語、アラブ、ペル
シャミックス、アラビア語のアルファベットに基づいて表すと、新しい公
用語に置き換えること、話されたフォームを介して作成された遺棄した
ベースとラテン語です。 "ケマルアタチュルクの改革によって近代的なト
ルコの作成、市民ナショナリズムの範例とみなされる可能性が...アタチュ
ルク西、ほとんど明らかに文化的、文学的な手段の廃止を介し自体は、帝
国のイスラム教徒のエリートを表す表現を選びました。 "最近数十年間
で、トルコ積極的に欧州の政治、経済、文化空間への統合に向けて動いて
きた。それと同時に、ロシアにも同様の選択の可能性を、従来の封建的、
帝国のプログラムの慣性効果を妨げられている。
帝国の近代化は帝国の解体と、逆に関連付けられていないですが、
その成功の帝国建設と生殖の課題への新たな歴史と社会文化的条件に貢献
します。これは歴史的文化的現象の特殊な皇室の近代化と見なすことがで
きるタスクの特異性です。
もちろん、私たちの皇室の近代化の一般的なモデルを提示したが、
歴史的、社会的現実、文化のプロセスは単純な機械ではありません。対立
と葛藤が文化や文明の対話の形であり、彼の弁証法的な剛体力学的スキー
ムに適合していません。これらのスキームから外れるの全体的なロジック
は、ヨーロッパとの歴史的な相互作用のコンテキスト内で建てられ、ロシ
アの近代化の皇室と自由主義のモデルの非対称性と不平衡の組み合わせで
正規表現を変更しないでください。
リベラルなモデルの下で、我々は西は、リベラルな方向でのロシア
の社会の変容を含むの文化と文明の経験を知覚のタイプを理解する。ジョ
ンバ ーバ ンク のビ ュー をポイントし、 "虚"によると西 "モデルまたは
antimodelyu 架空の"ロシア"は、このバイナリの反対、他の文化的なプロ
ジェクトにスナップさになっている。"したがって、近代化の文脈で、ロ
シアと西側との関係の歴史的弁証法は一見したところで、ロシアの文明の
純粋な内部のディメンションが見える別のディメンションを取得します。
長期的に"ロシアの文明"議論の余地の使用。いくつかの文化科学と
文明の研究者、特にナット。ポメランツは、不適切な、しかし、研究者の
かなりの部分がこの言葉を取っている考えてみましょう。われわれの見解
から、長期的に"ロシアの文明の"非常に東スラブ内の指定 subtsivilizatsii
として正しい(または正教)文明社会だ。
一貫性のある回転の状態を帝国と、ロシアの歴史の中で、近代のリ
ベラルなモデルではないだけで、このシーケンスので、直線ではありませ
ん。電源の動向どのように異なる症状を、彼らはほとんどの場合、並列で
動作します。時点ではときに、帝国皇帝の近代化 inokulturnye 要素は、
社会の皇室制度の文化的要素との関係で非嫡出の次の段階は、このシステ
ムは必然的に浸透されます:"欲求は、最も原始的な社会制度、資本主義
の近代化、欧米の経験を否定的な認識と混ざり合うの変換を完了すること

23
です。欲望の国の文化の本当のまたは想像上の優位性を維持するため、 1
つまたは社会の他の特性、文化的な構造は、プロセスにも、非常に軍事的
行政改革の限られた一貫性がない。
ロシアの社会文化的な空間に地中、これらの要素は、それによって
自由な近代化の動向を、後続のサージのための土台を準備して、システム
の 皇 帝 の 根 拠 の inokulturnye 内 部 浸 食 貢 献 し ま す 。 タ ー ン で
は、inokulturnyh 要素の豊富な、社会の帝国の根拠 の弱体化によって、
文化システム、社会不安の原因と同行し、ルールは、皇帝のシステムから
の抑圧的な反応の硬さの度合いが異なるよう。
ロシアの社会の限界を連続浸潤、ロシアの社会へのヨーロッパの影
響、浸透の文化のシステムを自分たちの家系に西洋の要素の文化的なシス
テムでは、ほとんどの魅力の相反する感情を決定し、除去、ロシアが、西
側は"となっている... ...に対してもロシア語や目的によっては、求めを感
じた目的は、射殺された..."。は、ロシア、西側の西にとっては興味深い
です - ではなく、その具現化され期限:"西の"西洋" - ビューの完璧なポイ
ントは、文化的、地理的な現実ではなく、"。西洋文明の知覚の記号の他
の極端な社会的、文化的な生活ではその逆に 変更されます:"...私たちに
悪いことは西から。これには、件名の活動に積極的 partitsipatsii し、私
たちの価値を守るために真実は、最高の刺激背教の恐怖を自動的に
partitsipatsii 悪西リードの恐怖を刺激する。
これは、国民意識の中で、ロシアの文明では、アジアコンポーネン
ト上での反射より弱い表現であることに注意する必要がありますヨーロッ
パへの私たちの姿勢については、一定の議論も。これは、ロシアの一環と
して、同社独自の"内面を抱えるアジア - アジアとアジア地域が、まだそ
れは中東の仲間入りをうねりはできませんが、何世紀ものために、その
ユーラシア空間をアップグレードして"知られている。
リベラルな文明への帝国の科目の魅力と反発の感情対立している。
一方で、帝国自由文明財、知識、技術 - における魅力的な利点を取得する
ことが求め他方では、これらの利点を生成する統合されたシステムは、拒
否の皇帝の意識。 inokulturnyh の借入豊富に直面し、帝国の社会的文化
的制度が復活の到達量のレベル inokulturnye 要素を整理し、完全にシス
テムの再生を開始以来、怖がっている。ここでは T.パーソンズリコールに
は、適切ですが、途上国の輸入社会文化的な経験の隔離のプロセスの近代
化を受けて検査し、注目は、一定の試行では、許容できない受け入れられ
る傾向は"より高いレベルの文化的価値を維持することです輸入
inokulturny 経験を分割するには、同じで開幕途中で主要な機能のサブシ
ステムのレベルでの値の仕様、すなわち、次のレベルの急激な変化。
われわれの見解では、ロシアの主要な機能のサブシステムのレベル
でこれらの変更を厳密に線量ため、狭いで動作するときは、借りて厳密に
制限定義されていない状況"の下に"定着していない、それ以外の
disistemnye 要素の代替システムへの形をすることができますから。した
がって、投与量と隔離 inokulturnyh 要素は、皇室の意識は、常に真剣に
撮影するという決定に挑 戦です。

24
文化的なシステムでは、皇室の意識の永続的な複製、ロシアの社会
の内部の安定性を維持する既存のメカニズムのイノベーションプロセスを
妨害する。システム制御と望ましくないの抑制を介して外部環境からのエ
リートの観点から、社会的文化的な情報は保護されます。モスクワ、ロシ
ア帝国、ソ連を求め、主に、情報の分野に関連する欧米の inokulturnuyu
認識技術と器楽。したがって、複製の歴史的、社会文化的ダイナミクスの
過程減速の社会文化的、宗教的アイデンティティによって達成されたとき
にその育成のイメージは、確かな教育と市民権を知らない、と(モスクワ
当局は最高の国のためにそれらを認識し、ほとんどの政府は、自分の
フォームと子音の人々がもし、神の良い概念だけでなく、良好なデバイス
いくつかの教育を受ける可能性がほとんど行うことがあり、この目的のた
めに、すべてのそれを改善するため、何も外国人を回避しようとすると、
その土地の風習を変更することを意味破壊王"。
回では、ポリシーの制御と通信の特徴自給自足、すなわち、国の経
済、政治、文化の領域の一貫性と目的を分離取得の制限。情報と人間の接
点には、この制限のアプローチの例では、ヨーロッパの多くが、ここで素
晴らしいだけそれらのいくつかを与えるから来る。たとえば、自分の時間
のニュースレポート - "チャイムズ"は、国際親善、外国人のソース令に基
づいてコンパイルされた - 1703 年 1 月に国家機密と見なされ、されてい
る情報の普及を監視する。次の歴史的事実の結果が人間との接触の制限の
範囲を説明するために:すでに"イワン 3 世の西部国境を越えての死刑を
導入した。
このような行為何度も、その後、国家歴史の中で再現。我々は注意
して j をフレッチャー参照してください例として:"ランの距離(からモス
クワは非常に難しいため、すべての境界線は非常に慎重で、このような試
み、もし彼らが犯人を捕まえるのが罰として保護されてもう一度、そこ死
刑とすべての財産を没収され彼らだけの読み取りと書き込み、およびた
め、非常に少数のかを学ぶ。彼らは、外国人はその状態に E コマースによ
る以外の教育力から来るように許可されていないのと同じ理由について
は、自社製品のマーケティングおよびそれらを介して取得するには、外国
製品。歴史的発展は、この新しい段階では、すでに 20 世紀には、モニタ
リングの慣行、制御と情報の独占主義体制の毎日の練習になっており、真
の言葉の制度的独占のバラエティに富んで禁止...主義の暴力のツールボッ
クスに含まれる。"
は、1 つの帝国の固有の矛盾の正式なロジックの面で孤立主義と侵
略の単一の状態を生物的に malosochetaemyh 注意してください。一方
で、帝国自分自身と他人の 厳 格な形而上学的な反 対 によって、特徴があ
り、過去のフェンシングオフ可能なすべての方法では、"知恵坊ギリシャ
人の母親の陰険な教義として"。したがって、17 世紀もいます。天使の商
人、外国人とのコミュニケーション後に 帰 国、教会に特別な浄化の儀式
は、この実践を示し、ジグムント Herberstein の罹患率をコミット:"誰
がラテンで食べて、これを知ることは、ラテンアメリカの国を歩いて浄化
の祈り...商人や旅行者をクリアする必要があります、聖餐式を失うではな
いがそれに悔い改めの祈りによって、教会との和解をしたことを認めた。

25
これ帝国としての地位を検討することを好む一方で、それは世界の
明確な区分ギリシャと野蛮人、純粋と不純、世界の 悪 との 戦 いに正義と
7876 を刺激する帝国"には、通常の軍事力の膨張拡大を使用して実施の世
界帝国。だからこそ帝国単純にすることはできませんが、じっと立ってい
ると自然の境界内に居住空間のレンダリングは国内の法律がある。もし私
が比喩的な意味は、英国の植民地拡大で詩的にハンナアレントが言っ
た:"拡大 - それは、すべての...私は、惑星を併合した"と述べた。この衝動
は、世界を支配する自然の本能の不変性と、それゆえ、この事件は帝国建
設の信者とは見なされませんされている以上()の手配を消化することが
できる吸収して世界帝国の悲しい歴史的経験で動作します。
帝国は、それ自体対 象は、皇帝の表現を分割する、と信じていない
場合に不利な歴史的な経緯、誰かのミスや欠点の分野で、世界の支配、あ
るいは、少なくとも帝国の国境をフレーミングの大部分の制御を確立する
ための実用的な実装、それはおそらく。プロフィール多くのロシア人に
よって共有されていない場合は契約 Belovezhskiye(全国裏切りと人々の
背後の癒着)は、ソ連はほぼ永遠に存在する可能性 - 同じ意味数の現象で
ある。
どのようにこれらのアイデアに矛盾は 80 年代後半の展開 - 90 年代
の初め、20 世紀の居住。トレンドは、明らかに覚えて、それらのイベン
トの時代。 1990 年には、メートルゲフテルと、ソ連ではそれらの年の多
くを超えて近い文明、廃棄感知別のロシア人の反乱や地政学的な変
更:"既に終了時に、このアプローチで - ロシアの課題としては、不明な
ものとして、火山のようにかろうじて煙に始まり、しかし、明日は溶岩の
火口は、多くの人間の運命は、アゼルバイジャンの溶岩アルメニア人の確
執も火傷を注いだ。幸いなことに、これらの premonitions は、将来の現
実を反映して、地政学的な破壊の規模を与えられていない、すべてが比較
的穏やかだった。
しかし、瞬間のためにある"罪"とされる、ロシアウクライナ、カフ
カスに愛国心を触発された... ...我々は、ソ連軍は、ソ連と治安部隊()メ
ソッドの軍事""に秩序をもたらすにしようと忠誠の誓いを完了したと仮定
します国家旧ソ連国家の共和国。意欲の国でこのようなシナリオでは、イ
ベントに参加していた。 1991 年 5 月、モスクワ陸軍と海軍では、とりわ
け、規定のメンバへのアピールが採択の最初の全ロシア会議兵士の国際派
主催:"困難な状況では、国内の状況は、軍は、ソ連の不可侵の信頼性が
保証ままですが、市民の和合と平和のための鍵社会の発展のセキュリティ
の防波堤。
電源のシナリオでの展開を意味する 10 年の塹壕で過ごし、生活の百
万人虐殺は、少なくとも、難民の数千万人と国内避難民は、直接または間
接的に別の州や外国からの軍事ユニットの紛争に関与する。誰がこのよう
な状況)は、愛国者、彼の同胞の運命に無関心ではない男性は、人の潜在
的な戦争犯罪人の名前を - に(旧ユーゴスラビアでの状況を参照の名前を
請求できますか?われわれの見解から、愛国者は、エンパイア事実ではな
く後、 対 策を積極的にボリスエリツィン大統領、ウラジスラフシュシケ
ヴィチとレオニードクラフチュクになるの歴史の中の最初の時間はほとん

26
どの兄弟殺しからの人々、保存された人々。加えて、帝国の下で、多様な
地理的、文化的なスペースの組織 - それも、そんなに時間はないが、一昨
日、人間開発のどの段階で、一般的に 20 世紀解体帝国の時代のように定
義することができます。
我々は現在、理想的に浸した放射帝国の適切な被験者の典型的な画
像の輪郭をしようとしなければならない。このイメージは非常に社会的な
対象となり、この矛盾を、より明示的な近代化のプロセスを強調となって
いる議論がある。皇帝の権力の近代化の皇帝のモデルによって行使、絶対
に彼の件名に従順を参照するには、同じ時間では、アクティブなライフス
タイルを望んでいる。たとえば、Leweck は、"ピーターさらに、それらが
自由な人々に似ている"と我々の現代、1 つの。ブザンソン、ニコライ 1 世
の治世の時代に、自分自身のアドレスと主張し、ロシア奴隷の増加は、フ
ランスの有名な歴史学者は、政府の失敗を解決するため努力したピーター
のジレンマの詳細 - どのように"など、意識的に、自由に行動するとし
て、彼を維持してスレーブにする。"
この問題は、原則として、そのとき一人の判断の矢面に取り、彼ら
のために全責任を負うが解決されないことに注意、彼は奴隷になるとする
ときに関係なく、一時的な歴史的な経緯は無料となります。異常な状況に
直面してソ連の男のようなリリースでは、その極端な形での戦争、彼
は"内部の解放を感じており、スターリングラードとき、火災の下で、当
局からのカットの最前線では英雄とヴィクトルネクラーソフ人生と運命ワ
シーリーグロスマンの小説を書いた指揮官と commissars、人々は、中止
声を出して、スターリンについて話すことを恐れるには、ソ連の強制収容
所の政治的抑圧無料になります。
しかし、帝国政府はそれ以外の場合、歴史的な時間間隔のコンテキ
スト内で簡単に除いて、この人工的な中断、教育、プロパガンダと抑圧の
選択システムに基づいて、帝国の件名の育種、最近では、理想的に具現化
ソ男性の典型的なイメージなしで考えている。これは、状態の無償の愛を
組み合わせる必要がありますし、同じ時間がない個人的な利益がで、彼
は、運動の楽観的になる必要がありますし、 altruistichen、そして最も重
要なのは、ためらうことなく、いつでも別の ideokraticheskogo プロ
ジェクトのように自分たちの生活を犠牲にする。
蓄積とそのすべての個々のメンバーの力を独占ベースの帝国"パ
ワー、必然的に、それぞれの強度を奪って彼を奪い、自分と人間の機能が
自然です。彼はクルマの蓄積電力の歯車となり、唯一の使命は、全く同じ
マシンの最後に微妙な反射で自分のコンソールにできるようにしただけ
で、その内部の法則に従うことは、これは世界中をガツガツ食べるように
設計されます。"
加えて、彼は西部の法的な意味ではないプロパティを持ちます。そ
のような概念としての値をこのシステムには、私有財産と個人の自由の権
利を実質的に不在であるすべて彼は所有している彼には一時的にのみ、条
件付きで、どの時点で何もかもを取る可能性のある当局の許可を得て、属
しています。口頭でのレベルと書かれた宣言と""立法のレベルでも上に存
在するかもしれないが、行為の言葉も制度も精神的な補強ない敬虔な宣言

27
よりも多く残っている。幸福を理想的な帝国の典型的な科目である権利と
自由については、プロパティ、および適切に無私の奉仕ではなく、されて
いない彼には皇帝の権力の形式で表示されます: "サービスの状態に高い
地位に - これは本物の自己ロシアで実現されます。"
帝国の Mytheme 理想的な科目の主要な帝国意識キメラ、重要な歴
史的抵抗性を示すことは、歴史と社会文化的な力学の新しい分野での役割
は、イデオロギーや語彙の調停は、適切な時間を取得する。また、社会的
意識のさまざまな分野で投影され、この神話に普及している。の Af ロセ
フ、現代のロシア 20 世紀の反省は、"ロシアはもちろん、西側諸国とほと
んど交わりが、人格、魂のない、無節操な、石の非常にされている。ボン
テージたくさん。
アールヌーボーや制度の価値観や西洋文明の規範の拡張では、近代
化"、および他の文明の基礎は、一方では西洋モダニズムの文化的、制度
的基盤の間に継続し、現在 1 日の対立を作成して全体の地域や個々の国と
して - その他のと。"この拡張我々の議論の文脈では、言うことはできな
い、別の現象に関するものです。ただし、用語自体ははっきりと定義され
てはかなり広く、文化、社会学、政治学で使用されているこれは、いわゆ
る"効果は、開発に課せられたと呼ばれる。課さ開発の効果を近代化の独
立したモデルではないですが、主に近代化の幻想は、その様々なモデル添
付されます。 1 つの多くの場合、時間をかけて、オリジナルの模倣から変
換された同化人為的に、伝統的な社会に導入された近代化の過程での位置
を、自由社会の whereby 模倣形式のステートメントが発生しました。
もう一つの VG ベリンスキーは、今日のモスクワとサンクトペテルブ
ルグに彼の比較は、西洋の影響の北の首都での一般の人々の生活に含まれ
る"結 果に なっ て気 づい たのコーヒーや葉 巻 、これも甘く 郊外みんな
フィード、素晴らしいセックス...コーヒーを強くせずに生きることができ
ます。郊外の農民のサンクトペテルブルクすでに自分で波の音に合わせて
踊る...."回復フランス語カドリール、、ロシアの民族舞踊を忘れた日常生
活のシミュレーションのフォームを簡単に十分な、しかし、どんなに素晴
らしい付与され、フォームの同化からのコンテンツをマスターするまでの
距離です。しかし、ロシアの近代化を長期模倣の形で、ヨーロッパの文化
の外部症状されている模倣関連コンテンツのフォームを充填する処理でき
ない可能性が高い以上です。外国の文化の模倣の要素の外部形態は、特
に、ペテロの 変 換のように、私が見たことができ、ポストの 変 換は、
ピョートル時代の近代化です。
外部エフェクトの終了イベントでは、同じ時間で多くの場合はほぼ
完全には測定可能な痕跡も残さずに消えることがある場合には自由主義的
改革の人生の自由な道の形状によって課せられたの拒絶反応の過程を観察
した。また、波 antimodernizatsionnaya 多くの場合、レベルの歴史的
predmodernizatsionny よりも低くし、社会を拒否します。この点では
古典的な例では、イランのイスラム革命の形で発生した伝統主義の爆発で
すが、有益な例が、1 つだけではありません。当社独自の歴史は、この多
くの例を提供し、それは、"ロシアは文明の基礎にある - アジアが、これ
はアジアのピーターヨーロッパや Europeanized 上位層に残して、になっ

28
てリコールに関連され、アジアの人々。結果として、帝国は、欧州の上位
層はほぼ完全に一掃され、いくつかの段階で破壊崩壊した。
Motif の現在のロシアの歴史的な実践の開発上の 2 つの方法で課税さ
れます。について、彼は実際には、帝国は、西からではなく、技術だけで
なく、特定の社会的、文化的な機関で効果的にグローバルな戦略的競争の
と同じ条件では西に立ち向かうために借金する必要がありましたで話すよ
うに。このような苦痛の借入制限の開発に直接影響が呼び出されないこと
も重大なミスになる影響 inokulturnoe 過小評価する。この方法ではない
間接的、時には直接的な存在は、西洋の(圧力)は、ロシアの皇帝の権力
とその科目の間の関係を構築することを想像することは困難ではない、西
欧諸国は旧ソ連では、ヘルシンキファイナル法、なかんずくの署名後に課
せられた、少なくとも需要を覚えて "第 4 の人道バスケット":人権を尊重
する。そして、それは最終的には、世界の文明の様々な生息地に広がる欧
州、欧米の感覚で、人権問題についてだった。
は、ロシアの国内での生活のこの側面に直接、ヨーロッパ、欧州全
体として大西洋文明の影響力に依存され、人 権 のための実用的な点とし
て、ソ連のような皇帝の権力の中で最も不自然な自然され、中古で旧ソ連
時代。しかし、市民権の排除の問題は、孤立した自然ではない、それが永
久に除外と一緒にスタンド、ロシア、欧米の機関にインポートします。そ
の代表的な民主主義の機関は、裁判所は、ロシアの選挙制度が、主に模倣
するだけでなく、真剣に、元の(西変更フォーム)の内容を外部に注意ま
た、これらの機関の安定性を 軽 減 antimodernizatsionnyh 動向直面す
る。
これはロシアの皇帝の権力の進化には、産業、軍事、社会的技術の
開発に関連する問題に対処する必要があります。ロシアの有名な哲学者の
移民血圧 Vysheslavtsev、現代的な西洋の生活といえば、当然観測: "何
がここに新しいですので、生活の条件を変更するように見えた?答えは明
らかです:それは正確な科学(数学、科学、生物学)と科学的な手法です
が、科学的発見の上では、工業化。すべてのそして、以外と、上記の状態
と、法の合理的な組織、自由な法律や民主主義国家、個人の安全と自由、
それなしにはない創造性と発明と科学が確保されます。"
私たち自身には長くソ連の過去の前に見ますと、私たちは、この極
端なプロセスは、重工業の当時としては近代的な作成に使用するには、参
加者の発展の動員モデルに基づいて、どのようにすべての力を覚えてみま
しょう。ソ連帝国の近代化の奴隷労働、ソ連の捕虜数百万のできる限り広
範な使用に基づいて自分の骨現実社会主義建設では、採掘されたウラン鉱
石、運河、北極やシベリアの都市建設。
人 sharashka""ダンテの想像の 12 番目のサークルの最初の輪を送
信すると脅迫で働いていた城ソ連の科学者、スターリンが地獄の現実に祀
られ、力の限界で、アメリカのモダニズムは、特に米国との軍事戦略のパ
リティを達成するため中旬に 20 世紀の科学技術のレベルです。ソ連の囚
人 12 番目のラウンドでの保護の任意の手段がなければ、素手で、採掘さ
れたウラン鉱石はまりこむことが保証され苦痛の時間を合理的に短い期間
で死んでいく。これは極端な例では、間に骨折し、人間の生活の苦しみ奈

29
落の底は、巨大な死亡率の無限の数に応じて位置して集計し、国の過疎化
につながる。ロシアの人口の人気の軍のサイズの極端な上昇の結果とし
て、1995 年に、270 万人で、専門家によると、私たちの国では、同じ
1995 年に住むことができる対約 146 百万。直接、ロシアの間接的な損失
は、20 世紀中に約 121 万人に達した。
20 世紀の後半には劇的に外交政策のコンテキストとしては、旧ソ連
と課題は、国が直面して 変 更されました。ほとんどの先進国の近代化を
徐々に開発後の産業の段階になった。書籍"1 次元の男性では。調査の先進
工 業 社 会 " は 1964 年 に 出 版 さ れ た 思 想 は 、 ヘ ル ベ ル ト マ ル ク ー ゼ
は、"我々(西 - sg の)社会をダブル圧倒的な効率性に基づいて、技術の
助けではなく、テロとの増加に伴い遠心力社会的勢力を獲得異なると指摘
する住んで..."。ポストのレベルの産業技術無料科学者の仕事の効率に匹
敵することはできませんは、科学者、サーバントのは、新しい環境での自
主的なメンタリティーが必要です。大きい寛容に向かって旧ソ連体制の
Evolution は、50 年下半期に観測の最後の世紀の居住、西洋の基準に生活
スタイルの個々の要素のアプローチを伴って、唯一の自主的な人道主義の
精神は、徐々に変性が原因ではなかった。これは非常に変性症は、システ
ムを強制的に適 応 して、新しい歴史的な状況に引き起こされた多くの点
で、軍事的、政治的競争力を提供するユニークな、避けられないコスト化
します。
ソ連政府は、政治局西、徐々に最大の貿易パートナーとなり、常に
新しい技術の取得がますます重要になったのは、ソースの国されているた
め、注意して行動するようになった。たとえば、政治局の長さでは、この
ような状況の下で、ロシア人の時間になっているなど有名な作家とは議論
のソルジェニーツィンの"収容所群島"のメンバーの西メインの作業の後に
ノーベル文学賞受賞。本質的にすべての提案を、下に 2 つのゆで:海外に
派遣し、ソ連ではソ連の法律の完全な範囲を試みた。私は告訴されるだろ
うとベルホヤンスクに送信されたとして、同志を提案した。コスイギ
ン、"まだ誰もが外国人特派員が行く:それは非常に寒いね。"だが、痛恨
の同志と指摘した。ソビエト連邦のソロメンツェフ、"ソルジェニーツィ
ン - 不倶戴天の敵。場合、それはすぐにソ連を運ぶには外国株は、それが
可能になりますが、もちろん、この問題は、遅滞なく解決した。しかし、
いかなる決定も、外国人政策行動に影響を与えるのだろうか? 。
したがって、ソ連の国内政治外交政策上の特定の依存度は、外務省
と国際課共産党中央委員会の運営にいたが、国際的な状況だった。これで
ポストを中心に、先進工業軍事技術の効率化に向けて世界帝国システムの
内部の浸食によって同伴されると、アウトになって西欧化をもたらした課
さ開発の効果、disistemnyh 要素の 拡 散を主に現れるアクティブにしま
す。
ターンでは、ロシア、その後、ソ連帝国の発展は植民地と半国内お
よび外国のアジアとの関係に課せられたの源だった。古典的な例では中央
アジアの旧ソ連の近代化です。 20 世紀の 70 年間に思えるこれらの国は
これまで、過去の文化の警官のイスラムの基盤は弱く、保管、暗 黙 的な
フォームの他の宿泊で行ったの伝統的な方法です。しかし、ソ連の崩壊

30
後、これらの国々は急速にその自然の歴史的条件、すなわちに戻って落ち
た中世の封建的専制政治、彼は"氏族や部族の断片化は、数千年のために
特徴付けている状況は、に戻り、ソ連の撤退後、アフガニスタン近隣凍ロ
シア語英対抗の時に、その後、冷戦の論理。
今日では、最大の自己の社会の基本的な特性の啓示-中央アジア諸国
の文化のシステムでは、現代的な国際秩序の存在は、孤立主義は、中世の
フォームにはさまざまな恩恵によってのみ制限されます。人道問題への国
際社会の関心を弱体化した場合には、同じ時には外部からは、この基盤の
上にも装飾を与えることは難しいが、排除されていると自由主義の政治シ
ステムの属性を課した。とすぐに、基本的な原則は、上の中央には、末梢
からの文明の方法の変位はその軌道の前に下落している多くの人々は、そ
の社会的文化的伝統を持つ行の他の宿泊生きることができるされている帝
国の組織を損なうている。それは自己の伝統の再現これらの人々は労働の
国際分業に参加することを許可しない場合、世界の現代の一部にな
る:"これは、全体の層とゾーンが社会的にではなく、経済 的に処分のリ
セットは、21 世紀には、後の方が簡単ですし、安く捨てるために前提と
する論理です。"
私たちは、社会の外部の面で、ロシアの近代化のプロセスが決定さ
れると信じて、西は、あいまいではの魅力と反発に関する表現されて皇帝
の反対の目的論。近代化の過程の内側面では、支配的な宮廷闘争の力学に
よって決定され、近代のリベラルなモデルのコンポーネントとして提供。
当社の次のセクションに専用されてどのようにこのパターンの歴史の中で
自分自身のマニフェストの一般的なスキーム、です。

Ⅲ。歴史的なシーケンスロシア語のアップグレード

ロシアの近代化と変革の歴史的なシーケンスに電源を入れる前と皇
位継承の相互補完性と近代化のリベラルなモデルでは、私は非常に学界や
okolonauchnyh 収差の歴史観では一般的に態度を表明することに希望の
実証的な資料を分析する。その本質は、ロシアの形而上学的な配慮のよう
に位置し、歴史的には、常に自分自身に等しくを修正しました。しかし、
国の境界線は、その人々の組成物、この組成物、文化的に対応すると文明
の風景何回も変更されました。加えて、 "歴史の中では、5 つの異なるロシ
ア:ロシアウクライナ、ロシア、タタール語の期間、ロシア、モスクワ、
ロシア、ピーターは、皇帝と、最終的に見ると、新しいソ連ロシア"。こ
れらの 変 更を無視して歴史 mythologizing の方向に一 歩 です。しかし、
ないの神話や歴史、その開発には、しかし、単一の神である皇帝の権力、
任意の時に与えられたそれ自体が、歴史的存在のすべての膨満感が含まれ
ます。
われわれの見解で、正当化されないから、国家の歴史と文化のこの
ような静的なビューを、その歴史と文化の動態の影響下にあるアカウント
の変更を考慮しません: "文化生活の構造と機能、新しいシステムやテキ

31
ストには、過去 - それは常に与え上昇の繰り返しをすることはできませ
ん。しかし、それは過去の記憶を含むことはできません。"しかし、ロシ
アの歴史の神話のビューには、国民の意識を安定的に再現する精神的な固
定観念と社会の関係に対応するフォームの連続性によるものです。
は、キエフ大公国の時代に生まれた精神固定 観 念を、強さを獲得
し、より強固なモスクワの台頭とプーチンの領土スーズダリ大公国とその
周辺の地域で様々な民族のグループに基づいて、ロシア国籍を形成中。コ
レクションの土地とモスクワ状態タイプのモデルは、これらの動向定着の
形成に様々な歴史的な大変動、地理的、民族文化の変換で再生できるよう
にする。し、再び社会組織、1 つの。Akhiezer ノート伝統的なプログラム
の複製を考慮したことの恒常性の"高いだけでなく、物の複製の文化の方
向に保証されていくつかの""、"自然の絶対不変のため、歴史的慣性だけで
なく、消費電力しかし、新たな文化と抑圧のは、システム、一緒に。"
歴史的なさまざまな状況でこれらの普遍的なプログラムはかなり定
期的に完全なものに多かれ少なかれと遊んだ。特に、 B の Kagarlitsky
は、ロシアの歴史は、これらの機能は、世界は、主に識別できるようにシ
ステムアプローチを尊重し、世界システムのロシアの立場から、それらを
離れて説明し、労働と貿易の国際部門で、周辺国への参加など。
選択 inokulturnogo 借り入れの 1 つの結果の間に大きなギャップが
形成された、常に社会生活の後進性、軍事技術の可能性は、欧州レベルに
描画。 10 月革命の 1917 年までの人々は、農民された主な質量の日常生
活には、の痕跡を多くの古風な異教の方法の保持いくつかのサブカル
チャーに今日の永続化します。人々の日常生活の中で変更の予定外の、皇
帝のアップグレードの悪影響の結果を主にした。 inokulturnyh(サブカ
ルチャーの形のように、このプロセスが続行)借入金は、社会生活のいく
つかの側面を強制的に適応の形で帝国建設の瞬間には、現在の問題に。
したがって、レーニンの事実は、"非識字者であり、したがって、ア
ルファベットを学ぶ必要があります外の政治を意味すると指摘した。こと
なく、このない政治"、これは、普通の人の法令とは、中世には、ときに
人々が楽器を知っていたのは世俗的な伝統を形成する継続的なソビエト体
制の命令を読むことができたの必要性を普遍的なリテラシーの瞬間である
ため、主にタスクを達成するためにつまり、することができます主に順序
は、聖書を朗読する。令は、理事会 1919 年 12 月 26 日の RSFSR の人口
のうち、非識字の廃絶 に人民委員 "の、読み取りおよび書き込みに、つま
り、ソ連の政治的生活への参加から実際の偏差を学ぶに失敗への罰則を確
立する:"の距離は、この令の義務から恥ずかしがり屋...起訴した。
主にエリートの遵守の近代化の皇帝のモデルには、原則として、
人々の日常生活の中で 変 化をもたらすしない場合は、ヨーロッパ化され
た。リベラルな改革の短い期間だけで、意識だけでなく、社会生活だけで
なく、国家の改革へのアップグレードにアクセス。
ビューの我々の観 点から、ロシアの近代化の 2 つのモデルの相互作
用の考慮事項は、"近代化という言葉を使うに入って来た時から"スタート
することはできません。近代化の 2 つのモデルの現象ネクサス以来、密接

32
に改革主義の現象と、ロシアの固有の文化や文明の領域は、ロシアの近代
化の歴史を開始する必要があります配慮の形成につながっている。
したがって、始めましょう。ここではどのように教授。メートル H.
スペランスキー、"それは一面、あるいは誤解の 悪 いビザンチン風に理
解:宗教に基づいて、中世の見通しを、下位のタイプ、およびそれ以降、
排他的な、国家、宗教、bukvalistika、儀式、教育の欠如のアイデアを正
式な関係は、教条主義に置き換えられて - すべての特徴をよく生成される
15 世紀のモスクワの特徴中世の考え方が、不公平、時にはグロテスクに
もたらした。
イワン 3 世の治世融合したとして、トレンドの不可分性によっては
逆に位置付けされ続けるの特徴で 説明することができます。私たちは、手
は、フォームの社会的および経済的耐用年数の関係は、欧州の対応、され
て十分なロシアの生活の中で強くしてください。モスクワアテネ"、"ヨー
ロッパの世紀"ロシアの中世には、キングサイズの最初の建設では魅力的
に 1 つの。ヤニと語った。しかし、他の傾向は、専制と圧制の強力な伝統
(イワン孫のドミトリー投獄された時刻ではなく、処刑と下層階級の人々
の懲役刑を言及するのに詳しい筋に関連して、ノヴゴロド、トヴェリ、ビ
ヤトカの住民の大規模な強制移住...) 。
ただし、征服地域の住民に対する敵対政策を思わかなりのは彼の後
継者グランドプリンスヴァシーリーと、もっと天皇バジルの息子が大王と
全能の王子イワン 4 世(テリブル)で開催さと比較すると自由がありま
す。何をしてモスクワ j をフレッチャーされた上を通過の観測は、これら
の土地の住民に属してからは、すでににしたモスクワの"アーム":"彼(バ
ジル収集していたし、彼の 4 分の 3 の住民が持ってきた、誰が彼を与えた
か、タタール人、彼と一緒に提供販売戦争。 "これらの相反する傾向を背
景 に し 、 皇 帝 の ア イ デ ア 、 少 な か ら ず の お か げ で 強 化
derzhavopriemstva コンスタンティノープルのオスマントルコは 29 日
が吹く 1453 年 5 月の下に落ちたの後続の合法化とソフィア Palaeologus
とイワン 3 世の結婚生活に貢献した。
これらのよく知られた歴史的な変遷を我々の談話のキーに近代化の 2
つのモデルとの関係をオンに形成し、ロシアの文化と社会の発展の 2 つの
代替の行の 対 決。場合にイワン 3 世の時代に、その融合したイワン 4 世
(グロズヌイ)の時代に皇室と protoliberalnuyu の動向など、複数の開
発オプションが含まれ、ロシアの最初の会社ではなく、まだ完全には意味
のある選 択 肢としては、この 変 更を認識し、欧州アジアからなっていま
す。イワン 4 世の特有のアルゴリズムの治世中に開始、ロシアの改革では
なく、定期的に、後の物語の再現の始まりとなった。若い君主-改質改革を
実施するには、ある程度の自由を着て仲間の非公式サークルを収集しま
す。
改革の様々な理由は、主に自分自身のシステムを拒否するが、失敗
することは、この排除の結果、矛盾と先見の明の自分自身の改革による複
利計算されます。イワン 4 世の改革と抑圧の権威主義政策だけ本物ではな
いに移行するには失望していた潜在的な相手、そのしも、彼らの農民とそ
の家族、世帯。抑 圧 の程度と、国王は、政府のモスクワ慣行のその時点

33
で、通常はるかに超えていた殺人事件では、ポリシーの残忍さで。イヴァ
ン 4 与党のこの段階では、改革の行方不明です:人亡命にされているブ
ロックの上に人の修道院です。
われわれが知る限り、別の解像度のジレンマの例では、ロシアと専
制的な力"を 1 つの。Kurbski によって示された"市民 - 海外に逃亡した。
国内外から暴君とすることができます受刑者にも大きな社会的、政治的、
文学的伝統の文字で開始されている元国王とカザンのヒーローのお気に入
りは、リヴォニア戦争 Kurbsky イワン IV に:モスクワの王子では伝統的
な«宿願だった午前彼の兄弟の血と悲惨と呪われた 荘園の日本酒のために
nesytstva のために台無し"。
改革プロジェクトは、何世紀にもロシアの最もダイナミックでのブ
ルジョア階級の一部を社会影響を与えて、自由なプロジェクトの幸せ、選
択されたすべての後続の自由主義的改革のためのプロトタイプのようなも
のを務め、実質的なコアの政府が開発した。ロシアのリベラルなプロジェ
クトが常にヨーロッパとの関係改善の思想から切り離せないものがあり、
ロシアの歴史の別の期間でフィニッシュすることに失敗しました。
特にロシアの強欲な閉鎖的な社会は、教会が宗教改革の時代とする
ために皇帝の反応 は、初期段階 defeodalizatsiyu 開始ショートカット方
法の勝利として、ゼムストヴォ改革である。 、軍事、行政と、すべての上
記のゼムストヴォ、改革を選 択した幸せの政府によって意図ヨーロッパの
技術だけでなく、政治的軍事的社会的後進性だけではなく、知識によって
規定されているため。これは、ロジックと、ある程度、その実施の方法
は、ロジックと方法の近代化の皇帝のモデルの特性との関係を維持し、こ
れらの改革自体に、いくつかのリベラルな要素が含まれている。
それにもかかわらず、ロシア、これらの年間では、開発の自由主義
モ デ ル の 除 去 に だ け は 、 10 月 革 命 の 1917 年 に 続 く 文 明 の 破 局 ま
で:"... ...おそらく私たちの世代の罪を払っていないが、将来的には壊滅
的な影響を持っていないで構成される最も重要な歴史的な範囲を実施しま
した古代のモスクワ? 、専制政治の後継者 Kalita か、誰が貴族や教会の
独立性を抑制君主と自由都市の政府は破壊された - 帝国の社会的身体の多
発性硬化症には、中産階級とは、"黒のインポテンツのボルシェビキ革命
の百"フォークスタイル"につながるわけですか?
それ以来、両方のロシアの歴史の中で喜んでは欲望の歴史的、社会
的文化的ダイナミクスを遅らせる一方、前方と後方の結果から、通常の動
きの動きの間でコンセンサスを維持している:改革派の敗北と保守的な、
アンチの勝利を決定エリートの改革派の一部を選択している政府に失敗し
ました。 "首都圏マカリオス、階層の長は、側近の王の、精神的なアドバ
イザーになることを管理しています。一日一日の後、一貫して、念入りに
彼のインスピレーションは、彼は、モスクワの王、全能の全能、その前
に、すべて - 奴隷。ツァーリイヴァン勤勉な学生、およびそれ以降、非難
午前 Kurbsky 手紙に応 答していた、彼のバリエーションで、繰り返され
る首都圏の言葉を思い出した: "あなたは私の besosostavnoy リテラシー
内のすべての同じ繰り返し、言葉の"様々な旋回、しているのでとは、ど
んな場合には、スレーブがマスタの電源が...ハンセン病患者の良心は、彼

34
の王国を手に保持するために、彼の公務員にはルールに考えたか。これは
厄介な心である - 彼らの奴隷ようにしなければしたくないですか?正統晴
れやかです - 奴隷の権限下にあるのか?"。
後でそこにすべての国の発展に影響して、その西部国境にロシアの
東部の戦闘の重力の転送された。特定の歴史的な状況を越えての軍事戦略
の優先順位の変更の値は、イワン 4 世によって撮影したものの、これらの
開発の時代に、その結果は悲惨でした:クリミアタタール人はモスクワに
道を開いた。クリミアハーン Devlet ギレイ、状態モスクワ焼失の中心部
荒 廃、 最も重要なのは、人が死亡したのは信じられないほど数:以上の
120000 の兵士や市民が、妻、赤ちゃんや農村部の人はモスクワには敵か
ら逃れ、すべての 800 を除く何千もの。
それはイワン 4 世(ひどい)とカザン征服とアストラハンで
khanates は、"タタール語遺産内のエントリに入ってからだった"とロシ
ア帝国の話を始めると、帝ピーター一で 1721 年に発表した長期が始まる
前にほとんどの現代的な西洋の歴史を見るのは、まさにこの点付着する。
我々は、プロセスとモスクワでの帝国の建設の内容の年代初めについて
は、このビューを共有する/ロシア注意してください。
彼の治世の初めにボリスゴドゥノフの改革活動は、むしろ密接に皇
室と protoliberalnye の動向などの概念の反 対 を受け取っていない絡み
合って態度を決めかねている。内部改革の両面性、一般的にもかかわら
ず、それの一般的な推力 protoliberalnomu 方向に近いと主張することが
あります。この方向は、もちろん、右側の 1 つの所有者から別の聖ジョー
ジの日で、農民を変更するの廃止などの電源などのアクションを検討する
ことはできませんが、それはプロモーションの印刷ビジネス、教育、外国
人の永住権と政策の目的への招待状を考慮することが可能ですヨーロッパ
との関係改善。
短期ゴドゥノフの治世中に彼を拒否した少なくとも皇帝専制的なテ
ロを継続して合理的な手順、その結果を除去するためリコールすることが
できます住んでいた。彼の治世は再びこれは実際にはリベラルなロシアの
支配躊躇して構成され、特定のパターンを明らかにする。そして、この優
柔不断のみ、外部要因のために、しかし、状況されていない内部の機能に
なります。ゴルバチョフ氏の試みは、自由主義的改革へのコミットメント
を組み合わせた相反する政策を保持するために B のゴドゥノフから歴史上
の人物の重要な瞬間は、従来、ロシアの近代化のリベラルなラインに起因
する、とでは、システムでは、約束し、内保守的な皇室の反発に自分のコ
ミットメントは、制度改正は、生理的な恐怖。したがって、アメリカの歴
史学者フランシス Vchislo"1860 グレート改革の時代(すでに"で - 1870
が"警察精神のは、"... ...機能と話した...と改革の展望では、以来、彼らの
意見をベース国民の関心と保全の優位性の認識を置く(秩序と安定性の保
全)"のほうを簡潔に書かれている - しかし、容量の大きいと true を返し
ます。
2 番目では、ボリスゴドゥノフの治世の 1602 年()から、薄いと
postepennno 彼の政策の分裂は、リベラルのコンポーネント間の危機
は、皇帝の専制的な要素が表示されますが高まるなか、特に、あるとき、

35
個人のセキュリティと電源への直接の脅威だったようになりました。最後
に表明していたリベラルな色合いの改革の混乱混沌とした時代来るが中断
された。
我々の談話の文脈では無視し、偽ドミトリー一として鮮やかな歴史
上の人物は不可能であるこの図は、キージェ中尉は、神話や歴史的、文学
的な性格を持って推測の様々に囲まれている。偽ドミトリー私では、モス
クワ州の伝統の外に持ってきて例の王位に登場しますは、NI コストマロフ
書き込み:"彼は自由のロシア語の音声と話を... ...すべてが新しいコンセ
プトでロシア語を学ぶ必要があった、彼らは別の生命を指摘し
た。"は、331 日、偽ドミトリー私は自由をより毅然とする改質を証明続
いた彼の王国の中に、同社の前身である(つまり、ボリスゴドゥノフ)よ
りも、彼は"驚いて boyars の鮮明さと心の活気が国政をしていた心。ソブ
リン proshlets しばしば忘れ:彼のあざけりと、それらを侮辱し、他人の
称賛からかいの無知を非難し、ロシア人学生外国人の土地に、時計の教育
とは人々の名前を得るを見に行く必要があります"と促した。
我々の調査の仮説を検討は、近代化の 2 つのモデル - 帝国と自由に
- ロシアよると、支配的な伝統によるとでは、皇帝のモデルは、主に焦点
を当て、我々に注意し、ロシアの歴史家の作品、または以下の意識の皇帝
イデオロギー区切って、ピリオド自由主義的改革とその支持者外国人は明
らかにインクルージョンのように見える、混乱。この思想は、極端な表現
では、世界の 悪 の局所症状としてリベラルな近代化の期間を 検 討してい
る。宣伝発音を着ていたそのため、17 世紀の最初の公式バージョンで
す。ホールディングは、自己ドミトリー指名なし defrocked 僧侶は、泥棒
と酔っぱらい Grishka けん引以外のです。同時代のイベントではかなり懐
疑的を含む多くの方法では、このバージョンにも属してプーシキンへのす
べての私たちのおかげで、この Falsdmitry 大戦のイメージであることを
忘れない
は、大聖堂で 1613 年にこれらの年間で発生して多くの独裁国家と
積極的に自由からのシフト皇室孤立ご利用されたメモの歴史的な機会を
ヨーロッパに向けてロシアのベクトルを送信することができず、例えば、
ミハイルサルティコーフリベラルな改革案の大規模なコンポーネントが。
各ヨーロッパから分離されるロシアのそのようなため、生活の様々な分野
の一層の受注のための基礎固めの含み益は、その後は惨めなので、心から
克服しなければならなかった受注。
準備された土壌を認識し、客観的かつピーターの改革のための主観
的な前提条件の空室状況、一般的にアレクセイミハイロヴィチは、ほとん
どが true の場合の治世の後半には現在進行中の改革を念頭に置いてい
る。期間より前ではピーターの大規模な鉱山、された棚"外国人体制"を導
入し、欧州の軍事ランク、ヨーロピアンスタイルの服の要素とはる
か:"これには、保存科学教育のヨーロッパの芸術と快適にモスクワで必
要性を感じた。外国人役員とは、ドイツの銃には、開始とドイツのバレエ
やラテン語文法を終了しました。"
我々の関心の文脈ではソフィアの治世中の談話は、彼女と定期的に
続いて、ほとんどの試みを忘れリベラル predmodernizatsii 作られたも

36
のです。イベントの事実に基づいた根拠の詳細な博覧会に入ることがなけ
れば、我々は多くのものアレクセイミハイロヴィッチの下、行われていた
し彼の直接の後継者が開発した、ピーター大戦の帝国の近代化によって破
壊されたの注記我々はもっと興味がない方法と具体的にどのピーターの私
は彼の改革が予想される前駆体と、これらの改革の方向性です。
探し staromoskovskim 受注に向けた彼の批判的な態度を隠 し、ア
タ ナ シ ウ ス - Nashchekina 、 Rtishchev は あ ま り 知 ら れ て い る 時 代
は、boyars の BI モロゾフは、VN ロマノフの AS マトベーエフ、およびそ
れ以降のロシア語西洋ワシーリーゴリーツィンロシアに移動ヨーロッパ。
人格と改革の幅を記述ワシーリーゴリーツィン、ポーランド大使のネビル
氏は、モスクワで 1689 年に到着し、書き込みの計画:"もし私は、この王
子について学んだすべてを書くために、私は、彼が挿入したいと言って十
分な完成はなかっただろうしたかった砂漠に、人々は野蛮人になる貧しい
人々を豊かに、勇敢な男性は、廃棄物の土地と小屋の石室内に臆病者。
この期間中に、一緒に地政学的な位置の強化とされ、ポーランドと
ウクライナの返還と平和条約を締結、農民改革のリベラルなプロジェクト
に開発されました。このプロジェクトでは、農民、相続の土地を受け取っ
たの職務ピョートル 1 世の年間税皇室の近代化には、対照的に制限され
て、奴 隷 の極端な形に持ち込み、自由な計画を国民生活の改革には、逆
ルート可ゴリーツィンピーター大戦の助教授になっていないが開発されて
いない場合でも、ソフィー残虐行為は、中世の裁判所はローカリズムが廃
止された - の犯罪者の手、足の指を切り落とすには、お問い合わせや処
刑、私たちの歴史の使徒ペテロの時代の特徴的なの日常慣行の背景に停止
すると、はるかに人道的だった。時セオドア開始スラブ用のプロジェクト
を開発することをギリシャ語、ラテン語アカデミーは、リベラルな考え方
vsesoslovnogo 教育を提供し、ソフィアは、ナタリアナルイシキン - 実
際には、上智大学と転覆 1694 年に亡くなるまで、考慮しなければならな
いので、判決ピーターの母停滞、無知と保守主義のシンボルです。
そ の 国 の 内 部 の 状 態 は 、 ソ フ ィ ア の 崩 壊 に 続 く
kontrreformatorskoe 運 動 は 、 確 率 の 高 い 学 位 を ベ ー ス
predmodernizatsionnyh 変換の別の除去につながる。しかし、変化する
外部環境のコンテキスト内では主にヨーロッパロシア地政学的な対立ばか
りのヨーロッパの新たな課題を満たすためになっていた。バックアップ伝
統主義- izolyatsionistkuyu 政策は事実上不可能だったこれを達成する。
実際にされて以来、少なくとも 18 世紀とでは、ロシアなどの国の歴
史的な非西洋の世界では、社会の劇的な加速文化のダイナミクスには、多
かれ少なかれ、正常な応答を与える西洋文明を、現代の課題に直面してい
る。以外の人々は、世界の西の部分の変換を余儀なくされた、変更、西洋
文明のコンテキスト内では、社会の新たな世界文化の伝統に表示されるへ
の適応を防ぎます。以外の異なる部分を非西洋世界はかなり近代化のプロ
セスを経ず、痛みですが、状況は、社会の完全な、本物の再現の文化的伝
統の下でも、実際の名目国家の独立、すなわち、損失の歴史や社会文化の
ダイナミクスは、次のセクションになるより発展した状態や近代のグルー
プ上の植民地に依存。女性福山、"国防の近代化は、先進国の一部が強制

37
的に変更を近代化の自然"と呼ぶ。近代化を主に社会の課題に西洋文明の
文化的なシステムへのロシアの適応反応の形式です。これは 18 世紀に始
まった"ロシアの"近代化"、 - 適応の最初の例では"後方"国の欧米の近代革
命に。
ロシアと西側に後れを取るのコンテキストでは一般的には、軍事技
術的、経済的技術的側面の心として、この分野の近代化の変更は、最初の
場所で行われたが、している。軍事技術分野での改革のための欲望ヨー
ロッパとの軍事競争の無能が原因で発生した。ロシアの帝国を借り、欧州
の技術、産業、科学、軍事の領域では道具的な知識だけでなく、生活やラ
イフスタイルの一部の要素の近代化の段階では:"科学革命のロシアへの
戦争の後、長年、主に考え、自然科学来た軍事をサポートします。"
加えて、ロシアの政府サービスクラス"に、非常にヨーロッパとの競
争に耐えられるように準備が必要。し、この目標を達成するために、より
複雑な社会問題教育を満たすために多様になっている。教科書の砲兵隊と
歩兵軍曹のメモではいくつかの共通の文化に追加しました。
そのピーターの改革の時代に行われた急速な技術進歩、政治構造と
社会生活に 対応 する 変 化によっては、不安定な基盤の上に構築されたサ
ポートされていた注意してください。として、私たちの歴史のソ連の期間
中には欧米軍と軍事産業に対して、しかし、この成功は常にローカルして
競争力のある、それは、また、レベルの民間産業の発展の任意のレベルと
一致していない作成することも人気のある軍の電圧を制限することのコス
トは皇帝の 権 力のその後の歴史的な期間で社会の発展として、その前に
あった旧ソ連ロシア。
ピーターの私は帝国の近代化のモデルの例表される改革は、まず、
最も完全な形で、意識的にリベラルな包有物から、 "専制政治と農奴制
ピーターの下での近代化のツールがエスケープされた形になった。しか
し、これらの改革の結果に関係なく、改革の意図は、ロシアの社会と自由
主義、帝国のシステムの構成要素に対して disistemnye をもたらした。
ピーターの下に、帝国の偉大さを主な目標に、継続的な社会は、その実装
だけを意味する。この座標系の状態 - ほとんどは、支配的な値を大幅に、
ルーラー、彼の人格や社会的地位の下のラングには良い、公共件名立って
の発想力で体現し、政府にはほとんど価値を表すものではありません。
フォーミュラ皇室動員画期的なときに、これは、暗 黙的に国家とし
ての地位のモスクワモデルでは小康状態、ピーターの下で、私が最も露骨
な形体現の男性と消費電力、人間の生命の取るに足りないとの間の関係が
確立されます。したがって、プレハーノフ、ピーターの改革期間を記述正
しく観察:"Evropeizuya ロシア、ピーターは、ここでは極端なことをも
たらしたことは、東洋的専制主義と収束し、そのシステムの機能を...この
機能の優位性によって特徴づけは、直接民主主義に反対するビルド:それ
はすべて、1 つのに対し、民主主義では、すべて無料、フリー、少なくと
も、法律上の»以外の奴隷。
1 つの時には、ヨーロッパの国境マグデブルク法の普及の境界線を概
説信じるに足る理由がなくはない。中世ヨーロッパでは、法的な伝統的な
都市文化の発展とともに、ロシアとは対照的にどこの都市だったが、組み

38
合わせがない本格的な都市社会と、された、特にマクデブルク右折。ロシ
アでも、1861 年の農民の改革解放をはじめ、都市社会のインフラ開発さ
れた最後の世紀の終わりにはほぼはなく、"個人、グループ、および社会
的な地層では、町全体まで、多くの村の、アクティブな疎外されている -
遷移状態。ロシアのは、純粋に統計的なポイントでも、主に都市部の
国、60 - 20 世紀の年目だけになっている。
しかし、我々いくつかの天皇とロシアのピーター大戦の独裁者の近
代化、改革の成果の評価に 戻 りましょう社会の教育を受けた一部の態度
に、そのすべての影響力を持つ教育を受けたインテリポストピョートル都
市時代の狭い層は、それ自体が社会的社会的文化的基盤を変換することが
社会的な力になることができます。大正教会の聖職者も、社会の歴史的な
利益ではなく、政府を実現するため社会的勢力の役割を可能なゲームがあ
ります。電力の彼のために、社会の利益にされている利益とが、欧米の価
値観の帝国の科目の大半は何かを外付けすることを続けて、同社は、伝統
的な信念や価値観も人生の古風な方法の保持されます。
のための社会同様に急進的な変革を遂げていないピーターの皇室の
近代化の結果として、私は、政府や社会の間の時間差により、存在して
育った。しかし、消費電力は、主に外側のレベルでは、単 3 形キーゼベッ
ターによると、"新しいオフィス用語の外側のシェルからの場合は、古い
モスクワのロシアでは、安全に、18 世紀のしきい値を越え便利なロシア
のサンクトペテルブルクでは、新しい帝国の下に配置されている時に変更
しています。"ロシアの社会の内部で、ピーター私はするが、統一された
ロシア大きく、これ以降、実際の歴史的現実と、新しい時代の課題のコン
テキスト内で自身のマニフェストの増加の社会の中の使徒ペテロの近代化
の皇帝のフェーズの後に文明部門。以内に、これは世界支配力の根拠画像
の二元的な定数の再発 ideokraticheskogo プロジェクトに、そのような
偉大な形而上学的な目的のためだけの欲望以来、その起源専制-帝国の状態
で古風な正当化する運命にある。
欲望は、次 ideokraticheskogo ドラフトを実装し、合法性、道徳主
義などの社会的側面への政府の無関心、さらには共通の感覚な正当化され
る。強いリベラルなコンポーネントは、貧主に伝統主義ロシアの社会はほ
とんどおとなしく力と間のモデルの文明の格差の提供状況を受け入れる残
ります。アレクセイトルストイは 1918 年に、ピーターの改革の結果につ
いての書き込み:"しかし、何が起こったの誇りに思ってピーターのよう
に、ロシア、スマート含まれていないと、大国のごちそう強力ではありま
せん。そして、惨めな不平等な形で新しい家族の登場恐怖と 絶 望の彼の
髪、 血 や認知症のトリム - raboyu。そして、どんなに威嚇、たまたまロ
シアの銃を抹殺には、スレーブと恥をかく前に、世界は偉大な国が、ヴィ
スワ川からは、中国の壁に延長します。
試みられたが、システム内での力関係の合理化ではなくプロセスの
後の独裁-ピョートル期間リベラルな傾向の本当の強化のため撮影すること
はできませんを制限する。ピョートル 1 世は、伝統的小規模公人、やっと
の思いで大きな改革の影に、皇室の近代化以前の時代以来の状態の中で最
も明確なバイアスを除去関与し、成功した軍事作 戦 の国の軍事的につな

39
がった一連の伴奏で区別によって提供される緊急の後継者は、そのリソー
スが使い果たさを持つ。
したがって、中にピーターの治世の私は、彼の軍事遠征を継続的 80
吸収 - ロシアの所得の 85%« 1 回(1705 年)96%で治療された。改質と
限られたので、近代の帝国のモデルを続けている強さと自己改善を得るた
めの王の後 継 者の歴史的なメリットの非軍事化の要素を返します。これ
は、"偉大な改革"は、動員の機会は封建時代の皇帝のシステムによって提
供されて、最後まで使用されていないときにアンナ Ioanovna 1736 年に
は"を後世に永久に無料の労働者の製造を与える命令発行が判明した。"自
分自身の奴隷になります工場の所有者緊密に条件付きでそれらのサービス
の神権政治と同じ皇帝の権力の(一人)での生産を所持さに添付さからも
インペリアルモデル。は、頭部は、国家計画委員会、あるいは近代的な銀
行と"工場、新聞、蒸気は、直接当局によって任命された所有者の実施責
任者の文字どおりの意味で、ソ連の取締役忘れないでください。これは、
当局からは、いくつかの寡頭状態とは、"寡頭"と伝えた。
初期のポストはすでに不均等な男と、この意味で、反欧州社会モデ
ルの使徒ペテロの期間は、社会のほぼすべてのセグメントの精神で支配的
な地位を築いた。と、"自由の貴族"の命令によって、ロシアの貴族の内の
特定の権利の出現は、封建時代の支配層エリートの性質を変えていない。
どのようなヨーロッパ十で進行された - 13 世紀、ロシアの 18 世紀のよう
な、もはやことができます。封建時代のエリートは、わずかにリベラルな
近代化の samotransformatsii は歴史的なチャンスをつかむが企業の相対
的な免疫性の確保は、されており、欧州の影響を異なる。ロシアのエリー
トは主に自分の封建的な性質や機能ではなく、彼らの社会層の一層の浸透
を試みる内 soprotivlyalyayas ブルジョア変性症とローからステータス来
る新入社員の社会グループに変換されました。
よく知られているアメリカの社会学者リチャード Lashmanov、そ
の本""アメリカ社会学協会の最高賞を受賞に対する投資自体は、西ヨー
ロッパの封建時代のエリート層のどのように彼はブルジョアだった変性を
示しています。貴族たちの世代以降の世代は、地域社会と苦しんでいたか
ら、政治的中央集権化、農民の不安と、すべての上記の問題があるため、
金融関係の広がり。変化する外部環境、政治、社会的な関係への適応のこ
のプロセスは、 経済 のいくつかの点で実際につながっているが "カウン
ト、貴族、司教...になるの起業家と題する...、社会全体の環境を変更しま
した。"ロシアでは、任意の大きな規模でこのように何も起きていない。
半世紀後には、ポストの個人的な整合性の特定の保証で構成され、
これらのイベントは、後半期にはソ連でも説明した時から、そこにいた暗
黙の 決定は、スターリン共産主義のエリート封建的な企業の免疫の伝統を
続けている。この決定は、スターリン体制の流血の治世後に撮影さ、よく
さ、善意が、立法の権力の座から parthoznomenklatury の特定のレベル
から削除する封建的な文字と発音されている。我々は独裁者だけでなく、
法的免疫の普及は、欧州のレベルに、また彼の藩の近くに近いですか?こ
の質問を意図的に修辞的であるためのアプローチではなく、ヨーロッパ、
十- 13 世紀のことです。ヨーロッパ中世初期のロシアの国内近接し、資本

40
主義ヨーロッパモダンタイムスとは対照的ヨーロッパ人注意:"ヨーロッ
パピーター私は 1200 年に比べて違っていた時代です。ヨーロッパでは、
ロシア、内部的に近く、ヨーロッパとそれ以降の時間とされた - 精神的に
反対です。
もっと技術的には、その先進的な誘惑の種々のその時点での教育を
受け、ロシア社会を集め、毎日物理的な快適ヨーロッパ 16 世の高レベル
の第 18 世紀に楽しんでいます。誘惑の態様欧州時計、望遠鏡、武器、毎
日の使用のアイテムになるには、世俗的な本、ヨーロッパの巨匠、ロシア
語のエリートの中で最もダイナミックで教育を受けた一部の日常生活に含
まれるの絵画。社会の inokonfessionalnoe 影響を与えるパターンをヨー
ロッパの社会の政治構造を拒否します。しかし、全体のそれらの生成から
分離して、ヨーロッパ文明の要素を注入 - プロセスの効果がない。
エカチェリーナ 2 世の治世の代表的な委員会の実際の障害を可能な
改革の定義された境界に、社会の可能な変換は、拒絶反応の反応
vsesoslovnogo の精神文化のシステムは、自由な精神を示すと指摘し
た。かつ 継 続的にプガチョーフのルルーシュリベラルな方向のエカチェ
リーナ 2 世の改革による見直しは、ほとんどその名前と一致して賢明な専
制の期間終了までに長い時間のために停止されました。 "フランス革命の
最終的にはあまりの恐怖に彼女がリードし、彼女の前の時間を再開した。
当局は、緊縮財政と抑圧に返されます。 É.プガチョフの乱の混乱、無意味
なの症状で冷酷なロシアの反乱プーシキン()、定義によることなく行動
のすべての建設的なプログラムをしていた。グラムデルジャービンエカ
チェリーナ 2 世の死の後は、"近年、...、王子ポチョムキン、彼の勝利の
栄光に 酔ってとでは、何かについてであり、一度彼の新しい王国の王 権の
征服について考えたことを書いた。帝国は、ますます 増加 する、 83 の境
界を動員、簡単かつ迅速に、理想的に軍のコマンドアンドコントロール、
コマンドの統一軍の利益と命令の施行により、必要に位置する身体。エカ
チェリーナ 2 世は、"国家は、一人の人 onym ルールの長い独裁的権力を
前提と信じていた。
時の動きを外側に置き換える動きの中、以上の内部で成熟した生活
を早急に改革をプッシュ生活空間の無限に拡張するような偉大な皇帝の誘
惑に、ロシアの中央、地方の徹底的な解決を防止する。これは主に停滞
し、有利で、定期的な選択を説明し、別の重要な事実である /近代化や皇帝
のモデルは、リベラルなモデルの除去。
開発のさまざまなレベルでの広範な領土の開発は、国家
Rossiyskogo 地域に含まれる、異なる文明に属して、社会、文化的伝統
は、経済の近代ロシア例外的な地域の不均質性の遺産を残している。異質
ロシアの社会の文化圏は、主に十分にコンパクトな取り決めに異なる民
族、文化、文明や宗教の形式は、地域内のため。ロシアの状態"には 19 で
- 初期の 20 世紀わずかなチャンスを国家的な問題を解決していませんでし
た。これは、他の問題への解決策は、自由、民主主義、進歩的な代替とし
て、政権のすべての進化の道筋をカバーし、その結果は国家的な問題が解
決しない場合は帝国の崩壊につながる。"

41
まさにこの異質の文明への調整政策のミハイルゴルバチョフの下の
ソ連の指導者が追求するのは、社会主義のバージョンの障害に寄与され、
ポストに強い vnutrenneee 緊張ソ連ロシアを引き起こした。このストレ
スは、多かれ少なかれ、のように示される可能性のある政治 - 法律と非暴
力と暴力 - 非合法を形成する。その上で時間を必要とする帝国の身体を維
持するために、ますますの両方帝国と自由主義のモデルの有効性、奥行
き、および変換の近代化の急進的な制限があります。
当社の過去の歴史に戻ると、ほとんどのロシアの歴史は私たちの議
論の段階で重要な評価をしていきます。ポール私はロシアの歴史的なシー
ンの治世の簡潔かつ物議を醸す期間を経て、再び人社会の数は、プロの文
化的な変換を欧州、自由の精神と仮定若い国王が表示されます。アレクサ
ンダーの初期の時代では私はかなりの国の自由主義的改革の実施、下書き
は、皇帝の若い知識人のサークルに近い議論が行われた可能性。しかし、
絶対 多数でこれらの改革は、実用的な態 様 をされていないの議論やプロ
ジェクトのステージのみにとどまった。アレキサンダー大王の私は徐々に
相対的な自由主義は、最も重要と同時に、非常にロシアの社会の時間の要
素が文化的伝統の古語での永続性を伴っていた保守主義への進化を望む。
ナポレオンボナパルトは、これらのイベントは、若いし、防衛隊の
士官の教育:"ロシア語の役員をじかに物事の順序を見てきたの直接参加
者の間で特に海外旅行は、社会の自由願望の一層の努力を、ロシアの軍隊
との戦争は、自由と権利の適切な保護を受ける、との苦いセンスは実際に
は海外旅行から帰国したのが見つかったと比較した。彼らは、抗し難い欲
望は自分の国でも同じ原則を再確立する起源。ナポレオン戦争の過去の役
員となり、デカブリスト運動の英雄と歴史の犠牲者の中で最も積極的に参
加:"彼らは、国際の中で最も風変わりな分岐した、とはすでに被害者
(賛歌)だったロマン主義、左には、勝者(ボリバル、イプシラン
ティ)。サミデカブリストが敗北したが破壊されない。 1825 年 12 月で
は、時宜を開始する自由主義的改革には、劇的にロシアの発展の軌道変更
に失敗しました。革命は、チャンスの大ロシア革命として歴史に名を行っ
ていたが、実現しなかった。
ヨーロッパのブルジョア階級の変換を介して、ロシア社会の封建的
な帝国の基盤は文化的なシステムに保存した。我々は、ロシアでは、10
月革命の 1917 年の後に発生して文明の内訳は、主に後進性の保全は、こ
のポリシーと、古い秩序の支払いだったと思います。はい、ロシア帝国の
名の下に、この巨大な予備の内部の高文化、桜の園の開花され、それが 荘
園のテラスでお茶の居心地の良いカップでした。しかしその価格は"完璧
な瞬間、内戦と政治的抑圧の数十年自体の黙示録的な火災で、歴史的、社
会文化的動態の阻害の価格を停止して封建的な帝国の守備だけではなく、
直接の子孫でなく、すべての"社会的なクラス位となり、ソ連の人々の数
千万のを感じた。"
皇帝ニコライの私は、保守点検して、帝国の古風なメカニズムをデ
バッグするための能力を降りてきた 30 の治世。ニコラス私のようにして
いない技術の借入金、およびヨーロッパからのポリシーを借り、法的にも
に尊重するのみならず、後生大事にピーター一みなさこれに恩恵を参照し

42
てくださいしていないニコラスは、この問題についての提案を準備してい
た(!)秘密の委員会を 9 を確立する農奴の解放と思った。しかし、不本
意の貴族を怒らせるために、皇帝は、貴族の土地所有権を保持する必要が
あります信じて克服した。結果として、"何かほとんど何もしないことを
選んだ。より信頼性とは、オーストリアやプロイセン、1812 年にロシア
の農奴制よりも完全な勝利を確保。この危機は、クリミア 戦 争から、 50
年遅すぎる...ロシア克服するために、この致命的な破壊に失敗して生まれ
ました。
重要なエネルギー管理の完全天皇の活動にもかかわらず、どちら
か、あるいはそれ以上ので、自由な形で皇室の近代化のための傾斜した。
唯一の例外はいくつかの技術的なプロジェクトです。たとえば、委員会
は、時代の著名なリベラルな政治家が率いる - スペランスキー - 成文化
し、非常に物議を醸す膨大な組織ロシアの法律のコレクション
は、Sudebnik で始まる 1830 から 45 巻を 発行した。さまざまな分野で
停滞、社会の至るまで、組織や軍、海軍の軍備を終わると、クリミア戦争
でロシアの敗北を決めている。天皇優雅な帆船艦隊を愛し、定期的な高速
過渡ヨーロッパのファッションとしての蒸気装甲艦治療は、鉄道や高速道
路の非常に数が不足した。軍事分野での帝国の弱点は、帝国の人間活動の
最高の球、改革の道を開いた。
その時点で"、"屈辱的な封建的な帝国は、一般的に最も tsenivshey
軍事力を払わなければならなかったし、特に軍事力の政治的安定を維持す
るには、クリミア戦争で敗北。しかし、この敗北は最初にロシアの一貫性
のある成功したリベラルな近代化の期間の全体の歴史だけになった。明ら
かに、ロシアの軍事的弱さだけでなく、半世紀のピーターの時間の前に私
は抜本的な改革を求めているが、になる改革を深くなった今回は、社会シ
ステムの転換、開放、たとえとしては広くて、開発の資本主義の段階への
道。
これは、国家の軍事的弱さは常にだけ"の結果は忘れてはならな
い"と、社会的、政治的、経済 分野でのタイムを失った。その時点で最も
重要な古風な混乱がロシア全体、特に農民の農奴制では、経済の封建的な
組織でした。当局は"古いおとなしい従順な農奴、時には忘れてしまうの
は素晴らしいことに気づいた、重大度と残虐行為は個人にアピールしてよ
り迅速に軟化にもかかわらず、各世代で、フェード、。 "人々はひどく悪
化し、"開始 - 私たち絶え間なく、古い地主とスチュワードの唇から話を
聞く。"一方帝国と皇帝の地政学の属性を保持アレクサンドル 2 世の改革
は、公共の利益には、唯一の強力ではない、エンティティを実施した。
1861 年 2 月 19 日に発表した"偉大な改革"、農奴制の 廃 止: "我々は、
ヨーロッパでは、離れて、この機関から移動した最後の主要な国だった。
しかし、封建制から、我々に与えていない。社会の封建制の残存して、原
住民も、主張は、この特別なロシアの生活、ロシア語の精神、国家アイデ
アは、純粋されました。"
我々は、政府 - 1864 年の司法改革の地方自治を促進する 1865 年 -
いくつかの制限を年代順に、アレクサンドル 2 世は、次の改革:新大学法
律大学の自治に関する規定を含む導入するなど、公教育の 1864 年 - 改革;

43
1864 - ゼムストヴォ改革リスト検閲や言論の改革、1870 - 都市の改革、
地方政府の基盤を築いた; 1874 - 軍事改革は、国民皆兵制を導入する。ア
レクサンドル 2 世の自由主義的改革は、最も我々の歴史、しようとすると
きの改革は、リベラルのモデルではなく、技術だけでなく、社会制度に
アップグレードするには、有意であった。
アレクサンドル 2 世の改革精神とロシアの知的生活緊密ヨーロッパ
への年。これらの国の改革のための重大なはるか以前では、19 世紀の半
ばには重大な 遅 延時間は約 2 世紀の間だけでなく、このような創造力と
なった後半、彼らは約束されて、十分 10 月革命の 1917 年の前に、全期
間に実施される必要があります。残念なことに、"偉大な改革"として、そ
の時代によって、呼ばれていた欧州型の開発のためのパス上の国を置くこ
とができませんでした、近代のリベラルなモデルの使用上の皇帝アレクサ
ンドル 2 世は、彼の悲劇的な死で終わるの治世中にいた。記事の中で改革
ロシア変形プロセスを別の方向に、人々の生活の古風な要素は、近代化の
過程に抵抗:"は、一方では、文化の構築を限定する過程で、中程度の功
利主義で成長していた進化してきた開発、労働者と社会生活のより進歩的
な形態に移行します。しかし、同時に別の、全く逆で、国の値
dogosudarstvennym 破壊すなわち戻り、電源の破壊、何かには、感情
的なつながりを超えていた。これらの 2 つのプロセスは相互に排他的です
が互いに vzaimorazrushali。"
我々は歴史的な発展の段階では皇室ゲージ開発の崩壊が成功しな
かったことを知る。これは、ロシアのさらなる発展のための事実を客観的
かつ主 観 的な要因によるもの悲劇的です。後者を見てみましょう。これ
は""悪魔を提供する必要があります、放火、爆撃機、心理的な浸透ドスト
エフスキーの深さは、同名の小説に描かれています。結果として、彼らは
文字通り、アレクサンドル 2 世の狩りに管理しようとする、数多くの直前
の最後のブルジョア憲法に署名する:"明確な雪の日 1881 年 3 月 1 日...
セントピーターズバーグ、反抗的な人は、運河の土手に待っている、そり
コサックの護衛艦の外観は、迅速に伴われ、若いブロンドの女性ハンカチ
を振った。鈍い爆発、そり、およびチャネルの欄干の近くに雪が覆さもみ
あげ、足とズタズタに引き裂かれていた下半身の高齢化と男性うそままド
サッと...そのため、パーティの人民の意志皇帝アレクサンドル 2 世»が死
亡した。関係なく、開発の国のブルジョア階級のヨーロッパの方法の開発
の方向から"人々の自由"の再出発の革命家の主観的な意図を、再びロシア
の文化と文明のシステムの封建的、帝国の根拠を維持に有利な選択を実現
しています。
起源フロー技術革新は、文字通りの変換の近代化のアレキサンダー
のリベラルな位相の年に、国の急落の重要なストレスの文化と文明のシス
テムと呼ばれる、社会文化空間のランダム代替リベラルの形成ブルジョア
の始まりにつながった。当然のことながら、これらのプロセスは、アレキ
サンダー時代のリベラルな導入を拒否したため主導の封建時代の皇帝のシ
ステムへの急激な抵抗が発生している。
は、封建的多くの点ではまだ dofeodalnaya ロシア怖がって抜本的
な変革19 世紀の後半のリベラルな近代化プロジェクトの実施によってもた

44
らされた。おずおずとしようとする農民の生活の政府を再編成するには、
状態の農民の比率を思い出してそれ以上、無料、フリーは、最初の彼らの
ために"それらを自由にするように注意するための管理システムに改組さ
れ、確認します。"それから彼は、農業の改善を入力してみました。農民
は、無関心、消極的も起こした。
似ているが規模を 拡大し、再び 1861 年の大農民改革の時に農民蜂
起抜本的な改革の欠如だけではなく、反対だけでなく、自分自身のリリー
スに対して指示された。は、その後、リベラルな志向としての名声を受け
取ったの日記エントリでは、1857 年 12 月、その:"国民解放の勅語の影
響を恐れている - は、農民の間で不安が指摘日付アレクサンダー
Nikitenko 検閲を行う。多くは、夏には彼の村に行くことを敢えてしない
でください。ビューの私達の観点から、重要なのはマルクス主義の中国人
民解放運動の歴史を提示するロジックが一致しない民衆の不安の本質だ
が、伝統的な考え方の関連機能です。したがって、一度、ロシアのエカ
チェリーナ 2 世は、ロシアでは"革命の電力が増加し、その弱体化しない
ようにし、リードは、彼らから抜け出すと主張した人々が無政府状態ので
はなく、彼が専制政治に苦しんでいた恐れている。"
アレクサンドル 3 世の時間の歴史の中では、カベーリン 1888 年
に、書き込みカウンタの改革、その時点で支配的な公共の気分を通過され
て墜落:"良い気分の後、明るい希望と熱狂的な活動、改革の時代に浸透
フル苦い失望年ぶりに、理性とがなくはない:希望の光は、改革の勝利の
行進は、部分的にはそっぽを向いた停止しているが満たされませんでし
た。虹の厳粛な気分になっては、いくつかの絶望感や激しい怒りに達して
皮 肉 な こ と 。 皇 帝 の 権力 に 十 分 な テ ロ 行 為 は 、 " ロ シ ア 、 注 文 と
podmorazhivanie 復元に対抗する強力でアレクサンドル 3 世の治世が、
中に根本的として、近代化の次の段階の問題が要求するの皇帝の終末思想
にアップグレードすると、失敗しました。国が再び急進的な近代化改革の
必要性と、ヨーロッパ文明の近代化の歴史的、社会的文化的力学の増加を
加速するために直面した。
アレクサンドル 3 世の治世中に新しいポストの困難な運命を改革機
関思い出してください。だから、常に電力の問題の能力の限界に限られ、
うらやましいほどの規則を使用して状態を装置の腸内の地方自治政府の対
処計画は、基本的な機能官僚の管理構造を転送するために生まれました。
アレクサンドル 3 世の反応時間が鈍い、彼の息子と後継者のような悪いア
クセント記号付き文字は、天皇が、ニコライ 2 世など、ヨーロッパの多く
の借入に適応するための文化的伝統は、ロシアの社会の中で最も重要な要
素を保持しようとした。
課題は、封建時代とは、リベラル資本主義システムは、皇室は国の
発展の歴史のこの段階でいた間の効率的な作業を実行可能な共生を作成す
ることだけでは難しいが、不可能ではない。メートルウェーバー、ロシア
には、20 世紀の初めに言及、正しくは、"国でも、約 100 年前には、その
ほとんどのディオクレティアヌス君主制の国の伝統的な機関では、塹壕が
あると改革のための処方を見つけることができませんでしたを連想させる
観察してきた、歴史的地域"のルーツとも生きていけること"と述べた。

45
君主制のシステムの可能性適 応された年前倒しで最初のロシア革命
は、帝国のために 2 番目の、より多くの運命的なテストの枯渇に近づいて
いる - 第一次世界大戦。どちらの中のアレクサンドル 3 世、ニコライ 2 世
もその国の歴史的な問題を押して解決されていませんの大部分を支配、そ
れは凍結、駆動深いだけに、将来の破壊的な潜在的な増加した。時間の経
過とともに、未解決の問題を制限するために、無能な政策の時間の課題へ
の肯定的な反応を与えるに失敗したの横柄な層、悪化に悪化した。の試み
で答えを追求するほとんどの中古は、ピョートル、過去にも非常に高く、
低いロシアの領地にコストがかかります。 B のウェイドレ、ポストの崩壊
改革は、ある程度に言及し、ロシアの近代化は、"ときに旧ロシア、ピー
ターと王位継承するか、王位継承での彼の後継者が変換されないの遺産を
破ったロシアの新しい人に会うのとおり、彼女は専門の地理にした人々の
生活、それは"ロシアの土地は、すべて同じ自発的なオーバーフローを獲
得した。
最後の皇帝ニコライ 2 世の保守主義のコミットメントは、日常生活
に、急速にヨーロッパの世界を変えての理解の欠如欲求定義され、ロシア
の社会に強力な政府だけではなく文化的伝統は、動作するだけでなく、ロ
マノフ帝国は、第一次世界大 戦 の前哨 戦 となった大惨事につながってい
る。最も急進的な反政府、反帝国、そのすべての絞首刑執行人、pogroms
では、"独裁的な帝国は、無味高級 Galunov、飢餓、シベリアの懲役、残
留不法行為の見込みがない 戦争を生き残るためにと信じていたロシアの社
会の一部志向"。
知ってのとおり、ロマノフの帝国が、戦争で生き残ることができま
せんでした、その崩壊は、帝国の災害ではなかったと、すべてのロシアの
クラスは、20 世紀にロシアでは文明の最も恐ろしい障害が最初に影響を
受けた。まず、ロシア革命時には、国別の歴史的な選択を含むいずれか欧
州の発展の採用を行って、それに応じて、リベラルな近代化や開発の封建-
皇統の継続のモデルを使用して、時間と、よりダイナミックでは難しいの
で。ロシアは 2 番目のバリアントには、皇帝と官僚のほとんどノットレ
オーンチエフ従って喜んで宣言:"我々は、ロシアは、依然として欧米の
チャネルから身を引くことが信じられるように勇気があると信じて...傾斜
した我々はまだ、ロシアの強さと鮮度にロシア語の心の護衛信じていま
す。主観的なレベルでは、状況は、革命的なのは、リベラル勢力と後の最
初の数年間の見かけ上の弱点を悪化させた。正しくは、モスクワと、特に
サンクトペテルブルグ革命の前夜に"絶対に西部の都市と指摘した、私た
ちはモスクワ、サンクトペテルスブルグ、いくつかの他の大都市の住民に
加えて、多くの方法では、欧州に匹敵する、ロシアの人々の残りの部分
は、異なる歴史的な時代に住んでいたのを忘れてはならない対応する考え
方を有する。
その年の冬には雪のようにの間に存在しないメッセージはほとんど
の単語の本当の意味での社会と呼ばれるでした覆わある村、ここにヨー
ロッパの封建主義の台頭にはかなり明白な歴史的類推表示されます。 "こ
こで、貿易少しお金を意味しては非常にまれな不織布、社会に生まれ乏し
いが、ヨーロッパの封建制度を深く変更されたときに厳しいの人的ネット

46
ワークの細胞が、商品や硬貨の流通をもっと"激しさを増している - の貿
易""人間関係の圧縮は、このプロセス連絡先、帝政ロシアの成熟フォーム
へのアクセスを管理していない、金融関係を強化する根本的に農民の環境
を変更する時間がなかった。
1917 年には、歴史的な時代錯誤それが欲望"、"ロシアを凍結し、自
由主義的改革を拒否するための支払いをされたに帝政帝国。自由な精神を
一時的に(現在につながったような変換を管理することは困難です近代化
変換)システムの混沌とした社会的文化的な空間が、彼らは将来のための
土台を提供し、最終的には欧州の発展のブルジョア階級のパスを取ること
ができます。として停滞、実際の欲望と近代の帝国のモデルを使用して帝
国の敷地の基盤の強化、お客 様 の現在を維持するために、電流の安定性
が、ので、さまざまな分野で実際の問題を解決できない場合、または無駄
な 対 処が支払われるするために、今日の安定性が、明日の社会的な爆発
は、戦争ができます病変とその極端な形で、このポリシーは文明の大災害
につながる。
我々は過去数世紀にわたって、歴史的大惨事ロシアの欲望の歴史、
政治、経済、文化的アイデンティティを維持するが長すぎると持続のため
に発生していると思います。社会の速さ、西洋文明に文化的な力学同様に
急速な反応を求めた。過去にロシアの政府や社会の伝統のレシピの応答を
見つけようとしていた長い時間が、時代遅れの機械、技術、および社会的
機関を使用します。この結果、ヨーロッパで何世紀にも成熟したが、ロシ
アをすばやく実行するには、5〜15 年の意味のない歴史的な時代になった
です:"が徐々に改善して、人々の代わりに政府は、すべての動作を停止
し、すべての自由を抑制すると必然的に 抜 本的な 変 更の必要性につなが
る。我々は一度に失われた時間を補う必要があります。"成功の大きな飛
躍を - 現象は非常に偶然性は、オープンの進化のプロセスのときには常に
変化が発生する形で近代化をより良いものを実行します。
ときは、世界の風景、意識の伝統的な無記名の特徴を破棄され、通
常の値と階層の冒とくのプロセスは、その極端な形で、これらのプロセス
を翻訳ロシア語の反乱に国民の不満、不安を開始します。したがっ
て、1917 年ペトログラードでは、2 月革命に生えていた大規模集会を開
始。 1917-1921 年の間にはボリシェヴィキソ連で人気の反乱とき、2 つ
の終末論の教義を識別し、南北戦争ではボリシェヴィキの勝利で共通点を
発見された波、および 70 名以上のソ連の電力の年間使用することができ
た。
は、20 世紀のロシアの文明の崩壊最初は、次の、皇室の近代化の過
激派の位相は、長いヨーロッパに定住されている歴史的な問題を解決する
ため、これは重大な遅延、あらかじめ決められたし、犠牲者のように衝撃
的な大規模な数であった。ボルシェヴィキ革命は、帝国の外の全身の全身
の問題を、ロシア語の情報だけではなく、目的の Leontyev 新鮮な症状
が、の決定がされた知性と帝国の他の人々。全く不十分であると、それに
応 じ て 、 20 世 紀 ideokraticheskaya 中 世 の 正 教 会 の 君 主 国 の 競 争 力
ideocracy、これは他を与えることができたが、普遍的な神聖なプロジェ
クトの実施を表明のための時間の正当性の精神で、マルクス主義置き換え

47
られました。ほぼ全体の最後の世紀に向けこれらの援軍を恒久的包括的な
暴力の研究を最後に、ソ連が根本的に新しいし、長い時間の帝国を復活さ
せるに非常に効果的なイデオロギー的な根拠 ができた: "は、ヨーロッパ
で一次世界大戦 - オーストリア、ハンガリー語、オスマン帝国との間に存
在している三大多国籍企業帝国のロシア - 後者だけ生き残るために
は、1991 年以上の時までだった...最初のマルクスレーニン主義政権は、
ロシアの帝国の体制になっており、帝政帝国の後継者。ロシアの独裁者を
置くと、プロレタリアートした、優先順位クラスの新しいテーブル内の共
産党は、神の代わりに、軸受の人々の一般的な秘書ウォン覇権。新/旧 3 本
柱に、正しいフォームで Ideologeme"正教、専制政治、国籍"は、すべて
を介して、政争の正教会の場所に来て、独裁制の代わりに、共産党の力
だ。
ロシアと旧ソ連帝国のプロジェクトが、世界の悪の主な情報源を決
定するの間、特定継続。彼は、西では、残るが、新しいアクセントが現れ
たので、世界の中産階級の役割が割り当てられている彼の(世界の邪悪
な)は、最も本格的な式です。旧ロシアの皇帝の世界 ideologem とし
て、新しい、マルクスレーニン主義、スターリン主義の敷地内に再現され
た孤立主義と侵略を組み合わせる。包囲の状況 - ソ連、例えば、孤立主義
の理論的根 拠 、 1 つの未発表の演 説 の中でカリーニン 1934 年 11 月に
は、言った:"これは、戦友たちは、鼻の中に自殺したが、ソ連のプロレ
タリアート包囲された城では、とに基づき、このとと旧ソ連の体制は、農
奴制度を満たす必要があります。外国人の拡大に一定の準備をする必要が
ヨーロッパにしてでも政府は労働者の拡大によって正当化され、男の搾取
の男性からの赤軍のリリースでは、世界連邦共和国の設立のための道筋を
つけること。
その年の革命的なイベントの参加者の回顧録には時代の文書などに
よると、どのように強力な世界革命の勝利の終末論から我々の仲間の市民
の中で最も政治的な部分の革命的熱意にもいくつかの教育を受けた人々に
よって私たちを覚えて聞かせ息をのむようでした知っているルナチャルス
キー少なくとも教科書の例を見て人人民委員教育のための連邦政府となっ
た。 1917 年のボルシェビキ革命それだけでなく、更新して、帝国を再生
成が可能となったが、また、同時に arhaizovavshey 国民の意識巨大な
サージ passionary エネルギー、舗装された原因となります。
新しい ideocracy レーニン主義の私たちの歴史の中でスターリン主
義の期間は、はるかにクリーンな神話の形で人々は、歴史の最後に、共産
主義社会の建設を、ちょうど人間の生命の以外の将来のための延期ではな
く、それを容易に polemically、レーニンは"共産主義と言われてソ連の消
費電力に加えて、国全体の電化、そして最後に、明らかに、ソ連の共産主
義指導者、誠実、共産、フルシチョフは、1962 年に発売された将来の勝
利を信じ、共産党は、新しいプログラムの採択を宣言するためには、ソ連
の人々"は、現在の世代が共産主義の下で、"ライブ、決議案第 22 議会
は、共産党の最終的な論文を繰り返した。それは、人類の歴史の終わりに
は、人類の夢を達成するのは、各人は彼の能力に応じて、社会を受信する

48
社会秩序の今日の確立を与える彼のニーズに、地上の楽園の建設の終末論
のバージョンによると、千神の王国は、共産党が主導。
当然のことながら、私たちの歴史のソビエト時代のほとんどのた
め、我々を参照して、新しいパーティ製のプログラムの導入によって刺激
された最後の強力なバーストの終末ムードスパイク:"新しいプログラム
は、ソ連の共産主義、タスクは、実際には、すでに完成されているビルド
することを約束している神聖な言葉を叫ん: "ソ連の人々の現在の世代の
共産主義の下で"生きるのです。ビルユートピア - ユートピアの態様は、
すべてのことを行うに - 目的と信仰の存在が必要なためです。"これは、
自分たちの急進主義の終末論的ムードは、プロレタリア革命の勝利のアイ
ディアは、グローバル規模でのインスピレーションを、共産主義同様に世
界の建設が続くだけでなく、時には中世のキリスト教の終末論の伝統的な
フォームに優れたが等しくない場合に注意する必要があります。
過激派の勝利とロシアではソ連の力の確立/ソ連の勝利を示唆し、最
もダイナミックでモダンな西洋の政治的、経済理論の歴史の中でその瞬間
に - マルクス主義。しかし、マルクス主義をロシアでは古風な国民生活、
千、ロシアの農民、特徴的な年の文化の巨大なベッドとして、 G.フォン
Skerst でメモ"に直面して... ...ロシアの農民のタイプ、彼らの習慣に保持
し、伝統的な太古の昔からのものです。"彼はすぐに、ロシア、伝統的な
気ままで自由を理解する上で直面した。も、ロシアの亡命者の歴史 ÑÑ
Alekseev は 10 月、1917 年には、ロシアの勝利"民主主義、遊牧、政治
的、非晶質半アナーキスト原始的"と述べた。環境条件にマルクス主義の
絶対的、マルクス主義、ロシアでは避けられなかった、欧州、その外側の
シェルは、主を介して土壌を維持しており、失う vnutrenneee コンテン
ツの適応、これでも、骨抜きにされたフォームが、いわゆる"現実社会主
義と呼ばれるにイデオロギー的なフォーム"。革命的なロシア帝国の女性
シュテプーンに障害が発生した直後は、"過激主義だけでなく、ロシア自
体に罪は書いたが、彼も自分のことを社会主義の罪です。"
完全に未知の環境での活動の結果、クラスの一握りに敏感なマルク
ス主義者としては非常に速く、歴史的水準から、飲み込むと、消化によっ
て農民と中産階級の無教育の大衆吸収ロシアの都市。 RSDLP(b)は帝国
のニーズと帝国の近代化の次の段階の修復を適応されました。誰が "マル
クス主義者"、"ヘーゲルの弁証法は、この画期的な新 kagorte を交換しな
いように教えて"は、ヨーロッパの哲学的、経済 的、政治的な伝統の負荷
によって負担されていないし、来て、文化一般貨物インチ
実際にはこれは、状況的な再国家再建帝国の修復マルクス主義の急
速な変性とにつながっている。は、ロシアのこの時期に発生した文化や文
明の内訳は、彼の生活の表面に、メモリの深さ、正義の考え方、物質的繁
栄の平準化などの古風な平等の精神の理解から、特定のテンプレートの平
均の下のすべて、誰も平準化をもたらした。このような社会のクラスは、
アレクサンドル二世の改革後 Slavophiles 人々が"物質欲、銀行、譲歩を
台無しにした人に、被害の拒 絶反 応な しに平等とは、つまり管理物理的に
分離するようになったのブルジョア階級の方法を採用しています株配当、
民族集 団 形成の脅威生活。

49
ボルシェヴィキ、実際にはマルクス主義、西洋急進的なアイデアを
多くの実装の過程で生成されますを実現しようと試みた。カオスの短い期
間の後、私有財産、家族、国家、教会の公式の廃止を要求し、破壊を含む
革新的な社会主義のスローガンのため、不変のセットでは、完全に当初の
計画のフォームに認識で実現されます。教会の公式は、寺院の聖職者が大
規模な抑圧、閉じているうちに徐々に疎外につながるの迫害の時代に入る
と、ローカル、ソ連の歴史のいくつかの期間でも、何かの限界、時代錯誤
の民間。しかし、この無神論と古典的な合理性の勝利、以降の送信を交換
し、新しい準カルト宗教は、"唯一の真の教育" - マルクスレーニン主義
posited に基づくものだというわけではありません。マルクス主義は、マ
ルクスレーニン主義、スターリン主義のバージョンでは、ソ連人、哲学、
科学と宗教に置き換えています。
は、1920 年にソ連がまだ意識していたマルクス主義者(この文脈で
アレクサンドラコロンタイとアルマンドは、IF を覚えていないがクラック
されましたファミリ)、およびマルクス主義自体はまだ復活の期間を経
て、スターリンのを受けて合格していないテルミドール 1930 すでにだけ
ではなく、完全には回復するも、その地位を強化した。ソ連でだけでな
く、枯れてすぐの状態のため、どのようマルクス主義理論によると、発生
するあらゆる有意義な傾向が表示されませんでしたが、それを強化し、反
対の傾向を示した。すでに 20 世紀の 30 年間で、ソ連の状態は、"皇室の
組織のふもとで、消費電力"は、第二次世界大戦後、これらの"ピークに達
するまで取得することができた。
なぜ別の歴史的な選択をされると、国は再び帝国を建設することを
選んだ?革命の始まりで、多くのボリシェヴィキではなく、解体の帝国
の、国の刑務所、独立性を法律上および/または、事実上、フィンランド、
ポーランド、バルト地方、ウクライナ、中央アジアとコーカサス諸国いた
として帝政帝国のコースを判断することにした。革命後ソ連のロシア、革
命後フランスナポレオンボナパルトから比較すると、次のいずれかに注意
を得ない。 Kvaziimperskoe 状態ナポレオンのほとんどはすぐにテロリ
ストの革命政権に置き換え十分な皇室の建物の付録では、ヨーロッパの歴
史の重要な国家の自由主義の道をオンにする強力ではありませんでした。
これは、そのような変更しても、非常に有能な軍事指導者には十分ではな
かったが、むしろ voluntarist インパルス、客観的歴史的、社会文化的条
件によってサポートされていたことが判明。
対照的に、革命後、フランス、ボリシェヴィキの下で帝国の状態に
多くの歴史的、社会的有利な文化的土壌は、何世紀に基づいて帝国の建物
の古くからの伝統だった。自由の短い期間については、国では、2 月革命
1917 年の後に、それも民主主義を構築することが可能だったも発生して
いるロシアの歴史的発展の軌道を、帝国の建築の伝統を、変更すると、歴
史の新たなステージで演奏ボリシェヴィキよりも強かった。これらの言葉
は、フランス革命の結果についても話されていた彼らもロシアの民主主義
革命の成果の特性に適しています:"我々は数ヵ月後に消去することはで
きません君主と奴隷制度の次の 20 世紀"。

50
ロシアでは/すべてのバックソ連、1 つの広場や半ば 30 - 20 世紀の
居住して、新しい、ソ連の"偉大な彼の登録が必要です ...事前に使用する
ことに革命的なロシア式"悪"を開始:ロシアの定義を国の緩和されてい
る"刑務所"など。郊外に参加するには、差押えとして話を止めた。その代
わりに、次の説明:ロシアの一部を提案する場合は、後者のポーランド侵
攻したため、それより優れている、ウクライナ含まれています。グルジア
と同じ:虐殺より。君主制主義者の愛国心、ある程度の社会主義的愛国主
義の目標を満たすためになっている。その力、強度、耐久性、国家 30 周
年の話窮屈なことなく、しかし、物語従順さを感じた。
後は、比較的経済 的に自由主義、ネップの期間、しかし、皇室の近
代化の次の段階を開始したイデオロギーの分野で、これらの自由の免罪符
は拡張されません: "農民の奴隷労働、労働者と住民の飢餓が、外国から
の借款と技術支援 - の 5 カ年計画に基づく。"スターリンの近代化を明示
的に皇室のため、その目的は、ひそかに世界征服を目指した世界帝国を作
ることだったということができます。加えて、折衷的な方法は、ロシアで
作成し、スターリン時代に、スレーブと封建的に前のすべてのタイプのブ
ルジョア社会は、家父長的社会から網羅。また、工業国のような規模の中
古のブルジョア階級の上で関連付けることが文字で伝統的な近代化に追い
つく理解は困難です。この法律において"保守的な近代化"も適切ではな
い、また、ボリシェヴィキ、一般的な、または、スターリンは特にでてい
る生活のロシアの伝統的な方法の値については、少し同情している。
村で)住んでいたソ連の力があるのは長年の間、都市部と農村部の
人口のシェアの比率が大幅に変更すると、その国からの多くの農民(80%
以上は、主に都市だった。人工的な飢饉での集 団 は、ウクライナ、ロシ
ア、カザフスタン共和国の農民数百万の破壊余儀なくされた。アメリカの
歴史家ロバートコンクエストは、"集団と関連付けられて飢えを直接、直
接、約 1500 万人の農民の死の原因となったと推定しています。"
対位法は、南北戦争の最中に始まったプロセス raskrestyanivaniya
の主要な段階、重工業の爆発的な発展 collectivized され、1930 年代の大
祖国戦争は、農民のハンガーストライキを始めた下のユーザー層を破っ
た。プロセスは、ほとんどの世紀だった決定的な和音は、すでにブレジネ
フ sselenie の 村 こ こ ろ ぼ そ い 行 わ れ ま し た 。 の 期 間 全 体
raskrestyanivaniya 町人や村人の若い世代の生活の可能性の根本的な不
平等によってサポートされて中に社会の文化レベルは、このプロセスは、
経済、都市と農村、工業、農業製品の価格には、既存のギャップの間の不
平等を交換します。
非農業の試みの回復ロシアのチェルノゼムゾーンでは、村の省エ
ネ、20 世紀の 70 年間で実施、主にソビエト連邦の最初の農民の起源のた
めに、効果を証明した。この時の人生の農民の方法では取り返しのつかな
いほど、農村の生活の風景が破壊されている長い歴史は、事故、搭乗、農
民の年齢グループに生まれ故郷の場所に十文字小屋、荒廃、dozhivaniya
までの最終段階です。破壊された農民の世界では、系統的にバックアップ
古語には、人間開発の先史時代ことを突き止めた。 20 世紀の終わりに
は、社会的、経済的、技術の適応のいくつかの置換されている多くの千年

51
以上の農民を起草、ローカルの非効率的な限界領域、物理的な生存の最小
レベル以外は何も保証はありません。悲劇、果てしなく続く痛みは、この
プロセスは、生理痛"ミュートロシア"だけでなく、文学、市民戦争の悲惨
さのイメージ至るまでに、飢餓場合 a. 1 つの。プラトノフ、ヴャチェスラ
フイワノフの作家"村人"五ラスプーチン、五ベロフにジョリー記載され
て、等
現代社会の発展の産業段階では、時間 厳 守の特定のレベルで、規
律、技術の相互補完性、および産業経済、個々の一貫性を達成する予定で
す。特長皇室の近代化の私達の歴史のマルクスレーニン主義、スターリン
主義の段階に封建的な慣行を使用することにある。したがって、1917 年
の 10 月革命は、ロシアの有名エコノミストエフゲニーヤシン知られて当
然"それは新たな形で私たちが述べたように、新しい単語を封建制の詳細
には、後進性、ロシアから撤退し、最先端の産業を構築する使命したシン
ク...封建的な方法。
これは主にし、過激派のテロ 1917 - 1953 の期間、これだけでな
く、イデオロギー的な正当化されたが、茎と正教会の値とソ連の男は道徳
的な命令の規範のコンテキストの脱落は、その単純でも浸透するために暴
力の極端なフォームを使用する、功利主義を形成する。歴史的に、ロシア
の社会での社会では支配的になっていないか、帝政ロシアの文化的なシス
テムは、個々の制御を外部のフォームに、自己の人格の監視することに
よって支配され、またポストで革命的な期間は、その形成は、革命的な混
乱と市民の不安の中に貢献していない。
1 つの。Izgoyev の回顧録は、南北戦争の期間に係る差出人: "ロシ
アの人々...はこのような政府がする必要があります。また、これに対処す
ることはできません。あなたの人々(つまりだと思いますか、士官候補
生)を尊重します。いいえ、彼はあなたでは、と笑い過激主義を尊重す
る。ボルシェビキは、任意の瞬間を撮影することができます。非常に鮮や
かに"過激主義の 5 年後の大衆の革命ロシア s の Portugeis の状態を説
明:"...ゆるい軍事テログリップと、不安定な環境猛烈バースト工業熱の...
そして最も重要なのは、破壊と恐怖中産階級は、新米、プッシュの巨大な
群集の産業地獄を含む産業モレクは、自分の感情や精神的なシステムの根
幹にはこれらの人を横に振った顎に動員すること...投げた海の実際の社会
の廃棄物は、クラスとごたまぜスープ、病気の発作から世代苦しんで精神
的な伝染病...これは過激主義の天才は、彼は軍事的社会的混乱を鎮めるた
め、彼は、歪んだ魂が、病気を管理していた彼の貪欲な貧困と欲望の社会
主義革命"の悲惨な点"。
国民意識の中では、スターリン時代の正午から 20 世紀の 30 年 - 40
年以上、単純な真理ペグ:後期作品のことがない場合は、ほぼ文字通りだ
けでなく、中には南北戦争のとき、釘をハンマー他の籾の(法)に連れて
行く同じ人の代表者寓話ではないが、文字通りの意味での役員、肩や頭の
中で爪を駆動する:""アンティオキアの人々は、"hoodwinked。盗まれ
たピアノ"アンティオキアの人々"、またはたじたじや、反乱や、後悔や、
胃、またはタックルで妊娠中の女性ホイップクリームの世界の問題、また
はレイズ鶏。

52
野蛮な方法は、問題を事前に大量の変化資本主義ロシアの権利を、
現代社会のソビエトモデルの産業界のニーズに適応して解決した。厳格な
措置は、スターリン時代での撮影は、主だけでなく、イデオロギーのため
しかし、実用的、残忍な抑 圧 的な施策業界のニーズに適 応 する現代の時
代"は、"新しい男を構築しようと試みた。ナチスドイツは、同じ歴史的な
期間内では、運賃の公共交通機関に身をかわすための実行の場合、マン
ションなどの洗っていない窓に嵐は歩兵撮影された。このポリシーは、同
じ不潔なガラスの制裁は、実質的な罰金を汚れや破片が民家の前には、中
世都市委員会が賦課の継続的な政策の抜本的なフォームです。として、草
の芝生の適切なケアの数百年間、その完全な計画フォームを取得し、文明
化された合理的な、平均的な人間の行動が長期的にも経たないうちに達成
される。
スターリンの帝国の近代化を主にピーターのモデルに、我々も同じ
ことを絶対の非常に高いレベルで行われているが、それぞれの直接命令ま
たは半分を潜在的な欲望長規制および非交渉が、唯一の実装です。の発展
の歴史は、この新しい段階では、欧米の技術の場合、工場の何百もの完全
なセットで、さらに機材を購入したの借入個々のマシンやメカニズムによ
り取得され無力科目動員集中を選択領域に資源を集中的に再現。したがっ
て、戦前の 5 つのすべての偉大な建設プロジェクトの年間外国人機器なさ
れたが、作業計画を欧米先進技術の輸入重度のフィルタリング技術を
inokulturnyh 関連する要素を伴っていた。
スターリン主義とポストスターリン時代の"文化的な審理"非常に大
まかな雑草を"外国人については、特別な制限が海外からの情報に配置さ
れ、非常に限られた情報を明確に近代化の皇帝の段階の目標と一致してい
る科学技術分野に関連して社会主義国家。所得とは本当に不思議な場合に
は、"1 つの地区には、検閲 Voroshilovsk(現在 Alchevsk)は、地元の
博物館からの撤退を提供して、アリストテレスの胸像と、モスクワ地域
で"との理由でシューベルトの作品のラジオ放送の禁止の場合には、に
よって示されたことは、著者 raylitu 未知の、それはすることができます
トロツキー主義"。
スターリン時代の皇室の近代化すべきだとの事実は、これが最後の
比較的近代化の成功の皇帝のシステム内で実施されます。帝国の最終的な
戦略目標の意味をしないで成功した - 彼らは原則的に実現されていません
- しかし、現在の歴史的な瞬間の戦術的な問題の解決の観点からです。こ
れらのタスクは、正常に第二次世界大戦後、世界の地政学的な規模となっ
た軍事的政治的な対立で、西に直面している。
20 世紀の後半では、状況は劇的に変化した。技術開発の次のレベル
の単純な機械的な借入のためにされていないとロシアには社会全体のシス
テム内の任意の根本的な変化なしに、地面を転送する。しかし、帝国のシ
ステムは、一定の限度に変更される可能性を超えて、その品質システムの
保全にダメージを与える。ここで、内部の変換の国境沿いにある、システ
ムは、後天的な場合、比較的リベラルな精神で自ら改革しようとしてにぶ
つけ、1962 年に、その後の不安や不満の知識階級の一部にするノボチェ
ルカスクの土木工事活動を強化するために、外的制約条件を進む社会主義

53
圏の 国から出されたが決定されます:ハンガリー 1956 年にチェコスロバ
キア 1968 インチ
も、比較的リベラルな近代化の変換は、封建的な皇室システムのプ
ロパティの互換性がないことが分かった。実際には、スターリンの死の
後、すべてのソ連の指導者、または近代化とその後の統合のリベラルなモ
デルへの 変 換の間に無意識の選 択 ideokraticheskogo プロジェクトで
は、終末思想と封建制の他の重要な要素の維持に頑固の継続の実装では文
明の近代的な、または頑固の継続を実現する前に立ってと帝国建設。 2 つ
のフルシチョフの期に直面し矛盾 É.不明の彼の墓である。一方で、他方で
はスターリンの犯罪を公開する - 彼らの"人格崇拝"の恥ずべき象徴とし
て、政治犯と、1956 年のハンガリー革命の抑制数百万のリリースでは、
混沌とした、主に生活の様々な分野では、経済を中心にソリューションを
即興。にもかかわらず、中国ではフルシチョフの時代、そこにいた別の要
素は、近代のリベラルなモデルに属しているものの、複数の多様なプロセ
スを、それぞれの多くの方法が非常に混沌とした画像を作成する他の上に
重ねていたが絡み合っている。
私たちはフルシチョフもブレジネフとコンスタンチンチェルネン
コ、近代のリベラルなモデルを以下の下では、確かに、皇室とモデルを言
えば、ロシアの近代化を支配使われていなかったと言うことが一般的。は
い、いくつかの革新されたものが既に存在を改善しようとすると、例え
ば、省 庁 の構造である。しかし、一般的に、ほとんどは、知らず知ら
ず、20 世紀に選ばれた、古いポリシーしかし、"可能性"、そして今はソ連
帝政ロシアがフリーズする。このポリシーは、さらに 19 世紀には効果が
ないため、特に以来、彼女も、任意の 20 世紀の後半には効果がないこと
を証明した。しかし、ソ連の期間中にいくつかの重要な問題/ソ連、開かれ
た工業化、都市化のロシアに直面して解決され、人口学的遷移医学の普遍
的な識字率を達成するには、されている膨大な進捗状況が発生したが、一
般的には社会的な球。しかし、この成功の価格をされて、驚くほどの達成
は基本的に、したがって不安定動員を達成し、社会のどの部分ポストの文
明の廃棄をソ連時代決定のすべての重要な力、サージ両面性が高い。
あらゆる社会の 3 つの状態:開発の停滞と悪化している。ソ連の停
滞 1960 年のターン - 1970 - 20 世紀の居住の周りを始めた。マスタリン
グ Samotlor フィールドが別の二十年の旧ソ連体制の効率の悪さを補うた
めにいくつかのようになります。 "podmorazhivaniya"のポリシーに加
え、とし、皇室の近代化を再開するための潜在的な傾向は、マニフェスト
の個々の要素の化粧品の改善くすぶっていると、ほとんどの先進欧米諸国
の背後にある旧ソ連の停滞とのより強い成長していた。そしてここで、
パーティーや連邦の政府指導者の座に、やや離れて図アンドロポフ、全員
が可能で、皇室の近代化の次の段階に保持するために傾斜されたが、この
時は、幹事ではなかった、一般的な中央委員会共産党、彼は約 1 年間を過
ごした。
その薬(停滞)の期間には、ソ連を失ったのコンテンツの慣性に保
たれ、注意が正常にフォームを保存します。ため、クラッドの権限マント
ルのように、"老残のコンスタンチンチェルネンコ人アンドロポフの死

54
後、魔法のポストに選出された、彼らの手の中に、最高 権 力を保持して
(私の男..いるのか"我々の政策はその存在の最後の数十年の間にソ連の指
導者によって追求を特徴づけることが一般的だと思いますのミハイルゴル
バチョフ氏はかなり保守的な景気低迷のこの時期からのミハイルゴルバ
チョフ氏の治世中に現状。根本的に異なって保存では、目的の最後の試み
は、システムの活性化に加え年を除く、私たちをいくつかの柔軟性と競争
力を与えること歴史的な敵 - 西洋文明の近代化。
それを大きくしようとするとなり、旧ソ連体制の歴史的な存在を拡
張するため、近代のリベラルなモデルを使用する即興遅れている。しか
し、時の要素を社会の球体の近代化は、リベラルモデルの文化的な生活に
導入代替システムで形成され始めた、状況はペレストロイカのイニシエー
タのコントロールの外に出た。客観的かつ主観的な理由が腐ったソビエト
体制のための彼の改革とともに、 抜 本的な見直しは避けられないが崩れ
た。ナベルジャーエフの預言の言葉を 覚 え: "ロシア帝国死にかけてい
る。だけが作成されるすべての帝国死ぬ。ソ連の崩壊より大きい範囲で客
観的な要因によるもの、主観的要因の詳細をサポートする役割を果たす。
帝国は永遠に、ソ連の崩壊に大きく長い 8 月のイベントの前にあらかじめ
決められたされた 1991 年 12 月更新しないときは共産主義イデオロギー
の状態を固めるのすべてのより根本的な切り下げている。
現在の状況を分析するには、非常には、少なくとも 2 つの状況が重
要です。 30 西洋と Slavophiles での紛争でも近代化の持つアイデアを
emerge して、リベラル派と皇帝のモデルでは、関連する現象を織り込ん
だ、 - 19 世紀の 40 年間、ほぼ完全に任意のイデオロギー的な口利きが、
これは別のオプションはより多くの関節選 択 肢となって欠けている今に
なったロシアの戦略的開発。
として、歴史的な文脈の定数は、更新の過程にある社会の発展の歴
史文化のシステムでだけではなく、その固有の性質上、新たなシステムの
条件を提示によって異なります。冷戦時代のソ連の敗北は、グローバルな
競争の歴史的な規模の一般的に、リベラル派と帝国の文明モデルの終わり
を意味するさまざまな社会システムの世界的な対立の終わりを告げた。現
代世界では、歴史的、社会文化の動態の劇的な加速度の増加の不確かされ
ている全体とその個々の文化や文明の分野としては、世界の可能なバリ
エーションが増加します。しかし、社会の今日のパワーを、文化と歴史的
変化を完全に伝統的な皇室ゲージ、以前からロシアを追放するのに十分で
はない""リストラ"という理由だけではアジアだけに再編され、それを破っ
て逆転されている。"
かつてロシアの遺伝学者ニコライウラジーミルティモフェイエフ -
Resovskii 場合、ロシアの農奴制以上の 20 年間存在していたが、人々の
新しいタイプについて話すことができたと主張した。はるかに大きい強度
と良い結果をこの"繁殖"仕事は、当局がわれわれの歴史のソビエト時代の
継続:"1861 年には我々の国農奴制を廃止した。数十年、再び農奴制に戻
さ文明社会の... 1917 年、ビルドしようとする。そしてそれは主に、現在
起こっているすべての方法について説明します。 "これらはすべて内部的
に無料で、アクティブな人格の形成、意志決定をし、彼らのために全責任

55
を負うことに貢献していない。社会)性格、行動や意思決定は主に外部制
御のシステムでは、当局によって決定されることの種類の伝統的な(パッ
シブとアクティブの支配的な地位を維持します。
長い歴史的な時間がある時、その時代の一般的なラインを曲げてい
ないものはすべて破棄する負の選択のような存在。この論文の図として、
マルクスレーニン主義、スターリン主義の時代は、帝国の基盤とそのすべ
ての症状で古風を含む全体の不動産の消失になった大規模な外科的切断、
- ロシアの農民リコールするのに十分です。ソ連時代 - 預言者たちとの闘
いの時代、鉄と鋼の男性(爪をこれらの人々の世界では強力な爪を使われ
ていなかった")、貴族、聖職者、役員のモラル rigoristov の生活から段
階的に撤退し、他のクラスとした。発作の後の段階では、共産主義の理想
の生活の中で、"日"ロマンチックな革命によってバーント行われた。その
存在は、過去、"検疫"期間では、システムの生活からは消去されていない
の預言者の役割を探して、ガラスと新規申請の資本主義陣営海外での翻
訳、分離される。
1 つの結果 70 の 変 革年間支配皮肉、キングせずに確立さ信仰がな
く、社会のタイプ、(かなりの事務総長)最新の、一人の時間だけでなく
精神が、ほぼ別の新しい時代の到来を予測する能力については懐疑的な記
憶の時代の社会の中では/古いイデオロギー。冷笑と不信感は、疲れて笑顔
と、救世主、自己犠牲からの出発別に耐性の後半にソ連社会勝利の社会文
化圏では、しようとする地球上の歴史の外は、義人、適切な生活を再現す
るから。後半、旧ソ連時代の精神を簡潔にし、同じ時間で完全に詩、ブロ
ツキーは 1972 年に表明した:"もし帝国が誕生することに落ちた/地方で
よく海に住んでいます。シーザー/そして、これまでからの猛吹雪から。 /
子鹿神経、急いで感じるようにする必要はありません。 /あなたたちは、
すべての知事 - 泥棒? /しかし、血を吸うよりも私には、泥棒 dearer"。
自由な人々のクリティカルマスを形成する時間がありませんでした比較的
リベラルなゴルバチョフ大統領とエリツィン年間でいた。
社会とロシア人の大多数の土着化今の生活は、ソ連崩壊後の歴史や
社会文化のダイナミクスを加速への適応に深刻な困難の原因となったソ連
時代に行われた。ブルデューのは、人々は、しばしば"幼児期の体験に不
均衡な重要性を与えるフランスの社会学者の発言を思い出してくださ
い。"慣性効果、人々は、過去にその有効性を示した適応動作は、使用し
ようとする常同行動の延長によって特徴付けが明示され、社会の新たな条
件での有効性を失っている。
市場改革の年の間には、同じ時間で、主な社会は、相対的な自由の
中で行われたロシア人の最初の世代を形成。この世代は、主に付加価値の
規制システムは、系統的にバックアップ近代西洋文明へのトレース低い程
度に新たなグローバル社会の制度的環境とのロシアの取り込みに焦点を当
てています。 VTsIOM、18 の生成 - 23 歳の個性的な生活プロジェクト -
成功の社会(64%)、社会に従来の焦点を、社会正義と平等(36%)と
は対照的に焦点を当てによると。
R. Ingleharta に国の暴力的な 20 世紀の近代化プロセスで発生の研
究の価値の構造によると、 - 24 歳の支配的な社会の中で 15〜18 年後に

56
なる 18 の値。 R.イングルハート戦後のドイツ、スペイン、韓国と日本の
値は、システムの変化を分析した。どのようにこの経験は、ロシアの社会
的、文化的な変換を適用することができます - オープンされた質問です。
プロジェクトのリベラルな近代化されていない文化や文明は、強力ないく
つかの研究者たちは、気候や土壌だけでなく、後の帝国の近代化、自然、
工業化時代の重要な歴史的視点を信じている。
現代のロシアでは、提案されたルールの社会は、"栄光の過去"に関
連付けられて、思い出の日が"我々は素晴らしい時代だったに基づいてい
る思想。"このような世界観を根本的に文明は近代的な要素に根差して異
なる。たとえば、ヘンリーフォードは、"我々は現在に住んでいるため、
それ以上の何かで意味されている唯一の歴史希望している - は、我々は現
時点でやっている。"という意味で、すべて過去の偉大な伝統的な終末論
のは、私たちは、ロシアの歴史的、社会文化的な力学のための可能なシナ
リオについては中程度の楽観的なもののを与えるの枯渇を示しています。

第 II 章。解剖学、ロシアの伝統主義の

わたし。伝統的な心:精神的、文化的なシンクレティズム

以来、20 世紀の後半シンクレティズムの概念を、ますます意識の歴
史的なフォームとその文化の中の状態の研究では需要があります。しか
し、この概念を使用して作業を科学的合理主義的な言説の特定の機能、特
にその analytism、すなわちによって妨げられているそれらの間に明確な
境界の定義と現象の差別化を明確に区別さへの欲求。ある方法と知識のオ
ブジェクトの不一致、不確実性と未分化に融合したオブジェクトの性質に
よるものです。
合理主義的な意識を持つ自然の遺伝子組み換えの精神を形成する前
にされたオブジェクトを扱うために、ベースでは、欧州科学的合理主義的
な意識を形成している。それと同時に、我々は十分に異なる順序での現象
に適用することができる普遍的なツールとして、合理主義的な科学の論理
的な装置の使用についての実証主義の見解を共有しないでください。問題
は、少なくとも非効率的なのは有機性の融合したオブジェクトの調査のた
めの分析装置。我々は一貫して伝統的な意識の特定の機能を記述すること
ができますが、分析的手続きをすることは不可能で、生活と有機的全体で
はなく、合理化を超えて位置し、しかしとして、それを再現し、最大 3 つ
の現象の 3 次元画像を提供してください。
したがって、始めましょう。ロシア - "ハード国:どちらも革命も終
わりに反応を通過しなかった。ロシア語の生活 - 反応と革命の和合です。
システムの団結を形成元素を定義し、このシステムのコア - ロシア当局の
57
かどうか、独裁主義と共産主義です。の確定状況を決定するための理由を
見つけてみましょう。
ロシア社会文化的なシステム分岐またはの重要な分野自体の近くに
は、すべての確実性および特定の歴史的選択の不確実性挑むです: "永続
的な"不安定性"の象徴的な態 様 、 "意味的あいまい性"は、たぶんロシア
語、有名な、最終的に望むことを意味します男性のすべての主観的な努力
なしの状況ですべての問題を自分自身の場合で解決されることは自然な
セットは、"。どのような物理的なイメージ、現象の記号形をしていない
ための恒久的な欲求です Emel、イワンのばかのロシアの民話、イリヤ
ムーロムの bylina、30 歳と 3 歳のオーブンの上に横たわる、いない場合
は絶望的な試みを意識的に、個人の選択を避けるために。最終的には、個
人と社会の運命からの解放のこの試み。機会が分岐のゾーンに住んでの保
存と、すぐそばにあり、しかも、奇跡は、オプションの信仰を維持、不連
続な因果関係はまだ異教の質量の意識の多くの重要な要素です。
これは、"最後の"運命のメーカーゲーテも表現されオルテガイガ
セーにもかかわらず特有の欲望特定を避けるためには、: "人生 - それは
必然的な必要を決定する、完全に例外的な運命を、他の言葉でそれを受け
入れる自分自身を書くためには、それが解決しなければならない。かかわ
らず、我々の欲望は、我々は"文字"を実装するために義務付けられてい
る、私たちの使命、私たちの生活プログラムは、当社の"entelechy"...
(ゲーテの権利を処分する権利を望んでいる。常に。 "ロシアの歴史的な
運命にも、この相反する最初の外部症状に大きな数字で eksplitsiruyas、
欲望をしていないために正しい選択の確実性を避けるために保持する複数
の、ロシア社会文化的なシステムの矛盾のすべての分野で明示される存在
している社会的、知的生活。従って、出力、実用的な結果"にもここにも
あるし、天国かは、どのように容量のを知っているが、五チェルノムイル
ジン氏:"我々は、最高の希望いつものように明らかになった。
ロシアの哲学者アロンソシュテプーン方法で管理し、フォームの思
考の間の類似点は、ロシアのハイブリッド車生活の始まりとして、普通の
人々とトップフォームとの差別化に反対する知識人の生活の中で現れ注目
を描画します。特にロシアの宗教哲学では、同じ過失、ロシア語、土地管
理のようです。農業機械やメソッドの思想の否定の連続
usovershenstvuemyh 習慣と一貫性の欠如。
社会的な関係やレイヤー、ミックスでの生活様式のフォームやもや
し、お互いを介して、奇妙な矛盾の共生を形成します。伝統的な意識の
main 関数の矛盾した状況に住んでいる人間の適応されている社会的関係
のミキシングやアレンジ生活。適応の矛盾は、その部門を通じて
osoznovaemye に達成されている数を最小限に実行されますが必要に反
応する方法、および neosoznovaemye ため、非存在である。
は、現実の自然の中で矛盾しているが、文化的な意識のさまざまな
種類の 経 験を感知し、彼独自の方法で矛盾を解釈してください。私たち
は、レヴィブリュールは、特には、正式な論理の矛盾することはできませ
ん法律と実質的に"prelogicheskogo"、考え方として原始的な人間の特性
を考えていた覚えています。したがって、矛盾の個人的な経験の規制古風

58
な意識のための最小限の程度でのみ可能ですが、自分たちの動作をカスタ
ムで、一貫性の規範的な行動のセットを含む住んでいます。彼らは、特定
の先例に減らし、その後、神聖の自発的な対立を調整: "古代人が絶対 的
な真理の世界に住んでいた、彼は根本的な質問に正確かつ決定的な答え:
どのような何が起こるかは、宇宙、彼の国の人々だったが死は彼とした
後、等..."。
意識の矛盾を解決するために検索するため、世界で最も調和との関
係の必要性を排除古語は:"男は、世界の不可欠な部分は、まだどちらの
能力も、個々の行動の結果を理解していないが、彼を恐れる必要はありま
せんでした。しかし、個々の、彼だけでは、世界では、見事な、ひどいと
のままになる。
中世では、精神的なフィルタであり、その関数の分離の矛盾(分
離)には、スキップ()を理解することができるそれらのより大きい番号
があります。中世の非常に人々はまだ、そんなに彼らは知らないのは矛盾
の意識の askriptivny のタイプを保持します。しかし、宗教的な球は、中
世のは、すでにかなり明確に理解して男性を中心に、矛盾の一部。それだ
けでなく、多かれ少なかれ意識し反射するだけでなく、実用的な行動に、
その結果に基づき、変更に公開します。私たちは、このコンテキスト内で
思い出してみよう、スコープと異端的宗教的な動きの多様化と、カトリッ
ク教会の改革は非常に処理されます。
中世については、件名、善と悪:"どこに行って 2 つの原則を支持し
て教義を参照しての宇宙の種類:良いキリストと悪、サタンは、霊的な世
界の代表的なキリストであることを直面している形而上学的な野党に基づ
いたタイプの世界観を、この問題はサタンが 1 つ我々の魂に属しており、
別 - 私たちの体。や現象を、この自然の世界全体との協定では、当初は悪
の世界であり、サタン、闇の王は、その誘惑を介して私たちを破壊しよう
とする。"この対立は、光と闇の戦いは強制的に心の中では、世界の規模
は、再生する時に、その作成と prodozhayas ほぼ終末まで一貫して成長
することができます。これらのデュアル反対の範囲内で、または矛盾に該
当しないの注目に値しないとして認識されるか、または、単に通知をしな
い場合は、件名の意識の中で固定されていません:"黒と白の中間 - 中世
の人々が現実になった。"
中世のタイプ何か男性に外部としての意識の矛盾を検討する傾向が
あり、それに応じてこれらの矛盾を解決するための方法です。したがっ
て、それらの社会的/宗教的な文脈の暴力的な変換をすることができますを
解決する方法です。我々は多くの農民の反乱と宗教改革時代の宗教戦争を
想起することができます例として。しかし、意識の古風な中世のタイプと
は対照的でより個性的であり、個人の選択と意識した行動戦略の使用の心
理的なモードに適応した。
矛盾を解決するため、モデル内のラジカルの変化はすでにリベラル
な文明の近代化の枠組みの中で発生します。一般教養の件名の容赦ない属
性として矛盾と認識されて、できるように、主に内部的に、すなわち、創
造的活動の個々の自然のベアリングで、彼は、個人的にはそれを経験し、

59
非常に個々の応答を与えるので、備考 W.ベックが、"私たちのほとんど'伝
記ソリューション体系の矛盾を求めることを余儀なくされます"。
一般教養の件名に自分自身を"としての人間の法律上は、誰も彼自身
の悲惨な運命のせいにするが、自身は、その事故の原因は自分の怠惰と怠
慢で、模索しなければならないことは不可能であることを意味責任の負担
がクマに得るすべての問題を取り除くの呼び出し以上()努力を自身の深
刻な。"
文化的な意識の種の方向性とは歴史的進化のベクトルに送信され
た、との意識が大幅に進歩はユーロで拡大しているこのタイプの大西洋文
明の近代化です。人間集団と個人の思想から、意識の一層の自律的に進化
して全体の歴史的なプロセスは、移動中に、最終的には、"で私たちの自
由を、民間の独立性の静かな喜びで構成する必要があります問題は、この
状態に。"
注意してください内の伝統主義の精神は、本質的な融合した説明古
風な中世のタイプの混合物です。一般的に、伝統主義に対するアンチテー
ゼは、ヨーロッパの新しいタイムに広がる一種のベースとし、個人の自由
動的:"として、現代社会、経済 的、政治的な面で個人主義の基本的な価
値、"自由"の形式をとります。そして、生存 tratsionalistskoy メンタリ
ティー大きく、その能力を個人の選択には傾向が彼のチームは、カリスマ
的指導者、宗教的な権限を委任するの必要性から人々を解放するためで
す。我々ドストエフスキーの小説"カラマーゾフの兄弟からグランドイン
クイジターの伝説を思い出すことができる典型的な例"として。
としての姑息的解決策になるかもしれないが、すべてのほかにもか
かわらず、両方の個人や集団の試みの歴史の中で最終的に取得する選択の
必要性を除去する - を得る彼の処分は不可能であることが知られ、しか
し、他の人にシフトし、一般的には、環境の状況。努力で取得する必要が
恒久的な選 択をすることを取り除く、人々は無意識のうちに、アルカイッ
クとき、意識の進化の神話の段階では事実と(状態は、完全に無意識のエ
ゴによって所有され、"始まりの日が懐かしくています。
有名なロシア culturologist 単がある彼の人生は、あの調和のとれた
一貫性のある状態を遺伝的にメモリ全体に人に同行して考えている。それ
だけでなく、これで個人の選択の非常に必然性から自由な錯覚を人々は宇
宙 dualizovannogo 文化のアウトを実行することはできませんが作成され
ます。
事務の確定国家としての文化、ロシア、注文、とはいえ多かれ少な
かれ、社会的な運命と忍耐を含む伝統主義者の向きによって支配され、社
会的文化的伝統的に承認されます。悪と罪との関係、特にフォームの複雑
な断層系統的にバックアップキリスト教の信仰の"最初の原則に、...キリ
スト教徒は、彼ら罪人が教えている罪は、オリジナルと、個人個人の生活
の中で存在するとともに、良好で始まるが、今日 - これまで以上にこれ
は、キリスト教自体が、イエスキリストの磔刑から始まった..."。障害の
この特定のセットでは伝統的な意識の所有者のみに固有です。このように
した DS メレジコフスキー"私がここで私は、1 つを得ることができない...
つもりは知っている、孤独感を克服するには、"アンダーグラウンド"出ま

60
す - タスクには..."、すなわち、それについては、個人主義、キリスト教
への集団運動の形態の必要性を表明した社会からの断熱材を克服していま
す。
従来の行動基準を定義されてから男を拒否で構成され、元の罪と個
人の罪による補:無罪判決は、キングですか?"罪のない"誰が神である必
要があります。として、それぞれの法律の"範囲全体に求めることができ
る時間は、その質量とルーチンを侵害し、消費電力は、別の現時点の利益
と、一貫性の実践を採用少なからず問題のこの状態は、法案の矛盾、自然
に貢献する。"
は、件名伝統主義社会の社会心理学の特徴を社会の近代化の対 象よ
りも優先順位を根本的に異なるシステムに注意してください。したがっ
て、世界の風景の調和関数と高い社会的団体のレベルでの取り組みをご注
文の委任を介して行われている。この問題は、の負の影響を弱めるような
優先度の高いのは、その決定横柄な圧制と貧困に伴う。伝統、文化の領域
を、社会の安定した会員感がすべてだ基づき、伝統とは、従来、強力な専
制政治のひどい症状を負担することが再現しました。したがって、 H.メー
トルカラムジンイヴァン 4、これらのいずれかの著名人 impaled の小断層
のために注文時に"ジョンは長くする前に、この不幸なひどい苦しみの中
で日中に住んでの支配からの例では、妻、子供たちと話をしたと繰り返し
ていた:"神!王のことが慈悲を!"つまり、ロシア人、外国人が何を非
難:で、君主の無制限の自由意志に視覚障害者の献身で知られて、ほとん
どの州と人間の法則からの偏差の無謀な。"
しかし、あるときの不確実性の状況は、世界のこの画像と、その冒
とくのプロセス disistemnye、不思議なパワー素子に侵入しています。電
力の損失仙骨の状態は必然的社会的混乱の急進主義の度合い、市民暴動、
反乱、革命の形で、暴動、外国人は、知的財産権の不満は、人々に行く意
思につながる。人の社会文化的な継続性の違反のみに対応するため、物質
的な生命のハード条件反射のフォーム少なくとも開始すると、意味のある
素材の補償の欠如は、その喜びと様々な人的、終末論のプロジェクトは、
サービスへの関心と日常生活の領域から、その生命エネルギーを転送する
アイデアパーティの帝国。反射の類似のバースト時の過激な行動に渡すこ
とは、間接的にロシアと世界の歴史の中で観察することができます。たと
えば、アレクシスドトクヴィルの失踪などの憎しみを、フランス語の日と
する前に彼の素数インスピレーションことで、"封建制と指摘した。恣意
性の最小の症状、ルイ 16 世、ルイ 14 世の絶対的専制政治よりも多くの不
満を作成しました。短期自由刑は、ボーマルシェにパリにさらされた
dragonnady 1685 以上の波乱を起こした。しかし、中には、世界人権物
事のため、コースの概念と一貫性の画像を、彼はさらに圧迫し、専制と貧
困に落ちるのシェアを負担することができます。
ただし、後者は彼らの文化の特異な現象としてしか一般的な伝統主
義的価値観と原則を考慮に運ばれている伝統主義社会では文化的なパター
ンは、文化的社会の中で現代よりも、特定のローカライズされます。土地
の広大な、インド、チリからでは、とロシアは、イランに広まっているよ
うな社会からは、各傭兵西にわたって真の精神的な価値のコミットメント

61
を通じて人々の生活の伝統主義的維持するための救世主的、精神的な高度
の特別な役割について、歴史的な神話。我々の論文をサポートする例は非
常に多くあります。まず、エヌベルジャーエフのほぼ古典的な定義の結果
が、ロシア、彼の救世主的なプロジェクトを継続的に革命の共産主義の指
導者説明:"そして人は、第 3 回国際実施の意識も、彼自身の救世主的な
意識の中で発見した。彼らは、東から、これは"ブルジョア"西の暗い人で
の滞在を啓発する必要がある光を運ぶとして自らを理解する。これは、ロ
シアの救世主的な意識の運命です。
いいえ以下の普及このような態度やロシアなど、外部定義を十分に
様々な第三世界の国で共通です。は、多くの急進的なステートメントを省
略することのみに十分な政治学教授 Z のサルダールの立場の近代化を与え
る。開発以外の彼の記事":イスラムの視点"で、彼は欧米の感覚で、"開発
のアイデアは完全に非容認されて、ヨーロッパの文化、および将来の 1 西
洋文明の優位性の結果はされませんが、自由を理解し、非...の中で、文
明、ヨーロッパ文明(中国、インドとの指摘など)は、イスラムの役割
は、イスラム文明は私たちの価値の利点を示している..."。
ときに私たちが最も深いレベルでの伝統主義的な考え方の異なる
バージョンを一体の検索では民族的特徴をより抽象的な、我々は伝統主義
社会、特に複雑なアイデアを団結し、一体感、普遍性、不可分性と内部の
概念を解散関連する非合理的な、神秘的な関係を一体参照してください一
般的に民間。言い換えれば、それに戻る人間の生命の古風な期間に行くす
べてに特別な態度:"人生の合成の原始的なビューではなく、分析より
も。生命クラスとサブクラスに分割されていません。これは、継続的な全
体のセンスも抜群のように、任意の急激かつ明確な区別を避けるために感
じている。異なる分野間の境界 - 克服できない障壁:彼らはあいまいで、
不安定になります。"
別では、服の歴史的、政治的な条件のイデオロギーフォーム相場聞
くと、神話の数式を融合した団結し、安定した値を与える社会文化的な空
間をランダム編成されます。それを別々の社会的自立人自治の割り当てが
ブロックされ、多くの点です。 Mytheme 融合した団結の意識のほとんど
の古風な伝統的な基盤のルートへのオードです:"ふめい者は、"私は、"予
想される強力なグループにも強い相互作用は、グループのメンバーたちの
間のより。"
この神話に戻る人間の存在するとき、人間社会に十分に完全に入れ
替えることと社会的役割機能と小さな中庭の導出を特徴とする先史時代の
ステージに行く:"プリミティブ型のメンバ私 - はい私たちは言葉を"とア
イデンティティの感覚を表現するかもしれない "と彼はまだ自分自身につ
いて"として、個々の感じることはありません"は、自分のグループから独
立しています。"それにもかかわらず、時間の長い期間にわたって、この
先史時代の団結の思い出を、イスラム教徒と正教会の世界に留まっ: "誠
実 Sonsensus 人間味と非難し、"I"の罪が、同じように - 真のロシア語で
す - 匿名の契約をするように設計として、真理の概念。
西ヨーロッパやロシアでの歴史的、社会文化的なプロセスを考慮す
ると、ゲルツェンは、"欧米の世界が、貴族の開発や町人たちに大きなも

62
のだったと豊かな...ロシア人が少数民族の発展を犠牲にもたらされた、そ
の共同体の設定、耕うん機と nesobstvenniki 失われたと述べている少し
厳粛な西部大開発は昨年 3 世紀、十字軍として、ローマ法と
germanskomu 封建として学力や神学論争としてできたています。として
歴史にも古風な団結のリベラルな文明の層のメモリの枠組みの中でロシア
だけではなく、20 世紀を示して実現することができます、アクションの
プログラムを作成します。
自己の古典的な例を実現化第三帝国の古風な歴史がある。 B のムッ
ソリーニの治療の"ファシズム":"これは(ファシズム)は、単語の非常に
語源を覚え、人間の生活の形式ではありませんに変換すると、その内容を
求めて、男性自身も、彼の性格、信仰。そして、そのためには、規律と権
威は、人間の魂に浸透することができますし、自由に編集する必要があり
ます。だから、彼のシンボル lictors 棒 - 団結し、強さと正義のサインで
す。" CG ユングの不安、外国の文明を感じている"、"中央と西部の人々が
無意識、抑圧された古風なスクリプトのマグマ沸騰のやすらぎ、有効なま
ま今日。その合理的な行動で文明の一環として、現代人文主義的性格は、
少数派である:"我々は、少数民族の間では、これらの目標を達成して生
活をしようとのギャップを埋めることができなかった彼らによると、大半
は、トーテミズム、礼拝では、離れて石器時代に滞在していた考え方を、
アイドル、封建。
融合した心の中で団結の原則と包容力と団結の原則にロシアのバー
ジョンでは、その階層は、伝統主義の 2 番目の礎であり、原則として互換
性があります。これは、カテゴリに階層を内在され文化自体が、これ
は、"文化の違い:分類、分離を確立するための活動であり、持ち株の境
界とその人々の分割、結合された内部の類似性と共有する外部の違いに注
意する必要があります。"しかし、伝統的な社会では、階層構造の原理は
高くはないとも恵まれている神聖なステータス、および仙骨をサポート
し、階層のステータスは失われ、自由主義社会のみです。は、階層の建設
は、一般的な文化的な仲介を実装するための主要な 楽 器、壊れた世界の
極:上部および下部には、クリエーターとの作成、接続されて注意してく
ださいマイニングとサブ等階層的な関係のみを伝統の中では固定されず、
また、これらの伝統的な価値基盤を提供。
正教会では、ビザンチン文化 圏 の男性の魅力を感じているように
と、天国の平和、この意味での維持、中世に関連して、特定継続この世。
宇宙の極周囲の文化の意味のフィールドを収集し、意思を継続が困難とそ
の中間水域での浸透を制限します。の文化やすべてのことを文明文化の中
間領域に - 、不安定な揺れの neoformleno 座標:"どのようにごみごみし
ているフォームは、ロシアの風景は、魂とは、ロシアの魂のテーマの風景
の中に密接に神の非晶質をテーマに接続されます。それはこの非晶
質、neontologichnost 中間ゾーンのすべてのロシアの文化と文明のシス
テムの機能です。
したがって、1 つの。Akhiezer には、ロシアの歴史によると、継続
的には、集中状態、農村地方の世界の対立を追跡することができます。そ
れは"政府との間の紛争になります、大きな社会や伝統的な世界。一方、

63
農民の世界の状態を外に住むことができなかった。伝統的な空間に、歴史
的必然的現象の反対など - の状態、および 変 換他方でそれを分解しま
す。"
この対立を 1 つの文化と文明のシステムのロシアの民間式の特性の
一つです。これらの機能の解析を見ますと、これほど頻繁にロシアの歴史
家、哲学者やロシアの文化とモンゴルの文明、タタール語征服の形成に及
ぼす影響についての作家に影響し、私たちの姿勢を示す東ローマ帝国(ビ
ザンチン)。
はい、モスクワはモンゴルから引き 継 いだ制御と市民の態度のタ
タール語残酷な方法をするときも、政府高官の要人皇帝は、それ自体の最
後の奴隷と呼び始めた。とは 19 年上半期で 20 世紀だけでなく、欧州、ロ
シアは知識では、後進性とアジア、ロシアでの観測は、モンゴルの排他的
な結果タタール語ヨークと信じていた。この種の利用可能な判断今
日:"いくつかの世紀の国の開発の主な内容についておうかのプロセス
は、偉大な歴史的な災害は、東ヨーロッパ、タタール語、モンゴルの侵略
のためだったの結果は、克服された。意味では、統一されたキリスト教文
明の不可欠な部分として、ロシアのは難しいの主張だった。"
これらの引数は大部分が、決定的では true を返します。この位置
は、非常に便利なままで、精神的にも、ロシアの歴史家の快適されてお
り、一般的な知識は、これは歴史的責任を社会から削除することができ、
外に置いています。しかし、専制的な傾向がタタール人は、しかし、その
後は、北朝鮮だけでなく、ヨーロッパ全体、西ロシア、これらの動向を
ヨークの終了後には消えていない典型的な年も前に始めたが、強化され
た。今日、ほとんどの現代史では、モンゴルの侵略、ロシア語の歴史上の
すべての深遠な影響を与える、との可能性は低いが大幅にロシアの人々と
その伝統の性質に影響を与えると考えに傾いている。
私たちの生活世紀モンゴルの古いアジアのコンポーネントタタール
人の支配が透けて見えるにもたらすことに加えても低く、ローマ帝国の影
響が深刻だった。ほとんどがキリスト教の信仰ではロシアビザンチン帝国
の知覚経験を、教会の規範に同行し、建築の大聖堂(の建物)、ビザンチ
ン、マスターの技術的な方法有名。加えて、されている地政学的な、第
二、第三ローマの間で継続。
この連続で、我々の詳細に滞在したいと思います。モスクワではト
ルコ、コンスタンティノープルの吹くの下に減少し、ロシア帝国の保存の
後、ビザンチン帝国の復元すると、ロシアの国家の首都を中心に - モスク
ワ重要な場所の再構築のアイデアを占めている。すでに"アレクセイミハ
イロヴィッチの原則では、モスクワで普遍的な君主制を中心に、東ローマ
帝国を復活させるには、すべての正教会の単一電源で団結しよう。ロシア
皇帝今だけでなく、ビザンチン皇帝の代わりにはならないそれらになるこ
とを... ..."。
この伝統は一時的に中断されていない、後に失望リコールロシア社
会の中で、1877 年にオスマン帝国の東欧の 戦 争は、の中に君臨 - 軍の
1878 年の嵐コンスタンティノープルに命令を受け取った:"それから、ロ
シアの社会性だけでなく、アレクサンドル 2 世の 2 番目の理由彼はこれら

64
の脅威(イングランド、オーストリアに留意彼は臆病だと文字の欠如の告
発された。非難し、人の多くは命令に背くと自分自身のリスクで、コンス
タンティノープルに入る勇気になっていたと信じて大公の司令官。"コン
スタンティノープル、海峡、巻き上げのテーマ十字架上で聖ソフィア第一
次世界大戦では、イデオロギー的な正当性のようなものになるに思えた。
私たちがビザンチン文化遺産の実際の部品について話すと、上記の
すべてのビザンチン帝国の知覚を提供することが必要であるとともに、正
教会自体に皇室 ideokraticheskoy モデルでは、さまざまな民族の歴史的
発展、北朝鮮の文化的土壌中東欧、ロシア、後のモスクワ、ロシアと旧ソ
連帝国。値のシステムのビザンチン帝国では重要だった。もし彼が聖なる
帝国のために自分自身を許可されしたがって、オドン Deylsky、フランス
語記第二運動は、ビザンチンの政治的伝統的な記述は、"彼らは一般的に
は、ビューは誰もが偽証の告発が受け入れている"と記している。ビザン
チンに影響を与える最大の膨満感と信頼性と見られ、他の権益をめぐる帝
国の優先順位の利益の一部として。
もう一度、Leontyev 覚え:"ビザンチウムの状態で独裁を意味しま
す...私たちが知っている道徳的な世界... ...は、ビザンチン風、キリスト教
一般的に、のような人々の普遍的な繁栄のためにすべての希望を拒否する
には、その彼は、世界の vseravenstva の意味でのパンの人類の考え方に
強力なアンチテーゼです地球 vsesvobody 地上波 vsesovershenstva と
vsedovolstva。私たちは信じては、その東部の範 囲は、キリスト教の進
化において、その歴史の中で、ビザンチン時代、皇帝の神政の教義、特に
で内部的に正教会の近くにされた。自分の帝国の状態を、歴史的な理由の
番号にセルビアとブルガリアの主張を思い出して含み益残っている:歴史
的、宗教的伝統、コンスタンティノープルの側にされている、と彼の崩壊
後、そして、皇帝の地位を得るすべての関連性を失っていたトルコの支配
の長い期間続く。
、ビザンチンの状態のいくつかの特殊性を注意してくださいロシア
の国家としての地位を後に影響を与えている。したがって、ビザンチンの
総主教ニコラスミは、ブルガリア王シメオンには手紙の中で彼は、暴君と
反政府勢力と呼ばれるブルガリアの独立性への欲望が神の王国のアイコン
として団結正教会帝国の原則に違反している。ブルガリア限り、彼らは帝
国の分割を求める、懲罰に値する。ここでは、明らかに、この意味では、
ローマ帝国の伝統を受け継いで、非代替と自己としては、国家の先験的な
考慮が、世界の調和の源を維持感じた。もともとはローマ帝国、続いて一
般的には帝国である/最高かつ持続的な値なので、"今"を、本格的な状態に
基づいて組織される必要になります。
新ローマで開か闘争で "ブルガリア語、セルビア語の王、自己の比較
にならないほど、後のアイデアの決定のために、それはしていない独自の
電源は、すべて同じ制服との唯一の正教会の消費電力は、することができ
ます次のどの下に改革 prityazaya 他。 (ちょうど、なぜ彼らとの 戦 い
は、特に、暴力からだった - 彼らは、ビザンチン、好戦的ではないし、詐
称、扇動的でした。)"これは、複 雑 なアイデアの状態に関連付けられ
て、1 つの人気の神話の意識の中でのキーであることに注意してくださ

65
い。融合した自然の中では、私たちの同胞の一部でも、今日のポストで、
旧ソ連、ロシア、ある程度分化されている状態、社会、国の当局の概念を
保持します。
モスクワの開発特定の段階で、ここにそれが適切な直接の歴史的遺
産のアイデア vospriemstve ステート(帝国)第一と第二次ローマ(ビザ
ンチン)からされた新しいイデオロギーが必要です。ロシアのプロジェク
ト ideokraticheskogo、その形成表現の開発は、ロシアの人々の主要な特
性を持つ帝国の関係は、プロセスに定着させるの実装です。それ以来、皇
室のイデオロギーと帝国の過大評価されたという私たちの日常の認識と何
世紀にも国民生活の実践の一部となった。 "帝国の米国のアプローチで、
現代の歴史的な思考の判決によると - として、アイデアと現実 - "ロシア
語、明らかに、1 つの定義の特徴だった"。
我々は、ロシア ideokratichesky プロジェクトは、実用的なプロ
ジェクトとして、天皇イデオロギー要求されたときに、帝国を形成する、
地理的に始めた始め、他の外国人には文化や文明の生息地には、ヴォルガ
地方(カザン、アストラハン)とシベリアのパガン地区のイスラム教徒の
地域では、そのメンバシップを含む拡散信じています。一部の研究者、特
に B の Kagarlitsky で、その考えは、モスクワ - 第 3 回ローマ、4 番目の
ことができないが、実行する"イデオロギー的な補償の役割を考えてい
る。さらにロシアは、世界システムの周辺機器(以下 É.ウォーラーステイ
ン'現実には、世界システム論秒よるとなり、より多くの彼女の文化やイデ
オロギーのレベルでは、世界の中心としての自分自身を主張しようとし
た。"この位置は大部分のための分業のグローバルな経済 的なプロセスと
貿易プロセスの性質をすることです。従って、我々のプロセスをモスクワ
の生活の経済圏 では、しかし、帝国の重要なイデオロギーの形成に決定的
な重要だったの発生と思います。ここでも、天皇イデオロギー、まず第一
にされ、必要に応じてサービスをし、維持する物理的に新たな帝国。
考え方として、民間帝国の最も多様な形態として、現実は非常に
我々の日常生活の中で重要であり、長い歴史の期間イデオロギーの球で、
自分自身を含むではソ連の力の数十年です。それと同時に、文化や文明の
システムは、常に自分自身と同じにすることはできません、それはほとん
どのポストソビエト時代の急激な変化。我々は今日の伝統の完全かつ本格
的な再生のためのときに"すべてが振り出しに戻った"とし、可能性を示唆
しないすべてのは、どのようになるされた歴史的、社会文化的な力学のプ
ロセスの強さに達すると思います。しかし、限り、帝国と帝国主義の考え
方、そしてどのようにすることができますが、彼女は、彼の身体や地理的
な形になって?我々は最後の章では、ポスト近代化ソ連のプロセスを検討
し、この問題が返されます。
ためにより良いロシアの融合した文化的な意識の特性には、変換の
代わりに、近代化は、ロシアの伝統主義の具体的内容にターンをご希望の
文脈を理解する。
この問題の重要な側面は、ヨーロッパの様々な地域で支配的なテー
マとキリスト教と異教との間の関係のさまざまな歴史的な期間です。その
古代れたグレートパン死んだ"は、古い異教の神々への信仰は、キリスト

66
教化のプロセスが消えています、地理的、社会的文化的な限界"では、主
に自然だった。預言者や修験の神の言葉を運ぶ迫害を受けていると苦し
み、異教の剣と暴力を払っていないが、単語。したがって、1 つのキリス
ト教殉教者たちは、"1 つの。焼けマルクスアウレリウスの時に、笑い、生
き生きとの質問に答えた:"私は、主の栄光を見ていると私は満足してい
る"。
以前はローマ帝国の占領の外に、キリスト教、以下の預言者や個人
的な禁欲主義と初心者にも当てはまるの説教でからは、主には普及が、上
からのときにアクセスする野蛮な君主とその近似し、この治療法はしばし
ば軍事力を介して発生しました。何世紀にも Nrodnaya 生活を主に、昔の
アイドルの農村部の聖域からの伝承とキリスト教信仰のシンボルに置き換
えているにもかかわらず、そして、大きなキリスト教の祝日異教徒の祭り
の日に規定する異教のまま。結果として、人気の高い意識の中でキリスト
教と異教徒のアイデアを織り交ぜ独特起こった。間の矛盾は、キリスト教
は異教徒の非常に形式的な論理の観点から明確な意見、それらを実現して
いない融合した思考のロジック。
ヨーロッパのキリスト教のルーツは古代文化を伸ばしている。その
地理的分布の古代の遺産を、原始キリスト教とのコミュニケーションを維
持する、ほぼ完全に西ローマ帝国、すなわち境界内に拡がっているキリス
ト教世界の境界線はほぼローマ字の境界と一致した。その後彼らはヨー
ロッパの野蛮なとき、若い人たちは、ドイツや新興ラテン、古い作業知能
の手段を上回るの分野で導入された - 場合、正しく理解 - 爆発的な信仰の
信じられないほどの状態で...彼らは無限に retsipirovali によって展開され
たその内容のレベルを超えています。そして、これらの人々内部的に生き
ていると、欲張って、新しいジュースとし、活性化させるも残っていた
いっぱいに吸収され、古代の"。
スラブ異教としては、それを示すように、特に、É. Ivakhnenko は
その固有の歴史的なサイクルのキリスト教化の時間によって渡されます。
東ヨーロッパでは異教徒のサイクルの不完全性、キリスト教の普及の分野
で主導の積極的異教の世界で実行可能:"東ヨーロッパでもトップの強制
的な教化だったが、キリスト教の民俗宗教世紀以降では、修道院の城壁か
ら出て来たになるため、直接指導のと庇護の下からはパワーと人々に行き
ました。"キリスト教、ロシアでも、人気の大修道院の受注、人々の魂の
ために異教との長い闘いだったとロシアで実用的な問題を解決すると発生
していないに焦点を当てた。
その質量のキリスト教化の時に異教東スラヴ人はまだ、異教徒の世
界観のエネルギー文明のプロセスのソースとして機能するよう引き続き減
少し、腐敗の段階に入っていない。しかし、"異教信仰 - それは、とりわ
け、人々の生活のエネルギー成分...、破壊する彼の精神生活の積極的な段
階で異教を抑制する場合にのみ、破棄されるか同化の人々が可能で
す。"国内の容量以外には、疲労、キリスト教への強制的に変換する民衆
の抵抗のかなりのレベルの特定には、古代異教を示します。したがって、
チェスワフミウォシュ彼の著書"西気東エリア"で、キリスト教の普及に、
リトアニアで参照する"とし、キリスト教の壮大な広がり大幅に長い時間

67
のための殺人、暴力、強盗、黒のクロスの叙事詩は不幸中の記号は、 "ペ
ストよりも悪いままだった。
以来、異教の要素をはるかに優れた要素が、キリスト教が導入さ
れ、非対称的な性質を示している結果、伝統的な民族意識の中で、キリス
ト教は異教徒のコンポーネントでした。アンビバレンスの宗教意識の個別
機能の一般的な文化意識の深い内側の骨折を表明した。 "ロシアの人々は
常に、禁欲主義を受け取ったとする願望の世界を超えて 2 つの要素 - 、原
始的な自然の異教信仰、果てしなく続くロシアの土地と正教会の自発性、
ビザンチンから直面していると入力します。ロシアの人々は同じように特
徴的な、自然 Dionysism、そしてキリスト教の禁欲主義。
東スラヴ人については、キリスト教への異教からの移行は、同じ時
間にいた頃、部族社会とより多くの開発状態をフォームに国家としての地
位の早期のフォームから遷移します。この点では、この処理は絶対ではな
い忘れてはならない、非公式の割合の 変 化だけで結論は、過去と現在の
フォームの間の優位性の変化:"文明の形成には"歴史的な変化"以前のアレ
ンジの形ではなく、"超構造"を通じて、新しい精神的、社会構造と事前"の
従属"のオプション。中"、新たな関係を構築し、社会の文化の重要な体を
カバーする周辺機器は、"奥地、特に"とのことで一貫して再現可能な"名残
を維持する"部族"の構造と固有の文化的規範と態度をある程度までは、続
けています。東ヨーロッパが革新的な封建的な機関や異教の伝統的な要素
と織りの性質との関係の時に織り交ぜ、以降、および相互浸透ので、それ
ぞれの他の要素と機関の多くの面での関係で異なるではロシアの文化と文
明のシステムのその後の開発の機能を定義します。
何世紀にも異教の内部の永続性文化的規範とキリスト教の伝統の影
に成長を続けています。このプロセスは、ロシアでは、20 世紀までは中
断されません。したがって、ロシア科学アカデミーのアカデミーエフ
Karski の指導者は 1926 年に下のニジニノブゴロド地域のいくつかの農村
地域の伝統的な異教信仰と魔法の慣行を調査した。このフィールドトリッ
プエフカラの結果は、事業部人間科学アカデミー、タイトルは"ロシアの
手品師"は、民族博物館と人類学のコレクションは 1928 年に出版された質
問の下にある成果の会議でプレゼンテーションを行いました。
1 参加エントリは、この分野を勉強望ニキーチンを引用するに
は:"1926 年私はニジニノヴゴロド州のノヴォスロボーツカヤ駅教区
Lukoyanovskaya 郡の生活研究の夏、私はどのような電源投入時には魔
術師に驚いた。強力なウィザードは、飛行中のカラスが死亡、メモリ、一
目し、ウィザード、オオカミの花嫁の電車の中で、ラップされた牛は、ま
だだけでなく、高齢者が、時には若い人たちの物語での生活を苦しめて送
信されます。彼らによると、その名声は、地域全体に響き渡ったすぐに劣
るとなっているのウィザードが、前世紀の 90 年間でいた魔術師。"そのよ
うな証拠が分離されていない、地理的あるいは時系列上でこの中には対象
物がいくつかありますという意味では一意ではないと強調する必要があり
ます。自分の家系で、異教の保全では、証拠と J.フレイザーの提出:"、使
用されるプール雨の原因となる手段として、韓国とロシア西部のいくつか
の地域では。時には教会の礼拝の後、氏子直接地面には、司祭のローブを

68
注入され、水を骨抜きに...いつ雨のために必要なクルスクの地域では、女
性の通行人は、侵入者をつかんで、川の中には彼を投げたり、頭から水を
足に掛けて消したと感じた。"
人々の意識の異教の値の深さで存続の儀式と魔法の慣行だけでな
く、さらに大幅に表現されて、彼らの日常生活に影響を与えるとの考え方
のレベルで。それは彼らには、彼の理想的な状態、日付、リマインダとし
て社会の dogosudarstvennomu と、無限に、ステートレス農民のウィル
は、"右はその状態を構築し、自分自身だけでなく、右のままとして認識
されませんでしたの神話、何もないからだ" 。は、政府からは、この流出
がますます離れて領土拡張の多くは、ロシア帝国の状態の中心部の端から
移動してください。
異教徒たちの家系図に基づいて、民族の精神、ロシアの国家の性格
上、その足跡を残した。ロシアの文化と文明のシステムのフレームワーク
では、状態、迷いの特徴を顕著となり、宇宙の秩序の両方のソースを、善
と悪の世界である。何よりは、邪悪な、その前提がそこにあるより強力高
くなるだろうか?国家、社会、絶対これだけでなく、文化的な矛盾の中に
自分自身緩和の実施例ですが、また、それらに宿る。加えて、その効果は
上記の機能は、自然な嫌悪感を関係法令の状態によって定義されたなどの
伝統的な考え方、表現は、ロシアの歴史の中自体はある意味で、これまで
nedoosuschestvlennym プロジェクトは uncreatedness 社会の建設を
されます。
したがって、最後の 3 世紀には、多くの方法で、ロシアの社会の変
容の近代化にもかかわらず、従来のままです。伝統主義社会の加速の瞬間
の文明破壊の文化の動態は、努力を復元し、規範的な強化のマニフェスト
自体、自発的に個々の生存の伝統的な技法意思で更新されます。
は、値を上部と下部に分かれているメートルシェーラーは、社会の
領域の値の哲学的見解によると、序列があるため、値の階層構造は、相乗
効果の値と、自分自身が存在しない場合は、地位を問わず、注文の:"...
絶対 値の序列定数、根本的に揮発性の歴史の中で優先順位のルールを一
方。社会の価値システムの上位と下位の値を、正当性の度合いによってラ
ンク付けさ相関しているロシア、人間の活動の様々な種類のランク。もっ
と、精神的に長い時間の活動の知的認識されて宗教的な形で表現される重
要。主に世俗的な文化への移行では、この値は、この評価は、ランク付け
ステレオタイプを再現するために継続的な文学、特に知的活動の世俗的な
形に転送されます。その資本主義の形で経済活動の正当性は、この階段の
下のレベルのままです。
大衆の意識と、今日ではまだ完全に従来の社会で権 限のない文化の
伝統を、個々の dostizhitelnost、個々の救 済 の正当性に疑問をしていな
い。大きく、寒さ、depersonifitsirovannomu 近代的な法律の世界手続
のが嫌いで、正式な(法的一般的にはマニフェスト自体の不信)の問題の
解決方法。
ロシアの社会の多くの労働者と、少なくとも人間の自然なニーズの
消費のために必要な、不要な測定の伝統的な認識が続けている。だか
ら、19 世紀とき、彼らの労働は"農民の信念は、物質的および精神が必要

69
最小限にする必要が出て有意義な報酬を受け取っていない 2 番目の半分に
されました:"nuzhu ドレス snoshu からお金の魂パン""誰が満足してい
るが、小型 1 神を忘れていない。これらの表現は、日常の練習ではなく大
規模な今日に再現。
伝統的な社会の中で、人々は、限られたルールとして表示されない
の主のニーズを満たすために、生産と消費の必要最低限の基準超過の傾向
を、永続的な拡大が必要な日常生活の中で使用すると、技術革新など、さ
まざまな、より認識される可能性が働いた貴族だけの狭いサークルの病理
学の特徴。自然のプロパティのばかりソースは、権利 Ejido の土地に属し
ているとして認知される労働者では、"農民の外観を、地域社会の利益と
共同で夫婦財産の認識の優先順位を。"一方、同時点での生態系のバラン
スを維持エクステンション、これらの伝統的な信念のソビエト連邦時代、
ポスト資本主義の改革を妨げる。
前述の、ある程度の問題を上記の西ヨーロッパの国の特徴とされ
て。自分の時間の西欧諸国としては、特に、カトリック教会の教義では中
世の後半で表さ同様の見解を共有した。富は人々、親戚の最大限の番号を
使用する必要が神からの贈り物として見られ、従業員は、単に貧しい。富
が、非難されていないが増大するために探求をサポートしていない場
合:"経済的、オルレアンのカロリング朝の時代 Theodulf に設立され、中
世の全体のための重要な残った。彼の意見では、すべき"とは、それらが
永遠の命を..."».以上の地上の利点を祈ってはならない negotsiyami と貿
易に従事を思い出させる
ヨーロッパ中世社会の抽象的な、depersonifitsirovannym、より厳
格に、金融の分野、特に経済 活動は資本主義のモード: "スコラアリスト
テレスの主張からは、"お金お金を生み出すしない場合は、借りて、長い
間、すべての信用取引、有利子この教義に対して "を思いついた。カト
リック教会で、救いの高い値は、ローカルコンテキスト内で維持し、厳し
く以外の症状生産性、寄生経済的耐用年数として高利非難の経済活動の下
位の重要性を維持するために。人々は興味でお金の発行、教会の非難の対
象を扱うレイ、僧侶に類する行為の有罪判決を受けた教会から破門され
た:"彫刻の嫌悪感と、忠実なの恐ろしさのあまり、教会、ショー、高利
貸し、Mošnov による圧迫は、地獄に彼を導く。 "制裁カトリック教会は
キリスト教の価値観と中世の規範、事前に、資本主義社会の精神を永続さ
せることができました。
欧州諸国の人々からは、改革ではなく、歴史的、文化的な長いパス
を来て、宗教戦争、ブルジョア革命は、経済の資本関係を樹立し、政治的
民主主義の根絶、文化、社会の世俗化。ヨーロッパ人の社会的地位は、富
の不平等の症状をもっと寛容な態度は 20 世紀の特に後半で始まった、そ
の切れ味泣いて、あからさまに、画期的な不平等、パンとサーカス影を
失ってしまった、とはいえ多少異なる形で、ご利用いただけますなってい
るより貧富。これは科学的な知識や技術の抜本的な成長の結果であり、生
産の奇跡、200、過去 1 世紀以上 300 労働生産性の伸び。 "生産の奇跡消
費の奇跡...すべてにつながる、すべてあなたのすべてを食べることができ

70
ますを購入することが可能です。そこに永遠はないの奇跡 "になるだろ
う、社会になりましたか?
我々は欧州の国の歴史の中で、または間接的に古いローマ字は、直
接重要な役割を歳の演奏を知るには異教徒の考え方を変更します。ヨー
ロッパがキリスト教のパラダイムは、異教の緩やかな変位を伴う応援での
暴力と非暴力的なフォームの結果。ただし、むしろ条件を固めて、このプ
ロセスの改革では、定式化されている。例えば、ハインリッヒハイネが
1835 年には、"ヴェストファーレン...で、そこはまだ古い人々はどこに隠
された古代のアイドル、彼の死の床に、彼らは報告さ知っている書き込み
には、彼の秘密サクソン人で、この貴重な秘密を着ている孫、兄弟の末っ
子心臓。 =ヴェストファーレン州では、ザクセン州、前者では、すべての
埋葬、本当に死んでいない。"
これは、その改革のプロセスを伴う宗教戦争の犠牲者は、非常に大
きなものだったし、これらのプロセスによって損なわ注意しなければなら
ないだけでなく、異教信仰だったが、西欧キリスト教のいくつかの尺度と
した。宗教改革の社会のこのような意味前奏曲、同時代の世俗化に非常に
貴重だった文化圏 ヨーロッパで: "...彼は(ルターの宗教を保存すると思
い、その分解を開始した。彼は、教会の改革を計画していたとその世俗化
した。とルター宗教のプライベートな生活に後退している。おそらく、こ
れがそうだもっと知っている。しかし、実際には、この撤退は人間の心か
らの宗教の結果を始めていた、彼は予見しておらず、望んでいない。
ロシアの教会は、常にとしているギリシャ語(ビザンチン様式の
後、特に 1453 年には、ローマカトリック教会とコンスタンティノープル
の秋と 1439 組合で、フィレンツェの大聖堂で)正教会、教会、自身の信
仰の後見人を感じた。この信念と来世における神の王国の救いの達成で、
正教会の神学少し世俗的な改善をすることではなく legitimiziruya 世界で
進行中のアイデアを、夢中に目指していたことは、精神的、神学の開発で
はなくを参照する。また、一定の傾向が存在するにもかかわらず、正教会
の世界では宗教改革、そうだった。イワン Solonevich、伝統の定数の再
現性と自然と肯定的な現象として、モスクワでの技術革新の除去を 検 討
し、その"王は自分自身に国家と教会の考えを 観 察して、教会そのもの
が、国民と国家、国家、教会と国家としての地位を考えご検討ください。
キングだけでは - と思ったこと - を変更する正統ため、彼は、たとえば、
言語を変更すると思うができませんでした。国の何か、または独裁や正統
性に変更するとは思わなかった - の両方の国民の人格の有機的部分に含ま
れます。王の宗教の教義には、下位だったが、彼女の公務員に劣後。
それと同時に、宗教改革に向けた動きは主に大きな力とモスクワ州
の中心地域からの距離として現れる宗教的な異端の形で現れていた:"大
衆は、それは完全に異教の儀式の信心深さまでの時間からそれにして先進
的な移行、演習は完全に気づかされた。影響を受けるだけで、西郊外に来
ていた(ノヴゴロドとプスコフ地域)。
結果として、絶えず両方の実質的な儀礼の変化の正教会で最も一貫
して可能な限り、本物の正教会の東、元の(使徒)、キリスト教:教会の

71
真実の保存されている、主に作業を再現した...最小限に抑えるため、"努
めています。
意識のロシアの伝統的なシンクレティズム異教世界のキリスト教社
会の文化と文明の要素の機械的包含さだけで維持された。このシンクレ
ティズム、ロシアの世界のどの地域の社会文化的なシステムですモスクワ
の文化や文明のモデルの特徴であった。そして、このシステムの外部から
の影響の合計に減少することはできませんし、借入、ビザンチン、ヨー
ロッパやタタール語かどうかで、モンゴル。一方、その基本的な特性を維
持それは、最も多様な外部からの影響と革新を吸収し、世紀以降の世紀そ
のものを再現することができます。時間の経過とともに、状態の値のセマ
ンティクスを仲介にのみ、その外部環境の変化には、適切から文字や他の
極端な場合には、世界で悪の化身のアンチヒーローが、上の基本的な処分
を繰り返し再作成します。
このシステムでは、各極の必要ですが、"raznozaryazhennye"ポー
ルは、エネルギーの彼女の国内源泉としての重要な機能を実行する対策の
別の英雄の英雄が必要です。したがって、たとえば、"ヒトラーとスター
リン憎しみの悪者オブジェクトには、それらのエネルギーを与え、彼らの
行動を正当化する依存する。"支配的な社会の反対の極に引力の結果とし
て、文化システムの維持、かなりの内部応力が発生しているが、安定性と
再現性。意識のロシアの伝統的なシンクレティズム社会の制度組織のス
コープとして、それによって近代化のプロセスに影響を及ぼす見通しだ。
したがって、ロシアの有名な社会学者のユーリ Levada ている"とい
う 1 つのロシアのを延期し、物議を近代化の特徴 - 社会構造の弱いの差別
化上、政治とは、国家の性格から経済を国民から、プライベートな生活な
どの 継 続 的な依存 性。 この機能 は、適用される、近代化の "今日の時
代"は、慣性力がロシア人の心の中には、融合した症状を維持し、社会の
制度、組織内のことを示します。情勢の変化に開始された過去、後半、ポ
ストソビエト時代。
ロシアの文化の発現アンビバレンス 1 つは"社会の政治的、経済シス
テムの正当性を確保することである、その最も重要な機能の実行を妨げて
いる。否定的な態度の文化の最高のレベルでの私有財産に係る
と"sverhmernomu"濃縮は、法的権利を、彼の人々の真実を、概念、慣
習法との間のコントラストは、個々の重要性を減少させる、地域社会や国
家は、個々の運命は、全体の一部として認識されて優先順位を追求し、形
成(は、全世界では、バビと彼の息子)。それは可能な限り上記に尊重
し、できるようにするデュアル反対の正反対の嫌な部分の実装?
どのような効果)のレベルは、これらのサブシステム(下位で動作
することができますがそれ以上の価値のレベルの暗黙的なブロックの効率
やサブシステムの機能?これらの質問への答えは、ロシアの社会文化分野
での近代化の過程の見通しを決定するための非常に重要です。まで、これ
らの問題ではなく、他の言葉で、"犬"ブルガーコフ教授ファカルティフェ
ロー変容の中心地として正しく観察文字修辞的な自然と発音されますで、
トイレを台無しに座っていた"と頭の中で!"。

72
ロシアの社会、今日も、法律、経済、人権などの分野でのサブシス
テムの機能の形成に抵抗している文化的な環境。ソ連のジャーナリスト、
疑惑には、ソ連の基本的な市民権を持ってには、我々言論、集会の自由が
ないと言っていたし、欧米の感 覚 で政治生命が 応 答を、私たちの基本的
な"生理的人権"を提供している。右の最小限の個人的な活動:みんなのた
めに働くと自分自身の生活を再現するためにも、下位、関連する支払は、
子どもたちの手当のシステムが含まれて育ち、生産性の達成レベル(必要
最小限のハンダの生活を維持するためには右)は、国民の関心、利益、孤
児院()は、現在のソ連人の教育。その不確かさは、ロシアシンクレティ
ズム、意味のあいまい性の崩壊から、社会を保護するが、同じ時間で、全
身の変更は、リベラルな近代化によってもたらさ家賃の発展を妨げる。
手続きの合法性と正当性の私達の条件下では非常によく実装するの
が難しい開発したシステムは、プロセスはほぼ合意によってどこに変換さ
れます mezhsubektnyh の関係を、ふるいにかけたとの取下げが必要と、
作業は不要と壊れたの法律に分かれてのレベルで置き換えられ、政府を樹
立する:"法は、Web:マルハナバチスリップ、飛ぶ動きが取れなくな
る。したがって、多くの方法で、慣習法の十分に高い地位を維持し、人々
の日常生活のみならず、手続:"慣習法は、"地区裁判所の法的根拠の不信
感として採用された大規模な、冷たい法律、世界では、嫌いな
depersonifitsirovannomu 問題解決の方法は正式な(法的)に。
も す べ て 、 こ の う ち 、 多 く の NGChernyshevsky は 言 い ま し
た:"私たちの最も頑固な伝統の主な概念 - は、我々のすべての恣意性の
概念を作っている。私たちのための法律、フォーム、および個人的な努力
を無力化すること、さらにはばかげて、我々のすべてのを待っている、
我々空想、未チェックの決定を故意に支援するための力ですべてを行うに
は、自発的な意志と他人の我々は、これらのメソッドを使用してビジネス
を行うにしたくない望んでいない能力にしたいようだ。これは社会のタイ
プの 1 つの特定の例の場合、透明度の変化を明確に文化的な関係は、ロシ
アの伝統的な生活です。また、同システムの精神的な態度のレベルで、ま
たは任意のリベラルな革新を維持されるだけで、拒否されたか、または両
方は、例えば、民主的選挙の機関のみが、外部のフォームを維持したま
ま、システムの妥当性の状態に変換されます。この技術革新については、
常に最初にシステムに関連することです皇室の近代化をもたらしたではあ
りません。
二律背反、適切な、彼はロシアの伝統的意識が世界の antinomic 組
織は"との素材と理想的な、物質と精神は、人間と許可との間の矛盾とし
て認識されるための基本です。"
このコントラストは、必ずしも明確には明確にされますが、伝統的
な文化空間を中心に構成されます。分析は、この矛盾は、意識のレベルに
伝統的な意識の深い層を理解できますが、明らかに、リベラルな値には、
有機敵意の性質を理解する。この矛盾についてのリフレクションにも近代
化のリベラルな形の継続的な拒否の理由を理解するのに役立ちます。パ
ターン/人間決定的と自然な形で伝統的なメディアの意識が、伝統主義者の
多くは概念的には神話的思考の用語は、ユニットの特定の意味での概念上

73
のカテゴリーではなく、存在しなければなりません、すなわち、普遍的な
ではなく、その本質を解釈し、現象が発生。
伝統主義者にとって、ロシアは、一般的にお金を含む個人や集団思
考の制限、あるいは抽象的で動作することの不可能性の具体的特徴などと
して、投資のための媒体、有価証券の 様 々な種類、株式の取引、すなわ
ち、操作、一戸建て、物質的な世界の表現、個々の具体的かつユニークか
ら抽出した。この事実は大きく、経済生活の球だけではなく、近代のリベ
ラルなフォームを妨げている。
有機的な抽象化の考え方と、ロシアの拒 絶 反 応 の特徴ではない。
ヨーロッパの伝統的社会では、人とモノを図式化に抵抗し、経済や社会へ
の数学的な抽象化のアプリケーションです。物事の一般的なアイデアを超
越面では完璧な人間の神のプロトタイプを補完しています。これらの祖先
はかなり抽象的な、しかし、定義により、ユニークなまれていた。文化と
社会の近代化の数字や記号を、重要性ここでは、モノとその生産を明確
に、具体的な、具体的な写っていたの伝統的な世界に置き換えるの数学的
多様性では。
彼のさまざまな症状の男が、教区、クラフトショップ、消費財や
サービスのメンバのいくつかの教区民としても個々ではなく、そう簡単に
翌期以降、多数の法律の適用 対象は、正式な、抽象的な価値の機能を取得
するようにした。新しい時間を、意味、価値観、伝統的な存在の整合性を
破壊し、人間関係の暖かさ、差別化がますます融合した置き換え:"すべ
ては、具体的な目を手にするため、彼女は抽象化になって生活を変えてい
ます。 Bazaar は株式交換となっている、クラブ、新聞、レストラン、パ
ブ、会議用ホール。その色、形、 顔 の前には、音声 - フィギュア、マー
ク、文字、シンボルだった。このプロセスがバイパスされていないとロシ
アが、伝統的な意識の中では、特定の意味の単位への情熱が続く。
二律背反の研究価値の開発の側面には、ロシア culturologists のう
ちの特別 拠 出金 /彼はロシアの宇宙の伝統的ですが導入と IG Yakovenko
した。一般的に、概念としてそれを認識し、我々は問題のいくつかの側面
を、私たちの会話のコンテキスト内でそれらの治療焦点を当てます。
何のためですか? "理想の()は、最高の完成されている絶対的な初
期 sinkrezisa のレルムとして理解される必要があります。大衆の意識のレ
ベルでは、部族の生活の理想的なイメージ - Belovodie や共産主義です。
神学研究のレベル - つまり、本質的で、永遠の画像の上に神学的な反射の
ように何もない永遠の内のすべての聖徒の公会議団結し、不滅の
uncreatedness 超越ローダは、過去からの実行では、将来、宇宙の大き
さに茂った。したがって、歴史の強烈な拒否、社会文化的 sinkrezisa の歴
史の客 観 的コンテンツ - 定数の断片化以来。歴史の永続的な運動を離れ
て、遠くには理想から理解される。とが救出への望みは、この点では誰
corruptly、唯一の終末論的買収を運ぶ。
この定義は、コメントが必要イグ Yakovenko 含まれている。まず、
我々はその概念に似ていると、そのビューの私達の観点からは、理想とし
て、同じではない必要があります注意ください。理想的に関係なく、抽象
化と不可能性の程度、合理性のいくつかの要素のクマは、同じ規範につい

74
て語ったことができます。理想的には 1 つの主張することで、彼の代替、
すなわち、指名することができます理想的な増加は、概念化することがで
きますが、多かれ少なかれ独立し、すなわち、評価要素が含まれています
理想的な分析的手続にさらされることがあります。は、適切な、より多く
のモノリシックされ、不可分のは、この意味で、古代の感覚に近づいて、
これで不可分の機能意義素、署名と磁赤鉄鉱されていません。により、人
は、しかし、モスクワおよびそれ以降の Rossiyskuyu 帝国の自発的な対
策の症状、国家主義の再発を保存していない時代遅れと
postarhaicheskim 意識を持つ人々の社会生活の状態モデルの本質的な拒
絶反応を弱める。
私たちは、このコンテキスト内で思い出してみようは、拒 絶 反 応
gosudarstvennicheskoy モデルの人々の支配的な感情の社会秩序を反映
した多くの農民蜂起、:"そんなに望んでいない農民になる農奴の除去方
法を得る状態かどうかは、家主は、警察や軍の司令官表現を取り除く場合
は、正しい言葉を見つけるには、彼らはしかし、十分な農民の生活のため
に、ストーリーは必要ありませんが、すべて永遠のための生活様式を維持
するように求めていると言うでしょう。伝統的な意識のための重要な調停
者として言えば、のためにより、域内のより穏やかな知覚の矛盾に貢献す
る精神療法の関数のようなものを実行します。
注意して、世界の終末論のトーンを認識に着色されたコンポーネン
トが存在だけではなく、宗教や擬似宗教的にも一般的にはロシア語の意識
している。当社の歴史的発展の過程で、独自の方法で論理的な感覚のかな
りの数は、農民のユートピア、Belovodie、聖ロシア、共産主義との黄金
時代の他の画像が含まれて発生します。サムは、黄金時代のキー
subdiskursov として適切に機能します。ユートピア、我々はロシアの終
末論の空想の数のいくつかの画期的なユートピアが徹底的に意識、いくつ
かの終末論されていません。ロシア正教会の AV Kartashov、一人の時間
で首相自白の臨時政府は、異教徒の古い信仰からは、"明るくきれいに分
離古代イスラエルだけでは前例があるとの歴史。ロシアの人々、キリスト
教で見た - の啓示は、救い主の地球上に信心の教会の 権 力の確立、罪深
い、邪悪な世界では、別の代わりに、完全に聖なる来る。"
国民意識の中でそして、今日のポストで、旧ソ連時代のままの重要
な矛盾は、社会の発展パターンの新たな段階では、光と闇、善と悪を明確
に分離し、外側に人が有罪である"という質問に対 して答えてマニ教の心
を再現する?"。なぜ私は個人的には改革の結果として、悪い外部課せ得
たの質問に回答して下さい国際的な陰謀の流行の 説 がある。いずれにせ
よ、私は、我々は、物事がうまくいかない良好ではない私たちを非難する
のだが、他人のせいに、他の力の神秘的な能力は、その邪悪さとパワーで
ひどい恵まれています。歴史や社会文化のダイナミクスにこれらの部隊の
役割は、人々の敵を実行する可能性は、共産党、 "zhidomasony、外国
人、アメリカ人、およびそれ以降の氏チュバイスと実業界の大物、様々な
少数民族の代表者、経済的、一般的に社会的に成功した人々にもかかわら
ず、しかし、負の感情を拒絶し、嫉妬、欲望の機会に、原因として、それ
らは豊かなようになる。

75
非常に、レシピ、社会的、文化的な現実的な問題を解決するための
簡素化の必要性を"敵"別の、または、内部の異常や外部を破壊することで
す。クラッシュ"敵"との神"の王国"、ここで問題がないと矛盾が入力する
と、しかし、平和とは、個人の高調波の状態の整合性です。
理想的な無意識の大量の静的な、歴史的な時間の外の世界の"無
菌"の状態は、世界では、歴史として、開発の最後に到達を達成すること
ですな。示しています。ジョンメイエンドルフ:"1 つのロシアの文化の特
徴の...この機能は、傾向としても、同時に 2 つの世界、歴史との関係で二
重のようなものに住んでいるために、マニ教ビューで、この世界の不完全
されている、しかし心の、どこから光がある真実がある:彼らは無料です
が、歴史的な独立していますプロセスの...マニ教、正教会の歴史との関係
で二重に層別成長した... ..."。他社からの歴史学者、終末論、文化意識の
特徴は、パラダイムにする必要があります没頭している。
彼の小説思春期 Versilov の主人公を介しても不思議で、フョードル
ドストエフスキー積極的に黙示録の最後の日、歴史の終わりのための意欲
を表明:黄金時代 - 夢は、ほとんどすべてのありそうもないですが、何
だったが、これは自分たちの全体の生命を与えた、すべての強制的に、こ
れのために死ぬとせずに、人々と生きても死ぬことはできませんしたくな
い預言者を殺す!"。
世界の黄金時代のイメージの神話的知覚の一環として、実質的な変
化を受けています。もし彼が古風な神秘的な過去には、時間をかけて指
し、祖先は、アールヌーボーの"意識は、神話の主なソースに
neoposredovannom リターンの回帰のアイデアを禁じています。目覚め
神話の過去形だけの未来のための地平線..."。黄金時代ではないだけ考え
てどのように落下離れた自然を克服するだけでなく、すべての紛争、葛藤
と矛盾と社会史の除去などを始めた。過去とパラダイスを受け入れる必要
があります将来パラダイスボディトリートメントスパ:時代遅れの黄金時
代は、時間の最後の物語の黄金時代を 満 たしているとの間の違いを平準
化、最後の預言者たちのビジョンは初め:そこ救世主回来る:"平和を満
たしている - これはメシア時間、1 つの側面は、人々は、人類と自然から
分離分裂を克服する、それは本当にその人からされて分離していた...預言
者では、救世主的な時間 - Look で平和にされる人々の間の調和のフォー
ムでは、男性と女性の間に、自然と人間との間にそれを理解すること"で
す。
地球上に神の王国の実装の夢は、完全かつ永遠の幸福を実現するだ
けでなく、リベラルな近代化に拮抗する、その合理性、世俗的、民主的な
手続きで、優れて世界で徐々に改善し、非常にパラダイムは、近代化は、
世界の水平方向のディメンションでは、彼に展開プロセスの人が反対して
います。有名なロシアの宗教哲学者ブルガーコフ、下院 2 番目の招集のメ
ンバーの記述は、非常に我々の談話の状況のコンテキスト内で重要なの発
言:"私ははっきりと見てどのように政策、すなわち、実際には、遠くか
らの修理および潤滑油の、日常の散文国家機構は、これらの人が区切られ
ている。この政治家の心理学、慎重にしない現実主義 postepenovtsev い
や、せっかちな人、地球、新エルサレムは、さらに、ほとんどの明日の神

76
の王国の実装を待っているのは、この高揚されていません。私
は、Anabaptists リコールは、中世には、黙示録と hiliasty 他の多くの共
産主義の宗派は、キリストの初期の千年王国の発症待望と刀は、民衆蜂起
で彼のために道を開きました仕方がなかったのは、共産主義の実験では、
農民戦争、ジョンライデンとミュンスターでの預言者たちの彼の従者を連
想させる。"
近代化を正確には漸進的かつ着実に改善、実用化、実用化によって
特徴付けられる。これらの機能は、それのおかげ革新的であり、大部分の
経済生活の活力に貢献する社会現代の文化的環境があります。ビジネスの
成功には、経済の定期的なリストラされ、新しい商品やサービスだけでな
く、新しい市場だけでなく、創造、経済主体の最大の利益を得ることがで
きる必要があります、資本傾向がある場所は、最大限の効率を達成するこ
とができます。世代とイノベーションを使用し、社会の重要な一部です。
"革新のステレオタイプ"の通常のチェーンは、最大の変化している固定観
念のは、その"健全"と規範としての確実性を失うエリアです。むしろ、ス
テレオタイプの不均一性の後期近代場合には、比較的小規模の寿命です。
不均質性均一なスタイル、すなわち存在自体マニフェストステレオタイプ
の局所、インチ
常同行動の枠の拡大を容易に技術革新の普及。と当社の新しい情報
システムの技術革新()人々のこの国ではないのみならず、世界のさまざ
まな地域で、どこに必要な技術的能力を作成された既知のセットを使用可
能になります。我々の文化空間の急速に増加し断片化と技術革新の爆発的
な広がり観察物事 simulacrum のは、その問題をはらんでいるの共存を考
慮するのにリード、しかし、我々の議論の範囲外です。
近代化のプロセスの技術革新の数だけでなく、既存の世界の変容に
貢献するだろうが、上昇するも、世界と人間の関係を仲介する場合、別の
重要な機能:革新的な工芸品、意味や効果を提供し、実質的な方法でそれ
らの間の疎外感の隙間を埋める。したがって、位置、実利主義、ブルジョ
ア階級の精神の現れに、自己の面でどのように提出する必要があります一
般教養の組織人間の文化的な空間に調和し、世界の統合のプロセスの一部
です。
当社の最近の歴史には、大規模なソ連の人でも、最も抑圧的、思想
的特性期間自ら普及放射に対して特定の独占的障壁の周りが正しく作成を
模索している。我々ドイツからソ連の領土に二次世界大戦の終わりに文化
商品のテーマをエクスポートする議論しなければならない例として。ソ連
の人々は、ヨーロッパの文化に精通して、このプロセスは自発された
フォームは、鉄のカーテン、日常生活の aestheticization 破壊してくださ
い。写真のセット、家具、家庭用品ダイニング持ち出し、書籍、プロレタ
リアの生活(シンプル)は、少なくとも部分的にでは小ブルジョア"への
渇望を満たすために十分な"幸福、財産の真空充填し、客観的世界では、
より耐久性は、固体になります埋めた"、"ブルジョア。
ソ連の市民の願いは、世界は彼の者は、最低限のレベルでも維持す
るために、その生物学的、社会的文化的な形での生活を再現できなくなり
ます定着ダムです。適切なフォームの純粋な放射では、限られた時間のみ

77
の場合は、ある程度まで戦争の共産主義は、市民との大祖国戦争の年を覚
えて住むことができる、一般的にわれわれの歴史のマルクスレーニン主
義、スターリン主義の時代が、任意の長期的な存在と世界の人ではできな
いことは、世界は彼にせずに譲歩適切な。合計では、と主張することがで
きますが、平和があります彼の人々のエネルギーを人間の生命の生物学
的、社会文化的な再生のための一般的に必要なキャプチャしている世界に
寄生する。
する必要があります構築/自分の秘密 subdiskursy、最もそれらの間
の重要なまでに明示されて神のため、真実"とし、翻訳する単語は、"真
実"は、同時に"道徳的で、自然の法則は、"真実"という意味の力"です。順
番にこれらの subdiskursy さらに、ピアス neontologichnuyu、プライ
ベートにも欲望の適切な物質の存在のために必要が壊れている。
イグ Yakovenko 氏によると考え生きているはずでは世界の部門から
2 つのレベルで切り離せないされている"意識。レベル仙骨 normativity、
または必要なだけ、ある意味で天国の現実と下劣な人間の場合は false
で、フルないとして理解し、経験に該当する。世界のこの画像の中の神、
永遠のように理解する必要があります存在するのは、神聖な過去に存在し
ていた自然、指定されたと終末論の将来に優先されます。それは、神聖に
して存在論的性質が必要であるとすぐに劣化を低減し、不完全なバージョ
ンとして必要が理解される。は、その設定は独自の法律、当たり前の世界
であることの地形では不敬であり、オントロジーを欠いて、そのため、独
自の性質を持って、する傾向がある可能性のある、指定された歴史的条件
samovoploscheniyu で最大。
そのアクションの中での暴動で、そのメンバーは、この現象の例と
して考えて欲望によって精製されるように指導され、適切な復元します。
ソ連の不安、大規模な戦い、グループ、いじめを離れ、十分では増加傾向
を示すの波に、20 世紀の 50 年代後半以降 - 初期の 60 居住。実際には、
似たような状況ロシアで発生した農奴制の廃止後、文化的な形態は、全体
の削減抑圧的な文化や社会の崩壊は、通常の社会の変革が発生しました。
1905 年の記事は、メレジコフスキーの背後に感じて、浜ジャムウォンド
ン社会文化的な生活の中で成長し混乱を感知、1 つの。ホワイト書き込
み:" そこに混乱を具現化した新しいタイプ、どん底からよみがえった -
いじめのタイプです。脅すゴーストモンゴルの侵略育った。
大規模なフーリガン行為後、半世紀、彼らはそれ自体では、自然の
要素としてもたらしたこのような恐ろしい予感がしていない、ほとんどな
い、外部素材の生活条件に抗議意識され、プロパティの差別化、所得の不
平等の比較は非常に可能性を処理するために反応した自分と他人の財務状
況。力の大規模な行為のメンバとソ連のユートピアは、当初のフォームに
ソ連の力を返すには共産主義の理想の"保護の一形態としての彼らの行動
を正当化する。これは、暴動の減少という意味では入院する必要がありま
すボルシェヴィキ思想、社会はその元のユートピア的理想:少数および少
数の人々に代わって外出することで影響力の喪失の症状の敗北。"
1970 年の初めに暴動の強さではかなり、これは信念の農民たちは昨
日の流入と農民や労働者の損失の間接的な指標は、平準化社会正義の理念

78
を理解して最高の国家権力によって、実際には政府の省庁からは、出発の
実現に区切られているが削減されている適切な。真実を偏心、最近の永続
的な狂信者が適切に画像を後生大事に、徐々に都市(質量)の文化に添付
の VM シュクシーン記載されて、よりもっとはっきりの球を分離、社会の
パブリックとプライベート、ローカルの。人生最初のエリアでは党のコム
ソモール、労働組合会議、subbotniks、公共工事の他の形での参加を含
む、特定の社会的役割の実行を、ゲームの従来のルールを維持する。
プライベートな空間の分野では、ウォッカを飲むと、台所で思索、
当局は、disbosom を非難するようにリラックスすることができます。反
抗しながら、その非論理性を維持し生活の私的な領域に、明確なパブリッ
ク(バイナリから)を自分自身と他の黒と白、善と悪との分断解消されま
した。明るいと良い極するために、自分の仕事の同僚が統一は、原則とし
て、男性は、すなわち、誰が知っている人々が個人的に、他の。逆にする
には、宇宙の暗黒極世界"舞台裏"(多くの陰謀説とロシアに対して秘密の
策動 を 覚 えて /ソ 連 、特 にロシアの人々 及び 一般の)は、帝国主義者
は、"メガネをかけた、民間所有者、および以降のキャンセルまたはモス
クワ当局は、すなわち地域このため、奇妙なさまざまな不可解な、と悪の
力を具現化することがあります。集合的無意識象徴的なフレーズは、同じ
セットで表現されます:"我々はハードここでの仕事が、そこの脂肪"狂牛
病行くと、"私"戦ったのは私的な領域では、とすることなく軍事行動に実
際に参加を考えています。これらは、ステージングと非言語的コミュニ
ケーションの要素:引き裂かれた T シャツを胸に、テーブルの上に彼の拳
餅など、リングの料理、男性は平和のために要求すると、他の人:私は、
かなり他の人に、平和にとって重要な、"私は震えて午前の生き物だか、
右、取り調べている、聖礼典のフレーズを表明した:"私を尊重していま
すか?"。
従って私達の談話二律背反のコンテキスト内で重要な考慮に戻って/
存在する必要があります。これは、伝統主義のイデオロギーでは世界中に
認識されて価値観や概念の座標系を定義します。現実の構造の概念とモデ
ル/存在する必要があります作られています。アイテムは、このようなモデ
ルでは、認識ではなく、伝統的な意味固定ではなく、に事故のカテゴリに
配置されますと一致しない。だから、我々そう遠くないソ連の過去にされ
た。これは、ここでは 1 つの企業は、ファームとは別の領域などの過剰や
暴挙に私たちですが、それを修正されている広大な国の他の部分で人を中
傷する一般化のための理由は、はるかに適切で一貫性のあるのではない。
そのためには、リモート、正しい世界の日常の個人的な経験の範囲外にう
そを確保するため、ソ連の市民がどこへ行く必要はありませんでした、十
分なプラウダの次の問題を読むには、客員講師には社会の"サポート技術
情報でリスニングされた"と、特にコースに耳を傾ける大学のマルクス
レーニン主義。
人社会の空間文化の伝統が、現実には、/彼たちは、できるだけ少な
く認識し、適切な越えに住んでいたソ連の男の質量をしてください。不純
から純粋な、永久的な隔離(分離)は、歴史的事実のコンテキストにあ
る:事実のシステムに収まるように、二律背反によって与えられた座標/彼

79
は正規ている必要があります、事実は、このスキーム、見落としに適合し
ないか、取るに足りない重要ではないとして扱われます。
のために、この歴史的 経 験 "の歴史に、特定の方法 sakralizuetsya
で、その神話や伝説、聖書のパロディーのようなものでは神聖な社会主義
の歴史になりつつ相 対 的な。 "このような方法で"神聖な社会主義の歴史
を、任意のモスクワの他のように構築された、ロシア/ソ連、およびそれ以
降のポストに旧ソ連ロシアは、一度に一定の動きにあるすべてのデータ
を、冷凍フォーム、改正、改訂、反転を対象に件名を見直すための受信し
ないの役割と場所を歴史上の人物とイベント。
の概念があります/されている歴史と歴史的記憶の機能への態度であ
るプリズムを介して世界のビジョンの最も重要な症状。そのルートでは奇
妙な、一目見ただけでは、ロシアの未来だけでなく、予測不可能なだけで
なく、その歴史の中で構成される現象が発生します。その内在的な法律や
ロジックがよくありませんが十分ではディスクリートと事実上の特異での
歴史、そしてそのため、世界の伝統的な画像範囲外。したがって、時間の
知覚の特殊性を勘案して、後の農民の改革の時代に固有のものであり、ロ
シアの歴史家ボリスミロノフは、"農家と時間の輪の中の移動、循環的な
認識に応じて、全世界が繰り返されることを表すが、変更されないと指摘
した。通常、反復的な、すなわち、物事の彼は何か特別な、 悪霊 の仕事
を、魔女の陰謀の結果と、その一時的な一過性の考えから逸
脱:"Obomnetsya、- すべての古い行く'。"
により、一つの様式であるため、何も利益に限られているが、歴史
的社会的文化的な時間の不可逆性の合理的な理解と互換性が表示されま
す。適切な時間とは存在しない不可逆性であり、人は、伝統的な意味を有
する、と考えている場合は、歴史的な時間を停止することができますし、
何度も繰り返し、すべての起動 - 最初から任意のタイミングで。ではな
く、非常に強力な因果関係の場合 - なぜ社会組織、または、少なくとも 1
回のさまざまなパターンを持つ/プロパティだけ再臨時がいないとプレイし
ていない場合はない歴史的な限界ですか?
され、その放射ピアスの目的は世界の間に劇的な相関関係は必然的
社会的文化的矛盾を引き起こす必要があります。 2 つの世界の間のこの相
互作用は系統的に合理的な世界観には、それゆえ、ロシアのイデオロギー
に()現実の解釈は神話の人間の傾向が伝統的な文化の小文字を区別しな
いことを突き止めた。原因 nadrealno、それは現実の前にはない、実際の
中で、彼と一緒に対応していないの助けを借りて検証できないの相
関:"とは、考え生きているはずでは世界の部門から 2 つのレベル:に不
可分である意識は、神聖な規範的な、または唯一の真の現実として十分な
と下劣な人間の場合は false、欠陥のあるエンポリアムとして理解した。
しかし、この強力に見せかけ- voluntaristic 波乱の混乱がまだいく
つかの法律の定数是正のプロセスを支配し、神話のキーです
subdiskursami 適切に関連付ける。したがって、次の基本的なテクニッ
ク。
1。メモリの、これ以上または以下の一般的な事実で、生活史退陣適
切に満たしていません。楽器のレベルでは、これを大幅にから、書かれた

80
ソースからこれらの事実に関する証拠靴墨の実践を容易にリストの記およ
び改訂版の解釈で歴史教科書を書き換えるための当社の 継 続的な情熱を
持って終了し、時々意味のある内容、歴史的な性格、状態の推定や公共の
看板の 変化に数値。今は古典的な例として、肖像画、ソ連の教科書や、ま
たは亡命それ以外の不興政府の作家に陥っの書籍ソ連のライブラリには、
スターリン時代に、izyatie の百科事典には、国民の敵への参照を黒くさ
れます。ソ連の期間中、唯一の"サンプルの物語、少なくとも 2 倍:クラ
スや階級闘争の歴史、生産と技術の歴史によって、置換されており、彼女
に変更、順番に、その偉大な歴史を。 "しかし、事実のコンプライアンス
に関する分離の主要なメカニズム/非準拠の内部、自然と作品の精神のどの
ような"内部の従業員のレベルにする必要があります検閲"。
2。事実ときに、同時に二つの正反対のバージョンでは理解されての
あいまいな解釈。一方で例えば、証人の集団化、および覚えている、すべ
ての恐怖を伝えることができるようにそれが現実だった。一方、彼が起
こったのは、すべての小説、ショーロホフの開かれた処女地の集団化のプ
ロセスの説明に似ていると考えている。どのようにかどうか、精神病理学
の分野では、意識の分裂に関連して、このパラドックスを説明するため?
医療分野では、この現象は、関係の独特のロジックのための下で/彼はすべ
てを説明する必要があります理解とは関係ありません。歴史的なイベント
のこのような認識では実際に何が起こったのか下にあったはずの画像を重
複イデオロギー的に正当な神話の色。
3。プロパティと歴史的現実の特性は、コンプライアンスの基盤上で
の選択を記録する必要があります、それらの分離、すなわち、事務局()
不純なの適切な()関係のない洗浄剤です。しかし、半分真実うその最悪
の一種であるが、カント、恐ろしいことには真実の穀物の解散は、"それ
自身への義務の重大な違反であるし、弁解の余地違反のため、それに触れ
るよると、私たちの顔、人間の尊厳と....考える私たちの道は非常に根生理

結果は、常に、反歴史的な再生、幼稚、ロシアの歴史的な意識の非
合理的です。この文脈では、物語の新たな支配者の権力に来て以来、潜在
的にそれを機会に宇宙と生命のアップグレードを行う継続性を意味するも
のではありません。ここ最近、彼はめったにいくつかの実用的な結論は、
新しい段階で、その使用から、新しいバグやテストの社会を取り除くこと
が交差しています。公式の迫害の元の支配者に対しては、同じ時点では、
伝統的な心積極的に参加し、支援のキャリア、私たちは迫害と虐げられ
た:"彼の議席を失ったリーダーは、すべての想像と想像の理想の機能を
取得(私たちのような男だと思います愛が、彼のようだった不幸の仲間、
そして正確にはもはや力だった。刑務所から恩赦を AP 通信の下に戻るの
で、作業は、元の場所、道楽の最高経営責任者の事務所に配置になった良
かった、それらのファシストを呼び出し、警察との戦いが、爬虫類、裏切
り者と同じ時間に非難するのは、彼ら"スターリンは毒殺された。
新しい支配者の到着が、過去 10 年間で、新たな議会選挙は、しばし
ば奇跡的な変化の広範な非合理的な希望を()は、世界の更新を伴う、ま
たは独自の財務状況の即時改善、少なくとも。客観的社会は、主に伝統的

81
な意識にアクセスできないの文化の現実と、これらの誇張された期待の相
関。彼のルールの初めに、政府の件名が、ほとんど神聖な期待を意図的に
水 増し科目の存在を 悪用することができます時間以上彼の能力は、世界を
変換するには、信仰を失い、伝統主義者の意識を、政府は、件名に反転を
実行することができます自分の投稿には、移動、ポールとの良い時悪の反
対の極。
伝統的なメディアの意識については、カテゴリ内の思考/、より実質
的ではなく、言論の力のソフトウェアの一部は、それを誰が変造の個性を
重要なものがあります。だからこそ、次期政権の件名は、あまり一般的で
小さなプライベートで言うことが重要であるように恥をかかしないよう
に、誘惑に vvvodit 小さなものを、それらの機会のルールには、人の支援
で団結を与えていません。ときに、政府のサブジェクトは、放射のためと
の接続が失われた時間の過程で、彼にある人、分離した、非正規事実、彼
は色相 unoriginality 取得の世界に急落。我々はこの接続で、ロシアの旧
支配者に我々の仲間の市民の態度を思い出すことがあります。
だから。我々は帝国の夕日の時代の共産主義指導者の数を回収する
ことができます例としては、適切な緩みがルーラ、は照明だけ忘れて。こ
のシリーズでは一般的な事務共産党、レオニードブレジネフ、コンスタン
チンチェルネンコしています。定規、一人のフォーム、または別の役割を
持つ同じように、世界の伝統的な画像が必要であり、悪人を、同様に英雄
と聖人たちの役割として mifologizuyutsya 適切に反 対 した。したがっ
て、マルクスレーニン主義の唯一の"正しい"の教義は最後の世紀"の 20 代
の末までに、その反 対 は、その否定 anti-leninizm - の形で"トロツキズ
ム"を受け取った。虚偽の存在と悪、真理と善の存在を確認することでし
た。"最近の大量伝統のこの神秘的な"悪役"品番ミハイルゴルバチョフとボ
リス n をエリツィン位となった。
しかし、バックソ連の経 験主義 1950 年の 絵のプレゼンテーション
に - 80 -は、VA コズロフ提示された居住:"こんにちは"リーダー"、対照
的に、定義の不良だった。 2 回 1959 年 4 月件名標目等既決囚フルシチョ
フが素晴らしいことを悪口の手紙を書いた: "あなたは、涙と高貴な人の
血液を介してその胃袋を解放、オフィスに立って、王位継承のために手と
歯を保持し、明るい将来的には世界有望な血に飢えた動物だるまは、あな
たの葬儀の後に開始されます。ていない場合を知って、思いやりのある犬
は、強制的にマレンコフ、農業の不良のコンセプトを口実に、自分の利己
的な目的のため..."».ブルガーニン指名を放棄する
伝統的なメディアのため意識を七つの大罪は、それらを非難する
が、これらの費用については、通常、主なものです - 彼らは、不敬に神聖
な球体からシフトの権限の昇格画像を縮小する。人々の王や一般事務の解
放に特別な感謝の気持ちなし、彼らの距離から、適切な、欲望の異端に
陥っているとなった。身近にフルシチョフは、ミハイルゴルバチョフ、大
衆意識の中で、その画像のときのことを思い出して否定的な意味合い発音
を描いた。ルーラの全く別の認識のイメージは、試合の希望試験に耐える
ことができます。これはすべての人間の資質を徐々に、適切な当局の件名

82
排除される - これはおそらく人ともないスーパーマンではなく、高さのよ
うなもの。
リコールレーニンとスターリンの国民の意識を画像に広まっている
の古典的な例です。したがって、イグゼクス議会はソ連グルジアのスター
リンの個人崇拝のを暴くされた後、大量のデモは、トビリシでゴリからト
ラックの中には、先導車装甲車で囲まれた約 2000 人が到着した暴動へと
成長している。上に 2 つの男性で、決心したレーニンとスターリンの下
で、船員のマシンを持つ人々の形に身を包んだ郡ベルトは肩に囲まれてい
る。このシーンでは我々だけでなく、個人的に媒介のフォームだけでは、
歴史的なプロセスへの参加を停止することはできません適切な、肉体的な
死の指導者を正確に"超人的"などの資質の意思表示をご覧ください。
リコールレーニンとスターリンの国民の意識を画像に広まっている
の古典的な例です。したがって、イグゼクス議会はソ連グルジアのスター
リンの個人崇拝のを暴くされた後、大量のデモは、トビリシでゴリからト
ラックの中には、先導車装甲車で囲まれた約 2000 人が到着した暴動へと
成長している。上に 2 つの男性で、決心したレーニンとスターリンの下
で、船員のマシンを持つ人々の形に身を包んだ郡ベルトは肩に囲まれてい
る。このシーンでは我々だけでなく、個人的に媒介のフォームだけでは、
歴史的なプロセスへの参加を停止することはできません適切な、肉体的な
死の指導者を正確に"超人的"などの資質の意思表示をご覧ください。
このセマンティック数多くの例を続けることがあります。たとえ
ば、1977 年のジャーナルベラルーシ語作家ソビエト社会主義共和国で
は、詩人は、ソ連の現実の男性は、常にアドバイスやサポートについて
は、共産主義者番号は 1 世レーニンに求めることができると言っ:"我々
は、右:ブディが詩を掲載されました!我々は、右:コールして!...が、
私は smolchu ていないに立つことができなかった。我々は、すべてのイ
リイチコール!"。この座標系から、指導者は、マルクスレーニン主義の
バージョンでは共産党 kvazireligii の"聖人"として行動しなければならな
い人は、個人と集団の苦情、その行は、適切で与えられるから是正、社会
問題、撤退の要求と接触することができます"聖人"、これは常に可能性を
崇拝するサポートと快適さは、"遺物"。
ここでは、フェチの力の問題は、一つの最も重要な社会の支配的な
パラダイムの文化の影響を、ロシアの文化的な意識の中に/人間はアプロー
チ。分析は、この問題のより良い社会の規範や我々の社会の近代化の自由
な形式の文化空間に導入される値のロシアの持続的な拒絶反応の原因を理
解するのに役立ちます。ロシアの社会の当局は、文化的伝統的な詳細では
なく、社会よりも、形而上学的なカテゴリー、である場合、および電源の
外部の"儀式"レベルの社会的機関として、その後は国内の深いレベルで
は、形而上学的な本質をマニフェストに現れる。電力のビューの有理点か
ら、2 つの方法で理解されて:件名としての比率である。
、ロシアの力は、存在論の違いに埋め込まれたこれらのモードの
ヨーロッパの文化意識の古風な/中世のシンクレティズムから新興とは異な
り。電力のロシアの文化的な意識では 1 つのメイン subdiskursov の適切
な、その直接投影し、維持するための仲介システムの重要な機能を果たし

83
ている機能と、社会一般の複製文化的な整合性のために必要最低限。ロシ
アだけでなく、地域社会の力を社会のブラケットの現実のために作ら水平
方向のスライス、どのようにリンクが多数の文化的なプロセスを調節する
形而上学的な、善と悪のため、全体の社会的文化的なシステムの整合性を
維持する方向 ierarhizovannye 棒。
内部分裂の基礎との間隔の重要なストレスのサージ発生時にシステ
ム、横の連携 mediativnyh の小規模な開発によって 悪 化されるの中間
ゾーンでは縮小した。このような状況では、社会的文化的な力をバイン
ダーとセメンチング強制的に、水平方向の社会的な世界の外部にあ
る:"モスクワの主 権 令されていない、天皇はモスクワ。電力、および
samoprichinnost kosmologichnost の機能を獲得するために実質的な性
質を取得する先験的なすべてのチェックアンドバランスには、世界卑屈に
よって妨げられることはありません。この意味では、アルカイック時代の
息吹を、その投影によって弱体化、これでは、生産力の"神聖な王を守る
ことが重要であることをその順序の記憶、その周り豊富に増加:自然の中
での生き物の間で...(後にスカンジナビア諸国の王の繁栄を保証を意味陸
と海と大地と女性の不妊治療の彼の治世豊富な果物。
このような状況では、調停の実装は、その独自の仕様は、西部では
調停の支配的な形式の対話である、具体以外にしています。中世ヨーロッ
パでは、人さまざまな社会的水準にある諸大名の間の関係は、主に対話と
相互義務には、"対話のため - それは建設的な解決のための検索では、被
写体の心の中で、内部矛盾の恒久的な解決は、創造的活動の電 圧を維持し
て基づいている。スペース彼は常に"自分自身と他の私は"彼の関係のため
の位置と主張した問題で定義された。
調停のロシアの社会や文化の現実の枠組みの中でモノローグを中心
に行われている。その 様 々な化身では、 monologichnoy 階層的にそれ
は、その様々なセグメントに接続するために水平方向の世界は、スペース
を整理しようとしての形で、ロシアの臨時政府。世界にでも mediativno
- ierhaiziruyuschee への影響は、常に成功するように、どちらかキエフ
やモスクワやサンクトペテルブルグロシア対 処していなかった "の主な困
難は、まさにこの断片化された国や文化、国家と国家では、されていませ
んこの強さの伝統文化を奪われると治癒を妨げる一度のギャップが発生し
ました。
社会のご注文は、この原則は、文化空間ブロックを対話的な文化の
発展。独白の一般的な文化的な調停の階層的な性質は、体系的な赤字
mediativnyh 関数のように過大評価、samoidentifikatsionny 記号とし
て国民の文化意識の基盤として考えられている 経 験した。我々の条件で
は、政府や社会は、との間のフィードバックが非常に明確に不足がなぜそ
んなに当局の直接の承認なしに、ロシアで何かを整理することは困難で
す。
1 この弱点は、ポストに電源ソ連ロシアからの政党の不足を引き起こ
すことができるの最も目に見える画像の時点で。状況との間の政府や社会
を奈落の底ですが、通信 monologichno の性質だけでなく、知 覚 される
のか、通常の、いつものようにも敬意を表して。ロシアは、尊重されてい

84
ないだけです。男性、メキシコ、インド、他の国々は、通常ヨーロッパの
外にあるのは、当局の間の関係に非常に大きな距離です。ドイツでは、被
験者とは、当局が、英国、すなわち上の最小距離国は、リベラルな文明の
近代化に属しています。詳細なパラメータは異なる文化に、オランダの人
類学者 G.ホーフステッドを検討し、特定の
電源の状態は、中世ヨーロッパで最高権力を早く法律で取得する彼
のことを正当と不当な手段として、除去するために、強力な俳優の家臣を
誘導することは、重大な違反が限られていたとして、ロシアと西ヨーロッ
パの間に、別の重要な違いがあります。特定の機能以上の宗主国へのいず
れか自分の力を強化するため、また、サイズの保全に貢献していないか自
分で別の君主を見つけることが臣下、彼の財産と先発の下に行くと領土制
御されます。極端なケースでは、家臣の先祖の城を守ることを隠すのに十
分長い期間で、必要に応じて、と。したがって、西ヨーロッパの一部で、
一般的および社会文化的なシステムの特定の共通の特徴があったが、強力
な専制政治の破壊的な症状を抑制し、内部の安定性を維持した。
しかし、ロシアの政府の宇宙の状態の道徳と法律を超えて、それら
の上に置きますがかかっても:"空の光を一日と、地面には、ロシアの
ツァーリ。ロシアの歴史の中で我々の発展を目の当たりにしてアイデアを
帝国主義、ローマ帝国(ビザンチン)から認識するとき、政府の件名一
方、ダウン階層的な権力関係は、先頭を取得しますが非常に高い状態の
ソースの演技。
王権の神の本質のこの考え方は、古代王国に行く。たとえば、古代
エジプト第 4 王朝の王の間に神羅の息子のことで提出アクセスされま
す:"おお王は、外見上、彼の父の息子でも、最高の神の息子である。"ア
イザックマッサは、ロシア語"王たちの最高の神を考えて信じていた。意
見を外国人が完全に Muscovites、特に、教会の指導者、故 15 世 - 初期
の 16 世紀、ジョセフ Volokolamsk の作家たちの 権 限を参照する区切っ
て、その性質により、すべての男性のように、それは"王の書き込みの地
位と権力至高の神のように。すべてのすべての上にそびえ立つ、ロシア当
局 voluntaristic 政策を行う場合があります政府の行動ルールのいずれか
の件名:"神の真実と皇帝のなります。
たとえば、いわゆる自分のボードでソビエト連邦の法律行為(意思
決定)、スターリン、フルシチョフ、ブレジネフの遵守を確認する現実社
会主義と呼ばれることができますか?この質問はアプリオリ修辞的な自
然、"これは、王室の判断されるようです。"宣言によって、ソ連憲法の非
効率性は、スターリン時代の憲法 1936 年に至るまで、見なされていた非
常に明確に、反体制派の動きがあった:20 世紀の居住ソ連社会の一部
で、1 つの主要な要件の 60 年に登場形成されたソビエト連邦憲法を守っ
てください。
これは、合法的な疑問がそれを組み合わせるには、一緒の記事で
は、同じ法的な治療方針で成長するソビエト時代の法的権利の規範には、
西ヨーロッパと北米の合法的なシステムとの主 skalkirovannym、および
歴史的な可能性が根強い横柄な専制政治の伝統は?このパズルを"合法的
な構成"絶対に避けられないだけ vnutrennyayaya は競争だけでなく、絶

85
滅の戦争の中では、自然な欲求より内部の均質性を実現します。方向、よ
り広範囲の詳細は本日、として、ロシアの世界と同じくらい古い: "真実
は、ほとんどの男性、あなたであり、登るの袋に入れてカー!"。
法の道徳性の球と同様にあり、東と西ヨーロッパの間には、強力な
違いがあります。 "これ道徳のすべての法律を根本的に一神教(キリスト
教の普遍的なフォームを...."東ヨーロッパ大陸の道徳的な原則のコンテキ
ス ト 内 で 取 得 す る 道 徳 的 な 原 則 は 西 に 独 立 mediatsionnym
regulatives、さらに多くの流体であり、相対的。
以来、電力の適切の最初の症状ですが、彼には道徳の分野での適合
性の尺度を定義します。すべては、道徳的に適切な、後は瞬間のご都合主
義"は、そう遠くない時間のとき、意思決定や革新的な電源の行動の妥当
性を決定する リコ ール に 対応 し、道 徳的なシステムの一部 "として。
neartikulirovannyh では同 様だが、ロシアの力は神よりも低い値を意味
している認識の規則は、宗教的な球と、実際に道徳的な基準の 絶対 的な
ソースすることはできません:"すべては神の主権のはい。"むしろ簡単に
言説によると、異なる道徳規範をする必要があります。ここで、談話の現
金件名提唱する機関。
吸引のすべてのその分野での包含のためにとの距離の反対の極から
臆することなく、善と 悪、 高い文字のための " のどの 渇 きとして現れて -
人と悪魔と... ...、実際には古代の強烈な影響力は神。彼は当初、彼は単独
では、すべての矛盾を超えて、彼はどちらの日も夜を知らないので、どち
らも良くも悪。彼は - 何も、彼は - のすべて。私たちの矛盾だけで何かを
知っている私たちは、それを知ることはできません..."。それは、1 つのロ
シアの政府の最も重要な機能の家系の起源になるはずです - そのアンビバ
レンス。
文化では中央ゾーン自然と善と悪と密接に行くの宇宙の極、当局
は、内からは、システムリンクの生活の中間領域を取ることはできません
を開発していません。これは、2 極の組み合わせを取ることの両方が、
フープの外からシステムを圧縮するように。事務のような状態のいくつか
の類似中世初期には、彼は注文には、3 桁の数字は、裁判所は、社会'を構
成するが宿るとき、ジョルジュデュビー、フランス王の結論による
と、"一部スキーム:3 つの別々の一部を構成していない見られている。"
この機能は、上に位置し、内ではなく社会の態度を決めかね、ロシ
ア当局の能力の利点の両方のソースで、悪さを決定した。の両方のソ連軍
と事前に当社の歴史のソ連の期間は、1 つの手で、我々は当局に正義を追
求するために、一定の控訴を参照して研究所の主張ではなく、訴訟社会で
は、他の(再) - 我々を参照して redistributivnoy 上に建てられた一般的
な特徴として"良い源の可能性としては、当局との同時"根本的な不信感"。
したがって、すべての人々"は、政府の実権を握ってままにすることはで
きませんに住む人々を与えることとしている。邪悪なパワーで、すぐにそ
れらに対処するため結論づけた。
悪の当局による犯罪、存在論は悪、その委員会は高い金利に左右さ
れるだけではなく、不可能を合理化する必要がありますですが、罪深い、
との"神の力を与える人 pohochet"。伝統的な意識を常に残虐行為を当局

86
は歴史的な経緯の違いを正当化するのに必要な人は、5 列目の敵の世界的
な惨事に対処する。当局の犯罪行為のほとんどは、より調和のために必要
な"不協和、その人たちがこの調和を聞くではなく、不協和音として認識
しないものとして認識されます。
政府の残虐行為 neontologichny、存在論的 悪 が存在する世界で
は、人間の正常罪深い性質を消毒さに耐える。伝統的なメディアの意識か
ら、この neosznovaemoy"罪深さ"の基準では、当局を指定せずに受動
性、無力感、かなり具体的な設定するにつれ、この男だけでなく、操作し
やすいですが、必要な管理と保管機関:"私は警察署長は、愛は、火災時
に、と私はうなじので、私が折れの手で立っていない行った。暴力反対す
る"、 - コンスタンチンレオーンチエフとは言えないことができます。ア
レクサンドル 2 世の治世には自由主義的改革:«我々は偉大な父(皇帝)
を頼む reshimsya しないで、彼が私たちを脅かし続けていましたか?"。
アンビバレンス、相互に矛盾する原則を融合した融合としての政府
の件名のイメージの公務員に慈悲をマーク妥当性の条件が必要です。した
がって、レーニンの神話的なイメージを強調した、超人的、地上測定の天
才に優れ、同じ時間で - シンプルさ、人間性とアクセシビリティを拝領し
た。同様に、ただし、若干異なる方法スターリンとなった。また、両方の
内在と超越、舌を組み合わせされたミステリーでスピーチを素朴縛
ら:"だれすぐ嗚咽に変わった myauchit 誰が笛、/彼一人で babachit と
からかう。イメージと行動のスタイルの他の機能との組み合わせでは、音
声の特徴である謎のオーラが作成さは、わずかに半開きに不適切な言葉の
表現のシェルにされている秘密の神聖な意味は、目には見えないし、言い
ようのない存在。この操作を正しく国民の期待に生成直感的な権力闘争の
次の候補の決定的な優位性を提供します。
力と自主性の不足の症状主に現実の生活からの電力の件名の孤立が
原因です invertatsii 科目彼女の知恵と偉大さの表れとして認識、これらの
不適合当局。まあ、さまざまな政府の行動の伝統の認識について保守主義
の"歌手"と、ロシアの特殊レオーンチエフ:"我々の帝国の基本法では、の
精神を実質的にはわれわれの国のと同様、すべての法的には、最高の権威
から発する。奴隷法の合法的にされ、そのクラスの人々の良好な分離(ま
たは、"状態")だったが、すべて自分の時間で良かった - とは、古い、閉
鎖コート、体罰。合法的なので、本案はあまりないが、すべてを破壊する
ための最高パワーは満足していた...私達はと思うが、このロシア人思考方
法を知っていないと信じていないにもかかわらず、彼は最も気にして、国
民の国政に役立つ正直だった..."。しかし、すべてのストーリーは、この
便宜のために支払うこと、および、その "軸とされている法律があると
は、経済、政治をスローするため、電源のは、夢中に膨満感の深刻な内部
制約をチェックし、残高は、唯一の帝国はパワーが不足を意味する可能性
があります全体として、国の 1917 年の文明の破局を払わなければならな
かった。
政府の Mediativnaya 機能が不可欠 subdiskursom により、世界の
それは、私たちの日常生活の現実には浸透。この subdiskurs ロシアの条
件のためにこれは、これらの放射を介して、地球のほとんどのリモート

87
コーナーへの欲望の、日常の世界に浸透する必要があります
は、main()社会のすべての分野では、垂直方向の力の階層を構築する
のは、内部ロジックで monologichen を強調した。
彼は具体的な社会制度を介して明示されている世界の政府の
Mediativnaya 機能、態度、伝統。 1 つの重要な機関はここでは、階層的
組織機関の職員は、定期的にされ、実証的な確認です。したがって、アカ
デミー T.ザスラフスカヤソ連の官僚と、ソ連崩壊後、ロシアでの数には、
次の数値を与える:"情報を以下の 1999 年のシンポジウムで引用"ゆくえ
ロシアによると?"ソ連では前に、ペレストロイカ 700000 公務員だった
が、現在のロシア - その 1200000。 3 と 1.5 倍の人口 100 万人の管理 1
泊以上"で!
なぜ、ロシアの状態を、なぜ官僚ので、サイズの大きい素晴らしい
ですし、社会の中でこのような重要な役割を果たして?外部の文化的、法
的、経済的、政治的なコントロールと自分の人生のプロジェクト内の個々
の参加の内部形式の不足を補う、コントロール、および社会の問題です。
しかし、プロデュースを配布し、再配布、個別に、個人的な交渉のモード
では、少なくとも、明示的には、法律に扱われない限りの質問を決定す
る。ではなく、自己を求めて、職員の数は、国家が負担される関数のすべ
てのと同じ数によって決定される重要だが、全体のための固有の欲望。
ときに、自由主義、ロシアの社会の 90 年代初頭の指向の 20 世紀の
居住は、必要がある状態の役割を最小限に抑えるため、"国家 - 夜警"の数
式に彼の役割を減らすため、スポークに一つだけのもの - 生きる私たちに
支障がない、仕事、自分自身何らかの自分の世話をする。あなたからの生
活世界の可能な組織はまだなので、少なくとも干渉しないように待つこと
はできません。 1 つだけに役立つことができます - 警察の関数のパフォー
マンスでは、西は、"...繁栄とのアナロジーで Rossiyskogo 状態を構築す
る例があるためライフル銃を持った男にされている利益とは、ドルの権利
を警戒立って、ポンド、マルク" 。しかし、社会がこのような最小の消費
電力から受信していない、それは、政府のみを制御する社会の路上で小学
生順序をサポートすることができます表示され、メディア、全体として
は、ビジネス環境。
これは、ロシアでの注文は、少なくとも独裁的な政権をインストー
ルする必要があり、街頭犯罪を抑制するために暴力団員のビジネスの構造
上の屋根を削除し、必要に応じて自分自身のビジネスを国有化することが
わかった(または大規模以上)とは、全体主義/ kvazitotalitarny モード
を確立します。ブラボー、諸君!これは、ロシアの国営の大規模かつ包括
的な(ビッグブラザーを見ることができる)、またはありませんが、対処
するために任意に少量の彼の関数で残っていることができないことが判
明。それはひどいジレンマを社会が直面するのと、おそらく、権力の集合
体の中で最も知的な部分の前。
現在の非合理性についての簡単なコメントを、ロシアの電力のフェ
チ行う。合理主義ではなく、会員資格の水平、地上の世界では、これで
す。などの合理化、当局の非合理的な破壊につながると消費電力について
は、合理主義の引数から、その自然と伝統主義者の行動だけでなく、より

88
意味深い文化的な禁止だけでなく、恐怖を保持します。適切に理解しては
ならないの当局が、経験は、合理化されていないの宗教意識の機能のメカ
ニズムとのアナロジーで、直接宗教的な経験の超越的な行動を共にする労
働組合が発生。
非常に自然 rosiyskoy 電力状態の建物は、振り子のための機能の多
くは、歴史と sotsiokulture で動的なプロセスの反転の性質。は、特定の
振幅を、歴史的社会的文化的力学のプロセスで一般的に、など表示され
て、ヌーボーのほとんどの先進国では内在的であることに注
意、counterrotating の範囲の質問は、プレゼンスや一般的な意味は、特
定のアンビバレンス極端な立場は、対話のための共通意味空間の欠如。古
典的な西洋の近代の国々は、これらの振動技術革新の選 択 を意味します
が、社会の従来のスペースの文化的伝統のうちのいくつかを含める。開発
以降の段階ではかなり以前の 1 との連続性の程度は依然として高く、補
正、民間の開発と成果物です。
ロシアのすべてでは異なっている。ロシアの社会の枠組みの文化的
なシステム自体ではひどいは発振ですが、その振幅の範囲は、極の間に最
低限必要な接続がない。 1 つの。Bezanson ノートは、"ロシアの土地に
は、少なくとも年 Falsdmitry 不変を定期的にお互いに 2 つの要素が成功
します。と 1 つのときに、社会、民間主導の潜在的な進取の市民は、富、
技能、知識、およびその他の貴重なリソースを蓄積されている努力を使用
して相対的な自由の状態が含まれます。最初の向かいにもう 1 つの永続的
な始まり。その兆候のフォーム - マーク、全体主義的な傾向との状態で
す。時代区分の変更は、多かれ少なかれ劇的に実行するが、それは避けら
れない。勝利の値を官僚制の 2 番目のフェーズでは、。リソースの前のス
テージでの経験、ogosudarstvlyaetsya 国有化収用ている。
発信履歴の期間の終わりまでの間の矛盾にかなりの潜在的に蓄積さ
れている深さとそれを融合したフォーク真理のためで昇順。古い秩序の破
壊賛辞の言葉では、適切な祝賀ために広く期待されて知 覚 される。ここ
に、神に感謝し始めており、彼の回顧録女性シュテプーン 2 月革命 1917
年のドライバは、地面にバプテスマを受けると述べた。学習ペトログラー
ド、G. Chulkov での人々から下士官の革命についての意見:"シンは、も
はや"。などの近くにする必要がありますまたは、以前の政府の罪のため
には、少なくとも報酬を新たな歴史的舞台を最初にしようとすると地球上
に神の王国を構築すると見られている。
運動、ロシアの国家としての地位の振り子の向きやイデオロギーメ
ディエーションの変化による消費電力の両面で、それ自体同行され、ほと
んどの活動で、社会の一部を志向。ときにのみ、この寓話に近づいて、そ
れは正確には 2 つの棒、運動の振幅の極端なのは、ロシアの歴史と
sotsiokulture 振り子の反転プロセスを表してある"差押"と大多数の社会
の信仰は、現在の状況に応じて治療法です。この運動は 2 つの相互排他的
な極の間に発生します。初のポールポジションはほぼ無制限の自由が法の
弱体化が根本的に社会的文化的 normativity、共存し、将来の規範的な複
数の対抗文化と社会の動向が減少して電柱、社会の無政府状態として認識
さです。これは自由のポールは、部分的カオス可能性のある新たな社会文

89
化的スペースは、創造的なポールここでは、国のために、さまざまなシナ
リオの実現可能性があるときは常にしていると社会文化的なシステムをよ
り多くの技術革新の外から輸入されています。言い換えれば、自由の女神
極 - この人、ポール、生命の極は彼です。当然のことながら、彼は国家の
大部分が削除、一致させる。
2 番目のポールポジション - 適切に極近似は、その可能な実施の態様
のこの歴史的な文脈で最大。これは、 - ロシアの社会秩序の極の文化的伝
統が強く十分な権威に関連付けられて、時には社会の制御の全体主義の形
式に変換。あらゆる階層の絶対的な勝利、科料の規制とき、すべてが - 確
かに許可されていないが許可されていないこのポール。適切な人々の極の
引力の面では自分自身を犠牲にし、そのエネルギーは、時間、偉大な国家
の偉大なイデオロギー、カリスマ的な権威の名前での生活。極右ではない
敵の多くは、両方の外部と内部は、かれらは、その破棄しなければならな
い確定取消の勝利のため防ぐためです。場合は、敵をあきらめてはいない
- 彼は、破壊されると、彼が言ったようする必要があります、 1968 年に
は、モスクワの党大会の詩人セルゲイミハルコフで:"いいえ敵を嫌うの
疲れ - これらは(真のプロレタリアヒューマニズム!"されますので、注
文のポールポジションからする必要があります - たとえそれは死の極され
ていませんのためアンデッドは、特定の kvazizhizni の最高のポール、ど
のように人生は、既存の世界を超えて苦しんで存在するのでしょうか?
DS メレジコフスキー度と述べたが、ロシアの反応の "深さ - ではな
いが、実証的、 - 超越論的ではない地元の政治。反応 - 宗教。ときどきだ
が、ロシアの最後のエッセンス - 反応の宗教されます。時をチェックし、
残高は、壊れたシステムの代表的な民主主義の機関の変性を最大限に活用
し、ポールに近づくと、電力を明確に一人の一族、党指導部の手に集中し
始めるではありません。これは既存の素材の状況で、社会のどの様々な理
由で男性が自衛のために使用することはできませんエネルギーで、自分の
利益実現を素材の存在の水平方向の平面上に昇華させることができるの大
半が、両立させるパワーエリートの必要な思想、この段階では。
イデオロギーは、特定の歴史的な時代には、superpersonal の目的
公準、要求の保全とロシア帝国の増加のためのさまざまなバリエーション
の懸念を含む、社会の中で最も古風な一部の文化伝統は、メシアの教義上
の(人)、自立かどうか、正教会やマルクスレーニン主義とターゲットナ
ショナリズムの積極的なフォームを含む、重要な歴史的誘惑、様々な、
と。ロシアが国際的な社会主義の歴史的な誘惑を経験している、注意して
国民の意識では、使用しない場合は、社会主義との関係で解毒剤のも一種
の出現などして、その国際的な側面に関連し、少なくともインチしかし、
そのや、世俗的な国家主義、民族主義は、多かれ少なかれ積極的なフォー
ムの誘惑に、より多くの可能性、宗教的な形はまだ、彼に対して任意の大
量な解毒剤に来るにはまだ詰めていない。
特に今回のケースは、その宗教、痛感する方法はまだ比較的自由な
情報空間社会を統合し、大規模な戦争の脅威なしに決定する重要な潜在的
な etnointegriruyuschim は、明らかに、当局は、誘惑されている一般的
な敵は、思想の欠如。しかし、ポストで、皇室が、近年では新自由主義が

90
ますます明確な機能の宗教的アイデンティティの話題に皇室の状態を強調
だけでなく、国民統合のためだけでなく、国家の崩壊には、減速していな
い可能性があります - しかし、帝国の解体の第 3 フェーズを早める。これ
は主 観 的なレベルで "の国家のイデオロギーのための基礎として、プロ
ジェクト参加者の宗教、それを実現しないと、逆の効果を、そのアクショ
ンを示唆はっきりしている、それをどのよう主導の意識、さらにはその
後、明らかではなく、量産が可能であるという事実の後にのみ。
そして、この点については、別の非常に重要なポイントです。ロシ
アの社会主義革命とソ連の電源マルクス主義、女性シュテプーン"自分と
社会主義の罪として定義されての復活につながったの確立の勝利は、公共
の宗教思想の形成のための基礎としての正統の使用は以下の悲劇的な結果
へと導くことができますとして正統派そのもの。 1 つの哲学は、フランク
フルトと学校テオドールアドルノのファウンダーのは、次のように述べ
た:"更新の宗教的な内容は、世俗的な政治的目標のために""を中和するた
めの手段... ...現代のファシスト扇動する宗教的なモチーフを、過去の宗教
の噴霧残骸だけになると、任意のグリースの信仰の破壊を含む。伝統的な
宗教の残骸を見て、彼が何をその目的に適していますを収集し、残りを廃
棄し、すべての敬虔なフレーズにもかかわらず、彼はビューの完全に実用
的な観点から、宗教を調べます。
には、上記のプロセス()が適切なのでの極近くに起こることがあ
りますが発生することを思い出して。極端ではしばらくの間、ロシアの国
家としての地位の振り子が反対極への復帰運動を開始によります。振幅変
動の最も外側の点から、その運動の最初のセグメントでは、ほとんど明ら
かに歪み、エラー訂正のプロセスであり、非合理的な、社会のこの極限状
態の文化システムの特性。このプロセスは、国民の共感、成功したか
ら"めまい治る"広さは、雪解けを開始(または、自由、無政府状態として
理解さ)は、強力な専制政治を規制するための措置は、小学校の法的規
範。ロシアの社会の一層の運動と文化の振り子は常識のゾーンでは、利益
のゾーンのバランス、政治的安定性、エリートと社会の一定のコンセンサ
ス。
常識のあるエリアに振り子の興味深い動き。ここではバイナリの反
対の極付近からの国境を越える... ...ここで彼は常識のゾーンからの出口に
近くなると、社会の事実は、エリートしばらくの間、別の歴史的な過ちを
するつもりであることを理解されると、そこに破壊されるいくつかの新し
い反対です。または振り子運動の次のセグメントに移住した。共通の感覚
やスイングの地域からドアを徐々に自分自身を明らかに開いて、私たち
は、熱や寒さが次のユートピア猛暑が...
これは存在の水平方向の平面上に完全な自己の人格の実現を前提と
し、その自由な形、特に近代化、適切な、満たしていない。近代化の成功
をより明確に一人当たりの平均率との相関の存在の水平方向の平面には、
促進したり、ここに、個々の自己実現のブロック、現在の所得水準、処理
されます。は、物事の素材 zhizneosuschestvleniya の質量に意味のある
機会を作成する近代化の完成を迎える、歴史の切望された集 団 無意識
の"end"は、しかし、その皮肉な宗教的なフォームを世俗的なのではな

91
く。貧困成功した消費財、サービス、文化的な製品の大規模な層を形成す
るのコンテキスト内で重要であるとの闘い。
したがって、ロシアで最も成功した消費者は、以下の重要なままで
すが、人々の地下、山の高さと精神の深さだけでなく、ためにも事前のた
めの意味空間資本主義の男性一般的です。 Zhizneosuschestvleniyu 素
材は、世界のイメージを、ここで多くの形式(金銭しているスーパーマー
ケットに減少し、補完される面に相当)は、後半に現代的なオープンリビ
ングスペースの機能のマニュアルを補完する結成。
いくつかの代替、個人の充足との間の存在の水平方向の平面上の選
択肢を示唆し、未実現電位の昇華は、地盤の可能性は、水平方向の自己実
現や個人的意義との間の代替の質量の意識は、現実逃避の人生のシナリオ
です。存在の水平方向の平面には、大衆の自己男 displaces、および反社
会的な垂直方向に人生の戦略は、限界地域指向などの他の。代償オプショ
ンを自己のような自己実現の領域副この世の物質的な生命のように、前面
に来る zhiznestroitelstva れていない場合。
水平 zhizneustroitelnogo プロジェクトの実装は、実際には、近代
化が必要な順序につながる kosmologizatsii ロシアの社会文化的なスペー
ス。人格関係の近代化プロセスは、自己が、規律するために計画のプロ
ジェクトを遂行するために平均的な文化、能力が重要な活動の規範と病理
学、従来の概念と比較し、制御に従う姿勢が不可欠である。そのような人
なし"は、警察署長の後ろに立って行うことができます。後期近代社会に
おける人間の生活実装では、作成するための chreda 射影 dostizhitelnyh
のアクションとして、そう、大量消費の形でもたいていの場合にのみ表示
されます。
自己の有意義な機会の欠如、の世界では実現はすなわち、中フィー
ルドでの存在の物質面の人格の、未電力補償、ナショナリズム、救世主の
教えは、宗教的原理主義、宗教や宗教のスコープ内でのイデオロギー送信
される必要があります。人生の垂直方向のディメンションのすべてのデリ
バティブは国内宗教の哲学的伝統は、最も明確に、複雑なアイディアで表
現に関連する名前を"ロシアの考え方の下に記号内容を含む、この測定の
要素を具現化の優先順位です。"
ソ連崩壊後、ロシアのアイデアは、このセットには象徴的、象徴的
な意味を持つ、これへの支持やプロジェクトの重要な垂直成分を持つ相手
への社会の分裂的な態度。同じ時間は、イデオロギー的な構造の垂直方向
のディメンションを持つでは十分な生活の辺境地域の人々の質量の再社会
化の過程で効果的です。社会の基本的な物的資源の確定プロジェクト個人
zhizneneosuschestvleniya レベルのルールは、ほとんどの人間大衆に対
して効果的です。このルールの例外をしており、一部の私立は、人はかな
りいるの両方の水平および垂直方向の寸法で活躍することがあります。
É.ゲルナーに、"市民社会によると、自転車にたとえることができま
す:それは時が弱体化の経済はもはや、そのメンバーの過半数の福祉の継
続的な改善を確保できる速度を失うがクラッシュします。そのほとんど
は、偉大な原則を放棄し、非常に現実的自由の中の錯覚のために犠牲にす
るこ とが でき まし た。 "ポスト近代ソ連の波、地域、一般的な特定の

92
polistilistichnosti と価値相 対主義への社会的および文化的発展の主要な
ベクトル決定の存在の勝利をもたらした。一方、フィールドでは、国家の
利益の球が、民間になりましたする必要がありますどのような公開するに
は、使用されます。そこで非常に 拡 大され、プライベートながら、パブ
リックコントロールしやすい範囲を狭める。
で、男は、自由に、是非 - それはグランドインクイジター、人の意
見を適切に、飢餓のための同じ飢餓です:私は方法を知っている。 "これ
は唯一のロシア語。ていないので、"アイデア"ものとしての自由をどのよ
う生理学 - 感覚とんでもない、多くの - 奴隷の受け入れなど、...捕らわれ
の身で自由に - 罪人 - 聖人。聖人の奴隷。聖ロシア - 奴隷の神聖な土地で
す。為替の自由、自律性、地域の - 権威と包容力は、相対的に言えば、軍
事パレードやたいまつ行列のビール祭り、団結の古風な感覚を与える:私
だけではない、私たちの多くは、我々の人々。ロシアの近代化の一般的な
歴史的な文脈では密接に挑戦するプロセスにリンクされて、適切と欲望の
存在論的地位の承認。
Ⅲ。社会的自己のフォームに、ロシアの文化と文明のシステムの組織とし
ての封建的帝国

文化と文明のシステムが失われると、これはそれ自体が消滅の出力
で内部的な変更の特定のクリティカルのしきいているときに、その内部の
アイデンティティ、自己のアイデンティティ。自己のプロセスを、文化と
文明のシステムの最も重要な要素の複製は、 "あまり、どれだけ多くの
フォームは、への変更を意味のある形になります関係で、特定の時間的空
間的特性のコンテキストの変更に反対して、特定の社会的文化的伝統内で
発生する。"それにもかかわらず、非常に広範な意見によれば、これを体
系的組織的社会的文化的なフォームも同様に様々な方向には、ロシアの社
会文化的制度が恣意的にスウェーデン語、韓国語、中国語や他のモデルに
関係なく、基本的かつ文化的モデル化することができますが開発すること
ができます文明の特性。その敷地内に、この voluntarist アプローチは、
マルクスレーニン主義のバージョンで progressivist イデオロギーの奇妙
な組み合わせで人間の意志のいずれかの制限に同意しない場合は、ベース
とし、魔法の奇跡では、正教会、異教信仰は、不安定と原因の不確実性の
感覚効果の関係。
フェルナンブローデル氏の著書"地中海と地中海世界のフェリペ 2
世»の時代では基本的には、国民と歴史が主催するスペースとして扱われ
ますが、"文明と話した。だから、ある文化的な境界、文化的なスペース
は、の寿命が長く:世界のすべての混乱を無力化されます。"文化と文明
のシステムは、ランダムに選ばれた方向に発展することはできません、そ
れだけが、技術革新は、その内在的な発展に貢献を受け入れ、それに反す
るものを拒否する:"なぜ、攻撃の種類などは、科学が私たちに与えられ
ていないですか?そして、それは謎の:法令の適用をしたいが、もし、国
民の精神に反するものを保存に行っていない"と述べた。そこでも、科学
ではないと拒絶に変換 inokulturnyh 革新の高度は、社会の歴史的形成の
基礎を文化的システムに適合しないいくつかの理由がある。
93
ロシアの土壌中のリベラルな近代化プロジェクトの実装では極端な
複雑さを正確に何をすべきか、その社会的文化的なシステムにつながると
の間の悲劇的な矛盾で構成されます。したがって、エゴールガイダル"と
のインタビューで Izvestiya"、"我々はもはや何をどのような歴史的社会
的文化遺産を行うことができますよりも行うと述べてポストの開始ソ連の
改革をリコール"しかし、このシステムは、徐々に別のシステムでは、最
終的には内に 1 回の発生元のシステムに置き換えることが、組織
disistemnyh 要素へのリード線は全体の流れを inokulturnyh 革新を拒否
することはできません。それと同時に、有名なポーランドの社会学者 P.
シュトンプカは、"システム全体に関連して"内、または中立的な変更"また
は最も多く、その複製にではなく、変換の貢献と考えている。
もし我々の定義は、ロシアの文明の最高の、私たちの意見では、シ
ステムの基本的な特性は、この定義を満たしているを見つけるに曲がり、
封建/帝国である。は、封建 NOTE デスノート/ kvazifeodalizm 我々の理
解では、同じ名前に社会で経済的な構造は、通常は、マルクス主義の教科
書で書かれて還元されていません。封建/ kvazifeodalizm だけでなく、経
済的概念だけでなく、社会的な関係やライフスタイルは、順番に、値の規
模は、世界のそれに対応する画像を決定する考え方の具体的な構造から生
じる特別なシステムです。マイケルボスレンスキーする Word:"我々の時
代の問題は、資本形成、すでに、自分自身疲れているされていないことの
封建社会を完全にすべての努力はその存在を延ばすために疲れていませ
ん。そして彼女はいないので、全体主義のフォームは、 "東洋的専制主
義"私たちの時代:現実の社会、国家、社会主義、ファシズム、クラスの
独裁 politbyurokratii - 命名法で話す。この反応は、人類の暗い過去を表
す封建的な構造死にかけている。私たちは主にロシアに興味が我々の談
話、封建制度の非常に特定のバージョン/の一環として。
当社の主な論文は次のとおり:kvazifeodalnaya 帝国固有の自己最
高の形、ロシアの社会文化的なシステムとして、社会の組織です。
皇帝の対立の命令、後者と文明の相互作用には、リベラル派と皇帝
のアップグレードの交代のプロセスの原因は、システムに洋品店、通常の
低迷の"期間"で区切られます。定期的にその基本的な封建的、帝国の根拠
に関連してシステムの構成要素、disistemnye をもたらす保守皇室の反発
の歴史の中で繰り返され、リベラルな近代化にもかかわらず。これらの要
素は徐々に代替システムに分かれ disistemnye。果たしてこれが、それは
まだ弱すぎると代替システムは、後の 10 年以上にもかかわらず、ソ連の
改革は、近い将来には、古いシステムを置き換える - 問題は、これへの返
事。
この変更の可能性を我々の国の一部を、今日はほぼ絶望的
forebodings、このコンテキストでは、完全に基づいて、材料の福祉への
反対のいずれかの私たちの有名な霊性を失う可能性について語っている -
または。この点について、私は励ましの言葉ピティラムのソロキナをもた
らす希望:"他には、変換の対象とされている社会と文化の死に至ること
はありません 1 つの文化の基本的なフォームの置き換えてください。

94
伝統的な文化と文明のシステムの神話のように、中核的な神話の相
互に設定されての精神のコア。したがって、我々の役割と
kvazifeodalnoy 帝国に 対 する sistemobrazuyuschego として皇室神話
の配置を検討します。一つの神話の主な機能は、歴史的に形而上学の影響
を、歴史的なプロセスの結果に基づきのための要件に調整されることを確
認することです。そして限り、活気のある中世の神話的な意識の変化に適
応する文化と文明の方法の適切なフォームと、外部環境の内部。には、皇
室神話のバックボーンの非常に基本的な神話的(時間の関係のまま)放
送、時間の経過とともに、注意してください可能性が高いそのセマンティ
クスを仲介変更されます。
最も重要な神話を検討するに封建的には、システム/ y 帝国の神話。
だから。
として最も重要な神話 mythologeme 聖ロシア割り当てられる必要
があります。これは、聖ロシアの概念は、とても多くの地理的、歴史的、
プラトンのイデアへのコンテンツの近くには、関係なく、可能性やその実
証的な実現の不可能性が存在するという概念は、常に自分自身に等しいで
はないことに注意する必要があります完全かつ不可分。聖ロシアは、ロシ
アの終末ユートピア的神話の中で、彼女には、 "祝福された聖なるロシ
ア、これは何もする必要はありませんよると、中央の位置を占めて、どち
らの権利も、外部の富とは、この世界は多くの注文 - この"古い
Slavophiles 指導されている。
ロシアの神話的な意識では、地政学的な規模の外では、普遍的な規
模を目指して、苦労の調停の時に適切な様々な、優位性のアイデアを、も
ともと道徳的優越性に基づいて、その後の生活の他の地域に分散すること
によって正当化を支配する。さまざまな歴史的な時代区分ではこのよう
な"パワーとその科目の球を取得するの"規模の普遍的。したがって、ス
ターリンの"謝罪だけではなく、皇帝の音だけでなく、スペースを取得
し、彼は歴史を持つ、何か地球外の宇宙空間と混ざり合う。そして、マル
クス主義をロシアの宇宙への一神教の世界観から移行するだけの試みだっ
た。適切な聖なるロシアの下にし、このポジションには、世界の残りの部
分を保存する必要がありますすることができます救世主複雑な文脈の歴史
的、社会文化的な変化への耐性があります。また、今日、本日、世界を救
う方法を見つける、ロシアが停止されていません。と彼は続けた。"
時間が経つにつれて、聖ロシアの神話が徐々に皇室国家の神話に登
場する我々の談話の中で最も重要な部分になります。として形而上学的な
典型的な神話"人神は、特定の人々が特定の地域に住んでいると"で、これ
は、しかし、ほとんど共通点は、軸受の皇帝の状態に立っている。我々は
注意して全体としての両方の個人や社会のためには、国家の絶対優先順位
の利益。インペリアルステート尊重し、この伝統は、古代世界の国から来
て続けて:"この一般的な単一の市民の状態になる前に、完全に無力だっ
た無力...状態を地球上で神のようにされ、別の人間が神のこの世界の奴隷
にされた。"
皇室国家の神話の一部としては、終末論の楽園で人類を導くことが
できる力であり、千年の神の地球上の歴史の終わりに到達することです。

95
インペリアル状態 ideocracy 適切に、実施されていない唯一の手段だけで
なく、神のプロジェクトには、地球上の楽園として唯一、ロシアの帝国国
家の原則に整理してはならないだけでなく、体現彼自身のものは、すべて
の大陸へと拡張を組み込んでいる全人類属。
当然のことながら、事務の確定状態の下での状態は非常に概念は神
話の概念です。 Mytheme 帝国の状態を特定の公理の主張では、状態を強
くしなければならず、より多くの、より適切に近い強力な意思である。そ
のための必要性を強化するため、任意の手段によってそれを増幅し、定期
的に強化プロジェクトのコストを考慮せずに。
ロシアだけではなく、悲劇的な偶然の一致との交差点 20 世紀、興奮
の歴史の中で与えられた価格の比例、および発生の質問にも、ドイツでで
すから、何容疑者は強い状態、および効力が大幅に回復さのためによく第
二次世界大戦は、右ヘーゲル派改訂論文の後に。これは、状態を"による
と、(機能)いずれの場合で、資本主義経済に制限を採択したが、労働力
の部門のためには、などがない場合にはそれ以上に上昇していない産業社
会では、プライベート、個々のプロの存在は、孤独な保護は、モラルを行
使しないの命令。
我々は歴史からは、強いロシアの状態は、国内での生活のさまざま
な分野でより詳細に制御する傾向は、社会や収縮に関連して道徳性の影響
(収集)は、さまざまな歴史的な時期にある地域のそのゾーン内の指示を
実施知っている皇室全体の一部だった。これらの内部および外部のプロ
ジェクトを実施するための重要なツール社会の軍事化、およびその派生し
たものです - 積極的かつ膨張の外交政策。そしてそれを目標とする手段と
して、軍事などの拡大については、しかしていません(実装する)は、合
計政権を正当化するための手段となるような地政学的な目標をしようと宣
言する。
だけでなく、我々だけでなく、世界史では強い状態、その
totolitarnom と権威のオプションを、主には、条件付きの利点は、ここを
示していますか podiskusirovat、同 様 の議論はソ連では居心地の良い家
庭のキッチンで行われてです/ロシア 60 - 80 - 20 世紀の居住やドイツで
1946 年には、ニュルンベルク裁判で。これには社会の絶対 値を具現化し
ようとは、自由の国では、状態が弱いではありません、それは別の方法で
他の機能を実行する社会に関係します。
歴史の空間を、聖ロシアの神話に投影歴史的な神話の部下の設定
は、勝者の立場から作らを通じて明らかにされ存在。我々は彼らの間で区
別されます。
だから。モスクワキエフ大公国の唯一の合法的な後継者である。そ
の他のロシアの領土は、その前の適切な役割に応じ、専用の周辺は、ポイ
ントは最初のキエフ、モスクワで保存されます。事実は、この神話は、歴
史的現実との一貫性がない - 明らかに。が連続し、別のラインは、従来に
は民主主義社会としての文化的伝統は、キエフ大公国から大公ノヴゴロド
とプスコフを通じて実行して呼ばれていました。しかし、一番大事なこと
では、リトアニア大公国、の権限の下で、都市と中央政府と国民との間の

96
関係を条約の形で支配されたマグデブルク法を採択した開発は、ロシアの
土地だった。
このシリーズの次の神話。聖ロシア(モスクワ、ロシア帝国、ソ
連)、外部の敵は、異なる歴史的エポックを隣接する敵の中に囲まれてい
る。 20 世紀だけは、内部の敵には、RSDLP を含む(b)にして、1917
年後の左派政党欠席は、白人は、投機筋は、kulaks、ネップ男性は、技術
者、作家、赤の役員、聖職者、様々な反対運動との偏差の代表者で WCP
は(b)、および、このリストは無期限にまだ不完全となる場合続けるこ
とができる。
後半にソ連時代には、彼の人権団 体や反体制派の一般的に参加しま
した。 ""政治的な同情と、ロシアの社会のさまざまな部品の反感は、おそ
らく、最初の時間は、任命の歴史の期間に応じて多様化し、敵の上記の法
律でから任命されたのは、国内の敵を 20 世紀の概念の 90 年間で。国内敵
なしで 10 年とし、唯一の真のイデオロギーは、異例のことだし、権威主
義的社会的文化的な信者を押すの伝統の両方を検索します。もう一つの問
題は、イデオロギーの分野で、それらの組み合わせの創造正教、専制政治
や国籍の永遠のテーマの普通の解釈を越えていません。までの敵を 検 索
し、幸いにも、トロツキズムの告発では、とラテン語の帝国のためのスパ
イ活動、それも実現しなかった。
今日では、同一の人権団 体の尊重と人道支援資金を外国資本の参加
と同様に、リースの税務上費用、障害物を制限することを決め、寡頭の制
御は、まだそれ以降の参加した。私たちの最近の歴史を繰り返すことを期
待されていないので、多くの"茶番として 2 度目の悲劇"です。は、外部の
制約は、それらに対する強いこと、ロシア帝国の近代化の次のステージ /復
元はまだ限界内で行われる場合は、"進化するシステムに対 して、ほとん
どすべての内部"をチェックし、残高を把握できていなかったという理由
だけで、忍耐の地政学的なゲームを分解して、トリビュート donachislit
ていない(税金)です。
ロシアの皇帝の状態の本当の歴史の場合、孤立主義と侵略の奇妙な
組み合わせは、被害者として、真理とみなされている神話に固有のもので
す。神話には、聖ロシアの皇帝の形で具現化よると、狡猾な、積極的な近
所の人からいわれのない侮辱に耐えなければならなかったが、彼女は誰も
攻撃しないことはない。周辺の土地のときにのみ、モスクワの腕のように
依頼を添付する、として兄弟の援助を提供するためにも、それは誰かの呼
び出しには、虐げられた人々の応答義人できないため、この要求を拒否す
るため、人々の声は神の声が提供しなければならない強制的に。神話の論
理でだけでなく、については、"は、それらを有機的に関連付けられてい
ない体のメンバにバインドするためには、純粋に機械的な方法は、人工を
決して忘れずに必要なことは不可能です。"
次の神話は、封建的な帝国には、負の設定、そして時にはロシアの
人間の資質に有害への主要な手段として文明のすべての周囲の世界の、特
に欧米を与えることになっています。世界の帝国の疑問と否定的な認識を
絶 えず vosproizvodyascheyasya"mezhdunarodnay 困難な状況"は、
偶然、歴史統計をサポートしていますに貢献します。ロシアの話では多く

97
の場合は、戦争期間をはるかにピーターの治世ロシアの 36 歳(のための
平和を超えて起こった平和の今年に入って")は 1 つだけ知っていた。
別の神話によると、聖ロシア事前にして、先制攻撃は侵略を、どの
よ う に 全 体 を 別 の 国 と 人 間 と し て の 敵 の 攻 撃 の 意 図 と
oblagodetelstvuya を防止することはあまりないです。ロシア帝国への
登 録ははるかにし、その近所の"正統派 Rossiyanin 近くに適している世界
の完璧な市民と聖ロシアは - 最初の状態です。" 1905 年の兵士や軍の将
校用に設計さは、ロシア語、日本語、戦争中のチラシからこの論文のかな
り長い例としては、現在の抜粋: "独裁の敵をしようと主張する独裁的権
力は、この 戦 争 - 気まぐれ。現在の 戦 争の原因が我々の歴史を知ること
は、鴨緑江には譲歩エルティシへエルマク Timofeyevich 移動するプロン
プトが表示さを理解するではなく、BEZOBRAZOV アムールではなく、王
の 圧 政のネーベリ口にしている。東にある歴史的な動きでは、この 戦 争
は、ロシアは現在だけが初めてのことだとして、前世紀に、その動きの西
に勇気と手ごわい敵が 満 たさを示して、彼女はこのようなスウェーデン
人、ポーランド人とトルコ人に会った。として威嚇バルト海、ヴィスワ川
と黒海のほとりに建って、戦争、そしておそらく戦争の一連の解決:する
かどうか、ロシアやポーランドの運命を脅すように太平洋の海岸に彼女に
なると、テストする。"
Mytheme ロシア - 西。ウエストは、この座標系だけではなく、永
遠の敵ですが、探してガラス越しに、ロシアの重要なアンチテーゼ、場所
は非常に稀戻ってくる。これは、最初の Boyar 子ども西ヨーロッパで勉強
に送信されるので、そして、さらに最近では、われわれの歴史のソビエト
時代の時に私たちの同胞の西側に移行したソ連の市民に残って見ていたて
いたとほぼ同じ場合は、月やオーストラリアの暗 黒 街の人々の側。した
がって otezzhayuschimi にシェレメチェボ空港で真剣に信じてお別れと
して、ハーレムの数え切れないほどの妻の強力なシャー/変更は、別のハー
レムにすることができます - は、永遠に:"は、I /帝国に置き換えていま
す。このステップによって決定された/すべての 4 つの側面に焼きつい漂流
- /ただし、5 とカラスの面では、クロスの胃。 /あなたの fakir、/私は、
緑/卵寒さの中 Janissaries たちの悪の斧 scenting の出世街道を歩いて中
空パイプに息を吹きかける/ときには、水を入力します。そして今、塩/お
口の中では、水の味が、/私は、ラインを越えた。"この 2 つの世界、ロシ
ア/ソ連と西、ほぼ同じ川ステュクスと空母アエロフロートとしての役割に
絶対 - 集団カロンのようなものとの間のラインです。
また、帝国のすべての科目を問われ、反一連の欧米の特性を、例外
なく、独立した意義神話に登場しています。神話のすべてのコントラスト
が組み込まれている文脈では非常に抽象的であり、ロシアなど欧米の男
性、論文、antithesis の複数形の抽象的な。そこで、これらの基本的な野
党のリストです。場合は、西は、中世後期には、個々の生活を政策に徐々
にシフトが、まだ、その最高の発現には、コミュニティをされている大聖
堂で育つ:"は、コミュニティを基盤に、ロシアの歴史、地面全体を始め
ており、過去、現在および将来の...の物質は、コミュニティの生活彼の...
個性に基づいてそれに基づいてすることはできませんが、彼は考えている

98
個人の自由と意識 - 自己否定の最高の行為。中東のローマ法の伝統の中
で、私有財産の西の理解 - その拒否した場合。同じ privatizme について
語ったことができる antiprotsedurnosti、欲望書かれた法律では生きる
ためにはで直感的に)プラウダ(良心を経験した。意味の同一の範囲、お
よび排除措置と節度をすべての人間の形で、疑惑の貧困と禁欲主義への誠
実な欲望によって補わ起因することができます。で今日、これらの神話は
異なり、必ずしも大幅しかし、今では世界の大衆のロシアの男の特徴
は、"ロシアは、歪曲の日常生活を実践に影響を与える。
別し、非常に我々の談話神話のコンテキスト内で重要によると - 帝
国社会の唯一の権利を、可能な方法で歴史的存在である。単語"帝国"は、
必ずしも我々留意しているソ連はソ連の力の指定には受け入れがたいもの
だったが適用はっきりしていません。以来、民間の神話だけでなく、それ
ぞれの意識の伝統的な融合した連続体の他の補償を補完されていませんし
かし、帝国の基本的な概念にはタブーの母音または暗黙的な条件であって
も 、 神 話 の 本 質 は か な り 明 確 な ま ま 。 動 作
samozakruchivayuschayasya ナットとのアナロジーで mythologems
全体の複合体の心の中で顕在化、任意の"信号"の解説、(彼は少し手ぶれ
やナットは、リベラルな反帝国の社会的文化的なしみ)は破棄されます自
分決着がつく。
これらの基本的な神話よりプライベートな空間のすべての分野での
分散時間を社会の中に入ります。彼らは、国の歴史の不適切な画像を作成
していないが、世界の歪曲は、実際の画像が、大量の意識に影響を与える
と彼女の神話的な機能を持ち込むことを続行します。続けて、程度の差に
もかかわらず、これらの神話との関連性の強弱やロシアでは、歴史的、社
会的文化的なプロセスの方向に影響を与え続けている。
当社の封建的、帝国の州の伝統の形成の歴史的過程を見て、1 つは、
かなりの安定性と自己の能力の複製を歴史的な状況の変化のコンテキスト
内で言及することはできません。特に、この番組の安定性と 1 日には、多
数の転移は本日、現れる、との数多くの社会学的研究では、テーマには、
自由に、ロシアの態度だった。フル関連デジタルシリーズでは再現しない
でほんの数特性番号を与える。質問には、あなた個人のセキュリティの完
全保証、58.7%は 0,5%、2 番目を選択して、特に状況は、わずか 4 - 回
答者の 5%と個人の安全性や政府の強いの弱いの保証と、"完全な民主主義
を好むかもしれない答えではないを与えるには、準備ができて何かに置き
換えられるどのような状況の下での自由。社会学的研究の結論は著
名:"これは、基礎となる基本的価値観を完全に破壊されていないが、破
壊の優先順位のほんの表面的なシステムの被害は明らかである。鳳凰のよ
うな基本的な値は、灰の中から生まれ変わった。
ロシアの文明は、上記の機能の形成の原因に見ますと、私たちは "原
点は、常に人々に影響をメモします。は、国の生まれていると、すべての
将来の発展上の形成に影響となるような状況。ロシアの文明の形成は、北
朝鮮に基づいて、東欧、ロシア、地域、地理的にはグレコで提供している
地域は古代からローマの世界からのリモートです。地理的な距離と時間を
統一されたローマ帝国が存在することから、大幅な時間の時差が困難にサ

99
ンプルの古代の文化の継承した。ようこそビザンチウムからこれらのサン
プルの部分的な認識だったが、欧米(カトリック)と東(正教)に、キリ
スト教の分裂後に西洋文化ラテン語の影響から来て serzny フィルタが生
じた。
世紀には、客観的(モンゴル)と主観的に理由よると、モスクワの
カトリックの西ヨーロッパについての文化的な孤立主義政策を進めてい
た:"国民的キャラクターの独特な伝統的な正統性とのこと外国人に敵対
する、ラテン語のキリスト教徒、特にを持つロシア正教会によって形成さ
れた大規模な範 囲 に人を嫌っと危惧している。また、このポリシーの 戦
略、しないの経済、技術などの技術革新の歴史を、後続の期間で、無駄を
含む生活の広範な保全に大きく貢献し、アジア、ヨーロッパ、できないか
ら来て、また、直接、国内で成熟した。
文明のこのタイプのユニークな対掌体、ここで何世紀もの複製は、
開発のプロセスだったとヨーロッパとの近所では、発生したと、ロシアの
皇帝の文明と otbrakovyvaniya 以外の品質の皇室を強化します。すべて
の歴史的な試験だけをしても、よりモノリシック強いから登場したのは封
建的な帝国を、永続的に占領地を拡張強化された。したがって、ロシアの
400 年の"領土 36 倍に増加した。ロシアの土地管理のこの事実は、ロシア
の歴史を基に、根本的に名乗るだけのスタイルが、ある意味、すべてのロ
シア語のスタイルで、やっ創造的な仕事。"
古典的な封建制度、lennyh(契約ベース)は、ヨーロッパに存在す
る関係を、そのモスクワに存在するのは非常にリモートの類似/ロシア帝国
は、preodalet 失敗し、奴隷の大量公共機関の処分、最終的には、直接逆
の結果につながったを取得します。別の n を Danilevskiy で述べたよう
に、ロシア"のいずれか、またはヨーロッパの邪 悪 な欧州、良い方法は
ヨーロッパに属していることに関与していないですか?が本当では慎み深
さ、また、真の誇り、ロシアは"ヨーロッパと考えられ、当然のことはな
い、彼は文化や文明の地としてヨーロッパと見なします。
ヨーロッパにおける初期の封建制とキエフルーシほとんど同 様 の
が、プーチンロシアの国家としての地位の中心部の変位スーズダリ、国家
の首都、ロシアで初めてして、モスクワには、根本的な違いがますます明
確になっております。公園パブロフを含め、ロシアの研究者、近シルヴァ
ン、"しかし、本質的には、起源、それらの結果に kvazifeodalizm ここで
は、現象の多くは、欧州諸国のように記録を大幅に異なります。だから、
封建古典的な法律で、特定のロシアは開発され、その逆になって - 独裁国
家のすべての人口集団のための必須サービスです。
ロシア、ヨーロッパとは異なり、、、ロシア帝国、異なるの AS
Akhiezer によると、"解体の高い、ロシアモスクワの社会文化空間の開
発、複数レベルの階層的な社会構造のことを知らなかった。"ヨーロッパ
では、封建的な関係を、主に対話的な文字のように、これを読むローマ法
の原則":"何が、すべてがすべて" - ミッション"のための理論的根拠は、
表現のための必要性はすでに第 12 で認識された - 13 世紀には承認される
必要が懸念された。モスクワの封建的な関係では、主に
monologichnymi ていた。ヨーロッパでは、責任を持った男にも、法の

100
法的な形で保護されて:"封建的な搾取の間の相互の義務のシステムで
は、一定の制限によってその規制に貢献した人、実施された。
これらの権利の侵害、制約、社会の恣意性の症状ではなく、ノルム
を次のようなので、そのセニュール契約上の義務臣下の"失敗の必要性に
準拠することから解放されるのとみなさたち"。時間の経過とともに主権
的権利の原則に進化している企業、そして個人 samostoyaniya 市民。
"家臣彼の宗主国の唯一のもののためには、亜麻受信を行うすることが義
務付けている。兵役の日程と強制決 済と予見されている場合、君主を探し
ていた彼は、選択肢がない封建領主との新しい契約を締結しなければなら
なかったと戻り値の要求に新たな譲歩で彼を約束します。このような契約
については、徐々 curia の複数形、または議会の名の下にも、ミーティン
グや会議を主催されます。これらの curia の複数形、徐々に中世の出産の
うち働いた。
ロシアの社会では、適切な位格としては、サービス機関以上の存在
のための主要な正当化は絶対された電力は、発展しない可能性が今日の開
発をしていないような何も。 K. Cavelin、ロシアの社会構造の特徴を記述
する、他のヨーロッパ諸国とは異なり、私たち"貴族とされたすべての貴
族だったであり、精神的、商人になりますがなかったと指摘、商人、職
人、農民が、されたことがないと、明らかに、聖職者、商人、小ブルジョ
アされませんが、不動産の意味での農民。すべての我々のレベルは、貴族
の排除していない、という職業、一般的な徴兵制、ドラフト、またはサー
ビスが、彼らの生活の政治的あるいは社会的なファブリックの素質と社会
的身体的、社会的構造体の値はなかった。"
ヨーロッパでは、封建的なモデルの開発、ブルジョア文明の近代化
の建設のための自然の場として提供し、その論理的な結論に達している。
私たちの国封建/ kvazifeodalizm だけでなく、ステージの段階とその後の
ブルジョア階級の共存の部族のように前の時点では。しかし、封建制のロ
シアのバージョンとして/ kvazifeodalizma 建設と国家としての地位の皇
帝のタイプの再生のための効果的なツールですが、彼はシステムの位置
に、ロシアの文化社会の中でだった。とボルシェビキ革命 10 月 1917 年
gozhda"新しい形で、新しい単語を(国 - S.G)封建制の詳細には、後進
性、ロシアから撤退し、最先端の産業を構築するなど封建的な方法でミッ
ションした急落した。
が法の歴史の中で追跡されている古代と古風な社会の伝統に(神聖
な先例)、リベラルな法律の封建的な取り決めは主によると、ライブでの
下で。法律の面では封建社会体制に住んでいる、私たちの社会は、正式な
記述法に住んでいたことはほとんどないです。これは、正式な法律ではな
かった、すべて半矛盾するようにというわけではない、彼らは別の問題
は、フォーマルな欠陥や重症度、プライベートで合意することが可能補
償、されたのかも完全に部分的な障害には目を閉じた。矛盾した法案に
は、自由提出の葉、能力をどうにかして当局との数多くの関係者の顔をネ
ゴシエートします。
世紀の税関では、リベラルな近代化のアレクサンドル 2 世によって
行われる期間では、郷裁判所の仕事のための基礎となった、慣習法、住ん

101
でいたロシアの農民。全体として、ロシアの社会の法的権利の要素を加え
ての合意に住んでのみ限り、効果的な継続には、締約国の利益と競合しな
いでください。傾向が正式な法律に生きるためにいくつかの都市のサブカ
ルチャーの代表者によるデモは、社会の中で理解されていません。
封建制と封建的なプロパティの型を再現します。ただし、返し以外
のレベルでは"合法的"規範を実行するこれはプライベートではないプロパ
ティは、自由主義社会としては、頻繁にそれているという。封建的な財産
- それは関係が対象不動産と電源の間でのエンティティのサービスと引き
換えに、所有権の権利(給餌、賃貸料の収集等)を受信したおかげで起
こっている(または、ソフトオプション - 忠誠心で)。電源の所有権は封
建的な帝国システムを導入して、プロパティ自体は、pravoustanovleny
の数を、実質的に無防備な場合、この階層内の関係者の立場にもかかわら
ず、物件の所有権を決定する多くは、正式な所有者よりも高くなっていま
す。
所 有 者 は 、 完 全 に 、 理 解 と し て は 19 世 紀 の 半 ば
NGChernyshevsky で、"急いでサービスの貿易活動を放棄するには、子
どもたちは、通常と指摘した。この傾向は、一般的に封建社会、同様のプ
ロセスの特徴は、例えば、およびイタリアの都市のための状態をここで
は、豊かな、商人希望の不動産を購入すると特徴は、生活は貴族の典型的
なリードする。この方法は深い停滞につながっている、後進性の保全、実
際には、ブルジョア世界の中心に、イングランドとは、イタリアの都市国
家は、この時間がはるかに豊富な取引の伝統だった。
多くの普及と消費電力の直接の所有者だけでなく、全体のソ連では
全体の経済生活 governmentalising 例示のが、前の練習の革命的なロシ
アの力である。したがって、使徒ペテロの近代化を一斉プロパティ
governmentalizing の皇帝の位相:"1714 年。ピョートル 1 世の土地の
所有権が制限さ:すべてのプライベート釣り国庫に選定され、 apiaries と
bortnye 土地だけでなく、すべての民間工場の公式宣言され、これに基づ
き、課税のコスト(1704 年)は、すべての工場にも正式発表されている
と分割払いで、彼らの活動を監視し囲まれている製造業カレッジ実施 ;権、
土地の伏流国庫(1719)、欧州内のすべての森林をロシアに移管する公
共の準備(1723)が宣言されている。
プロパティには、今後も継続の状態の制御は、特に第一次世界大戦
で活躍。 1915 年には国防、燃料、輸送、食糧、そして、いくつかの委員
会で、特別な会議を作成する。彼らは、交戦国の経済の状態を規制のプロ
セスも、中には他の国では、これらの構造は、 戦 後、解体された再編成
は、委任の削減、ロシアだけで、政府の規制ボルシェヴィキの勝利となっ
ている重要な包括的である状況のアクションを余儀なくされた。
イベントの同時代を完全に、この規定の理由を理解しので、枯渇
し、崩壊のプロセスは、 " ロシア - 国の最貧国の多くが、ほとんどの
negrazhdanstvennaya 無知された、最も精力的なペースですることにし
た。どこにもそのため、経済的なプロセスを意識した規制のない、より緊
急の目的が必要です。ボルシェヴィキ力を創造的なメソッドは、国民経済
以外の帝政政府の影響を与える 経済 的、暴力的な方法で使用される開発

102
し、完成の可能性のある度に、この力のコンポーネントを巻き起こしまし
た。
これを詳細に明らかにロシアの経済の配布資料の性質を示したの OE
ベッソノワと SG Kirdina、ロシアの封建/ kvazifeodalizma の経済的側面
に開発されました。転送は、経済 が "と書かれた経済 システムを ...以下の
機能:すべてのプロパティ(土地、資本財、インフラストラクチャ)は、
公共サービスの性質を持って:その個々の部品をビジネスエンティティに
は取引条項を使用のルールの条件の下で転送され、特別な政府機関によっ
て制御されます。経済組織の基盤サービスの仕事です - 公共サービスのプ
ロパティのサイトでは、労働力への参加(または)は、公共の利益の特定
の機能を実行します。を提供する物質的条件、公共プロパティの下に、
ディストリビューションの機関を通じて行われるため、その職務を遂行す
る。生産上の問題と富の創造の実装は研究所の配信を通じて行われます。
フィードバックの問題には、管理者の苦情の機関を介して渡される社会的
再生産のすべての参加者の反応を反映して通知します。経済のドライバ試
運転調整するため、調剤のメカニズムの流れ調剤されます。
そしてそれは、このメカニズムは、封建時代の経済 の分配の論理に
勤務し、強力な国家 権力のニーズを確保するためです。質量再分配の機能
- その関数です。とロシア kvazifeodalizma 配布経済、独占市場は、追加
の機能代償を実行します。コンセプト kvazifeodalnoy 調剤経済 は、見せ
かけの不条理を、過剰とは、ロシアの経済の中で、今日観察される歪みを
理解することができます。彼らは市場経済の面でも経済面での調剤は確立
されます。 sg の Kirdina 最終的に自分の裁量で付与される、さまざまな
社会は、市場または()再分配の分配のいずれかによって経済を支配し、
そしてそれを変更することはできませんを示しています。
ときに、ロシアでは、通常の市場関係の広範な発展の短い期間です
が、単に開発の次の高いレベルへの移行後に、この段階で流通経済の発展
のために必要で、市場関係は、ここでは市場 経済 のままになることだけ
は、追加の代償的役割。ロシアでは、ソビエト時代のように形成されてい
ない本格的な市場関係や欧州の中産階級を開発していない:"も、旧体制
の人々は汚れた方法から利益を得て、ロシアの商人は、大富豪だったとし
ても、罪、この罪を贖うために考慮する傾斜され、さまざまな人生の瞬間
を夢見てたとえば、徘徊や修道院です。したがって、これでも商人、西
ヨーロッパ型の中産階級の形成のための悪い物質"でした。
経済の機能とは、人々の一部を感じて、旧ソ連時代の工業生産の調
剤の定義については、主催、エミールデュルケーム、機械的連帯"に基づ
いて、"。産業社会プロジェクトは、彼の独特の除去 dostizhitelnoy 人格
と、彼の行動の伝統的なシンクレティズムを損なう、集団を形成
zhiznestroitelstva の伝統的な社会的な態度の要素を再現します。
今日でも、ロシアの社会環境では、自分の家系 sinkrezisa、個人の
運命が、個別に古風なの最後の破壊抵抗、特定のセクターによる所得の格
差がさらに一般的な所得の違いは、グループ、一般的には成功のモデルを
外部の専門スキル、個性、お支払いします。ドイツ語学者 B の Pfayler
は、このような表現"とは、個々の集団構造体に含まれている博識の階層

103
的な方法のビザンチンアイデアから継承された意思で、構造自体は神の宇
宙の秩序の一部を観察します。"
プロパティ見事に明らかに伝統的な態度は、新しい、ソ連崩壊後、
歴史的な発展の段階は、人々は国有財産の最大の所有者として任命された
民営化の先頭にします。これは、最初の寡頭状態が発生し、寡頭そのも
の。だからこそ、当局はまだ感 覚 では、所有者はかなり真実ではないの
で、プロパティのパーティションを作成可能ですが、どのように収益をプ
ロパティに費やされているかチェックし、税金を払って後、と言うようで
すが、英語のサッカークラブを購入したり、石油生産に再投資を目指して
います。ロシアの社会の伝統的な枠組みの文化的なシステムは、クラスと
して機能する必要があり、起業家、余分な税金を課して、さまざまな社会
的プログラムを支援するため、paternalists 従業員の尊重することを共有
する必要があります。
ロシアの封建的所有権は、常に、原則的には、備考フュステルドク
ランジュ、封建的な秩序の一般的な特性との整合性がここで、"地球のよ
うな所持し、それの所有者ではない、 厳 密には、その所有者が話してい
る...疎外され土地の使用、すなわち、件名や会費、またはサービスは、短
期的に、よく職務知られ、これらの職務の障害条件があります所持の損失
を伴います。"は、"土地"現代ロシアの条件の下で一般的に、巨大な石油会
社からのビールスタンドにプロパティのすべてのタイプを理解する必要が
あります注意してください。正式な法律や規制、そのプロパティに対して
特定の法的保護を宣言するの豊かな誤解をしてはならない。ロシア人で
は、国家公共機関の前には関係なく、経済分野での成功の権利はない。当
局は、常に誰が、これは、常に条件の所有者が所有者の財産を奪うことが
できます。
モスクワの国家元首がいたが、このほどの例は、そのためにはどの
ように人間の取引を続行する方法の例を与え、新たなロシアのベンチャー
キャピタリスト、ストロガノフ。ここでその時の最大の企業のロシアで
は、16 世紀、博士民法とマスター神学ジョンフレッチャーのの後半に旅
行するために、王の態度:"ねたみと恨みは誰の手に富をし、農民の手で
は特に、された王何を率いているながら、すべての他の王室の国庫に移動
する部品の最初の、時には 20000 ルーブルで 1 回まで、最終的に、彼の
歴史的遺産のごく小さな部分を維持し、時にはさらにそれらを選択する。
自分の名前が:ジェイコブ、グレゴリーと Semeon 息子アニキ。
今になって。これは、プロパティ - この人に属して良い、との正当
性はないと持続可能な態度具現覚えておくことが重要です。ため、所有権
の条件は、この意味では、近代的なロシアの起業家の所有者にかかわら
ず、現在の状況近接または任意の責任を空気中で常に問題ホバリング論争
の法律、税金、最小化等は、違反の疑いで開催される可能性が力を
neblizosti のされていません - 次は誰ですか?もし、これらの目標はかな
り古い法律に適合しない場合は、これは、常に調整する/または、すなわ
ち、揮発性の関心の面で過去のイベントを評価してさかのぼってアクショ
ンを付与することが可能です瞬間の隣にあります。

104
まで、このプロパティは矛盾では当局の利益とされていないロシア
では、任意のプロパティを、彼自身の力を除き、 - 、一時的な条件や状
況、それを話すに正確です。
したがって、私たちの故郷の盗難は非常に特別なは、昨日のではな
く、ソ連崩壊後の現象ではない明示した。イワン 4 世(テリブル)の既知
の単語は、イギリス人は、金細工師になって:"ロシア語(私のテーマの
すべての盗賊"ロシアの窃盗の正当性の現象細心の注意に値する。アン
Trubetskoy の定義を思い出してください:"泥棒理想的な、非常に緊密に
連絡をされ一般の人々の特別な夢は、自然と道徳、それは主に 2 つの要因
によって与えているようですが全体ています。最初の要因は自然や文化、
文明の環境への古風な起源平準化の関係:疎外文明環境 - 同じフォレスト
のですが全体の多くは、誰から、どのようにこれを見て - 失敗しないた
め、"犯罪との正常な動作の間の境界線は非常に、非常に従来のあいまい
されます。これは、辞書でも見ています。英語に翻訳してみてくださ
い:"を取るものが緩い転がっている。"正確な意味これらの言葉は長い時
間が詳しく説明する必要があります。英語文化の中で phraseological
ターンこの種の想像を絶する。
2 番目の要因は、弱されている場合、私有財産の完了していないがな
い。例として、私たちに 戻 る j をフレッチャーの生活からノートに行こ
う:"場合がある任意のプロパティである場合、彼はそれを非表示にしよ
うとしたとして、時には、時には地面に埋めて、フォレスト内の修道院を
与えることができるなど、通常で行われる敵の侵攻... ...人々は、当惑、お
よび任意の労働意欲を失うことを得るすべてを奪われた。" "の概念の境界
を自分たち"と"、"国民の意識の中でぼやけている外国人と大きく、従来
の。の値は、このシステムでは、任意のプロパティの基本的な存在論的ス
テータス座標ですがない男。このモチーフは、大量意識の中で存在してい
る:空、大地、空気、水、森林、石油、ガス、一般的に(鉱物) - これは
一般的な神である。
その状態プロパティのなぜこれほど混乱して、効率的な開かれたロ
シアの民営化時の俳優は、このプロセスに関与しても、ロシアでは、私有
財産 - ここに滞在することが保証された場合は、この問題は、従来の定義
ではなかったし、その結果、プロセスの正当性の必要度を達成できません
でした。国有財産のロシアの民営化のプロセスは、経済効率性を高めるし
ないように、ない決定論的傾向は、究極の社会的政治的なシステムを変更
する以下のものであった。国家官僚気付いていませんでしたが、民間の手
に資産の譲渡の行為が取り返しのつかない、ロシアの経済が機能するため
の基礎として、原則として取消不能。したがって、そのためのプロパティ
の、非常に制度のための軽蔑多数の電源プロパティを再配布することを開
始しました。
そのような精神的基盤は主に大規模な、寄生生命戦略成長すること
は当然です。精神的な素因の中で最も鮮明な形での移行時に明示されそれ
らを使用するには、我々の歴史の危機の段階です。したがって、20 世紀
PBStruve の初期の 20 居住ロシアでは、共産党政府の 経済 活動の最初
に、予備的な結果評価:"共産主義と資本主義の犠牲に住んでいた 3 年間

105
は、資本主義経済、軍事、特に、物事の費用で、彼はを取り揃えておりま
す。今では、ソ連ロシアの経済情勢の - したがって、極端な強化、これら
の権利を食べた。この激化寄生虫の危機略奪経済(私たちのイタリック体
- 絵文字)、自然の経済的な反応に国の急落です。
しかし、私たちの歴史のソビエト時代にはかなり上で、これらの生
命 戦 略の質量を使用する焼畑、その国の特定の地域では 17 世紀のと
き、"経済のシステムとして構築されたシフト、農業に基づいていたまで
広がって、農業からロシア語の広がりではご利用に基づいて養殖した土地
と森林の所有者の不在。一度フックを投げる...売り物再び引き分けになっ
ている。原材料の輸出には広範囲に寄生戦略の一貫性と歴史的なフォーカ
ス:15 世に - 第 19 世紀、麻、木材、蜂蜜、毛皮をエクスポートし、XX
の最終四半期に - 第 21 世紀の始まり - 石油、ガス、金属鉱石と同じ林で
す。期間の商品の輸出ではこれの冒頭の期間、ロシアを購入した腕のみの
エクスポートを追加します。
からは、上記には、当社の輸出商品の性質ポストの彼だけでなく、
私たちの自然資源を生成陰湿な発明ソ連のエリートではありませんが、な
い広範な生活のための全体的な 戦 略の少ないクリアされ、国は、実際に
は、お金のリソース家賃に住んでいる、世界の支払った残りの部分を形成
します。この戦略は完全に先立って、環境汚染のための割当量の売却でロ
シアへの参加は、商業の単位ではなく、超客観的な環境のプロセスでは、
京都議定書のレイアウト自体が疲れていないです。政治は、主に次の地域
以外のロシアの人口の大部分に有害な影響がありません。 "調査つながっ
ている逆説的な結論を科学者たち。外部よく、ロシアのいくつかの経済成
長をされ、急速に劣化の本当の人間の潜在能力。原材料やエネルギー価格
高騰の販売が、持続的な国内の開発のような錯覚を作成し、現実には富の
増加"の生産地域とリソースの貧困化、地方ベースにつながる。生活の広範
な戦略は絶えず、様々なレベルでのロシアの公式練習で再現。
記事の中で私たちの生活のソビエト時代に、私たちの仲間の市民の
ほとんどは、事前に資本主義の適応戦略、自給自足農業への大きな経済の
回避を含め、その最大の式の中でより多くの古風な形式にアピールを含む
- はすべての形態、すなわち、収集さ地球の収集だけでなく、果物、およ
び一般のすべてでは悪いですが、もし良いです - すぎる。プロパティの右
側に片付けることができる、この点では"誰の"。個人や集団思考の制限、
あるいは資本主義の抽象化動作不可能の仕様については、特にデータの適
応戦略の選択、、、最も重要なのお金であり、有価証券の様々な種類、株
式交換と OTC 取引、すなわち、任意の操作を、孤立した、物質的な世界
の具体的な症状から抽出した。
広範な寄生し、人生の戦略は成功し、人々の意識伝統主義者の生活
の強烈な資本戦略に移籍することができなかったに適応をうらやまし窃盗
同調。 "ねたみ - 1 つは、最も強力な社会的な意味は、その大部分は、現
在の集団的不況を決定します。これは個人的な成果を制限する Envy をす
ることができます"仕事"社会的なコントロールと、同じ時間で、成長の社
会的不平等の繁栄が急速に成長し、個人やグループの上昇が原因で発生す
る 1 つの点では、社会を結びつける。"一般的にこのような意識をお支払

106
いし、特に嫉妬心は、より多くのための決定は、実用的な行動 - 騒々し
い。このようなシステムでは、の値を自分自身に、個々の開発の目に見え
る展望のマニュアルは必要ありません座標を非常に低く、平均寿命と負の
人口予測につながる。
業務の状態を確定型社会的流動性の予測不可能なダイナミクスに
は、人々は、上層部の社会的地位の底から上昇することができますし、貢
献することが、逆に、下の上から下へ。 20 世紀のみ中に、同様のプロセ
スを一斉 Oktyabrskogy が発生した 1917 年の革命は、30 のスターリン
主義の抑圧を 2 番目の半分の高さで、居住後の最初のソ連崩壊後 10 イン
チそれと同時に、社会的流動性の激しいダイナミクス、これらの期間彼女
は非常にゆっくりと、社会的な地層の境界線の間にほぼ完全に閉塞される
まで散在している。し、次の時間などの急進的な景気減速の例では、最後
に国の社会的、文化的な状況としては、いわゆる"ブレジネフの停滞"と呼
ばれる時に役立つかもしれない。それは西洋社会としての社会的階層の
は、ロシアの社会があるのではっきりと一貫して再現可能なシステムに注
意する必要があります。社会的役割の爆発、反転の変動や流体の状態をプ
ロパティに貢献します。
所有権の問題と密接と自由の問題にリンクされます。どんな社会で
は、個人の範囲は、彼の独立した所有者には無料です。限り、彼は財産を
奪わですので、彼は優れた社会的 権威のプロパティです。古代のスレーブ
自分の財産を奪われた彼は土地の所有者だった。うどその結果、自由、対
応する部門は小さいが、一定の権利の所有と仮定し、土地の小規模農家
と、彼の共有していた。しかし、ロシアヨーロッパに不可分の人権問題で
はなく、の概念ではなく、これはヨーロッパの封建制度には少し似てい
る。ユニットでのロシアの農民の投獄ではなく、辞職世紀にヨーロッパ
の、ポーランド、いくつかのゲルマン語の君主国を除いても、彼らはいつ
も空いている後半。ピョートル 1 世以降では、農民の奴隷の状態になり、
スレーブのプロパティと自由の法的強制力の権利の話には奇妙に下落し
た。
1917 年のロシア革命を反映し、南北戦争のその後のリチャードパイ
プスの制約を人々に自分たちの生活は非常に事実に一緒に依存それらの間
の制限からの解放として理解されては、"自由と指摘した。したがって、
これらすべての人、任意の場所での状態を、社会、注文、注文のアイデア
を具現化されたの前に破棄されます。都市部では - 警察は、管理者は、裁
判官は、工場の - の所有者または管理者は、非常に存在する作業に必要な
ものを思い起こさせる収入を得ることは...村 - 隣人は、最寄りの邸宅、貴
族、すなわちシンボル電源と同じ時間で豊富な..."。
以下、正当な法的な登録や財産の譲渡可能ていない違法な手段と情
け容赦のないと無意味な反乱個人の合法的権利の一部は、任意およびすべ
ての階層、文化などの拒 絶 反 応 は大きくなります。されたばかりの発言
PBStruve するには、全人口の 1917 年の革命"の後に、一緒に個人財産
は、基本的および経済的自由を奪わのルーツは、最も個人の自由をカット
され、右によると、。新しい状況でロシアの共産主義の経験は、財産と経
済的自由を、すべての症状の基盤と個人の自由をパラジウムでも、最も微

107
妙な頂点であることを示す社会的、政治的な真実を再確認する。だからこ
そ、すべての欠陥と矛盾し、ロシアでは 20 世紀最後の 10 年間で行われる
プロセスを、彼らは多かれ少なかれ、プロパティを達成するため、率いて
いる - 以上低い自由に。
しかし、伝統的な皇室のパラダイム少なくとも詳細に管理すること
は難しいの所有者は、政府の欲望は、90 年代には毛頭ない最終的には所
有者の合法化を民営化するための最終的な決着をつけることはできない、
できないとしません。同様に、ある欲望の市民的自由の所有者の適切なレ
ベルを維持することができます。結果として、ストアとは、ブロツキーは
1972 年に詩を書いたと同じ歳の現状は、ゲーム:"多分するときに前に、
見て/トヴェリ顕著で、ヴォルガ川に:他の人の成長 / /貧困のサービスに長
い。 /クイック、自分自身に鈍感/高速作業では、アジャイル/秘密の運命に
何を食べる/残虐完全に自由な。"
されていないので、少し前に、スローガンは"前に下で力を私たちの
歴史の旧ソ連時代の家については、次に"封建的な社会に、本質的に解雇
され、罪悪感を考える。ここで、デューティ処理およびストレージの分野
では、これを収集、管理、収穫の一部は、陸軍では、国境警備の部品
stroyotryadah で働く兵役を実行するに収集するため、ここで、非伝統的
建築を使用して構築する経済的な強制作業をするには、警察に呼び出し、
101 キロを送信する、場所のため、リモートではなく、個々の(する - 教
えることはしたくないことはできません - 強制的に集団の絶対的な力を信
仰する)。そして、すべては、この停滞の比較的リベラルな年では、ソ連
の歴史は、以前の期間については何も言っています。
封建制はどのような種類があるので、条約からは何も()lennyh の
関係を封建主義の古典的なタイプに固有のですか?しかし、すべてが同じ
母音のシステムは、主に暗 黙の 協 定や、政府と社会はまだ間に理解され
た。ゲームの確立された規則を遵守し、ときに必要に応じて黙っているだ
ろう - システムの配給販売代理店へお届けする、厳しいが、当局の手を指
揮 す る 立 場 看 護 の た め の チ ャ ン ス が 増加 し ま す 。 し か し 、 こ の
kvazifeodalizma 奴隷の状態をより深くかつ根本的な原則を見た正面の後
ろに。特に、スターリン時代のとき、集団農場や企業の領地からの
人々"の国家建設に強制収容所で撮影されたこの点で明らかに、その奴隷
労働力の神格化された。人生の終わりに逆ルート可シュルギンに向けて
は、"奴隷 - 農民スターリン貧民パン、スレーブ - スレーブを与えた、兵
士ヒトラーの敗北...奴隷 2 つの顔:と述べている恐ろしいと創造。スレー
ブは、ピラミッドやナイル川の洪水の壮大な使用を作成しました。奴隷巧
妙な聖職者によって制御さ、これ以上は検討の価値がある現象です。
これは、成熟したスターリン主義の社会の kvazifeodalizmu、社会
的階層に対応する。社会階層では、主要な帝国のレベルだった - このレベ
ルでは、人々は祖国党と同志個人的に属していた。スターリン。以下で
は、独自の封建的な部門のレベルがあり、男性部門は、それぞれに所属す
ると、ローカルレベルで - 自分たちの工場や農場。に留意する必要がない
ように制限の男性社会団体の皇帝のレベルの責任者から来るの操作は、中
低レベルの親の団体との封建的な関係をより高い当局の意志によって支配

108
されます。 90 歳では、広くポストの吸引ソ男性観察される階層的なチー
ムによって、または構成は、少なくとも"屋根がの"(あなたが誰かにしま
すか?")、説明構成されてどのように当社の歴史の中では、特定の期間
を手にしようとすると"パワー"、"氏の下であらゆる種類の暴力を、強力な
人々の防衛"に反対し、プロパティ、セキュリティ、個人用保護具を見つ
けるの強制"。
何のための我々はまだこの状態 kvazifeodalizma から抜け出すこと
ができない理由ですか?ひとつは、低速の変換のための主な理由は、実際
にそれが完全に動作ままで、効果的な社会の組織形態にある挑戦します。
これらの条件下では、の状態からではなく、問題の移行、上記のプロパ
ティを設定する封建的な組織をより合理的かつ人間的フォームへの抑圧。
社会はその古風な根拠を残しておらず、多くの伝統的なシンクレティズム
のは、単に別の状態にすることはできませんが保持されますが、それは国
家の内在的な開発を促進することは不可能であるのと同じ理由です。
病気と順応効果的にロシアの土壌の上で動作を借りた自由を形成す
る。バインディング、 応 援 disistemnyh 革新的な社会の分野で導入され
た近代化の文化的プロセス、特にその進 歩 の段階は、非常にするときな
ど、近代化の皇室をモデル化するリベラルから次の移行時に快適な歴史的
な機会の提出の除外を直接することは困難。そして、"もし無料の呼吸変
動の期間を、次に別の揺るぎないです。しかし、長い間自分自身を再現す
ることができないという事実です。結局のところ、彼は一貫してすべての
国家資源 squanders、彼らの消費の強さとその存在の 継 続を決定しま
す。"
本質的には中世の Kvazifeodalnaya 自然は、最高権威の社会生活の
多様性には、管理階層のリンクの下の動きとして、家賃とさまざまな形で
押収されたと引き換えに、私たちの有名な物々交換サービスなど、自給自
足農業の形で現れる明示される一般的に近所の家の値サブジェクトエリア
や財産の経済的利用の現在の解釈の - の土地。このシステムでは、状態の
階層構造についての存在を、雇用、サービス、供え物、摂食の独自のシス
テムでは、臣下コートがあります。関係の似たようなシステムは、企業、
都市のスケールで再現、地域、州、ここで kvazifeodal すべての神とは、
裁判官として以上に上昇するには、" 独立性、好戦性、恣意性 - ...封建時
代の貴族の典型的な機能を紹介しよう。"
状態の上昇のこの種の秘密であり、いつでも地域の指導者の謎を明
確に悪夢のような、時にマニフェストの夢。このプログラムは、エリツィ
ン大統領に、90 年代初頭に関連する地域の普遍的な歓喜の心には、最後
の世紀の居住をもたらす:"できるだけ多くの主権者として取り込む、主
権、部分的には、で目下の状態 presupposing することができます中世の
フランス、Glassona によると、"りょうすべてに与えられた:土地、税
金、通行料、正義と罰、権利、賃貸オフィス。
変換の近代化の私達の選択したテーマの一環として、非常に重要で
ある、すべてのレベルで、なぜ現代のロシアのように簡単に"という概念
を"組織暴力団の命を奪ったの質問ですか?これらの概
念、varvarizovanny を反映するが、方法は部族や封建的関係の靭帯国民

109
の意識に有機。何かの状態に似て電力山賊がなく大臣のために思えるかも
しれませんが、もっと""自分として知覚される必要がありますが必要で、
されて感覚を含む、これに同意する簡単だ抱えている。
アメリカ代表のロバートパットナムの民主主義が働いている彼の本
では、マフィアの増殖の原因を、垂直または水平方向の構造の支配の社会
を比較し、北の開発のさまざまな方法や、南イタリアの検討してい
る:"19 世紀は、ここで、12 世紀垂直方向の階層構造は、マフィアが定着
では、いわゆる人々の定着マフィアの文化。同じ北と中央、イタリアで
は、一度は都市コミューンされ、ある社会団体、労働組合、政党、共済団
体、等...ているマフィア - は、強盗、強盗されていません:それは信頼を
販売している状態の不在を仲介します。垂直方向の階層の状態は、水平方
向の関係を持っていない - は主に潜在的な、不在の状態です。マフィア
は、正当な機関から引き継ぎ、この裂孔を塗りつぶします。その公理は、
アサーションは、ロシアの社会は完全に垂直方向の接続性の欠如によって
支配さだけは水平状態の資本による交通ネットワークの場合、隣接する領
域を取得しやすいの構成で、現状の再現まで。
記事の中で封建的な精神ソ連ロシアでは、ローカルレベルの状態の
一般的な機能への電力の転送、これは、すべての大実業家、独自の強力な
セキュリティシステムを作成し、内務省、国家保安委員会やその他のセ
キュリティ機関からの人々がスタッフを余儀なくされた暴力の民営化を見
ている。独自の治安部隊の可用性の必要不可欠の条件と頻繁に中小規模企
業向けのだった。これらのプロセスのため、それ以外の彼は、そうでなけ
れば提供する必要はない男爵の家臣されていないが明らかに彼の公務員
は、predvoditelstvuya 剥離、自分の所有物を保護するため、彼の土地の
人"されて腕の力でできるはずの封建的な王のライントレース彼のサーボ
と農奴法の強力なルールのこの時代には、近隣諸国の餌食に簡単になる
と、好戦的な実力者、または彼の領主。
する前に、90 年代の初めのように、民間の軍隊の全体の形成、保護
サービスのほとんどの銀行、モスクワで居住時にはそれがこれほどとは、
プロフェッショナルで、政府が嵐のシティホール 1993 年 10 月のイベン
トの中の相互経済援助会議の(旧建物)の従業員を使用して多数が来た。
中小企業レベルでは、信頼性の実業家、すなわち、のようなものさ強制的
に、コンポーネント内のビジネスと起業家、人々は繊細なミッションは、
一般的に元選手および/または人々の犯罪の世界から構成されるに従事する
グループです。ここで私たちはもう一度、個人の自由、理解、その理解し
て、ヨーロッパ中世の"フォールスルー"、ややソ連崩壊後、ロシアでの自
由の認識を連想させる:"自由 - 身分を保障され... ...それは依存の状態で
実現される可能性がここでは、最高の最低保証を尊重彼権利。自由人 - 1
人の強力な後援者です。"
封建/ソ連の生活の様々な分野の kvazifeodalny 自然気付かだけでな
く、国内では共産主義との関係で帝政政府 G.ベルは分類されるべきは、最
も鋭敏な外国人のオブザーバー、および: "ヒントでは 20 世紀のソ連では
十分に行っていない - と彼らが私を説得するようだ。ソ連については、弾
圧を別の看板の下で行われている明確に封建的な状態です... ..."とし、さ

110
らに、ソ連は、ランク内のすべての階層的な配置に言及し、ランク付けを
追加します:"私はあなたを理解する:ソビエト連邦 - 封建的な国家のス
タッフします。
当局は、人間の生活のさまざまな分野では、タイトなコントロール
から出発しようとして 90 年ぶりの試みは、自発的な kvazifeodalizatsii
ポストソ連の宇宙力のない市民社会、横の連携の開発の一部の機能を遂行
している。このプロセスの範囲が印象的です - これは、そののためのミサ
の精神的基盤の存在を示しています。しかし、この状態を自発的にロシア
の社会には、皇帝の国営メディアの弱体化と、より多くの進歩は、個人の
自由をより高いことを示唆、帝国、奴隷の状態の原則の根拠に横たわって
も流れている。

第 III 章。近代化と社会、1991 年以降、ロシアの文化を処理
します。

わたし。社会、ロシアの文化的な状況を 1991 年の後に

一方、他人には何も命名クーデターよりも、権力の移行によって 1
つの官僚から別の一族に同行を検討 1991 年のイベントやロシアでは、国
内外あいまいに推定されて:いくつかの彼らは、偉大な社会革命の意味を
与える。 2 番目のバージョンの賛成ではソ連とポストの直接の個人的な継
続ソ連のエリートを示しています。したがって、頭。社会学研究所の RAS
O を Kryshtanovskaya ノートの分野の研究社会学研究所、科学アカデ
ミーの 75%が政治的、61 のビジネスエリートのパーセント 1 泊以上のエ
リート部門の勉強の"結果 - 旧ソ連 nomenklatura から来ました。新たな
政治エリートのほとんどが旧共産党とソ連の労働者とで構成され、新しい
経済エリートの活動家とコムソモール、企業経営者の頭の指導者から補充
されます。"
これらの数字は、間接的、社会革命は、主に暗 黙の承認との直接の
parthoznomenklatury の多くのサポートと、髪の大規模なストランドで
は、そのことについては達成され、国民の絶対的圧倒的多数の共産主義の
理想への信仰が失わお勧めします。ウラジーミル Bukovsky 年 8 月 1991
年 parthoznomenklatury イベントの一括"のだけの発言によると、革命
主義の抑圧からではなく、解放とは確かに理想ではないの崩壊だけが急速
に古い階層のいくつかの手順で右ジャンプして自分のキャリアを加速する
ことを意味していない。それは 20 世紀のでは、レーザトロツキーの"復
活"parthoznomenklatury プロパティへの権限は非常に定期的に交換が
発生しました:"権限のみを半額にする場合、継承の彼の子供たちに残し
ていないことが予測さ起こった。しかし、所有権の右から切り離せないさ
れるだろう。十分な信頼を監督する場合は、株主になることがあります。
この重要な領域での官僚主義の勝利に新しいプロパティをクラスにそれを

111
回す"を意味している。驚くほど、ロシアの社会革命のために軽度の理由
を、1991 年のイベント polubarhatnoy、となっているからだ。
旧ソ連体制の崩壊で、無限の後半のキューは、非常対策委員会の支
援での会話だったが、超えては下品ではない、その極端なポイントに達し
ている。これまでも、彼らは狂牛病の脂肪ではなく、私たちのビジネスも
良いことは、国家非常事態委員会は、注文する必要がありますに行ってい
ます。それは彼の後ろ警部です - 注文した人に無人 - ないため、警察が返
される必要が残っている。しかし、これは非常にシンプルかつイデオロ
ギーとソ連社会主義体制を守るために十分ではなかったされた場合、大規
模ではなく、任意の顕 著なパフォーマンスは、少なくとも。ソ連 1991 -
はチリ、1973 年では、2 週間の防衛学校の令状役員、ヘルメットの La
Moneda、サルバドールアジェンデの宮殿を燃やして、銃で反乱軍に囲ま
れ、保管チリ未知の何千もの信仰の理想、防御し、最後に擁護。
ソ連では、そこにソ連の役員又は第三者労働者への忠誠の正式な誓
約書を遵守したが、軍事ユニットや上部構造の 1 つのユニット、非公式の
時間で実施していなかったソ連、インクスタンプをきちんと列に忠誠を会
員カードは、時間が負担するの証人軸受への忠誠の誓い貢献。貢献して久
しい前に限られていたし、右側のは誰の支払いを 継 続するために死ぬと
思った。少なくとも 1 つの土地があるの 6 分の 1 幹事地区委員会は、地域
委員会、地域委員会は、共産党のは、安全で、長い間、この非常に日、彼
のランクの武器、愛好家のグループと一緒にレッドフラッグを受けていな
いに頼るの期待にかかるレイアウトを取り出して開くと共和国の委員会で
はありませんでした境界防御。 1 週間と仮定、3 日間の 6 時間、しかし、
重要ではない歴史的事実を歴史的事実である - は、誰もなります。愛好家
は、おそらく、最初の歴史的な時代のように全会一致で終了 - 静かに発見
されていません。終了し、 - 最後に、とむち尻 pereshibesh て来た。
惨劇 pereshibit 2 年間で、ときには、西側は地上の楽園、牛乳、乳
と蜜の蜂蜜が関与しない資本主義経済、自分の存在を前に、現実社会主義
が予想されていないことが明らかになったお尻を試みた。 1993 年までに
悪化していた - にはソ連の権力の "スケルトン"、保存の基本抵抗最高評議
会ロシアの反発。同じホワイトハウスクラスノプレスネンスカヤ上の盛土
と 1991 年 8 月、10 月、1993 年に、実質的に同一の国会議員が、イベン
トの内容を根本的に異なる。 8 月の Muscovites 1991 年何千ものではな
く、単に順序やロシアの民主的に選ばれた指導者として、エリツィン大統
領 n をエリツィン議員を保護するため、特に個人として守るためにもいく
つかの彼らのカリスマ性をある程度持っていた時代には。だけでなく、
ヨーロッパのカフェのテラスではスーパーマーケットに 毎 日訪問、コー
ヒーは、今後、本を読んで、時計と服を読み取ることは、映画、ショッピ
ング、文化、これは現在、ヨーロッパで消費されている物は、現在の消費
量を見て含まれている希望を守れ。二度と私の人生の希望を守り、党とコ
ムソモールの会議は、労働者のデモをしないように、テレビでは、毎晩見
に行くし、次期事務総長は、フィールドの一般的な顔。は、ほとんどの人
は、ホワイトハウスが 8 月、1991 年に来た人々のモチベーションの表面

112
上に寝そべって合理しかし、これは 1 つだけは、少なくとも表面に、重要
なのは、同じ時のものです。
もう一つ隠された、その言葉が話さ、ほとんどの遺伝子は難しいの
動機だったが、その輝きと強さのように多くの最初に優れた。はい、右と
スーパーマーケットは、毎日の訪問の可能性 - それはいいのではなく、彼
のために死ぬには、このモチベーションのレベルではありません。人々
は、バリケードの民主党側に立って、動機だった。すべての合理的なただ
し、これ合理的ではありませんが可能ですが、理解する。 1 つの。ガリッ
チを思い出してください:"そしてここで、面積 Kaer 歩き回った/と雪が
腐って根を探して、/その土地にはプレミア、podtyanuvshi パンツではな
く、ひざ...お辞儀、同じ旋律を歌う、、/歌う私ポトマについて歌う同じパ
イプを歌う/氷の秋に私の兄は、"。 、7 年間(1934-1941)これだけ"の
何百万の拷問を実行すると、生まれて、刑務所や強制収容所を通過したこ
とを思い出して 19 日 840 万人、約 7 000 000 ショットを押収した。
キャンパーの戻ってきたし、約 200 万の再生"を行ない、"7 年(集 拡 の
1929 年から 1936 年年間、村では約 5 万世帯が消えていた。"
覚えて"コリマストーリー"五シャラーモフ、メジャープガチョフ氏
は、収容所から脱出の彼の"最後の戦いが、いくつかの trehlineykami と
の元兵士たちの最後の戦い nastigshim enkavedeshnikam を与えた。そ
の後、シベリアの初期の 20 年代、そして完全に目から見ると、- 70 60
と 20 世紀の居住で行方不明にタンボフ州とのように増長された国のソ連
の権力のすべての 70 年間は、南北戦争。 50 年間でさえ、軒先農民の小
屋の下で trehlineyki デザインモシン、1886 年、農民は今までので、あ
なたに、使用されるの誠実な希望を人生の終わりまでに格納されて見つ
かった首長集団 - です。
したがって、市民の反起訴ソ連のメッセージ 1957 年に裁判所によ
ると、"私を守る必要はありません。反対 に私は自分自身を擁護するとき
の武器になります。私はこれらの手紙と私が書き込まれます。我々は彼ら
がたくさんある。そして、我々は共通の闘争のために...."団結する必要が
あります 1991 年 8 月 - この主なプガチョーフ、人の住んでいないの最後
の戦いの最後の戦いだったが、非常に夜明けまで生き残るためにしたかっ
た。それは多くの価値がある、戦車、ここでアシスタント、撮影のために
カットを殺す喜んでいる必要がありますが弱い。"しかし、ないというこ
とです。疲れている。これは、時代に終わった。
1993 年には、意欲の強さでは、ホワイトハウスの定期的な守備は消
えていた匹敵する。場合は、ソ連を守ることが、国会議員の、それらの残
りの部分は、壁を保護することができます。私たちは再びソ連では、我々
は素晴らしい時代だったします。失われた 楽 園の指数ノスタルジア、準
備、私たちの幸せな子供時代、2 つのソーセージとウォッカ 20 で破壊さ
れ、3 62。の指数あこがれ適切失った。ため、したがって、夜明けを待つ
とするかどうかは死亡したので、どのように敵の死を望むか?ために認め
られた - それは可能ですが、2002 年にソーセージ - することはできませ
ん。彼はジャーナリストに、ロシアと一般の AV Rutskoi の副社長出掛け
た:ここに私のマシンの、それは潤滑油、私に撮影しないと、撮影しない

113
でください... 10 月のイベントの結果として、そのメンバーの間ではされ
て多数の死傷者だけでなく、カジュアルな証人は、非常にされ自体は深い
遺憾の意との共感を引き起こすことはできません。はい、これらのイベン
トは、特定の条件の下で、内戦の前哨戦となり、ためにできることが、幸
いにも、歴史の中では、ローカルの戦いとして残っている。そのた
め、1993 年の歴史的な選択は、この時ロシアの歴史を免れるのフォーク
を可決した。
1991 年と 1993 年のイベントを考慮すると、それは参加していない
記憶されることがありますので、多くの市民は、ソ連の人口の絶対的な少
数派。社会の大半はこれらのイベントには、彼らの日常生活には、個人の
生活の見通しは、個人的な将来に関連していないと信じ単数の無関心を示
している。モスクワ、ロシアでは、残りの戦い、そこにあったこの受動ロ
シアの歴史の中では新しくはないとして、1917 年 10 月とき、ペトログ
ラードゆでの場合は、多かれ少なかれ、通常の生活を送るために、革新的
なイベントの冒頭に続き、いくつかのそれらに直接参加したいと考えてど
ちらの側に。ロシアの国民の政治的な少数派は、正規版と会談し、国の送
信は、この時の外観で - マルクスレーニン主義だけであり、従って、真の
科学的な理論を受け付けています。
国民の大多数の受動性とは、アクティブな少数民族は、すべての両
方のケースで選択すると、両方の 1917 年と 1991 年の - は、これらの一
見全く異なるプロセスを一体の共通点です。それらの間の主な違いは、実
際には 1917 人に、新しいバージョンに会いに行った、主に位置し、全世
界を包含する、時間の経過努力する必要があります。 1922 年には、ミハ
イルフルンゼ、その革命的な労働者階級の歴史的なプロセスの "非常に
コースは、この有利な状況に結成された攻撃は、移動を余儀なくされ、書
き込みへの動きの最初の段階として、ソ連の力と世界連邦共和国の建設の
世界的な広がりヨーロッパをキャプチャする必要があります - "は、近い
順番に、このフロントエンドとしての境界線は、旧世界の大陸の外で定義
されている。" 1991 年のため、医療、介護の逆のプロセスを、地元の民
間生活の中で、単純な人間の喜びの優先順位で来て、心配。
後続以上の多くが変更された後、 1991 年 8 月 13 年、文化を変え、
社会。困難と民主主義の改革の失速は、我々のすべてのこれらの年間見
て、後半とソ連崩壊後の現実との間の根本的な違いを変更しないでくださ
い。主な変更は、人々の意識の根本的なシフトは、死すべきは、何世紀に
もロシアの文化 tsivilizitsatsionnom 空間の初めには、バックボーンであ
るためです。
後半の時代は皮肉、偽善では、合計虚偽、ほとんどの事例のフォー
ムは、次の事務総長の権化当局を賞賛特徴だった。消費電力は、この期間
内のフィールドには、道路上の神聖さの最後の襲撃を失っている彼の
フィールドに原因からではなく、複雑な移行を約束した。帝国の経済的、
物質面では、ますます、一次産品の輸出には、成長モデルのオイルマネー
に基づいて選択していました。精神的な面では、ソ連帝国の減少期間は、
適切な慣性モーメントでは、すべてのすべてではもはや dovlelo ですが、
保存された物事の正しい順序がまだ通知は、ほかには、ローカルに、公共

114
知られている先験的な優先順位が、、。 1991 年には、一緒に旧ソ連のイ
デオロギーが崩壊したとしてください。しかし、この秋にはかなり最後の
ではなく、私たちと彼の多くの subdiskursy 滞在瞬間ではなかった。
主なものされている中に、90 年以上に深刻な社会、ロシアの文化的
な状況 変 化の普遍的な性質を失った。 権 威の知 覚 切り離されたまま彼の
subdiskursy 残り、その状態が最良の場合(成功していない)は、多かれ
少なかれいっぱいになる本格的な社会制度に失敗しました。場合にのみこ
れは先験的な効果は得られない、その模倣につながる、残りの要素は主に
慣性の文字を着用する必要があります、近代的な試みは、旧帝国の範囲と
vseproniknovenii は非常に、このプロセスのイニシエータを成功に導く
かもしれないが、それを復活させる。あなたがしようとしないことができ
る限り低減されます 権 威主義の警察 ""実験では、科学的なのは、リメイ
ク、別の"科学"の経験は、その国を、レーニンは "ロシアの狂信者
naukoveriya の典型的だったのリーダーシップの下で実施した。
私たちの最近の歴史に戻 ってみましょう。後半、旧ソ連時代には深
い内部浸食、反転の原理は、ロシアの精神の判決を受けため、それが広い
範囲 smysloobrazovatelnyh チャネルコントロール、および彼との関係
で自分自身を明示した。後半時代には徐々に、深さとは 1917-1953 年に
は共産主義イデオロギーを務めたセマンティックメディエーションの徹底
を失う切り下げする必要があります。この思想のソ連男信条の心の中
で、20 世紀の 60 周年だけでなく、値が命令が失われないよう徐々に真剣
に停止:"誰も"馬のために叫びだ!"/ 貴族の根をカット。 /どちらの場合
Pugach、またスチェパン。 /冬、自転車によると、撮影されます。 /ジュ
ガシヴィリ錫が格納されます。 / 船首でサイレント郡私の頭 - お金だけ/
で。"
徐々に内に複数のために 1 次元および多次元からリベラルな西洋文
明の影響を破壊すべき。の 60 での居住が最も若く、社会のどのている部
分は、新しい、古い神話に、教育は、天国が、天国ではないが、鉄のカー
テンの反対側には、欧米でください。時間が経つにつれて、神話に強く、
これはソ連のテレビ番組で実証された映像にもかかわらず、帝国主義の公
式の説明にもかかわらず、成長した。ここでのスラム街で、ストライキ、
犯罪、失業、将来的に信頼性の欠如の高レベル。ソ連のプロパガンダウエ
ストを描いた天国のように、ではないが、地獄のこの世の態様は、ほぼ
12 彼のサークルです。社会のより多くのすべての思想とは正反対のコメ
ント当局の色に変換するのに慣れつつある。もし宣伝の主張がある - 地獄
なので、 - 楽園ここでは、クラウンストーリー構成されて - 消費社会。ペ
レストロイカ年の間には、神話の時間のすべての精神的なイデオロギー的
な技術革新の基盤となった:"新思考"、"普遍的価値"は、市場経済。
今日では、集会やデモを今日に至るまで、あるいはそれらの何十何
百もの見に行った人々の数千人の数百人のあこがれと民主化運動のベテラ
ン。ロベスピエールの言葉を思い出してください:"共和国、海賊の喜び
は失われます。しかし、それは時代の変化していることは、死亡した人々
が、政治活動のパブリックディスプレイからの移動、彼は人間の、民間の
勝利と悲しみだったには、世界旅行にお金を得るために、自分自身の生活

115
や彼らの愛するものを返されます。これらの人々の別の部分だけで、自由
型の市民社会に入る準備ができていた。彼らは、神話の論理""楽園の自動
事前にソ連帝国の崩壊から期待される国の法律を完全に遵守している。か
つての敵を修正するため、すぐに 楽 園来ることができるし、黄金の都
市"にやさしいシリーズで入力することができます" - のリベラル知識人志
向、これらの共有幻想とはるかに。それはすぐに庭ではなかった実際に明
らかになったが、とどめが十分に 厳 しい競争が、そこは西には 楽 園とは
何、ロシアにインポートすることができないではない - 、そのソ連/対策の
観点で表現するソ連の仲介により完全に崩壊した。
今日が、慣性 subdiskursov 付与された存在を続け、その極めて重
要なコンポーネント、すなわち、終末論のアイデア最後に、私たちは最大
限の誠意をもってこれを期待した。イデオロギー的な決まり文句 - 歴史の
終末論の末の達成 - "明るい未来"(共産) - ソビエト連邦の崩壊の時には
完全に切り下げられた。しかし、死の歴史の皮肉でソ連の人間の質量を奪
う必要がありますだけでなく、主要な形而上学的なガイドもされ従来のシ
ステムの日常生活を調整します。
公共心の中での信念は、ソ連共産主義の支配下に年間数百年以上生
存することができます優勢、ソ連の人々は、かなり安定して予測を信じ
て、将来の計画を立てた。ナデジダマンデリシュターム 1975 年には、有
名なアサーションを 1 つの。Amalrik に応答して言った: "私はあなたが
政権を 1984 年まで存続しえないだろう書き込みを聞いた。くだらない!
これは、別の千年後も存続します!"。今日の生活の順序を務めたのは、
将来、コンテンツの指導の記入とその相関関係とされての連続的なチェー
ンが並んでの地政学的、社会的な世界秩序の不可侵を表明。との適切なソ
連の男"のため、いつもどのように問題の優位性と彼の上着のカットさ
れ、数学的な抽象化と抽象彫刻、白詩の自由へのジェンダーに関連して、
天井の色を知っている生活を容易にされ、良心のキメラ、味は醤油。公式
のイデオロギー的な工事にはかなり批判的な態度にもかかわらず、大規模
なソ連の人々はまだ、そこからいくつかの肯定的なコンテンツプロバイ
ダー精神療法の効果を抽出し、日常生活の過程で、それを強化し、その存
在は非常に実際に、彼の特定の実存 rootedness を与えた。
当然、あそこにはますます条件になる時があります、どのように後
半にソ連時代の世界観は、以前は疎外された種類の、芸術的、経済活動に
徐々にあいまいな状態を取得さ覚えている。それでも壮大なスタイルの時
代の偉大な伝統の外、多くの場合、法的なフィールドをドロップアウト
し、残りは、同じ時間で、特定のサブカルチャー内での言い訳は、認識さ
れます。徐々に、旧ソ連時代の偉大な伝統:"最初は、この衝撃 的な社会
の画期的な行動に、新しいコンテンツ、アイデア等は、ハイスタイル浸食
された狭い環境では、文化との関係で全体のカウンターとして受信する別
のグループで発生します。場合は、伝統的な社会の慣性を介して永続化さ
れません遷移の状況を経験した、このような個人の振る舞いを逸脱したと
評価され続けた。
、個性的、規範、革新的なスタイルや生活態度の歴史をその後の期
間の制限を超えて限界は、隠された能力を進めている能力をリファレント

116
の状態を達成するために実証 - "ロシアではロシアの資本主義の精神を回
復しないうちは、プロテスタントの労働倫理の(これはロシアでは、おそ
らくされていないことですなるではありません)は、芸術的な意識がよ
り。
には 80 - 20 世紀の年目はかなりとソ連の社会構成が変更された/ロ
シアの社会、2 番目と 3 番目の世代の知識人と市民の数が 増 加していま
す。大規模なソ連帝国の薄れ日と都市社会 soootvetstvenno、都市文化
の中で万人で、大学の都市が、主要な帝国の中心は、主に強い - モスクワ
とレニングラードで開発することができます。この事実は大きく、その思
想、システム、および管理の実践から、ソ連の崩壊を加速し、より原始的
な以下の社会的な環境教育を受けた上で算出した。歴史の皮肉としてでは
唯一の大規模なソ連の人々が教育となり、多様なできるだけ早く彼は別の
アパート、民間ライブラリおよびラジオ - ソ連得た開発の重要なニーズを
満たすために中止した。
破壊ソ連文明の - と新しい秩序の誕生を、昔の崩壊は、まだ構造化
されていないが、今回は当たり前の状態を取得します。記事では旧ソ連時
代の適応能力の間の緊張の制度、付加価値の規制システムと爆発の社会文
化的なダイナミクスは、カオスの創造的な効力は、新しい意味、価値観、
行動を生成します。近代化の過程、社会の加速では進歩的な社会的アノ
ミーに直面して、社会の規範や手続きに関しては、新たな個人やグループ
の目標や要件の導入"の切り下げ。
従来の奇妙な混在で埋め尽くされ、社会の自然文化空間を失い、え
たいの知れない可能性を、簡単にお金を、不安定、流体の社会的役割
(""社会起業家、銀行、ブローカーに例えば、実数)。ゲームでは、俳優
の疑惑の役割の妥当性の問題は、最も高い生活費を決定された。非現実的
な感覚、生活の不安定化に強い意欲生活を生んだ"今日"、"明
日"marginality の風味となっている("ある過去と未来、それが彼の人
生"と呼ばれることだとは一瞬だけです)。ある値の発散、規範的なシス
テムは、その要素のどれも普遍的な規範的な主張することはできなかっ
た。ソビエト連邦の制度空間の解体のプロセスは、新しい制度への移行、
規範、価値観や実用的な生活はとてもつらいです: "社会の制度が崩壊
し、直ちに"原子侵略を自ら宣言すると、"反対派のすべての闘争"の性格を
帯びるのすべての"。"
世紀のための統合型社会のために、ロシアを与え、それ以降は社会
全体に属するソ連の男が発生します。死は深刻な崩壊の社会文化的要因
は、ロシアの長期化した実存的疎外の衝撃が原因になる必要があります。
内部成層、それが何か否定的に認識され、社会の断片化の自然は、この状
況では、プロセスは、より多くの混乱と破壊をもたらす。我々の仲間の市
民の一部は、新/旧思想キメラ、"simulacrum の"のようなものがあります
が、これは彼の最後の後衛ですに訴えることで、失われた統一を回復しよ
うとしている。
期間 1990 - 1993 期間革命のたびに、歴史的、社会文化的な動力学
の根本的な加速度の時間でした。そこの値に大きな変化が、ロシアの社会
の規範的なシステムにしている。状態はもはや、伝統的な家父長的な役割

117
を果たす可能性:"への移行のための主な理由の中で状態の温情主義、矛
盾が発生するの意味の可能性に大きな失望だったため、"。
"自由、裸/花の中心に投げれています。 /そして我々は足を歩くと、
彼女と一緒に、/"あなた"...ウィンドウで歌うが、乙女よ/上の空気に話し
ている/古代の引き上げの曲の間に、/ O を忠実日/主権国家の人" - 20 世紀
ロシアに住んでいた自由の条件、無秩序に、2 月の間隔でオン - 十月革
命。自由の 10 年以上も続いたの予定、第二に、近年では初期ルネサン
ス、社会文化 normativity にもかかわらず。 90 歳では、国家の独占を占
有するの主張は、世界と人間についての規制に関する知識があります。男
性だけで自分自身に残された、本質的には自分の秘密の懸念、年齢、サイ
クル、プロフェッショナルで自己実現、つまり、消えてバリアのような分
離、existentiality 生活から気晴らしの現実を防御する。人生の恐怖から
の転用の移住と生活ソ連では、会員資格の共産党と反体制運動、読書、レ
オニードブレジネフ、地下出版の芸術三部作 - シリーズは、長い間、続け
ることができる迅速された。活性化と不活性化は、特定の状況では純粋な
民間の問題は、ない民間部門と公共的、社会的意義がある行為として認識
されます。どのように多くの機会を自分自身から脱出するために、集団的
共感と思いやりを、どのような範 囲 やジャンルの豊富さ、ドラマ茶番か
ら、社会的パフォーマンスが制定されます。
ソ連の秩序の消失では、以上の 70 年間を表明したときの状態に十分
な一般的な秩序の基本的なフォームを維持するために問題があったため。
ロシアの自由ここでは、性格上、外部制御の解体部分的にしか、急進的な
社会的文化的な混乱、normativity の一般的な弱体化、コントロールの内
部軌跡容量の増大、政府の構造の削減、新たな市民社会の弱さに随行し、
補償されて制限エリアに入った。複数の浸透社会は、この期間中にその国
の文化的なスペースが、混沌とした衝動が、それは文化や社会の過渡期に
は、従来のモダリティのいくつかの革新的な要素の移動の可能性、競争力
の選択は、将来のための闘争、技術革新のための自由の最大次数と呼ばれ
る。一層の技術革新で、これに関しては社会的に伝統文化の歴史的、社会
文化的な力学の新たな段階では楽器のパフォーマンスの継続性の要素を組
み合わせてステレオタイプ化されます。
いくつかの我々の仲間ポストソ連の変 化、社会アノミーのショック
を受け、広く普及過程では、当初予想されるなどの開発です。社会の一部
で、最後のピリオドの変化の結果として、敗者では、かなりの負のエネル
ギーをポストに監督のソ連の改革は、国家社会の枠組みの価値の文化的伝
統が、ロシアの社会の規範的なシステム内での合法的な破壊する破壊的な
発展の形として考えられて蓄積してきた。
今、それ以上、私たちの共通の知的血統についてのいくつかの言葉
を明らかにした。ピョートル 1 世は、ロシアの新しい Europeanized 社会
の近代化を変換して以来、欧州の文化や教育から社会の中で唯一これは、
自分自身の目的のために役立つことができる派生させ、国家権力を作成し
ました。コミュニティの選択は、その消費電力のために取らされ、欧州の
値の原点ため、"学ぶ...しっかりと国民の意識のパワーとリンクの価値を
学んだ。この臍帯血の皇帝の力で教育を受け、ロシア社会の接続は、19

118
世紀の後半だけで弱体化が、革命以前のインテリボルシェビキ革命の
1917 年の後にされた一部を破壊するが、一部亡命していた。新しいソ連
の知識人のほとんどは、農民や労働者からの発信、社会緊密に皇帝の権力
を編むことが判明した。彼女にとって、ソ連は、もはや刑務所人労働者や
農民の世界では、最初の状態の成功 - その成功です。
どのくらい強いこのスパイクされた後の当社の歴史のソビエト時代
に、まさにその時、ほとんどの知識悼み、旧ソ連は 90 年代半ば以降で示
されてますます私たちの政治的スペクトルの左サイドに向けて漂流し居
住。これは、ソ連の知識人の人生の皇帝の状態のために働いが判明した。
とするときは、この状態が、それは国の"一人一人のための新たな条件を
自分たちの能力を改善する義務が採用されるとのプロジェクト(計画)の
ポートフォリオを展開してアウトになって後悔されていません。もし誰か
が、何らかの理由でこれを行うことができないため、彼はすぐに取り残さ
れた社会的関係からの除外は、新たな提案やプロジェクトの知覚の能力を
低減する、特定の層に移動する。があるときは、ソ連帝国の状態にし、ソ
連崩壊後の知識素材しか存在の源は保証されません始めだったが、また、
自己の感覚の価値を失い、大きな建設プロジェクトおよびその他の成果の
時代に属している。
それは、あなた kurilok 研究機関を残す必要がありますは、建設部門
からの図面ボード、我々はそれを購入することで合意のみ公開などの知的
財産権と素材製品を提供する必要がありますお金を稼ぐことが分かった。
ロシアのインテリのは、このドラマであることをしなかったのは、この汚
れや melteshni 良い政府に叫ぶ必要:新しいイデオロギーのための命令を
することは、国家という、注文のいくつかの並べ替え、単にお金を稼ぐす
ることから私たちのスペア私のスペア、我々良い、私たち悪い場合につい
ては、台所で、さらにこれは、メディアで話すことはありません。など -
長い prigolubit することができますし、思いやり、パンの切れ端を与える
ため、半分自己の感覚の価値していた共産党および /または新帝国主義の力
は、単独で住んでいます。ポストのソ連のインテリ飢餓の新 /旧"注
文"、""順序"は、いずれかのコストで単語"の組み合わせ。"したがって、
この配置は、硬質、不屈の指導者のみを"ハード"手をもたらす可能性があ
ります。しかし、この真の要求に何か - であり、彼らが望むものを得るこ
とができ、既に受け取っているようだ。
だけではなく、また、ロシアの広い部分は、知識人の一部がない安
定した社会を二分法は、自由との間で無秩序に削減することができますを
選択し、セキュリティ、権威主義的順序として認識を示唆した。 "応答
は、常にとしてでも極端な要素のステージ上での外観の必然的な帰結され
ている一般的な歴史的な法則です。質問です:何の反応であり、どのよう
に動作しますか?それは何が必要か、社会の中で健康と穏健勢力、または
彼女に基づいて、順番に復元しないと、極端に流れ、したがって、新しい
パターンを生じさせる? (強調追加 - sg の。
90 年代初頭には、国や多くの外に、ここでは、もう少し、ロシアの
リベラルなヨーロッパの状態になるよう居住。その後は、市民社会、政府
を守るために、感じて、彼女の人生で初めて、おそらく彼女の国内の義務

119
の前に準備ができていた。は、1991 年 8 月なので、1993 年 10 月のと
き、市民は、モスクワ市委員会にその力を守るために、クレムリン、ロシ
アを守るために準備ができていたのだった。これは最高の気分は、独自の
力は、長いから、最後にしなかったのは 1991 年 8 月の約エリツィン大統
領 n をエリツィン大統領の最初の任期を終了します。それから、旧ユーゴ
スラビア、ロシアの空挺部隊プリシュティナケア外相は 1 つの。コズイレ
フでのショットでは行事が行われた。
当局は再びロシアの帝国主義とは、皇室のトーン、人々は、力と力
を徐々に奈落の底へと変貌と考えられての間の狭い亀裂に描か flirted。し
かし、私たちの言語を話すのは、電源、非常に許すことができませんでし
たが、さらに 1998 年 8 月を理解しようとします。は、社会のために、対
話モードで話すには、モノローグに、ロシア帝国主義はまだ
poluezopovom 言語を好む政府は望んでいない"、"メディアと忍び寄る
国有化を開始したクリーンアップ - として、市民社会のためだけでなく、
火星の力は、上を 歩 く外国人です自分たちの 戦闘 脚の土地に、この小 説
HG ウェルズの'火星の侵略"に描かれ、異なる言語、異なる値は、男に別
の姿勢。そして今日は、ロシアの歴史の段階にとどまって、原因に 応 じ
て、2 つの相反する力:自由 nepugannoe 世代は、無料の 90 の公営-
e 、およびデッド帝国の亡霊 - 彼の遺言執行者に引き伸ばさ - 電源。
そして、ここでは、優れた知性と高い専門的基準を持つ以外にも眼鏡の条
件の権利は、非常に細くていない位の存在感とスタイリッシュな提携につ
いての幻想を抱いていません。任意のシステム内部の自己組織化によって
特徴付け、均一性のために努力、それは結局自分自身のすべての外国人か
ら、覚えて、彼の逮捕トゥハチェフスキー彼の最近の同僚の後、いくつか
の真摯な喜びとは、これは、Red 軍司令官のが好きだったバイオリン、ト
レッドをカットします。ああ、それも、アコーディオン、そして多分、す
べてのコストだろう、とされた人を知っているミネソタ州トゥハチェフス
キー一般的に、とした。リファレンスは、動物の代表者には、人を所有
し、人の見知らぬ人であると感じるの生理的なレベルで、そこは避難所、
逃げるか、改ざん、ロシア語をすることができますとして、消費電力の高
い上層部ではソビエト時代にカスタムされた 3 つまたは 4 つのか - 言葉で
5 つ の エ ラ ー " 集 約 農 業 " - help を し ま せ ん で し た 。
そこにいるときはあまり"の"B"で"に続くと言う逆に難しいが、システム
の内部ロジック - どこでも、継続し、その上で、アルファベットの最後ま
で。それは"少し妊娠"するので、民主主義の、その""構成管理の要素を自
分自身を保存することはできませんすることはできません。封建的な皇室
制度の論理との特別なサービスと軍の特殊部隊の言語には、コミュニティ
のすべての議論の位相伝達、適切な復活が必要です。ため、民間人を学ぶ
ことを教えると、事業運営の本や記事を書いて家を建てるため、子供と大
人を扱うことができるような言語では、社会への電力との"対話"を渡す意
図が、失う明らかに勉強していないとできない場合には、少なくとも次
に"スペツナズ GRU レジスト。社会については、このようなフィールド上
の"対話"は、最後の手段、絶望的な意味、私たちアルメニア、ビリニュス
テレビ中心とミハイルゴルバチョフ大統領と政府と社会の"対話"他の多く

120
の点でズヴァルトノッツ空港を覚えて聞かせとしては致命的です。政府は
対話のこのような非常に、その側の力が、どのように安定した政治構造の
この種の成功の議論は、一連の結果として作成される許容見えることがで
き ま す - 質 問 に 、 少 な く と も オ ー プ ン で 。
しかし、バックそう遠くないソ連の過去に。ソ連帝国古典的な(スターリ
ン主義の時代)ここで、封建制/ kvazifeodalizm 先進国は、徐々に、より
高度なフォームを取得されました。この意味では、共産党のソ連社会の真
の先駆者としての最高のフォームを具現化され、その封建/
kvazifeodalnoy 自己組織化。を確立し、維持管理の人生のすべての球体
をしようと、共産党"perekovyvala"再事前に継承された資本主義、ロシ
アの権利、社会の基盤上の封建/ kvazifeodalnogo の階層で教養のある文
章。共産党は、メンバーと構造、および、その後、社会全体の関係とは、
ヨーロッパでは、中世は既に存在していた機関への普及を 検 証していま
す。すべての詳細を開発し、複数のとりこのシステム、行動、企業倫理、
出生右の内部コードをフォームになり、封建地代の形態の進化に伴い、一
族や国有財産等の調和の形態進化メインは、同じこの過程で進歩的な減少
は 1953 年から奴隷の状態の割合は、これによって何世紀にも帝国の状態
に 立 っ て い た 。
大部分のサミ封建的な機関は、特に、当局は実際には propiska を取り消
すためには、研究所の記録と制限事項とほぼ同じ水準を維持するための名
前を 変 更することはありません一人の時間が建っているリベラルな改革
は、20 世紀の移行 90 生き残った。だけでなく、実質的な正式いない場合
は私たち以外のユーザーとしての登録制度を検討機能さかのぼり、旧ソ連
時代に、それは廃止ではなく、時間の問題だろう。しかし、研究所は、人
口のコントロールのキーをフォームの当局は、それは封建的な秩序を維持
す る の に 役 立 ち ま す 。
可能な懲罰的 propiska われわれの歴史の旧ソ連時代には電源を使用する
最もアクティブな方法です。この練習の一部は 101 キロで Muscovites の
追放したと 1968 年 4 月、ギンズブルグの裁判の直後に- Galanskov、ソ
連共産党中央委員会居住に関する法律に変更を提案した "市議会を許可す
ることができます...従事者の登録を取り消す行政処分を課すことなく反社
会的な活動のことを誹謗中傷、扇動し、反社会的要素を政治的に有害な活
動には、挑発的な当局に向けて行動を...除去人は、この規制しなければな
らない、24 時間以内に、登録の取り消しの意思決定の瞬間から呼ばれま
す 。
もう 1 つの非常に重要で、この日を続けて普遍的な徴兵制の封建制度を維
持することです。軍の便宜の面では、この制度の維持にのみ必要ではない
が、有害な。このような軍の先進国の近代性の高いプロの武装勢力との競
争は非常に困難です。という事実は、戦争と洗練された兵器システムのプ
ロユースの近代的手法の所持は、ハイテク、民間企業で働くよりは少ない
のプロ意識が必要です。軍事専門家の質の高いトレーニングのプロセスは
単に軍事サービスの法定の時間間隔をオーバーライドする必要がありま
す。明らかに、厳格に軍事目標は、この場合には、今回の決定はかなり末
梢には、普遍的な徴兵制を維持するための主要な意味はその国の男性の人

121
口 の 大 量 の 社 会 は 、 自 然 dogosudarstvennogo 権 の " 改 革 " 。
徴兵軍との間の契約を基礎の上に主に以下のと社会的に成功した教育を考
慮して、若い人を表す若干の人口の新しい国の市場経済のセグメントに適
応する。家族は、物理的に所得と召集兵、兵役、有意に"民間人の世界に
残って、仲間よりも低いに召集されるの精神的な健康のレベルです。"そ
れらのいくつかを読み取ることができないと書き込みを行うにも主な教育
を受けておらず、自分たちの生活の軍隊 - それらが"非常に近い顔の最初
の国家機関"。ただし、一部の社員の状態には、刑務所のシステムを介し
て公開されている。より多くの成功した社会階層の先住民との大きな可能
性がある、または兵役は非常に法的な脱税合法です。
陸軍、今日はおそらく、主な社会的機関は、組み込みの人""ここで彼は 2
つの基本的な行動シナリオ:開発している封建的な階層では、歯の一つは
最初に、下位の場合、最高。陸軍社会の形をものすごい大げさな表現に
は、生と死、ゲーム"は、システムの"ルールに適応するの残酷な方法との
間の権利のバランスなど、アクセスしています。ときに、20 世紀の 60 居
住し、それをソ連の文明の侵食は、軍の後続の各年に開始している必要が
あります切り下げの長いプロセスを開始、ますます、ほとんど耐え難い厳
し い 。
軍のゲーム"の"ルールを変更することにより、プロセスの切り下げにさか
のぼることができます。軍隊でのいじめなど存在しないことは、前世紀の
50 年間でも、ほとんどありませんでした。また、この現象は、ソ連の最
後の成長が大きいと大きな力と範囲を得ている - の記事の冒頭私たちの歴
史のソビエト時代には、純粋に犯罪のフォームでは、2 つの社会教育機関
- 軍隊と刑務所 - 最大収束。これらの社会的機関があり、情報は、偶然で
ターゲットを絞ったので、それらは両方とも、少なくとも社会主義の社
会、ほとんどの dogosudarstvennyh 社会階層を提供。したがって、対策
の絶対的な福利はソ連のシンボルとして拒否社会的な要素、および権限を
一般的に、VK のコズロフ 対 策への参加者の数はソ連のスピーチ 50 - 20
世紀の 60 年間によると:"もし自分たちは泣きながら発話していた"イデ
オロギー"は、状態は主に反対のイデオロギー - 彼らは、原則とどの国の
政 府 の 属 性 を 拒 否 し 、 同 じ 情 熱 を 持 っ て 。 "
西洋文明の歴史的な主人公は帝国の州の社会は、このフォームのこの高い
地位に封建制度に基づいて、社会のこれらのフォームははるかに重要であ
り、多くの人道的な方法で実施した。社会化の過程での主な役割は、教育
システムについては、訓練をどう見ても専門で使用することはできません
美術評論家、数千数百人の公費でですが、社会の中でその存在を大きく
し、人間の品質が発生します。私たちの生活の現実に戻り、別の重要な点
に注意する必要があります:いくつかの彼らのいじめの結果、負傷者など
で死ぬ人の若者の年間強制徴用し、社会の当局は、支払う封建時代の会費
を、人間の犠牲の両方の古風な機関は回想する。
共産党の力の低下は、すべての戦線 "の封建的な秩序"の崩壊を意味
していないが、その源の枯 渇 を意味した。封建的な組織の構造フレーム
は、隠された半分に保持され隠されて置換されたフォームは、その部分的
に破壊社会混乱の到来と見られていたものの、現在の混乱は、近代文明は

122
1917 年に亀裂に匹敵 - ロシアでは 1921 年ではなかった。知識、まず第
一に、実際には、ドラマ"死と呼ばれる主人公"とポストリベラルな人の後
半の時代に期待されているかもしれない知的財産になってはならないソ連
の" ノ マド " - 遊 牧 民 の 、 野 蛮 な シ ョ ッ ク を 受 け た 。
20 世紀の 90 年代の初めに、本件は、この人生の真のマスターのように感
じたのは非常にいい社会的なタイプではありません。おそらく、南北戦争
中に、ロシア社会の 1 つの。Izgoyevs 状態の説明を思い出しては我々が
ポストわれわれの歴史のソビエト時代の印象的な偶然の一致を参照して適
切である:"決して社会的なつながりが弱くされていないコミュニティの
ため、壊れて、王国の関係者などの間社会主義。男は狼男に - これらのひ
どい日間の基本的なモットーです。"無政府状態になるためのパガン欲求
は、法律によって、長い間封建的な順序でようやくこぼれたする必要があ
ります拘束拘束されません。しかし、内戦などの最悪のシナリオでは、ロ
シア、大規模な暴動暴力団の暴力的な崩壊 - 開催はありません。誰も真剣
に拘束"ノマド"ソビエト権力の年に十分な "文明化する"よう、文明の存在
の基盤そのものを破壊していませんでした:彼が住む"という概念上のこ
と が で き た 。 "
社会的自己の最も効率的で目に見える形組織本質的に、地元の氏族構造の
コングロマリットに大きな帝国社会のマクロを有効に封建時代のままで
す。我々はまだ、今日は、古い非効率的な皇室制度に 対 処するだけでな
く、社会秩序の主要な支持構造を持つ地元の刑事と官僚の氏族なる。特長
ポストの私たちの生活のソビエト時代という事実は、この自己完結型の構
造を組織内にあるギャップは、ソ連帝国の崩壊によって形成された入力す
る必要がありました。私たちの社会長い現代ロシア語の"コンセプト"とし
て指定された行為の非公式ルールでのライブには、ためらいなく、この、
自然を受け入れることに慣れされている半アナーキスト
kvazifeodalizma 。
それにもかかわらずではなく、すべてが 80 年代には、私たちは 90 リベラ
ルな近代化の期間として 20 世紀の居住を検討から見たようだという事実
にもかかわらず。我々の歴史の最初の時間はほとんどの国は文字通り、そ
の元のコンテンツの技術革新でリベラルなストリームに包まれて、この期
間中、コースを除いて、情報の普及にほとんどすべての検閲の制限、それ
の一部が軍事的事項に関連するが解除されている。 Inokulturnye 革新的
な自由の要素は、国家社会の文化的伝統は、この敏感な領域で、ほぼ初め
てのプレイでは自然淘汰によって解決された競争、効率性と競争力の度合
い を 選 択 す る 。
大きく変わっている私たちの日常生活の現実が、社会学者、政治学者や経
済学者がいくらか、市場経済と自由な社会のために必要な属性を持つロシ
アの法的状態の発表は時期尚早ですします。この規模の移行を、より多く
含んだ解体適切には、10 または 15 年間、記憶を満たしていないことがで
きる西ヨーロッパのこの移行世紀だった。ポストソビエト時代には、これ
は非常に多くの自分自身に 対応 するため、管理まで、我々の将来のため
に、最悪のシナリオを避けるために、管理、およびすべてのこの部分はソ
連 時 代 の 近 代 化 の 段 階 に 予 定 さ れ た 。

123
私たちは実際には我々の談話は非常に重要な部分を注記:"90 年代の時期
の速度品目の輸出業者や消費財の輸入業者によって指示された。あるエ
リートの新しい分野だった。これまで、総務省からの目標と利益のため
に、彼はアウトイデオロギー的な動機がないと、西側との同盟の無料の内
部および外部の貿易政策を推進することです - 戦略的な貿易相手国とし
て。彼は離れて陸軍からの平和主義から軍事産業になって。同じように自
然に、彼は、市民産業の創出のどが渇いていません。これにより、革新的
なセグメントは、新しい技術、規範、価値観の提示を構築して、私たちの
社 会 の 枠 組 み の 文 化 的 な シ ス テ ム 内 の 機 関 。
番号 1 つのフォーム、または、別の撮影ルートや、技術革新は、単に撮影
注記ので、それがリベラルな代替システムの形成についてお話しすること
ができます)有利な状況の下で歴史的な時間の可用性が支配的なポジショ
ンを取るための能力(または、できないことを分析し、帝国の封建的シス
テムを 変 更するに有意であった。しかし、それは主要な問題になります
が、社会の質的な転換には、過去 15 年間の他の皇室の近代化に置き換え
られますリベラル革新や皇室のモデルは、通常の反転方式によって吸収さ
れ る と 、 ま だ 回 答 な し 。
しかし今日では、すべての詳細は明らかに、将来のポストの輪郭改革領
域、そのうちの形成がますますテルミのロジックでは、過去数年間のよう
に決定される近代化を明確に誘惑帝国のモデルでは、もちろん、完全に必
要な kvaziimperskomu パスの開発定義されて表示される特定のイデオロ
ギー。開発のこのパスは、当局は、親戚、本能的に近いが、あたかもそれ
自体では、新しい/古いイデオロギー的なメディエーションのセマンティク
スを収集ゲーム。 1 つの。ホワイトロシアでは似たような状況のコンテキ
ストでは、ロシア語、日本語戦争と第一次ロシア革命後、検索のドラマを
説明する演劇の枠組み主題を超えて、その定義は、詩的なフォームの文化
空間:"崩壊の雰囲気の中では発生した近代的なロシアの社会の基本的な
特性を表す現在、ロシアでは、それを達成することができる唯一のもの -
社会主義と個人主義の粘性の混合物は、芳香効果と kozlovaka まで共感覚
のゲーム、"上の野蛮な挑発的な踊りが壊れ文明の遺跡"。
ときに、"注文"として伝統主義の代表的な民主主義の制度は、純粋
に装飾的な性質になると、従来のアプローチのチェックアンドバランスの
システムをされ、消費電力は明らか一人の一族、党指導部の手に集中し始
めるのです。これは既存の素材の状況で、社会のどの様々な理由で男性が
自衛のために使用することはできませんエネルギーで、自分の利益実現を
素材の存在の水平方向の平面上に昇華させることができるの大半が、両立
させるパワーエリートの必要な思想、この段階では。
正式なロジックの面では、今日ではどのような国、近代化や改修で
起こっていることを確認することは困難ですか?近代化の伝統的な理解に
は、この質問に答えて泊まることは不可能です。ここでも、独自の特性を
持つロシア語の考え方の謎についての話は、少なくとも逆効果、以来、独
特であり、他の人々の考え方をしています。私たちは、近代化は、発生す
るすべての帝国のモデルの観点から、特定の内部ロジックを信じている。
最後の 3 つまたは 4 年の間に見えるが、混沌としたが、内部的に借り入れ

124
技術関係、リベラルな文明が、現代は、復元すると皇帝の理由は、システ
ムの強化に使用することができますこれらのコンポーネントの断片の組織
的な工程です。だから、1917 年のとき、帝国は、そのファッショナブル
な西洋社会と経済理論は、ボリシェヴィキによって自分自身の問題を解決
するために適応更新されました。
を近代化するときは、帝国主義要素を占めているが、別の期間にご
期待はしないし、自由にのみ、その帝国の段階の副産物代償を追加? "は
い"は文字通り、空気のサポートで新しい引数で、ほぼ毎日、社会の様々
な分野からの結果ができます。にもかかわらず、我々は、皇室の近代化の
長い支配的な段階の到来を完全に状況の数が正しくありません:"官僚主
義や階級、おそらく、国家の歴史で初めて、密接に融合し、お互いに貫か
れているの話を信じている。大規模な所有者、および大きな演算子 - 前例
のない資本前例のない政治的影響力を獲得した。この要因のフェーズとの
回転を加速するとの間の相違点を滑らかになります。フェーズ
gosbyurokratii の祭典、著者によると、ほとんどのコンテンツは、近代の
皇室段階的に同一の希薄化後は、この場合には、ビジネスと政府の間の融
合で、gosudarstvennicheskih イデオロギーをぼかし、そのため主に、
現代的な近代化のプロセスの相反する性質生じている。
変更は、深いレベルでの発生は、ロシアは歴史的チャンス以外の
ユーザーとしての足場を得ることが示唆-帝国の国家の状態。帝国の永遠の
誕生、幼年期、思春期、成人そして最後に、老齢、dryahlenie、弱さと死
は、基本的な理由 souiokulturnoy システムに変化している必要が更新さ
れません。我々は、近くに中期的には、近代の皇室と自由主義のモデルの
間の振動の振幅は、絶滅した終末論のアイデアから削減される自衛のため
の国内の情報源、更新を信じている。 Ideokratichesky プロジェクト
は、ほとんどない一期天国に神秘的なブレークスルーの可能性を信じス
ローガンと終末論 megaprojects のための具体的なこの世の値を犠牲にす
るつもりはない。
それと同時に、我々の市民の大半は中古を使用しては、最高の状態
では最低の条件、生物の生存に必要な提供することが資本主義経済の調整
の戦略。省エネ発音終末思想の不在の存在がよく、失敗と失望は、この生
活の中で補うことが水平方向の平面上にいくつかの現実逃避は、生活の継
続のために、非常に動機を弱める。したがって、科学者たちは、人生の早
期撤退の理由は、個人の目に見える発展の展望の欠如にあると思います。
存在の無益の生活と潜在意識の欲望を継続するの欠如は非常に低い値につ
ながる。"記事は、2002 年に国連開発計画にロシアで社会学の研究材料 -
2003 年の、指摘によって書かれたのは、世界ランキングで、プスコフと
イヴァノヴォの地域だけでなく、ユダヤ自治州や共和国トゥヴァ共和国を
含む"ロシアの貧しい地域で、すべてのベトナム、いくつかのアフリカ諸
国との比較で。ある意味ではここでは、地域の本当の貧困の人々は原始的
な中古生存の資本戦略と、精神的な傾向は、これらの戦略は、貧困と人間
の領域を悪化させる使用するために使用を奨励して悪循環のようになりま
す。

125
場合は、ロシアでの理想を、単に利害関係として、最初にし、その
後、東ヨーロッパ、欧米のそれは終わりではないに起こったことであり、
文化や文明の資質の体制転換に置き換えられます。ブルジョア自由主義的
なタイプの全身的に構造化された社会の形成に関する考え方を十分に関心
のあるしかし、この利得の"セクター"は、一定レベルの deideologization
を達成するためではない。我々の歴史の最後の 15 年間よりもはるかに大
きな歴史的な時間に、その形成の我々の歴史や社会文化の継承では。民間
の関心の実装は行わ封建 ideokraticheskoy パラダイムの慣性政権の継続
にもかかわらず、続けています。この動向はここでは非常に様々な世論調
査の利益の理念に置き換えるの成長過程を示すなど、非常に複雑な状況を
与える多種多様です。したがって、社会学的調査は、トムスクイニシア
ティブ"それは、伝統的な意識の破壊"(したがって、自然の不可逆的な破
壊や伝統的な価値である必要がありますは、"儀式"レベルの主だけで、"現
在表示されますの枠組みの中で実施したコースです。
旧ソ連時代の国は、世界のテストを受けているポストでは。国家と
社会のイデオロギーの活力を動員するのが不可欠としての地位を失わこれ
はソビエト時代に占拠していた外部の脅威から保護することが、値の階層
内の支配的な位置。テストテスト deideologization 世界では、拒絶によ
り、グローバルなプロジェクトは、メシアプロジェクトと人間の存在の民
間、地方圏の方向にイデオロギーの国民の意識のベクトルの方向を変更す
るに悪化。ソ連では zaideologizirovannoy 生活をした後の状態が異常で
す。政府は、根拠相対的な自由、個人の自主性、価値観の多様性のレベル
を達成の条件は、社会の統合の最小レベルは、少なくとも、規範、人生戦
略をどのように保存することができます上の問題が発生します。
経済的、治療のためには、様々なオプションでは、国家のイデオロ
ギーのデザインの統合を検討するための解決策として、国の政治的、文化
的なエリートは、原則として、彼らの帝国の試作品です。特徴的に、ポス
トのイデオロギー皇室の年齢、その発音の抑うつ回顧され、模倣文字。ロ
シアの"復活"とは、新しいロシアの建設については、誰についての協議を
誰もが話しています。どのようなロシア、モスクワ、ロシアペトロフス
キー、ニコラエフ、ソ連を復活させるつもりですか? Gp のフェドートフ
この点では、"1 つの修道院でロシアを参照できますが、チンギスハーン
は、ロシアのサンクトペテルブルクで 3 分の 1 の大群の最後のロマノフ相
手は言った。格安スローガンやビューの狭いポイントを恐れてください。
ロシアとし、これは、はるかに。
加えて、実際の歴史は、失敗しただけされて同じトピックでは、多
かれ少なかれ成功する近代的な変動、現存する歴史的経験からも明らかな
ことを復活させるものはない。カールシュミットの保守的な革命の有名な
学者の言葉を思い出してください:"ロベスピエールしないが、メッテル
ニヒ王冠破った。時には唯一の自己破壊、自殺した。明治維新 - 破壊の特
定のメソッドや破壊によって復元されます。なぜ?これは自己破壊であ
る。したがって、ないの修復!どちらの教会も国家も君主制も民主主義も
王位も祭壇に、また、人の左または義務と 権 限の形態退職自由を形成す
る。神話、 圧 倒的で、それが現実で、何かを回復することができます彼

126
の"論理"によれば、あなたも、古代ロシア、大量の意識の異教に行くこと
が競争していないすべて非常に可能であると考えている。ビザンチウムと
同様に、ロシア、自分自身の過去からの強さを描くには、無限に戻ったと
しているのとフェチ物語、神話やイデオロギーが、"一日の昨日のイデオ
ロギーの前に開花の苦しみ昨日のアイデアを始めたの確かな兆しです。こ
れは、常にちょうどその最後の死を公開するにせん妄、錯乱状態の性
質... ...しようとするイデオロギーを活性化する方法について説明します。
現在では、ロシア、今日の政策の不確実性の継続のために意味のある歴史
的な時間ではなく、歴史的な選択は、相反する魅力と西洋の文明は、近代
の反発の継続を避けてください。
帝国に死を、皇室の意識の大規模な解体同伴されていない、社会生
活のほぼすべての分野でその限界に達した。後のロシアの国家としての地
位の皇室フォームに皇室からの移行は、持続可能な開発のための必要性と
あいまって、集中的に上の生命のための広範な戦略の交換が含まれます。
リベラルなタイプの別のシステムには、古いシステムの支配からの移行、
およびユーロの 経 験を、おそらく、より完全な同化大西洋文明の近代社
会、心理、ロシアの重大な変革が必要です。
それすると慣性モーメントは、当局への恐怖を維持再構築すること
はできません帝国の基盤は、大規模な軍事暴力することはできません。故
人は、不可能であるが、皇室の秩序を回復するには、枯渇した終末論的理
念に基づいてイデオロギー的な教義を復活させるてはならない。ただ
し、1 つは、今日、一人は、はるかには人間の一人いない銃を持って認め
なければならない大規模な不正行為の権力構造の完全な使用に基づいて皇
室の修復しようとすると、非常に効果的なことができます。中には 90 に
は見えないの居住が、両方の当局と社会の断固とした行動は、古いスロー
ガンだった:私たち一晩立っているが、歴史的な時間に圧縮された日を保
持する無限の長期的な存在。
このような世界観は、当然、そのための非常に強力な客観的な理由
だったので、高名な経済学者 É.ヤシン、ポストソ連ロシア:1992 年にロ
シ ア の 主 要 イ ン フ レ指 標 - 2660 パーセント 1993 - 930、1994 ... -
320。百分の 1995 から 21 年。これは、急激なシフト... 1997 年 11%
増、年間のインフレを示していた。しかし、内の次の、1998 年には、デ
フォルトの時間は、ドルの 3 倍以上の成長率は、大手商業銀行、新たなイ
ンフレスパイラルの遺跡。あるかどうかは、最近の期間の他の宿泊された
とは言い難い、ロシアの歴史のときに、このような程度の人々は昔の定式
化を避けるために長期的には非常に将来の多変量になる予定です。
全体のポストシーズン、ソビエト時代には、原則として、移行の時
代に達成不可能な 1 つの社会的、経済的、政治的なシステムから別の社会
的安定を維持する可能性の錯覚に住んでいた。我々はこの時代には、特定
の歴史的なオプションは、西側の窓を購入し、一般的な生活の西部の方法
の輝きと社会主義の社会的利益を失っていない限り、近代化プロセスの進
行度を滑らかにする可能性の回避を見てきました。の期間では、1991 年
以降は、リベラルな値の同化に向けて大きな進歩を達成するため、いくつ
かの要素は、ロシアの都市は、政治的な少数民族の代表者が共有されるの

127
で、可能だった。しかし、取り返しのつかないほど、2 番目のニュルンベ
ルクは、全体主義のソ連の過去の下の行になっていない片方の足はここと
別のがあるし、実際、何との偉大な歴史を中傷する点線行われた共産党の
裁判が失われ、旧ソ連時代、ユーリガガーリン、共産主義のフライトこれ
は、"世界の若者"であり、一般的にはソ連人のソ連時代の若者の別の期間
に減少した。初期の 90 年代半ばの自由主義的経済 改革は、この精神的、
政治的な事情が主な理由との 20 世紀の居住の半分けつからに苦しみ、か
つ適切な実施のための政治的意志が欠けていたが、最も重要なものだっ
た、いない場合は拒絶反応が、どんな場合でも、これに相当彼以外の改革
は社会の大部分に参加。
東ヨーロッパでは、共産主義からの解放以前では、より緩やかだっ
たが、ほとんど国民のリリースと一致した政治的な解放のプロセスを開始
した。しかし、主要な差別化要因は、長期、80 年末までに、東ヨーロッ
パの旧社会主義国ではプロセスを 20 世紀の居住がほぼ完成された内部時
代遅れの封建立っている。あるが、しかし、東ヨーロッパの状況に私たち
をもたらします - 意識の中では一般的に 変 更します。反共産主義、反東
ヨーロッパ、旧ソ連の革命は、80 のターンで行われた - 20 世紀の 90 年
間、パターンを識別して whereby し、新しい支配システム disistemoy
は、主に社会で最初に rootedness の度合いによって決まります歳の間の
激しい衝突。言い換えれば、衝突されたすべての詳細激しく流血大きい国
のように、現実社会主義など、ルーマニアのように呼ばれるのだったし、
以下にされたチェコ共和国、ハンガリー、ポーランドなど社会主義への記
号内容 - 以下の対立を、どのようにその結果、 "ビロードの力"に変更しま
す。
ロシアでは、1991 年のため、共産主義イデオロギーの実際の生活上
の任意の意味のある影響の可能性を失ってしまった自分自身疲れ。 1968
年、チェコスロバキアのように我々革命しかし、"ベルベット"の文字は、
ポーランドやプラハ(モスクワ)は、春には労働組合"連帯"が、むしろ、
天からの贈り物だったとき、唯一の 7(7)人がモスクワに集まって赤の
広場キャンプに亡命中の勇気ある行動は、この行為を受けています。次
に、この 1 つの。ガーリチ歌った:"あなたの 2 乗に行くことができる場
合は、約束の時間に地域を入力し、挑戦し、何十年も彼の前に詩のサイク
ルでは"チェコ共和国には、1940 年"について同様に、国家の名誉の救い
のために - メートル、同じチェコスロバキアのドイツ国防軍の列で構成さ
れ、我々メートルツベターエワ内で検索:"... 1 つの役員。小さな薪/ - 生
き生きと - /巨人で - 投稿者が拳銃で!.. /ロス/グッドニュース/これは保
存/チェコ語の名誉! /だから - 国/したがって、置かないでください/手段 -
戦争/全てのことだ!"。
7 人が批判的に、社会革命は、多かれ少なかれ被害はなかったソ連社
会の幅広い分野の低さ、彼は完全な実施を持っていなかった自由主義的改
革の規模彼の絶対的な少数派、知的、素材、強制的に苦しんだ。これは主
のために彼らがこれほど揮発性が、そこはまだ新しい終末思想を生成せず
に誘惑皇室の復元は不可能です。ストーリー自体ではない展開、誰がポス

128
トには良いと効率的 変 換旧ソ連ロシアのに十分持っていない人になりま
す。
predrokovom、ドイツが 1932 年にトーマスマン、彼は 100 周年
をメーカーゲーテに人を結んでいたのは先見の明の言葉を思い出してくだ
さい:"クレジット、今日はまだブルジョア共和国の歴史を提供し、これ
は本当の意味で、まだ保存された信念に基づいて、短期貸付金は、民主主
義と実際にはしかし、もし彼らが信じるようにふりをすれば、それは消費
電力の敵、即ちに殺到することができます...新しい世界に転送状態と経
済"。当社の現在のコンテキストでは、このクレジットは、両方の知的資
源を使用することができる、革新的なポスト工業経済への期待ロシアの移
行が必要です我々の教育システムと社会一般的です。
弱さとは、前世紀の 90 年間にリベラルな利益の不安定な電力の邪悪
なデザインからではなく、発端。逆に、彼女は自分でカウントしていた、
市民の組織生活のすべての球体です。 90 年代初めのロシア電力本件で
は、社会主義イデオロギーのマスコミの除去や社会の様々な分野での国家
の介入と管理の大幅な制限人格の自発的な爆発事故につながることが期
待。大規模な都市の積極的な十分な教育を受けた住民の当局者は、実際に
は、カウント、モスクワとサンクトペテルブルクのは主にロシアの都市。
これは、創造的、進取、精力的な教育を受けた人々が多く、彼らの生活を
整理することができるようだが、より適合性に基準をヨーロッパと北米の
ほとんどの先進国で採用されたそれをもたらすための経済的および政治活
動や社会生活を通して。私達が今参照して、それらの期待も楽観視してい
たとの期待が高すぎるし、ほとんどすべての再現れて自己評価。
政治では、国民の政党には、効果の高い、または低い学位を取得
し、これらの市民の関心を反映するためにできること自体を整理してい
た。遺憾の意を私たちは、実際のパーティー後の建物は歴史のソビエト時
代状態にする必要がありますが失敗しました。ソ連時代の遺産は、旧体制
の党続けているのハイライトを記憶する必要があります - 共産党のことは
まだ本格的なパーティー、せいぜい、自分たちの胚 - ヤブロコおよび
SPS、プロトタイプの当事者は、特定のイデオロギーを表明した。教育の
残りの構造、政党の役割の演技が独特の非古典的性質。彼らは権力の知的
財産の創造性、権限の製品は、実質的に任意の名前を、党の構造を、党の
イデオロギーを提供することができます適切な当局の放射能塗装していな
いです。我々の記事で議会選挙旧ソ連時代に見ている電力を、これらの当
事者の承継。それらに詳細では、個人的なレビュー、注目つもりがなけれ
ばだけでは、比較的高い選挙の結果に基づき、慣性効果をする必要があり
ます。死んではのため、まだ、政府と自分自身を数式の慣性が残り、でき
ればすぐに強く、その後、個々の、それを、マージ強い自分自身感じてい
る。と仮定することができますように慣性線の減衰党建設のプロセスの詳
細、クラシックと大衆政党を形成する方向に変更される実質的な内容が必
要ですが、これはもはや歴史的な時間が必要です。
様々なsubdiskursov の慣性トラックをさらに明らかに、いかなけれ
ばならないと電源です。したがって、ボリスエリツィン、一 Klyamkin
ノート大統領の特殊性について話すことを"権力のロシアの伝統を視野に

129
入れ、それを口にする"選挙独裁"良いだろう...私は国家の歴史的文脈で
は、現在の消費電力になり、反映して式を提案して、継承弱体化の形式で
は、特にはあるが。
ポストソビエト時代、社会の弱体化、文化 normativity より自然
に、"自然な"個人の方は昇華する必要がありますが数が 増 加で、あるた
め、規制の少ない文化定義されて、以下の社会的な動機は、科学的、芸術
的な創造されます。に昇華される可能性と経産省で使用され、日常生活の
完全性に費やされている必要がありますエネルギーは、個人の自己運動を
実現素材や精神的な製品は、現代の世界によって提供されるの消費量は、
開かれた無限の可能性です。
記事では旧ソ連ロシアは、トピックに関連する新たな疑問が、ロシ
アの文化へ:"プスコフプーシキン会費価値はあるのですか?"、すなわ
ち、"権威主義的国家権力は、検閲は、"鉄のカーテン"は、サービスのため
の高文化"かどうか?それは文化の一部の簡素化、高級車セグメントの
ローカリゼーションは、男性の死のためのルールの境界を、個々の自己の
一層の自由の実現を拡大するための支払いを許容できる価格でいるようで
す。近代ロシアの考え方の変化の長い歴史的プロセスの加速に関連付けら
れて次のステージ。 、系統的に再び世界の要素を"垂直"ディメンションに
は、ここ zhizneosuschestvlenie を含む、現在は、この世の生活の明確
な枠組み、和解には、"中央"と、冷たい正式 pravoustanovleny、必要な
可能性の意識の測定は、水平方向のディメンションを生成するデートの考
え方の要素を置き換えるのプロセスの急進的な検索レシピは、世界と人間
の普遍的な"救い"、死があります。この移行の証拠は、幻肢痛の質量、外
傷性ショック何かをはるかに多くの物質的条件を生活のより高いレベルよ
りも重要なの喪失によって引き起こされる深されます。

II.システム 。シナリオと視点

ロシアの土壌、ロシア、まだリベラルな傾向の弱い根リベラルなプ
ロジェクトにもかかわらず、代替システムの形成のための基礎を築きまし
た。それはまだ弱いが、サービスを提供する主要な皇室の伝統にはまだ十
分に安定して相殺する、ネオの重大度の近代化の現段階での皇室と権威症
状/復元スムーズになります。
プロセスを明確にポストソビエト時代の意思は封建的な皇室制度の
弱体化と自由主義の代替を積極的に形成をお勧めします。主な要因は、こ
の porotsessu には、死をする必要が貢献し、その結果、間の内部のバラ
ンスを変えることに興味の理念と国民の意識の方向転換元と近代化の過程
の自由なコンポーネントの皇室。 20 世紀の 90 年間、我々は傾向が近代
化の過程の皇帝のコンポーネントの割合が相対的に減少してリベラルなコ
ンポーネントの割合が増加することが観察。しかし、このような状況で、

130
我々は、皇帝のコンポーネントがまだ支配的な地位を保持し、大幅に最後
の数年間で増加を認識する必要があります。
それにもかかわらず、その中期的には、前世紀の 90 年間で、少なく
とも帝国の封建的システムとのパリティは、リベラル disistemu もたらす
ことができる傾向に概説し、特に良好な歴史的な経緯で発生することが重
要、それは支配的なシステムを作る。我々は、強い信念を保持するすべて
の試みを復活させる、より競争力のある効率的な封建的な皇室のシステム
は彼女の死が避けられない苦しみはかなりの時間につながることを確認し
ます。 2 度目の宙返り、新しい形で新/旧帝国のコンテンツを注いで流血
のボルシェビキ革命を繰り返すことが成功した - は成功しません。この時
点で - 手は、皇室の復元と、より深刻な内部外部の制約は深刻であり、期
限が短いです。これらの外部制約のフレームワークは主に世界経済や地政
学などの分野で設定されます。
今の皇帝の封建的関係の一般的な特性から、自由 disistemy の新た
なシステムを、その発現の解析にも我々の仲間の市民の適応の過程で、ポ
ストでの生活のソ連ロシアの新たな条件に進みます。ほとんどすべての私
たちのため、2 つの基本的な形で適 応 のプロセスが急務。前の最初のグ
ループは資本主義の適応戦略は、封建的な皇室制度のオーガニック製品で
す。
これは、競争の激しい市場を作成していた経済 - 自己組織化プロセ
スは、個人の行動の表現 - には、ソ連崩壊後の近代化プロセスを想定さ
れ、ロシアと欧米のエコノミストの多くは、現在の政治家は、合計ステー
トコントロールの削除を民間主導し、企業の大きな波が発生し、作成が考
えていた大規模な新資本主義の企業の数です。したがって、1 つの。アス
ルンド、ソ連の専門家圏 の国は 90 で、CIS のいくつかの国の政府の改革
の冒頭に 20 世紀の居住、お勧めは、"ロシアは、自由な企業と自由価格の
最初の 1 年間の企業はすでに数百万人発生すると発表した。練習のため、
ロシアの社会の資本主義の可能性を大幅に過大評価されているが、これら
の期待過度には、最もそのスラブの部分に係る重要なと楽観視して示して
いる。
その結果、公共政策の当社の歴史上、一部事前にソ連ソ連の期間
中、自己の安定的な心理的な複合体の形成を疑う一般的だったし、特に経
済性、ロシアの人口の状態の部分に一定の眼との生活を実施し、すべての
上に、旧ソ連の知識人の代表者。様々なパラメータによると、初期の記事
では、ソ連の改革は、多くのロシア社会の今の状態によって優先の経済支
援を待っている、独立した経済主体の役割を実行することができませんで
した。
エラーが 1 つの。アスルンドの推計で、他の多くの政治家やエコノ
ミストは、実際、長い間の識別、ロシアの経済学者、神学者ブルガーコフ
のためにされた:"男の経済マシンのコースではなく、運動に設定されて 1
つの春の経済的自立の利益との容赦ないと演技無愛想さと的確な精度が、
すべての複雑さと心理的な動機の多様性と精神の具体的なタイプです。宗
教、支配的な世界 観 は、 "経済人に"彼の特定のタイムスタンプを置きま
す。人間の魂は、宗教や経済活動の間の親密な関係を設定します。トルス

131
トイの驚きを思い出してください人は、"私は長い間に襲われているとい
う驚くべき-西ヨーロッパを中心に設立され、ビューには、労働の美徳のよ
うなものです。"この tratsionalistskoy 値と労働の規範の一部としての美
徳から - 富を築くには、男は、富を求めてはならない - 地獄にするが、そ
の宗教的あるいは世俗的な形で素晴らしい ideokraticheskomu プロジェ
クトとして提供されていません。
回顧録では、ウィッテ彼の位置、または物質的繁栄の平均数人の人
から発行された人は、よく知られている憎しみのすべての dovlel"精神の
フェイルオーバー時の雰囲気のロシア語教育、社会の 19 世紀の 70 歳の典
型的なリコール...これは気分ですリベラルなインテリ層全体に広がった。
この雰囲気は、その再現はかなり従来の国家、社会、文化の伝統に安定し
ている。これはロシアの多くの古代史では、農民が苦しんで存在する場
合、ラージン、プガチョーフ、Bolotnikova、小規模な障害の多くは、ソ
連ではソ連の支配の最初の数十年で、その完全な実施態様を受けたコサッ
クの反乱。そして、今日のポストで、私たちの歴史のソビエト時代には、
社会の中で、与党はかなりの態度の独立と進取のブルジョアに否定されて
いる男性は、一般的に社会的に成功した人になった。
アートフォームでは、このような態度が、グロテスクなので、より
強くハート"で MABulgakov を表明した犬"。旧かわいい 雑種のは、男は
科学的、本質的に欧米のだろう"と urgiynogo"によって(労働で作成)、
生命へのアプローチ、コーラスの革命的な歌を歌い、そして世界秩序の複
雑さは、バラライカ再生となっているシンプルなレシピを取ります:"何
が提供しています...その後、書き込み...議会を書き込むと、ドイツのいく
つかしていた...腫れヘッド!すべての yes および除算を取得....
どのような場合には、最も緊急かつ主要なニーズにできることを喜
ばしくでしたか?これは、パンをこのセクションに表示されることが期待
されると、他人の結果("ない男")の場合は、プロパティ自体またはにつ
いての彼のパン()またはの正しい電源の世話をする、またはその
velichistvo 幸運と奇跡のすべてで、適切な。これらの欲望をサマリー形
式でおとぎ話の"私の意志では杖の波の言葉を表現することがあります。
したがって、うーん、ポールの驚異、お金のため、他のゲームのようなピ
ラミッドスキームへの愛は、市場 経済 の中で天国の奇跡は、簡単にでき
る、日常的な活動の音からの贈り物の潜在的な期待を一度にすべてはより
良い生活を変更します。行儀のと同様、私の人生、すなわち、人々の生活
を改善するため、大統領、政府、下院:彼らは何をやっているの活動に関
心のある周期的サージの性質を有するもの私自身がありませんでしたが、
彼らが私のためです。
ポストの中に旧ソ連の改革は無料で、中央の列から離れる人が、精
神的不変量のようなものとして現れるのは、いわゆる寡頭と呼ばれる憎し
みが嫌い、人々は経済社会の新たなレベルの文化的な環境への適応の資本
主義のフォームを使用して成功しました。イコライゼーション、温情主
義、ロシアの社会の再分配的な考え方の高レベルになりやすい近年のよう
に、外部社会と人間の生活の文化的景観としてはあまりありませんが変わ

132
りました。これはイベントの数の一般的な背景としては、それ自体マニ
フェストと、特に重要なイベントは、古風な衝撃的な症状。
したがって、2003 年秋に、ユニオン産業人と起業家の会長は、人工
知能ヴォリスキービジネスと政府の間の関係の彼のビジョンを説明: "政
府との関係の交渉では、公然の秘密を介して解決しなければならない。そ
の問題はまた、"ゲームの規則に従って行われなければならないが発生し
ていません。と 拡 明: "ルール - 特定のロシア語表現され、法よりも広い
意味しています。"氏サム 1 つの。ウォルスキーは、企業、例えば、貧困
に対する"当局の戦いを支援や収益性の高い業界には、"ある特定の増税に
同意する自分たちの自由を支払うことで合意した。"我々は認識しなけれ
ばならないが、法律、今日の改革、ロッシの強さはまだないとして、古風
な民俗プラウダ(良心)、真実の裏切り行為自体(良心)、正義からの出
発と平等の理想的な貧困の中で方程式として理解として、資本関係の認識
でいます。富の方程式については明らかに不可能である。
加えて、ロシアの新しいビジネス、個人、内臓レベルでのロシアの
電力を除去されます。彼の欠点を全部束:ない十分な眼鏡とネクタイの男
性が、たいていの場合、非アーリア人の起源は、それは帝国を愛していな
い余裕ができますが、グローバル/ヨーロッパの構造には、軍事などのロシ
ア統合することを好むしています。我々は、第一次世界大戦中には、有名
なロシアの精神科教授パイ Kovalevsky 楽しみ、新しい有害なホームペー
ジを本"は、ロシア国民は、とりわけ、状態:"近年では、ここロシアでは
心理学公開を少し 変 更して - 資本金...銀行の関係者は、暴利をむさぼ
る、kulaks は、暴力団の国、いかなる国もない状態の起草者。それらのた
めの - のみの首都。資本金はない、名誉も誇り、また、国の良いです。資
本の国際され、国際色豊か。
これは、例の人への疑惑は、この伝統は、それらをそれぞれのすべ
てのラベルは本日継続にアタッチされます。そのこぶししかし、残った、
すべての彼らのルーツで、ソ連の支配の年間で 7 番目の世代のほとんどに
は、当時の愛国的な政治をもたらし、後の登場は、農民のソビエト連邦の
生活が小さすぎると、農業の調達をするには弱ネオに皇帝の権力の寄生虫
農村 zahrebernikov とルートレスコスモポリタン一人のようにそれらを
表示している。
しかし、消費電力などの深さと精神的なレベルのロシア人実業家、
特に大規模な受け入れられないのですが、彼女の別、および状態に民間企
業からの財産の再分配を支持する非常に強力な引数、または、少なくとも
社会からそれを送信する/精神的、社会的に人類学的に遠いビジネスマン/
精神的、人類学的に閉じます。すべてのより明確な傾向の 90 の経済 技術
革新は 20 世紀の居住、フォーム、技術、およびメソッドは、古い機関に
経済調剤変換と同様に評価し、新しい適切な素材や技術、環境や社会の
ニーズに。"我々は比較的(ビジネスコミュニティ)の状態を官僚に依存
しない強力な支配の概念の内で、国の経済調剤該当するすべての種類の中
から、大規模な資源の再配分の新たな段階を準備してください。
ロシアの経済の中では、前世紀の 90 年間で物々交換の前例のない使
用、すなわちネット経験互恵的貿易。開発バーターの自然な形式のためだ

133
けの経済的生物への反応状態の順序と相対的な金融収縮を低減するが、状
況ではなかった、人々の真実を、集合的無意識に見える経済的態様をする
権限の実用的な、実際の式です。
ジョージフォスター氏は、貧困のいわゆる文化を研究して、その
人々"、または以下の普遍的な詳細貧困の中で生活のために、すべての良
い、生活の中ですべての良いものは、閉鎖的なシステムリソースの種類の
ようだ、これは、このグループに限られている量です。もし誰かが 1 つの
グループの一つです従って、明確な利点を受け取ると、それは必然的に集
団の他のメンバーを犠牲にしています。 "世紀の貧困の文化の栽培のため
の国のロシア封建時代、皇帝の 権 力ため、貧困層や馴染みの管理が容易
に、彼らは"狂牛病の脂肪からは、彼の提唱する可能性は低い電力の立場
から意見が異なるのには移動されません。ソビエト時代には、そのキュー
は、労働者と受刑者、処女土壌の輸送用貨車の兵舎は、新入社員で、この
長い旅に出るだけで、最新の劇的な一歩だった。
世紀には、国の最も強力な、独立した取り下げ、最高で亡命生活に
陥るなど、彼らの労働力と知性を宇宙の力では原則として、物理的に自分
の国では、リードを破壊することは必然的につながるの強化負の個人的な
選択を経験している直接の過疎化は、ロシアの社会の劣化は、その生活の
機会を減らし、と。
今日では、この選択はすでに、負の選択時に、社会、または撤回さ
れる人たちの環境のレベルを大幅に上回る増加している男絶縁拒否の長い
歴史の結果表示されるが発生しています。中間のレベルでは正午には、ス
ターリン時代のような配置では、低文字どおりの意味で現れて、これでは
首長いくつかの心理的な不快に感じる可能性が比較的高い社会の人々の悲
劇的な除去。多数の parthozaktivah 時代の平均身長の人々によって支配
さとして、イリヤエレンブールグは回顧録で、"人々は書いている。年。
人生の状況は、前世紀の 60 年間だけで変更されました。
自由主義的改革 20 世紀の 90 年間、このルールには顕著な例外では
なかった、強い自由な発展の機会を、ビジネスの確立は、唯一の経済的で
なく、社会的成功を達成するためだった。 "90 年代半ばから、本件は約
20 名が - 23%いくつかの傾向が減少している。
しかし、弱いが大幅に上回っていると負の個人的な選択のように長
い期間後に驚くほどではありません。家計のプレ資本主義(自然)の形式
の記事で大規模な需要だけではなく農民の見事な能力の対立状況や運命へ
の挑戦生き残るために開発している。この機能は、極端な条件のとき、家
族の経済 ターンを余儀なくされ非常に貴重であるソビエト時代には、 "農
民(されているそれ自体に関連する社会の輪の中に急速に水平、親戚や仲
間の村人たちと自発的な協力関係を、これらのスキルを、文字通り、いく
つかの手作りの保証保険システムは、その目的 - 物理的および社会的な生
存期間は本日、ゼロから作成してのネットワークを構築する経済構造を撤
回する。"
多くは、事前の資本主義社会の存続の技術は、ときに、最小の資源
を人間の生命の単純な生物学的な再現に必要な保全を確保するの名前で
は、よりリスクの高い、革新的な行動によって拒否さを訴えた。記事では

134
旧ソ連時代の同胞の 70-80%に改革のためには、資本主義市場経済の範囲
を超えて、自己の自然なフォームベースの自給に行くことによって財や
サービスのパッケージを減らすことによって消費を制限するモデルでは、
適応するように選択している。
人々は、ほとんどのケースでは、受動的な選択沈 黙している "、"適
応戦略を受けなければならない。ロシアでは、CIS 諸国と異なり、広範な
労働者の移民は、世界への統合を()市場の西側を除いてほとんどの労働
者の熟練している。この点では典型的な例なロシア人プログラマーの科学
者の自然な科学の訓練を受ける労働者の移民は、エンジニアなどそれと同
時に、06 のプロセスを工業化、集団農場システムの破壊、非熟練労働者
大衆の解放を伴って、工業や農業労働者からの任意の意味のある労働者の
移民につながっていない。
Posteriory、ポストの実践に基づいて、ソ連の 10 年間、私たちは、
伝統的な社会内での実用的な行動、規範や価値観の文化的パターンのロシ
アの変換では効果がないと言うことができます。
しかし実際には、西洋化"の波が途切れるでこぼこているため、我々
の近代化が進む醜い:大部分のためのコミュニティや個人が市場や民間の
通信関連付けられていないの状態をシステムから、下落して""タンブル
ウィードとして生まれ変わりましたが、本質的には、昔の残りの要素配布
(ただし、厳密に規制を受けていないし、無作為化)システムです。社会
の中で与党のこのタイプはもはや、彼はすぐに複製モードでは、ですが、
サイズの減少で再現する、この"自然な"人口の損失は約 800000 を構成す
る数百万の人々が今年は当局の人工繁殖が必要です。あなたが、人々の生
活水準のすべてのソートを課すことができます彼暮らすように強制するこ
とはできません。意識の伝統的なメディアの茶番のために現在の形にある
Imperial 理想 - 何を生きがいのある生活を形成するためのものではありま
せん。原因 - 死亡したが、ロシアの巨大な男までは取得の機会を永続させ
るためとの生活を展開し、世界の存在。これは、アルコール依存症の悲し
い統計で、薬物中毒、精神疾患が証明されます。
逸脱行動の 様々な現れ、さまざまな sotsiokulurnyh 要因に基づいて
いますがそれらの共通分母は、名前 - 絶望にのぼったのです: "調査つな
がっている逆説的な結論を科学者たち。外部よく、ロシアの一部の経済成
長をされ、急速に悪化の本当の人間の潜在能力。言い換えれば、国の間
で、水平、材料開発のメカニズムを実行することはできませんし、消費社
会での成功はまだロシアの人口の大半を達成 smyslozhiznennym プロ
ジェクトではありません。
しかし、ロシアではない皆が悲観的に見えます。記事では旧ソ連時
代の形を個性と代替の適応戦略の活動の資本主義のフォームに基づいてい
た。 "動機(dostizhencheskaya)を積極的に国民の同意を、任意の給付
金の受領のために設計され人生戦略で成功するための前提条件をサポート
して...これは、個々の認識と自尊心... ...これは - 運動の戦略と象徴的価値
のニーズに基づいています。"我々は価値近代ロシアの基礎となる基本的
な概念、シンボル、人々は日常の経済行動では、導かれている値のレベル
に dostizhitelnyh、個々の動機の転送が発生 perceptived。

135
経済活動の効果的な方法を社会の多くの教育部、主にロシアの新興
中産階級との境界線に合わせています。社会学的研究の結果は、雑誌"の
専門家によって、中産階級の"ライフスタイル""と"ジルコン"を見るにはロ
シアの中産階級以上の半分以上が高等教育を市民に成っています。所得の
高いレベル、社会的威信は、国全体に比べて消費電力の位置を、より専門
的な資格の結果は、労働市場での需要。起業家の "教育レベル(すなわ
ち、2001 年には主要な雇用主も高かった:96.9%1 つの大学より、高校
13.4% - 完了した。大半の 2 度されているか、法的経済的。"
伝統的な適応の場合には、資本主義経済の中で効果的な適応戦略を
含む、すべての上記の統合を使用して、として、個々の値を優先条件を定
義します。 "平均的ロシア語の基本的価値観の自由ですが、エネルギーや
自己規律。これらの値の高い表現、社会的ピラミッドの頂点に近い。別の
値を、それらのそこから出発し、道徳は、旧ソ連モデルの道徳性とは、
チームに属している。"
日常生活で徐々に新しい値を入力して、目標、新しい生活を実践
し、行動を承認した。外部評価ではずっと重要な依存性をロシアの権利に
ついては、すなわち ekstroobraza 人格、不本意の総質量、ことわざのよ
うに表明したから出て立って:"私は誰もようだ。私は、何から"は、社会
の感情に応じてなどの国家統制主義教育によって、当局は、彼女の全体の
将来の生活を続けて次の社会と文化受容の人格のプロセスを開始した。ロ
シアでは、20 世紀末の社会と文化受容の実践の変化による成功のための
個々のモデルとしてマークされました。最初の投稿では、ソ連の 10 年
間、ロシア人の増加は、支配的な学習コミュニティから移行されている社
会の新たなメカニズムの成功の文化の正統を使用し、個人の値に共同体の
値。
ロシア人の約 20%のアクティブなアクション、すなわち戦略を選択
しては、独自のビジネス開くと、ロシアのこれらの地域では、世界のどこ
に需要の他の宿泊されている国は、スキルを使用している職業リハビリ
テーションのコースを取った。リベラルなパラダイムによると、独自の個
性、グループの利益の利益から異なっている。を通じて積極的自律的な
個々の効果的にほとんどの人の利益を守るために自ら作業をすることがで
きます。
アンソニーギデンズは、人々のリスクの栽培に傾斜したと考えて、
創造的な解釈を必要としないが他の人のステレオタイプとして知覚される
状況では予測不可能なゲームの場合、認識することができます。新たな革
新的な社会通念上の生活実践の境界を展開します。神の宿命の欠如は、偶
然の確率的要因"、"生活状況を提供していますが相反する、創造的な行動
の結果を解決できることができます。栽培のリスクは、アールヌーヴォー
様式の社会的意識の値と相関して、このコンテキストでは。自分のこの戦
略は、信頼性人格、彼女の知性、合理的な人生の選択の可能性を、私たち
の日きたい"これでは選択の問題ではないですが、運命そのものです。"
今日の適応の人生戦略は、中産階級は主に、プラス(ブルジョア階
級の使用によって決定される)に、ポストの現実に旧ソ連の生活を最大限

136
に属しています。適応これらの肯定的なモデルは、主にロシアの中産階級
の代表が使用されます。
ポストリベラルな近代化の変換は、社会的支援の旧ソ連時代の境界
線と一致していない - それは広い一般的に、ロシアの社会の中産階級の比
較的小さな割合にもかかわらず。 1996 年 - 2000 年(数ヶ月を除い
て、1998 年 8 月危機の後)ロシアの社会学者は誰が必要な市場改革が、
その数はそれらを停止を希望するよりも継続性を感じた人々の数ポーリン
グの間で。これらの人々現代のロシアでの相対的な多数を占める。成人人
口の約 3 分の 1 が実際に近代化を物語っている。当然のことながら、研究
者の数は、以下の性質、効果および社会 makrosubeta ロシアの改革の空
室状況の楽観的な見方に続く。従って、TI はザスラフスカヤは、"...の国
ではなく、統合された社会 makrosubekt 唯一の民主的改革を完了するに
は興味が発達していないし、実質的にこの問題を解決するための強力な
ノート。"
それにもかかわらず、我々は、中には、特に、市場の状況 syrevyh
商品市場は、税制のために比較的良好な外部環境を維持し、彼はこのよう
なマクロの形成に取り組んでいることは、変換継続的に興味のある近代の
リベラルなモデル内のプロセスの実体と思います。これは、最も若い教育
を受け、合理的な生活戦略で使われる強力な社会の積極的な人生の動機こ
とです。これはロシア語"ヤッピー"半ばから後半 90 - 20 世紀の居住する
人は、次の ideokraticheskogo 事業を実施するために使用することはで
きません。
形成 makrosubekt ロシアのヨーロッパ化に興味を持つの制度の統
合の方向に動き、国際的、構造体、欧州経済、政治、特に軍事インチ統一
ヨーロッパの構造にこの統合により、近代化のリベラルなモデルのステー
タスを強化することができますし、その結果、別のリベラルな社会的支配
的な文化システムです。
中産階級の動的なので、その研究は、"エキスパート"の雑誌の後援
の下に実施した 3 年以内に、彼は"総人口の百分の 14 から 25 まで、それ
からのコンディショナリティのに十分な程度に成長していたに分割するこ
とができますを開発し、中央上部と下部。研究の方法論によると、中産階
級の特定のセグメントに属している 1 世帯当たりの毎月の収入のレベルに
よってメンバー決定されます。
ロシアの中産階級徐々に自分自身の"もの、規範や価値観、それらの
集団と個人、政党などトンに関連するなどの分野で、その設定によって決
定されるとするときこれは社会学的研究の結果なので、2002 年の秋に雑
誌"エキスパート"と同社は"ジルコンによって証明されて、"研究"は、中産
階級の政治的優先条件を除く。"我々は一人当たりの平均レベルのいくつ
かの数値指標は、主にその価値志向やイデオロギー優先条件を除くと相関
して中産階級の異なるグループの利益を与える。
したがって、始めましょう。中産階級の少ない収益性の高いグルー
プ(続き)集団など、その代表者の詳細は、政治的なスペクトルの左側に
傾いている、社会正義、文化的伝統を、彼らの重要な値を、ロシアの社会
に従う傾向がある中産階級は低くなります。この一環として、最大規模の

137
グループのロシアの中産階級の 60%については、150 の順序 - 250 ドル
の家族の一人当たりの所得は、ロシアの市民が占める。アメリカ。このグ
ループは、通常のランクを表現し、店員、民間企業や公共団体は、中間管
理職と労働貴族のファイルです。
より収益性のグループの個性的な値を好む傾向が、個人的な選択
は、リスクを取るために、ほとんどの部分は、ロシアの政治的スペクトル
の右側に喜んでいる。これでは、中産階級の中で最も多くのグループは、
約 12%を占め、家族の中で一人当たり月平均所得が 400 ドルに相当する
金額を超える市民が含まれます。アメリカ。中産階級の大規模および中規
模の高い専門資格企業、中小企業のオーナー、サイズのトップ経営者で構
成されます。
との間の上下バンドの上限を "平均的"中産階級の範囲内の所得を
250 から 400 ドルからです。アメリカ。このグループの価値志向の面で
大きくポジションを中産階級の過半数をもって開催に傾くことは、すべて
の確率のために素晴らしいと個人的な楽観主義、自分たちの信仰の歴史。
このグループは、中産階級の総数の約 28%です。
低中産階級社会の分野で、社会正義と平準化を積極的に支持し、社
会の文化的な生活は、状態の温情主義の欲望のマニフェスト自体、および
最低限の特権で最も人口集団の間の格差を縮めている。雇用の問題で、彼
は重要な国家政策、労働と資本との間の分配、財産、不正の手段により取
得した国有の論文のために、比較的高い支持によって補完されている関係
で彼の参加してください。回答者は、このグループで、民営化の改正で
は、回答者の約 27%、16%に 対 して中産階級のグループにしていた。
ビューは、低中産階級の大多数の共有によると、国家、労働と資本の間の
紛争に 対処では、 経済の 管 理に積極的な役割を果たす必要があります。そ
れは、回答者の検討グループは、下の中間クラスを宣言して民主主義の価
値へのコミットメントの高さを指摘する必要がありますそれと同時に。調
査の著者は、下位中産階級のロシアの社会民主主義の発展のための選挙基
盤が示唆された。下の中産階級社会正義をより高める意味で、したがっ
て、私たちの見解では、その一部も"公共の正義"には封建的、帝国のモデ
ルでは、市民的自由を放棄することがあります。
位置の数の上限の中間クラスには、中産階級の低所得者層からのカ
ウンターパートとは異なる見解をとっている。支配的な見方は、この環境
のポイントによると、状態を最終的には社会全体について、特にビジネス
社会温情主義の伝統的な政策を放棄する必要があります。中流階級、自由
主義経済の概念をサポートするプロパティの再分配に反対し、彼はおそら
く、保護者のパートナーとしてサービスを提供する状態ではなく、必要が
ある。これらの人々極貧されていませんし、悲惨な、しかし、等しく価値
があります。
言い換えれば、ロシアの中流階級の上部にあるグループ自身のこと
を確認され、自衛のために言えば開発は、個人の能力の解放の生活の基本
的な問題を解決する。れは主に下の政府の憲法上の権利を保護するため自
由市民を作成した古典的な自由主義的伝統と一致し、これらのビューは、
この関数の状態に限定される必要があります。があるためのメソッドは、

138
個々のため、その設定を決定するためには客観的()科学的で、人格の自
由な発想によると、個々の自分自身で何が正しくて何が false の場合は、
その最大の有用性と有効性を 様 々な分野に達し、決定する必要がありま
す。 "自分の信念システムの特徴(上の中産階級は、パワーと自己鍛錬。
それは、彼らは何を達成して達成するために管理、正確に、これらのリ
ソースに基づいて表示されるの独立性の高い価値を認識することです。"
中流階級として、それは中央部分への傾向がある右翼政党の潜在的
な選挙の基本構成される。低中産階級の社会民主主義の価値に焦点を合わ
せています。このパーティのシステムは、開発のベクトルは、民主主義の
2 つの開発のための潜在的な作成は、ロシアの中産階級のロシア民主的な
社会の形成の文化システムを目指している価値志向の変化によって判断す
る。徐々にロシアの近代化のリベラルなモデルの潜在的な対象として、新
興中産階級の行為の上部と中央部の独自の経済、政治、文化に興味を持つ
社会集団としての地位を実現する。
文化的現象としての社会の競争の形を考えると、K.マンハイムの生
活に 2 つの根本的に異なるアプローチを区別します。最初のアプローチ
は、彼は野心的なものと同様にフル知っている人を意識的にゴールで駆動
されると仮定し、合理的との整合性の一種としての時間を知っている世界
を認識目指す。 "人は、経済闘 争のための資質が必要:勇気、リアリズム
と能力現象の相互依存関係の知識を、相手の関心の心理を分析するために
濃縮され、新たな機会の定数を見越して、能力、それぞれのチェーンの将
来の進歩を参照するには、現在よりも近い将来に、満足して生活するすで
に、成功のための新しい機会を押して、その実装の詳細内容は、永遠の
力"短期的に達成されているよりも重要であると信じるに達した"自分自身
ビートと無能"残って"。
困難は、ゴールへのパス上の障害は、一時的な後退などのマニュア
ルを停止することはできません:"平均ロシア語の基本的価値観の自由で
すが、エネルギーや自己規律。これらの値の高い表現、社会文化的なピラ
ミッドの頂点に近い。別の値を、それらのそこから出発し、道徳は、旧ソ
連モデルの道徳性とは、チームに属している。"
は、従来、主に社会ヌーヴォー、特徴的な 2 番目のタイプを支配
し、最初の活動 dostizhitelnomu 性格のタイプとは対照的 /半、伝統的な
ソ連社会など、人の人生で成功するための闘争をあきらめ、より受動的な
タイプです。それを"時間 - 断続的に、静的、その気分の表面の力のすべ
てであり、それは常に自己のリスクを拒否潜む。自己の喪失、このリスク
- 苦しみ、永遠のソースです。もし状況が人生の全く新しい方法で変更し
ない場合は、損失自体も重要な目的となります。したがって、自己の損失
は、インディアンニルヴァーナの提出の主な機能です。キリスト教の神秘
主義の欲望を、キリストと共に、キリストに完全に溶解するまで、個々の
差し込み印刷に反映されます。に人格は確かに 2 番目のタイプ正教会の宗
教的伝統と、旧ソ連時代は、古いロシアの封建的な皇室制度の人的基盤の
会計処理は非常に独特の世俗的なコンテンツを受信して相関する。
そこで、簡単に基本的な生活の 戦 略は、ポストソ連ロシア - ブル
ジョア、事前に私たちの同胞、ブルジョアで使用される 2 つのグループの

139
可能性を 検 討した。私たちはすでに注目して生活政策の最初のグループ
は、主に 2 番目のグループの残りの部分は、中産階級の上部と中央部関与
したロシアの社会の多くの。他のほとんどの真剣に考えられるシナリオの
選択に、ロシアの将来の発展の影響を受けるのこの数値の比率。
この点で、私たちは国民の意識と別の、明らかに、最新の最新の皇
室の近代化の古風なものの危険な傾向/回復を背景に、キャッシュフローの
直接のタスクを解決することはできません - 帝国を復元することに注意。
より明白に拒絶必然的に西部の世界だけの指標の大半は、ロシアの遅れを
加速するだけでなく、非つながることを、近代のリベラルなモデルを使用
する西側諸国、近代化の道に立って。特に、この拒絶の技術格差が増加す
るとして、近代の帝国のモデルに基づいてリードされますが、我々はすで
に、後の大衆の地役権、工業時代に、近代根本的に不可能であるが、ユー
ロの国大西洋文明と技術のパリティを達成するために基づいて示されてい
る。達成するために、保守は、パリティ、プロフェッショナルで、安心し
て自分の国では、当局が受け取った感じて自由の身に、必要な拒絶反応や
アレルギーせずにメディア、特にテレビ。
これは一見の音では逆説的です - ヤブロコおよび SPS なしに議会で
(つまり、私のパーティ、彼らは)、自由に選 択 することなく朝のコー
ヒーカップでは、無料新聞の力を自分の利益を代弁する - の技術はパリ
ティなし、など軍事分野でポストで、産業界のことはできません。その誰
もサポートされます。無料でプロの人々とロスアラモスどこにでも自由に
大きい程度と、皇室のオフィスだけではなく、恐怖もの良心は、このパリ
ティを達成するために準備ができて、はるかに有給の仕事を検索する - そ
れを達成することができなくなります。探し、その時代は、内部の自由は
ない程度ではなく、情報へのアクセス、および、その出力 - 創造性はない
と同程度。これらはすべて、ターンでは、ポスト産業の世界に、ロシアの
エントリと情報化社会の構築のための展望を終了 - 技術格差が不可逆的に
なる。
しかし、すべては、別の運命の選 択 は、国のために作らまだ終了
し、20 世紀の 90 居住悲しくはないが、主に時間をリベラルな近代化され
た。そして、すべては、この時間を 経済 的、部分的に政治的なプロセス
は、さらに以下のロシアの中産階級の文化の形成には - 自由主義社会の基
盤。はい、このプロセスは、ロシアの中産階級ではない、すべての代表リ
ベラルな値が共有されてゆっくりと痛い、主観的なレベルでは、されまし
た。近代的な都市中産階級がまだ完全に自分たちの政治的利益を認識して
いないが、小さなされ、その環境に徐々に封建時代、皇室の状態との直接
対決には、少なくとも何でも可能な手段によってその財産を保護するため
に心理的な準備を、そうでない場合、その成熟している。いくつかの現代
の作家は、この前のソビエトロシアではなかったと思います。
したがって、前のプロパティへの裕福なロシア人の割合は、ロシア
の近代的な哲学者、心房細動ロセフ、ウラジミール B の学生のソビエト時
代 Bibihin として記述します:"ロシアにおける私有財産の場合は、抵抗は
ほとんどなく、離れて社会主義的情熱の嵐に流されやすいですが、私有財
産の真実だけでは、あまりにも弱っていたの信念は、それ自体、個人的な

140
理由から、泥棒に腹を立て、オーナー ograblyaemye 中心部の権利を、
彼の神聖さを知らないで、彼を守るために、確かに、密かに社会主義者の
最近の目標の道徳的な正義を信じては責任を感じていないと考えていな
い。
だから、かなり意図的に集中し、上記のコメント論争。私たちは、
私有財産 - 神聖なものなので、あらゆる方法を可能にする必要があります
保護し、すべての上に、政治的な考えています。自分自身の場合、ビジネ
ス界が"ものの場合、多数のロシアの経済界の代表者の政治活動では、"従
事しないことに - ロシアでは、私有財産が非常にすぐに忘れている。穏や
かなフォームにもかかわらず、ロシアではその存在の問題は、まったく同
じ 1917 年 10 月に同じです。大小の所有者の前では同じです - 悲劇的な
質問 - あなたが彼の財産を守るために、こうして新しいロシア準備ができ
て何ですか?自由を false に謙虚に財産を所有する夜行性の恐怖から近代
的なロシアの所有者 - それは心理学的ですが、言葉の厳密な意味での私有
財産にそれを作るための前提条件。
私たちは信じている記事の中で、ソ連の近代化は、最も教育を支配
の皇室、封建制度の衰退を加速させることができますし、最終的には優位
性を競うことがリベラルな民主主義システムへの新たな代替案の形成に貢
献する中産階級の一部を確保した。ただし、その非常に生活は自民党
disistema、徐々にのみ polulatentnuyu として記述することができる社
会の 様 々な分野でその影響力を 拡 張します。進化と永続的な生活を自由
disistemy の拡大、一部の状況で最善を尽くしてロシアへの進歩的なリベ
ラルな変換の可能性を提供しています。しかし、このようなシナリオは、
次の歴史的な付録では、避けられないことが可能であるとのシナリオの実
装では、主要国の意味です。
しかし、可能性が十分な長さの確実性を任意のフォームを避けるた
めに、"火災の応答は、"日々に立っての原則に基づいて電流の安定性を維
持するが、状況の政治を行うための夜に開催されます。これではないがか
なり意識的な選択の相互排他的な規定の設定に、国内および外交政策の具
体的な行動になりますと広がりを把握するために、将来の意思決定の範囲
全体に対応すると宣言した。非常に明確にはもちろん、非常に特定のイデ
オロギーを必要と開発の kvaziimperskogo パスを選んだしかし、近年で
はされている。この開発のパスを、もっと身近に近いが、本能的に、あた
かも自身の新しいセマンティクス\古いイデオロギー的なメディエーション
の収集ゲーム。封建的、帝国、ロシアとの将来 kvaziimperskuyu 消費電
力は、多かれ少なかれ意識的にサポートされて、少なくとも教育を財政的
に中産階級の一部を確保の選択。
それにもかかわらず、将来のこの開発は、まだしていない概念の範
囲、および、状況 mezheumochnomu では、相反するシナリオを開発し
ています。今日は、国の皇室と自由主義の近代化のトレンドの交点の領域
でのバランスを続けますが、社会の発展の帝国と自由主義のモデルの間に
長期的かつ持続可能な妥協することはできません。実証的なレベルでは、
社会の多様化と逆の傾向が拡散状態にあるが、されている国の支配的な戦
略的な開発を同時に逆方向にすることはできませんが、遅かれ早かれ、歴

141
史的な選択をする必要があります。そして、もはや皇帝の権力の伝統的な
負担は、この選択に反対し、より多くの痛みを伴うそれのための短い歴史
的な視点で支払うばならないが、これは、現代世界では封建的な帝国の未
来はありません。個々の人間の生命の既知の制限事項を表示するには残念
なことに、将来のない期間もかなり長い時間を更新することができます。

結論の代わりに

1247 年、ヨーロッパでは長いと危険な旅チンギスハーンの帝国にか
らでは、ローマ教皇の大使フランシスコ会のジョヴァンニダプラノカル
ピーニ氏は、国の説明については、その歴史家によって認識される事実の
素材を大量に含まれている説明を見た彼の時代と後継残っているに返され
る非常に重要です。タタール人と彼女の王子と皇帝の権力の帝国の起源に
ついての本"の第五章では、"非常にテキストを信じる素晴らしいイベント
を記述の残りの部分とは異なる方法は、このモノグラフのテーマと子音の
シンボル。カルピーニ、チンギスハーンは、全世界を征服しようとしによ
ると、完全な勝利を前に返すように、文化的に近いだけでなく、近所の人
とその克服が、彼の兵士を禁じた遠い、野蛮な人たち。無双 Chingiz 戦う
か、または私たちの地上の世界に属していない人々と戦うとすると、混乱
の帝国空間にしようとすると、世界征服を得るために追加へりに近い地域
では、モンゴルにプッシュします。これはたとえ同じ時間と有益で魅力的
な:著者はこの素晴らしい帝国の早期崩壊を予測します。
帝国は永遠には続かない。我々はこれはおそらく、これら遠方のイ
ベントの時代よりも知っている。ロシアのポスト帝国の状態は、よく皇室
ゲージの世紀では駄目になったからオンにすると同じように痛みを伴う、
ネオ皇帝のプロジェクトは、競合する苦労は、新しい民主主義国家の撮影
パンチを食らわせた。全世界で帝国を曲げ、ちょうどこのような帝国は、
旧ソ連、必然的に彼の体は完全に異なるを含むため、互換性のない社会的
文化的な要素は、エストニア、タジキスタンなどの文明の対蹠地の領土。
そしてもちろん、人間の普遍性は、帝国の文化を吸収持つ死去。の死は、
旧帝国の国の廃墟の上に文化と文明のシステムの再フォーマットの基本的
な資質にスペースが消去されます国の成長は、その文化的、歴史的な方法
でエアコンに到達:誰がヨーロッパでは、自由と民主主義にとって、権
威、暴力のイデオロギー"省エネ"の支配権のグレーゾーン内の:以下の世
俗的な、より多くの宗教。これは、ロシアの哲学者アン Trubetskoy の訓
戒を思い出して、かなりはっきりと自分の時間の危険な傾向、留意しつ
つ、適切と思われるし、1 日で再現する、今日:"凶悪
犯、lzhepravoslavnye、lzhepatrioty、およびそれらを使用して、新し
い預言者たちを準備するとよりも、今日の爆発はもっとひどいの新しい過
激主義。そして、その過激主義の復活については、過激派のナショナリズ
ムと帝国の誘惑ほどではない、今日はおそらくある。はい、これでも、再

142
びこのカップ、私たちフェラ。最初にここで、軽量化、さらには、単によ
り良い合理的。だから私たちは心からのコンテンツと、ロシアの近代化の
目標を変更することを期待:アップグレードの帝国の強化のためにではな
く、人間のために、日常の存在は、快適さ、 満 腹の彼の世界、可能なら
ば、欧州モデルは以下の寿命測定より上の階級。亡命をはいて、移行する
今日の近代化の主に皇帝のリベラルなモデルからのチャンスを見つける非
常に小さいですが、すべての非常に高速になると、すぐに、しかし、別の
時代が来るだろう、常に歴史から身を隠すことはできません。

P.S.
2004 年の雨の夏。この本はすでに書かれているウィンドウが生まれ
ているし、新しい時代の古い中断します。いくつかの単語を補うため。だ
から。もちろん、その国のシナリオでは、別のと同様に、自然ではなく、
それらすべての建設リベラルな値は、ロシアの状態を、それらの多くはど
こにも鉛ベースにつながる。そしてそれは、この内、非常に、無視できな
いため、国の次の/臨時のシナリオの実行の治療可能な段階で、我々は、可
能性があるとしている今日です。この方向でさらに運動を次の歴史的な付
録ではロシアつながる可能性は、文明の崩壊、文化的な継続性のもう一つ
の違反によって同行の 100 年間の 3 分の 1 の確率です。
10 月革命の 1917 年の後、ウィンストンチャーチルは、ロシアの救
いの港の入り口に沈没したと述べた。ロシア今日は、欧州の生活の港に近
づくことはありませんが、皇室/新帝国主義の消費電力自体は、3 回目
(!)あたりの世紀、キングストンを開きます。世紀の 3 つの文明の危機
- 深い社会の症候です。文化的な病原体ロシア。死者はすでに死んでする
必要があります、生活をつかむが、その個人を介して、既存の慣性と消滅
subdiskursov まだ茶番を模倣するのが可能な復活。
苦悩する必要があります今では新しいポストの基礎ソ連ロシアの国
家としての地位を打破し始めるの名前で。場合は、新しいモスクワ試験を
実施し、アカウントに、今日の歴史的な現実を受け入れて、30 - 2 番目の
半分は、最後の世紀の居住 skalkirovannyh 中間プロセスで安定したポス
トソビエトロシアを構築することはできません。もしロシアが最大の実業
家、社会的犯罪者の保護のソビエト体制に近いから、来ていないが、ソ連
からの保護/ロシアの知識人は、ほとんどのシリアル犯罪者の暗殺、なぜが
開いて明日のトランスクリプトエジョフは"public"と"合法的"プロセスを
宣言した最初に非難されませんして、今日の現実をクバン - ドイツでは、
国の部品の販売(極東 - 日本、ウクライナ - の準備のための小さいものの
数は不明)と同じで、外国の情報機関のスパイ?なぜ逮捕 raznoryadku
ルートレスコスモポリタンにスペースを入れるには、""と人の他の敵のス
パイ?我々の上、ロシアの歴史の中で見てきた残念なことに、ソ連の仮想
恐怖のフィールドから、これらの質問は本日/ロシアのインテリのアクショ
ンに移動し、誰も何も教えている。語形変化のことを思い出して:30 年
間で、中間管理職や他の出演者/大量弾圧 の目撃 者は 1 年または 2 のため

143
に被害者の経験、3 人の強さ。今日では、歴史というのが、まだ茶番の形
が繰り返される...
ではないので、そこに影響を優れているテルミ現時点では悪い。で
最後は国を強くし、共通の統一が存在する例については、我々は、相手の
右者に対して我々お友達とされるハンナラ党は、いい質問、一般的に、ロ
シアの党の事務を行うキーと、一部の個人、用語定住していたと言うもの
とする。成功している政党の構築とアドレナリンの 1 泊分の一定額とな
る:見よ、ブレーキドア squeaked、ここ - 隣人のため来ている。
したがって、新しい時代の数式を、どのようますますロシアの新し
い人生への空気の中で感じです:小さなビジネス、何をここで事業を、よ
り多くのプライバシー、および、おそらく、政治、まだ、インターネッ
ト、コンピュータ、スキャナ、プリンタの利点がありますが、順序はほぼ
忘れ 90"古いものと信頼性の高い無線掲 載の自由 "。カーテンが上昇すれ
ば、再び歴史の風の中で、再び"四季を選 択しなかった場合は/彼らは生き
て死ぬ。 /この世界にある Grand ひれつ/いいえ物乞いと非難するより
も。 /としての場合、これらの上ですることができます/市場が変更されま

144